FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
勝負の世界の厳しさ―横浜FCの下平隆宏監督が解任
4月8日、横浜FCの下平隆宏監督が解任されました。

横浜FCは今季、開幕から8戦未勝利でした。


このことに関する記事が『超WORLDサッカー!』に掲載されていたので以下で紹介します。

横浜FCは8日、下平隆宏監督(49)の解任を発表した。

柏レイソルで指導者キャリアをスタートさせた下平監督は、
2018年5月の監督解任後、柏の強化部として働いていたが、
2019年1月に横浜FCからヘッドコーチ就任の誘いを受けて就任する。

しかし、2019年5月に
3シーズン目を迎えていたエジソン・アラウージョ・タヴァレス前監督の
成績不振による解任を受けて、昇格する形で監督に就任。
そこからチームの成績が回復する。

1年目のシーズンは、終盤にかけて状況を好転させ
明治安田生命J2リーグを2位で終えてJ1昇格。
2020シーズンは13年ぶりのJ1となったが、
なかなか白星がつかない厳しいシーズンに。
さらに、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた影響で
降格がないレギュレーションとなったが、
残留圏の15位フィニッシュを果たしていた。

今シーズンに向けては前線の選手を補強するなどし、
J1定着を目指していた中、開幕から6連敗。
第7節の柏レイソル戦は初勝利が近づく中、終了間際に被弾しドロー。
そして7日に行われたサンフレッチェ広島戦では
0-3で敗れ、最下位に転落していた。

ポゼッションサッカーを確立し、チームも下平監督のサッカーを体現。
また、FW三浦知良(54)やMF中村俊輔(42)、GK南雄太(41)らベテランと、
若手を融合させたチーム作りをしていたが、
4チームが自動降格となる今シーズンのレギュレーションの中で
結果が伴わず、無念の途中解任となってしまった。

下平監督はクラブを通じてコメントしている。

「横浜FCのファン、サポーターの皆様、そしてスポンサーの皆様、
いつも応援、サポート頂きありがとうございます。
昨晩の試合後、GM、社長と話し合いの場を持ち
クラブを離れることになりました」

「今季はJ1定着を目指し、トップ10入りを目標にしましたが、
思うような結果を出せなかったことに強く責任を感じております」

「ただ、選手、スタッフ、クラブスタッフと
チーム一丸となり戦えたことは本当に誇りに思いますし、
みんなには感謝の気持ちいっぱいです」

「横浜FCには2年と少しの在籍になりましたが、
素晴らしい経験と沢山のいい思い出を作ることができました。
本当に感謝しています」

「このクラブが好きになり愛着もありましたが、結果を出せずに、
こういう形でクラブを離れるのは非常に心残りですが、
これからも横浜FCというクラブが発展していくことを切に願っています」

「改めて、クラブ関係者の皆様、
ファン、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、
本当ありがとうございました。
そして、これからも横浜FCをよろしくお願いします」



非情にも思えるような解任劇ではありますが、
これこそが勝負の世界の厳しさです。

結果が伴わなければ、このようになってしまうことは避けられないのです。

ただ、横浜FCを昇格させ、
翌年にJ1の残留ラインを満たす順位まで
チームを強化した実績が消えるわけではありません。

横浜FCではない場所での活躍になりますが、
世界にその名をとどろかすような活躍をしてほしいところであります。






スポンサーサイト



万人に祝福される結婚―有吉弘行と夏目三久が電撃結婚
有吉弘行さんと夏目三久さんがj結婚されました。

4月1日に婚姻届を提出されたそうです。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

人気お笑いタレントの有吉弘行(46)と
フリーアナウンサーの夏目三久(36)が結婚したことが2日、分かった。

エープリルフールの1日に都内で婚姻届を提出。
この日夜には所属事務所を通じ、
連名の直筆ファクスで「四月一日に結婚いたしました」と発表した。

文書はまず有吉が
「柄にも無いことで少々恥ずかしいのですが…」と書き始め、
1日の結婚を報告。
「今後は二人で力を合わせて穏やかで幸せな家庭を築いて参ります」と
決意を新たにしている。

続いて夏目が
「有吉さんと夫婦になり、
この上ない喜びと幸せを感じております」と心境を告白。
再び有吉が
「これからの日々を大切にゆっくりですが、
しっかりと二人で人生を歩んでいきたいと思います…」などと結んでいる。

2人の出会いは2011年4月から放送された
テレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」での共演。
出会いからちょうど10年でのゴールインとなった。



