fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
真の強さータイトルホルダーが「宝塚記念」を制覇
6月26日、G1「宝塚記念」が行われ、
横山和生騎手騎乗のタイトルホルダーが勝利しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

◆第63回宝塚記念
・G1(6月26日、阪神・芝2200メートル=良)

22年春のG1シリーズを締めくくるグランプリレースは
17頭によって争われ、
ファン投票1位選出で2番人気を集めた
タイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎、父ドゥラメンテ)が
横山和生騎手の手綱で2番手から抜け出し、
天皇賞・春に続くG1・3勝目を挙げた。
勝ち時計はコースレコードの2分9秒7。
阪神開催のG1は昨年の菊花賞を合わせ、3戦3勝となった。

2馬身差の2着は5番人気のヒシイグアス(ダミアン・レーン騎手)。
さらに2馬身差の3着は4番人気のデアリングタクト(松山弘平騎手)が
鼻差で3番人気のディープボンド(和田竜二騎手)を抑えた。
1番人気のエフフォーリア(横山武史騎手)は6着に終わり、
大阪杯9着に続く連敗。
なおオーソリティ(牡5歳、美浦・木村哲也厩舎、父オルフェーヴル)は
馬場入場後に馬体故障を発症し、競走除外となった。

横山和生騎手(タイトルホルダー=1着)
「ファン投票ですごく支持していただいて、
緊張はしていませんでしたが、いい結果をと思っていました。
4回目の騎乗でしたし、リズムよく走れて、
タイトルの雰囲気をしっかりつかめていました。
ゲートをしっかり出して行って、
それでも来るなら来いというつもりで行きました。
ペースは速かったかもしれませんが、
リズムよく走れればいい結果がついてくると思って、
自分がひるまないように、馬を信じていました。
リズムよく直線に向ければ頑張ってくれると思っていました。
直線半ばでもしっかり脚が残っていて、
『いいんじゃないかな』と思いました。
馬はすごく成長して、良くなっている途中です。
世界は甘くないので、自分も成長していかないといけません。
このメンバーで番手から結果を出して、すごい馬です。
これからもタイトルホルダーをよろしくお願いします」



今回勝利するまでタイトルホルダーが勝利していた2つのG1は
どちらも3000メートル以上のレースで、
タイトルホルダーはステイヤーのイメージが強かったのですが、
今回のレースでそのイメージを払拭するというか、
距離は関係ないんだというところを見せつけてくれましたね。

本当に素晴らしいレースでした。






スポンサーサイト



OCHA NORMA「恋のクラウチングスタート」がパワープレイ決定!
OCHA NORMAの「恋のクラウチングスタート」が
NACK5の2022年7月前期パワープレイに決定しました。


公式サイトに掲載された文章は以下の通りです。

OCHA NORMA「恋のクラウチングスタート/お祭りデビューだぜ!」から、
「恋のクラウチングスタート」がラジオ局のパワープレイに決定!

【恋のクラウチングスタート】

・NACK5 2022年7月前期 POWER PLAY

期間:7月1日(金)~7月15日(金)

HP:https://www.nack5.co.jp/power-play/



「恋のクラウチングスタート」はOCHA NORMAのデビューシングルです。

7月13日に発売される予定ですので、
このパワープレイでNACK5の聴衆可能エリアの人々に
この曲をアピールしたいところであります。






テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #432(MC:新沼希空&小野瑞歩)
『ハロ!ステ』の♯432が6月22日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
つばきファクトリーの新沼希空(きそちゃん)と、
つばきファクトリーの小野瑞歩(おみず)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

オープニングトーク

「弱さじゃないよ、恋は」/つばきファクトリー(5.16 日本武道館)

MCトーク!一問一答(前半)

SPOT・アンジュルム 日本武道館公演を終えて

MCトーク!一問一答(後半)

「泣けないぜ・・・共感詐欺」/アンジュルム(6.15 日本武道館)

「忘れてあげる」/アンジュルム(6.15 日本武道館)

ハロー!キッチン 野中美希~ MCトーク

胸に響いた歌詞発表会(前田こころ・山﨑夢羽・平井美葉)

