cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
王者の帰還―羽生結弦 金メダルで66年ぶりの五輪連覇
2月17日、平昌オリンピックの男子フィギュアのフリーが行われ、
羽生結弦選手がソチオリンピックに続いての金メダルを獲得しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇平昌冬季五輪 
フィギュアスケート男子フリー(2018年2月17日 韓国・江陵アイスアリーナ)

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが江陵アイスアリーナで行われ、
ソチ五輪・金メダルの羽生結弦(23=ANA)が206・17点をマーク。
前日のショートプログラム(SP)111・68点と合わせ、計317・85点で金メダルを獲得。
五輪男子66年ぶりの2連覇を達成した。
これが日本の今大会金メダル第1号。
宇野昌磨(20=トヨタ自動車)も計306・90点で銀メダルを獲得し、
日本フィギュア史上初のワンツー表彰台となった。

昨年11月のNHK杯の公式練習中に右足首を負傷し、
今大会が同10月のロシア杯以来約4カ月ぶりの実戦復帰となった羽生。
SPでは3つのジャンプをしっかり着氷し、
自己の持つ世界歴代最高112・72点に迫る111・68点をマークし首位発進。

フリーでも冒頭の4回転サルコーを見事に着氷し、前半は危なげなくジャンプを決めた。
ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半の4回転トーループでは
大きくバランスを崩したが転倒せず。
最後のジャンプとなった3回転ルッツでも前のめりとなったが、
きっちりと滑り切って206・17点をマーク。
合計317・85点で優勝した。

自己ベストに肉薄する104・17点をマークしSP3位だった宇野は、
フリーで冒頭の4回転ループで転倒したものの執念で立て直し202・73点。
合計306・90点で、
SP2位の元世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン=26)をわずか1・66点上回り、
銀メダルを獲得した。
銅メダルはフェルナンデス。

五輪初出場の田中刑事(23=倉敷芸術科学大大学院)は
SP80・05点、フリー164・78点をマークして、合計244・83点。
フリーでは五輪ではまだ1度も決まっていなかった4回転サルコ―は
冒頭で見事に着氷し、意地を見せ、18位だった。」


本当に出来過ぎの展開です。

漫画の主人公だってこんなに上手くはいきません。

そんなあり得ないことを、現実にやってのけてしまうというのですから驚きです。

絶対王者の五輪の舞台への帰還は必然の事であり、
金メダル獲得はなるべくしてなったことだったと言えます。





スポンサーサイト
お楽しみの始まり―『クソ野郎と美しき世界』の撮影がクランクイン
2月14日、
SMAPの元メンバー3人(草彅・稲垣・香取)が主演する
映画『クソ野郎と美しき世界』の撮影がクランクインしました。

このクランクイン初日には、
草彅剛さんと映画に出演する尾野真千子さん、
そして監督と脚本を務める爆笑問題の太田光さんの3人による会見も行われました。


このことに関する記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「元SMAPの草なぎ剛(43)、女優の尾野真千子(36)、
お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(52)が
オムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」(4月6日から2週間限定公開)の
クランクイン初日に報道陣の取材に応じた。

映画「クソ野郎と美しき世界」は4つのエピソードに分かれたオムニバス形式で、
草なぎは爆笑・太田が監督と脚本を担当したエピソード「光へ、航る」で主演。
撮影は14日に埼玉県内でクランクインした。

物語は草なぎ演じる夫「オサム」と尾野演じる妻「裕子」が、
事故で亡くした息子「航」の「右手」を探す旅に出かけるというストーリー概要だが、
全容は明らかになっておらず、謎を残す。

囲み会見では太田監督が大はしゃぎ。
フォトセッションでは“芸人・太田光”の表情で、
次々と芸人ポーズを決めて「芸人だからつい面白いポーズをしちゃう」と頭をかいた。
脚本完成には紆余曲折もあったそうで「飯島(I女史)と相当もめた。飯島を呼べ!」と、
会見場にいる飯島元SMAPマネジャーをイジる暴走ぶり。
爆笑をさらった。

ジョークを連発した太田監督だが、作品のデキには自信を見せる。
初日から重要なシーンを撮影し
「2人が最高で1発目から名シーンが撮れました。
これからもいろいろと撮影があるが、成功は確信しています」ときっぱり。

草なぎも
「前から(香取)慎吾と(稲垣)吾郎ちゃんとは『映画やりたいね』と話していたんです。
それぞれがエピソードで主演し、最後のエピソードで3人が揃う。
ラストだけど、
またそこから前に進んでいくような気もする映画で完成が楽しみです」と期待を口にした。
続けて
「シナリオを見ても、やっぱり太田監督は天才だと思う。
起承転結もしっかりしているし、太田さんのブラックユーモアもひそかにちりばめられている。
慎吾も吾郎ちゃんも褒めていた」と大絶賛した。

尾野も
「オファーを受けた時、太田さんが脚本を書くということですぐに決めました。
台本も読んでなくて決めました」と明かした。

2人からのお褒めの言葉に太田監督も
「本当? やっぱりそうだよね」とニヤけ顔だった。」


製作が発表された当初から注目されているこの『クソ野郎と美しき世界』ですが、
爆笑問題の太田さんが監督と脚本を務めるという事で、
自分的には期待度が更に高まりましたね。

