FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
不運に見舞われて―西野朗監督が率いるタイがサウジに敗れる
東京五輪男子サッカーの予選を兼ねたU―23アジア選手権の準々決勝で、
タイ代表とサウジアラビア代表が対戦し、0対1でタイ代表が敗れました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

東京五輪男子サッカーの予選を兼ねたU―23アジア選手権は18日、
準々決勝が行われ、
前日本代表監督の西野朗氏が率いる開催国のタイ代表が
サウジアラビア代表と対戦。
後半33分にVAR判定からのPKを決められ、0―1で敗戦。
52年ぶりの五輪切符獲得には手が届かなかった。

史上初めて決勝トーナメントに臨んだタイだったが不運な判定に泣いた。
前半0―0のまま折り返した後半33分、
MFソラウィットがFWハムダンとの競り合いとなり
ペナルティーエリア手前でユニホームを引っ張り、
その流れのままエリア内で相手選手ともつれながらボールを外へと蹴り出す。
ここで主審はまず、最初のユニホームを引っ張った行為に対しFKと判定。
しかし、その後VARルームからの助言により判定が変わってPKに。
主審は自ら映像をチェックすることなく判定を変えた。

この事態に西野監督も第4の審判に詰め寄り猛抗議するも覆らず。
会場からの大ブーイングのなか、
FWハムダン自らがきっちりと決めサウジアラビアが先制。
タイは反撃を試みるもシュートまで持ち込めず。
開催国ながら微妙な判定により失った1点が響き準々決勝で敗退。
52年ぶり3度目の五輪切符獲得まであと2勝に迫るなど大健闘を見せていた
西野タイの快進撃がついに止まってしまった。



日本代表はすでに敗退したので、
西野監督が率いるタイ代表に注目していましたが、
残念ながら準々決勝で敗退してしまいましたね。

しかしながらここまでの躍進を遂げたことは素晴らしい事だと言えます。

タイ代表といえば
北海道コンサドーレ札幌のチャナティップ選手に代表されるように、
優秀な選手が意外と(?)いるという印象があります。

今回は残念でしたが、
もっともっと強くなれる可能性を秘めたチームだと言えます。






スポンサーサイト



キングはやめないよ―三浦知良が横浜FCと契約更新
キングカズこと三浦知良選手が横浜FCと契約を更新しました。

これでプロ35年目のシーズンを迎えることが決まりました。


このことに関する記事が『GOAL』に掲載されていたので以下で紹介します。

13年ぶりにJ1のピッチへ

横浜FCは11日、FW三浦知良と契約更新したことを発表した。
“キング・カズ”の名で知られるストライカーの契約更新は、
今年も恒例の背番号「11」にちなんだ1月11日11時11分にリリースされた。

契約更新にあたり三浦は
「2020シーズンも横浜FCと契約更新をすることができました。
チームのJ1定着という目標に向けて、日々努力を重ねる中でも、
サッカーを楽しむ気持ちと感謝の気持ちを忘れずに、
チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」と
新シーズンへの意気込みを語っている。

現在52歳の三浦は、Jリーグでの現役最年長プレーヤーで、
1993年のJリーグ開幕を知る唯一の現役選手。
1993年にMVP、1996年に得点王、
そして3度のベストイレブンに選ばれるなど、長くJリーグをけん引してきた。

横浜FCで14シーズン目を迎えた昨季は、明治安田生命J2リーグで3試合に出場。
うち2試合は先発出場だった。
チームは18戦無敗を記録するなど好調を維持したまま、J2を2位でフィニッシュ。
13年ぶりのJ1昇格を決めていた。

三浦にとっても久しぶりのJ1の舞台。
日本のみならず、海外メディアでも大々的に取り上げられているようだ。

クロアチアメディアは三浦が1999年に
クロアチア・ザグレブ(現ディナモ・ザグレブ)でプレーしていたことを紹介しつつ、
「この日本人はかつてペレもプレーしたサントスで、プロ契約を結んだ。
それが1986年のこと。
この時、現在ディナモでプレーしている選手はまだ誰も生まれていない」と、
いかにカズのキャリアが長期に渡るものかを強調している。

