fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
非業の死―小学館、芦原妃名子さん死去で読者・作家・関係者へコメント
漫画家の芦原妃名子さんが死去されたことに対し、
小学館の現場編集者がコメントを発表しました。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

小学館は8日、公式サイトを更新し、
漫画『セクシー田中さん』の作者・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、
現場編集者の第一コミック局編集者一同のコメントを出した。

『セクシー田中さん』は昨年、日本テレビでドラマ化されており、
ドラマ終盤の脚本を芦原さん自身が執筆した。
これに対する反響などを受け、
1月26日、芦原さんは自身のXに
「今回のドラマ化で、
私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を
長文で投稿。
文章は小学館と事実確認したとするもので、
自身の原作への思いとともに、
ドラマ制作前に「必ず漫画に忠実に」などの条件を確認するも、
「当初の条件は守られず」と説明。

ラストには
「最後となりましたが、素敵なドラマ作品にして頂いた、
素晴らしいキャストの皆さんや、
ドラマの制作スタッフの皆様と、
『セクシー田中さん』の
漫画とドラマを愛してくださった読者と視聴者の皆様に
深く感謝いたします」と結んでいた。

28日には同投稿を削除し、
「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」と記した。
同内容を掲載していたブログにもアクセスできなくなった。
29日に死去が報じられた。

以下、公式サイト全文。

芦原妃名子先生の訃報に接し、
私たち第一コミック局編集者一同は、
深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます。
本メッセージは、我々現場の編集者が書いているものです。

芦原先生は、皆様が作品を読んでご想像されるとおり、
とても誠実で優しい方でした。
そして、常にフェアな方でもありました。

私たちが語るまでもないことですが、
「著作権」と呼ばれる権利には、
「著作財産権」と「著作者人格権」というものがあります。
「著作財産権」が利益を守る権利に対し、
「著作者人格権」というのは著者の心を守るための権利です。

著者の許可なく改変が行われないよう作品を守るための
「同一性保持権」をはじめ、
「名誉声望保持権」「氏名表示権」「公表権」
「出版権廃絶請求権」「修正増減請求権」があります。
これらの全ては契約を結ぶまでもなく、
著者の皆様全員が持っている大切な権利、
これが「著作者人格権」です。

今回、その当然守られてしかるべき
原作者の権利を主張された芦原先生が非業の死を遂げられました。

ドラマの放送前に発売されました『セクシー田中さん』第7巻冒頭には、
2023年8月31日付で先生のメッセージが掲載されています。
「原作の完結前に映像化されることに対して
どのように向き合ったのか」について、こう言及されています。

〈まだまだ連載半ばの作品なので、賛否両論あると思いますが
キャラやあらすじ等、
原作から大きく逸れたと私が感じた箇所はしっかり修正させて頂いている〉

〈物語終盤の原作にはまだないオリジナルの展開や、
そこに向かう為の必要なアレンジについては、
あらすじからセリフに至るまで全て私が書かせて頂いてます。
恐らく8話以降に収録されるはず。〉

原作者として、ごく当然かつ真っ当なことを綴られる中で、
先生は〈恐らくめちゃくちゃうざかったと思います…。〉
とも書いていらっしゃいました。
著者の意向が尊重されることは当たり前のことであり、
断じて我が儘や鬱陶しい行為などではありません。

守られるべき権利を守りたいと声を上げることに、
勇気が必要な状況であってはならない。

私たち編集者がついていながら、
このようなことを感じさせたことが悔やまれてなりません。

二度と原作者がこのような思いをしないためにも、
「著作者人格権」という著者が持つ絶対的な権利について
周知徹底し、著者の意向は必ず尊重され、
意見を言うことは当然のことであるという認識を拡げることこそが、
再発防止において核となる部分だと考えています。

勿論、これだけが原因だと事態を単純化させる気もありません。
他に原因はなかったか。
私たちにもっと出来たことはなかったか。
個人に責任を負わせるのではなく、
組織として今回の検証を引き続き行って参ります。

