cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ターフを去る世界を驚かせた馬―リアルスティールが引退
7月3日、2016年のG1「ドバイターフ」を制したリアルスティールが引退を発表しました。

右前脚に種子骨靭帯炎を発症したことが引退の要因です。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「16年のG1ドバイターフを制したリアルスティール(牡6=矢作)の
引退と種牡馬入りが3日、所属するサンデーサラブレッドクラブのHPで発表された。

右前脚に種子骨靭帯炎を発症し、
種牡馬としての期待も大きいことから現役を引退することになった。
今年はドバイターフに再び挑戦して3着。
続く安田記念が15着。
その後は滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧へ出されていた。
きょう4日に北海道へ移動、
来春から安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする予定だ。

15年共同通信杯で、後のダービー馬ドゥラメンテを破って重賞初V。
だが、クラシックでは皐月賞2着、ダービー4着、菊花賞2着とあと一歩届かなかった。
翌年のドバイターフでG1ホースの仲間入り。
国内G1は16年の天皇賞・秋2着が最高着順だった。
今度は国内G1タイトルを…という思いを果たせぬまま、ターフを去ることになった。

◆リアルスティール 
父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー(母の父ストームキャット)
牡6歳、
馬主は(有)サンデーレーシング、
生産者は北海道安平町のノーザンファーム。
戦績は17戦4勝(海外G1・1勝含む重賞3勝)」


世界の有力馬を打ち負かした「ドバイターフ」での走りは、まさに世界を驚かせる内容でした。

ただ惜しまれるのは国内のG1タイトルを獲得できなかったことです。

もちろん同世代にキタサンブラックやドゥラメンテといった強豪馬がいたこともありますが、
リアルスティールの実力をもってすれば、
そういったライバルを打ち負かしていたとしてもおかしくはありませんでした。

今後は種牡馬入りするという事で、
子供たちの世代でライバル馬同士の熱い戦いが見られることに期待しています。





スポンサーサイト
久しぶりの栄冠―和田騎手騎乗のミッキーロケットが「宝塚記念」を制覇
6月24日、G1「宝塚記念」が行われ、
和田竜二騎手騎乗のミッキーロケットが勝利しました。

ミッキーロケットにとってはこれがG1初勝利で、
和田騎手にとっては17年ぶりのG1勝利となりました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「6月24日の阪神11Rで行われた第59回宝塚記念
(3歳以上オープン、定量、GI、芝2200メートル、
16頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、
和田竜二騎手騎乗の7番人気ミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が勝利。
タイムは2分11秒6(稍重)。

中団で待機したミッキーロケットは、4コーナーで徐々に進出。
サトノダイヤモンドとの叩き合いを残り200メートル付近で振り切ると、
外から迫るワーザーの追撃を完封し、ゴールを駆け抜けた。

クビ差の2着は10番人気の香港馬ワーザー、
さらに3馬身差の3着には12番人気ノーブルマーズが入った。

和田竜二騎手は
「(17年ぶりのGI勝ちには)長かったですね。
(久しぶりのGI勝利だったが?)この一戦にかける思いは大きかったです。
さすがに(GIを勝つ間が)長すぎたんで、
勝って(今年死んだ)テイエムオペラオーに胸張って報告ができます。
ポジションは絶対にいいところにつけたいと思っていました。
スタートが決まったので、心強いと思っていた。
長くコンビを組んできて脚の使いどころがわかっていたのでよかったです。
なかなかGIを勝てなくて悔しい思いもしましたが、
ファンや師匠、家族の応援があってやってこれました」とコメント。

勝ったミッキーロケットは、
父キングカメハメハ、母マネーキャントバイミーラヴ、母の父Pivotalという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は野田みづき氏。
通算成績は22戦5勝(うちGI1勝、GII1勝)。
宝塚記念は音無秀孝調教師が初勝利、
和田竜二騎手は2000年のテイエムオペラオーに次いで2勝目。」


テイエムオペラオーの主戦騎手だった和田騎手が、
テイエムオペラオーが死去した年に、
テイエムオペラオーで勝利して以来のG1勝利を挙げたのは運命だったと言えます。

テイエムオペラオーに騎乗していた頃はまだ若手騎手だった和田騎手も、
今では立派なベテラン騎手となり若手を迎え入れる立場となりました。

和田騎手は、
もしかしたら騎手として終盤期に差し掛かっているのかもしれませんが、
今回のレースではまだまだやれるんだぞという事を世間に示したと言えるでしょう。





今年の春のグランプリの行方は―「宝塚記念」の特別登録馬が発表される
6月10日、G1「宝塚記念」の特別登録馬が発表されました。

ファン投票で6万3599票を集めて1位となったサトノダイヤモンドなど16頭が登録しました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「6月24日に阪神競馬場で行われる春のグランプリ、
第59回宝塚記念
(3歳以上オープン、GI、芝2200メートル、定量、フルゲート18頭、
1着賞金=1億5000万円)の特別登録馬が10日、発表された。

ファン投票で6万3599票を集めて1位となったサトノダイヤモンド、
昨年の覇者でゴールドシップ(13、14年)に次いで
史上2頭目となる連覇がかかるファン投票5位のサトノクラウン、
昨年の菊花賞馬でファン投票7位のキセキ、
ファン投票15位のヴィブロスなどが登録。

外国馬に門戸が開放されて1年目の1997年に
オーストラリア調教馬のセトステイヤーが出走して以来21年ぶり、
史上2頭目の外国馬参戦となるワーザー(香港)もエントリーしている。

エントリー16頭は以下の通り。

【外国馬】

ワーザー      58.0kg(セン7、香港・J.ムーア厩舎)