エンディング


今回の『ハロ!ステ』では、
6月15日に日本武道館で開催された
「アンジュルム CONCERT TOUR -The ANGERME- PERFECTION」から
「泣けないぜ・・・共感詐欺」と「忘れてあげる」の
パフォーマンス映像が放送されました。

「泣けないぜ・・・共感詐欺」と「忘れてあげる」ともに、
発売時のメンバーと
今回パフォーマンスを披露したメンバーでは構成が大きく変わっています。

だからこそ、
新生アンジュルムの形を観ることが出来る
今回のパフォーマンスであったと言えます。

橋迫軍団とも呼ばれる年少メンバーたちの成長を感じました。






テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

一つの転換期―RIZIN・榊原CEOの発言の波紋
7月31日に開催予定の「RIZIN.37」の対戦カード発表会見が
6月24日に東京都内で行われ、
その中での榊原信行CEOの発言が話題となっています。

このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「RIZIN.37」(7月31日、さいたまスーパーアリーナ)

対戦カード発表会見が24日、都内で行われ、榊原信行CEOは
「地上波に向けてコンテンツを作る時代は完全に終わりを告げた」と語った。

RIZINはこれまで毎年恒例の大みそか大会を中心に
フジテレビが中継を続けてきた。
フジテレビは
キックボクシングのRISE世界フェザー級王者の那須川天心と
K-1ワールドGPスーパーフェザー級王者の武尊の試合が行われた
格闘技イベント「THE MATCH」(19日、東京ドーム)の
生中継を予定していたが、
5月31日に「諸般の事情を総合的に考慮した結果」との理由で、
急きょ見送りを決定。
同イベントの実行委員を務めていた榊原CEOは、
その決定がRIZIN中継にも「(影響)するでしょう」と話していた。

この日の会見では、大会の放送、配信などの詳細は
「決まり次第、お知らせします」と告知されたのみ。
榊原CEOは、
同イベントを生中継した
ペイ・パー・ビュー(PPV・一般チケット5500円)の販売件数は50万以上、
25億円以上とみられる売上を記録したことで、
「放送環境、配信環境は大きく時代が動いている」との認識を語った。

続けて、今後の地上波放送局との関係について、
「フジテレビさんに限らず、地上波の放送局とは
これからもいろんな意味で向き合っていきたい」と話しつつ、
「地上波に向けてコンテンツを作る時代は完全に終わりを告げた。
それでも地上波の必要性はある。
今後は中継というよりプロモーションのメディアとしてどう活用するか、
という向き合い方はある。
いろんな局と向き合っていきたい」との考えを示した。



色々な見方があるでしょうが、
これを一つの転換期と見ることは十分できるでしょう。

「THE MATCH」が地上波で生中継されないとなった時の榊原氏の反応と、
この会見で見せた榊原氏の自信を持った口ぶりは、
まるで違うものであったと言えます。

それもこれも記事にある通り、
「THE MATCH」の配信チケットの売り上げが大変好評であったことが、
この自信に繋がっていることは言うまでもありません。

このことが将来的に、
地上波からネット配信ビジネスへ転換していく
重要なターニングポイントであったと言われておかしくないでしょう。






モーニング娘。’22 CONCERT TOUR ~Never Been Better!~森戸知沙希卒業スペシャル
6月20日、日本武道館にて
「モーニング娘。’22 CONCERT TOUR
~Never Been Better!~森戸知沙希卒業スペシャル」が行われ、
森戸知沙希(ちぃちゃん)が
モーニング娘。’22 およびハロー!プロジェクトを卒業しました。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

アイドルグループ・モーニング娘。’22の
14期メンバー森戸知沙希(もりと・ちさき、22)が20日、
東京・日本武道館で開催された春ツアー千秋楽公演
『モーニング娘。’22 CONCERT TOUR
~Never Been Better!~森戸知沙希卒業スペシャル』をもって、
グループおよびハロー!プロジェクトから卒業し、
2014年11月から約7年半のアイドル活動にピリオドを打った。
卒業後は海外留学を予定している。

チケットは完売となり、
9000人の観客に360度囲まれたセンターステージに
13人のメンバーが登場。
春ツアーでは披露していなかった「青春Night」で幕を開けると、
8日に発売された最新71stシングル「Chu Chu Chu 僕らの未来」、
森戸がモーニング娘。に加入後初のシングルとなった
64th「邪魔しないでHere We Go!」(2017年10月発売)などを披露。
四方を正面にし、
複雑なフォーメーションダンスをより立体的に魅せた。

