cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『Wake Up』 エレファントカシマシ



今回は、2018年の6月6日に発売された、
エレファントカシマシのアルバム『Wake Up』について書きたいと思います。


収録曲
CD
1. Wake Up
2. Easy Go
3. 風と共に 
4. 夢を追う旅人
5. 神様俺を
6. RESTART
7. 自由
8. i am hungry
9. 今を歌え
10. 旅立ちの朝
11. いつもの顔で
12. オレを生きる

Demo Tracks CD(初回限定盤)
1.Easy Go 0 
2.Easy Go初期型(コードA) 
3.Easy Go ほぼ最終系(コードG)
4.自由 demo ver.
5.いつもの顔で 2013 demo ver.
6.いつもの顔で 2018 demo ver.

DVD(初回限定盤)
1.Easy Go
2.RESTART
3.今を歌え
4.風と共に
5. 夢を追う旅人
6. RESTART (夢のロックバンドver.)


感想
昨年30周年イヤーを迎え精力的に駆け抜けたエレファントカシマシが、
31年目のスタートとして発売したのがこの『Wake Up』です。

エレカシらしい武骨なロックを聴かせる一方で、
「風と共に」のように優しく始まりしっかりと聴かせる曲も収録されています。

こういった幅の広さもエレカシらしさの一つです。

これまでのエレカシ、これからのエレカシが表された素晴らしいアルバムだと言えます。

一つの曲が完成するまでの過程が分かる「Demo Tracks CD」が収録された
初回限定盤を手に入れることをおススメします。
スポンサーサイト
期待の新人(?)バンド―奥田民生、斉藤和義、トータス松本らがバンドを結成
7月10日、奥田民生、斉藤和義、トータス松本らが新バンドを結成することを発表しました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「奥田民生(53)斉藤和義(52)トータス松本(51)ら全員50代の大物ミュージシャンが
新バンド「カーリングシトーンズ」を結成することが10日、分かった。

寺岡呼人(50)のソロデビュー25周年記念企画で、
寺岡、奥田、斉藤、トータスのほか、
浜崎貴司(53)YO-KING(50)の6人で構成。
バンドでは、寺岡シトーン、奥田シトーン、斉藤シトーン、
トータスシトーン、浜崎シトーン、キングシトーン名義で活動する。
9月23日に東京・Zepp Tokyoでデビューライブを開催する。

トータスは結成の経緯を
「LINEのグループがあって、5年くらい普段から連絡を取り合っていて、
いずれこうなったら楽しいなと思っていたら、
寺岡シトーンがみんなをあおった形になった」と説明した。

6人全員の演奏パートは幅広い。
全員がボーカル&ギターを担当。
その上で、奥田、斉藤、キングはベースとドラム、
寺岡はベースとキーボードも担当する。
また、全員が曲作りを行い、それぞれ持ち寄ったオリジナル曲は10曲に及ぶ。
そのうち何曲かが、デビューライブで披露される予定。
キングは
「芸達者な皆さんとごちゃ混ぜになりながら、
楽しいライブとか、オリジナル曲もできたらいいかなと思います」と意気込んだ。
CD発売は未定。
関係者によると、一夜限りのバンドではなく、今後もバンド活動を継続していく。

「カーリングシトーンズ」を命名した奥田は
「たまたま全員カーリングの経験者で(笑い)」と冗談交じりに明かしており、
独特のセンスで命名したようだ。
また、浜崎が「(ライブで)『もぐもぐタイム』を入れようかと考えている」と提案。
浜崎は「さばずし」、キングは「ひねり揚げ」、トータスは「黒糖ドーナツ棒」、
斉藤は「皿うどん」、奥田は「イカフライ」、寺岡は「チョコ」と、
好みに応じた「もぐもぐタイム」をアピールしていた。」


凄い新バンドが結成されました。

自分の好きなアーティストばかりが参加した、自分にとっては夢のようなバンドです。

バンド名からしても遊び心たっぷりで、
これからどのような活動を見せてくれるかがとても楽しみです。





『KO SHIBASAKI ALL TIME BEST 詩』 柴咲コウ



今回は、2017年の12月20日に発売された、
柴咲コウのアルバム『KO SHIBASAKI ALL TIME BEST 詩』について書きたいと思います。


収録曲
DISC 1
1. Trust my feelings
2. 月のしずく
3. 眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ
4. 思い出だけではつらすぎる
5. いくつかの空
6. かたち あるもの
7. glitter
8. Sweet Mom
9. 影
10. invitation
11. actuality
12. at home
13. ひと恋めぐり
14. Prism
15. KISSして
16. よくある話 ~喪服の女編~

DISC 2
1. 最愛
2. 君の声
3. 大切にするよ
4. ラバソー ~lover soul~
5. ホントだよ
6. EUPHORIA
7. 無形スピリット
8. wish
9. Strength
10. ANOTHER:WORLD
11. My Perfect Blue
12. ゆくゆくは
13. また、うまれるころには
14. 恋の魔力
15. Intoxicated
16. ラブサーチライト


