FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
別れの多かった2012年
2012年も今日で終わりです。 今年もいろいろなことがあった一年でしたね。

なんといっても、夏にあったロンドンオリンピックは国民全体を熱くさせました。

日本代表のメダルラッシュを、眠い目を擦りながら見ていてことがつい昨日のことのように思い出されます。


自分にとっての2012年は別れが多かった一年でした。

その別れのほとんどは、アイドルのグループ卒業という別れです。

特に2012年は、自分の好きなメンバー、いわゆる「推しメン」の卒業が相次ぎました。

その一つが、モーニング娘。の新垣里沙(ガキさん)の卒業でした。

ずっとモーニング娘。の中の「推しメン」だったガキさんの卒業は本当にショックでした。

ただその一方で、生田衣梨奈(えりぽん)がガキさんを本当に慕っていることがわかりました。

これはある意味で、えりぽんというアイドルとの新たな出会いでした。

このように、別れがあればその裏には出会いがあるということです。

またその逆も然りといえます。

出会いと別れ・別れと出会い、これを繰り返しながら世の中は進んでいくのです。

来年2013年もどんな出会いと別れ・別れと出会いがあるのか非常に楽しみです。


最後にはなりましたが、本年もcloudyを見ていただいた方々に心より御礼申し上げます。

そして2013年もcloudyをよろしくお願いします。


毎度毎度で申し訳ないのですが、クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング
スポンサーサイト



ゆくハロプロ くるハロプロ
ハロー! チャンネル vol.11 2013年新春特大号~真野恵里菜卒業スペシャル! ~  62484-71 (カドカワムック 467)ハロー! チャンネル vol.11 2013年新春特大号~真野恵里菜卒業スペシャル! ~ 62484-71 (カドカワムック 467)
(2012/12/26)
著訳編者表示なし

商品詳細を見る

今年もあと残すところ今日と明日だけとなりました。
2012年もハロプロにとって激動の一年になりましたね。
そこで今回は、今年のハロプロの出来事について振り返っていきたいと思います。

モーニング娘。にとっての2012年は、まさに復活の足掛かりを得た一年だったといえます。
7月に発売したシングル「One・Two・Three/The 摩天楼ショー」が、発売初週に10万枚を突破しました。
この記録はモーニング娘。にとって、「ここにいるぜぇ!」以来約10年ぶりの快挙だったのです。
来年で田中れいな(れいな)は卒業してしまうのは寂しいですが、
新加入した小田さくら(おださく)が来年から本格的に活動し始めるということで来年への期待も大きいです。

Berryz工房にとっての2012年は、嗣永桃子(ももち)大爆発の一年となりましたね。
とにかくテレビでももちを見ない日はないというくらい、ももちはテレビにひっぱりだこでした。
来年は、ももちパワーがグループ全体に波及して、Berryz工房の面白さが世間に伝われば良いですね。

℃-uteにとっての2012年は、飛躍の一年だったといえるのではないでしょうか。
11月に発売したベストアルバム『②℃-ute神聖なるベストアルバム』の売り上げも好調ということで、
℃-uteが人気でハロプロNo.1に躍り出たという見方もあるほどです。
来年は名実ともにアイドル界No.1を目指していって欲しいと思います。

真野恵里菜(真野ちゃん)にとっての2012年は、卒業を発表した年でした。
2006年にハロプロエッグのメンバーになって以来
6年以上のあいだハロプロを盛り上げてくれた真野ちゃんですが、来年の2月をもってハロプロを卒業します。
来年の2月からは、アイドル・真野恵里菜ではなく、女優・真野恵里菜の活動が始まるということですね。

スマイレージにとっての2012年は、6人体制のスタートと強化の年となりました。
去年の12月31日に前田憂佳ちゃんが卒業して6人体制となったスマイレージですが、
2011年の8月に終了した『生スマ! 〜ハッシュドポテトは#smileage〜』が
今年の8月になって『帰ってきた!生スマ!〜ハッシュドポテトは#smileage〜』として復活するなど、
6人体制のスマイレージが強化されてきたという感があります。
来年のスマイレージにはさらなる進化が期待されますね。

2013年のハロプロは例年通り冬のハロコンからスタートします。
3月には「Hello!Project 春の大感謝 ひな祭りフェスティバル 2013」の開催が予定されていますが、
これはハロプロ初の対バン形式でのライブということで、
2013年はハロプロの新たな扉が開かれていくことに期待が寄せられます。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

♯950 新AD丸岡はどんな人?
石垣アイドリング!!! 2012 アイドルっぽくないウラのウラもまだまだ見せちゃうング!!! [Blu-ray]石垣アイドリング!!! 2012 アイドルっぽくないウラのウラもまだまだ見せちゃうング!!! [Blu-ray]
(2013/01/16)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

今回は、♯950の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は、「学級会ング!!!」ではなく、「没ング!!!2012」でした。

「没ング!!!2012」とは、
2012年に『アイドリング!!!』の企画会議で出てきた数々の企画、
当然のごとくその中には日の目を見ることなく「没」になってしまった企画が数々あったということで、
なぜその企画が「没」になってしまったのかを検証しようという企画です。


まず最初に検証された企画は「新AD丸岡のポテンシャルを引き出そう!」でした。

この「新AD丸岡のポテンシャルを引き出そう!」とは、
今年から『アイドリング!!!』のスタッフになったADの丸岡さんのことがまだよくわからないということで、
丸岡さんのポテンシャルを引き出すべく、メンバーと1対1でのトークをしてもらおうという企画です。

丸岡さんといえば、
「アイドリング!!!意識調査!トータライザーで丸裸ング!!!」でのレポーター役が印象的でしたが、
確かにそれ以外の場面ではあまり取り上げられることがありませんでした。
あのレポーター役を見る限りは企画も盛り上がりそうなもんですが、盛り上がらなかったんですね(苦笑)
ただ今回の感じを見てもわかりますが、AD丸岡さんの潜在的なポテンシャルは非常に高いと思います。
AD丸岡さんには、AD植松さん(ミスター)に取って代わるくらいの活躍に今後期待していきたいですね。


次に検証された企画は「難んじいの覚え方」でした。

この「難んじいの覚え方」とは、
朝日奈央(あさひ)と橋本楓(楓ちゃん)と倉田瑠夏(瑠夏ちゃん)という
アイドリング!!!を代表するおバカ3人組が、難しい漢字の覚え方を考えるという企画です。

あさひが考えた「麒麟」の覚え方が登場したということで、
実際にその覚え方であさひに「麒麟」という漢字をその場で書いてもらうことになりました。
スタジオのみんなが間違えると思うなか、あさひは見事に「麒麟」を書き上げたのです。
ただ、ここであさひが正解してしまったせいで、何ともスタジオは微妙な空気になりました。
升野さんも言っていましたが、これが「朝日クオリティ」というやつですね(笑)


最後に検証された企画は「アイドリング!!!前説選手権」でした。

「アイドリング!!!前説選手権」とは、
メンバーが収録前に行なってきた前説の模様を密かに撮影して、面白さの順位付けをしようという企画です。

例としてあさひの前説の模様が流れていましたが、まあそれを見て「没」になった理由がわかりましたよね。
この前説は、物凄い面白いというわけではないし、
かといって物凄くつまらないというわけでもないという、何とも中途半端な内容なんです(苦笑)
このことはメンバー全員に共通して言えたということで、「没」になったのも納得というところですかね。


今回で『アイドリング!!!』の年内の放送はラストです。
今年も色々な企画が登場しましたが、
その影にあった「没企画」を検証するということは、番組を長続きさせるためにも大事なことだと思います。
こういった企画をやるからこそ、『アイドリング』は950回も番組を続けることが出来たんでしょうね。
近代競馬150周年―あとがき―
3月より書いてきましたシリーズ記事「近代競馬150周年」は、
第16回「日本競馬のこれから」をもって終了とさせていただきたいと思います。
日本の近代競馬が150周年を迎えた今年限定でこの「近代競馬150周年」を書こうと思ってたので、
当初の予定通りの終了を迎えたという形になります。

