FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
世界最高の男―羽生結弦が前人未踏の300点超えでNHK杯を制覇!
11月28日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦となるNHK杯の男子フリーが行われ、
羽生結弦選手がフリー216.07点、合計322.40点で優勝しました。

羽生選手は前日のショートプログラムに続いて、世界最高得点をマークし、
合計で前人未踏の300点超えを果たしました。


このことを報じた記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「フィギュアスケート・GPシリーズ最終戦・NHK杯」(28日、長野ビッグハット)

男子フリーが行われ、
3位以内で12月のGPファイナル(バルセロナ)進出が決まるソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20)=ANA=が、
216・07点をマーク。
27日に行われたショートプログラム(SP)と合わせ、
世界新記録となる合計322・40点で優勝し、ファイナル進出を決めた。

以下は羽生の優勝インタビュー及び一問一答。

-見事な滑り。

「ありがとうございます。
皆さんは直接…、僕も含め、僕らスケーターに直接手を加えて下さったり、
何かをして下さったわけではないですけれども、本当に応援という大きな力をもらいました。
本当にこのスコアは、そしてこの演技は、皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。
そしてテレビを見ている皆さんも、本当にありがとうございます」

-世界で初めての300点。

「いまだに信じられてないです。
スコアは本当にビックリしましたけれども、実際にここまで、
スケートカナダからNHK杯まで、本当に血のにじむような…、本当につらい努力というか、
練習をしてきましたので、まずその練習をさせて下さった僕の周りの方々、サポーターの皆さん、
そしてカナダのクリケットのリンク、そして自分が生まれ育った仙台のリンク、すべてに感謝したいと思います」

-この結果は想像していた?

「いやあ、やってやるとは思ってましたけど…(笑)。
ただ、自分自身、すごく今回、特にフリーは滑る前にものすごく緊張していて、
本当だったらいつもブライアン(オーサーコーチ)と滑る前に話すことができるんですけど、
話すことすらできなくて…。
本当に緊張したんですけど、この、名古屋の、オリンピックがあったリンクということで…」

-長野、ですね。

「長野ですね。
すいません。名古屋って言いましたね、私。
興奮してます。
本当に、長野の、オリンピックがあったリンクで滑ることによって、
オリンピックのマークもありますし、自分自身プレッシャーかけて、
絶対王者だぞという自信を、すごく言い聞かせながらやってました」

-オーサーコーチとはどんな話を?

「ただただ、びっくりしたねっていう話をしました。
終わった後に『いい子だったよ』と言われたんですけど、『まだいい子なの?』という話はしましたけど」

-今後に向けて。

「今回は今回で終わってしまったことなんで、
とにかく、まずここまですごいハードな練習をしてきましたけれども、それでもケガをしないで、
まずここまで来れた自分の体、ケアして下さった先生方に感謝しつつ、
またこれ以上の演技ができるようにさらに練習を積んでいきたいと思っています」

-素晴らしい演技をありがとうございました。

「ありがとうございました。
皆さん本当にありがとうございました。
またこれからもお願いします!」

【一問一答】

-演技を終えて

「本当に嬉しいです。
正直、フリーでノーミスの演技をすることがなかったので。
今はまだ興奮していて、なんと言っていいか分からない。
応援が本当に力になった。
日本中、世界中から力をもらっている感じがした」

-驚異的なスコアが出た

「本当にビックリした。
ただ、スケートカナダからここまで本当にハードで、血が滲むような努力、練習をしてきた。
ハードな練習でも怪我をしないでこれた自分の体や、支えてくれた人たちに感謝したい」

-演技前の心境は

「正直。すごく緊張していた。
ただ、これまでの経験がすごく生きた。
ソチ五輪の時は、演技が終わった瞬間に“金メダルがなくなった”と思って、
自分が金メダルが欲しくて、重圧を感じてきたことに気づいた。
今回は僕自身、300点という得点を取りたいという気持ちが少なからずあって、
緊張している中で“点を取りたい”と考えているなと認めてあげることができた。
うまく精神のコントロールができた」

-今後に向けて

「今後この3つの(世界新の)得点が自分の壁になると思うし、プレッシャーも掛かってくると思う。
それに打ち勝つ精神力をつけたい。
この得点を超えるために、日々努力していきたい」

-今後さらに難しい4回転が必要になってくる?

「僕自身まだ4回転ルッツは奇跡的に(練習で)1度下りたことがあるだけだし、
ループもまだプログラムに組み込めるような精度じゃない。
アクセルも数回チャレンジしたけど、回転も着氷もできていない。
ただ、今大会で感じたのは、
(4回転ルッツを決めた)金博洋選手の演技は、スケート界の将来を見ている気がする」」


本当に凄いです。

誰も届いたことのない位置に辿り着くということは並大抵のことではありません。

それを実現させた羽生選手は、もちろんセンスがあってのことなんでしょうけど、
人並み以上の努力、つまりは練習を重ねてきたんだと思います。

羽生選手ならまだまだ上を目指せる、そんな気がします。




スポンサーサイト



『GREEN ROOM』 #31(レギュラーMC:徳永千奈美&夏焼雅 ゲストMC:譜久村聖)
『GREEN ROOM』の♯31が11月26日にアップされました!!