これは万人に祝福される結婚だと言っていいのではないでしょうか。

結婚を祝福する声が各所で上がっていますが、
その中でも芸能界から上がるそういった声には
必ずと言っていいほど有吉さんの人柄を評価するコメントが添えられています。

有吉さんの人柄の良さがこういった形で世間に明らかになるとは、
いやはや、人柄のなせる技ですね。

自分は以前より有吉さんのファンですが、
この結婚によって有吉さんがさらなるご活躍をされることに期待しています。

有吉さん、夏目さん、ご結婚おめでとうございました。






121日間の聖火の旅が始まった―東京五輪・聖火リレーが福島からスタート
東京オリンピックの聖火リレーが3月25日からスタートしました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

東京五輪の聖火リレーが25日、
福島・楢葉町、広野町のサッカー複合施設「Jヴィレッジ」でスタートした。

2011年サッカー女子W杯優勝メンバー「なでしこジャパン」のメンバーが
第1走者となり、監督だった佐々木則夫氏(62)を始め、
当時のメンバー16人が大役を担った。

桜ゴールドのトーチは、
素材の一部に東日本大震災の復興仮設住宅の
アルミ建築の廃材が再利用されたものだ。

聖火は、全国47都道府県859市区町村を周り、
約1万人のランナーが121日間をかけ、
7月23日に東京・国立競技場で行われる開会式に向けてつなぐ。

初日はいわき市など福島県浜通りの10市町村11区間で開催される。

昨年はスタート直前に
新型コロナウイルスの感染拡大により、大会が延期。
既に日本に運ばれていた聖火は、
厳重な組織委の管理のもとで燃え続け、
全国を巡回しながらも新たな出番を待っていた。

本来であれば、五輪開催を全世界に告げる大々的なイベント。
だが、コロナ禍を考慮し、出発式典は一般観覧を取りやめ、
一部関係者のみでの開催となった。
スタートしてからもコロナ対策は継続的な課題となる。
感染の再拡大の兆候も見られる中で、走り出した聖火。
いまだ7割以上の世論が
今夏の五輪開催に反対の声を上げている中で、
安心安全なリレーを全うし、機運を高められるかが焦点となる。



開催について賛否両論のある東京五輪ですが、
とりあえずは開催に向かって121日間に及ぶ聖火の旅が始まりました。

新型コロナウイルスの問題や、
組織員会の問題などで開催が危ぶまれている東京五輪ですが、
オリンピックというのはアスリートの夢舞台ですので、
アスリートが一番幸せになる形で開催されるのが望ましいですよね。

この聖火リレーがその舞台を整えるための機会になるのであれば、
聖火リレーは不要なものではないと言えるでしょう。






新たな選択肢―加藤浩次が吉本興業とのエージェント契約を3月末で終了
極楽とんぼの加藤浩次さんが、
吉本興業とのエージェント契約を3月末で終了させると発表しました。


このことに関する記事が
『オリコンニュース』に掲載されていたので以下で紹介します。

吉本興業は9日、
お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(51)との
エージェント契約を今月31日をもって終了することを発表した。
加藤は2019年10月1日付で、
吉本興業と「専属エージェント契約」を締結していた。

サイトでは
「タレント加藤浩次は当社とエージェント契約を締結したうえで
芸能活動を行っておりましたが、
双方の協議の結果、同契約の期間満了により
2021 年3 月31 日(水)をもって
エージェント契約を終了することになりました」と報告。

続けて
「加藤浩次の新しい環境での活躍を応援してまいる所存です」とし、
「ファンの皆様、関係各位におかれましては、
引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます」と呼びかけた。
また、加藤の
今後の出演依頼などの問い合わせ先のアドレスも明記された。

加藤は2019年夏の“闇営業”問題に対する吉本興業の対応を批判し、
7月22日にMCを務める日本テレビ系情報番組『スッキリ』で
「今の社長、会長体制が続くのなら俺は吉本興業を辞める」と発言。
翌23日には、
大崎洋会長と3時間を超える会談を行ったが結論が出ず。
その後、「専属エージェント契約」を発案して吉本と締結し、
事実上の残留となっていた。

8月9日の『スッキリ』にて、
一連の騒動の中で海外ではメジャーなエージェント制度について、
ダウンタウンの松本人志と浜田雅功、東野幸治、
ナインティナインの岡村隆史、ココリコ、
ロンドンブーツ1号2号の田村淳などと相談し、
松本から大崎洋会長に提案されたことを明かし、
「ご迷惑をおかけした方に謝罪したいと思います。
本当にすみませんでした」と頭を下げた。



