fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
巻き返しを果たす―ソングラインが「安田記念」を制す
6月5日、G1「安田記念」が行われ、
池添謙一騎手騎乗のソングラインが勝利しました。


このことに関する記事が『netkeiba.com』に掲載されていたので以下で紹介します。

5日、東京競馬場で行われた安田記念(3歳上・GI・芝1600m)は、
中団でレースを進めた池添謙一騎手騎乗の
4番人気ソングライン(牝4、美浦・林徹厩舎)が、
外から追い比べを制し、その内から追い込んだ
2番人気シュネルマイスター(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)に
クビ差をつけ優勝した。
勝ちタイムは1分32秒3(良)。

さらにアタマ差の3着に8番人気サリオス(牡5、美浦・堀宣行厩舎)が入った。
なお、3番人気ファインルージュ(牝4、美浦・木村哲也厩舎)は5着、
1番人気イルーシヴパンサー(牡4、美浦・久保田貴士厩舎)は8着に終わった。

勝ったソングラインは、
父キズナ、母ルミナスパレード、その父シンボリクリスエスという血統。
ヴィクトリアマイル5着から巻き返してGI初制覇を果たした。
林徹厩舎にとってもGIは初勝利。

【勝ち馬プロフィール】
◆ソングライン(牝4)
騎手:池添謙一
厩舎:美浦・林徹
父:キズナ
母:ルミナスパレード
母父:シンボリクリスエス
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ソングライン 4人気
2着 シュネルマイスター 2人気
3着 サリオス 8人気
4着 セリフォス 5人気
5着 ファインルージュ 3人気
6着 ダノンザキッド 7人気
7着 エアロロノア 16人気
8着 イルーシヴパンサー 1人気
9着 ナランフレグ 12人気
10着 ロータスランド 11人気
11着 レシステンシア 9人気
12着 ホウオウアマゾン 15人気
13着 ソウルラッシュ 6人気
14着 ダイアトニック 17人気
15着 ヴァンドギャルド 13人気
16着 カラテ 14人気
17着 カフェファラオ 10人気
18着 カテドラル 18人気



ヴィクトリアマイル5着からの巻き返しでのG1初制覇ということで、
陣営としてもとても嬉しい勝利となりましたね。

ソングラインは、
サウジアラビアのG3「1351ターフスプリント」でも勝利しており、
今回の勝利を機にさらなる世界的な活躍を見込まれます。

これは楽しみですね。






スポンサーサイト



7522頭の頂点ードウデュースが「日本ダービー」を制覇
5月29日、G1「日本ダービー」が行われ、
武豊騎手が騎乗したドウデュースが勝利しました。


このことに関する記事が『スポニチ』に掲載されていたので以下で紹介します。

◇G1・日本ダービー
(2022年5月29日 東京競馬場 芝2400メートル)

3歳馬のナンバーワンを決める日本ダービーは、
ドウデュース(牡3=友道)が
昨年の朝日杯FSに続くJRA・G1通算2勝目を挙げた。
2019年に生産された
サラブレッド7522頭(持込馬、輸入された外国産馬を含む)の
頂点に立った。

ドウデュースは父ハーツクライ、
母ダストアンドダイヤモンズ(母の父ヴィンディケーション)の血統。
通算成績は6戦4勝。
重賞は昨年の朝日杯FSに続く2勝目だった。

武豊は昨年の朝日杯FS(ドウデュース)以来となる
JRA・G1通算79勝目。
日本ダービーは98年のスペシャルウィーク、
99年のアドマイヤベガ、
02年のタニノギムレット、
05年のディープインパクト、
13年のキズナに続く6勝目。
自身が持つ歴代最多勝記録を更新した。
友道師は今年の大阪杯(ポタジェ)以来となるJRA・G1通算16勝目。
日本ダービーは16年のマカヒキ、
18年のワグネリアンに続く3勝目だった。

レース後、武豊は
「もう、感無量。
ほんとにうれしいです。
(ダービー勝利は)久しぶりだったので、やっぱり最高。
これほど幸せな瞬間はない」と歓喜に浸った。

▽日本ダービー
1780年創設の英国ダービーを範とし、
1932年に第1回が行われた3歳馬の頂点を決するレース。
皐月賞、菊花賞とともに「牡馬3冠」を形成する。
正式名称は「東京優駿」で50年から「日本ダービー」の副称がついた。
馬産の奨励、繁殖馬の選定が主眼だった経緯から
現在も牡馬、牝馬のみが出走可能。
セン馬は出走できない。



