FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ヒーローたちの英断―バルセロナ、主将メッシが70%の給与削減受け入れ
FCバルセロナの選手たちが給与70%の削減を受け入れることを発表しました。


このことに関する記事が『GOAL』に掲載されていたので以下で紹介します。

バルセロナの主将FWリオネル・メッシが、
新型コロナウイルスの感染拡大でクラブの財政が圧迫されるなか、
選手たちが給与70%の削減を受け入れることを発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大によって非常事態宣言が出されたスペインで、
バルセロナ首脳陣は今季の減収が見込まれるために
非常事態下における月々の人件費を70%削減することを目指していた。
各スポーツ部門が受け入れる中、
フットボールのトップチームが難色を示していたとも報じられていたところだ。

そしてメッシは30日、
選手陣を代表してクラブの提案を受け入れたことを声明で発表。
さらに選手陣が、
自分たちより収入が低い
バルセロナの従業員の給与を削減させないために尽くすとも記している。

「この非常事態下で、
バルセロナのフットボール部門のトップチームについて色々なことが書かれ、
話されてきました」

「まず何よりも、私たちには
受け取っている給与の削減に同意する意思があったことを明らかにします。
なぜなら、現在の私たちは例外的な時期を過ごしており、
そして選手陣はクラブから頼まれ事をされたときに、
“いつだって”最初にそれを支持してきたのですから。
それだけでなく、選手陣は必要や重要とされる多くの物事に対して、
自ら進んで取り組んできたのです」

「だからこそ、クラブ内部で私たちに焦点を当てて、
私たちが間違いなく取り組むはずであったことをさせようと
プレッシャーをかけていた人物がいることに驚きを隠せません。
実際、合意が遅れてしまったのは、
これほどの難しい時期に
クラブと従業員を助けるための結論を探していたためなのです」

「私たちは非常事態下における給与の70%削減を受け入れるだけでなく、
クラブの従業員がこの厳しい状況の間にも
100%の給与を受け取れるように貢献することを発表します」

「私たちがここまで口を開かなかったのは、
クラブの、そしてこの状況下で一番損害を受ける人々の
本当の助けとなる解決法を探していたためです」

「そして、とても厳しい時期を過ごしている
すべてのクレ(バルセロナサポーター)に愛情のこもった挨拶、
励ましをせずに、この声明を終わらせるわけにはいきません。
誰もがそれぞれの自宅で、落ち着きを保ちながら、
この厳しい日々の終わりを待ち望んでいます。
私たちは、もうすぐこの窮状から脱することでしょうし、
全員で頑張っていきましょう。
万歳バルサ! 万歳カタルーニャ!」

なおメッシのこの声明に記された
「クラブ内部で私たちに焦点を当てて、
私たちが間違いなく取り組むはずであったことをさせよう、
プレッシャーをかけていた人物がいることに驚きを隠せません」との部分は、
メディアに対して自分たちが給与削減を望んでいないと
吹聴していた人物がいるとの指摘であり、
クラブ幹部への不信感を露わにした格好となった。

また70%の給与削減はあくまで非常事態下における月々の支払いであり、
例として年俸120万ユーロの選手で単純計算をすれば、
該当月に支払われる額が10万ユーロではなく3万ユーロとなる。



スポーツ選手とは人々を歓喜させ元気付ける代表のような存在です。

今現在、このような状況にあって、
自らのプレーで人々を喜ばせることが出来ないのは
スポーツ選手にとって辛いところでしょう。

そのような状況で、
再び人々を喜ばせることが出来る態勢が整うその日まで、
自らの身を削っていこうというのですから頭が下がります。

まさしくヒーローたちの英断だったと言えます。






スポンサーサイト



やむを得ない事か―プロ野球4・10開幕を断念へ
最短での開幕日として4月10日が検討されているプロ野球ですが、
世間的な状況を鑑みて10日の開幕は非常に厳しい情勢となっています。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

新型コロナウイルスの影響で
プロ野球の公式戦開幕が当初予定されていた
3月20日から延期となった問題で、
最短の開幕日候補に設定されている4月10日の公式戦実施が
厳しい状況であることが19日、分かった。
日本野球機構(NPB)と12球団は、
感染状況を示す数値の安定と万全な準備を公式戦開催の条件としており、
10日の開幕には慎重論が多い。
「4・10」を断念した場合は4月中旬以降の開幕を模索することになる。

12日の代表者会議では4月10日以降の開幕を目指す方針が示されたが、
斉藤コミッショナーは
「事態が流動的なため一定の日にちを確定的に申し上げることはできない」と
状況を見極める考えを示していた。
開幕日の10日前には実施可否を決断するが、
残り10日余りで感染状況が劇的に改善する見通しは立っておらず、
「4・10」は時期尚早とする声が上がっている。

17日の営業担当者会議では、
10、14、17、21、24、28日を開幕日の候補として日程を作成。
10日開幕を断念した場合は、残りの日程案から開幕日を検討する。
すでに日本シリーズを11月下旬に遅らせて
公式戦143試合を実施する方針を固めているが、
開幕が4月半ば以降にずれ込むと日程がさらにタイトになる。
そのため、クライマックスシリーズ(CS)を短縮し、
第1ステージ(S)を最大3試合から1試合、
最終Sを6試合から4試合にするなどの対応がとられる見通しだ。

この日はNPBと12球団で「開幕準備会議」を行い、
サーモグラフィーや消毒剤などの準備状況について情報共有。
NPBの井原事務局長は
「準備を整えないといけないし、感染状況を見極めないといけない。
両方合わさって初めて開幕、となる」と話した。
10日の開幕可否は、
23日の「新型コロナ対策連絡会議」で専門家からの意見を踏まえた上で、
3月中に決まる見通し。
物資の準備や観客への啓発などの感染予防の環境整備と並行して、
情勢を注意深く見守りながら、適切な開幕日を見定めていく。