2019年、世間は吉本興業という組織に視線を注いでいました。

その異常性も含め、世間は吉本興業をバッシングしました。

そういった中でその吉本興業の所属タレントである加藤さんは、
自身が司会を務める『スッキリ』の中で厳しい言葉を吐き続けました。

あえての行動であったと言えます。

そしてこの加藤さんの行動があってか、
吉本興業に「エージェント契約」という新たな選択肢が生まれました。

それから時が経ち、
このたび加藤さんが「エージェント契約」を終了させることは、
吉本の所属タレント達にまた新たな選択肢を示すことになるでしょう。

まさに加藤さんは行動の人であります。






万雷の拍手の中で―コンサドーレ札幌・小野が888日ぶりにJ1の舞台に立つ
2月27日、J1第一節のコンサドーレ札幌と横浜FCの試合が行われ、
今季から札幌に復帰した小野伸二選手が途中出場しました。

小野選手がJ1でリーグ戦出場するのは、
2018年9月23日鹿島戦以来888日ぶりのことです。


このことに関する記事が『ゲキサカ』に掲載されていたので以下でで紹介します。

[2.27 J1第1節 札幌5-1横浜FC 札幌ド]

2021シーズンのJ1リーグが開幕し、27日、札幌ドームでは
北海道コンサドーレ札幌が横浜FCに5-1で快勝した。
札幌はMF金子拓郎が2得点を挙げるなどゴールラッシュで圧倒。
J1リーグでは20シーズンぶりとなる開幕白星を飾った。

ペトロヴィッチ体制4年目の札幌は今季も3-4-2-1のシステム。
大卒ルーキーFW小柏剛(←明治大)が
開幕スタメンに抜擢され、シャドーの一角でプレーした。
一方、下平隆宏就任3年目の横浜FCは4-4-2のシステムを採用し、
大卒ルーキーDF高木友也(←法政大)がスタメンに抜擢された。
新加入選手は高木のほか
DF前嶋洋太(←水戸/期限付き移籍復帰)、
MF小川慶治朗(←神戸)、FWクレーベ(←千葉)、
FW渡邉千真(←G大阪)ら5人が先発入り。
10番を付けるMF中村俊輔も開幕スタメンに名を連ね、
自身が持つ開幕スタメン最年長記録を42歳8か月3日に更新した。

札幌が電光石火で試合を動かした。
2分、右サイド深い位置で仕掛けた金子のクロスは
相手ボールになったが、小柏がプレッシャーを掛けてミスを誘うと、
こぼれ球に反応したのはMF駒井善成。
ワンタッチから右足を振り抜くと、
グラウンダーのシュートは相手DFに当たってコースが変わり、
左ポストを叩いてゴールマウスへ吸い込まれた。

札幌は先制の2分後にもカウンターを発動すると、
ドリブルで中央を持ち上がった小柏がラストパス。
金子はPA内右に侵入し、
鋭いカットインから左足シュートでネットを揺らした。
横浜FCも前半30分、
相手と入れ替わった高木がボールを奪って左サイドから切れ込み、
マイナス方向にクロス。
走り込んだクレーベが押し込み、新天地でJ1初ゴールを挙げた。

しかし、横浜FCの反撃はここまでだった。
札幌は勢いに乗り、前半45分、
駒井のパスからMFチャナティップ、小柏とダイレクトでつなぎ、
FWアンデルソン・ロペスが胸で押し込んだ。
鮮やかな攻撃で翻弄する札幌は
さらに前半アディショナルタイム4分、A・ロペスが
ドリブル突破から強烈なシュート。
これはGKに防がれたが、
こぼれ球に反応した金子が切り返しから左足シュートをねじ込んだ。

前半のうちに4点目を挙げた札幌。
後半32分には右サイドの崩しから
浮き球パスで抜け出した駒井がマイナス方向に折り返し、
走り込んだチャナティップが押し込み、5-1とした。
後半41分には今季復帰したMF小野伸二(←琉球)が投入され、
本拠地のサポーターから盛大な拍手が送られた。
中村俊輔は前半のみで交代しており、共演は実現せず。
横浜FCは1-5の完敗を喫し、黒星発進となった。



わずか10分にも満たないような出場ではありましたが、
それでもJ1の舞台に小野選手が戻ってきたことは
サッカーファンにとって明るいニュースだったと言えます。

古傷は抱えていますが、
キングカズこと三浦知良選手があれだけ頑張っているのですから、
小野選手にも自分の限界まで頑張っていただきたい所であります。