強いレースでした。

「皐月賞」では位置取りのまずさもあり、
本来の実力を発揮できなかった感がありましたが、
今回は位置取りも含めて見事なレースであったと言えます。

もうすでに「凱旋門賞」なんて話も出てきていますが、
まだまだのびしろもあるでしょうし、
今後の活躍がさらに期待されるところであります。






2冠達成!!―スターズオンアースが「オークス」制覇
5月23日、G1「オークス」が行われ、
C・ルメール騎手騎乗のスターズオンアースが勝利しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

◇G1・オークス(2022年5月22日 東京競馬場 芝2400メートル)

牝馬クラシック第2弾「第83回オークス」は、
3番人気でC・ルメール騎手騎乗の
桜花賞馬スターズオンアース(牝3=高柳瑞)が制しG1・2勝目。
桜花賞に続き“テン乗り”騎手とのコンビとなったが、
史上16頭目の牝馬クラシック2冠を達成。
「桜&樫ともにテン乗り2冠」は史上初の快挙を遂げた。

レース直前にサウンドビバーチェが放馬し、そのまま競走除外に。
発走時刻が10分以上遅れる“アクシデント”が発生するも、
スターズオンアースはしっかりと発馬。
中団やや前方につけると、
最後の直線で大外から差し切って牝馬クラシック2連勝を飾った。

勝ちタイムは2分23秒9(晴・良)。
2着は10番人気のスタニングローズ、
3着には4番人気のナミュールが入線した。

勝ったスターズオンアースは
父ドゥラメンテ、母サザンスターズ(母の父スマートストライク)の血統。
通算成績は7戦3勝。
JRA重賞通算2勝目。

2勝目を飾った前走・桜花賞(G1)では
“テン乗り”の川田騎手が騎乗しG1初制覇。
今回も桜花賞に続き“テン乗り”ルメール騎手とのコンビとなったが、
G1・2連勝を飾り牝馬クラシック2冠達成。
「桜&樫ともにテン乗り2冠」は史上初の快挙。
さらに異なる騎手での桜花賞&オークス優勝は、
1952年スウヰイスー
(桜花賞・保田隆芳騎手、オークス・八木沢勝美騎手)、
2012年ジェンティルドンナ
(桜花賞・岩田康誠騎手、オークス・川田将雅騎手)に続き
3頭目の出来事となった。

また、2勝目を桜花賞で挙げた馬のオークス制覇は
1954年ヤマイチ以来68年ぶり2頭目
(※2歳戦が実施されるようになった1946年以降)、
7番人気以下で桜花賞を制した馬のオークス制覇は
史上初のケースだった。

鞍上のC・ルメール騎手は、
昨年マイルCS(グランアレグリア)以来のJRA・G1制覇で通算41勝目。
オークスは2017年ソウルスターリング、
2018年アーモンドアイに続き3勝目。
“テン乗り”でのJRA・G1制覇は
昨年の宝塚記念(クロノジェネシス)以来9度目。

管理する高柳瑞師はオークス初優勝。
桜花賞を含めたJRA・G1通算2勝は
全てスターズオンアースによるものとなった。

▽オークス 
4月の「桜花賞」に続く牝馬3冠の第2弾。
1938年秋に「阪神優駿牝馬(芝2700メートル)」が創設され、
46年から東京芝2400メートルの「優駿牝馬(オークス)」に。
秋から春に移行は53年。
桜花賞との2冠制覇は
52年スウヰイスーから2020年デアリングタクトまで15頭いる。
また、桜花賞が「桜の女王」と形容されるのに対し、
オークスは「樫の女王」とも言われる。

◆テン乗り 
騎手が乗り替わりでレースに初騎乗することを指す。
語源は不明だが、
競馬界において「テン」には「最初」「真っ先に」の意味がある。
テン乗り以外にも「テンに速い」(=ダッシュが速い)、
「テンから追う」(=スタート直後から手綱をしごく)などの用法がある。



「桜花賞」を勝利したスターズオンアースが3番人気ということで、
随分と低評価だなと思っていましたが、
そんな評価を覆す見事な勝利となりました。

この強さは本物だと言えます。






100万馬券の衝撃―ダノンスコーピオンが「NHKマイルC」制覇
5月8日、G1「NHKマイルカップ」が行われ、
川田将雅騎手騎乗のダノンスコーピオンが勝利しました。