そういうことで、今回は「あとがき」という形でこのシリーズ記事の解説とまとめをしたいと思います。


このシリーズ記事を書くにあたり自分は4つの章立てを意識しながら書いてきました。
その章立てというのは以下の通りです。

1章「サンデーサイレンスの光と影」
第1回 サンデーサイレンス~熱意の男と名種牡馬~
第2回 リミットレスビッド~無事之名馬~
第3回 ディープインパクト~稀代のスーパーホース~
第4回 スペシャルウィーク~繋がれた最強の血~
第5回 サンデーサイレンス産駒の馬~栄えゆく血脈のデメリット~

2章「海外挑戦の挫折と栄光」
第6回 ハクチカラ~戦後初めて海を渡った馬~
第7回 シンボリルドルフ~「皇帝」の挫折~
第8回 シーキングザパール~初めて越えた壁~
第9回 シーザリオ~父の夢を継いだ娘~
第10回 ヴィクトワールピサ~ワールドカップを制した日本馬~

3章「人物から見る日本競馬の発展」
第11回 岡部幸雄~「馬優先主義」の男~
第12回 武豊~「天才」と呼ばれ続ける男~
第13回 角居勝彦~調教で世界に挑む男~
第14回 有馬頼寧~日本競馬を愛した男~
第15回 エドウィン・ダン~日本競馬を創った男~

4章「日本競馬の今後に向けての課題」
第16回 日本競馬のこれから

以上のような章立てを意識しながら読んでいただけると、また違った見え方があるかもしれません。


今回のシリーズ記事を書いて意識したのが、日本競馬のホップ・ステップ・ジャンプということです。
日本競馬は現在「ジャンプ」する時期に差し掛かっているように見えます。
もちろん「ジャンプ」するためには「ホップ・ステップ」がなければいけません。
その点からいえば、日本競馬は150年の間に「ホップ・ステップ」の時期を経てきたのです。

しかし今が本当に「ジャンプ」の時期なのか、それはまだわかりません。
もっと広い視点で見れば、今は「ホップ」の時期なのかもれませんし、「ステップ」の時期なのかもしれません。

今後の日本競馬が「ジャンプ」するためにはもっと強固な足場固めが必要です。
それを意識しながら書いたのが、第16回の「日本競馬のこれから」です。
ここで書いた日本競馬の課題が解決された時、より高く日本競馬は「ジャンプ」出来るんだと思います。


最後になりましたが、これまで「近代競馬150周年」を読んで頂いた皆さんに心から御礼申し上げます。


競馬よ!―夢とロマンを取り戻せ競馬よ!―夢とロマンを取り戻せ
(2005/06)
野元 賢一

商品詳細を見る

馬産地80話―日高から見た日本競馬馬産地80話―日高から見た日本競馬
(2005/11/10)
岩崎 徹

商品詳細を見る
♯949 タイミングが良すぎるトラブル
野元 愛 Manaty KISS [DVD]野元 愛 Manaty KISS [DVD]
(2011/01/19)
野元愛

商品詳細を見る

今回は、♯949の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「ニコはちライブ」でした。


今回の「ニコはちライブ」の流れは、以下のような感じでした。

「SISTER」

自己紹介

「ベタな失恋〜渋谷に降る雪〜」

「StarGirl★StarBoy」

「MAMORE!!!」

「「職業:アイドル。」」


今回の「ニコはちライブ」の自己紹介では、「隣りのメンバーのうらやましいところ」というお題で、
この日に参加したメンバーで整列した時に隣にいたメンバーの「うらやましいところ」を言い合っていました。

この自己紹介のコーナーは賑やかに進んでいたのですが、
野元愛(マナミーゼ)の自己紹介のときにとんでもないトラブルが発生しました。

マナミーゼは隣にいた高橋胡桃(くるみん)の「うらやましいところ」を言っていました。
その時にマナミーゼは観客席に顔を向けていたのですが、
このタイミングでマナミーゼの腕を触って来る1人のメンバーがいました。
マナミーゼは、その触ってきたメンバーを右隣にいた倉田瑠夏(るかちゃん)だと思って、
そのメンバーに対して「腕を触んなや!」と結構きつめに発言しました。
しかしそのメンバーは瑠夏ちゃんではなく、なんと三宅ひとみ(ひぃちゃん)だったのです。

それに気付いたマナミーゼはすぐに全力で謝っていましたが、
メンバーや観客からは「マナミーゼやっちゃったな」という雰囲気が漂いました。
そのなかには、マナミーゼが消される、という物騒な憶測も混じっていたのですが、
この憶測にゾクッとしてしまったのは自分だけではなかったはずです(笑)
なぜならば、この「ニコはちライブ」が放送された日は、マナミーゼが卒業を発表した日だったのです。

もちろん今回の「ニコはちライブ」が開催されたのはだいぶ前のことですが、
しかしこのタイミングでの放送というのは何ともタイミングが良すぎますよね(苦笑)

「ニコはちライブ」での些細な冗談が、こんなに現実味を持って感じられる日が来るとは思いませんでした。
それだけ今回のマナミーゼの卒業発表が急で、そして衝撃的だったということですね。
年内でマナミーゼが卒業
全力愛(ゼンリョクマナ) [DVD]全力愛(ゼンリョクマナ) [DVD]
(2011/08/24)
野元愛

商品詳細を見る

アイドリング!!!24号の野元愛(マナミーゼ)が年内を持ってグループを卒業することが発表されました。


年も差し迫ったこの時期に突然の卒業発表となりましたが、
マナミーゼは今回の卒業の理由について以下のように語っています。

「私自身と家庭の事情で、いろいろ迷い、悩みましたが、
今回、大阪の実家に帰ることにしました。たくさん話しあい、時間をかけて考えてきました」

このコメントからわかるように、今回の卒業には家庭の事情ということが理由としてあったみたいですね。


今回のマナミーゼの卒業について、プロデューサーの門澤清太さんは以下のようなコメントを発表しました。

「加入から約2年8ヶ月、
彼女が残した深く力強い足跡はアイドリング!!!から決して消え去るものではありません。
制作者として素晴らしい才能とキャラクターに深い感謝の意を表しつつ、
彼女のこれからの人生に幸多からんことを祈ります」


門澤さんのコメントからわかるように、
マナミーゼのアイドリング!!!での活躍は言葉に尽くせないほどのものです。

特に最近のマナミーゼの吹っ切れ具合は凄く、
それはこれからのアイドリング!!!をより強化していくにあたり絶対に必要なものでした。
それが、ここにきての卒業です。
本当に残念だというほかありません。

家庭の事情での卒業ということで、本人も志半ばでの断念ということになるでしょうが、
マナミーゼはアイドリング!!!にたくさんの思い出を残してくれました。
これは大いなる遺産です。

アイドリング!!!がマナミーゼの残してくれた遺産を生かして更なる成長を遂げることが出来るのか、
アイドルグループとしての真価が今アイドリング!!!に問われているような気がします。
♯948 挿入済みの1期生
横山ルリカ/Dateling!!! [DVD]横山ルリカ/Dateling!!! [DVD]
(2012/10/31)
横山ルリカ

商品詳細を見る

今回は、♯948の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「クリスマススペシャル企画☆くしゃみビンゴ大会」でした。

「クリスマススペシャル企画☆くしゃみビンゴ大会」とは、
スタジオの観客の人たちにメンバーの番号が書かれたビンゴカードを配って、
ティッシュで作ったこよりを使ってくしゃみを出した場合にそのメンバーの番号を空けていくという企画です。


この企画は1期生時代に1度だけ行なわれた企画であります。

そのため、
経験したことのある外岡えりか(とんちゃん)と横山ルリカ(ルーリー)は見学ということになりました。

このときに升野さんは「挿入済みの1期生」という言葉を使っていたのですが、
この言葉についつい森本さやかアナウンサーが過剰に反応をしてしまっていました(笑)

当然、升野さんは「普通の言葉」でいやらしい意味はないと森本さんにツッコミを入れていましたが、
そのあとに「挿入済み」とあえて升野さんが使った時に、
その言葉に今度は1期生の2人、特にルーリーが反応を示しました。

以前にこの企画を行なった時は15歳だったという2人も今年で21歳ということで、
「挿入済み」という言葉に反応を示せるほどの月日の流れがあったということですね(笑)

もちろんそれには、
2人が『アイドリング!!!』という番組で育ってきたという事実が大きく関わっているわけですが(苦笑)


1期生の2人は見学ということになったと上で書きましたが、実際には、
玉川来夢(らむたん)と清久レイア(レイアちゃん)がまだ中学生で若すぎるということで、
1期生の2人がこの中学生コンビの代わりにこの企画にチャレンジすることになりました。

