cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
亡き父に捧げる勝利―ゴールドドリームがフェブラリーSでG1初制覇
2月19日、G1「フェブラリーステークス」が行われ、
2番人気のゴールドドリームが初のG1勝利を飾りました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「2017年中央競馬のG1開幕戦「第34回フェブラリーS」(芝1600メートル・晴・良)は19日、
東京競馬場11Rで行われ、M・デムーロ騎手騎乗の
2番人気ゴールドドリーム(牡4=平田厩舎、父ゴールドアリュール、母モンヴェール)が勝ち、
2度目の重賞制覇で初のG1勝利を飾った。
勝ちタイムは1分35秒1。

同馬は18日に大動脈破裂のため18歳で死亡したゴールドアリュールの産駒。
父にささげるG1初勝利となった。

レースはほぼそろったスタート。
外からインカンテーションが先頭を奪い、
ニシケンモノノフ、ケイティブレイブ、コパノリッキーが前に行き
モーニン、アスカノロマン、ホワイトフーガ、ゴールドドリームが中団、
カフジテイク、エイシンバッケンが後方に付けた。

インカンテーションが最終コーナーまで先頭で引っ張ったが、
後方との差が一気に詰まった直線でゴールドドリームが抜け出し、
ベストウォーリアとの競り合いを制してゴールに飛び込んだ。

2着に首差でベストウォーリア、2着から3/4馬身差の3着にカフジテイクが入った。

▼M・デムーロ 
前走のチャンピオンズC(12着)は出遅れてしまって駄目だったが、ずっといい馬だと思っていた。
きょうはスタートがすごく良かったし落ち着いていた。
すごくいい感じで行って直線も伸びてくれた。
(昨年のモーニンに続いて)2連覇でき、すごくうれしい。」


記事にもある通り、ゴールドドリームにとってこの勝利は、
惜しまれつつ逝った亡き父に捧げる大変価値のある勝利となりました。

G1未勝利だったゴールドドリームが
このタイミングでG1初勝利を挙げたことは、まさに運命だったのだと思います。

素晴らしいレースでした。




スポンサーサイト
未来のスターの扱いは大切に―FC東京U-18の久保建英の取材非対応
FC東京U-18の久保建英選手が「NEXT GENERATION MATCH」に出場し、
その際に関係者の気遣いで取材非対応となったことが話題になっています。


このことに関する記事が『フットボールチャンネル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「U-18Jリーグ選抜対日本高校サッカー選抜による
「NEXT GENERATION MATCH」が18日に日産スタジアムで開催され、
U-18Jリーグ選抜は0-4の完敗を喫した。

FC東京U-18の久保建英はU-18Jリーグ選抜の一員として先発フル出場を果たすも、
得点に絡むプレーを見せることはできなかった。

この試合は鹿島アントラーズ対浦和レッズの前座試合となったことで、
一足早く両チームのサポーターがスタジアムに訪れていた。
観客席からは久保がボールを持つ度に「オー」という歓声が上がったが、
70分間(前後半35分ハーフ)のプレーで存在感は見せられなかった。

試合後、両チームの選手たちが記者団の取材に対応する中、
久保だけがスタッフに誘導されてミックスゾーンを素通り。
これは、試合3日前にJリーグから
「久保はチームに合流する試合前々日から試合当日(ミックスゾーンを含む)まで
一切の取材を受けない」という旨の“お触れ”が通達されていたためである。

異例ともいえる通達に、「過保護だ」という見方もあるかもしれない。
しかし、昨年最年少でJリーグデビューを飾ったとはいえ久保はまだ15歳。
これからプロの一員となっていく発展途上の選手だ。

もし久保が試合後の取材に応じないことが発表されていなければ、
多くの報道陣に囲まれることは容易に想像できる。
関係者によれば、
過去に一部報道機関が久保のプライベートに干渉する取材を行ったことがあったという。
それだけに、準公式戦ともいえる「NEXT GENERATION MATCH」で、
必要以上にプレッシャーをかけたくないというクラブ側の意向もあったのだろう。

とはいえ、選手として成長していくためには
プレー面だけではなくメディアとの接し方も学んでいかなければならない。
しかしそれは、今後FC東京U-23やアンダーカテゴリの日本代表で身に着けていけばよいことでもある。

日本高校サッカー選抜でキャプテンマークを巻いた住永翔(青森山田高校)も、
「15歳といえば世界が驚く」と評するように、
久保が日本サッカー界において貴重な人材であることは間違いない。

過保護という見方もあるかもしれないが、
過度にプレッシャーを与えてしまえば若い才能を早期に潰してしまうことになりかねない。
プレッシャーやメディアとの接し方などは、
周囲が理解を示し、ゆっくりと見守っていく必要がある場合もあるだろう。」


久保選手はいま最も注目を集める若手選手です。

日本のスポーツ界のいけないところ(日本に限った話ではありませんが…)は、
注目の選手がいると一気に取材合戦となりその選手の周辺を騒がしくしてしまうところです。

そういったことを考えれば今回の判断は正しかったと言えるでしょう。

若い才能を守るためには、過保護くらいがちょうどいいのかもしれません。




『Girls Night Out』 #55(メインMC:夏焼雅 ゲスト:田﨑あさひ&長谷川萌美)
『Girls Night Out』の♯55が2月16日にアップされました!!

