cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『銀魂』 出演:小栗旬、菅田将暉ほか 監督:福田雄一



今回は『銀魂』について書いていきたいと思います。


内容
江戸時代末期、宇宙から襲来した「天人(あまんと)」が日本を開国。

天人の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途を辿っていた。

そんな中、未だに侍魂を堅持する風変わりな男・坂田銀時は、
廃れた剣術道場の息子・新八や、
戦闘種族である夜兎族(やとぞく)の少女・神楽と出会う。

江戸では、謎の妖刀を使った辻斬りが横行し、
銀時の旧友である攘夷志士・桂小太郎がその凶刀に倒れ、
行方不明になり……。


感想
この映画は「週刊少年ジャンプ」連載の空知英秋原作による大ヒットコミックを実写化した作品です。

人気漫画を実写化した映画は数多く製作されています。

しかしながら、この実写映画は原作ファンの厳しい目にさらされ、
必ずしも良い評判を得るという事は難しいわけです。

そういった中でこの映画はどうだったかというと、
随所に原作へのリスペクトも感じられ、
原作の再現度の高かったという点でかなり評価できる作品だと言えるでしょう。

原作の再現という点では、
原作がタイムリーなパロディを随所に入れて来る作品であるという点を見事に再現していました。

実写作品でこの俳優だからこそできるネタというのを序盤に入れてきたりと、
原作ファンを満足させつつ、原作ファンでなくとも楽しめるような仕上がりとなっていました。

逆にソフト化された後に見ようかなという人には辛いかもしれない作品なので、
是非とも今このタイミングで劇場で観ることをおススメします。
スポンサーサイト
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』 出演:長瀬智也、神木隆之介ほか 監督:宮藤官九郎



今回は『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』について書いていきたいと思います。


内容
修学旅行で乗っていたバスが事故に遭ってしまった男子高校生の関大助はふと目を覚ますと、
炎が渦を巻く中で人々が苦しめられている光景が目に飛び込んでくる。

地獄に落ちたと理解するも、
同級生の手塚ひろ美に思いを告げずに死んでしまったことに混乱する大助。

そんな大助の前に、
地獄農業高校軽音楽部顧問にして
ロックバンドの地獄図(ヘルズ)のリーダーである赤鬼のキラーKが現れる。

キラーKは閻魔の裁きによって現世に転生するチャンスがある事を大助に告げた。

キラーKの指導と特訓のもと、
大助は地獄から現世に戻ろうと悪戦苦闘するのであった。


感想
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は、
宮藤官九郎さんにとって通算4作目の監督作品です。

クドカンこと宮藤官九郎さんといえば人気脚本家と知られていますが、
映画監督としても『真夜中の弥次さん喜多さん』から始まり、
『少年メリケンサック』に『中学生円山』と着実にキャリアを重ねてきました。

このクドカン作品に共通しているのはとにかく笑えるということですが、
この『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』でもそれは同様です。

この作品では長瀬智也さんや桐谷健太さんといった「地獄図」の面々が良い味を出していますが、
やはりこの作品を語るうえで欠かせないのが、クドカン作品常連の
皆川猿時さん、古田新太さん、荒川良さんといった面々が最高のエッセンスになっていることです。

特に皆川猿時さんが出演している場面が自分としてはツボでした。

死を扱った作品はとかく重くなりがちですが、
あえてそういった事を笑いにしてかなりライトな作品に仕上げているのはさすがはクドカンだと言えます。

笑える作品を探している方におススメの作品です。
『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』 出演:三村マサカズ、内村光良ほか 監督:工藤浩之



今回は『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』について書いていきたいと思います。


内容
「エンジェル社」は、依頼に合わせてシナリオを作り、
メンバーが架空のキャラクターを演じて依頼を解決する、劇団兼探偵事務所。

メンバーは、
代表のマサル(三村マサカズ)、
役者兼脚本・演出の次郎(内村光良)、
マサルの幼なじみで役割不明の大島(大竹一樹)、
女優志望の夕子(藤原令子)、
役者兼調査担当の伊東(久保田悠来)の5人。

