fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『身代わり忠臣蔵』 出演:ムロツヨシ、永山瑛太ほか 監督:河合勇人
身代わり忠臣蔵 (幻冬舎時代小説文庫)


今回は『身代わり忠臣蔵』について書いていきたいと思います。


内容
嫌われ者の旗本・吉良上野介からの
陰湿ないじめに耐えかねた赤穂藩主が、
江戸城内で吉良に斬りかかった。

赤穂藩主は当然切腹となったが、
実は斬られた吉良も逃げ傷で瀕死の状態に陥っていた。

逃げて死んだとなれば武士の恥、
お家取り潰しも免れない。

そこで吉良家家臣の提案により、
上野介にそっくりな弟・孝証を身代わりにして
幕府を騙し抜こうという前代未聞の作戦が実行されることに。

一方、切腹した赤穂藩主の部下・大石内蔵助は、
仇討ちの機会をうかがっているように見えたが……。


感想
「忠臣蔵」と言えば、
日本人が最も愛する時代劇と言っても過言ではありません。

何度も映像化され、
その度に多くの人たちの目に触れてきました。

その日本人の心とも言うべき「忠臣蔵」を
大変ユニークにアレンジしたのがこの作品です。

主演を務めたのはムロツヨシさんですが、
ムロさんが主演というだけで分かるかもしれませんが
笑いどころが満載です。

通説の「忠臣蔵」を知っていればその違いを楽しめるでしょうし、
知っていなくともこの作品自体の面白さに満足できると思います。
スポンサーサイト



『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 声の出演:江口拓也、種崎敦美など 監督:片桐崇



今回は『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』について書いていきたいと思います。


内容
西国(ウェスタリス)の凄腕スパイ「黄昏」ことロイド・フォージャーのもとに、
進行中のオペレーション「梟(ストリクス)」の担当者を変更するとの指令が届く。

一方、アーニャが通うイーデン校では、
優勝者に「星(ステラ)」が授与されるという調理実習が実施されることに。

ロイドは少しでもオペレーション「梟(ストリクス)」が進展していることを示し、
現状の任務を継続できるよう交渉する材料にするため、
どうにかアーニャに星を獲得してもらおうと考える。

そこで、ロイドは
調理実習の審査員長を務める校長の好物だという
フリジス地方の伝統菓子を作ることをアーニャに提案。

一家は本場の味を確かめるべく、
フリジス地方へ旅行に出かけるが……。


感想
国民的な人気を獲得しているテレビアニメの劇場版である本作は、
完全オリジナルストーリーとなっています。

「SPY×FAMILY」ならではのキャラクターの面白さ、
ある意味で言えば荒唐無稽な展開が、
観ていて心地良いし、非常に面白いです。

家族で観るのにちょうどよい作品だと思います。
『なのに、千輝くんが甘すぎる。』 出演:高橋恭平、畑芽育ほか 監督:新城毅彦



今回は『なのに、千輝くんが甘すぎる。』について書いていきたいと思います。


内容
人生初の告白に挑み失恋した高校2年生の真綾は、
落ち込んでいるところを陸上部のエースである
イケメン男子・千輝(ちぎら)くんに見られてしまう。

周囲には塩対応な千輝くんだったが、
なぜか真綾に“片思いごっこ”を提案。

それは真綾が千輝くんに片思いのフリをするというもので、
周囲にバレないこと、
そして本当に好きにならないことが条件だった。

しかし自分にだけ甘すぎる千輝くんとの秘密の関係に、
真綾の気持ちは揺れ動いてしまう。


感想
THE少女漫画が原作の映画という感じで、
胸キュンなシーンが連発する作品です。

内容は王道パターンのラブストーリーだと言えますね。

最後の展開も良い意味で裏切られることがないので、
多くの人にとって満足がいくものだと思います。
『ゴジラ-1.0』 出演:神木隆之介、浜辺美波ほか 監督:山崎貴



今回は『ゴジラ-1.0』について書いていきたいと思います。


内容
舞台は戦後の日本。

戦争によって焦土と化し、
なにもかもを失い文字通り「無(ゼロ)」になったこの国に、
追い打ちをかけるように突如ゴジラが出現する。

ゴジラはその圧倒的な力で
日本を「負(マイナス)」へと叩き落とす。

戦争を生き延びた名もなき人々は、
ゴジラに対して生きて抗う術を探っていく。


感想
今回の作品の監督を務めたのは
VFXの名手である山崎貴監督ということで、
映像は迫力満点で作品の世界にグイグイ引き込まれました。

舞台は戦後の日本で、
戦時中に罪の意識を背負った敷島浩一という男が主役です。

その罪を超越するためにゴジラに立ち向かう浩一、
それを支えようとする典子、
この二人の関係にも自分は心が打たれました。

映像の迫力、
ストーリーの素晴らしさ、
豪華俳優陣の熱演、
どれをとってもオススメの作品です。
『君たちはどう生きるか』 声の出演:山時聡真、菅田将暉など 監督:宮崎駿



今回は『君たちはどう生きるか』について書いていきたいと思います。


内容
母親を火事で失った少年・眞人は父の勝一とともに東京を離れ、
「青鷺屋敷」と呼ばれる広大なお屋敷に引っ越してくる。

亡き母の妹であり、
新たな母親になった夏子に対して複雑な感情を抱き、
転校先の学校でも孤立した日々を送る眞人。

そんな彼の前にある日、
鳥と人間の姿を行き来する不思議な青サギが現れる。

その青サギに導かれ、
眞人は生と死が渾然一体となった世界に迷い込んでいく。


感想
この『君たちはどう生きるか』は、
宮崎駿監督が「風立ちぬ」公開後に表明した
長編作品からの引退を撤回して手がけた作品です。

タイトルとポスター1枚が発表された以外、
映画の内容やキャスト、スタッフの情報なども明らかにされず、
一切のプロモーションが行われないまま
劇場公開を迎えるという異例の展開で話題を集めました。

この映画を鑑賞した感想としては、
これまでの宮崎駿監督の作品と比べて、
かなり観客の想像力が必要な作品であるように感じました。

ゆえに色々な考え方、考察が出来るでしょうから、
ファンとしては鑑賞後も長く楽しめる作品だと言えます。