cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
残留という希望―ジェイの2発で札幌の16年ぶりJ1残留が決定!
11月18日、北海道コンサドーレ札幌が清水エスパルスと対戦し2対0で勝利しました。

この結果によりコンサドーレ札幌のJ1残留が決定しました。

コンサドーレがJ1に残留するのは2001年以来16年ぶりのことです。


このことに関する記事が『SOCCER KING』に掲載されていたので以下で紹介します。

「明治安田生命J1リーグ第32節が18日に行われ、
清水エスパルスと北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

ともにJ1残留を目指す両者の一戦。
清水は前節と同じ11名で臨む。
札幌は前節からスタメンを2名変更。
河合竜二が6試合ぶり、兵藤慎剛が3試合ぶりの先発となった。

11分、石川直樹のクロスをジェイが打点の高いヘディングで合わせ、
札幌が早い時間帯に先制する。
続く39分には福森晃斗のクロスから再びジェイが決めて追加点。
アウェイの札幌が2点のリードを奪い、前半を折り返す。

後半は鄭大世らを投入した清水が攻勢を強めたものの、
GKク・ソンユンを中心とした堅い守備で最後まで得点を許さず。
試合は0-2で終了した。

この結果、札幌の2001年以来16年ぶりとなるJ1残留が確定した。

次節、清水はホームでアルビレックス新潟、札幌はアウェイでガンバ大阪と対戦する。

【スコア】
清水エスパルス 0-2 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
0-1 11分 ジェイ(札幌)
0-2 39分 ジェイ(札幌)」


今期のコンサドーレ札幌の第一目標は「J1残留」でした。

なぜならば、コンサドーレ札幌は、2001年にJ1残留を果たして以来、
J1昇格を果たしても翌年には降格してしまうという流れを繰り返し来たからです。

正直言って、今のコンサドーレ札幌はJ1制覇を目指せるようなクラブではありません。

だからこそ現実的な「J1残留」という目標を達成させることが大事だったわけです。

もちろんこの目標を達成したからと言って、今季の戦いが終わったわけではありません。

コンサドーレ札幌には、少しでも上を目指して、最後まで死力を尽くしてほしいと思います。





スポンサーサイト
奴らが帰ってきた―稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾がパラリンピック・スペシャルサポーターに就任
稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人が、
パラリンピック・スペシャルサポーターに就任したと発表されました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本財団パラリンピックサポートセンターは15日、
元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が
スペシャルサポーターに就任したことを発表した。

3人は今後、パラスポーツを盛り上げていくための様々な活動を行う。
まずは、来年3月4日に駒沢オリンピック公園陸上競技場で
開催予定の「パラ駅伝 in Tokyo 2018」の応援に駆けつける。

また、香取はパラサポのキーメッセージである「i enjoy!」をテーマに描いた記念壁画を
実物大のレゴブロックを使って再現するプロジェクトを開始。
「パラ駅伝 in Tokyo 2018」でお披露目する予定となっている。

香取ら3人は
SMAPとして「日本財団パラリンピックサポートセンター」の公式応援サポーターを務めていたが、
グループが解散するのに伴い応援役を辞退しており、3人にとってはサポーター“復帰”となる。

3人のコメントは以下の通り

▽稲垣吾郎
「パラサポのスペシャルサポーターに就任させていただくことになり、とても光栄に思います。
パラスポーツを通して皆さんに感動を伝え、笑顔になっていただけるよう、
僕たちも出来ることを模索しながら、色んなことに挑戦していきたいです。
宜しくお願いします!」

▽草なぎ剛
「パラサポのスペシャルサポーターに就任させてもらうことが出来て大変うれしく思います。
僕らも色々と勉強しながらパラスポーツをさらにたくさんの人に知ってもらえるよう、
頑張っていきたいと思います。
また、選手の皆さんのパワーを近くで感じながら一生懸命応援していきたいと思います。」

▽香取慎吾
「約2年前にパラサポのオフィスに壁画を描かせていただきました。
今回こうしてパラサポのスペシャルサポーターを務めることが出来てとても嬉しいです!
スペシャルサポーターということで、
パラスポーツにもっと関われることもとても楽しみでうれしいです。
選手やスタッフ、応援してくれるファンのみなさんと一緒に思いっきり楽しみたいです!」」


