cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
とある師弟愛の形ー落語家の林家たい平が「24時間マラソン」を完走!!
8月27日から28日にかけて『24時間テレビ』が放送され、
その中の目玉企画「24時間マラソン」に挑んだ落語家の林家たい平さんが見事に完走しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本テレビ「24時間テレビ39 愛は地球を救う」で
チャリティーマラソンランナーを務めた落語家の林家たい平(51)が
28日午後8時46分、東京・日本武道館にゴール。
師匠・林家こん平(73)への思いを胸に、100・5キロを無事に完走した。
ゴール直後、待ち受けた師匠と抱き合ったたい平は
「師匠のおかげでゴールできました」と涙ながらに感謝した。

雨が降りしきる中、残り3キロは汗と涙が入り交じるラストスパート。
アゴが上がったが、力を振り絞り、歩みを進めた。
武道館が見えてくるとと「笑点」(日曜後5・30)メンバーが合流し、付き添い。
たい平は後ろを向き、道路に向かって一礼。
応援してくれた人への感謝を示した。

「サライ」が流れる中、ゴールテープを切った。
たい平は
「スタートで師匠からものすごい勇気をもらいました。
その勇気(こん平のメッセージ入りタオルを頭に)ずっと巻いて、ゴールを目指しました。
ここ(武道館)にいらっしゃる皆さん、沿道の皆さん、
テレビの前の皆さんの力で走らせてもらいました。
ありがとうございました。
苦しかったですが、こんなにたくさんの皆さんが待っていてくれて、
すごく幸せな気持ちでいっぱいです。
タオルに無限の力を感じて、何でもさせてくれる師匠の偉大な力を頂けたと思っています」。
激走の弟子に対し、こん平は「よかったね」と労った。

前日27日午後7時4分、東京郊外から出発。
スタート前には難病「多発性硬化症」を患うこん平がサプライズ登場。
たい平は早くも号泣し「武道館まで走る力を頂きました。絶対完走します」と誓った。
スタート地点には「笑点」メンバーも応援に駆け付けた。

たい平は5月29日放送の「笑点」(日曜後5・30)で
チャリティーマラソンランナーに指名された。
04年、こん平が番組を降板。
その後、たい平が代役を務めた。
オファーがあったのは約1カ月前。
その前後に
「師匠が今年中に高座へ復帰すると言われた。
その意気込みに感動して、
僕も師匠や全国の方々が勇気を感じてもらえることをしたいと思った」と
挑戦を決めた理由を語った。

番組史上4番目の高齢。
問題は74キロの体重と、膝の不安。
「正座ができなくなると不安だが、決めたからには一生懸命頑張りたい」と意気込んだ。

走行距離を提案したのは7月に腸閉塞のため入院していた落語家の桂歌丸(80)。
「私の本名は椎名巌(いわお)だから100・5キロ(いわお・ゴー)はどう?」。
たい平は「頑張ろうと思える数字を頂けた」と意欲を示した。」


師弟愛が実に素晴らしかったです。

落語の世界は師匠と弟子の関係、まさに師弟関係が非常に大事にされる世界です。

親と子とも言えるような絆で結ばれているわけです。

これは一般人には分かりにくい部分です。

しかしながら今回の放送を見ると、
いかにこの師弟関係が必要あることなのかがわかります。

非常に良いものを見せてもらいました。
スポンサーサイト
『Girls Night Out』 #31(メインMC:夏焼雅 ゲスト:石田亜佑美&羽賀朱音)
『Girls Night Out』の♯31が8月25日にアップされました!!

今回の『Girls Night Out』にはゲストとして、
モーニング娘。'16の石田亜佑美(だーいし)と羽賀朱音(あかねちん)が登場しました。


今回の『Girls Night Out』の内容は以下の通りです。

歌詞朗読 
鈴木愛理(℃-ute)が「Yes! all my family」を読む!

GHO(Girls Hang Out)
野中美希 & 牧野真莉愛が秋ツアー初日をむかえるハーモニーホール座間 周辺を散策!

写真トーク 
ゲストが写真を持ち寄りトーク!

“料理教室”コーナー!
和田彩花&室田瑞希(アンジュルム)のオムライス 作り!