今から4月の公開が楽しみです。





異例の人に与えられた栄誉―羽生善治、井山裕太に国民栄誉賞授与
2月13日、将棋の羽生善治さんと囲碁の井山裕太さんに国民栄誉賞が授与されました。


このことに関する記事が『時事通信』に掲載されていたので以下で紹介します。

「政府は13日夕、
将棋で史上初の永世7冠を達成した羽生善治氏(47)と、
囲碁で初めて2度の7冠独占を果たした井山裕太氏(28)に国民栄誉賞を授与した。

安倍晋三首相は首相官邸での表彰式で
「歴史に刻まれる偉業を達成し、
多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた」と
2人をたたえ、表彰状と盾を手渡した。

将棋、囲碁の棋士の受賞は初めて。
表彰式後、2人は東京都内でそろって記者会見し、
羽生氏は
「棋士として引き続き前向きに進んでいかなくてはいけないと決意を新たにした」と語った。
井山氏は
「受賞は今後への期待と解釈している。
少しでも成長していけるよう努力していく」と話した。

表彰式には棋界の関係者に加え、羽生氏の長女舞花さんも出席。
受賞者2人には記念品として、
「7冠」にちなんだ「七宝彩釉群鶴文硯箱(しっぽうさいゆうぐんかくもんすずりばこ)」と、
硯、筆、墨が贈られた。
2人はお礼の品を首相に返した。

羽生氏は昨年12月、新タイトル「叡王」を除く7大タイトル全てで永世称号を獲得。
井山氏は同10月の名人位奪還により2度目の7冠独占を成し遂げた。

国民栄誉賞は
「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与え」た人を対象に、1977年に創設された。
スポーツや芸能の分野を中心に過去に23人と1団体が受賞している。」


羽生さんと井山さんは、日本の将棋界、囲碁界において異例と呼べる活躍を見せました。

その活躍は他を寄せ付けない圧倒的なものでした。

そんな2人に国民栄誉賞が与えられたことは、
これからの将棋界と囲碁界の発展に繋がる出来事だといえます。

素晴らしいことです。





熱い冬の戦いの始まり―「平昌五輪」開会式、日本は葛西が旗手を務める
2月9日、「平昌五輪」の開会式が行われ、
日本選手団は旗手であるスキージャンプの葛西紀明選手を先頭に入場しました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「平昌五輪・開会式」(9日、平昌五輪スタジアム)

日本は62番目に行進した。
8日の男子ノーマルヒル予選を20位で通過した葛西紀明(45)=土屋ホーム=が、旗手を務めた。
8日の競技で日本史上最多8大会連続五輪出場が正式に公認されたレジェンドは、
日の丸の国旗を大きく振り、大役を見事に務めあげた。

葛西に続きスキー、スノボ勢は
ジャンプ女子の高梨沙羅(21)=クラレ=、伊藤有希(23)=土屋ホーム=、
モーグルの世界王者、堀島行真(20)=中京大=、
スノーボードの鬼塚雅(19)=星野リゾート=ら主力選手ら多数が参加。
カーリングも男女代表が全員出席した。

開会式に出席した安倍晋三首相も日本選手の入場時には席を立って手を振っていた。

一方、スピードスケート、フィギュア、ショートトラックのスケート勢と、
バイアスロンなどはコンディション調整のため、
選手の参加はゼロだった。

大会は92カ国・地域、約2900人が参加し、
25日まで7競技、最多の102種目が実施される。」


遂に開幕しましたね。

日本はメダルが期待できる競技も多数あり、期間中は毎日盛り上がりそうです。

がんばれニッポン!





レジェンドの意地―葛西紀明がオリンピック出場メンバーに滑り込み
2月7日、出場できる4人を選ぶ選考会を兼ねた公式練習が行われ、
その結果、葛西紀明選手ががオリンピック出場メンバーに滑り込みました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ノルディックスキー・ジャンプ男子で、
日本歴代最多の8度目の五輪出場となる葛西紀明(45)=土屋ホーム=が7日、
平昌五輪試合会場のアルペンシア・ジャンプセンターで8日に予選が行われる
ノーマルヒル(K点98メートル、ヒルサイズ109メートル)の公式練習に臨んだ。

日本選手は5人のうち出場できる4人を選ぶ選考を兼ねて挑み、
葛西は1本目が98メートルで日本選手5人中最下位に終わると、
2本目も96メートルで5人中4番目と、メンバー落ちの危機に瀕した。
しかし、3本目は98メートルで3番手に食い込み、
公式練習後の発表でなんとかメンバー入りを決めた。

すべての試技を終えた葛西は一度、素通りする素振りを見せた後、
苦笑いで取材に応じ
「いや~しょっぱい。
しょっぱいジャンプだった。
危なかった」。
競技に出場して初めて日本歴代最多8回目の五輪出場が決まるだけに
「重圧があった。
1、2回目は脈がドキドキしていた。
2回目に終わった後、(メンバー入りは)駄目かなと思ったけど、
最後は自分のジャンプが少しはできたかな」と、ホッとした表情で話した。

葛西は8日に予選に出場、
9日は日本選手団の旗手として開会式に出席する。」


まさにレジェンドの意地ですね。

ここまで来て出場せずには帰れない、そんな強い思いが感じられます。

正直言って状態は良くないのかもしれませんが、
是非とも本番ではレジェンドらしい大ジャンプを期待したいと思います。