感想
『KO SHIBASAKI ALL TIME BEST』は、
柴咲コウさんがこれまで所属したレーベル2社から同時発売されました。

この『KO SHIBASAKI ALL TIME BEST 詩』は、
2002年~2014年まで所属したユニバーサルミュージックから発売された盤です。

様々なドラマ・映画のタイアップが掛かった曲が多く、
かなり聴き馴染みのある曲が多いのが特徴と言えるのではないでしょうか。

自分的には[DISC 1]に収録された曲が懐かしくて良かったですね。

特に「かたち あるもの」は、
主題歌に起用されたドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』の記憶とともに、
昔のことを思い出す懐かしの一曲です。
『BEST』 三浦大知



今回は、2018年の3月7日に発売された、
三浦大知のアルバム『BEST』について書きたいと思います。


収録曲
CD[DISC A]
1. Keep It Goin' On
2. Free Style
3. Southern Cross
4. No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
5. Flag
6. Inside Your Head
7. Your Love feat. KREVA
8. Delete My Memories
9. The Answer
10. Lullaby
11. Turn Off The Light
12. Two Hearts

CD[DISC B]
1. Right Now
2. Voice
3. GO FOR IT
4. Anchor
5. ふれあうだけで ~Always with you~
6. IT'S THE RIGHT TIME
7. Unlock
8. music
9. Cry & Fight
10. (RE)PLAY
11. EXCITE
12. U
13. 普通の今夜のことを ―let tonight be forever remembered―
14. DIVE!

DVD/Blu-ray
1.Keep It Goin' On -Music Video-
2.Free Style -Music Video-
3.Southern Cross -Music Video-
4.No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER) -Music Video-
5.Flag -Music Video-
6.Inside Your Head -Music Video-
7.Your Love feat.KREVA -Music Video-
8.Delete My Memories -Music Video-
9.The Answer -Music Video-
10.Lullaby -Music Video-
11.Turn Off The Light -Music Video-
12.Two Hearts -Music Video-
13.Right Now -Music Video-
14.GO FOR IT -Music Video-
15.Anchor -Music Video-
16.ふれあうだけで ~Always with you~ -Music Video-
17.IT'S THE RIGHT TIME -Music Video-
18.Unlock -Music Video-
19.music -Music Video-
20.Cry & Fight -Music Video-
21.(RE)PLAY -Music Video-
22.EXCITE -Music Video-
23.U -Music Video-
24.普通の今夜のことを - let tonight be forever remembered - -Music Video-
25.DIVE! -Music Video-


感想
今勢いに乗っている三浦大知さんですが、
この『BEST』はそんな三浦さんがソロとして初めて発売するベストアルバムです。

自分は長らく三浦さんの存在は認識していましたが、
三浦さんの楽曲をちゃんと聴くことはありませんでした。

そういった中で『仮面ライダーエグゼイド』の主題歌となった「EXCITE」がヒットし、
三浦さんの存在が世間的に広く受け入れられたことで、
テレビ・ラジオなどのメディアでも頻繁に取り上げられるようになり、
自分にとってはかなり気になる存在になっていました。

この『BEST』はそんな自分のような気持ちを持っている人にピッタリのアルバムですね。

これまでの三浦さんの軌跡をしっかりと辿ることが出来ます。

初期から高度なことをしていたんだと驚かされるとともに、現在のカッコ良さに圧倒されます。

三浦さんのことが少しでも気になっていた人ならば、
是非とも手に入れておくべきベストアルバムだと言えます。
『ドラえもん』 星野源



今回は、2018年の2月28日に発売された、
星野源のシングル『ドラえもん』について書きたいと思います。


収録曲
CD
1. ドラえもん
2. ここにいないあなたへ
3. The Shower
4. ドラえもんのうた (House ver.)

初回限定盤特典DVD 『ViVi Video』
1. 『ViVi Video』 and Audio Commentary
2. 化物 (厳選弾き語りライブ映像(テレビ朝日ドリームフェスティバル)を収録!)
3. 地獄でなぜ悪い (厳選弾き語りライブ映像(テレビ朝日ドリームフェスティバル)を収録!)
4. 恋 (厳選弾き語りライブ映像(テレビ朝日ドリームフェスティバル)を収録!)
5. SUN (厳選弾き語りライブ映像(テレビ朝日ドリームフェスティバル)を収録!)
6. 星野源と友人によるコメンタリー


感想
表題曲「ドラえもん」は、『映画 ドラえもん のび太の宝島』の主題歌として書き下された楽曲です。

原作者である藤子・F・不二雄の言葉が歌詞に織り込まれていたり、
間奏に「ぼくドラえもん」の旋律が引用されているなど、
まさにアニメ『ドラえもん』を意識して作られた楽曲になっています。

全く関係なく作られた曲を主題歌に起用してもらうのではなく、
その作品を意識してあえて曲を書き下ろしたのは
星野源さんのこだわりに基づいた行動だったようです。

その作品のファンからも愛されるような曲作りがなされたからこそ、
この曲は多くの人の心を掴み、
国民的アニメの主題歌として多くの人に受け入れられたのだと言えるでしょう。