cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
暮れの大一番を最後に―キタサンブラックが年内で引退
キタサンブラックが「有馬記念」を最後に引退すること発表されました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「JRAは20日、
昨年の年度代表馬キタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が、
年内で引退することを発表した。
下半期は来週の天皇賞・秋を皮切りにジャパンC、有馬記念の3戦を予定。
暮れの大一番を最後にターフを去り、
北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする。

清水久詞調教師は
「オーナー(歌手の北島三郎氏)と協議した結果、引退することになりました。
ファンが多い馬で惜しまれる声もあるかもしれませんが、
元気なうちに次の大きな仕事として種牡馬入りすることとなります」と説明。
「残り3戦を悔いのない仕上げで挑み、
キタサンブラックの元気な姿をファンの皆さまにお見せしたいと思います」と話した。

武豊騎手
「残りの3走で騎乗できることを楽しみにしています。
これが最後のシーズンになるので、いい結果でラストを飾りたいですね。
ファンの皆様もぜひ競馬場まで応援に来てください」

★キタサンブラック 
オーナーは歌手の北島三郎氏(名義は大野商事)。
15年1月31日に東京でデビュー(1着)。
同年のスプリングSで重賞初制覇。
皐月賞は3着、ダービーは14着に終わったものの、
ラスト1冠の菊花賞でG1初タイトルを手にした。
17戦10勝
(うち15年菊花賞、16年天皇賞・春、ジャパンC、
17年大阪杯、天皇賞・春のG1・5勝を含む重賞8勝)。」


引退撤回などを経て今まで現役を続けてきた現役最強馬が、遂に引退することになりました。

キタサンブラックはファンを楽しませるという事に長けた馬ですので、
最後の3戦も全力でファン楽しませるような走りを見せてくれるでしょう。




スポンサーサイト
『ハロ!ステ』 #241(MC:浜浦彩乃&段原瑠々)
『ハロ!ステ』の♯241が10月18日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
こぶしファクトリーの浜浦彩乃(ハマちゃん)と、 Juice=Juiceの段原瑠々(ルルちゃん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

DOHP:「こぶしファクトリーの挑戦」

Juice=Juice World Tour コメント

ハロプロ研修生北海道紹介ムービー(工藤由愛)

料理コーナー(こぶしファクトリー野村みな美・浜浦彩乃)

ヘアアレンジ(モーニング娘。'17生田衣梨奈)

Q&Aコーナー


今回の『ハロ!ステ』では、「料理コーナー」が流されていました。

今回は、前回に引き続いて
こぶしファクトリーの野村みな美(みなみな)と浜浦彩乃(ハマちゃん)が登場しました。

今回のテーマは「秋の味覚」で、
旬の食材を使った3種類のメニューに挑戦していきました。

今回は「かぼちゃコロッケ」を作っていました。

シンプルな料理でしたけど非常に美味しそうでしたね。

あと調理の途中でかぼちゃを食べた時のみなみなの表情が良かったです。

非常に可愛かったです。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

Berryz工房・菅谷梨沙子が結婚と妊娠を告白
Berryz工房の菅谷梨沙子が結婚と妊娠を『女性自身』で告白しました。


この『女性自身』に掲載された記事は以下の通りです。

「「今、妊娠5カ月です。
お相手の方とは今年からお付き合いを始めました。
年内には一緒に住んでタイミングを見て籍を入れたいと思っていたところ、子供ができたとわかって。
『人生でいちばん幸せだなあ』って感じています」

そう語るのは、アイドルグループ・Berryz工房でセンターを務めた菅谷梨沙子(23)。
'04年の結成から11年間続いたグループが'15年3月に無期限活動停止。
発表後は約2年間、芸能活動を休止していた。
だが今年に入り、公式インスタグラムを開設。
イベントにも出演するなど活動を再開していた矢先、
突然の“できちゃった婚”を本誌に独占告白したのだ。

「メンバーにはまだ報告していません。
すごくビックリするでしょうね。
入籍発表の前には報告しようと思っています」

気になるお相手は、都内で働く20代の一般男性。出会ったきっかけは、友人との食事会だった。

「会って2度目で『きっと、この人と一緒に生活していくんだろうなあ』という
将来のビジョンがちゃんと見えたんです。
不思議な感覚でした。
まったくケンカをしたことがないので、本当に相性がいいんだろうなあって思います(笑)」

交際を始めて半年足らずで妊娠が発覚したことについて、
「ただただ嬉しかったです。
昔から20代のうちに結婚して子供が欲しいと思っていたので」と振り返る菅谷。
母親になる喜びについてもこう語る。

「エコーで初めて赤ちゃんを見たとき、まだ小さいのにちゃんと心臓が動いていて。
言いようがないほど感動しました。
彼に妊娠を告げたとき『もう少し戸惑うかなあ』と思っていたけど、
まったくそういう素ぶりは見せなくて。とても喜んでくれました」

ハロー!プロジェクト・キッズの一員となったのは、8歳のときだった。
「このお仕事をしてきたおかげで出会えた人もたくさんいますし、
歌を歌うことは自分がやりたかったことなので、この世界に入ったことを後悔していません」と語る。
だがいっぽうで2年前にグループ活動停止が決定したとき、「ホッとした部分もあった」と明かす。
それだけ仕事のプレッシャーを抱えていたようだ。

