FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
強かったあの馬の死―サクラローレルが老衰で死亡
1月24日、1996年の年度代表馬であるサクラローレルが老衰で死亡しました。

29歳でした。


このことに関する記事が『netkeiba.com』に掲載されていたので以下で紹介します。

1996年の年度代表馬・サクラローレル(牡29)が24日朝に老衰のため、
けい養先の新和牧場(北海道新ひだか町)で死亡したことがわかった。
同牧場のフェイスブック上で発表された。

サクラローレルは
父Rainbow Quest、母ローラローラ、その父Saint Cyrienという血統、
1991年5月8日生まれの栃栗毛の牡馬。
デビュー時は美浦・境勝太郎厩舎の所属で、
境師の定年により1997年からは主戦騎手でもあった
美浦・小島太調教師の管理となった。
同世代には三冠馬ナリタブライアンや女傑ヒシアマゾンがいる。

3歳時の1994年1月にデビューし、同月の3戦目のダート戦で初勝利。
同年の暮れに条件戦を連勝し、続く翌年の金杯(中山)で重賞初制覇を果たした。
横山典弘騎手がすべてのレースで手綱を取った1996年には、
天皇賞・春でナリタブライアンを破りGI初制覇を遂げ、
年末には有馬記念も制し
この年の年度代表馬と最優秀5歳以上牡馬(当時の馬齢表記)を受賞。
1997年には凱旋門賞を目標に仏遠征を行ったが、
前哨戦のフォワ賞で右前脚の屈腱不全断裂を発症し8着。
現役生活にピリオドを打った。

種牡馬としては、
2002年の京成杯を勝利したローマンエンパイア、
2003年のフローラSを勝利したシンコールビー、
2004~05年に中長距離重賞を3勝したサクラセンチュリー、
2007年のユニコーンSを勝利したロングプライド、
ケイティブレイブの母ケイティローレルらの父となった。
2012年に種牡馬を引退し、余生を新和牧場で過ごしていた。

※馬齢は注釈のあるもの以外は現在の表記で記載

【新和牧場・谷岡毅場長のコメント】
「多くのファンに愛された馬でしたので、非常に残念です。
ファンの方からいただいたリンゴを一口で頬張る様子が懐かしいです。
会いに来てくださいました多くのファンの方々、
応援してくださった方々には、
この場を借りてお礼申し上げます」(JRAホームページより)



記事にもあるように、
サクラローレルは同世代に
ナリタブライアンとヒシアマゾンという強豪馬がいました。

そういった強い馬の中にあって、
ほとんどのレースで3着以内に入ったという事実は、
サクラローレルがいかに強い馬であったかを証明するものだと言えます。

現役時代は最終的に大きなケガによって引退をすることになりましたが、
29歳まで生きて老衰によって死去するというのは、
まさに生涯を全うしたと言えるのではないでしょうか。

今はただ安らかに。合掌。






スポンサーサイト



忘れられぬ名馬が死す―1996年の菊花賞馬・ダンスインザダークが死亡
1996年のG1「菊花賞」を制したダンスインザダークが死亡しました。

27歳でした。


このことに関する記事が『netkeiba.com』に掲載されていたので以下で紹介します。

1996年の菊花賞(GI)を制し、
同年のJRA賞最優秀3歳牡馬にも輝いたダンスインザダーク(牡27)が2日、
けい養先の社台スタリオンステーションで死亡したことがわかった。
JRAが4日、発表した。

ダンスインザダークは
父サンデーサイレンス、母ダンシングキイ、その父Nijinsky。
全姉にGI2勝のダンスパートナー、
全妹にもGI2勝のダンスインザムードがいる血統。

1996年、皐月賞トライアルの弥生賞(GII)を制して重賞初制覇。
クラシック一冠目の皐月賞(GI)は熱発で回避したものの、
ダービートライアルのプリンシパルS(OP)も連勝して大一番へと臨む。
単勝2.3倍の1番人気に推された日本ダービー(GI)では
直線で一度は抜け出したが、
デビュー3戦目のフサイチコンコルドの末脚に屈し、クビ差の2着となった。