2月26日に53歳を迎える“キング・カズ”。
J1で迎える現役生活35年目は果たしてどんなシーズンになるのか、注目が集まる。



かつて三浦選手は『やめないよ』という本を出版しました。

三浦選手ほど『やめないよ』という言葉が似合う選手はいません。

その言葉や気持ちがるからこそ、
強くあり続けられるのでしょうし、元気を維持し続けられるのでしょう。

本当に凄い事だと言えます。






悲願のタイトル―ヴィッセル神戸が令和初の天皇杯王者に
1月1日、「天皇杯」の決勝が新国立競技場で行われ、
ヴィッセル神戸が鹿島アントラーズを2対0で下し、
令和で初めての天皇杯王者になりました。


このことに関する記事が『GOAL』に掲載されていたので以下で紹介します。

ビジャの現役ラストゲームに花を添える

天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会は1日に決勝が行われ、
ヴィッセル神戸が鹿島アントラーズを2-0で下し、クラブ史上初タイトルを獲得。
令和初の天皇杯優勝を達成した。

令和に入って初の王者を決める頂上決戦。
新国立競技場のこけら落としとなる一戦に勝ち上がったのは、
初優勝を目指す神戸と3季ぶりの優勝を狙う鹿島の2チームとなった。

神戸は先発にアンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキを起用。
藤本憲明もスタメン入りを果たした。
一方でこの試合をもって現役引退を表明しているダビド・ビジャは
ベンチからのスタートとなった。

対する鹿島はGKには曽ヶ端準に代わってクォン・スンテが先発入り。
前線は準決勝でゴールを挙げたセルジーニョと伊藤翔が2トップを形成。
土居聖真はベンチスタートとなった。

序盤からリズムを作ったのは神戸。
中盤のイニエスタと山口蛍が
長短を織り交ぜたパスでポゼッションを高めて、攻勢を強めていく。

神戸は13分に古橋亨梧が右サイドから仕掛けてラストパスを送ると、
最後は藤本憲明がフリーの状態で右足を振り抜く。
しかし、このシュートは惜しくも枠の上に越えてしまった。

すると18分、
神戸は左サイドで酒井高徳とポドルスキの連係から
ポドルスキがPA内を切り込み、角度のないところからシュートを放つ。
これがこれが中に入っていた藤本に当たってゴールネットへ。
神戸が早い時間帯で先制点を奪った。
新国立第1号については当初、藤本のゴールと記録されたが、
後ほどオウンゴールに修正されている。

なおも試合を支配する神戸は38分、
西大伍が右からグラウンダーのクロスを入れると、ゴール前の藤本へ。
先発抜擢の9番がきっちり合わせて神戸が追加点を獲得した。
前半は神戸が2点をリードして折り返した。

後半に入ると、2点を追う鹿島が猛攻に出る。
大岩剛監督は白崎凌兵と名古新太郎を代えて土居聖真と山本脩斗を投入。
3バックに変更して得点の機会をうかがう。

鹿島は61分に左サイドを抜け出した伊藤が中にクロスを送る。
一旦クリアされたものの、
こぼれ球を収めたレオ・シルバがPA手前から強烈な右足シュートを放つ。
しかし、これは惜しくも枠を捉えることができなかった。

鹿島は73分にもレオ・シルバのパスを受けた途中出場の中村充孝が、
PA手前中央からダイレクトシュートを放つ。
しかし、シュートはGK飯倉大樹がしっかりと抑えた。

一方の神戸は78分、2ゴールに絡んだ藤本に代えて田中順也を送り出す。
その後も2点を追う鹿島が前目の姿勢をとるが、神戸も集中した守備で対応。
終了間際に現役ラストゲームのビジャも登場した神戸が
最後まで鹿島の反撃を許さず。

超満員の57597人を動員した新国立こけら落としで神戸が鹿島を2-0で下し、
クラブ創設25年目にして悲願のクラブ初タイトルを獲得。
令和初の天皇杯王者に輝いている。