今回の『GREEN ROOM』にはゲストMCとしてモーニング娘。'15の譜久村聖(フクちゃん)が登場しました。


今回の『GREEN ROOM』の内容は以下の通りです。

モーニング娘。'15 コンサートツアー秋〜PRISM〜の裏側編

アンジュルム ニューシングル発売記念イベント 上國料萌衣 密着編

アップアップガールズ(仮) Akasaka Halloween 2015 メイクの裏側編

こぶしファクトリー ライブツアー2015〜The First Ring!〜の裏側編


今回の『GREEN ROOM』では、
アンジュルム新メンバーの上國料萌衣ちゃんが初お披露目されたイベントの裏側が流されていました。

アンジュルムといえば上國料萌衣ちゃんが新加入したことが話題になっていますが、
もう一つグループにとって大きな分岐点になる出来事が近づいてきています。

それが福田花音(かにょん)の卒業です。

遂に本日11月29日の日本武道館公演をもってかにょんが卒業します。


そんな卒業に絡んだ記事が『リアルサウンド』に掲載されていたので以下で紹介します。

「アンジュルムのメンバー、福田花音が11月29日に行われる日本武道館のコンサートをもって、
グループおよびハロー!プロジェクトから卒業する。
アンジュルムの改名前グループのスマイレージ時代から数えると6年、
ハロプロエッグ時代も含めると約10年間のアイドル人生の幕を20歳で降ろす。
卒業後は作詞家を目指すと公言している。

そんな福田花音が、これまでレコーディングに参加してきた楽曲がいったい全部で何曲あるのか、
検証しつつ活動自体も駆け足で振り返ってみようというのが本記事の趣旨である。

数え方としては、スマイレージおよびアンジュルム名義でリリースされたCDシングル・アルバム収録曲がまずあり、
これを本カウントとする。
バージョン違いの曲は別でカウントする。
また、別ユニット等で参加した楽曲についても分けてカウントする。

以下リスト中、特に表記がない場合はスマイレージまたはアンジュルム名義曲。
シングルのカップリング曲には[c/w]、アルバム収録曲には[アルバム]、配信限定曲には[配信]と末尾に記した。
また、2009年以降の各年でオススメ曲を一曲ずつ挙げていく。

・<2006年>ハロプロエッグ時代

【関連ユニット:3曲】
・空がある / 福田花音、北原沙弥香、ストューカス・ロビン・翔子、橋田三令
・妖かしの宝珠 / 安倍なつみ、福田花音[アルバム]
・虹の国へ / 福田花音、澤登ひほり、家泉明花、澤田樹里亜[アルバム]

福田のアイドル人生は、2004年に行われた「ハロプロエッグオーディション2004」の合格から始まる
(ハロプロエッグとは、現在のハロプロ研修生の改称前の名称)。
同年4月にテレビ番組『ハロー!モーニング』等で募集され、当時10歳の福田も応募。
8月10日にスポーツ新聞やハロプロ公式サイト等で32名が合格したことが発表される。

翌2005年1月3日から中野サンプラザで開始した
『Hello! Project 2005 Winter ~A HAPPY NEW POWER! 紅組~/白組』にて、
ハロプロエッグが先輩アイドルたちのバックダンサーとして初めてステージに立つ。
福田の初ステージもこの日ということになる。

ハロプロエッグとしてレッスンに励む日々を送るが、
メンバーの中には平行して個人仕事を行う者が何人か出てくる。
福田もその一人で、
2006年の「ニッセン“ちょっといいな”飛行船チャリティキャンペーン」の
キャンペーンソング「空がある」の歌唱を担当したのは、
福田をはじめ北原沙弥香、ストューカス・ロビン・翔子(後に改名して岡田ロビン翔子)、橋田三令の4人。
この楽曲が福田の初レコーディング作品となる。
キャンペーンソングなので一般販売ではなく、公式サイトからのフリーダウンロードという形式で発表。
サイトでは現在もダウンロード可能だ( http://www.nissen.jp/hikosen2006/song/)。
また、当時イベント等で無料配布されたCDシングルも存在する。

同年11月にはミュージカル『白蛇伝 ~White Lovers~』に出演。
この作品のサウンドトラックアルバム収録の2曲にも福田が参加している。
そのうち1曲は、同ミュージカルの主演女優だった安倍なつみとのデュエットソング「妖かしの宝珠」。
福田は当時の公式ブログ「かのんのいちごのツブログ」などで、
尊敬する先輩として安倍の名前を挙げてリスペクトを表明していた。

<2008年>しゅごキャラエッグ!時代

【関連ユニット:2曲】
・みんなのたまご / しゅごキャラエッグ!
・はじまりのうた / しゅごキャラエッグ![c/w]