自粛につぐ自粛の流れがやみませんね。

これはやむを得ないこともあるわけですが、
スポーツは人々を元気づけるものだからこそやってほしいなと思うのも事実です。

いつになったら開幕するのか、待ち遠しい気持ちであります。






不安は広がる―レバンガ北海道の試合が3分前に中止に
3月14日、
川崎市とどろきアリーナで行われる予定だった
川崎ブレイブサンダースとレバンガ北海道の試合が、
レバンガ北海道の3選手が発熱したことにより中止になりました。


このことに関する記事が『北海道ニュースUHB』に掲載されていたので以下で紹介します。

新型コロナウイルスの影響でシーズンを一時中断し、
3月14日から無観客で再開した
プロバスケットBリーグ1部・レバンガ北海道の試合が、
選手の発熱で開始直前に中止となりました。

中止になったのは3月14日午後6時から
神奈川県の川崎市とどろきアリーナで行われる予定だった
川崎ブレイブサンダース 対 レバンガ北海道の試合です。

開始の3分前に中止が発表されました。

Bリーグによりますと、レバンガの3選手が発熱していたため。

3人はマーク・トラソリーニ選手、ケネディ・ミークス選手、市岡ショーン選手です。

トラソリーニ選手は朝の検温で37.1度の熱があり、
会場入りした時点でミークス選手は37.3度、
市岡選手37.1度の熱があったということです。



新型コロナウイルスに関する不安は収まるどころかドンドンと拡大しています。

そういった中で、無観客ではあるものの、Bリーグが復活したわけですが、
こういったニュースを見てしまうとやはり怖いなという思いが出てきてしまいます。

我々の前に立ちはだかる「見えない敵」との戦いは、
どうやらまだしばらく続きそうです。






あのドラマが帰ってくる!―『ドラゴン桜』が15年ぶりに復活
2005年に放送され人気を博した『ドラゴン桜』が復活することが分かりました。

今年の夏に放送される予定とのことです。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載れていたので以下で紹介します。

俳優、阿部寛(55)が主演し、
2005年にヒットしたTBS系「ドラゴン桜」が15年ぶりに復活することが
9日、分かった。
今夏スタートの「ドラゴン桜2」(仮)で、
同局の看板枠である日曜劇場(日曜後9・0)で放送される。

前作は低偏差値の私立龍山高にやってきた弁護士・桜木(阿部)が、
超進学校に生まれ変わらせようと生徒とともに奮闘する姿を描き、
平均視聴率は16・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。
卓球やトランプをしながらの計算など、
東大合格のための「桜木メソッド」と呼ばれる勉強法も話題となった。

「-2」は、前作の原作者、三田紀房氏が
2018年から漫画誌「モーニング」で連載中の同名コミックが原作。
前作の10年後を描いた続編で、
龍山高を去った桜木が
再び同校からオファーを受けるところから始まる。

続編制作のきっかけとなったのが、大学入試制度改革だ。
今年でセンター試験が終了し、
次回からその後継となる大学入学共通テストが行われることが発表されている。
今までの知識量の多さより、
知識の使い方や思考力を問う問題が多くなるとされており、
誰もが平等に勝負できるテストを目前にしたタイミングで制作が決まった。

歯に衣着せぬ物言いの主人公を再び演じる阿部は
「この15年で受験生や学校を取り巻く環境は大きく変わりました。
当時の常識が、今は通用しません。
そんな現代においても、バカとブスほど東大に行け!と、
ひとつもブレることなく生徒を指導する桜木の姿を信じています」と
熱演を約束。

「今作も桜木なりの最短距離なやり方で、東大合格に挑んでいきます」と、
令和ならではの勉強法で新世代の生徒たちを合格へ導く!




楽しみですね。

『ドラゴン桜』は自分も毎週観ていました。

このドラマの出演者たちは、
ここから羽ばたいたというか、
このドラマ後に更に人気を博したといえます。

今回は誰が生徒役に抜擢されるのかが今から楽しみです。






新型コロナの影響―全国高校選抜ラグビーが中止に
新型コロナウイルスへの感染拡大を防止するため、
様々なイベントの延期や中止が次々と決定しています。

3月24日から31日にかけて開催される予定だった
「全国高校選抜ラグビー」も中止が決定しました。


このことに関する記事が『毎日新聞』に掲載されていたで紹介します。

日本ラグビー協会は2日、新
型コロナウイルスの感染拡大防止のために、
24~31日に埼玉・熊谷スポーツ文化公園で開催予定だった
第21回全国高校選抜大会(毎日新聞社など後援)を中止すると発表した。

日本協会によると、
2月27日に政府から全国の小中学校や高校、
特別支援学校に臨時休校が要請されたことを受け、
高校生以下の大会の実施は避けるべきで、中止が適当と判断したという。
全国高校選抜大会の中止は、東日本大震災の直後の2011年以来2回目。

日本協会の新井均特任理事は
「政府からの基本方針を勘案し、
選手やスタッフ、皆さまの安全を守るために決定した」などとコメントした。



昨年、ラグビーワールドカップが開催され、
ラグビーに注目が集まっている今だからこそ、
ラグビー関係者としてはこの大会を含め、
大きな大会や試合を開催したいというのが本音でしょう。

しかしながら、日本のラグビー・トップリーグも含め、
新型コロナウイルスへの感染を防止するため、
自粛への動きが一気に活発化してきました。

もちろんこれはラグビーだけではなく、
野球やサッカーの世界でも同様に自粛ムードが高まっています。

新型コロナウイルスに関しては、
それだけ難局を迎えているということであります。

何とかこの難局を乗り切っていきたいところです。