そのように高校生以上のアイドリング!!!メンバーで行なわれることになったわけですが、
この企画は心配になるほど上手くいかない状況になってしまいました(苦笑)

なんといっても、なかなかくしゃみが出ないのです。
さらに後藤郁(かおるん)に関していえば、くしゃみが出ても音が小さすぎてOKを出せないのです(笑)

このようなカオスな状況の中で、番組終盤にはビンゴがちらほら出てきて、
なんとか「クリスマススペシャル企画☆くしゃみビンゴ大会」は形になったかなという感じでした。

こういった状況からわかるように、今回も実に『アイドリング!!!』らしいチャレンジングな企画でしたね(笑)
プレーヤーから社長になる男
12月20日、コンサドーレ札幌を運営する北海道フットボールクラブが、
元コンサドーレ札幌の選手であった野々村芳和さんを次期取締役候補として選任したことを発表しました。
ますは来年の1月1日に同社の顧問に就任するそうです。

野々村さんといえば、コンサドーレのサポーターにとって非常に印象深い選手の一人です。
コンサドーレでの在籍期間は2年ながら、2001年にはキャプテンも務め、さらにその年に引退もしました。
引退後は、テレビでのサッカー解説にとどまらず、株式会社クラッキでは代表取締役社長、
コンサドーレ札幌ではクラブチームアドバイザーとしても長年活躍してきました。

野々村さんは1972年生まれで現在40歳です。
クラブの取締役を務めることを考えれば、まだまだ若い年齢だといえます。
サッカー選手としての経歴としては、サッカーの名門である清水東高校を卒業した後、
慶応大学に進み、卒業後はプロとしてのキャリアをジェフユナイテッド市原でスタートさせました。
そして2000年、岡田武史監督が指揮を執っていたコンサドーレ札幌へと移籍してきたのです。

コンサドーレでの野々村さんの印象は、プレーの内容の素晴らしさというより、
ピッチ上でガッツ溢れる姿勢を見せてチームを鼓舞していたというほうが強く残っています。
まさにキャプテンという役職がピッタリの選手でした。

その野々村さんが遂にコンサドーレの社長になってしまうのです。
サポーターの一人としては驚きと喜びを隠すことができません。

そもそも選手からサッカークラブの社長になるというのは日本では非常に珍しいケースです。
他クラブでいえば、
ガイナーレ鳥取の運営会社である株式会社SC鳥取の代表取締役社長の塚野真樹さんがいます。
塚野さんの社長就任時には、史上初のJリーガー出身のJリーグクラブ社長誕生、と話題になりました。
ということで、野々村さんは史上2番目のJリーガー出身のJリーグクラブ社長ということになるのですね。

コンサドーレは今年、J1からの1年での降格が決定してしまいました。
さらにこれに伴い、2009年よりチームの指揮を執ってきた石崎信弘監督の退任も決定しました。
まさにこれからのコンサドーレは不確定なゾーンに入ってしまったと思える状況でした。

それがここにきて、財前恵一さんの監督就任に始まり、野々村さんの取締役就任の発表と動き出したわけです。
財前恵一さんは、現役時代の最後をコンサドーレでプレーし、
さらにその後はコンサドーレのユースの監督も務めた方で、コンサドーレをよく知る人材であります。

野々村社長、財前監督、といったクラブをよく知る2人が、
きっと来年以降のコンサドーレ札幌の未来に明るい光もたらしてくれることでしょう。


コンサドーレ札幌オフィシャル・ガイドブック〈2012〉コンサドーレ札幌オフィシャル・ガイドブック〈2012〉
(2012/03)
北海道フットボールクラブ、 他

商品詳細を見る

コンサドーレ札幌公式グラフ〈2012〉コンサドーレ札幌公式グラフ〈2012〉
(2012/12/15)
北海道新聞社

商品詳細を見る
近代競馬150周年(16)―日本競馬のこれから―
日本の競馬は2007年に国際セリ名簿作成基準書のパート1国入りを果たしました。
これに伴い、日本では国際格付けが与えられている重賞競走については引き続き「グレード(G)」、
それ以外の重賞競争については「Jpn」の表記に変更することになりました。
こういった出来事からわかるように、日本競馬は確実に世界トップレベルに並びつつあるのです。

第16回目となる今回は、 世界のトップを目指す「日本競馬のこれから」について書いていきます。

世界の中の日本競馬の位置付けは長らく低いものでした。
それは、欧米などの競馬列強国に比べて生産技術が未熟だったこと、
そういった競馬列強国に抗することができる強い血統を築けていなかったことが原因だと思われます。
生産技術の未熟さは時代の経過に伴って進歩を遂げてきたといえる一方で、
競馬列強国に抗することができる強い血統を構築することはなかなかできませんでした。

そういった状況を打破したのが、第1回でも取り上げた「サンデーサイレンス」の登場でした。
サンデーサイレンスの登場は日本競馬界に大きな光をもたらしました。
日本競馬は競馬列強国に抗することができる強い血統を構築するキッカケを得たのです。

サンデーサイレンスという種牡馬の登場で、
日本競馬にはサンデーサイレンス系とも呼ばれる一大サイアーラインが誕生しました。
しかしその一方で、繁栄の弊害が起きました。
サンデーサイレンスの血を受け継いだ馬が急増したことにより、近親交配の危険性が高まっているのです。
つまり現在の日本競馬には、新たな血統を持つ優秀な種牡馬と優秀な繁殖牝馬が求められているということです。
これは、日本競馬のこれからを考えていく上で非常に大きな課題の一つであります。

さらに日本競馬の末端の部分に目を向けると、中小の生産牧場が苦境にたたされているという現実があります。
現在の日本競馬界を席巻している競走馬の多くは、社台グループが生産した競走馬です。
この現状の問題もまた、社台グループがサンデーサイレンスを輸入したということからきています。

しかしこれは、第1回で触れたように吉田善哉さんの熱意によって実現した輸入でもありました。
そしてその熱意が社台グループを大きくしていったのです。
つまり今後、サンデーサイレンス系ではない優秀な種牡馬が輸入され、
社台グループのように大きな発展を遂げるような生産牧場が出現する可能性があるということです。
その一つの方法が、中小の生産牧場が集まってシンジケードを組み種牡馬を迎え入れるという方法です。
いまだこの方法で大成功をおさめた例はありませんが、今後の大成功が期待されます。

こういった一つ一つの問題点が解消されていった時が、日本競馬が真に世界と渡り合う時なのでしょう。
いつか来るであろうその日を見ることは、自分の楽しみの一つです。


日本最強馬 秘められた血統日本最強馬 秘められた血統
(2012/09/14)
吉沢 譲治

商品詳細を見る

文明開化に馬券は舞う―日本競馬の誕生 (競馬の社会史)文明開化に馬券は舞う―日本競馬の誕生 (競馬の社会史)
(2008/11)
立川 健治

商品詳細を見る
快傑ズバット
快傑ズバット VOL.1 [DVD]快傑ズバット VOL.1 [DVD]
(2008/01/21)
特撮(映像)、宮内洋 他

商品詳細を見る


今回は『快傑ズバット』について書きたいと思います。『快傑ズバット』は、1977年(昭和52年)の2月から同年9月まで東京12チャンネル(現在のテレビ東京)で放送された作品です。


内容
科学者の飛鳥五郎は、妹の勤める幼稚園へ地域掌握のため現れた暴力団・地獄組と対峙し、命を狙われることになってしまう。そんな飛鳥の前に、飛鳥の子供の頃からの親友である私立探偵の早川健が現れる。地獄組の用心棒を追い払った早川は、さらに幼稚園バスに爆弾が仕掛けられているのを発見。園児たちを無事に避難させ、飛鳥は独りバスを安全な所まで運ぶが爆発で重傷を負ってしまう。さらに飛鳥の入院先の病院で、再び爆発が起きる。その混乱の中で、飛鳥は軽機関銃の銃撃で蜂の巣にされてしまい息を引き取る。早川は飛鳥の残した設計図を頼りに、開発途中の宇宙探検用強化服「ズバットスーツ」、そして飛行能力を備えたスーパーカー「ズバッカー」を自力で完成させ、地獄組の組長を倒すが、早川は飛鳥を殺した犯人が地獄組ではないことを知る。そこから、友を殺した真犯人を突き止めるため、早川の復讐の旅が始まるのだった。