2008年10月より放送のアニメ『しゅごキャラ!!どきっ』の主題歌を歌うために
結成されたグループが「しゅごキャラエッグ!」である。
メンバーに選抜されたのはハロプロエッグから前田憂佳、佐保明梨、福田、和田彩花の4人。
佐保以外の3人はのちにスマイレージのメンバーとなり、佐保はアップアップガールズ(仮)のメンバーとなる。

<2009年>スマイレージ1年目・インディーズ時代

【本体:3曲】
・ぁまのじゃく / S/mileage
・あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい / S/mileage
・スキちゃん / S/mileage

【関連ユニット:2曲】
・てんとう虫のサンバ / 新ミニモニ。[アルバム]
・ペン ペン 兄弟 / 新ミニモニ。[アルバム]

2009年4月、ハロプロエッグメンバー選抜による新グループの結成が発表される。
メンバーは福田、前田憂佳、和田彩花、そして小川紗季の4人。
これがスマイレージである。
当初は「S/mileage」と英語表記だった。
6月にインディーズシングル『ぁまのじゃく』をリリース。
9月には第2期タンポポを思わせるブリティッシュポップ『あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい』、
11月には現在でもライブの鉄板盛り上がりロック曲『スキちゃん』と矢継ぎ早にシングルを発表。
いずれも名曲ぞろいで、つんく♂Pの力の入れようがうかがえる。
その中でも1stシングルとなった『ぁまのじゃく』は、
エヴァーグリーンなアイドルポップスの魅力が詰まっており眩いばかりの輝きを放つ。

<2010年>スマイレージ2年目

【本体:12曲】
・オトナになるって難しい!!!
・夢見る 15歳
・サンキュ! クレームブリュレの友情[c/w]
・○○ がんばらなくてもええねんで!!
・スマイル美人[c/w]
・同じ時給で働く友達の美人ママ
・ちょこっとLOVE[c/w]
・踊ろうよ[アルバム]
・女ばかりの日曜日[アルバム]
・シューティング スター[アルバム]
・学級委員長[アルバム]
・しっかりしてよ! もう[アルバム]

【関連ユニット:5曲】
・リトル(ハート)ぷりんせす☆ぷりっ! / リルぷりっ
・ハッピーゴーラッキー☆ぷりっ! / リルぷりっ[c/w]
・アイドルール / リルぷりっ
・ヴィラヴィラヴィロー! / リルぷりっ[c/w]
・マイ・スクール・マーチ / おはガールメープル with スマイレージ

【バージョン違い:5曲】
・夢見る 15歳 (Pax Japonika Groove Remix)[配信]
・○○ がんばらなくてもいいんだよ!![c/w]
・○○ がんばらなくてもええねんで!! (TopNude Remix Version 01)[配信]
・同じ時給で働く友達の美人ママ (Remix Type1)[配信]
・○○ がんばらなくてもええねんで!! (TopNude Remix Version 02)[アルバム]

3月リリースのインディーズ4thシングル『オトナになるって難しい!!!』より
グループ名表記を「スマイレージ」に改める。
そして5月にシングル『夢見る 15歳』でメジャーデビュー。
同曲で年末の『日本レコード大賞』最優秀新人賞を受賞する。

<2011年>スマイレージ3年目

【本体:16曲】
・ショートカット
・パン屋さんのアルバイト[c/w]
・乙女 パスタに感動[c/w]
・恋にBooing ブー!
・初恋の貴方へ[c/w]
・恋をしちゃいました![c/w]
・有頂天LOVE
・自転車チリリン[c/w]
・チュッ! 夏パ~ティ[c/w]
・タチアガール
・スマイル音丼[c/w]
・ブギートレイン'11[c/w]
・プリーズ ミニスカ ポストウーマン!
・こんにちは こんばんは[c/w]
・手を握って歩きたい[c/w]
・かっちょ良い歌 (フィーチャリング スマイレージ)[c/w]

【関連ユニット:2曲】
・負けるな わっしょい! / ベキマス
・ブスにならない哲学 / ハロー! プロジェクト モベキマス

【バージョン違い:4曲】
・ショートカット (Remix Version)[配信]
・有頂天LOVE ~rocketman mix~[配信]
・スマイレージ シングルス 激萌えリミックス[c/w]
・スマイレージ シングルス 激ヤバリミックス[c/w]

順風満帆に見えたスマイレージだったが、
この年の8月に小川紗季、12月には前田憂佳が相次いでグループ卒業。
並行して2期メンバー4人が加入し、最終的には6人に落ち着いた。
メンバー4人時代の最後のシングルとなったのが『有頂天LOVE』で、
この曲はファン主催イベント『ハロプロ楽曲大賞2011』にて1位を獲得するなど評価が高い。
明るくチャラいユーロビート調サウンドが、「問題児」「悪ガキ」と形容されていたスマイレージ4人の
可愛くも生意気なキャラとベストマッチング。

<2012年>スマイレージ4年目

【本体:11曲】
・チョトマテクダサイ!
・チャンス到来![c/w]
・涙GIRL[c/w]
・ドットビキニ
・すまいるブルース / 須磨入姉妹[c/w]
・恋人は心の応援団[c/w]
・好きよ、純情反抗期。
・君は自転車 私は電車で帰宅[c/w]
・寒いね。
・私、ちょいとカワイイ裏番長[c/w]
・黄色い自転車とサンドウィッチ[アルバム]