なお、天皇杯を制した神戸は2020シーズンのACL出場権も獲得。
グループステージから出場することが決まっている。

■試合結果
ヴィッセル神戸 2-0 鹿島アントラーズ

■得点者
神戸:オウンゴール(18分)藤本憲明(38分)
鹿島:なし



豪華なメンバーを揃えた神戸が遂にタイトルを手に入れました。

リーグ戦ではいまいちピリッとしなかったのは残念でしたが、
やはりこのメンバーを揃えてるだけのことはあります。

地力で勝ったという感じがします。

神戸に関しては色々と補強の噂も出ておりますが、
今後どのようなチームになっていくのかに注目していきたいチームであります。






今が決断の時か―『27時間テレビ』、来年放送の有無も含めて検討中
今年は11月2日から3日にかけて放送された『27時間テレビ』。

今年の平均視聴率が歴代最低となったことが話題になっていましたが、
これを受けて来年も放送し続けるのか否かが検討されているそうです。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

フジテレビの遠藤龍之介社長(63)が29日、
東京・台場の同局で定例会見を開催。
石原隆取締役が、2~3日に放送された
「FNS27時間テレビ」(2日後6・30~3日後9・54)について言及した。

33回目となった今回は同番史上初の11月放送。
ビートたけし(72)が総合司会を務め、
「関ジャニ∞」の村上信五(37)が進行のアシストを担当し、
3年連続でタッグを組んだ。

27時間を通しての平均視聴率は5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、
昨年の平均視聴率7・3%を下回り、歴代最低を記録。
番組のエンディングを飾る
「グランドフィナーレ」(3日後6・00~9・54)も8・3%だった。

これを受け、石原取締役は
「過去最悪の数字となったが、原因については分析中。
これまで夏、あるいは9月に放送してきた番組が初めて11月となった。
それが定着していなかった」とコメント。
「来年、東京オリンピックがあるということで、スポーツをテーマにやったが、
それもどこまで事前に認知されていて、
(視聴者に)興味深いと思われていたのかを考えなくてはいけない」と述べた。

今後の同番組について石原取締役は
「内容、放送時期も含めて、来年以降どうするかを検討中」と話した上で
「今回の結果については重く受け止めている。
来年以降に活かしていきたい」と語った。

また、来年の同番組については、
放送の有無についても検討中であると石原取締役より説明があった。



今が決断の時なんでしょうか。

何だか寂しい気がします。

深夜に生放送された『お笑い向上委員会』などは最高に面白かったんですが、
観る人が観れば「ただやかましいだけ」なんて言われてしまうのでしょうね。

これもまた寂しいことです。






やっぱり強い人―羽生結弦、NHK杯3年ぶり4度目Vでファイナル進出
羽生結弦選手がNHK杯で3年ぶり4度目となる優勝を果たしました。

これにより、羽生選手のグランプリシリーズファイナルへの進出が決まりました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第6戦
NHK杯最終日(23日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)男子は
ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(24)=ANA=が、
フリーでも1位となる195・71点をマーク。
合計305・05点で3年ぶり4度目の優勝を飾り、
ファイナルを含むGP通算12勝目を挙げ、
シリーズ上位6人で争われるファイナル(12月5~7日、トリノ)進出を決めた。
山本草太(19)=中京大=は合計226・27点で6位、
島田高志郎(18)=木下グループ=は合計213・65点で9位だった。

寒風が身に染みる札幌で巻き起こった温かい声援に背を押され、
羽生が納得の演技を披露した。
2季連続で「Origin」を用いるフリー。
冒頭の4回転ループの着氷でこらえると、
4回転サルコー、3回転ルッツ、4回転トーループを成功させた。
その後の4回転トーループは2回転となったが、
トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-3回転トーループ、
最後は3回転半-つなぎの1回転-3回転サルコーに変更し、
演技後は力強くうなずいた。

過去2年のGP2戦目では涙をのんできた。
一昨年も昨年も公式練習で右足首を負傷。
いずれもGPファイナルには出場できなかった。
10月のスケートカナダは合計322・59点で制した。
2位のケビン・エイモズ(22)=フランス=に
55・03点の大差をつける圧勝で2大会連続の300点超え。
3年ぶりの出場となるファイナルは、
世界王者ネーサン・チェン(米国)との一騎打ち。
絶対王者の称号を取り戻す。



羽生選手は現在、ネーサン・チェン選手に世界王者の座を譲っています。

しかしながら、今回の結果を見ても分かる通り、
その力は圧倒的なものがあります。

あとはケガなくファイナルの当日を迎え、
そこで持てる力をぶつけることが出来れば、
羽生選手が再び世界王者の座に返り咲くことは間違いないと思います。

ファイナルが楽しみです。