「今回このような決断に至ったことで、
仕事関係者の皆様やスタッフの方々にご迷惑をかけてしまったことは反省しています。
でも活動休止後にほかのメンバーがすぐに仕事を始めるなか、
私は何をやりたいのかわからなかった。
このまま辞めてふつうの女の子の幸せを手にしたいと考えることもあったんです」

そう語ると、うっすらと涙を浮かべた菅谷。
そこで「これまで支えてくれてきたファンに対して自ら告げたいことは?」と聞くと、こう答えた。

「突然のことで大変驚かれる方、結婚前の妊娠をあまりよく思わない方、
さまざまな反応があって当然だと思います。
今回のことがきっかけで離れていくファンもいるかもしれません。
そこは私もちゃんと受け止めていかなければならないと思っています。
それでも『これからも応援してくださるファンがいる』と信じて、
私らしく前を向いて進んでいけたらいいなと思います」

最後に、将来への希望や夢についても聞いてみた。

「まずは出産と育児がありますので、活動はしばらくお休みになります。
でも2年間休んでいる間に『私はやっぱり何か表現することが好き』と気づかされました。
その何かを見つけて、いつか夢を叶えることができたらと思っています」

今後は時期を見て入籍する予定だという。
アイドルからママへ、その道は平坦なものではないかもしれない。
しかし愛する男性との未来に賭けた一人の女性として、
幸せを噛みしめつつ新たなスタートラインに立とうとしている――。」


Berryz工房のメンバーの中で一番最初に結婚して出産するメンバーが最年少の梨沙子だなんて、
結成当初は誰も予想しかなかったことでしょうね。

梨沙子が言うように、この結婚と出産に対しては様々な声があると思います。

厳しい声もあるでしょう。

しかしそんな声に負けず、梨沙子には自分らしく前に進んでいってほしいと思います。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

下剋上の時―DeNAが連勝で広島とのファイナルSに進出
10月17日、DeNAが阪神とのセリーグ・クライマックスシリーズ・ファーストステージに連勝し、
広島とのファイナルステージ進出を決めました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、
阪神1-6DeNA、DeNA2勝1敗、17日、甲子園)
レギュラーシーズン3位のDeNAが、同2位の阪神に連勝。
通算2勝1敗で、2年連続で広島とのファイナルステージ(マツダ)進出を決めた。
打線は10安打で6得点を奪い、
先発のジョー・ウィーランド投手(27)は7回7安打1失点の好投で期待に応えた。
ファイナルステージは18日に開幕する。

大一番で先手を取ったのはDeNAだった。
一回、先頭の桑原が四球で出塁すると、梶谷が右前打で一、三塁に。
続くロペスが左前に弾き返し、先制の適時打を放った。
筒香が四球で満塁とすると一死後、嶺井が左前2点打。
さらに柴田が右前打で再び満塁とし、阪神先発の能見をマウンドから引きずり下ろした。

試合中盤に入ってもDeNAの勢いが止まらない。
3-0の四回、先頭の倉本が右中間二塁打で出塁し、
続く桑原の捕犠打で一死三塁とすると、梶谷が中前適時打で1点を追加した。
さらにロペスが阪神の3番手・岩崎からバックスクリーン左に飛び込む1号2ラン。
6-0と突き放した。

もし15日の第2戦も中止で、
16日と2日連続中止になっていれば、予備日は17日の1日だけ。
1勝1敗で終了ならシーズン2位が勝ち抜ける規定のため、
1敗のDeNAは阪神を上回れず2戦目を戦わずしてCS敗退となっていた。
泥まみれで苦しみながら4時間35分に及んだ第2戦を制した意味は大きかった。
下克上を成し遂げたDeNAが、さらなる高みを目指す。」


まずはDeNAが下剋上を果たしました。

次なる標的は広島ですが、今シーズンの広島の勢いは相当なものです。

熱い戦いになることが予想されます。




野口英世(1876年~1928年)の名言
「家が貧しくても、
体が不自由でも、
決して失望してはいけない。
人の一生の幸も災いも、自分から作るもの。
周りの人間も、
周りの状況も、
自分から作り出した影と知るべきである。」



これは野口英世の名言です。

野口英世といえば黄熱病や梅毒等の研究で知られる細菌学者です。

ノーベル生理学・医学賞の候補に三度名前が挙がった人物としても有名です。

現在の千円札に肖像画がデザインされていますので、
日本国民であれば多くの人が知っている人物だと言えるでしょう。

彼は幼い頃に囲炉裏に落ち、左手に大火傷を負います。

これにより左手には障害が残り、
農民として生きていく道は難しくなったため学問の道に進むことを母に勧められます。

そして彼の転機となったのが、
小学生の時に周りの支援もあり左手の手術を受け、
不自由ながらも左手の指が使えるようになったことでした。

このことで彼は医学に興味を持ち、自らもその道を目指すようになったのです。

しかし医師になるまで道のりも決して平坦なものではありませんでした。

金銭的なこと、左手の障害のことで幾度となくその道が閉ざされそうになりました。

しかし彼はその逆境を乗り越え、医師になり、皆が知るような業績を残したのです。

家が貧しくても、 体が不自由でも、 決して失望することなく、
彼はその道をひたすら追い続けました。

その姿に周りが共感し、手助けをしてくれたのです。

この名言はまさに彼の経験に基づいた言葉であるわけです。