今回の『Girls Night Out』では、
料理教室のコーナーに
アンジュルムの和田彩花(あやちょ)と室田瑞希(むろたん)が登場しました。

この料理教室の先生として登場しているのは、くろっきこと黒木料理長です。

基本的にはハロプロメンバーに対して不器用な対応をする黒木料理長ですが、
最近では田中れいなに翻弄されたりと、
面白い部分も多々見られるようになってきました。

そんな黒木料理長が田中れいな以上に翻弄されたのが今回の二人です。

そんなハチャメチャな二人に対応をする黒木料理長の姿は爆笑ものでした。

是非ともアンジュルムの他のメンバーにも出演してほしいですね。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #183(MC:室田瑞希&山岸理子)
『ハロ!ステ』の♯183が8月24日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
アンジュルムの室田瑞希(むろたん)と、つばきファクトリーの山岸理子(りこりこ)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

℃-ute解散発表「ありがとう~無限のエール~」(中野サンプラザ)

Juice=Juice「KEEP ON 上昇志向!!」(中野サンプラザ)

こぶしファクトリー「ちょっと愚直に!猪突猛進」(横浜赤レンガパーク)

こぶしファクトリー・つばきファクトリーの頭の体操のお時間

ハロプロ研修生「一尺玉でぶっ放せ!」ダンスレッスン

勝田里奈ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、
℃-uteの解散発表の模様が流されていました。

この解散発表は8月20日に中野サンプラザで行われたコンサートの中で行われました。

突然の発表に多くのファンが驚きました。

少し前に五人でこれからもやっていく覚悟を決めた宣言をしていただけに、
その驚きは余計に大きなものとなりました。

もちろんは理由はあります。

だけど納得がいかないというのもファンの本音でしょう。

難しいところです。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

輝きを放つ彼女の美しさーレスリングの伊調馨に国民栄誉賞授与へ政府調整
オリンピック四連覇を達成した伊調馨選手に対し、
政府が国民栄誉賞を授与する方向で調整を進めていることが分かりました。


このことに関する記事が『朝日新聞デジタル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で優勝し、
4大会連続で金メダルを獲得した伊調馨選手(32)=ALSOK=に
政府が国民栄誉賞を贈る方向で調整を進めていることが25日、明らかになった。
五輪での4連覇は女子個人種目では史上初となる快挙で、同賞にふさわしいと判断された。
五輪関係者への取材でわかった。

伊調選手は青森県出身。
レスリング女子が4階級制だった2004年アテネ五輪から12年ロンドン五輪まで、
63キロ級で金メダルを獲得。
6階級制に変わった今年のリオデジャネイロ五輪では58キロ級に変更し、優勝した。
世界選手権は10度制している。

国民栄誉賞は
「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者」を
たたえる目的で、1977年に制定された。
これまでスポーツ・芸能関係を中心に23例あり、
スポーツ関係では10人と1チームに授与されている。
レスリング界では吉田沙保里選手(33)に続いて2人目になる。」


伊調馨選手が達成した記録はまさに大偉業です。

伊調選手に国民栄誉賞を贈らずに誰に贈るといったところもあります。

是非とも国民栄誉賞の授与が実現してほしいですね。
良くなるための新ルーループロ野球「併殺崩し」来季から新ルール検討
二塁ベース付近でランナーが併殺を防ぐために行う走塁、
いわゆる「併殺崩し」に関する新ルールを日本野球機構が検討しているそうです。

すでにメジャーリーグでは導入されており、
それについても情報収集が行われているそうです。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「プロ野球で二塁ベース付近で走者が併殺を防ぐために行う走塁(併殺崩し)について、
日本野球機構(NPB)が来季から新たなルールを検討していることが23日、
関係者への取材で分かった。

関係者によると、米大リーグ機構(MLB)で今季から導入された
「併殺崩し」の新ルールに関し、NPBでも情報収集を実施。
ルールの制定、改正を担当するNPB内の規則委員会でも、
MLBと同様の新ルールを導入できるかどうか協議しているという。

MLBでは「併殺崩し」と呼ばれるスライディングについて、
(1)走者は野手と接触をする目的で走路を変えることを禁止する
(2)スライディングの後、二塁ベースに手か足がついている-
などの新たなルールを採用した。

NPBでは本塁上での危険な衝突を防ぐことを目的に、
今季からコリジョン(衝突)ルールを導入した。
しかし「衝突」の判断をめぐって球団から改善を求める意見が相次ぎ、
シーズン後半早々の7月22日から基準を変更する異例の事態となった。

「併殺崩し」の新ルールが来季から導入された場合、
プレーの判断をめぐって混乱も予想されることから、NPBでは慎重に議論を進めていく。」


コリジョンルールが今季から導入され、ある程度の混乱を来しました。

もちろん選手を守るという意味でこのルールは大きな意味を持つわけですが、
それでもこの混乱は多くのチームにとって歓迎すべきことではありませんでした。

この併殺崩しに関する新ルールを導入するのであれば、
コリジョンルールの時のような混乱が起きることだけは避けなければならないでしょう。