【バージョン違い:1曲】
・スマイレージ シングルス 激アツリミックス[c/w]

6人時代のスマイレージは、それまでよりライブ動員が落ちて、
いわゆる“暗黒期”だったと現在のメンバーが述懐している。
もっとも、楽曲自体のクオリティは別段落ちたわけでもなく、
1期メンバー以上にキャラの強い2期メンバーたちの成長過程だったのがこの時期だろう。
『チョトマテクダサイ!』『ドットビキニ』などはコミカルで楽しく、
『好きよ、純情反抗期。』は後に見せるクールなカッコ良さの萌芽。
『寒いね。』では初のウィンターバラードシングルにも挑戦している。
「すまいるブルース」を歌っている須磨入姉妹というのはグループ内ユニットで、
福田と田村芽実がこぶしを効かせる怪曲だった。

・<2013年>スマイレージ5年目

【本体:13曲】
・旅立ちの春が来た
・どうしよう[c/w]
・新しい私になれ!
・ヤッタルチャン
・ええか!?
・「良い奴」
・新・日本のすすめ![アルバム]
・大人の途中[アルバム]
・天真爛漫[アルバム]
・私の心[アルバム]
・夕暮れ 恋の時間[アルバム]
・ねぇ 先輩[アルバム]
・さよなら さよなら さよなら[アルバム]

【関連ユニット:1曲】
・海岸清掃男子 / HI-FIN

この年の5月には1stアルバム『悪ガキッ(1)』から
2年半ぶりのニューアルバム『(2)スマイルセンセーション』がリリースされた。
シングルのみならずアルバム用新曲が粒ぞろいで、メンバー6人の魅力が凝縮された名盤である。
7月にリリースされたシングル『ヤッタルチャン』では、
他のハロプログループが歌っているところが想像しづらい、スマイレージならではの個性を発揮。
12月リリースの『ええか!?』は同路線をさらにアップデートしたような曲調だった。

HI-FINはSATOUMI movementから誕生したユニットで、メンバーは福田含む5人。
「海岸清掃男子」はちょっとレトロなGSソング風で、セリフパートもある可愛らしい一曲だ。

・<2014年>スマイレージ6年目

【本体:8曲】
・ミステリーナイト!
・エイティーン エモーション
・嗚呼 すすきの
・地球は今日も愛を育む
・叙情組曲「スマイルファンタジー」[アルバム]
・ONE DAY[アルバム]
・か~てぃんこ~るんるん[アルバム]
・SMILE OVERTURE[アルバム]

【関連ユニット:9曲】
・Forget-me-not ~私を忘れないで~ / シルベチカ+少女たち[アルバム]
・Eli, Eli, Lema Sabachthani? / オールキャスト[アルバム]
・繭期のティーチング / 紫蘭・竜胆+少女たち[アルバム]
・或る庭師の物語 / シルベチカ・リリー+少女たち[アルバム]
・ひとりぼっちのスノウ / チェリー+少女たち[アルバム]
・共同幻想ユートピア / ファルス+少女たち[アルバム]
・永遠の繭期の終わり / リリー+少女たち[アルバム]
・少女純潔 / オールキャスト[アルバム]
・葬送終曲「聖痕《スティグマ》」 / リリー・シルべチカ・紫蘭・マリーゴールド[アルバム]

【バージョン違い:4曲】
・Eli, Eli, Lema Sabachthani? ※Ver.違い[アルバム]
・ONE DAY [新録ver.][アルバム]
・叙情組曲「スマイルファンタジー」 [新録ver.][アルバム]
・私の心 / 福田花音[アルバム]

2014年、それまでライブハウスツアーを行っていたスマイレージが、
7月に日本武道館コンサートを敢行することを発表。
動員が危ぶまれたが、当日は見事ソールドアウト。
グループがこれまでに蓄積していた経験やスキルが大舞台で花開いた感動的な公演だった。
その武道館で初披露されたシングル曲「地球は今日も愛を育む」は、
スペーシーな曲調でそれまでよりもさらにもう一段階成熟したグループの魅力を表現したかのような楽曲だった。

また、この年は8月にモーニング娘。'14との共演で『LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-』、
10月に『S/mileage's JUKEBOX MUSICAL「SMILE FANTASY!」』という2本のミュージカルを行い、
それぞれサウンドトラックアルバムがリリースされた。
前者での福田は紫蘭という役柄を演じていた。
後者は過去のスマイレージ楽曲をフィーチャーした演劇という趣向で、
サントラには各メンバーのソロ歌唱曲を収録、福田は「私の心」を歌った。

・<2015年>アンジュルム1年目

【本体:14曲】
・大器晩成
・乙女の逆襲
・七転び八起き
・臥薪嘗胆
・魔法使いサリー
・出すぎた杭は打たれない
・ドンデンガエシ
・わたし / 福田花音
・涙は蝶に変わる[アルバム]
・カクゴして[アルバム]
・マリオネット37℃[アルバム]
・汗かいてカルナバル[アルバム]
・交差点[アルバム]
・友よ[アルバム]