このサポーターという肩書はSMAPのメンバーにこそふさわしいものだったと言えます。

人々の心の支えになり、華やか大会を盛り上げてくれるのはSMAPしかいない、
この思いは日本国民の多くの人が感じていたことでしょう。

しかし突如としてSMAPは解散してしまい、
この多くの国民の思いは叶う事のないままに終わるものかと思っていましたが、
事務所独立を果たした3人がスペシャルサポーターとして戻ってきました。

これはファンならずとも喜ばしい事です。

是非ともこの3人には、人々の心の支えになり、華やか大会を盛り上げていってほしいと思います。





紅白に降臨するコントの天才―紅白の司会に内村光良が起用される
『第68回NHK紅白歌合戦』の総合司会に内村光良さんが起用されることが決定しました。

NHKのアナウンサー以外が総合司会を務めたケースはそれほど多くなく、
今回の起用はまさにサプライズであったといえます。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(12月31日後7・15~11・45)の総合司会が
ウッチャンナンチャンの内村光良(53)、
紅組司会が女優の有村架純(24)、
白組司会が嵐・二宮和也(34)に決まった。
13日、公式サイトで発表された。
NHKのアナウンサーを除くと、
紅白の総合司会を務めたのはタモリ(72)みのもんた(73)黒柳徹子(84)ら数人。
サプライズ起用の内村に注目が集まる。

内村は初、
有村は2年連続、
二宮は嵐として2014年まで5年連続で司会を務めたが、単独は初。
昨年の相葉雅紀(34)に続いた。

内村の起用理由について、
NHK制作局エンターテインメント番組部部長の井上啓輔氏は、
内村が12年から座長を務めるコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」で
「これまでになかった新しい風をNHKに吹き込んでくれました」と高く評価し
「さまざま番組での司会経験を存分に発揮していただき、
今年の紅白全体を盛り上げていただきたいと考えています」と
ベテラン芸人の経験値に期待した。

今年4~9月に連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインを好演した有村については
「今年は、ヒロイン・谷田部みね子として、日本中に笑顔と夢を届けてくださいました。
きっと紅組を力強く引っ張っていただけるものと考えています」、
二宮については
「持ち前の明るく親しみやすいキャラクターで、
白組を盛り上げていただきたいと考えています」とコメントした。」


内村さんとNHKといえば、やはり『LIFE!~人生に捧げるコント~』です。

まだ出場歌手は発表されていませんが、
たぶん『LIFE!』出演者である星野源さんは出場するでしょうから、
紅白のステージでの2人のやり取りが注目されます。

また、たびたび『紅白』の舞台に現れる「イカ大王」の出現も注目を集めるところです。

今年の『紅白』は面白くなりそうです。





天井知らずの才能―日本ハムが大谷のポスティング移籍を容認
11月10日、日本ハムファイターズが、
大谷翔平選手のポスティングシステムを利用してメジャー移籍をすることを容認しました。


このことに関する記事が『ベースボールチャンネル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「北海道日本ハムファイターズは10日、
大谷翔平投手のポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍を正式に表明し、
同システムを用いた米球界挑戦を容認した。

同日には日本ハムの竹田憲宗社長と栗山英樹監督が
東京都内のホテルで記者会見を開き、大谷の挑戦に期待を寄せた。

竹田社長は
「来シーズンからMLBに活躍の場を移したい、
メジャーで世界一になるという夢の実現に挑戦したいポスティングシステムを利用すると承諾した。
ファイターズだけではなく、日本の宝として、
代表として夢の実現に一歩踏み出すために背中を押してあげるのが球団の方針です」と話した。

また、会談の際の大谷を
「表情は輝いていた。
世界に向けてはばたくぞという意気込みを感じられた」と伝えた。

「メジャーでも二刀流で活躍することで、日本のファンが夢や感動を覚える。
大谷選手のようになりたいと思える活躍をメジャーでしてほしい」と本人に話したようだ。

そして、入団から大谷を見守り続けた栗山監督は
「世界一の選手になることを信じている。
でも、まだまだ僕が思っている大谷翔平の天井はこんなところじゃない。
今までは何かあれば手を下せたが、今後はファンの人と一緒に見守っていきたい」と話した。

