FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
コロナの影響はここにも―木村拓哉主演の『BG』7月末で終了
現在放送中の木村拓哉さん主演の『BG~身辺警護人~』が、
7月いっぱいでの終了を予定していることが明かされました。

新型コロナウイルスの影響で放送開始が遅れていた『BG』ですが、
7月いっぱいで終るとすれば全7話での完結となります。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

テレビ朝日の定例社長会見が30日、都内の同局で行われた。
連続ドラマの編成について、
西新取締役は現在放送中の4月期作品は
7月いっぱいで終了する見通しを明かした。

新型コロナウイルスの影響による撮影中断や放送休止のため、
4月期作品の終了時期は
「7月いっぱい。1カ月遅れるのではないかと思っている」と説明。
「次のクールのドラマは8月アタマから。
(編成時期のズレは)上期である程度、調整がつくのでは」と、
例年なら7月期のドラマは
8月上旬からのスタートに少し放送時期が遅れるが、
微調整で済むとの見方を示した。

4月期作品では、
4月中にスタートしたものもあったが(その後撮影と放送を中断)、
木村拓哉主演の「BG~身辺警護人~」は
放送開始が2カ月遅れ、6月18日にスタート。
初回の世帯視聴率17・0%の滑り出しに、
西取締役も「いいスタートができた。好評をいただいた」と話したが、
「7月いっぱいでの終了を予定している。
(撮影の)中断があったので当然、調整はあると思う。
通常よりは少ない」と話した。
仮に7月30日まで放送されれば、全7話となる。



記事にもあるように、『BG~身辺警護人~』は視聴率が好調です。

コロナの影響で「傑作選」を放送していたことが功を奏した感があります。

思わぬ形ではありましたが、
実に良い流れで新シリーズがスタートできたのではないでしょうか。

だからこそ早期で終了してしまうのは残念ですね。

しかしながら仕方のないこともありますので、
早期で終了する分だけ濃密な内容になることに期待しましょう。






スポンサーサイト



辿り着いた節目―巨人がプロ野球初の6000勝に到達
6月19日、プロ野球の開幕戦が行われ、
阪神と対戦した巨人は3対2で勝利し、
プロ野球史上初となる球団通算6000勝を達成しました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

<巨人3-2阪神>◇19日◇東京ドーム

巨人が開幕戦で阪神に勝利し、
プロ野球史上初の球団通算6000勝を達成した。
球団初勝利は、
36年7月3日大東京戦で畑福俊英、スタルヒンのリレーで10-1で快勝。
昭和、平成、令和と時代は移ろいながら、
昭和のV9、平成の2度のリーグ3連覇(07~09年、12~14年)など、
リーグ37度の優勝を誇る常勝軍団が新たな歴史を刻んだ。

指揮を執る原辰徳監督(61)は5000勝(07年5月2日の中日戦)、
5500勝(13年5月25日のオリックス戦)に続き、
球団のメモリアル勝利をマークした。
監督通算では球団歴代3位の1025勝目で、
今季は同2位の1034勝の長嶋茂雄氏、
同1位の1066勝の川上哲治氏超えを視界にとらえる。

◆川上、長嶋、原の勝利数比較 
原監督は現役時代に1697試合出場。
選手で出場した試合のチームは907勝720敗70分けだった。
99~01年の1軍コーチ時代に228勝、
監督で1025勝しており、選手とコーチ、監督を合わせて2160勝に貢献。
監督の勝利数はチーム3位で、
「選手+コーチ+監督」の勝利数も川上の2473勝、
長嶋の2291勝に次いでチーム3位。

▼巨人長嶋終身名誉監督
「6000勝の中には、歓喜の1勝も、苦しみ抜いて勝ち取った1勝もありました。
巨人軍の長い歴史には常にファンの方々の大声援があり、
苦しい時も背中を押していただき、勇気をもらいました。
新型コロナウイルスの影響で無観客での開幕になりましたが、
ファンの方あってのプロ野球であり、6000勝はまだまだ通過点です。
今年はリーグ連覇、そして昨年果たせなかった
日本一奪回という目標に向かってまい進してください」

▼ソフトバンク王会長
「原監督、コーチ、選手、スタッフの皆様、通算6000勝おめでとうございます。
86年という長い巨人軍の歴史の中で、
多くの方たちの努力が1つずつ積み重なった結果だと思います。
巨人は常に勝利を求められる特別な球団です。
新型コロナウイルスによって無観客試合になりましたが、
野球をできることに感謝し、これからもファンに愛され、
ファンの皆さんとともに歩んで行って下さい」