前年2014年秋頃からスマイレージは激動の季節を迎える。
まず10月に3期メンバー3人が新たに加入。
12月にはグループ名をアンジュルムに改名。
そして今年2015年初頭に新曲「大器晩成」および「乙女の逆襲」をライブ披露。
この2曲はつんく♂ではない別の作家がそれぞれ提供した楽曲であり、
現在の様々な作家が関わっているハロプロ新体制の先駆けのような作品だった。
特に「大器晩成」の爆発的なファンクサウンドは、
新メンバーの加わったアンジュルムの新たなフォルムを体現したかのような勢いを感じさせ、
ファンの圧倒的な支持を得ている。
同年5月に行われた日本武道館のライブ名、
11月25日リリースのアルバム名それぞれに「大器晩成」の名称が冠せられていることからもそれは明らかだ。

そんな中、5月20日にウェブ番組『ハロ!ステ』にて、
福田本人の口によってアンジュルムおよびハロプロからの卒業発表が告げられた。
在籍ラストシングルには福田のソロ歌唱オリジナル曲「わたし」が収録されている。
この曲の作詞は福田であり、卒業後に目指す作詞家への道の第一歩となっている。

それでは最終集計。ここまでの曲数をすべて合計すると、以下のような数値になった。

【本体:77曲】
【関連ユニット:24曲】
【バージョン違い:14曲】

ハロプロメンバーには珍しく、
ファンに容赦なく突っ込むなど当世アイドル気質を帯びた現代っ子キャラが特徴だった福田花音だが、
その歌唱力やダンス力といった実力面も何気に高かった。
アイドル10年やっちまった「まろ」の最後の晴れ舞台である11月29日の日本武道館、
どんなステージングを魅せてくれるのか今から非常に楽しみだ。」


よくもまぁこんなに調べたなぁと呆れてしまうような記事ですね(笑)

こんなに風に調べてさせてしまうほどファンを熱くさせたかにょんが凄いともいえるわけですが、
やはり今回ばかりは調べた側に「あっぱれ」を贈りたいと思います。

かにょんが最後の晴れ舞台でそんなファンの皆さんにどのような姿を見せるのか、楽しみです。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ジパング』 水曜日のカンパネラ



今回は、2015年の11月11日に発売された、
水曜日のカンパネラのアルバム『ジパング』について書きたいと思います。


収録曲
1.シャクシャイン
2.猪八戒
3.メデューサ
4.ラー
5.ツイッギー
6.ウランちゃん
7.ライト兄弟
8.小野妹子
9.西玉夫
10.マッチ売りの少女


感想
何だかわからないけどクセになる。

これが自分が水曜日のカンパネラに対して抱いているイメージです。

歌詞もメロディも独特、しかしそれは嫌ではなく、何度も聴きたくなる中毒性を持ったものなのです。

今回のアルバム『ジパング』に収録されている「シャクシャイン」などは、
北海道の有名なしそ焼酎の名前である「鍛高譚」というフレーズと北海道の地名で歌詞がほぼ出来上がっています。

こんな曲、他のアーティストではありえないでしょう。

というか、他のアーティストには歌えないのです。

唯一無二の存在です。

さらに水曜日のカンパネラの主演・歌唱を務めるコムアイさんは、
「ヤフオク!」のCMでテレビCM出演を果たすなど、時代のアイコンとしても注目を集めています。

まさにニュースター誕生であります。

「水曜日のカンパネラ」、注目しておいて損はないと思います。
『ハロ!ステ』 #145(MC:福田花音&小片リサ)
『ハロ!ステ』の♯145が11月25日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
アンジュルムの福田花音(かにょん)と、つばきファクトリーの小片リサ(リサちゃん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

℃-uteアルバム告知

℃-ute「アイアンハート」(パシフィコ横浜)

こぶしファクトリー「恋のヌケガラ」(UMEDA CLUB QUATTRO)

竹内朱莉・井上玲音「四字熟語」

福田花音「わたし」(名古屋市公会堂)

アンジュルム新メンバー「上國料萌衣」誕生ヒストリー

山岸理子ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、
℃-uteのニューアルバム『℃maj9』(シーメジャーナインス)の告知が流されていました。

このアルバムは12月23日に発売されます。


このアルバムについて書かれた記事が『音楽ナタリー』に掲載されていたので以下で紹介します。

℃-uteのニューアルバム「℃maj9」が、12月23日にリリースされることが決定した。

℃-uteにとって通算9枚目のオリジナルアルバムとなる今作には、
中島卓偉、SHOCK EYE(湘南乃風)、三浦徳子、近藤薫、中村佳紀、星部ショウ、
Jean Luc Ponpon、児玉雨子、YASUSHI WATANABEといった作家陣が参加。
「都会の一人暮らし」「悲しきヘブン」「心の叫びを歌にしてみた」など
つんく♂プロデュースのシングル曲を含む19トラックが収録される。

