FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
競馬の祭典が中止に―新型コロナウイルス影響でドバイWCデーが中止に
3月28日に開催予定だった「ドバイワールドカップ」を中心とした諸競走が、
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、
中止となることが明らかになりました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

ドバイWCデー諸競走(28日・UAEメイダン)が、
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、
中止となることが22日、明らかになった。
既に現地入りしているアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝)などの日本馬や、
その関係者は今後、順次帰国する予定になっている。

管理するラヴズオンリーユー(牝4歳、栗東・矢作)で、
ドバイシーマクラシック・G1(芝2410メートル)に参戦予定だった矢作師は、
出国直前の関西国際空港で主催者サイドから連絡を受けたと言い、
「残念のひと言ですね。
馬がかわいそう。
向こうでようやく調子が上がってきていたのでね。
今後については、帰ってきてからの馬の様子を見てから」と説明した。



これは非常に残念です。

すでに20頭の日本馬が現地入りをしていましたが、
もちろん勝利を目指して早々に現地入りをしていたわけですので、
今の日本競馬界のように無観客で行うなどの対策をとって、
何とかレースを実施して欲しかったところであります。

この悔しさを晴らすのはまた来年ということになります。






スポンサーサイト



断然の人気に応える―サートゥルナーリアが「金鯱賞」を快勝
3月15日、G2「金鯱賞」が行われ、
ダントツの1番人気となったサートゥルナーリアが勝利しました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「金鯱賞・G2」(15日、中京)

圧倒的な1番人気に支持されたサートゥルナーリアが快勝。
昨年9月の神戸新聞杯以来の重賞勝ちを決めて、
大阪杯(4月5日・阪神)でのG1獲りへ大きな弾みをつけた。

レースは予想通りダイワキャグニーが逃げる展開になり、
マイネルファンロンが2番手で続き、
サートゥルナーリアは外の5番手から悠々と運んだ。
直線に入ると一気にペースに上がったが、
サートゥルナーリアが1頭だけ抜群の手応えで先頭に立つと、
後続に2馬身差をつけて堂々とゴールを駆け抜けた。

ルメールは
「きょうは完璧なレースができた。
いいスタートが切れて、4、5番手のポジションが取れた。
コーナーでのバランスは良かったし、
ずっと冷静に走れたので最後にいい脚を使ってくれた」とホッとした表情で話した。
2着はサトノソルタス、ダイワキャグニーが3着に粘った。
5連勝中で2番人気に推されたロードマイウェイは、
見せ場をつくれず10着だった。



強い競馬を見せてくれました。

さすがはG1馬というレースでした。

「現役最強馬」という声もあるサートゥルナーリアですが、
今後どのようなレースを見せてくれるかが楽しみになってきました。






“本物のジョッキー”との別れ―観客不在の中で四位騎手が引退
2月29日、
阪神競馬場で12レースの終了後、
四位洋文騎手の引退式が行われました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

四位洋文騎手(47)=栗東・フリー=の引退式が2月29日、
阪神競馬場で12R終了後、ウィナーズサークルで行われた。

無観客開催だったため、
集まったのは先輩、後輩ジョッキーと競馬場関係者や馬主など。
ターフビジョンには
1991年3月のデビューから現役生活29年を振り返る映像が流れ、
07年ウオッカ、08年ディープスカイの日本ダービー制覇など
数々の栄冠を手にした姿が映し出された。
この日までに積み上げた白星は
JRA通算1586勝(重賞76勝、うちG1・15勝)。

四位騎手
「デビューした時は、ここまで長く続けられると思っていなかった。
たくさんのいい馬に出会えました。
関係者の方や仲間に会えて、幸せな騎手人生だった。
ダービーを勝ったのは小さいときからの夢。
2つも勝たせてもらったのは幸せなことです。
本来ならファンのみなさんの前であいさつをしたかった。
でも、29日を区切りと思っていたので、わがままを言わせてもらいました。
調教師になっても、
またウィナーズサークルに帰ってこられるように頑張りたいです」



横山典弘騎手は四位騎手を“本物のジョッキー”と称しましたが
若手ジョッキーからも目標とされ人望も厚かった四位騎手は
まさしく“本物のジョッキー”と呼ぶにふさわしい人物でした。

そんな四位騎手の最後が無観客であったことは残念なことですが、
これからは調教師として観客を沸かしてほしいと思います。

期待しています。






芝と砂の王者誕生―モズアスコットが史上5頭目の芝&ダート両GI制覇
2月23日、G1「フェブラリーステークス」が行われ、
クリストフ・ルメール騎手騎乗のモズアスコットが勝利しました。

