FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
我々は歴史の目撃者になった―ソダシが白毛馬初のクラシック制覇
4月11日、G1「桜花賞」が行われ、吉田隼人騎手騎乗のソダシが勝利しました。

ソダシは白毛馬ですが、
白毛馬がクラシックレースを制したのは牡馬と牝馬含めてこれが初めてです。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

4月11日の阪神11Rで行われた第81回桜花賞
(GI、3歳オープン、牝馬、芝・外1600メートル、
18頭立て、1着賞金=1億500万円)は、
吉田隼人騎手騎乗の2番人気ソダシ(栗東・須貝尚介厩舎)が
好位追走から直線抜け出しV。
阪神JFの雪辱を期したサトノレイナスや、
史上初の母子制覇を狙ったアカイトリノムスメら
粒ぞろいのメンバーが集結した牝馬クラシックの開幕戦を制し、
桜冠奪取。
白毛馬初のJRA・GI制覇に次ぐクラシック制覇達成で、
さらに歴史を塗り替えた。
タイムは1分31秒1(良)のコースレコード。

クビ差の2着にはサトノレイナス(1番人気)、
さらに半馬身遅れた3着にファインルージュ(8番人気)が入った。

ソダシは昨年12月13日の阪神JF以来、中118日での出走で、
2019年のグランアレグリアの中111日を上回る
桜花賞史上最長間隔優勝記録を更新。
昨年のデアリングタクトに続く
史上8頭目となる無敗で桜花賞を制覇した。
また、騎乗した吉田隼人騎手は2015年以来、
6年ぶり5回目の桜花賞参戦で、クラシック競走初制覇となった。

桜花賞を勝ったソダシは、
父クロフネ、母ブチコ、母の父キングカメハメハという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、
馬主は金子真人ホールディングス(株)。
通算成績は5戦5勝。
重賞は20年
札幌2歳S(GIII)、アルテミスS(GIII)、阪神JF(GI)に次いで4勝目。
桜花賞は管理する須貝尚介調教師、
騎乗した吉田隼人騎手ともに初勝利。



素晴らしいレースでした。

このレースを観ることが出来た我々は歴史の目撃者になったと言えます。

白毛の馬がクラシック制覇をしたというだけでも凄いのに、
コースレコードでの勝利というおまけ付きというのが、
この馬のスター性を表していると言えるでしょう。

2冠目の「オークス」も期待です。





スポンサーサイト



「マイネル軍団」総帥の死―岡田繁幸さんが死去
「マイネル軍団」の総帥として知られる岡田繁幸さんが死去されました。

死因は不明で、71歳でした。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

マイネル軍団総帥・岡田繁幸氏が19日朝に亡くなったことが分かった。
この日が71歳の誕生日だった。
死因は不明。

近年は腸の具合が悪く、原因不明の下痢の症状に悩まされていた。
2月11日に北海道新冠町のビッグレッドファームで行われた
種牡馬展示会には出席。
糖質制限などで一時期よりは体調が戻ってきていると
話していたという。

牧場の長男として生まれた岡田繁幸氏は、
米英で修行後の1974年(昭49)に独立。
ビッグレッドファームを開設し、
86年4月にクラブ法人ラフィアン・ターフマンクラブを立ち上げた。
同年5月、
自分名義のグランパズドリーム(父カブラヤオー)が
ダービーで2着し、早々と頂点に迫った。

87年にクラブの1期生がデビューすると、
88年にはマイネルフリッセ(父リードワンダー)、
マイネルグラウベン(父コインドシルバー)、
マイネルムート(父ファインポート)が次々に重賞を勝利。
いずれの父も主流血統ではなく、
一躍競馬界の革命児として名を上げた。

北海道の牧場をくまなく回り、
年間数千頭の中から見込んだ馬を、
セリや庭先で買い求めた。
体のバランス、筋力に加え、
筋肉の質の見極めがポイントと心得て、相馬眼を磨いていった。
当時は秋からが常識だった追い運動を1歳5月からスタート。
昼夜放牧をいち早く取り入れ、育成にも工夫を凝らした。

即断即決で400万円で購入したコスモバルクは、
地方ホッカイドウ競馬所属のまま中央に参戦。
いきなり重賞2つを含む3連勝を飾り、
皐月賞2着、ダービー8着、菊花賞4着とクラシックを沸かせ、
ジャパンC2着など大活躍してファンの心をつかんだ。

