cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
モーニング娘。'16のメンバーが到着出来ず北海道公演が中止に
12月10日に行われる予定だった「モーニング娘。'16コンサートツアー秋~MY VISION~」の北海道公演が、
悪天候の影響でメンバーが会場に到着出来なくなったため中止されました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「アイドルグループ「モーニング娘。’16」が10日に予定していた
「モーニング娘。’16コンサートツアー秋~MY VISION」の
北海道公演(札幌・ニトリ文化ホール)が中止になったことが分かった。

「モーニング娘。’16マネージャー」のツイッターなどによると、
悪天候の影響でメンバーが会場に到着できなくなったため。

振り替え公演の可能性やチケットの払い戻しに関しては現在調整中。
「12日以降Hello!Projectオフィシャルホームページ等でお知らせ致します。
お手持ちのチケットはそれまでに大切に保管して下さい」としている。

この日、北海道は発達した低気圧の影響で雪が降り、
札幌市では正午時点の積雪が59センチに達した。
札幌管区気象台によると、12月上旬の積雪が50センチを超えるのは15年ぶり。
また、新千歳空港を発着する44便が欠航となり、
札幌市営の路面電車も、始発から運転を見合わせた。」


いやぁー残念です。

自分もこのコンサートを観に行く予定で、チケットも取り、会場まで足を運んだのですが、
グッズ販売入り口付近で待機していたところ公演の中止が発表されてしまいました。

朝から札幌は「今日は車は運転したくないな」と思えるほどの大雪でした。

最寄りの地下鉄の駅で降り、会場に向かう道すがらも大変な雪で、
若干、頭のどこかで「今日のコンサート大丈夫かな?」と考えもしたのですが、
いやはや、まさか本当に公演が中止されるとは思いませんでした。

とはいってもメンバーが来れないんじゃあしょうがありません。

代替公演になるのか、行われずに返金になるのかはまだ分かりませんが、
出来れば代わりのコンサートを開催してほしいというのがファンの気持ちです。




スポンサーサイト

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #198(MC:宮本佳林&羽賀朱音)
『ハロ!ステ』の♯198が12月7日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
Juice=Juiceの宮本佳林(カリンちゃん)と、モーニング娘。'16の羽賀朱音(あかねちん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

つばきファクトリー「Just Try!」(品川インターシティ)

こぶしファクトリー「未熟半熟トロトロ」(CLUB CITTA')

Juice=Juice「選ばれし私達」(日本武道館)

カントリー・ガールズ「VIVA!!薔薇色の人生」(ZeppTokyo)

モーニング娘。'16生物のお時間

℃-ute 秋ツアー最終公演舞台裏映像


今回の『ハロ!ステ』では、
℃-uteの秋ツアーの最終公演の舞台裏映像が流されていました。

この映像の中にもありましたが、
秋コンサートのアンコール公演が行われることが決定しました。


日程は以下の通りです。

2017/1/5(木)中野サンプラザ (東京)開演:19:00

2017/1/6(金)中野サンプラザ (東京) 開演:19:00

2017/1/9(月) NHK大阪ホール (大阪)開演:13:30

2017/1/9(月) NHK大阪ホール (大阪)開演:17:30


一部内容がリニューアルされるとのことなので、こちらのアンコール公演にも注目が集まります。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

姿を現したヒーロー―「タイガーマスク運動」の先駆けが素顔でリングの上に現れる
12月7日、「タイガーマスク運動」の先駆けとなった河村正剛さんがプロレスのリング上に現れました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ランドセルを児童養護施設や学校に贈る「タイガーマスク運動」の先駆けとなった
「伊達直人」こと群馬県前橋市在住の河村正剛(まさたけ)氏(43=会社員)が7日、
東京・後楽園ホールで行われた初代タイガーマスク佐山聡のプロレス団体、
リアルジャパンプロレスのイベント「初代タイガーマスク35周年記念大会」に参加し、
リング上で素顔を公表した。

佐山から
「信念を持って子供たちのため、一緒にタイガーマスク基金をやってくれている、
本物の伊達直人が姿を現します」と紹介され、河村氏が登壇。
大きな拍手を浴び、客席から「伊達直人! 伊達直人!」と声援を受けた。
上下黒のスーツ姿でマイクを握った。

「今から19年前、東京都内にある、
とある児童養護施設を訪問させていただいたことから、僕の子供たちの支援は始まりました。
当時、子供たちは施設に三十数人。
それ以降は増え続け、70人を超えたころ、
僕は『世の中がこのままじゃダメだ。何とかしたい。世の中にメッセージを送りたい』と決心しました。
僕のそれまでの支援活動に間違いがなければ、
僕の子供たちに対する思いに間違いがなければ、きっといいメッセージだと思い、
ある人に協力していただこうと考えました。
ある人というのは、一定の年齢以上の方ならご存じだと思います。タイガーマスクの伊達直人です」。
客席から再び大きな拍手を浴びた。

「子供たちのために泣き、子供たちのために笑う。
子供たちのために生き、死んでいった伊達直人。
そして今から6年前、2010年のクリスマス。
僕はランドセル10個を用意して、群馬県前橋市にある中央児童相談所というところに、
伊達直人の名前を添え、メッセージを付けて、入り口でプレゼントさせていただきました。
その後は、タイガーマスク運動という形で、全国に広がり、ご存じの方も多いと思います。
今、僕は、佐山聡さんが理事長を務められています、
初代タイガーマスク基金に理事として参加させていただき、
さまざまな支援活動をさせていただいております。
子供たちは、虐待されるために生まれてきたんじゃない。
抱きしめられるために生まれてきたんです」。
客席から「そうだ!」と掛け声を受けた。