今回の『Girls Night Out』にはゲストとして、
Bitter & Sweetの田﨑あさひちゃんと長谷川萌美ちゃんが登場しました。


今回の『Girls Night Out』の内容は以下の通りです。

ガールズDIYのコーナー
こぶしファクトリー小川麗奈&田口夏実
「UVレジンアクセサリー」

お取り寄せのコーナー
「アオサらーめん」

写真トーク 
Bitter & Sweetの写真トーク

GHO(Girls Hang Out)
カントリー・ガールズ小関舞&梁川奈々美の浅草で日本文化&懐かしの給食体験!


今回の『Girls Night Out』では、
「ガールズDIYのコーナー」に
こぶしファクトリーの小川麗奈(れなこ)と田口夏実(たぐっち)が登場しました。

登場したメンバーがモノ作りに挑戦するこのコーナーですが、
今回2人は「UVレジンアクセサリー」作りに挑戦していきました。

こぶしファクトリーの中でも特に仲の良いこの2人ですが、
今回の映像の中でもその仲の良さは伝わってきましたね。

れなこの天然ボケにたぐっちが突っ込むという場面が何回もありましたが、
この様子を見ているだけで思わずホッコリしてしまいます。

いつまでもこの2人にはこういった関係であってほしいですね。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #207(MC:尾形春水&岸本ゆめの)
『ハロ!ステ』の♯207が2月15日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
モーニング娘。'17の尾形春水(はーちん)と、つばきファクトリーの岸本ゆめの(きしもん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

モーニング娘。'17「BRAND NEW MORNING」(ハロ!ステEdit.)

カントリー・ガールズ「ピーナッツバタージェリーラブ」(お台場ヴィーナスフォート)

Juice=Juice「あばれてっか?!ハブアグッタイ」(新宿ReNY)

こぶしファクトリー「JKニンジャガールズ」舞台稽古

アンジュルムのスポーツのお時間

℃-ute萩原舞ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、
モーニング娘。'17の新曲「BRAND NEW MORNING」のMV(ハロ!ステEdit.)が公開されていました。

13期メンバーが加入して初めてとなるこちらの新曲ですが、
その新メンバーである横山玲奈ちゃんが特に目立っている1曲だと言えます。

曲名通り、新たなるモーニング娘。のスタートを感じさせるようなMVでしたね。

横山ちゃんと加賀楓ちゃんには即戦力的な活躍が期待できそうです。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

若手の有望株の悩み―テネリフェ・柴崎岳が「不安障害」か?
スペイン2部テネリフェに所属する柴崎岳選手に「不安障害」の疑いがあることが分かりました。

この話題に付随して、柴崎選手が退団するのではないか?という話題がありましたが、
これについては14日に球団のGMが否定をしました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「スペイン2部テネリフェのMF柴崎岳(24)について、
クラブのペレスGMは
「彼はクラブを退団するとは言っていない。テネリフェでプレーしたいと言っていた」と
今後もクラブにとどまることを強調した。
14日の地元紙エル・ディアの系列ラジオ局の番組で明かした。

柴崎は入団早々、胃腸炎を発症し、チーム練習に参加できていない。
スペインメディアでは、スペイン語が話せないことやテネリフェ島になじめない理由で
同選手が日本に戻りたがっていると報じられていた。
だが、同GMは柴崎が日本に戻るとの報道に対して
「柴崎は1度もチームを離れたいとは言っていない。
我々にはテネリフェ島に満足していると言ってくれた。
テネリフェというクラブでプレーしたいとも言ってくれた」と退団説を否定した。

だが、テネリフェ島になじんでいないことは認めた。
「練習は出来ていないが、柴崎は落ち着いている。
深刻になるほど大げさなものではない。
柴崎のようなケースになることは多くの人にあるものだ。
日本語しか話せないし、時間や食事など文化の変化は大きすぎる」とコメントした。

また、今後については
「今回の件を解決するために、
クラブはいくつものオプションを探したし、柴崎の通訳とはずっと連絡を取っている。
柴崎は適応に向けて少し1人でいることで解決することを望んでいる。
その個人的な考えをリスペクトしないといけない」。
柴崎自身がテネリフェ島への適応に、
チームからサポートを受けることよりも、個人で解決する方法を選んだことを明かした。

柴崎のデビューについて同GMは
「克服にどれだけかかるかはわからない。
それでも全員が力を合わせれば、問題はより簡単に解決出来るだろう」と楽観的に話した。」


移籍早々このような事態になる選手は珍しいです。

生活をしていく中で、
カルチャーショックやホームシックになり精神的に落ち込む人は、
スポーツ選手に限らず多いです。

そういった中で柴崎選手はそんなに時間が経っていないにもかかわらず症状(?)が出たのです。

自分が言うことじゃないとは思いますが、
きっと柴崎選手に海外クラブは向いていないのでしょうね。