アルバムは初回限定盤A、B、通常盤の3形態が用意され、
初回限定盤Aには今年5月の東京・LIQUIDROOM公演「ナルチカ2015 ℃-ute」のライブ映像を収めたDVD、
初回限定盤Bには3曲のミュージックビデオを収めたBlu-rayが付属。
CDのみの通常盤にはボーナストラックとして、
tofubeatsによる「ありがとう~無限のエール~」のリミックスが収められる。

℃-ute「℃maj9」収録内容
CD
01. ℃maj9
02. アイアンハート
03. 男と女とForever
04. 情熱エクスタシー
05. デジタリック→0(LOVE)
06. 羨んじゃう
07. 夜風のMessage
08. 都会の一人暮らし
09. 愛ってもっと斬新
10. 心の叫びを歌にしてみた
11. Love take it all
12. The Power
13. 悲しきヘブン(Single Version)
14. I miss you
15. THE FUTURE
16. The Middle Management~女性中間管理職~
17. 次の角を曲がれ
18. 我武者LIFE
19. ℃maj9(reprise)
<通常盤ボーナストラック>
20. ありがとう~無限のエール~(tofubeats remix)

初回限定盤A DVD
ナルチカ2015 ℃-ute 5/29@恵比寿LIQUIDROOM
01. OPENING
02. かっちょ良い歌
03. Love take it all
04. MC
05. The Middle Management~女性中間管理職~
06. THE FUTURE
07. The Power
08. MC
09. キャンパスライフ~生まれて来てよかった~
10. 桜チラリ
11. 別れたくない…
12. MC
13. 次の角を曲がれ
14. Please, love me more!
15. 涙の色
16. Midnight Temptation
17. 愛ってもっと斬新
18. 都会っ子 純情
19. Kiss me 愛してる
20. Danceでバコーン!
21. MC
22. 僕らの輝き
23. 超WONDERFUL!
24. MC
25. SHINES

初回限定盤B Blu-ray
01. アイアンハート(Music Video)
02. ありがとう~無限のエール~(℃-ute Ver.)
03. 嵐を起こすんだ Exciting Fight!(℃-ute Ver.)」


12月23日に発売されるということで、まさにこのアルバムで今年のハロプロを締めるという感がありますね。

昨年はモーニング娘。から道重さゆみ(さゆ)が卒業し、
今年はBerryz工房が無期限活動停止したことで、名実ともに℃-uteはハロプロを引っ張る存在となりました。

だからこそ今年のハロプロを締めるのにふさわしいのは℃-uteだといえるわけですね。

アルバムの発売が楽しみです。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

真意はどこにあるのか―米製薬大手ファイザーがアイルランド製薬大手アラガンと合併
11月23日、製薬業界大手のファイザーが同業のアラガンと企業合併することで合意したと発表しました。

今回の合併でファイザーは製薬業界で世界最大規模となるそうです。


このことについて報じた記事が『毎日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「米製薬大手ファイザーと、アイルランドの同業アラガンは23日、合併することで合意したと発表した。
2016年後半に合併手続きを終える見通しで、製薬業界では世界最大規模となる。
ファイザーは合併を通じ、法人税を低く抑える狙いがあるとされ、論議を呼びそうだ。

発表によると、買収総額は1600億ドル(約19.6兆円)で、今年最大の企業合併になる見通し。
ファイザーは欧米の巨大製薬会社と首位争いをしており、14年の売上高は496億ドル(約6兆円)で、
製薬業界ではノバルティス(スイス)の580億ドル(約7兆円)に次ぐ規模。
アラガン買収後のファイザーの売上高は600億ドルを超え、首位を奪還するのは確実だ。

ファイザーのリード最高経営責任者(CEO)はかねて、
米国の法人税率は競合他社の所在国より高く、競争上の不利になっていると主張。
昨年1月、法人税率の低い英国の製薬大手アストラゼネカの買収に乗り出したものの、拒否されて実現しなかった。
先月、同じく米国より法人税率の低いアイルランドのアラガンへの合併提案が表面化していた。

買収は、アラガンの株主にアラガン株1株当たり合併会社のファイザー株11.3株を割り当てる株式交換で行う。
社名は「ファイザー」で、事実上の本社機能は引き続き米ニューヨークに置く。
合併会社のCEOはリード氏が務める。

一方、買収される側のアラガンが形式的にファイザーを“吸収”して存続会社になる「逆さ合併」の形を取り、
法的な本社は法人税率の低いアイルランドに置く。
実質的な法人税率は現行の約25%から、合併後には17~18%程度に下がる見通しだ。

米財務省は昨年9月、課税逃れを狙って本社を国外に移す動きを抑止しようと、
こうした企業の資金活用を制限するなどの防止策を打ち出し、今月も追加策を発表したばかり。
米国内で論議を呼ぶのは確実で、税制改正が来年の米大統領選の争点の一つになる可能性もある。