「子供たちは涙を流すために生まれてきたんじゃない。
笑顔になるために、周りの人を笑顔にするために生まれてきたんだ。
この思いを胸に、これからも活動を続けていきたいと思っています。
最後となりますが、すべての子供たちへ、生まれてきてくれてありがとう。
健やかに成長してくれることを願っています。
これからも頑張ってね」。多くの拍手が客席に響いた。」


伊達直人の名前での寄付活動が話題になったことはよく覚えています。

誰かは分からないものの、心温まるこの行動に多くの国民が感動を覚えました。

それから数年経ち、このように素顔で河村さんはリングの上に上がりました。

その行動とコメントはきっと多くの人に影響を与えるはずです。




発表の裏に隠された思惑―日本ハム、来オフに大谷ポスティング容認を公表
12月5日、日本ハムが大谷翔平選手との契約更改に臨み、
その中で大谷選手が来季オフ以降にポスティング制度を使ってメジャー移籍することを容認したそうです。

1年前にこのようにポスティング行使を容認することは大変珍しいわけですが、
この発表の裏には球団のとある思惑が隠されていたそうです。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本ハムが大谷メジャー挑戦の1年前に容認することを公表した背景には、
ポスティングシステムのルール変更への期待がうかがえる。
現制度では球団への譲渡金の上限は2000万ドル(約22億8000万円)。
球団は現制度のままでもメジャー挑戦を容認するが、大谷の市場価値としては安すぎる。

譲渡金に上限がなかった11年オフに同じ日本ハムのダルビッシュが、
過去最高額の5170万ドル(当時約40億円)でレンジャーズに落札された。
栗山監督も
「フリー(上限撤廃)になった方が(球団に恩返しをしたい)翔平(大谷)も球団も喜ぶ」と話していた。

だが、メジャーはポスティングシステムの費用を減らしたい考えで一貫しており、
上限撤廃を求めるのは現実味がない。
13年に24勝無敗だった楽天・田中(現ヤンキース)の時に、
現制度が発効されたことからもその困難さは明白だ。
ただ交渉によって上限額が上がる可能性はゼロではなく、
吉村浩GMは「日米間の重大な問題として注視していく」と話した。
日米で改正に向けた協議を行うためには、
10月末となる期間満了の180日前までに相手方へ通告しなければならない。
球団が容認したことで今後、
大谷争奪戦を繰り広げるメジャー側の姿勢に「変化」が出てくる可能性はある。」


大谷選手はいまや日本球界の宝です。

そんなスター選手を手放すことは日本ハムにとって間違いなく痛手です。

しかしながらそういうことを抜きにして、
一番良い状態の時に(大谷選手の夢である)メジャーに送り出してあげたいと日本ハムは考えているのです。

凄い考え方です。

この考え方を持ちながら、しっかりとチームとしての結果も残しているのですから本当に凄いといえます。

そんなチームの思惑は当たるのか、気になるところです。




国民的グループの最後―スマスマの最終回は26日5時間特番と発表
『SMAP×SMAP』の最終回が今月26日に放送され、
午後6時半から同11時18分まで約5時間の放送になると発表されました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「年内で解散するSMAPの冠番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ)の最終回が、
26日午後6時半から同11時18分まで約5時間の放送になることが5日、同局から発表された。

この日放送された番組の冒頭で
「SMAPと共に歩んだ20年9カ月のスマスマの全てを存分にお届けします」とのテロップが流された。
同局は最終回の内容について「調整中」と説明。
番組を収録にするか生放送にするか、決まっていないとしている。

同局関係者によると、番組側はメンバーの生出演を希望し、11月下旬から協議を開始。
番組関係者が収録の合間に個々の楽屋を訪れるなどして話し合いを重ねてきた。
しかし、現時点で5人の気持ちはまとまっておらず、
生出演の実現は「極めて難しく絶望的な状況」(関係者)だ。

ただ、番組関係者はギリギリまで交渉を続けていく意向。
今月1日にはメンバー5人がそろって「世界に一つだけの花」を歌う様子を収録。
これが“ラスト歌唱”になると一部で報じられたが、
同関係者は「メンバーの生出演をあきらめたわけではないし、
この歌唱が最終回で放送されると決まったわけでもない。
我々は最後までお願いしていくつもり」と語る。

先月24日に出場歌手が発表されたNHK紅白歌合戦でもSMAPの名前はなかったが、
NHKは特別枠などでの出場にかけて交渉を続けている。

「SMAP×SMAP」は96年4月15日にスタート。
メンバー全員が出演し、コントや料理を披露するなど、新たなアイドル像を築いた。
先月28日まで916回分の平均視聴率は18・2%(関東地区、ビデオリサーチ)で、
02年1月14日の34・2%(同)が歴代最高となっている。」


「スマスマ」の最終回、そしてSMAPの解散が近づいてきました。

自分にとっては物心ついた時からずっと存在し続けてきたものなので、
いまだに無くなるということが信じられません。

出来れば最終回は生放送やってほしいですが、やっぱり難しいんでしょうか。

何だか残念です。