fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
一つの転換期―RIZIN・榊原CEOの発言の波紋
7月31日に開催予定の「RIZIN.37」の対戦カード発表会見が
6月24日に東京都内で行われ、
その中での榊原信行CEOの発言が話題となっています。

このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「RIZIN.37」(7月31日、さいたまスーパーアリーナ)

対戦カード発表会見が24日、都内で行われ、榊原信行CEOは
「地上波に向けてコンテンツを作る時代は完全に終わりを告げた」と語った。

RIZINはこれまで毎年恒例の大みそか大会を中心に
フジテレビが中継を続けてきた。
フジテレビは
キックボクシングのRISE世界フェザー級王者の那須川天心と
K-1ワールドGPスーパーフェザー級王者の武尊の試合が行われた
格闘技イベント「THE MATCH」(19日、東京ドーム)の
生中継を予定していたが、
5月31日に「諸般の事情を総合的に考慮した結果」との理由で、
急きょ見送りを決定。
同イベントの実行委員を務めていた榊原CEOは、
その決定がRIZIN中継にも「(影響)するでしょう」と話していた。

この日の会見では、大会の放送、配信などの詳細は
「決まり次第、お知らせします」と告知されたのみ。
榊原CEOは、
同イベントを生中継した
ペイ・パー・ビュー(PPV・一般チケット5500円)の販売件数は50万以上、
25億円以上とみられる売上を記録したことで、
「放送環境、配信環境は大きく時代が動いている」との認識を語った。

続けて、今後の地上波放送局との関係について、
「フジテレビさんに限らず、地上波の放送局とは
これからもいろんな意味で向き合っていきたい」と話しつつ、
「地上波に向けてコンテンツを作る時代は完全に終わりを告げた。
それでも地上波の必要性はある。
今後は中継というよりプロモーションのメディアとしてどう活用するか、
という向き合い方はある。
いろんな局と向き合っていきたい」との考えを示した。



色々な見方があるでしょうが、
これを一つの転換期と見ることは十分できるでしょう。

「THE MATCH」が地上波で生中継されないとなった時の榊原氏の反応と、
この会見で見せた榊原氏の自信を持った口ぶりは、
まるで違うものであったと言えます。

それもこれも記事にある通り、
「THE MATCH」の配信チケットの売り上げが大変好評であったことが、
この自信に繋がっていることは言うまでもありません。

このことが将来的に、
地上波からネット配信ビジネスへ転換していく
重要なターニングポイントであったと言われておかしくないでしょう。






スポンサーサイト



貫く生き方ー所ジョージ、YouTubeチャンネルを閉鎖へ
所ジョージさんが
自身のYouTubeチャンネル「SETAGAYA BASE 工作部」を
閉鎖することを明かしました。


このことに関する記事が『スポニチ』に掲載されていたので以下で紹介します。

タレントの所ジョージ(67)が11日に
自身のYouTubeチャンネル「SETAGAYA BASE 工作部」を更新し、
同チャンネルを閉鎖することを明かした。

12年10月に開設され、登録者数は17万人超え、
621本もの動画を投稿してきた人気チャンネル。
しかし、11日に
「所ジョージ YouTube最後の唄 今日でおしまい」というタイトルで、
弾き語り動画がアップされた。

所は
「ビックリする事がある 
ビックリする事がある 広告などつけたくない 
なのに今年の6月1日から 
グーグルは勝手にアトランダムで つけるんだそうです 
お金のニオイがしないでやってきた10年は 
広告がつくので今日でおしまい」と、その胸中を歌い上げた。
概要欄には
「一ヶ月後に削除しますので。10年、楽しかったわ」と記されている。

YouTubeは昨年6月に規約を変更し
「YouTubeパートナープログラムに参加していないチャンネルに対しても、
広告の配信を開始する」と発表していた。
今回のチャンネル削除は、この仕様に抗議したものと思われる。