◆巨人の通算勝利データ

1勝   36年7月3日 大東京(戸塚)10-1 畑福俊英 藤本定義

500勝  46年5月12日 阪急(後楽園)1-0 藤本英雄 藤本英雄

1000勝 52年8月8日 広島(旭川)7-0 藤本英雄 水原茂

1500勝 58年8月10日 大洋(川崎)8-2 堀内庄 水原円裕

2000勝 65年7月25日 中日(中日)2-1 宮田征典 川上哲治

2500勝 71年7月29日 広島(広島)8-5 山内新一 川上哲治

3000勝 79年4月9日 中日(後楽園)8-2 堀内恒夫 長嶋茂雄

3500勝 86年8月2日 広島(広島)2-0 加藤初 王貞治

4000勝 93年5月30日 中日(東京ドーム)4-3 桑田真澄 長嶋茂雄

4500勝 00年6月3日 中日(ナゴヤドーム)11-4 上原浩治 長嶋茂雄

5000勝 07年5月2日 中日(ナゴヤドーム)5-3 林昌範 原辰徳

5500勝 13年5月25日 オリックス(東京ドーム)3-2 山口鉄也 原辰徳

6000勝 20年6月19日 阪神(東京ドーム)3-2 菅野智之 原辰徳

※データは、
 左から順に勝利、年月日、相手(球場)、スコア、勝利投手、監督



6000勝というのは途方もない数字です。

他の球団が次に6000勝に到達するとすれば、
どんなに早くとも数年は掛かるはずです。

このことからも分かるように、
巨人は日本プロ野球界のトップランナーであります。

これからも巨人はトップランナーとして、
日本プロ野球界を引っ張っていってくれることでしょう。






モータースポーツファンの溜息―2020年のF1日本GP開催中止が発表
新型コロナウイルスの影響により、
10月9~11日に開催する予定だった
F1日本GPが中止されることが発表されました。


このことに関する記事が『オートスポーツweb』に掲載されていたので以下で紹介します。

モビリティランドは6月12日、
鈴鹿サーキットで10月9~11日に開催する予定だった
F1日本GPの中止を発表した。
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が
国内最大のモータースポーツイベントにも波及するかたちになってしまった。

初の予定では鈴鹿サーキットを舞台に争われる
2020年のF1日本GPはシーズン第18戦として
10月9~11日にスケジュールが予定されていた。

しかし、2020年のF1は
世界中で感染が拡大した新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で
3月13日~15日に予定されていた開幕戦オーストラリアGPが
レースウイーク初日となる13日の当日朝に中止が発表される事態があった。

第2戦以降も中止や延期でシーズンの開幕が4カ月以上遅れ、
ようやく今月に入り、7月3~5日にオーストリアでシーズン初戦を迎え、
その後ヨーロッパを中心に前半の8戦を開催予定であることが
F1主催者から発表されたばかりだった。

現在発表されている第8戦までは
オーストリア、ハンガリー、イギリス、スペイン、ベルギー、イタリアと、
すべてヨーロッパ圏の開催で構成され、
その後のフライアウェイとなるアジア圏、
アメリカ大陸圏での開催については未発表になっていたが、
6月12日、今年のF1日本GPの開催中止が
正式にアナウンスされることになってしまった。

12日、モビリティランドは
「2020 FIA F1世界選手権シリーズ
ピレリ日本グランプリレースの開催中止について」と
題したプレスリリースを発表し、
「国内外における新型コロナウイルスの感染拡大状況や
各地域での防止対策などを踏まえ、慎重に検討を重ねて参りましたが、
現段階で海外からの渡航に関する規制解除の見通しが立っていない
社会状況および国際的に大規模な移動を伴うイベントの特性を鑑み、
開催中止を判断いたしました」と
2020年のF1日本GP中止を決めたとアナウンスした。

新型コロナウイルスの影響で日本で行われる予定だった
モータースポーツの世界選手権イベントの予定が変更されるのは、
10月末に富士スピードウェイで開催予定だったWEC世界耐久選手権の延期、
ツインリンクもてぎで開催予定だった
2輪レースの最高峰MotoGPの中止に続いて3大会目となる。

F1日本GPは1976年に初開催され、
1978~1986年の中断期間を挟んで
1987年から鈴鹿サーキットで再開された際には中嶋悟のF1参戦、
そしてアイルトン・セナ、アラン・プロストとホンダの活躍によって
国内に一大F1ブームを巻き起こした。