快傑ズバット VOL.2 [DVD]快傑ズバット VOL.2 [DVD]
(2008/02/21)
特撮(映像)、宮内洋 他

商品詳細を見る


主題歌
主題歌はオープニングとエンディングともに水木一郎さんが歌唱を担当しています。オープニング曲である「地獄のズバット」は、琵琶の音色でイントロが始まるという、特撮主題歌の中でも特に異彩を放つ1曲として知られています。

オープニング&エンディング http://v.youku.com/v_show/id_XMjgxNTc0NDU2.html



『快傑ズバット』は放送当時、非常に人気の高い作品でした。東京12チャンネルが製作に関与していたアニメ・特撮作品の中でも高視聴率をマークした数少ない作品でもありました。にもかかわらず、『快傑ズバット』は全32話で放送が終了してしまったのです。この放送終了は玩具の売り上げが思わしくなかったということが原因としてあるようですが、『快傑ズバット』のような人気作品を早期終了させてしまったことは、特撮ヒーローの歴史において大きな損失であったことは間違いありません。

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

♯947 普通が出来ないアイドリング!!!
石垣アイドリング! ! ! グラビアアイドルのBlu-rayっぽくしてみましたング! ! ! 君といた夏石垣アイドリング! ! ! グラビアアイドルのBlu-rayっぽくしてみましたング! ! ! 君といた夏
(2012/11/21)
アイドリング! ! !

商品詳細を見る

今回は、♯947の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「ファン様リクエスト!!!」でした。

「ファン様リクエスト!!!」とは、
アイドリング!!!メンバーにこんな状況でこんな事を言ってほしい、
というファン様からのリクエストに沿ってメンバーが色々なシチュエーションを演じるという企画です。

いつもは公式サイトのほうでファン様からリクエストを募集していますが、
今回は収録の日に観覧として参加したファン様からのリクエストに応えていくという形をとりました。


「ファン様リクエスト!!!」といえば『アイドリング!!!』の名物企画として知られますが、
最近ではドッキリのフリとして使われるケースが頻発していて、
「ファン様リクエスト!!!」というタイトルコールをしても行われないということがしばしばでした。

そのような中で今回は久しぶりに「ファン様リクエスト!!!」が開催されましたが、
タイトルコールをしても本当に開催されるのか?という心配がメンバーの頭に過ぎっていたようです。
その証拠に、「ファン様リクエスト!!!」のタイトルがきちんと出た時、メンバーは安心した顔をしていました。


今回の「ファン様リクエスト!!!」で、とある問題が升野さんによって指摘されてました。
その問題が、大川藍(藍ちゃん)の手のアクションが激しすぎるということでした。

以前より藍ちゃんのコミカルな手の動きは注目を集めてきましたが、
最近ではその手のアクションがより激しくなり、もはや通常時にも影響が出るくらいに悪化してきたのです。

その悪化の原因の一つとして指摘されていたのが、
同じく手のアクションがコミカルな伊藤祐奈(ゆうな)が台頭してきたということでした。
つまり藍ちゃんは、ゆうながコミカルな動きを始めたことに焦りを感じ、悪化してしまったということです。

このコミカルな手の動きキャラの奪い合いは、決着が付くまでまだしばらく続きそうですね(笑)


あと、升野さんは今回の「ファン様リクエスト!!!」で一つの事実に気付いていました。
それは、普段はメンバーに面白いことを期待するファン様たちが、
「ファン様リクエスト!!!」になるとメンバーに普通なアイドルっぽさを求めているということでした。

そんなファン様の要望に応えて升野さんは途中から普通のアイドル番組のMCとして企画を進めましたが、
橘ゆりか(ゆりっぺ)はアニメ声を出すといういつものおふざけモードに走ってしまいました。

アイドリング!!!に普通のアイドルとしての要素を期待することは、少し酷なのかもしれませんね(苦笑)
あなたは、本当のモーニング娘。を知っていますか?~15年間の過去!現在!!未来!!!~ 完全版
映像ザ・モーニング娘。7 ~シングルMクリップス~ [Blu-ray]映像ザ・モーニング娘。7 ~シングルMクリップス~ [Blu-ray]
(2012/12/12)
モーニング娘。

商品詳細を見る

『あなたは、本当のモーニング娘。を知っていますか?~15年間の過去!現在!!未来!!!~ 完全版』が
12月15日にスペースシャワーTVプラスにて放送されました!!!!!

『あなたは、本当のモーニング娘。を知っていますか?~15年間の過去!現在!!未来!!!~ 完全版』は、
9月に放送された『あなたは、本当のモーニング娘。を知っていますか?~15年間の過去!現在!!未来!!!~』、
この番組の未公開シーンを中心に、11期メンバーの小田さくら(おださく)のインタビューや
フランス・タイ・韓国などで行なわれた世界握手会の様子などが収められたスペシャル番組です。


おださくのインタビューは加入したばかりの頃に撮影されたものだと思います。
10月にUSTREAMで放送された『ゲスト まーちゃん』を観ていると、
このインタビュー撮影時よりもモーニング娘。に馴染んでいる様子が窺えました。
この『ゲスト まーちゃん』では、特に佐藤優樹(まーちゃん)と仲が良いということがわかりましたよね。

年明けのハロコンからおださくは本格的に参加するわけですが、
2013年のモーニング娘。の春ツアーでは田中れいな(れいな)が卒業することが決まっていますので、
おださくが「スッピン歌姫」としての実力をいかんなく発揮してくれることが期待されます。
今回のインタビューを観ていると、おださくはきっとこの期待に応えくれるだろう、と思うことが出来ました。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

♯946 調子のいい女・ゆうな
伊藤祐奈 ゆうなのなっ。 [Blu-ray]伊藤祐奈 ゆうなのなっ。 [Blu-ray]
(2011/10/19)
伊藤祐奈

商品詳細を見る

今回は、♯946の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「アミトーーク」ではなく 「アイドリング!!!調子のいいのは誰だング!!!」でした。

「アイドリング!!!調子のいいのは誰だング!!!」とは、
アイドリング!!!の中でも調子のいいことで知られるメンバーに対して
知らないおじさんに話しかけられときにそのような対応をするのかを試すドッキリを仕掛け、
そのVTRをスタジオで見ながらアイドリング!!!で最も調子のいいメンバーを決める企画です。


今回の企画に出てきた調子のいいメンバーは以下の通りです。

横山ルリカ(ルーリー)

菊地亜美(あみみ)

橋本楓(楓ちゃん)

伊藤祐奈(ゆうな)

後藤郁(かおるん)


今回の企画の最初では、
あみみをはじめとした調子のいいメンバーは「アミトーーク」をやると思っていました。
しかし、「料理上手になりたいアイドリング!!!」として集められたメンバーは
実のところ「調子のいいアイドリング!!!」だったというわけです。

検証VTRのなかでも印象的だったのはゆうなです。
かねてよりグループ内で調子がいいメンバーとして知られてきたゆうなでしたが、
実際に知らないおじさん(テレビ業界の関係者風)に話しかけられて時の反応はさすがでしたね(笑)

そんな感じで企画は盛り上がる中であみみは、
他のメンバーのVTRに野次をいれながら自分のVTRへの期待値を上げる高等テクを見せていました。
そうして期待値が高まったあみみのVTRですが、放送時間がなくなりオンデマ行きとなってしまったのです。
いくらあみみが高等テクを見せてもオンデマ行きとなったら、CS放送では意味がありませんよね(苦笑)
「WANT!」 Berryz工房
WANT!(初回生産限定盤A)(DVD付)WANT!(初回生産限定盤A)(DVD付)
(2012/12/19)
Berryz工房

商品詳細を見る


Berryz工房のニューシングル「WANT!」が12月19日に発売されます!!