ファイザーは世界屈指の新薬メーカーとはいえ、後発医薬品(ジェネリック)メーカーとの競争が激化している。
しわ取り注射剤「ボトックス」やドライアイ治療薬などの人気薬をそろえるアラガンを取り込み、
合併後3年間で20億ドル(約2460億円)超の経費削減効果も見込む。
リード氏は
「ファイザーは革新的な医薬品の開発、
株主還元、米国への投資を促進する財務上の柔軟性を得られる」との声明を出した。

企業の買収・合併では、ビール首位のベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)が今月、
同業2位の英SABミラーを約710億ポンド(約13兆2000億円)で買収することで正式合意しており、
ファイザーの買収はこれをしのぐ規模となる。

一方、日本勢は最大手の武田薬品工業でも世界トップ10に食い込めていない。
日本勢はバイオ医薬品など最先端の新薬開発で出遅れ、
欧米勢に比べて大型の新薬候補が少ないとの指摘もあり、一段の規模拡大や経営効率化を迫られそうだ。」


最近様々な業界での企業の買収・合併が活発になっている気がします。

記事にもあるビール業界首位のABインベブによるSABミラーの買収、
そして米ホテルチェーン大手のマリオットが同業大手のシェラトンを買収するというニュースもありました。

つまり再編の波が各業界に押し寄せているわけです。

じゃあその買収・合併の真意がどこにあるのかというと、
たとえば今回のように米国外に本社を構えることで法人税を低く抑える狙いがあったりと、
世界的企業ならでは狙いが存在するようです。

そのような狙いをもって買収・合併を行うことに対する賛否両論があることは間違いありませんが、
これからもこのような狙いを持った世界的規模の買収・合併が続発するでしょうね。




SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2015with勇気の翼秋フェス
11月21日から23日までの3日間、モラージュ菖蒲にて
毎年恒例のイベント「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2015with勇気の翼秋フェス」が開催されました。


このイベントについて書かれた記事が『Smartザテレビジョン』に掲載されていたので以下で紹介します。

モーニング娘。'15らハロー!プロジェクトのメンバー、モーニング娘。OGが
11月21日、埼玉・久喜のモラージュ菖蒲で行なわれた
「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2015with勇気の翼秋フェス」のオープニングセレモニーに出席した。

「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう―」イベントでは、
都市に住む若者たちに農業やアウトドア、
DIY等を通じて地域(里山・里海)での暮らしや余暇の過ごし方を紹介・提案。
協力自治体や協賛企業(団体)の協力の下、トークショーや体験コーナーなどを21日~23日(月)まで開催している。

初日となる21日のオープニングセレモニーには、
飯田圭織、保田圭、矢口真里、吉澤ひとみ、辻希美、モーニング娘。'15、カントリー・ガールズ、大西暁子が登場し、
メンバーそれぞれが各コンテンツについての概要や魅力を説明。
“ももち”ことカントリー・ガールズの嗣永桃子は、
「私たちカントリー・ガールズは、原点でもあるカントリー娘。の半農半芸の精神をしっかり受け継いで、
皆さんに里山・里海の良さを知っていただけるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

また、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんでトークが展開し、
司会の上々軍団・さわやか五郎が「どんな夫婦に憧れる?」と質問。
カントリー・ガールズの森戸知沙希は「毎日、笑顔が絶えない夫婦がいいです」と答え、
ももちから「なんで無難なコメントするの!?」と厳しくツッコまれていた。

ももちのダメ出しで会場が沸く中、'13年に結婚した保田圭は「嫁にいけるだけで十分です」と回答。
ファンから、さらに笑いが起こった。

'15年12月31日(木)をもってモーニング娘。を卒業する鞘師里保にとっては、今回が最後の「SATOYAMA」イベント。
グループの先輩である飯田は、鞘師の卒業に
「若いのに自分で決断をしたということで感心してますし、本当に意志の強さを感じました。
モーニング娘。としての時間を大切に過ごしてもらえたらなと思います」とエールを送った。

オープニングセレモニーの最後は、
鞘師とアンジュルムのリーダー・和田彩花による
“SATOYAMAユニット”ピーベリーの楽曲「キャベツ白書~春編~」を鞘師が1人で歌い、ステージを締めくくった。」


春と秋に開催され、毎年恒例となっているこのイベントですが、
記事からも分かるように今年も盛り上がったようです。

今後も続いていくであろうこのイベントですが、
これからこのイベントの中心になっていくのはやはりカントリー・ガールズなのかもしれませんね。

嗣永桃子(ももち)と里山・里海は何ともミスマッチな感じがしますが、何だか面白そうな組み合わせでもありますね。

注目です。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

とんでもないやつがやって来た!―藤田伸二さんがラジオで過激発言を連発
今年の日本競馬界を騒がせた話題の一つに藤田伸二さんの騎手引退があります。

引退後は表舞台に立つこともなく特に目立った動きがなかったわけですが、
ここにきて22日に放送されたTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に登場し、
現役時代と変わらぬ過激な発言を連発して話題になっています。