【登録馬】

アルバート     58.0kg(牡7、美浦・堀宣行厩舎)

ヴィブロス     56.0kg(牝5、栗東・友道康夫厩舎)

キセキ       58.0kg(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)

サイモンラムセス  58.0kg(牡8、栗東・梅田智之厩舎)

サトノクラウン   58.0kg(牡6、美浦・堀宣行厩舎)

サトノダイヤモンド 58.0kg(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)

ステファノス    58.0kg(牡7、栗東・藤原英昭厩舎)

ストロングタイタン 58.0kg(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)

スマートレイアー  56.0kg(牝8、栗東・大久保龍志厩舎)

ゼーヴィント    58.0kg(牡5、美浦・木村哲也厩舎)

タツゴウゲキ    58.0kg(牡6、栗東・鮫島一歩厩舎)

ダンビュライト   58.0kg(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)

ノーブルマーズ   58.0kg(牡5、栗東・宮本博厩舎)

パフォーマプロミス 58.0kg(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)

ミッキーロケット  58.0kg(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)」


外国馬で登録しているワーザーは2016年の「香港ダービー」を制した実力馬です。

対する日本馬はサトノダイヤモンドを中心に、
派手さはないものの実績面で申し分のない馬たちが揃いました。

今年も春のグランプリは盛り上がりそうです。





並み居る強敵をねじ伏せて―モズアスコットが「安田記念」を制する
6月3日、G1「安田記念」が行われ、9番人気のモズアスコットが勝利しました。

モズアスコットはこれがG1初制覇となりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたのでで紹介します。

「春のマイル王を決める「第68回安田記念」(G1、芝1600メートル)が3日、
東京競馬11Rで行われ、
C・ルメール騎手騎乗の9番人気モズアスコット(牡4=矢作厩舎)が優勝。
G1初制覇を果たした。

後方集団から競馬を進めたモズアスコット。
直線では馬群の真ん中を割って、豪快な追い込み。
先に抜け出したアエロリットをゴール寸前で差し切った。
勝ちタイムは1分31秒3(良)でレースレコードタイ。
首差の2着には5番人気アエロリット、
さらに3/4差の3着には1番人気スワーヴリチャードが入った。

勝ったモズアスコットは父フランケル、母インディアという血統。
4連勝の勢いに乗って重賞初挑戦となった昨年12月の阪神Cでは
1番人気に推され4着。
今年に入ってからは3戦連続2着と惜敗が続いていたが、
初挑戦のG1の舞台でそのうっぷんを晴らす見事な走りを見せた。
安土城Sからの意欲の連闘策が実った。
通算戦績は11戦5勝。

鞍上のルメールは中央G1通算17勝目で今年3勝目。
管理する矢作師は中央G1通算4勝目で今年は初勝利。

大阪杯を制したスワーヴリチャードが参戦するなど、
短中距離で活躍する実力馬が集結し、ハイレベルな一戦となった今年の安田記念。
モズアスコットがG1馬7頭を撃破し、
初めてのG1タイトルをつかみとり、東京競馬5週連続G1シリーズを締めくくった。」


近年稀に見るくらいの混戦となった「安田記念」を制したのは、
これまで惜しいところでG1を逃してきたモズアスコットでした。

鞍上はG1で結果を残し続けているルメール騎手という事で、
今回はG1に慣れた男のエスコートでG1制覇に導かれたと言えます。

とは言っても、並み居る強敵をねじ伏せた実力は相当なものですので、
モズアスコットがこれからの短中距離界を盛り上げてくれることは間違いないでしょう。





「屋根」の力で掴み取ったダービー制覇―ワグネリアンが日本ダービーを制覇
5月27日、G1「東京優駿(日本ダービー)」が行われ、5番人気のワグネリアンが優勝しました。


このことに関する記事が『』スポニチアネックスに掲載されていたので以下で紹介します。

「3歳牡馬クラシック第2戦
「第85回東京優駿(日本ダービー)」(G1、芝2400メートル)が27日、
東京競馬10Rで行われ、
福永祐一騎手騎乗の5番人気ワグネリアン(牡3=友道厩舎)が優勝。
平成最後のダービーの舞台でG1初制覇を果たした。

8枠17番。
過去10年で1枠が5勝していた内枠有利の舞台でワグネリアンは“不運”な枠を引いた。
管理する友道師も枠順が決まった時に「最悪だね」と第一声。
「ずっと外を回っていては厳しいし、どこかで内に入れないと。
あとはジョッキーにお任せです」と嘆いていた。

ところが、いざレースが始まるとワグネリアンと福永は好位につけて外枠の不利を払拭。
これまでは後方からの競馬で結果を残していたが、
先行馬有利の“高速馬場”を読み切って、
積極策で直線入口では4番手グループの外まで進出。
最後は逃げ粘る皐月賞馬エポカドーロをかわして、先頭でゴール板を駆け抜けた。

デビュー23年目、
19度目の挑戦で悲願のダービージョッキーとなった福永の“神騎乗”に
2着・エポカドーロを管理する藤原英師も
「きょうはワグネリアンと福永祐一。
称賛しかない。
(初めての)2400メートルでよくぞあの競馬をした」と脱帽。
「天才」と呼ばれた父・洋一氏も果たせなかったダービー制覇の夢を、
まさに自らの手でつかみとった。」


記事からも分かるように、これは屋根(騎手)の力で掴み取った勝利と言えるでしょう。

数々のレースで好騎乗を見せてきた福永祐一騎手にとって
これが初めてのダービー制覇となったというのは意外でしたが、
一歩一歩確実に成長を続け、
この栄冠にふさわしいジョッキーになったことを見事に証明してみせました。

本当に素晴らしいです。