FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『愛しのアイリーン』 出演:安田顕、ナッツ・シトイほか 監督:吉田恵輔



今回は『愛しのアイリーン』について書いていきたいと思います。


内容
42歳まで恋愛を知らず独身でいた岩男が、
久しぶりに寒村にある実家に帰省する。

しかし、実家では
死んだことすら知らなかった父親の葬式の真っ最中だった。

そんなタイミングで帰ってきた岩男が
フィリピン人の嫁アイリーンを連れていったため、
参列者がざわつき出し、
その背後からライフルを構えた喪服姿の母親ツルが現れる。


感想
何と言えばいいんでしょうか。

決して後味の良い作品ではありません。

これは新井英樹の同名漫画を実写映画化した作品ですが、
原作よりも救いのない終わり方をしているように思います。

ゆえにと言うべきか、
観終わった後には色々なことを考えさせられます。

現在、世界では差別ということが問題になっていますが、
日本という国の中にも確実に差別という意識は存在しています。

そんな差別意識を、この作品は見事に写し出しているのです。

あまりに衝撃的な内容のため、
誰にでもおススメ出来る作品ではありませんが、
少し興味があると言う方には是非とも観ていただきたい作品です。
スポンサーサイト



『50回目のファースト・キス』 出演:山田孝之、長澤まさみほか 監督:福田雄一



今回は『50回目のファースト・キス』について書いていきたいと思います。


内容
ハワイのオアフ島で天文学の研究をしながら、
ツアーガイドとして生活費を稼ぐ大輔は、
地元の魅力的な女性・瑠衣とカフェで出会う。

彼は明るく聡明な彼女と意気投合するが、
その翌日に会うと大輔や前日のことを全く覚えていないことに驚く。

瑠衣が事故の後遺症で、
新しい記憶が一晩で消えてしまうのを知った大輔は
彼女を口説き落とそうと奮起。

毎日彼女にアプローチを仕掛けてはファーストキスまで持ち込む大輔だが、
このままでは関係が進展しないと悟ってあることを試そうとする。


感想
この作品は、
2004年公開のハリウッド映画『50回目のファースト・キス』を、
コメディを撮らせたら天下一品の福田雄一監督がリメイクした作品です。

コメディの天才である福田監督の撮るラブストーリーということで、
どんな風になるんだろう?と大変興味深い鑑賞しましたが、
優しく包み込まれるような良い作品でしたね。

もちろん随所に福田監督ならではのコメディ要素は出てくるのですが、
山田孝之さん演じる大輔の瑠衣に対する真摯な姿勢や、
佐藤二朗さん演じる瑠衣の父親の優しさなど、
全体を通して胸を打つシーンがたくさん出てくるのです。

先日亡くなった志村けんさんは、
自身の番組の中で笑えるコントだけでなく泣ける悲劇コントも放送していました。

まさしくふり幅のある人だったわけですが、
福田監督もまた作品によってふり幅を見せることの出来る凄い人だと言えます。
『クライマーズ・ハイ』 出演:堤真一、堺雅人ほか 監督:原田眞人



今回は『クライマーズ・ハイ』について書いていきたいと思います。


内容
1985年8月12日、
乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、
群馬と長野の県境に墜落、
その一報が北関東新聞社に入る。

編集部で全権デスクに任命された悠木和雅は
記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、
中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、
命の重さに対しわき上がる使命感を覚える。


感想
これは日航機墜落事故を扱った作品でありますが、
この事故について描いた作品ではありません。

この事故を報道しようとする新聞記者を描く作品です。

また主人公である悠木の2つの成長を描いた作品だと言えるでしょう。

未曽有の大事故が起き、
それを報じる新聞記者たちの情熱は溢れ出します。

しかし彼らは、
新聞社という会社組織の中で様々な制約を受け、
限界の壁にぶち当たるのです。

そこでどのように悠木が戦い成長していくのか、
これが1つ目の成長の物語です。

もう一つは悠木の父親としての成長の物語です。

これは過去と現在をクロスオーバーさせながら描かれます。

悠木が父親として成長し完成した時、この長い物語は幕を閉じたのです。

実に男臭い作品で、主人公たちの情熱に胸を熱くさせられる映画です
『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 出演:佐藤健、土屋太鳳ほか 監督:瀬々敬久



今回は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』について書いていきたいと思います。


内容
結婚を約束し幸せの絶頂にいた20代のカップル・尚志と麻衣。

しかし結婚式の3カ月前、
麻衣が原因不明の病に倒れ昏睡状態に陥ってしまう。

尚志はそれから毎朝、
出勤前に病院に通って麻衣の回復を祈り続ける。

数年後、麻衣は少しずつ意識を取り戻すが、
記憶障害により尚志に関する記憶を失っていた。

2人の思い出の場所に連れて行っても麻衣は尚志を思い出せず、
尚志は自分の存在が麻衣の負担になっているのではと考え
別れを決意するが……。


感想
まさしく「奇跡の実話」と呼べる内容の映画です。

2人を襲い掛かる出来事はとても険しく、厳しいものです。

そのような中で2人は真実の愛を見いだします。

こんなドラマティックな展開が実際にあったなんて、
まさしく「事実は小説より奇なり」であります。

そんな「奇跡の実話」であるこの作品は、
多くの人たちの心を動かす映画と言えます。
『ヲタクに恋は難しい』 出演:高畑充希、山崎賢人ほか 監督:福田雄一



今回は『ヲタクに恋は難しい』について書いていきたいと思います。


内容
26歳OLの桃瀬成海は、
転職先の会社で幼なじみの二藤宏嵩と再会する。

ルックスが良く仕事もできる宏嵩は、実は重度のゲームヲタク。

そして成海もまた、
マンガやゲーム、コスプレ、そして何よりBLを愛する腐女子だった。

周囲にヲタクだとバレる「ヲタバレ」を恐れている成海は、
普段は本性を隠している「隠れ腐女子」だったが、
ヲタク仲間の宏嵩の前では本当の自分をさらけ出すことができた。

やがて、
ヲタク同士ならば快適に付き合えるのではないかという宏嵩の提案もあり、
2人は付き合うことになるのだが……。


感想
福田雄一監督の作品らしく、なかなかのバカをやっている作品であります。

福田監督のファンであればたまらない出演者そして小ネタが満載です。

これまで福田監督の作品を観たことのない人にとっては
戸惑いがある作品なのかもしれませんが、
そこもまた福田監督らしいというか、見事に勢いで押し切っています(笑)

「ヲタク」というものを上手く描きながら、
時にやりすぎなくらいにデフォルメもしている、
このバランスの良さこそが
今一番勢いのあるコメディ映画の作り手である福田監督の凄さであります。