その後、富士スピードウェイ(2007~8年)を経て、
ふたたび鈴鹿サーキットで開催され、
日本のモータースポーツの象徴的なイベントとして
F1日本GPは歴史を重ねてきた。
世界的に見ても鈴鹿サーキットはS字やスプーンカーブ、
高速の130Rといった最難関のコーナーを併せ持つ
ドライバーの技術を試すテクニカルサーキットとして知られ、
F1を戦うドライバーからも評価の高いコースとして知られている。

2020年のF1は、
昨シーズン3勝を挙げてドライバーズランキング3位に入った
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が
シリーズチャンピオンの最有力候補のひとりと目され、
3年連続、7度目のチャンピオンを狙う
ルイス・ハミルトン(メルセデス)との戦いがファンの注目を集めていた。

レッドブル・ホンダのシーズンを通しての優勝争い、
そして特にホンダのホームレースである日本GPでは
1991年のゲルハルト・ベルガー(マクラーレン・ホンダ)以来となる
母国優勝に期待がかかっただけに、
日本のレースファンにとっては残念なニュースとなってしまった。



モータースポーツファンの溜息が聞こえてくるかのようなニュースです。

ヨーロッパでの開催はされるのに日本では…、
という部分に疑問を感じるファンは少なくないでしょう。

とにかく残念なニュースです。






本当に良かった―笠井アナ、悪性リンパ腫が「完全寛解」
悪性リンパ腫であること発表し闘病中だったアナウンサーの笠井信輔さんが、
サンケイスポーツの取材に対し「完全寛解」したと明かしました。


この『サンケイスポーツ』に掲載された記事は以下の通りです。

血液のがんの一種、悪性リンパ腫の闘病から4月30日に退院、
仕事復帰した元フジテレビのフリーアナウンサー、笠井信輔(57)が4日、
本紙の電話取材に
「きょう主治医から
『完全寛解です。普通に仕事をして大丈夫』と診断されました」と明かし、
「やったー!という思いです」と喜びを爆発させた。

「一時は死を覚悟した」という昨年12月からの入院。
抗がん剤治療の副作用に耐えて5カ月半が過ぎた。
「がんはすべて消えたそうです。
お酒もOK。妻や息子たちはまだ許してくれませんが…」と笑った。

最近は3キロ以上の早朝散歩や筋トレで体力回復を目指している。
「すぐ足がむくむし、まだ指のしびれもある。
コロナ禍でもあるし、今月いっぱいはゆっくりして、
7月からあわてず本格的にメディアの仕事を再開させたい」と前を向いた。



本当に良かったですね。

最悪のケースもあると明かした上で、
この病への戦いを世間に発信し続ける姿は、
まさに勇ましいものでありました。

そしてその戦いに勝ったのです。

カッコいいですね。

病気を明かした際に笠井アナの話を聞いていて、
この人は本当に仕事に熱中する人なんだということがよく分かりました。

だからこそ、これからは無理をせず、
上手く仕事と付き合っていって欲しいですね。






ファンの熱い思い―夏の甲子園の開催を願う署名、高野連に提出
夏の甲子園開催願う署名が1万1058人分集まり、高野連に提出されました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

ジュニアアスリートをトレーニングでサポートする
「アスリートワークス社」(大阪市)の徳丸博之代表(50)が19日、
大阪市内の日本高野連に今夏の甲子園大会開催を求める署名を届けた。
今月15日から署名活動を始め、この日、午後2時現在で
目標の1万人を大きく超える1万1058人の署名を集めた。

新型コロナウイルス感染の影響で中止の方向性は決定しているが
「決定は日本高野連なので、尊重するべきもの。
子ども達のことを考え、何かのきっかけになればいいと思った」と
狙いを話した。
明星(大阪)で甲子園大会出場を目指し、
86、87年の大阪大会に出場した元球児のもとには
北海道から沖縄まで日本全国に加え、
シンガポールなど海外在住者からも署名が届いた。
日本高野連は20日に選手権大会の運営委員会を開き、
その後の会見で中止を発表する見込みだが
「どうしても開催してくれ…ではなく、
一つの声を伝えて、判断いただきたいと思った」と思いを口にした。



このコロナ禍の影響で様々なアマチュアのスポーツ大会が中止されましたが、
やはり夏の甲子園だけは別格だと言えるでしょう。

先日、
夏の甲子園が中止にすることに伴う経済的損失は
約672億円と試算されていましたが、
改めて夏の甲子園の影響力と人気の大きさには驚かされます。

ファンの率直の思いを言えば開催して欲しいところですが、
現実問題として難しいというのが事実でしょう。