そして今後の映像化において、原作者をお守りすることを第一として、
ドラマ制作サイドと編集部の交渉の形を
具体的に是正できる部分はないか、よりよい形を提案していきます。

また、著者である芦原先生のご意向を、
ドラマ制作サイドに対し
小学館がきちんと伝えられていたのかという疑念が
一部上がっておりますことも承知しております。

その件について簡潔にご説明申し上げるならば、
先の2023年8月31日付の芦原先生のコメントが、
ドラマ放送開始日2023年10月22日よりも2か月近く前に書かれ、
そしてドラマ放送開始前に7巻が発売されているという時系列からも、
ドラマ制作にあたってくださっていたスタッフの皆様には
ご意向が伝わっていた状況は事実かと思います。

そして勿論、先生のご意向をドラマ制作サイドに伝え、
交渉の場に立っていたのは、弊社の担当編集者とメディア担当者です。
弊社からドラマ制作サイドに意向をお伝えし、
原作者である先生にご納得いただけるまで脚本を修正していただき、
ご意向が反映された内容で
放送されたものがドラマ版『セクシー田中さん』です。

そこには、ドラマのために先生が描き下ろしてくださった
言葉が確かに存在しています。

ドラマを面白いと思って観て下さった視聴者や読者の皆様には、
ぜひ安心して
ドラマ版『セクシー田中さん』も愛し続けていただきたいです。

最後に。
いつも『プチコミック』ならびに小学館の漫画誌やwebで
ご愛読いただいている皆様、そして執筆くださっている先生方。
私たちが声を挙げるのが遅かったため、
多くのご心配をおかけし申し訳ありませんでした。

プチコミック編集部が芦原妃名子先生に寄り添い、
共にあったと信じてくださったこと、感謝に堪えません。

その優しさに甘えず、
これまで以上に漫画家の皆様に安心して作品を作っていただくため、
私たちは対策を考え続けます。

本メッセージを書くにあたり、
「これは誰かを傷つける結果にならないか」
「今の私たちの立場で発信してはいけない言葉なのではないか」
「私たちの気持ち表明にならぬよう」
「感情的にならぬよう」
「冷静な文章を……」と皆で熟慮を重ねて参りました。

それでもどうしてもどうしても、私たちにも寂しいと言わせてください。
寂しいです、先生。

小学館
第一コミック局 編集者一同



この芦原さんの非業の死に接し、
大きな衝撃を受け深い悲しみに打ちひしがれている方は多いと思います。

自分は漫画は未読ですが、
本屋などで見かけこの漫画の存在は知っていました。

だからというべきか、
このドラマが放送されることに興味を抱き、ドラマは数話観ました。

当然のことながら、原作を読んでいませんので
自分には原作とドラマはここが違うといった事は言えません。

そんな自分でも、芦原さんがコメントを発表した際、
そのコメントがネットニュースで話題になっていることを知り、
そんなことになっているのかと驚きました。

そして数日後の非業の死、
原作未読であると自分でさえも
あまりの目まぐるしい展開に心が追いついていかないような思いがありました。

ということは原作ファン、ドラマファン、そして関係者の皆様においては、
より深い悲しみと衝撃を受けられていることかと思います。

まだ詳細が分かっていない中で
このことについて何か意見を言うことは避けなければならないことでしょうが、
ただ言えることは
もう二度と同じような悲しいことを起こしてはならないということでしょう。

関係業界において再発防止策が打ち出されることが望まれます。



セクシー田中さん(1) (フラワーコミックスα)

セクシー田中さん(2) (フラワーコミックスα)
スポンサーサイト



これは正しい選択か?―ロッテ・佐々木が選手会を脱退
千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希選手が
日本プロ野球選手会を脱退していたことが明らかになり、
選手会の森忠仁事務局長がコメントを出しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

日本プロ野球選手会の森忠仁事務局長が29日、
日本野球機構(NPB)と都内で開催した保留制度検討委員会後、
ロッテ・佐々木朗希投手が選手会を脱退していたことを明かした。

