cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
大切なものを取り戻す日―つんく♂さんが声を取り戻していた!!
つんく♂さんが食道発声法によって「意思疎通が出来るようになってき」たことが分かりました。


このことに関する記事が『デイリー新潮』に掲載されていたので以下で紹介します。

「シャ乱Qのボーカルで音楽プロデューサーのつんく♂さんが、
喉頭ガンのため声帯を摘出したのは2014年10月のこと。
その翌年4月に母校・近畿大学の入学式で、声を失ったことを発表した光景は、いまだ記憶に新しい。
そのつんく♂さんが、いま食道発声法によって「意思疎通が出来るようになってき」たことを、
1月18日発売の新潮45・2月号の特集「病の『人生学』」に寄せた手記で明かした。

食道発声法とは、声帯を失った人が口や鼻から空気を取り込み、それを逆流させて、
食道入口付近の粘膜を振動させることによって声を出す、という方法である。
練習を要し、なかなか習得できないために諦めてしまう人も多いらしい。
つんく♂さんも自分で試したときは全く音にならなかったという。
しかしレッスンの最初の日に「あ」というような音が出せた。
以来、練習を重ね、現在、騒がしい場所では
スマホのアプリを使って文字を書いて会話をしてはいるけれども、

「今は家族やスタッフとは何とか意思疎通できるようになってきました」

と、記すのである。
その声は「特殊な音質」で「雑音に弱い」が、静かな場所であれば、会話が可能なのだという。
喉頭摘出者の先輩によって行われる食道発声のレッスンは
ネットや本とは違って分かりやすかったそうで、ものを「教える」立場から、
「教わる」立場に変わって褒められることの素晴らしさを実感したという体験談は、
いかにもつんく♂さんらしい。

声を取り戻しつつあるつんく♂さんだが、やはりガン患者としてさまざまな思いに翻弄されてきたようだ。
つんく♂さんは、ガンとわかる前から大きな病院の声帯専門の医師のもとに通っていた。
それも「20年来同じ先生に診てもらって」いたが、シャ乱Q結成25周年記念ツアーのあと、
声枯れが長く続いたため、検査してみるとガンと判明した。

つんく♂さんは、手記の中で、自身を診てくれる医師を過信し、
セカンドオピニオンを「診てくれている医師に失礼」だと考えもせずにいたと反省する。
治療中には「寛解」と言われて他の病院で検査したら、ガンが消えていなかった、ということもあった。
だから、自身の医師を気遣いつつも、
一人の医師だけでなく、セカンドオピニオンをもらう大切さを強調する。
そして声帯全摘出に至ったつんく♂さんだが、今でも、

「もし、いろんな場面で別の選択をしていたら、今はまだ違う結果があったのかなぁ」

と、考えてしまうという。ただ、

「声帯を失った今、不幸せかというと、決してそうでない」

とも、つんく♂さんは記す。

病気を発表したから、世の中に
「たくさんたくさんのガンサバイバーの方」がいることを知ったし、
術後数ケ月して通い始めた「食道発声の会」では、「人からモノを教わる新鮮さ」を感じた。
病気のマイナスの面だけを見ていたわけではないのだ。
最後につんく♂さんは書く。

「さあ、今日も楽しくいきますか!」

その声を再びステージやテレビで聞く日も来るのかもしれない。」


つんく♂さんが声を失ったことを発表した日の衝撃は忘れられません。

もう二度とあの歌声を聴くことが出来ないと思うと残念でなりませんでした。

そんなつんく♂さんが声を取り戻したのです。

もちろん歌うことはできないですが、
それでも食道発声法によって声を取り戻したということは明るい話題です。

いつかファンの前で喋るつんく♂さんの姿を見れる日を楽しみにしています。




スポンサーサイト
サッカー界の大物がやって来る(?)―ヴィッセル神戸がポドルスキ獲りに動く
以前から噂のあった
ヴィッセル神戸が元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ選手を獲得するという話が動きました。

ドイツ紙『ビルト』が、ヴィッセル神戸がポドルスキ選手に大型契約を提示したと報じたのです。


このことに関する記事が『GOAL』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ドイツ代表129キャップを誇るあのフォワードが日本にやってくるのだろうか。
ドイツ紙『ビルト』によると、
ヴィッセル神戸がガラタサライに所属する
元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31)に大型契約を提示したという。

2015年夏にアーセナルからガラタサライへと渡ったポドルスキ。
トルコの強豪ではこれまで公式戦56試合に出場し、23ゴールを記録している。
最近は中国からの関心が盛んに伝えられ、
アジアへの移籍の可能性が取りざたされていたところだ。

だが、ここにきてポドルスキが向かう新天地は中国ではなく、日本となる可能性が急浮上。
『ビルト』曰く
神戸はポドルスキに年俸800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスの2年半契約を提示したという。
またガラタサライとの契約を2018年まで残している同選手を獲得するために
400~500万ユーロ(約5~6億円)の移籍金も用意するという。

なお『ビルト』は神戸を、
楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長がオーナーであるクラブとして紹介。
楽天がバルセロナとグローバル・スポンサー契約を締結したことなどにも言及している。