「WANT!」はBerryz工房にとって記念すべき30枚目のシングルです。


WANT!(初回生産限定盤B)(DVD付)WANT!(初回生産限定盤B)(DVD付)
(2012/12/19)
Berryz工房

商品詳細を見る


今回の「WANT!」は、恋する女の子の気持ちが大人な雰囲気の漂うメロディーで表現された一曲です。
前作「cha cha SING」の明るくおバカな感じとは打って変わっての一曲といった感じですね。

ジャケットやMVを見て気になることが一つ、嗣永桃子(ももち)が「ももち結び」をしていない!!!!!
昔からBerryz工房を見てきた人やBuono!をよく見ている人にとっては
「ももち結び」をしていないももちは珍しくありませんが、最近のももちしか知らない人には新鮮でしょうね。

そんな最近ももちを見てBerryz工房を知ったという人には、ぜひ「WANT!」を聴いてさらに驚いて欲しいです。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

THE MANZAI 2012
ハマカーンネタベスト「カードボード、ウォレット&スリー・ボクサーパンツ」 [DVD]ハマカーンネタベスト「カードボード、ウォレット&スリー・ボクサーパンツ」 [DVD]
(2010/07/21)
ハマカーン

商品詳細を見る

今回は、12月16日に放送された『THE MANZAI 2012』について書きたいと思います。

今回の『THE MANZAI 2012』の決勝進出者は、
テンダラー、ウーマンラッシュアワー、ハマカーン、オジンオズボーン、
トレンディエンジェル、NON STYLE、磁石、千鳥、
スーパーマラドーナ、アルコ&ピース、笑い飯 、エルシャラカーニ、といった12組でした。


一回戦での各グループの順位は以下の通りです。

<Aグループ>
1位 ハマカーン
2位 ウーマンラッシュアワー
3位 オジンオズボーン
4位 テンダラー

<Bグループ>
1位 千鳥
2位 NON STYLE
3位 トレンディエンジェル
4位 磁石

<Cグループ>
1位 アルコ&ピース
2位 笑い飯
3位 エルシャラカーニ
4位 スーパーマラドーナ


決勝戦での順位は以下の通りです。

優勝 ハマカーン
2位 千鳥
3位 アルコ&ピース


以上のように、『THE MANZAI 2012』の王者はハマカーンに決まりました。

決勝戦は3組の実力伯仲と見えるなかで、ハマカーンは見事に10票中8票を獲得しました。
ボケの浜谷さんの「下衆の極み!」が目を引く従来のハマカーンの漫才スタイルに
ツッコミの神田さんが女子の感覚を持つという設定が加わり、ハマカーンの漫才は大きな進化を遂げたのです。

千鳥はお得意の電話ネタで、アルコ&ピースは従来の漫才の概念を覆すネタで、
それぞれに会場を沸かせていましたが、ハマカーンの勢いには一歩及びませんでした。
『新 帰って来たベリーズ仮面! 』 エピソード VI
帰ってきた Berryz仮面!(仮) Vol.2 [DVD]帰ってきた Berryz仮面!(仮) Vol.2 [DVD]
(2012/02/01)
Berryz工房

商品詳細を見る

12月15日にBS-TBSで『新 帰って来たベリーズ仮面!』のエピソード VIが放送されました。

エピソード VIは「なんチャーラマンに学べ!」というタイトルです。


今回のストーリーは、
暇を持て余してだらけるメンバーに喝を入れるべく
レッド(須藤茉麻)がヒーローショーのバイトを持ってくるものの、
そのショーでの役がヒーローではなく悪役だったためメンバーは駄々をこね始め・・・、というものでした。


セリフを甘噛みしたり、セリフをとちる、
というようなことが決して少なくはない舞台でありますが、今回はまた一段と多かったような気がします。

もちろんこれは悪いということではなく、これが『ベリーズ仮面!』の味ですよね。

こういったミスを含めて、ニヤニヤしながら観るというのが、
『新 帰って来たベリーズ仮面!』の正しい楽しみ方のような気がします。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

♯945 ベイビーレイズ登場
ベイビーレイズ 初回盤A (CD+DVD)ベイビーレイズ 初回盤A (CD+DVD)
(2012/09/26)
ベイビーレイズ

商品詳細を見る

今回は、♯945の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「ニコはちライブ」でした。


今回の「ニコはちライブ」の流れは、以下のような感じでした。

「サラサラ★キューティコー」

「春色の空」

トーク

ニコ生アンケート

「Don't think. Feel !!!」

ベイビーレイズ登場

ニコ生アンケート

「ベイビーレイズ」

「Don't think. Feel !!!」


「ニコはちライブ」には、事務所の先輩である大川藍(藍ちゃん)の紹介でベイビーレイズが登場しました。

ベイビーレイズといえば、アイドリング!!!とは非常に関係性の強いアイドルグループであります。
グループ結成時より事務所の先輩でアイドリング!!!メンバーの菊地亜美(あみみ)が関わり、
さらにメンバーには大矢梨華子ちゃんと高見奈央ちゃんという
アイドリング!!!の5期生メンバーオーディションに落選した経験を持つ2人がいるのです。
こう見ると、アイドリング!!!と関係性が強いというよりは、何か強い因縁があると感じられますね。

そんなアイドリング!!!とベイビーレイズが、今回の「ニコ生アンケート」で対決することとなりました。
そこでは、ベイビーレイズは「ベイビーレイズ」、
アイドリング!!!は「ガンバレ乙女(笑)」、という奇しくもデビュー曲対決となったのです。

そしてアンケートの結果はベイビーレイズの勝利となり、
大矢梨華子ちゃんと高見奈央ちゃんはアイドリング!!!に見事に一矢報いた形となりました。

YGAは全員卒業を発表した今、これからはベイビーレイズと面白い関係性を築いてくれることに期待ですね。
TPPについて今一度考えてみよう
12月16日に衆議院選挙が行なわれます。
この選挙の争点の一つが、TPP(環太平洋連携協定)への参加の是非についてであります。
野田佳彦総理大臣はTPP賛成派のようですが、果たして日本はTPPへ参加してしまっていいのでしょうか?
そこで今回は、選挙が迫ったこの時期に今一度TPPについて考えてみようと思います。

以下では、作家の三橋貴明さんの主張を参考にしながら話を進めます。

TPP賛成派に多い意見の一つに、
日本における第1次産業のGDP(国内総生産)における割合は小さいというものがあります。
第1次産業のために他の産業の輸出増加による発展を潰すわけにはいかないという主張です。
しかし、そもそも日本は輸出の多い国なのでしょうか?

実は、日本の輸出依存度は2009年のデータで約11.5%だそうです。
結して高いといえる数字ではないですよね。
主要国の中で日本より輸出依存度が低いのはアメリカとブラジルだけだというのだから、その低さがわかります。

多くの人は、輸出品の主力は家電や自動車などの「耐久消費財」と思っているかもしれませんが、
実は日本の輸出品の主力は企業などが購入する「資本財」だそうです。
つまり、家電や自動車の輸出をより増やし日本を強くする、という主張は少し変に感じられるものなのです。

現在、日本の輸出面での戦いは、韓国におされているといえます。
それには、韓国がウォン安に乗じて輸出を増やして世界を席巻しているという実態があります。
以上のようにいうと、日本はTPPに参加して韓国に対抗しなければならないと思うかもしれません。
しかし、少しでも韓国のウォン安が進めめば、日本のTPPの効果はなくなってしまうのです。

もちろんTPPにはプラス面もあります。
それは、外国から安い輸入品が入ってくることにより、消費者に利益が還元されるということです。
しかしここにもマイナス面は存在します。
それは、安い輸出品が増えることによって物価が下がり、果ては給与の減少につながるということです。
デフレがより進むということですね。

以上が、TPPへの参加ということを考える時にまず考えなければいけない点です。
まだまだ指摘したい点はありますが、ここでは長くなるのでやめておきましょう。

TPPへ参加するにしても、不参加を決定するにしても、国民が再度このことを考えることは絶対に必要でしょう。
この選挙の機会に今一度、TPPに参加した後の未来について思いをめぐらせてみてください。

「TPP開国論」のウソ 平成の黒船は泥舟だった「TPP開国論」のウソ 平成の黒船は泥舟だった
(2011/05/14)
東谷 暁、三橋 貴明 他

商品詳細を見る

図解 それでも、日本経済が世界最強という真実図解 それでも、日本経済が世界最強という真実
(2012/05/21)
三橋貴明

商品詳細を見る
♯944 あさひは本当は男の子!?
ROCONAILSのTRUEがついてくる!ヘアアレBOOKROCONAILSのTRUEがついてくる!ヘアアレBOOK
(2010/07/15)
朝日奈央

商品詳細を見る

今回は、♯944の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は 「今日こそどっちか決めるング!!!朝日奈央は男か女かどっちなのか!?」でした。