メジャーからNPBに戻った選手や、ベテランなど特殊なケースを除き、
ほとんどの選手が加入している労働組合。
若手選手の脱退は異例だが、
昨年のキャンプ前に本人側から申し出があったという。
「率直に言ったら、情けないと思うし、寂しいというところ。
みんなで労働組合自体が団結して、いろんなものを変えていった。
先輩方がそうやってきたように、
元々、FAもなかったり、ポストシーズンもなかったわけで、
そういうものを団結して勝ち取った。
佐々木君にしても当たり前のように使えていたものを、やめても使える。
辞めたことにはいろいろな思いがある」と胸中を明かした。

森事務局長は昨年2月にキャンプ地で本人を説得したが、
脱退の意思は変わらなかった。
「後からこういう選手が出てこないように、先輩たちが築いてきたように、
選手ファーストに変えていかないといけないのも一つある」と語った。



これまで選手会が勝ち取ってきた権利が多数ある中で、
選手会から脱退しながらその権利を享受するというのは、
はたから見るといかがなものなのかという思いがあります。

もちろん本人にも言い分があるのでしょうから一方的なことは言えませんが、
自分的には佐々木選手に対するイメージが悪くなった気がします。



佐々木朗希 x 山本由伸 WBC決戦の地へ

Number(ナンバー)1052号「佐々木朗希 完全を超えろ。」 (Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー))
異例の始動ーJ2長崎が「監督不在」で始動
J2のV・ファーレン長崎が監督不在のまま始動しました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

J2のV・ファーレン長崎は18日、
長崎・諫早市内で、異例の監督不在のまま、2部練習でスタートした。

ファビオ・カリーレ監督(50)の二重契約締結問題を抱えたまま、
前代未聞の新体制発表が行われてから一夜が明けた。
二重契約相手のサントスFCとの話し合いは、いまだ未解決のままで、
下平隆宏新ヘッドコーチ(52)が暫定的に指揮を執った。

取材陣に対して、
練習後の監督、選手へのカリーレ監督関連の質問は、
クラブの意向で禁じられる“厳戒態勢”が敷かれた。

21日には、ファン・サポーターを招いた決起集会が行われる。
そして、29日~2月10日の沖縄キャンプなどを経て、
藤枝MYFCとの敵地開幕戦(2月23、24、25日のいずれか)へ向かう。

監督人事のトラブルが宙に浮いたまま、波乱の全体練習初日を迎えた。



この一連の二重契約の話は大問題です。

しっかりと然るべき場所へ判断を仰いだ上で、
納得のいく判断が出されることが望まれます。



J1昇格 夢への軌跡 V・ファーレン長崎 報道記録集

ヴィヴィくんと―V・ファーレン長崎クラブマスコットフォトブック
3年目の正直―日本ハム、電撃復帰のバーヘイゲンは2年最大11億円か
北海道日本ハムファイターズがバーヘイゲン選手の獲得を発表しました。

バーヘイゲン選手は2020年、2021年にもファイターズでプレーしており、
3年ぶりにファイターズへ復帰することになります。


このことに関する記事が『Full-Count』に掲載されていたので以下で紹介します。

3年ぶりに日本ハムへ電撃復帰した
ドリュー・バーヘイゲン投手の驚きの契約金額を米メディアが報じた。
米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」の
元記者ロバート・マレー氏によると、
2年で最大800万ドル(約11億5900万円)に迫るという。

昨季はカージナルスで60試合に登板して5勝1敗、防御率3.98。
12日に契約合意が発表され、
メジャー“バリバリ”右腕の再来日に新庄剛志監督も球団を通じ
「メジャーからのオファーを断って、
バーヘイゲンがファイターズに戻ってきてくれるとは
夢にも思っていなかった」と驚いた。

2020年、2021年は日本ハムに在籍。
2年間で38試合に登板し、13勝14敗、防御率3.51の成績を収めた。
同記者によると、1年目終了後に選手オプションがあるという。
今オフ、日本ハムはFAで左腕・山崎福也投手を獲得し、
フランミル・レイエス外野手ら助っ人も積極補強。
最下位脱出へ、本気のオフとなっている。