ある日「エンジェル社」にわけありげな男・中川(笑福亭鶴瓶)が訪れ、
思いもよらないある依頼が舞い込む―。


感想
この『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』は、
ウェブ配信されている人気バラエティー番組『内村さまぁ~ず』を映画化したものです。

バラエティー番組を映画化するってなに?と思われるかもしれませんが、
かつて放送されていたバラエティー番組『内村プロデュース』の延長線上で
映画『ピーナッツ』が製作されたことを知っている方には納得のいく展開だったと言えます。

内容や演技についてはバラエティーと映画のちょうど中間という感じがします。

映画を観るぞ!という気持ちで観るのも違うし、
またいつも通りの『内村さまぁ~ず』を観るぞ!という気持ちで観るのも違う感じがします。

まさにそういった部分を表しているのが、笑福亭鶴瓶さんが出演しているシーンです。

このシーンで内村さまぁ~ずの3人は鶴瓶さんをイジるんですね。

それは役というよりも素で、このシーンにはバラエティーの雰囲気が漂っています。

そういったことを考えるとこの作品は、
気楽に観て笑えるという、非常にライトな映画という分類が正しいような気がします。
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 出演:福士蒼汰、小松菜奈ほか 監督:三木孝浩



今回は『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』について書いていきたいと思います。


内容
七月隆文の同名ベストセラー小説を、
「ストロボ・エッジ」の福士蒼汰&「バクマン。」の小松菜奈共演で
実写映画化したファンタジックラブストーリー。

「僕等がいた」「アオハライド」など数々の青春ラブストーリーを手がけてきた三木孝浩監督と
脚本家の吉田智子が再タッグを組み、
京都の風光明媚な景色を背景に20歳の男女の甘く切ない純愛を描く。

美大生の高寿は、
通学電車の中で見かけた女性・愛美に一目ぼれする。

勇気を出して声を掛け、
会う約束を取りつけようとする高寿だったが、
愛美はなぜか泣き出してしまう。

意気投合した高寿と愛美は付き合うことになり、
幸せな日々を過ごしはじめるが、
そんなある日、高寿は愛美から信じられないような秘密を明かされる。


感想
とにかく切ない映画です。

設定的には全く現実味のない物語ですが、
観進めていくと知らず知らずのうちに引き込まれ、
最後にはこの映画の切ない世界観にグッと心を掴まれてしまうのです。

ネタばれになってしまうので詳しくは言いませんが
明日になることはこの二人にとって怖いことであるはずです。

それでも明日に進もうとするのは、
この二人がともに明日(昨日)の相手を大切に思っているからです

その純粋さが観ていて切ないのです。

ぜひ多くの方にこの世界観に触れてほしいですね。
『君の名は。』 声の出演:神木隆之介、上白石萌音など 監督:新海誠



今回は『君の名は。』について書いていきたいと思います。


内容
1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。

山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、
町長である父の選挙運動や、
家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。

それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、
ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。

夢では東京での生活を楽しみながらも、
その不思議な感覚に困惑する三葉。

一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。

やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。


感想
今年一番の大ヒット映画です。

自分も遅ればせながら映画館で観ました。

ヒットしているということはそれなりに面白いんだろうな程度で見始めたのですが、
最後30分ほどは大号泣で、
最終的には見終わった後もしばらく作品の余韻から抜け出せないほど感動しました。

新海監督の街並みのリアルな描写に引き込まれ、
そしてストーリーの深さ、そして主人公の二人の青春の輝きに心を奪われてしまいました。

高校生の男子と女子の中身が入れ替わるというのはよくある設定ではありますが、
その設定で描かれた映画の歴史を塗り替えるほどの映画であることは間違いありません。

絶対に一度は観てほしい映画です。