同紙によると選手側との交渉は既に進めてきた神戸は近々にガラタサライとの交渉を開始する予定。
近日中に神戸が大きな発表を控えているかもしれない。」


最近の世界のサッカー界において勢いがあるのが中国です。

世界の有名なプレーヤーたちを「爆買い」しているのです。

ポドルスキ選手もその一人になると見られていましたが、
どうやらその行先は方向を変え日本になるようです。

世界的なプレーヤーが日本に来ることはJリーグを盛り上げる意味でも大変有意義なことです。

特に今期以降は成績に応じて一定以上の分配金が配られることになっており、
そういった世界的なプレーヤーたちが日本にやって来る可能性もグッと高まってきます。

その先例を作るという意味でも今回の移籍が実現されることが望まれます。




滑り出しは好調―木村拓哉主演『A LIFE』が初回好発進14・2%
1月15日、TBSドラマ『A LIFE~愛しき人~』の放送がスタートしました。

初回の平均視聴率は14・2%だったそうです。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「昨年大みそかをもって解散したSMAPの木村拓哉(44)が主演を務める
TBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・00)が15日に25分拡大でスタートし、
初回の平均視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。
ソロ初作品として注目を集める中、15%に迫る好発進となった。

1月クールの民放連続ドラマ暫定トップ。
同じくソロ初仕事となる草なぎ剛(42)が主演を務める
フジテレビ「嘘の戦争」(火曜後9・00)との“対決”も話題。
「嘘の戦争」初回11・8%を上回り、まずはキムタクに軍配が上がった。

木村は昨年4月クールのテレビ朝日「アイムホーム」以来、1年半ぶりの連続ドラマ主演。
TBS日曜劇場は13年10月クール「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」以来3年ぶり。
過去にさまざまな職業の主人公を演じてきたが、
心臓血管と小児外科が専門の職人外科医に初挑戦。
今回が20個目の職業になる。

脚本はフジテレビ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」の
僕シリーズ3部作などで知られる橋部敦子氏による完全オリジナルのヒューマンラブストーリー。
親友(浅野忠信)の思惑により病院を追われた主人公が、恋人(竹内結子)を日本に残して渡米。
10年後、超一流の腕を持つ外科医となって古巣に戻ると、かつての恋人は因縁の親友と結婚。
院内でうごめくさまざまな策略や親友との対立に巻き込まれながら、
主人公がいちずに患者に向き合う姿を描く。
演出は「ROOKIES」「JIN―仁―」「天皇の料理番」などの平川雄一朗氏ら。」


元SMAP同士の対決が注目を集めていました。

もちろん曜日と時間帯が違いますので単純比較はできませんが、
まず初回はキムタクに軍配が上がりました。

去年末に話題を集めた『逃げ恥』は回を追うごとに視聴率を上げましたが、
果たしてこの2ドラマは視聴率を上げ続けることが出来るのでしょうか?




自然の力には勝てず―中京、京都競馬が雪で開催中止
1月15日、積雪のため京都競馬と中京競馬の開催が中止されました。

JRAでの雪による開催中止は2013年の1月以来のことです。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「15日、JRAは積雪のため京都競馬と中京競馬の開催を中止した。
これに伴い、同日のWIN5発売も取りやめとなった。
中京競馬は午前6時に中止を決定。
京都競馬はいったん雪が収まり、
時間変更や条件変更で施行の態勢を整えたものの、
同10時過ぎに雪が強まって10時50分に開催の中止を決定した。

中京競馬は16日、出走馬の内容(出走馬・出走馬の馬番)を変更せず代替競馬を実施する。
一方、京都競馬は16日に投票をやり直し、
そのうえで決まった出走馬・馬番により、17日に代替競馬を実施する。
京都競馬は出走馬の内容が変更となるので注意を要する。

JRAの開催中止は14年10月13日、台風による京都競馬の中止以来。
雪による中止は13年1月14日中山競馬以来。
中京競馬の中止は05年12月18日の降雪による中止以来、およそ11年ぶり。」


日本全国が寒波に襲われました。

1年中開催されている競馬は、
ある意味でいえば天候の不順に比較的強い競技だということが出来ます。

とは言っても、「記録的○○」のような桁外れなものが相手となれば話は別です。

自然の力に抗うことはできないのは人間の世界も馬の世界も同じということです。




アンジュルム・相川茉穂、パニック障害で活動休止
アンジュルムの相川茉穂(あいあい)がパニック障害で活動休止することが発表されました。

以前より頭痛・めまいなどの症状がでることがあったそうで、
最近、症状が強くあらわれることが増えたため、
改めて診察を受けたところ「パニック障害」と診断さたそうです。


この件に関しての本人のコメントは以下の通りです。

「応援して下さっている皆さん、
コンサートを楽しみにして下さっていた皆さん、いつもありがとうございます。
私は以前から呼吸困難、吐き気、恐怖感などの症状がありました。
何度か病院にも通っている中で「パニック障害」と診断され、
最近では頻繁に発作が出るようになり、ステージなどでも起きてしまう事があったので、
今の活動が困難になってしまいました。

お医者さんより「治すためにはまずは休養する事」との診断があった為、
しばらくお休みを頂く事になりました。
メンバーやファンの皆さん、スタッフの皆さんに
沢山迷惑とご心配をおかけする事になってしまい、ごめんなさい。

「パニック障害」というと少し偏見があるかもしれないのですが、脳の病気でもあるので、
その偏見を少しでも減らして私と同じパニック障害の人達とも一緒に闘っていきたいと思います。
今は治療に専念して、私なりに頑張るので待っていて下さると嬉しいです。」


ハロプロに衝撃が走りました。

あいあいが休養するなんて予想もしていませんでした。

マイペースに、自由気ままにアイドル活動を楽しんでいるように見えたあいあいからは、
「パニック障害」というような病気の影は一つも見えませんでした。

きっと耐えていたんですね。

何ともやるせない気持ちになります。

今のアンジュルムにとってあいあいは絶対に必要な人です。

今はゆっくり休んで、また元気に自由にアイドル活動を楽しむあいあいの姿を見せてほしいと思います。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能