JRA・G1勝利はマイネルマックス(朝日杯3歳S)、
マイネルラヴ(スプリンターズS)、
マイネルレコルト(朝日杯FS)、
マイネルキッツ(天皇賞・春)、
マイネルネオス(中山グランドジャンプ)、
マイネルホウオウ(NHKマイルC)。

ずっと「ダービーを勝ちたい」と公言してはばからなかった。
グランパズドリームとダイナガリバーとの半馬身差が、
ずっと重くのしかかった。
昨年までグループの38頭をダービーに送り込んだが、
夢は果たせていなかった。

◆岡田繁幸(おかだ・しげゆき)
1950年(昭25)3月19日、北海道生まれ。
生産牧場を営んでいた故・父蔚男さんの長男として生まれ、
68年に日大農獣医学部に入学。
70年に同校を中退し、渡米。
米国、英国の牧場で研修を積み、
71年の帰国後は父の牧場へ。
74年に独立後、76年にビッグレッドファームを設立。
86年にラフィアン・ターフマンクラブを発足。
クラブ法人名のラフィアンは米牝馬3冠を達成した名牝が由来。
冠名として授けてきたマイネル(男性形)、マイネ(女性形)は
ドイツ語で「私の」の意味。
長男紘和氏はラフィアン代表。
三男義広氏はウインレーシングクラブ代表。
弟牧雄氏は岡田スタッド代表。



競馬ファンにとって「マイネル」の冠名は有名です。

「マイネル」を知らずに競馬ファンと言っている人が居たならば、
そいつはもぐりだと言っていいでしょう。

それぐらい日本競馬界に岡田さんは重大な影響を及ぼしているのです。

岡田さんは亡くなりましたが、
岡田さんが育てた競走馬、種牡馬、繁殖牝馬たちは残っています。

そのことから言っても、岡田さんはこれからも
日本競馬界に大きな影響を及ぼし続けるのだと言えるでしょう。






一時代を築いた馬たちが去っていく―2冠馬・ネオユニヴァースが死す
2003年に「皐月賞」と「日本ダービー」を制したネオユニヴァースが、
3月8日、けい養先のレックススタッドで死去しました。


このことに関する記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下で紹介します。

2003年に皐月賞、日本ダービーの2冠を制し、
同年のJRA賞最優秀3歳牡馬に輝いたネオユニヴァースが8日、
けい養先のレックススタッド(北海道新ひだか町)で
種付け中の事故により死んだ。21歳だった。

同馬は父サンデーサイレンス、母ポインテッドパス(父クリス)の血統。
03年のクラシックでは当時短期免許での騎乗だった
M・デムーロとのコンビで皐月賞と日本ダービーを制し2冠を達成。
外国人騎手の日本ダービー制覇は史上初の快挙となった。

本来ならば同騎手の短期免許期間は春で終了していたが、
ファンからの要望もあり、JRAが「同一馬に騎乗し、
同一年にGⅠを2勝以上した場合、
その年のGⅠで当該馬に騎乗する場合に限り、
そのGⅠ当日のみ免許を発行する」という規定を設けたため、
3冠制覇がかかった菊花賞でも
同騎手とのコンビが実現した(結果は3着)。

2冠を含め重賞5勝を挙げたネオユニヴァースは04年に引退。
種牡馬としても
日本調教馬初のドバイWC制覇(11年)という
快挙を成し遂げたヴィクトワールピサを筆頭に
アンライバルド(09年皐月賞)、
ロジユニヴァース(09年日本ダービー)など
多くの活躍馬を送り出した。



先日のジャングルポケットの死もそうですが、
一時代を築いた馬たちが次々に去っていきます。

サラブレットは人間よりも寿命の短い生き物ですので、
これは宿命でもあるわけですが、
それでもやはりこういった訃報に触れるたび寂しい気持ちになります。

それに、このネオユニヴァースの場合は、
種付け時の事故によって亡くなったということですから、
より悲しさを感じるところであります。

最後の最後まで種牡馬として頑張った
ネオユニヴァースに敬意を表したいと思います。

ネオユニヴァースありがとう。合掌。






愛された馬―2001年のダービー馬・ジャングルポケットが死す
2001年の「日本ダービー」を制したジャングルポケットが、
日高町のブリーダーズスタリオンステーションで死去しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