ダノンスコーピオンはこれがG1初制覇で、
川田騎手にとっては初めての「NHKマイルカップ」制覇となりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

◇G1・NHKマイルC(2022年5月8日 東京競馬場 芝1600メートル)

3歳マイル王決定戦は、
4番人気のダノンスコーピオン(牡3=安田隆)が制し、
JRA重賞2連勝でG1初優勝を飾った。
鞍上の川田将雅騎手(36)は
同レース初制覇で節目となるJRA・G1通算20勝に到達。
2着には3番人気マテンロウオリオン(牡3=昆)、
3着には18番人気のカワキタレブリー(牡3=杉山佳)が入線した。

ダノンスコーピオンは好位やや後方からレースを進めると、
最後の直線で抜け出し、
外から迫るマテンロウオリオンの猛追をクビ差しのいで優勝。
勝ちタイムは1分32秒3(良)。
さらに3着に最低人気のカワキタレブリーが入ったことで
3連単は153万2370円の“大万馬券”となった。

勝ったダノンスコーピオンは
父ロードカナロア、母レキシールー(母の父スライゴベイ)の血統。
通算成績は6戦4勝。
JRA重賞通算2勝目。

昨年の朝日杯FS(G1、阪神・芝1600メートル)3着、
前走・アーリントンC(G3、阪神・芝1600メートル)1着など
“得意とするマイル戦”で自慢の剛脚を披露。
2度目のG1挑戦で初タイトルを獲得。
ロードカナロア産駒として同レース初優勝となった。

鞍上の川田は桜花賞(スターズオンアース)に続き
今年2度目のJRA・G1制覇。
通算勝利数は節目の20勝に到達。
NHKマイルCは9度目の挑戦で初優勝を飾った。

管理する安田隆師は、
昨年の高松宮記念(ダノンスマッシュ)以来となる
JRA・G1制覇で通算14勝目。
NHKマイルCは初優勝だった。

▽NHKマイルC 
53年創設のダービーTR「NHK杯」が前身。
96年に3歳マイル王決定戦として新設された。
第1~6回までは外国産馬が勝利。
第7回以降は内国産馬が勝利していたが第26回の昨年、
シュネルマイスターが外国産馬として20年ぶりに優勝した。



18頭立ての18番人気だったカワキタレブリーが大激走で3着となり、
3連単は配当が100万を超える大荒れのレースとなりました。

多くの競馬が予想できない、まさに衝撃のG1となりましたね。





ステイヤーの頂点―タイトルホルダーが「天皇賞・春」を制覇
5月1日、G1「天皇賞・春」が行われ、
横山和生騎手騎乗のタイトルホルダーが勝利しました。

タイトルホルダーにとっては
昨年の「菊花賞」に続くJRA・G1通算2勝目を挙げました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

◇G1・天皇賞・春(2022年5月1日 阪神競馬場 芝3200メートル)

伝統の古馬長距離王決定戦、天皇賞・春は、
タイトルホルダー(牡4=栗田)が制し、
昨年の菊花賞に続くJRA・G1通算2勝目を挙げた。

タイトルホルダーは
父ドゥラメンテ、母メーヴェ(母の父モティヴェーター)の血統。
通算成績は11戦5勝。
重賞は4勝目。

横山和生はJRA・G1初制覇。
栗田師は昨年の菊花賞(タイトルホルダー)以来となるJRA・G1通算2勝目。
天皇賞・春は初制覇となった。

祖父・横山富雄、父・典弘に続いて
和生は史上初の天皇賞・春を親子3代で制覇。
「タイトルホルダーと仲良く走ろうという気持ちで。
タイトルホルダーに教えてもらった。
(3代制覇は)うれしい」と胸を張った。

▽天皇賞・春 
1905年(明38)創設の「エンペラーズカップ」が前身。
37年(昭12)秋から「帝室御賞典競走」として東西で春秋2回開催に。
戦争による中断を経て47年春に「平和賞」として復活。
同年秋から「天皇賞」に改称。



本当に強い競馬でした。

タイトルホルダーは文句なしでステイヤーの頂点に立ちましたね。

横山和生騎手にとっては歓喜のG1初制覇となりました。

色々と見どころの多いレースでしたね。