コメント欄では
「曲も工作もかけがえがないので消さないでお願いします…」
「寂しいですよ(T_T)」
「相変わらず 素敵な人だな~」
「去り際ってこうでありたいです」
「え、マジで辞めちゃうの? 所さんらしいな」
「最後まで潔い人」といった、惜しむ声が相次いでいた。
なお所は「所さんの97チャンネル」というチャンネルも運営しているが、
こちらを削除するかについては明言していない。



広告を付けることがいいのか、
付けないことがいいのかという議論は抜きにして、
所さんのように自分の考えや信念を貫く生き方というのはカッコいいです。

こうありたいと思わされる男の美学を感じます。

所さんが愛され続ける理由が分かりますね。






テレビ放送の意義ー天心と武尊戦のフジテレビでの放送が取り消し
6月19日に行われる「THE MATCH 2022」の
フジテレビでの放送が見送られることが発表されました。

このイベントでは那須川天心と武尊の対戦が予定されています。

この放送見送りを受けて交渉役を担った榊原信行氏が会見を開きました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

フジテレビが6月19日に行われる
格闘技ドリームマッチ
「THE MATCH 2022」(東京ドーム)の
放送を見送ったことを受け、
ドリームファクトリーワールドワイド、K-1、RISEの3社は
31日、同イベントに関する記者会見を行った。
実行委員で交渉役を担っていた
株式会社ドリームファクトリーワールドワイド・榊原信行氏が
状況を説明した上で、放送の再検討を強く要望した。

榊原氏は冒頭、
「とても残念に思ってますし、
フジテレビさんとの交渉を担当していたので、状況は分かっていた。
突然のことで頭が真っ白になっている。
フジテレビさんが放送を降りるとは正直思ってなかったので、
残念」と落胆。
そして、
「すごく楽しみに思っていたファン、視聴者の皆さんに申し訳ない。
交渉不足を含めてお詫びしたい」と謝罪した。

なぜ契約に至らなかったのかは
「何が最終的な原因になったのは明確になったものはない」とし、
週刊誌報道については
「フジテレビさんにとっては由々しき問題。
反社チェックは関係各位に行われました。
反社ではないですし、
(フジテレビはその直後)変更はございませんと広報されてます」と、
あらためて疑惑を否定した。

榊原氏、その周辺については今月、
RIZIN関係者が暴力団関係者と交際していることを認めたとされる
音声データが流出したとし、金銭トラブルが一部メディアで報じられた。
この疑念をフジテレビが問題視している可能性もあり、
「僕は退任することも。
いることでネガティブにされるなら、
汚点を作りたくないので、
退くことはやぶさかではないとも伝えた」と覚悟を示した。

交渉については
「経済的な面で折り合わなかったことはないです」とも強調。
週刊誌報道が原因とするなら辞任する意志を繰り返し、
「もう一回、フジテレビさん戻って来て欲しい」と要望した。
大会は予定通り行われるという。

同イベントでは、
キックボクシングのRISE世界フェザー級王者の那須川天心と
K-1ワールドGPスーパーフェザー級王者の武尊が対戦。
“世紀の一戦”は同局で生放送される見通しだったが、
フジテレビは公式HPで
「主催者側との契約に至らず、
フジテレビで放送しないことが決まりましたので、
ここにお知らせいたします」と伝えた。

この発表を受け、天心が
「お金の為じゃねえんだよ。
未来の為にやってんだよ。
子供達はどうすんだよ」とツイートすれば、
武尊も自身のツイッターで
「この試合の意味を分かって欲しい。
まだ諦めません。」と訴えを記していた。



今やボクシングの世界タイトルマッチも
ネットで独占配信される時代になりましたが、
それでも地上波テレビで放送される意義は大きいのですね。

今回の放送の見送りを受けての関係者の反応を見ていていると
改めてその事がよく分かります。

これだけ注目を集めている一戦だけに、
なんとかならないもんですかね。

素人考えでは放送したらいいじゃんって思ってしまうのですが。





Jリーグの真価が問われるー21年度Jクラブ経営情報公表される
2021年度のJクラブ経営情報が公表され、
単年度赤字のクラブは昨年度から14クラブ減って、
20クラブとなったことが分かりました。