モズアスコットは2018年の「安田記念」を制しており、
これで芝とダートのG1を制したことになります。

これは史上5頭目となる記録です。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

2月23日の東京11Rで行われた第37回フェブラリーステークス
(4歳以上オープン、定量、
GI、ダート1600メートル、16頭立て、1着賞金=1億円)は、
クリストフ・ルメール騎手騎乗の
1番人気モズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)が勝利。
今年最初のJRA・GIで、ダートマイル頂上決戦を制した。
タイムは1分35秒2(良)。

2着はケイティブレイブ(16番人気)、
3着にはサンライズノヴァ(3番人気)が入った。

モズアスコットはFrankel産駒の米国産馬で、
外国産馬のフェブラリーS制覇は2016年モーニン以来4年ぶり。
また、同馬は2018年の安田記念勝ち馬で、
芝&ダート双方でのGI制覇は
クロフネ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、アドマイヤドンに続き5頭目。

モズアスコットを管理する矢作芳人調教師は、
昨年末に実施された12月22日の有馬記念(リスグラシュー)→
12月28日のホープフルS(コントレイル)を連勝しており、
今回の勝利で、
2004年の松田国英調教師以来、
2人目のJRA・GI実施機会3連勝となった。 

フェブラリーSを勝ったモズアスコットは、
父Frankel、母India、母の父Hennessyという血統。
アメリカ・Summer Wind Farmの生産馬で、
馬主は(株)キャピタル・システム。
通算成績は21戦7勝(うち海外1戦0勝)。
重賞は2018年の安田記念(GI)、今年の根岸S(GIII)に次いで3勝目。
フェブラリーSは管理する矢作芳人調教師、
騎乗したC.ルメール騎手ともに初勝利。



強かったですね。

前走の「根岸ステークス」でもその強さは圧倒的でしたが、
いやはや驚きました。

ダート2戦目でG1を掻っ攫っていきました。

お見事です。






悔しいケガ―藤田菜七子が落馬により骨折
2月15日、藤田菜七子騎手が小倉競馬の5レースで落馬し、左鎖骨を骨折しました。

これにより、
28日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われる
「STCインターナショナルジョッキーズチャレンジ」への出場は絶望的となりました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

藤田菜七子騎手(22=根本)が15日、
小倉5R(3歳未勝利、芝1800メートル)で落馬し、
左鎖骨骨折の重傷を負った。
土曜の残り3鞍、日曜騎乗予定の8鞍はすべて乗り替わりとなった。

全治は不明だが、
28日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われる
騎手招待競走「STCインターナショナルジョッキーズチャレンジ」の
出場は厳しくなった。

◇   ◇   ◇

「2番落馬」のアナウンスが鳴り響くと、場内がどよめいた。
小倉5R、4番人気ランサムトラップ(牝3、根本)に騎乗した藤田騎手は
向正面の残り800メートル付近で騎乗馬が前の馬に触れてつまずき、落馬した。
回転するようにコースに打ち付けられるとうずくまったまま。
救護車の担架で競馬場内の救護室へ運ばれた。
検査の結果、左鎖骨骨折と診断され、北九州市内の病院へ搬送された。

同騎手の落馬競走中止は17年8月26日の新潟11R以来。
同騎手と電話で話したという師匠の根本師は、
「鎖骨骨折の診断以外の情報は聞いていない。
2、3日は小倉で入院して様子を見させてもらう予定。
その後、病院の先生とも相談して東京の病院へ戻って手術をするか決めたい。
手術するなら親御さんの近い東京がいいと思う」と今後の見通しを明かした。

15日現在、今年はJRA7勝で関東リーディング6位。
JRA通算100勝まで残り3つと迫っていた。
金曜日には小倉競馬場で「変わらず次の1勝を目指したいです。
100勝は早い内に達成したいです」と意気込んでいただけに、
本人にとっても無念の負傷となった。

全治は不明だが、
武豊騎手、南関東競馬で騎乗中のミカエル・ミシェル騎手らと出場予定だった
サウジアラビアの騎手招待競走(28日)、
スペインの国際騎手招待レース(3月8日)の出場も厳しくなった。



藤田騎手にとっては悔しいケガとなりました。

世界への挑戦というのは、
騎手にとって大変やりがいを感じることでしょうし、
出場したかったというのが本音でしょう。

しかしながら無理して出場するわけにはいきませんし、
ここはグッと堪えて治療に専念して欲しいと思います。