森戸は2014年に
『モーニング娘。’14<黄金(ゴールデン)>オーディション』に
落選したものの、同年11月、
里田まいがスーパーバイザー、
嗣永桃子がプレイングマネージャーを務めた
カントリー・ガールズに加入し、2015年3月にメジャーデビュー。
2017年6月にモーニング娘。’17と兼任となり、
2019年12月にカントリー・ガールズを卒業。
モーニング娘。25年の歴史の中でも異色の経歴を持つ。

森戸の卒業をもって、
カントリー・ガールズのメンバーが
全員ハロプロを卒業することになり、
元カントリーのメンバー、
山木梨沙、小関舞、梁川奈々美、船木結の連名で
「ちぃ様 8年間お疲れ様!」のメッセージ入りの祝い花を贈った。
4人や昨年12月にモーニング娘。を卒業した
佐藤優樹らOGも会場で森戸のラストステージを見守った。

終盤にはメンバー一人ひとりが森戸へメッセージ。
牧野真莉愛は終始『ドラゴンボール』のパロディーを演じ、
「ここまでよくやったな、ちぃちゃん!」
「グッバイ、ちぃちゃん」と伝えると、
爆笑したメンバーは膝から崩れ落ち、
森戸も「違う意味で泣いた」と笑い転げた。

サブリーダーの石田亜佑美は
「ちぃが卒業間際にソロインタビューで
メンバー一人ひとりのことをしゃべってくれる機会があって、
私に対して、加入したばかりのときに
申し訳ない気持ちがあるんだって言ってくれてたんですけど、
そういうふうに、ちぃに思わせていたことが申し訳なくって。
でももう、申し訳ないという気持ちは今日でオサラバです! 
大好きだから、ちぃに出会えたことが宝物です」と
涙まじりにメッセージ。
同じくサブリーダーの生田衣梨奈は
「森戸が卒業して、
留学から帰ってきたあとも楽しみだなと思います。
森戸の今後の活動も全力で応援しています」とエールを送った。

リーダーの譜久村聖は
「ちぃと過ごした5年間は本当に宝物です。
私にとってちぃは、
かわいいし、かっこいいし、尊敬するし、特別だし、愛しいし!
本当にいろんな感情にさせてくれた子です。
大切に思っています。
この5年間、そういうふうに感じられたのは、
ちぃの努力や頑張りがあったからこそだと思います。
本当に本当に、私たちと、
モーニング娘。と出会ってくれてありがとう」と万感を込めて伝え、
武道館は拍手に包まれた。

本編が終わり、
会場のファンがペンライトを森戸カラーの白、
カントリー時代のオレンジに変えると、
白を基調にしたアシンメトリーのドレスに
シルバーのティアラをつけた森戸が登場した。

手紙を読み上げる形で7年半の活動を振り返り、
時折涙で言葉を詰まらせながらも
「カントリー・ガールズとして過ごした時間も、
モーニング娘。として過ごした時間も
愛おしくて忘れられない私の宝物です。
まだまだ未完成な私ですが、明日からは新しい道に進みます。
改めて、約7年半夢のような素敵な時間を
本当に本当にありがとうございました!」と感謝した。

「私が大好きなこの曲を聴いてください」と切り出すと、
モーニング娘。が2007年にリリースした
35thシングル「みかん」をソロで歌い始めたが、
最後にメンバーが合流すると歌えなくなり、声を振り絞った。

このライブの模様は
CS放送テレ朝チャンネル1および
スカパー!で生中継/生配信されたほか、
全国47都道府県の映画館75スクリーンで
ライブビューイングも行われた。
森戸の卒業曲「みかん」は、
あす21日に各音楽配信サイトで配信リリースされる。



素敵な卒業公演でした。

ちぃちゃんが歩んできた7年半は
ハロー!プロジェクトの歴史の中でも異色と言えるものであり、
前例がないだけに大変であったと思います。

そんな大変な日々を走りきったちぃちゃんは
相当に根性があって頑張り屋であったと言えます。

ちぃちゃん、本当に卒業おめでとう!!






テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能