「今日こそどっちか決めるング!!!朝日奈央は男か女かどっちなのか!?」とは、
アイドリング!!!に常に付きまとう「朝日奈央は男か女かどっちなのか!?」という疑問、
この疑問を解決するべく、果敢にこのアイドリング!!!のタブー(?)に挑んでいく企画です。


朝日奈央(あさひ)は加入当初からボーイッシュという特徴がありました。
ところが最近、ボーイッシュを通り越して「もはや男の子じゃないのか」という声が出てきたのです。
このあさひ=男というウワサは、
升野さんによってイジられることによって笑いになってきましたが、遂に真実を明らかにする時が来たのです。

というような冗談を、番組の全篇を通して本気でやろうというのが今回の企画です。
一つの冗談で30分くらいの番組をやってしまおうという考えが、何とも『アイドリング!!!』らしいですよね。


番組の中では「朝日奈央は男か女かどっちなのか!?」という疑問を明らかにするべく、
あさひのモデル仲間、あさひの高校での友達、といった関係者に取材をしていきました。

あさひのモデル仲間だというO川さん(大川藍?)はVTRで、「あさひは立ち方が男っぽい」と証言しました。
なんとあさひは、普段は猫背で足はガニ股という姿勢で立っているそうです。
最後にO川さんは、「朝日奈央は男か女かどっちだと思いますか?」というスタッフからの問いに対し、
言葉を濁しながらその問いに答えることなく足早に部屋を去りました。

あさひの高校での友達はVTRで、
「あさひはクラスの人気者」などの高校でのあさひの様子について証言しました。
そんな友達も、「朝日奈央は男か女かかどっちだと思いますか?」という問いに対し、
言葉を濁しながら「バイトがあるから」と言って、足早に取材場所のカフェを去っていきました。


このような関係者の証言もあって、
アイドリング!!!メンバーや升野さんは「朝日奈央は男」という方向で疑問の決着をつけようとしました。
それでも否定するあさひに、チャンス到来とばかりに
これまであさひにコテンパンにされてきた後藤郁(かおるん)が登場し、2人で相撲をとることになりました。

ここで、あさひが勝てば「朝日奈央は男」、あさひが負ければ「朝日奈央は女」という、
あさひにとっての究極の選択が迫られたのです。

しかし番組はこの結果がわかることなく終了し、相撲の結果はオンデマ行きとなりました。
こういった結果になってしまうところが、何ともあさひらしいですよね(笑)
NEXT MY SELF
NEXT MY SELF (通常盤)NEXT MY SELF (通常盤)
(2012/12/12)
真野恵里菜

商品詳細を見る

本日12月12日に真野恵里菜(真野ちゃん)のニューシングル「NEXT MY SELF」が発売しました!

今回のシングルは真野ちゃんにとって通算13枚目となるシングルです。


「NEXT MY SELF」は、真野ちゃんがHello! Project所属として最後に発売するシングルとなります。
ということは、遂に真野ちゃんのHello! Project卒業が近づいてきたということですね。

「NEXT MY SELF」は、真野ちゃんのソロ活動の集大成といえる楽曲に一枚です。
今までの感謝の気持ちや成長した証がメッセージとして込められていて、
マノフレ(真野恵里菜ファンの呼び名)にとっては涙無しには聴けない一曲なのではないでしょうか。

「NEXT MY SELF」のMVにはマノフレも参加しています。
このMVを観ていると、あぁ本当に最後なんだな、という思いが湧いてきますね。

卒業後に真野ちゃんが女優として専念するようになったら、
真野ちゃんの歌声はもう聴くことができなくなってしまうのでしょうか。
これが本当に最後の歌声になってしまうのだとしたら、それは何だか寂しい気がしますね。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

♯943 神秘的なせりなの察しの悪さ
長野せりな せりな~で [DVD]長野せりな せりな~で [DVD]
(2010/10/20)
長野せりな

商品詳細を見る

今回は、♯943の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は 「アイドリング!!!神秘の世界に迫るング!!!」でした。

「アイドリング!!!神秘の世界に迫るング!!!」とは、
喋るとなぜか神秘的な雰囲気にしてしまう5人のアイドリング!!!メンバーを集め、
スタジオにその5人だけにすることで、あえて神秘的な雰囲気を作り出そうとする企画です。


今回登場したアイドリング!!!を代表する神秘的なメンバーは以下の通りです。

長野せりな(せりな)

橘ゆりか(ゆりっぺ)

後藤郁(かおるん)

石田佳蓮(佳蓮ちゃん)

清久レイア(レイアちゃん)


最近の『アイドリング!!!』で、
こういった内容で大きく取り上げられていたメンバーといえば、「みなすべり」でお馴染みのかおるんです。
しかし、アイドリング!!!にはかおるんだけではなく、それに負けず劣らずの猛者が存在していました。

そこで、そういったメンバーばかりを集め、
これを企画にしてしまおうというのが、今回の「アイドリング!!!神秘の世界に迫るング!!!」です。
まさに『アイドリング!!!』らしいチャレンジングな企画だといえます。


このように猛者ばかりを集めた今回の企画ですので、
当然のようにスタジオは凄く神秘的な雰囲気となりました(笑)

中でも一番神秘的な雰囲気にしていたのが、せりなでした。
せりなは、あさひがタイに行ったときの話をしたんですが、緊張からかスムーズに話すことが出来ず、
そのリベンジのために升野さんが「さっきの話をしてください」とその話を再び話すよう要求しました。
しかしせりなは、そのあさひがタイに行ったときの話ではない話を始めたのです。
あまりに察しの悪いせりなの行動に、升野さんとスタジオそして他のメンバーが騒然となっていました(笑)

今回の企画からは、かおるんだけが神秘的な力を持ったメンバーではないことがよくわかりました。
ある意味で、これからの『アイドリング!!!』が楽しみにも、心配にもなる企画でしたね(苦笑)
待望の「The 摩天楼ショー(TYPE 0)」
プッチベスト13プッチベスト13
(2012/12/05)
オムニバス、スマイレージ 他

商品詳細を見る

ハロー!プロジェクトの年末の恒例のオムニバスアルバム『プッチベスト』、
その今年バージョンとなる『プッチベスト13』が12月5日に発売されました!!!!!


『プッチベスト13』の収録曲は以下の通りです。

1. 「恋愛ハンター」
2. 「One・Two・Three」
3. 「Be 元気<成せば成るっ!>」
4. 「cha cha SING」
5. 「君は自転車 私は電車で帰宅」
6. 「会いたい 会いたい 会いたいな」
7. 「ドキドキベイビー」
8. 「Song for the DATE」
9. 「ドットビキニ」
10. 「好きよ、純情反抗期。」
11. 「笑顔に涙〜THANK YOU! DEAR MY FRIENDS〜 」
12. 「超HAPPY SONG (シングルVer.)」
13. 「初恋サイダー」
14. 「CAT’S EYE」
15. 「ももち!許してにゃん♡体操」
<ボーナストラック>
「The 摩天楼ショー(TYPE 0)」


今年もハロー!プロジェクトのシングル曲を中心に、全16曲が収録されています。

こんな豪華な収録曲の中でも一番目を惹くのが、
ボーナストラックとして収録された「The 摩天楼ショー(TYPE 0)」です。

「The 摩天楼ショー(TYPE 0)」は、
新垣里沙(ガキさん)がまだモーニング娘。に在籍していた頃に収録されたもので、
パチンコ「CR元祖ハロー!プロジェクト」でこの曲の存在が明らかになり、以前より話題になっていました。
そして今回の『プッチベスト13』で、待望のソフト化が実現したわけです。

この「The 摩天楼ショー(TYPE 0)」はとにかくガキさんの歌声に痺れる一曲となっています。
ガキさんの歌声を聴くという目的のみでも、「The 摩天楼ショー(TYPE 0)」は一聴の価値ありです。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

近代競馬150周年(15)―日本競馬を創った男―
今年が近代競馬150周年と宣伝されるように、日本で近代競馬が形成されたのは1862年のことです。
横浜レースクラブが組織され、西洋式近代競馬が横浜外国人居留地で初めて行われてたのが最初でした。
そんな日本の近代競馬を、競走馬の改良という面から飛躍的に進化させた一人の男がいます。