秋は菊花賞トライアルの京都新聞杯(GII)を制して重賞2勝目をあげ、
クラシック最終戦の菊花賞も単勝2.6倍の1番人気。
2周目の4コーナーで12番手という位置取りから、
最後の直線では
菊花賞史上初の上がり33秒台の末脚を見せて追い込み勝ちを決め、
GIタイトルを獲得した。
しかしその後に屈腱炎を発症。
菊花賞を最後に現役生活に幕を下ろした。

通算成績は8戦5勝で、8戦全てで武豊騎手が手綱を取った。
獲得賞金は3億7955万1000円。

現役引退後も、サンデーサイレンス後継種牡馬を代表する1頭として活躍。
2004年の安田記念(GI)を制したツルマルボーイ、
菊花賞馬ザッツザプレンティ、
デルタブルース、スリーロールス、
他にも長距離路線で活躍したダイタクバートラム、
ファストタテヤマ、フォゲッタブルなど、多くの活躍馬を送り出した。

社台スタリオンステーション事務局
徳武英介氏のコメント
「1月2日の晩(1月2日21時30分)、
当スタリオンで功労馬として繋養しておりました
ダンスインザダークが老衰による起立不能で死亡いたしました。

サンデーサイレンスの2世代目産駒で、
競走馬としても種牡馬としても
サンデーサイレンス系の繁栄を牽引してくれました。
スタッフ一同、感謝の気持ちで一杯です。
ご冥福を心からお祈りいたします」(JRAのホームページより)



ダンスインザダークは大きな魅力を持った忘れられぬ名馬です。

ケガによって菊花賞がラストランになったわけですが、
もし怪我がなければもっともっと勝鞍は増えていったことでしょう。

そんな悔し思いを背負ってダンスインザダークの子どもたちは活躍を見せました。

特にツルマルボーイはG1戦線をたびたび賑わし、
多くの競馬ファンの記憶に残る一頭になっています。

競走馬としても種牡馬としても優秀だったダンスインザダークに
敬意を表したいと思います。

ただ今は安らかに。合掌。






本当に強かった牝馬―リスグラシューが「有馬記念」で有終V
12月22日、G1「有馬記念」が行われ、
ダミアン・レーン騎手が騎乗したリスグラシューが勝利しました。

リスグラシューはこのレースをもって引退することを表明しており、
まさしく有終の美を飾った形となりました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

12月22日の中山11Rで行われた第64回有馬記念
(3歳以上オープン、GI、
芝2500メートル、定量、16頭立て、1着賞金=3億円)は、
ダミアン・レーン騎手騎乗の
2番人気リスグラシュー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)が
中団追走から最後の直線で圧巻の末脚を披露。
2着以下に5馬身差をつけて引退レースを有終Vで飾った。
勝ちタイムは2分30秒5(良)

5馬身差の2着にはサートゥルナーリア(2番人気)、
さらにクビ差の3着には
後方から追い込んだワールドプレミア(4番人気)が入線。
ファン投票1位で1番人気に支持されたアーモンドアイは、
好位を追走するも最後の直線で伸び切れず9着に敗れている。

◆D.レーン騎手(リスグラシュー 1着)
「アリガトウゴザイマス。
リスグラシューには自信をもっていましたが、
今回は強い相手もいっぱいいました。
3回目の騎乗になりますが、
矢作先生から『さらにこの馬は成長しているぞ!』と聞いていたので、
自信を持って騎乗しました。
他のメンバーを見ると、かなり速いペースの競馬になると思っていましたが、
ラチ側にポジションを取ることができ、勝負どころでスペースができたので、
いい勝ち方ができました。
一戦ごとに強くなっていたので、これが引退レースなのは本当に残念です。
皆様にありがとうの気持ちでいっぱいです。
参加するだけでなく、GI馬に乗ることができましたし、
特例の免許をいただけたのも本当に感謝しています」



まさかのまさかの結果でした。

圧倒的な人気を得たアーモンドアイが9着に終わり、
同じく牝馬であるリスグラシューが圧倒的な力を見せました。

これが引退レースというのは残念ですが、
これからは母馬として優秀な競走馬たちを送り出してほしいと思います。

期待しています。






最重量の覇者―サリオスがデビュー3連勝で「朝日杯FS」を制覇
12月15日、G1「朝日杯フューチュリティステークス」が行われ、
ムーア騎手が騎乗したサリオスが勝利しました。