新庄監督は今季就任3年目となります。

3年目の正直となるよう、球団は本気の補強をしてくれています。

近年というか、球団創設以来、
ここまで本気の補強したことはなかったのでは?と
思えるような気合の入った補強となっています。

楽しみなシーズンとなりそうです。



ファイターズ 北海道移転20年史 上巻 2004-2013年

BIGBOSS新庄剛志 進み続ける言葉100 (英和ムック)
いつ門戸は開かれるのか―第101回以降の箱根駅伝の参加資格は関東だけ
来年1月2日、3日で開催予定の第
101回「箱根駅伝」の参加資格は関東だけとなることが発表されました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟(関東学連)は5日、
第101回大会(来年1月2、3日)以降の参加資格について
「関東学生陸上競技連盟男子登録者」とすることを発表した。
第100回箱根駅伝予選会(昨年10月14日)の参加資格は、
例年の「関東学生陸上競技連盟男子登録者」から
「日本学生陸上競技連合男子登録者」に広がり、
全国の大学が参加可能だったが、
第101回大会以降は従来の参加資格に戻る。
第100回大会では編成されなかった
関東学生連合チーム(予選会敗退校の選手で編成)については
継続審議中となった。

関東学連は5日、有吉正博会長名で
「東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)
第101回大会以降の参加資格について」
と題した文書を発表。
「1月2日、3日の2日間にわたり、
第100回箱根駅伝を開催させていただくことができました。
多くの皆様のおかげで
大会が無事に終了いたしましたことに感謝申し上げます」などと記した上で、
第101回大会以降の参加資格について説明。
「関東学生陸上競技連盟加盟校所属の男子登録者で、
本大会並びに箱根駅伝予選会出場回数が
通算4回未満である者(予選会のみ出場の場合も回数に含まれる)に限る。
なお、出場とはエントリーした時点で出場とする」などと明記した。

「発展の在り方」としては以下のように説明した。
「ひとつの方法として参加資格を全国に広げることも考えられますが、
それだけが発展の在り方ではありません。
関東の大会として、さらに魅力あるものにしていくことが、
相応(ふさわ)しい発展の在り方だと考えます。
事実として、これまでの取り組みで多くの普及や発展が成されてきました。
箱根駅伝があることで、
関東の大学に選手が集まっていることは、周知の事実です。
ただそれは、
先人たちが箱根駅伝を魅力ある大会に育ててきた結果に他なりません。
その結果、関東の学生長距離界のレベルが向上するとともに、
箱根駅伝の魅力もますます増してきたものです。
その事実を、否定的に評価する必要はないと考えます。
箱根駅伝は、最初から『お正月の風物詩』だったわけではありません。
関東の各大学と本連盟の先輩方の、
努力と創意工夫の積み重ねによって、今のような存在になったものです。
それを継承しながら、さらに発展させていくことが、
本連盟の責務と考えています。
もちろん、発展の在り方については、
運営方法も含めて今後も議論をして参りたいと考えております」

第100回箱根駅伝の予選会には関東学連以外からは、
北海道学連の札幌学院大、
東海学連の皇学館大、愛知工業大、中京大、
北信越学連の信州大、
関西学連の京産大、立命大、大経大、放送大関西、
中国四国学連の環太平洋大、
九州学連の日本文理大の11校が参戦した。
ハーフマラソン(21・0975キロ)の上位10人の合計タイムで争われた中、
関東勢以外としては27位の京産大がトップ。
13位で通過した山梨学院大とは14分25秒差だった。



色々な意見があるところでしょうが、
いつかは全国に門戸が開かれる日が来ることが望ましいと自分は思います。

門戸が開かれる日はいつになるのか、
さらに言えばそんな日は果たして訪れるのでしょうか。



箱根駅伝 2024完全ガイド(陸上競技マガジン1月号増刊)

箱根駅伝公式ガイドブック2024 2024年 01 月号 [雑誌]: 月刊陸上競技 増刊