第15回目となる今回は、 日本の畜産業を発展させた「エドウィン・ダン」さんについて書いていきます。

エドウィン・ダンさんはアメリカ合衆国のオハイオ州で生まれました。
家族が牧場を営んでおり、その関係からダンさんも牧畜関係の世界に足を踏み入れました。
しばらくは父の牧場で牧畜を学んでいましたが、その後に叔父の経営する牧場に移ります。
この牧場では、叔父が競馬に熱心だったこともあって、本格的な競走馬生産が行なわれていました。
ここでの競走馬生産の経験が、日本での競走馬生産や競走馬の改良に役立ったことはいうまでもありません。

1873年にダンさんにある転機が訪れました。
それが日本からの、開拓使の技術指導者いわゆる「お雇い外国人」としての契約の誘いでした。
この誘いは、開拓使次官であった黒田清隆さんが親交のあったアメリカ農務長官ホーレス・ケプロンさん、
その息子エー・シー・ケプロンさんによってダンさんが推挙されたことが大きな理由でした。

そして日本に来日したダンさんは当初、東京官園において開拓使官吏に農畜産の技術指導を行ないました。
その内容は欧米式の近代農法および獣医学でした。
当時の日本には獣医学に関する指導をするための西洋獣医学の知識を持っている人がいなかったので、
実地で学んできたダンさんの知識と経験は非常に貴重なものとなりました。
しかし、北海道の開拓をすることを目的とした技術指導を東京で行なうということに、
ダンさんが疑問を持っていたということも事実のようです。

北海道で実際に技術指導をしたい、そんなダンさんの思いが叶ったのは1875年のことです。
東京から北海道函館近郊の七重へと移り、技術指導を始めたのです。
ここで、馬の去勢技術を指導しました。
気性の悪い牡馬を去勢によって温和にするということは当時の日本では一般的ではなく、
七重の地元民の多くは去勢に反対しましたが、
日本における馬術の第一人者である函館大経さんが理解を示し行なわれることになったそうです。
このことを機に、日本でも馬の去勢は次第に受け入れられるようになりました。

1876年に札幌に移ったダンさんは、洋種馬と日本在来種である南部馬との交配を試みました。
さらに同年、開拓使が北海道に競馬場を建設することを計画し、
ダンさんの提案などを参考にしながら北海道育種場競馬場が建築されます。
この競馬場は北海道における西洋競馬の定着に大きく寄与しました。
その後、1886年に建設された中島競馬場はダンさんの設計に基づいて建設されたものです。

1877年に新冠に牧場を移したダンさんは、この牧場でより馬の生産に力を入れました。
その結果、根岸競馬場におけるレースに優勝する競走馬や全国博覧会で一等賞をとる馬を生産するなどし、
新冠の牧場を名実ともに北海道における馬産の拠点として発展させたのはダンさんの功績の一つです。

もう一つの功績は、牧場を成長させると同時に、日本における競走馬生産を成長させたことです。
ダンさんがいなければ、日本の近代競馬の成長は大きく遅れたものになったといえるでしょう。
「お雇い外国人」として決して目立たない存在ですが、日本で残した功績は非常に大きなものだったのです。
そういったことからすれば、エドウィン・ダンという人物はもう少し知られてもいいと思います。


日本競馬を創った男 エドウィン・ダンの生涯 (集英社文庫)日本競馬を創った男 エドウィン・ダンの生涯 (集英社文庫)
(1998/10/20)
赤木 駿介

商品詳細を見る

開拓使お雇い エドウィン・ダン開拓使お雇い エドウィン・ダン
(2009/04/10)
田辺安一

商品詳細を見る
女子力cafe~あいすくりーす~
モーニング娘。コンサートツアー2011秋 愛 BELIEVE ~高橋愛 卒業記念スペシャル~ [Blu-ray]モーニング娘。コンサートツアー2011秋 愛 BELIEVE ~高橋愛 卒業記念スペシャル~ [Blu-ray]
(2011/12/28)
モーニング娘。

商品詳細を見る

クリス松村さんと高橋愛(愛ちゃん)がMCを務める
ネット番組『女子力cafe~あいすくりーす~』に新垣里沙(ガキさん)がゲスト出演しました!!


自分は愛ちゃんとガキさんの「愛ガキ」コンビが見られると思ってパソコンの前で待っていたんですが、
いざ番組が始まって画面に登場したのはクリス松村さんとなんとガキさんでした(驚)
まさかの愛ちゃんが前の仕事の都合で遅刻ということで、ガキさんが臨時MCを務めることになったのです。

ガキさんの臨時ではありながらMCを順調にこなしていました。
そして番組開始から10分位して愛ちゃんも無事到着し、「愛ガキ」コンビ揃っての番組がスタートしました。


「愛ガキ」といえばとても仲が良いことで知られていますが、今回も仲の良さが炸裂していましたね。
そんな2人を見てクリスさんは「付き合っちゃえばいい」と交際を勧めていました(笑)

ま、付き合うことはないにしても、「愛ガキ」の仲の良さは永遠だなと感じることは出来ますよね。
そんな2人の関係性が、今回の『女子力cafe~あいすくりーす~』ではよく出ていたんじゃないかと思います。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

♯942 アイドリング!!!は胸にシリコンを入れてる!?
アイドリング! ! !  season13 [DVD]アイドリング! ! ! season13 [DVD]
(2012/10/17)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

今回は、♯942の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は 「エンディングング!!!」でした。

「エンディングング!!!」とは、
アイドリング!!!の最大のウィークポイント(弱点)が番組の締める一言であるということで、
番組を締める一言を鍛えるべく、「アミトーーク」のエンディング場面という状況を作り出して
「○○アイドリング!!!」といった括りに合った締めの一言をメンバーが言う、という企画です。


今回メンバーが締めの一言に挑戦した括りは以下の通りです。

「ネガティブアイドリング!!!」

「会話に擬音が多いアイドリング!!!」

「色気ムンムンアイドリング!!!」

「胸にシリコン入れてるアイドリング!!!」

「メッチャ声でかいアイドリング!!!」

「猪木アイドリング!!!」

「チャラいアイドリング!!!」

「性格ブスアイドリング!!!」

「アイドリング!!!」


今回は締めの一言の訓練ということもあって、
いつもの「アミトーーク」では見られないような嘘の括りが多数登場しました。

特に「胸にシリコン入れてるアイドリング!!!」は、普通では絶対にありえない括りですよね。
かなり強烈なこの括りをメンバーは嫌がりながらも、
ちゃんとこれに乗っかるところがアイドリング!!!の何とも面白いところです。

あと衝撃的だったのが、「会話に擬音が多いアイドリング!!!」で
朝日奈央(あさひ)が「擬音」と「濁音」を間違えていたことですね。
擬音であれば「ビシッ」とか「ガンガン」というようなことを言えばいいわけですが、
あさひが話し出した一言は「でも」を「でぼ」と言う、勘違いをしていることが一瞬でわかるものでした(笑)
いつもではありえない括りとはいえ、そこでボロを出してしまうところが何ともあさひらしいですよね。
YUIの活動休止と初紅白とベストアルバム
自分の大好きなアーティストの一人であるYUIさんが活動休止を発表しました。

YUIさんは以前にも一度だけ活動休止をしており、今回が二度目の活動休止となります。

以前の2008年から2009年にかけての活動休止はリフレッシュ休暇という発表でしたが、

今回の活動休止は特に現在のところリフレッシュ休暇のようなアナウンスはありません。

一体、YUIさんに何があったのでしょうか?