サリオスはデビューから無敗の3連勝でG1初制覇を果たしました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

2歳馬チャンピオン決定戦・
第71回朝日杯フューチュリティステークス(G1、芝1600メートル)は15日、
阪神競馬場で行われ、
ムーア騎乗の1番人気サリオス(牡2=堀厩舎)が1分33秒0で優勝。
無敗馬の優勝は3年連続となった。
2着に2番人気のタイセイビジョン、
3着に14番人気のグランレイが入った。

勝ったサリオスは父ハーツクライ、母サロミナの血統。
通算成績は3戦3勝で中央G1初勝利。

サリオスは前走のサウジアラビアRCを540キロで出走し、
2歳重賞最高体重優勝記録を更新した。
今回538キロで勝ち、
2013年に528キロで勝ったアジアエクスプレスを超える最高体重記録となった。
(成績公報に馬体重が掲載されるようになった70年以降)

鞍上のムーアは、
2017年のチャンピオンズC(ゴールドドリーム)に続き中央G1通算8勝目。
朝日杯FSは13年アジアエクスプレス以来2度目のV。
管理する堀師は、
17年の宝塚記念をサトノクラウンで勝って以来、
中央G1通算12勝目となった。



記事にもある通り、
サリオスは「朝日杯FS」における歴代最重量の覇者となりました。

これまでの最重量の覇者だったアジアエクスプレスは、
「朝日杯FS」を制覇した後にG1を勝つことはありませんでしたが、
果たしてサリオスはどうなりますでしょうか。

今後の活躍に注目です。






一つの壁を越える―藤田菜七子がJRA重賞で初V
12月8日、G3「カペラステークス」が行われ、
藤田菜七子騎手が騎乗したコパノキッキングが勝利しました。

日本人女性騎手がJRA重賞を制覇するのはこれが初めてのことです。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「第12回カペラS」(G3、ダート1200メートル)は8日、
中山競馬場で行われ、
藤田菜七子(22)騎乗のコパノキッキング(セン4=村山)が連覇を飾った。
鞍上の藤田はJRA重賞初勝利。
また、この勝利で、通算100勝に王手をかけた。

日本人女性騎手の中央重賞制覇は初めて。
外国人女性ではロシェル・ロケット騎手(ニュージーランド)が
2002年の中山大障害(JG1)を勝っている。

藤田はJRA重賞では、
今年7月の七夕賞(G3、福島)でゴールドサーベラスの4着が最高だった。
交流重賞は10月2日の東京盃(G2、大井)をコパノキッキングで制しており、
同馬でJRA重賞も制した。
勝ちタイムは1:09.3(良)。

ハイペースで飛ばす先行馬の後ろの4番手を進んだコパノキッキングは、
残り200メートルを切って一気に伸び、
2着で3番人気のテーオージーニアスに2馬身半差をつけて快勝。
藤田は「本当にコパノキッキングが1番強いと思って乗った」と語り、
その後時折言葉を詰まらせながらも
「本当に素晴らしい馬に乗せていただいて、
自分も少しずつ成長することができた。
本当にコパノキッキングありがとう、という気持ちと、
この1年コパノキッキングの乗せていただいて、
悔しい思いを何度もしたので勝つことができて良かった」と語った。

◆藤田 菜七子(ふじた・ななこ)
1997年(平9)8月9日生まれ、茨城県守谷市出身の22歳。
16年3月5日、根本康広厩舎(美浦)からJRAで16年ぶり、
史上7人目の女性騎手としてデビュー。
同年4月10日の福島9Rサニーデイズで初勝利。
1メートル57、46キロ。血液型A。
空手初段、剣道2段。趣味は読書と音楽鑑賞。
18年に「第3回黒髪美人大賞」受賞。



藤田菜七子騎手がまた一つの壁を越えました。

コパノキッキングという競走馬の実力もさることながら、
それを乗りこなした藤田騎手の実力は評価されてしかるべきでしょう。

通算100勝の達成は確実ですが、
もちろんこれを通過点として藤田騎手は様々な壁を越えていくことでしょう。

期待しています。