また、球界で前代未聞となった二刀流については
「球団全員が彼の力をぶれることなく信じていた。
一番大変だったのは本人だと思う。
今までは勝手にイメージ膨らませてましたけど、
それを超えた翔平の姿が見れるかもしれないので期待してます」と語った。

「これからはもっと厳しく文句言うぞ。
メジャー挑戦はそんな簡単な道じゃない。
成長するために必要な要素はまだある。
離れたからって文句言われないと思うなよ。
自分がしっかりしていないと方向性が出ない。
楽しみもそうですけど、心配も大きい」とも続け、親心をのぞかせた。」


栗山監督の言うように、大谷選手の天井はまだまだこんなものではないでしょう。

天井知らずのその才能が向かう先は世界一のプレイヤーというゴールです。

大谷選手であればその高みに必ずたどり着くことが出来るはずです。





一つの時代の終わり―フジテレビ『みなおか』&『めちゃイケ』が来春終了へ
フジテレビの『とんねるずのみなさんのおかげでした』と『めちゃ×2イケてるッ!』が、
来年春をもって放送終了するとの報道がありました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「フジテレビの看板番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・00)と
「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後8・00)が来年3月で終了することが2日、分かった。
「みなおか」が前身番組から数えて30年、「めちゃイケ」が22年の歴史に幕を下ろす。
テレビ史に刻まれる2大バラエティーの同時終了は
「笑っていいとも!」終了以来の衝撃を呼びそうだ。

「バラエティーのフジ」をけん引する存在だった2番組。
「みなおか」は人気キャラクターや名物コーナーを送り出した。
番組から生まれたユニットがNHK紅白歌合戦に出場するなど、局の枠を超えてブームをつくり、
90年代には平均視聴率20%を超え「オバケ番組」と呼ばれた。
「めちゃイケ」は斬新なコントや体を張った企画で若者のハートをキャッチ。
04年10月には歴代最高となる視聴率33・2%を記録した。

そんな国民的2番組がなぜ来年3月に終了するのか。
ともに近年は視聴率争いで苦戦。
5%台に落ち込むこともあり、改編期になると終了がささやかれていた。
一方、かつて12年連続で視聴率3冠王を獲得したフジテレビも、視聴率の不振で業績が低迷。
6月に亀山千広前社長に代わって就任した宮内正喜新社長の下、
どんな大ナタを振るうか注目されていた。

そんな中、来年4月に大改編を断行することを決断。
20年以上にわたってフジテレビを支えてくれた2番組を終了させるのは難しいとの見方もあったが、
「局の復活のためには聖域なき改革が必要」(同局関係者)という覚悟のもと、苦渋の決断に至った。

「めちゃイケ」は4日の番組内で終了を発表するとみられる。
番組の終了発表は約3カ月前が通例だが、約半年前に発表することになる。
「みなおか」も近く発表することになりそうで、関係者は「残り半年を盛り上げていきたい」と説明。
功労者の「花道」を準備し、盛り上げるために早めたようだ。
14年3月に終了した「笑っていいとも!」と同様、
2番組は今後、有終の美を飾るべくラストスパートに入ることになる。

「みなおか」は88年に「とんねるずのみなさんのおかげです」としてレギュラー放送がスタート。
ゴールデン・プライム帯の最長寿バラエティー番組として親しまれている。
「めちゃイケ」は96年10月にスタート。
ナインティナインのほか、極楽とんぼやよゐこら人気者がレギュラー出演する。

「いいとも」「SMAP×SMAP」に続く、2大番組の終了。
視聴者に一つの時代の終焉(しゅうえん)を思わせそうだ。」


この2番組の放送終了の噂は絶えませんでしたが、どうやら今回は本当のようです。

記事にもあるように、まさにこれは「一つの時代の終焉」であります。

終了に向け、この2番組がどのような内容の放送をしていくのかにも注目が集まります。