cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『探偵はBARにいる3』 出演:大泉洋、松田龍平ほか 監督:吉田照幸



今回は『探偵はBARにいる3』について書いていきたいと思います。


内容
札幌にあるアジア最北の歓楽街・ススキノ。

この街の裏も表も知り尽くす探偵のもとに、
相棒である高田が人探しの依頼を持ち込んでくる。

失踪した女子大生・麗子について調査を開始した探偵たちは、
モデル事務所の謎めいた美人オーナー、マリに翻弄されるうちに、
いつしか大きな事件に巻き込まれていく。


感想
作家・東直己さんの「ススキノ探偵シリーズ」を
大泉洋さんと松田龍平さんの共演で実写映画化した人気シリーズもこれで3作目となりました。

1作目と2作目は東直己さんの小説を原作にしていましたが、
今回の3作目は原作シリーズのエッセンスを結集したオリジナルストーリーです。

原作ファンとしては「どうなっているのだろう?」という不安もありましたが、
結果的には大成功だったと言えるのではないでしょうか。

原作ファンにもお馴染みの「モンロー」というキャラクターが映画に初登場したりと、
前2作品と同様に原作ファンを喜ばせる内容だったと言えます。

この映画の良し悪しはヒロインがどれだけ魅力的かによって決まってくると自分は思うのですが、
その点において今回の作品でヒロイン・マリ役を演じた北川景子さんは完璧だったと言えます。

北川さんが演じたマリは実に魅力的で、探偵の心そして観客の心を鷲掴みにしていました。

そして相変わらず探偵と高田を演じた大泉洋さんと松田龍平さんのコンビネーションは抜群で、
2人のやり取りでは観客を笑わせ、そしてアクションシーンでは熱くさせていました。

まだ予定はないそうですが、次回作への期待も高まってきます。
スポンサーサイト
『破門 ふたりのヤクビョーガミ』 出演:佐々木蔵之介、横山裕ほか 監督:小林聖太郎



今回は『破門 ふたりのヤクビョーガミ』について書いていきたいと思います。


内容
映画プロデューサーの小清水が持ち込んだ映画企画に、
二蝶会の若頭が出資をすることとなったが、
小清水は映画製作の金を持ったまま行方をくらましてしまった。

二蝶会の強面ヤクザ桑原は経営コンサルタントの二宮を巻き込み、
関西からマカオまで資金回収に奔走する。

桑原は邪魔をするゴロツキ2人を病院送りにする。

しかし、その相手はなんと本家筋の構成員。

これが原因で組同士の揉め事へと発展し、
追う立場だった桑原と二宮がいつしか追われる側になってしまう。


感想
この『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は、
黒川博行さんの直木賞受賞作『破門』を映画化した作品です。

原作小説である『破門』はドラマ化もされた作品ですので、
その面白さは折り紙付きなわけですが、
今回の映画化にあたってはやはり桑原と二宮の二人を
佐々木蔵之介さんと横山裕さんがどのように演じるのかに注目が集まりました。

まず見事なのは佐々木さんの桑原です。

佐々木さんの見た目からすればにどうしてもインテリヤクザ的な雰囲気が漂ってしまいますが、
そこを佐々木さんの巧みな演技力で武闘派ヤクザである桑原に仕上げていました。

佐々木さんと横山さんはともに関西出身という事で、
劇中で二人が話す関西弁も違和感なく、見事な掛け合いを見せてくれています。

原作小説は「疫病神シリーズ」として何作も出版されていますが、
それと同様にこちらの映画もシリーズ化が期待されます。
『あやしい彼女』 出演:多部未華子、倍賞美津子ほか 監督:水田伸生



今回は『あやしい彼女』について書いていきたいと思います。


内容
女手ひとつで娘を育てあげ、
自分の望む人生を送ることができなかった73歳の瀬山カツは、
ある日、娘とケンカして家を飛び出す。

吸い寄せられるように1軒の写真館にたどり着いたカツは、
そこで写真を撮り、店を出ると20歳の姿に戻っていた。

かつての美しい姿を取り戻したカツは、
髪型や洋服、さらに名前も節子と変え、
新しい人生を楽しみはじめる。

やがて商店街ののど自慢大会に出場し、
昭和歌謡を熱唱して会場中を魅了した彼女に、
夢見ていた歌手になるチャンスが舞い込む。

長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、
初めて思い通りの人生を歩む節子。

そんな彼女が最後に気づく大切なものとは?


感想
この『あやしい彼女』は、韓国のヒット映画『怪しい彼女』をリメイクした作品です。

倍賞美津子さん演じる瀬山カツの見た目と中身ともにアクの強いおばあさんぶりと、
多部未華子さん演じる節子の中身はアクが強いが見た目は美しい女性という、
この見事な対比が作品を成功に導いています。

作品の展開はシンプルで、多くの人が楽しめる内容だと言えます。

自分は多部さんの演技に惹きつけられました。
『ペット』 声の出演:設楽統、日村勇紀など 監督:クリス・ルノー&ヤロウ・チェニー



今回は『ペット』について書いていきたいと思います。


内容
ニューヨークで暮らすテリアのミックス犬マックスは、
大好きな飼い主ケイティと幸せな毎日を送っていた。

ところがある日、
ケイティが毛むくじゃらの大型犬デュークを保護して連れて帰ってくる。

互いに自分が優位に立とうと反発しあうマックスとデュークだったが、
ひょんなことから2匹は大都会のど真ん中で迷子になってしまう。

二匹は動物管理局の職員に捕らえられ、バンに載せられる。

ケイティが帰宅するまでに家に帰るべく奔走する2匹だったが……。


感想
『ペット』は、
「ミニオンズ」のイルミネーション・エンターテインメントと
ユニバーサル・スタジオがタッグを組んだ長編アニメーションです。

設定と展開はどこか『トイ・ストーリー』を思わせるものがありますが、
裏を返せば普遍的な面白さというか安定した面白さがある作品だと言えるでしょう。

日本語吹き替え版はバナナマンのお2人が声優を務められていますが、
キャラクターデザインとイメージに見事に2人の声がマッチしています。

何か違和感を感じることもなく、家族で安心して観ることの出来る作品です。
『三度目の殺人』 出演:福山雅治、役所広司ほか 監督:是枝裕和



今回は『三度目の殺人』について書いていきたいと思います。


内容
勝つことにこだわる弁護士・重盛は、
殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。

解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は
犯行を自供しており、
このままだと死刑は免れない。

しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、
重盛は面会を重ねるたびに、
本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。

三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。


感想
誰が裁かれる者を決め、誰が裁き、誰が裁かれるのか、
これがこの映画のテーマだと言えます。

非常に重く難しいテーマです。

ビジネスライクに法廷戦術を組み立てる重盛が、
過去に殺人の前科がある三隅と面会を重ねることで変化していきます。

この三隅という男は本当に死刑になるべき人物なのか?

弁護士として死刑を免れるべく動いてきた重盛が、
弁護士としての感情を超えて三隅という人物に迫っていきます。

この重盛の心境の変化の過程が丁寧に描かれ、
そして最後には観る者の胸に深く刺さる作品になっています。

多くの人に観られるべき作品だと思います。