YUIさんは、活動休止を決意した理由について、

4日より配信開始したGyaO!動画「MESSAGE from YUI」内で語りました。

YUIさんが語ったその活動休止の理由は、

「素直に言うと、限界が来た、って感じですね」

「単純に、心が折れちゃったというか、歌が歌えないくらいになっちゃった」

「もし自分の心が壊れてしまった姿を見せたくなかった。
いつもやっぱり元気な姿を見せたい、みんなに元気を届けたかったので」

というあまりにも衝撃的な内容でした。

確かにファンからすれば、YUIさんが精神的にあまり強いほうではないということは周知の事実です。

しかし、ここまでYUIさんの精神状態がダメージを受けていたということは感じることが出来ませんでした。

ゆえに、今回の発表は衝撃的なものになりました。


YUIさんは、そんな活動休止を発表した後、初の『紅白歌合戦』への出場が決まりました。

『紅白』が活動休止前ラストの舞台となります。

12月5日には初のベストアルバムを2枚発売しました。

このような流れを見ていると、まるでYUIさんがファンの前から永遠に消えてしまうように感じてしまいます。

そんなことがないようにとファンの一人として今は祈るばかりです。


GREEN GARDEN POP【初回生産限定盤】GREEN GARDEN POP【初回生産限定盤】
(2012/12/05)
YUI

商品詳細を見る

ORANGE GARDEN POP【初回生産限定盤】ORANGE GARDEN POP【初回生産限定盤】
(2012/12/05)
YUI

商品詳細を見る
♯941 愛より金か?金より愛か?
One up!!!  / 苺牛乳 (通常盤) (初回プレス分:イベント参加券封入)One up!!! / 苺牛乳 (通常盤) (初回プレス分:イベント参加券封入)
(2012/08/08)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

今回は、♯941の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は
「緊急企画!愛より金がいいなんて!これでいいのかアイドリング!!!」でした。

「緊急企画!愛より金がいいなんて!これでいいのかアイドリング!!!」とは、
以前に放送された「アイドリング!!!意識調査!トータライザーで丸裸ング!!!」で実施された質問にて
「愛より金がいい」と答えたアイドリング!!!メンバーが予想以上に多かったことを受けて、
「金より愛がいい」と考える三宅ひとみ(ひぃちゃん)率いる「金より愛がいい」派のメンバーたちが、
この「愛より金がいい」派のメンバーたちに愛の素晴らしさを伝える、という企画です。


愛の素晴らしさを伝えるためにした行動とそれをしたメンバーは以下の通りです。

ポエム(石田佳蓮、玉川来夢)

紙芝居(橋本楓、倉田瑠夏)

ドッヂボール(伊藤祐奈、野元愛)

合唱(三宅ひとみ、橋本楓、倉田瑠夏、伊藤祐奈、野元愛、尾島知佳、石田佳蓮、玉川来夢)


愛の素晴らしさを伝えるという思いは素晴らしいものですが、
「愛より金がいい」派のメンバー8人が今回した行動は面白いものばかりでしたね。

特に面白いというか意味不明(笑)だったのが、
伊藤祐奈(ゆうな)と野元愛(マナミーゼ)がしたドッヂボールを使った愛の素晴らしさの伝達でした。
ゆうながボールを投げてマナミーゼがキャッチし愛に関する一言を言う、という内容だったのですが、
当然のようにマナミーゼがちゃんとキャッチしなければこの内容は成り立ちません。
しかしマナミーゼはキャッチミスをしてしまい、内容の方もしょっぱいものになってしまいました(笑)

最後に「愛より金がいい」派のメンバー全員による合唱が行なわれましたが、
こちらは完全なる練習不足を感じさせるヒドイものになっていましたね(苦笑)

番組の最後にはひぃちゃんとおじまが「愛より金がいい」派に寝返るというトラブルも起き、
今回の企画は初期の目標を達成することなく終了ということになったのです。


今回の「緊急企画!愛より金がいいなんて!これでいいのかアイドリング!!!」は
全体的にハチャメチャな企画でしたが、
こういった企画の内容が許されてしまうところが『アイドリング!!!』の良さの一つであります。
今回は、改めてそういった部分を感じる回となりましたね。
Hello! Project 誕生15周年記念ライブ 2012夏
BD / Hello! Project 誕生15周年記念ライブ 2012夏~Ktkr(キタコレ)夏のFAN祭り!・Wkwk(ワクワク)夏のFAN祭り!~完全版 [Blu-ray]BD / Hello! Project 誕生15周年記念ライブ 2012夏~Ktkr(キタコレ)夏のFAN祭り!・Wkwk(ワクワク)夏のFAN祭り!~完全版 [Blu-ray]
(2012/12/05)
VARIOUS ARTISTS

商品詳細を見る

今年の夏に開催された「Hello!Project 誕生15周年記念ライブ 2012夏」の模様を収めたDVD
「Hello!Project 誕生15周年記念ライブ 2012夏
~Ktkr(キタコレ)夏のFAN祭り!・Wkwk(ワクワク)夏のFAN祭り!~完全版」が12月5日に発売されます!!

Hello!Projectが15周年を迎えたことを記念して行なわれた今回のライブは
東京と愛知と大阪の3ヶ所で開催されたんですが、
今回のDVDには8月19日の東京・中野サンプラザでの公演の模様が収録されています。

自分は、
「Hello!Project 誕生15周年記念ライブ 2012夏~Ktkr(キタコレ)夏のFAN祭り!~」の模様を
ライブビューイングで観たのですが、メンバーの可愛さとパフォーマンスの凄さに圧倒されましたね。
特に、ライブ終盤で披露された20分超の超ロングメドレーは圧巻でした。

激戦のアイドルグループ業界において
なぜHello!Projectが常に憧れの的であり続けるのか、その答えがこのライブを観ればわかると思います。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

笑いの頂点を目指す12組
12月16日に開催される『THE MANZAI 2012~年間最強漫才師決定トーナメント~』の
決勝大会に進出する上位11組の漫才師たちが決定し、組み合わせ抽選会が2日に行われました。


『THE MANZAI 2012』の決勝大会に進出した11組の名前とグループ分けは以下の通りです。

<Aグループ>
テンダラー
ウーマンラッシュアワー
ハマカーン
オジンオズボーン

<Bグループ>
トレンディエンジェル
NON STYLE
磁石
千鳥

<Cグループ>
スーパーマラドーナ
アルコ&ピース
笑い飯

この11組にさらにワイルドカード決定戦勝者を加えた12組が、今年の出場1740組の頂点を目指します。


注目は、やはり去年の『THE MANZAI 2011』で大ブレークした千鳥でしょう。
今年の千鳥は予選を1位で通過しており、1年越しの頂点が見えて来ています。
果たして、去年の「白平(はくべい)」のような印象的なキャラクターが今年も登場するのでしょうか。

そんな千鳥の優勝を阻もうとするメンバーも豪華です。
笑い飯、NON STYLEといったM-1王者も虎視眈々と王者の座を狙っています。

さらにいえば、
ワイルドカードに残った漫才師の中には中川家も残っており、千鳥は一切の油断も出来ません。

12月16日は衆議院選挙の日でありますが、『THE MANZAI 2012』のことも忘れてはいけません。
季節は冬ですが、きっとこの日は政治のトップとお笑いのトップが決まる1年で一番熱い日になることでしょう。


THE MANZAI LEGEND DVD-BOX  1980 笑いの覚醒〜1982 笑いの飛翔  吉本興業創業100周年記念版THE MANZAI LEGEND DVD-BOX 1980 笑いの覚醒〜1982 笑いの飛翔 吉本興業創業100周年記念版
(2012/12/12)
V.A.

商品詳細を見る

笑い飯・千鳥の大喜利ライブDVD2笑い飯・千鳥の大喜利ライブDVD2
(2012/03/07)
笑い飯、千鳥 他

商品詳細を見る
♯940 ユニット祭り開催
石田佳蓮(アイドリング) 2013カレンダー石田佳蓮(アイドリング) 2013カレンダー
(2012/10/17)
-

商品詳細を見る

今回は、♯940の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「ニコはちライブ」でした。


今回の「ニコはちライブ」の流れは、以下のような感じでした。

「Stay with me」

自己紹介

「春色の空」

「犯人はあなたです♡」

「GO EAST!!! GO WEST!!!」

「Like a Shooting Star」


今回の「ニコはちライブ」は、
「Stay with me」、「春色の空」、「犯人はあなたです♡」といったユニットの曲が非常に多く歌われました。

「春色の空」は、
外岡えりか(とんちゃん)と橋本楓(楓ちゃん)と伊藤祐奈(ゆうな)
といったオリジナルメンバーの3人で歌われていましたが、
「Stay with me」と「犯人はあなたです♡」は珍しいメンバーの組み合わせが実現していましたね。

その組み合わせは、
「Stay with me」が遠藤舞(まいぷる)、とんちゃん、高橋胡桃(くるみん)、石田佳蓮(佳蓮ちゃん)、
「犯人はあなたです♡」がまいぷる、酒井瞳(さかっち)、ゆうな、佳蓮ちゃん、
というものでした。

このメンバーを見ていると、佳蓮ちゃんが歌唱力に関して大変な期待を寄せられていることがわかります。
こうやって次世代の歌唱力エースとなるメンバーが出現したことは、とても頼もしいことですよね。