このことに関する記事が『ゲキサカ』に掲載されていたので以下で紹介します。

Jリーグは26日、
2021年度クラブ経営情報開示の先行発表を行った。
3月決算の3クラブ(柏レイソル、湘南ベルマーレ、ジュビロ磐田)を除く
54クラブの決算が開示がされた。

営業収益は54クラブ合計で前年比115%の1,147億円となり、
2019年度比93%で「コロナ前の規模に戻りつつある」とJリーグ。
一方、そのうち入場料収入は19年度比53%にとどまっており、
回復の遅れが目立った。
また営業費用は54クラブ合計で前年比105%の1,204億円。
2019年度比97%で、コロナ前の規模に戻ってきている。

単年度赤字のクラブは昨年度から14クラブ減り、20クラブ。
北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、FC東京、横浜FC、
名古屋グランパス、セレッソ大阪、アビスパ福岡、サガン鳥栖、
大分トリニータ、水戸ホーリーホック、ザスパクサツ群馬、
東京ヴェルディ、レノファ山口FC、FC琉球、
福島ユナイテッドFC、アスルクラロ沼津、FC岐阜、
ガイナーレ鳥取、カマタマーレ讃岐、ロアッソ熊本が該当した。

また債務超過は
仙台、名古屋、C大阪、福岡、鳥栖、
東京V、山口、福島、沼津、鳥取の10クラブ。
昨年度と同じ数だが、新たに名古屋、福島、沼津が加わり、
ブラウブリッツ秋田、Y.S.C.C.横浜、
AC長野パルセイロは債務超過を脱した。

■債務超過
ベガルタ仙台(▲2億6500万円)
名古屋グランパス(▲2億9600万円)
セレッソ大阪(▲12億400万円)
アビスパ福岡(▲3億5500万円)
サガン鳥栖(▲4億6400万円)
東京ヴェルディ(▲5億400万円)
レノファ山口FC(▲2億900万円)
福島ユナイテッドFC(▲1300万円)
アスルクラロ沼津(▲1000万円)
ガイナーレ鳥取(▲2億4100万円)

なお、Jリーグはクラブライセンスの交付について、
21年度末までは債務超過と3期連続赤字を
判定対象としないとする特例措置を設けており、
今回の決算は対象外。
22年度より
「債務超過額が増加してはならない」
「新たに債務超過に陥ってはいけない」という
条件付きの猶予期間に入り、
3期連続赤字のカウントがスタート。
24年度から特例措置が廃止される。

■20年度純利益
札幌(▲1900万円)
仙台(▲1億4000万円)
鹿島(800万円)
浦和(200万円)
柏(3月決算)
FC東京(▲4億8500万円)
川崎F(4億4600万円)
横浜FM(400万円)
横浜FC(▲6800万円)
湘南(3月決算)
清水(1200万円)
名古屋(▲3億3900万円)
G大阪(8200万円)
C大阪(▲4億1500万円)
神戸(4700万円)
広島(1900万円)
徳島(2900万円)
福岡(5億500万円)
鳥栖(2億2100万円)
大分(▲500万円)
J1合計:▲15億4800万円

秋田(3500万円)
山形(1900万円)
水戸(▲4900万円)
栃木(1900万円)
群馬(▲2700万円)
大宮(0)
千葉(100万円)
東京V(▲1億500万円)
町田(300万円)
相模原(7000万円)
甲府(6700万円)
松本(8000万円)
新潟(2億7200万円)
金沢(200万円)
磐田(3月決算)
京都(1億500万円)
岡山(1800万円)
山口(▲1億2100万円)
愛媛(2500万円)
北九州(2700万円)
長崎(1200万円)
琉球(▲1億2800万円)
J2合計:3億2500万円