2001年に日本ダービーとジャパンカップを制し、
同年のJRA賞年度代表馬と最優秀3歳牡馬に輝いた
ジャングルポケット(牡23歳、父トニービン)が2日、
けい養されていた
北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションで死んだ。
JRAが同日、発表した。

現役時代は栗東・渡辺栄厩舎に所属して13戦5勝。
引退後は種牡馬としてけい養され、
07年の阪神JF、08年のオークスを制したトールポピーなど、
6頭のJRA・G1ホースを送り出した。

株式会社サラブレッド・ブリーダーズ・クラブ事務局・遠藤幹氏
「昨年秋から体調を崩し治療にあたっておりましたが、
残念ながら力尽き、今朝死亡しました。
昨年暮れに種牡馬を引退しましたが、
現場スタッフからもかわいがられておりましたので、
もう少し長生きしてほしかったというのが正直な気持ちです。
現役時代の活躍も、
種牡馬として数多くの名馬を輩出した実績も、
本当に素晴らしいものでした。
安らかに眠ってほしいと思います」



お笑いの世界にジャングルポケットというお笑いトリオが居ますが、
このトリオ名はこのジャングルポケットという馬名からきています。

トリオの一員である斉藤慎二さんが競馬好きということもあり、
このトリオ名に決まったわけですが、
ジャングルポケットという馬のことを愛したのは
もちろん斉藤さんだけではありません。

多くの競馬ファンから愛されたのです。

だからこそ、
今回のジャングルポケットの死を残念に思っている人は多いはずです。

今はただ安らかに休んでほしいと思います。合掌。






混戦を抜け出して―カフェファラオが「フェブラリーS」を制覇
2月21日、G1「フェブラリーステークス」が行われ、
クリストフ・ルメール騎手が騎乗したカフェファラオが勝利しました。

カフェファラオにとってはこれがJRA・G1初制覇となりました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

<フェブラリーS>
◇21日=東京◇G1◇ダート1600メートル◇4歳上◇出走16頭

新王者の誕生だ-。
1番人気カフェファラオ(牡4、堀)が好位追走から直線で抜け出し、
JRA・G1初制覇を果たした。
勝ちタイムは1分34秒4。
クリストフ・ルメール騎手は昨年モズアスコットに続くレース連覇となった。

出走馬で唯一の4歳馬が年長馬を一蹴した。
好スタートを決めると、
逃げるエアアルマス、ワイドファラオを見ながら
絶好の手応えで好位のインを追走。
クロス鼻革とチークピーシズを着用し、
最後まで集中した走りを見せ、
外から迫る9番人気エアスピネルに4分の3馬身差をつけてゴールした。

ルメール騎手は「強かったですね」と問われると、
「はい。今日は本当のカフェファラオでした。
パドックから自信を持っていました。
チークピーシズを着けて、馬の状態がすごく良かったです。
勝つ自信がありました。
アグレッシブな競走がしたかったし、
いいスタートでいいポジションを取ることができて、流れに乗れました。
忙しかったけど、ずっと反応してくれました。
ポテンシャルがとても高い馬です。
トップコンディションなら絶対にG1を勝てると思っていた」。

2着にはエアスピネル、3着にはワンダーリーデルが入った。
根岸S覇者レッドルゼルは4着。
2番人気アルクトスは9着に沈んだ。

馬連(3)(10)6620円、
馬単(3)(10)9300円、
3連複(3)(7)(10)2万4940円、
3連単(3)(10)(7)10万1710円。

(注=成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものと照合してください)



今年の「フェブラリーステークス」は混戦模様でした。

昨年のチャンピオンズC覇者チュウワウィザードや、
GI4勝のクリソベリルらが不在で、
どの馬が来てもおかしくはないという状況でした。

そんな中を抜け出したのは期待の新星・カフェファラオでした。

デビューして以来、一貫してダート路線を突き進むカフェファラオですが、
父と母ともにアメリカ産馬ですので、
日本のダート路線だけでなく、
アメリカへの遠征なんてことも考えられるかもしれません。

今後が楽しみな1頭であります。