八戸(400万円)
岩手(1000万円)
福島(▲4300万円)
YS横浜(4500万円)
長野(1900万円)
富山(600万円)
藤枝(200万円)
沼津(▲4000万円)
岐阜(▲1億3000万円)
鳥取(▲8200万円)
讃岐(▲3900万円)
今治(200万円)
熊本(▲3700万円)
宮崎(200万円)
鹿児島(200万円)
J3合計:▲2億7900万円



記事にある通り、
2022年度から3期連続赤字のカウントがスタートします。

まさにJリーグクラブの真価が問われるシーズンとなるわけです。

今まさにその戦いが繰り広げられているわけですが、
是非とも皆様ご贔屓のチームへ熱いエールを送ってください。

少しJリーグが元気がないと感じる今だからこそ、
一人一人の熱い思いやエールが必要になってくるのです。






12年に一度の奇跡?ー三浦カズが初の新国立でプレーへ
鈴鹿ポイントゲッターズの三浦知良選手が、
10月9日に行われる予定のクリアソン新宿戦で
東京・国立競技場のピッチに立つ可能性が出てきました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

元日本代表の55歳FW三浦知良が国立に帰ってくる。
JFLは16日、
カズが所属する鈴鹿ポイントゲッターズの
アウェー・クリアソン新宿戦(10月9日、13時)を
東京・国立競技場で開催すると発表した。
当初はAGFフィールドで開催予定だったが、変更となった。
チケット販売は7月上旬の予定。

カズは国立開催について、
「JFLに来た時に、
あのピッチにはもう
オールスターや何かの記念試合でないと立てないと思っていましたが、
日本サッカーの聖地といわれる国立競技場で、
まさかリーグ戦を戦えるとは思いませんでした。
日本代表の時もそうでしたが、ずっと戦ってきたスタジアムですし、
またそのピッチに立てるチャンスを与えてくださった
皆さんに感謝したいです。
本当に楽しみにしています。
ぜひ、6万人来てもらいたいですね(笑い)」とのコメント出した。

カズは2019年の
新国立のオープニングイベントでゲストとして呼ばれた。
日本代表をイメージしたユニホームを身にまとい、ドリブルもした。
新国立での公式戦となればカズにとっても初となる。

国立競技場は1993年、
カズもプレーした記念すべきJリーグ開幕戦が行われた。

カズ自身の国立での最後のゴールは、
J2横浜FC時代の2010年富山戦。
当時43歳でFK弾を決めてカズダンスも披露した。
98年V川崎(現J2東京V)時代の
市原戦(現J2千葉)以来の約12年ぶりの得点に
「12年後にも決められたらいい」と当時は冗談めかして話していたが、
今年がちょうどその12年後。
12年周期での国立カズ弾も期待される。

◇カズと国立競技場

▽1986年 
19歳のときブラジル・パルメイラスの一員として来日。
奥寺康彦率いるブレーメン(当時西ドイツ)と対戦した。

▽92年 
ナビスコ杯(現ルヴァン杯)決勝で
V川崎の選手として決勝の清水戦に出場。
決勝点を決めた。

▽93年 
Jリーグ開幕の5月15日にV川崎の一員として横浜M戦で先発した。

▽94年 
J初年度のチャンピオンシップ・鹿島戦では第1、2戦で得点し、
初代年間王者に輝いた。

▽97年 
6月22日にはフランスW杯アジア1次予選・マカオ戦で
歴代最多タイとなる6ゴールもあり、10―0。
9月7日には同最終予選ウズベキスタン戦で4ゴール。
6―3での勝利に貢献。

▽2010年 
J2横浜FC時代に富山戦でのFKが最後の国立弾。



12年周期での国立カズ弾というのは面白いですね。

これだけの年数を続けているカズだからこその記録だと言えます。

是非とも12年周期での国立カズ弾を見せてほしいですね。