このことについて書いた記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「元JRAジョッキーの藤田伸二氏(43)が、22日、
TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜・13時)にガラガラ声で登場し、「酒の飲み過ぎです」と先制ジャブ。
初対面の大田光からの「いい意味でビジュアル系、もっといい意味で言うとホスト系」は、笑顔で流していた。

「ラジオなんで、たくさん毒づいて帰ります」と宣言したあとは、過激発言のオンパレード。
引退の理由とされる、エージェント制への不満については改めて
「仲介者が力を持ちすぎ。
勝ったジョッキーが上手いんじゃなく、馬が強いということ。
今は“馬9・人1”だから、強い馬に乗れば、つかまっていても勝てる」と繰り返した。

さらに
「今、上にいるやつ(リーディング上位ジョッキー)で上手いやつはいない。
岩田、蛯名正義は馬の上で暴れすぎ。
秋山、津村は上手いと思う。
(武)豊さんは天才なのかな?
僕もそんなに変わらないと思う。
ただ飲むとだらしない。
すぐ酔っぱらって、お金も払わずに『オオキニごちそうさん』ですから(笑い)」と続け、
この日行われたマイルCSについても
「相変わらず大手馬主の運動会。
出場してたら?
ポンコツに乗せられて終わっていたでしょう」と皮肉った。

引退のもうひとつの理由も明かし
「昔は馬と騎手がセットでコンビ愛が楽しめたが、今はない。
ゴールドシップの主戦は誰と聞いても誰も答えられない。
オルフェーヴルも日本に戻ったら、また池添が騎乗したけど、僕なら乗らない」とジョッキーの現状を嘆いていた。
すっかり毒に当てられた大田は「とんでもないやつが来たな」と、なかばあきれながらも感心していた。

藤田氏は、今年9月6日の札幌7Rに騎乗後、JRAに騎手免許取り消し願いを提出。
突然の現役引退を表明した。
ホームページ上で、その理由を「エージェント制への不満」と表明していた。
JRA通算1918勝(史上8位)。
1996年のダービー(フサイチコンコルド)を含め、G1は17勝を挙げている。
2004年、2010年に特別模範騎手賞を受賞するなど、フェアーな騎乗を評価される一方で、
歯に衣着せぬ発言でファンから人気を集めた。
2013年に出版した「騎手の一分」はベストセラーとなった。

引退後は、故郷である北海道の札幌市内に、ファンと交流できるカフェバーをオープンさせている。」


さすがは藤田伸二です。

期待を裏切りません。

どこまで表舞台に立てるのかは未知数ですが、
これからもこういった日本競馬界への提言(?)を期待したいですね。




『俺物語!!』 出演:鈴木亮平、永野芽郁ほか 監督:河合勇人



今回は『俺物語!!』について書いていきたいと思います。


内容
高校生離れした顔面と巨体を持つ剛田猛男は、
豪傑かつ硬派な日本男児だが、
心根は優しく純粋な高校1年生。

その外見のせいで女子には恐れられているが、
男子からの信頼は厚かった。

そんな猛男は、
親友のイケメン・砂川誠と一緒にいたある時、
街中で危機に陥っていた女子高生・大和凛子を助ける。

大和に一目ぼれした猛男だったが、
後日、3人で再び会った際、
大和は砂川のことが好きなのだと察する。

落ち込みながらも大和と砂川の仲を取り持とうとする猛男だったが……。


感想
『俺物語!!』が実写化されると聞いた時、
「猛男を実写化することが出来るのか!?」という疑問が自分の中で湧き上がりました。

これは多くの人が抱いた疑問だと思います。

それくらい猛男のキャラは濃く、そして異色の見た目をしているのです。

しかしながら猛男を演じた鈴木亮平さんは体重を増やすなどの完璧な役作りで、
見事にこの人間離れした猛男という男子高校生になりきってみせたのです。

お見事というほかありません。

映画の内容は原作以上に猛男と大和がすれ違いの連続で、
観ていてずっとヤキモキさせられます。

しかしながらそのすれ違いのおかげでというべきか、
猛男という男の真っ直ぐさが映画ではより伝わってくる感じがしました。

大和を演じた永野芽郁さんの可愛さも含めて、是非とも見てほしい一作です。
『GREEN ROOM』 #30(レギュラーMC:徳永千奈美&夏焼雅 ゲストMC:田口夏実)
『GREEN ROOM』の♯30が11月19日にアップされました!!

今回の『GREEN ROOM』にはゲストMCとしてこぶしファクトリーの田口夏実(たぐっち)が登場しました。


今回の『GREEN ROOM』の内容は以下の通りです。

こぶしファクトリー ライブツアー2015〜The First Ring!〜の裏側編

カントリー・ガールズ 1周年記念イベント&嗣永桃子復活祭!新メンバー密着編

チーム・負けん気 セレクトメンバーライブ 当日の裏側編

ハロプロ研修生 発表会 2015〜11月・12月の生タマゴShow!〜 ダンスコーナー リハーサル続編


今回の『GREEN ROOM』では、
「こぶしファクトリー ライブツアー2015~The First Ring!~」の裏側が流されていました。

「こぶしファクトリー ライブツアー2015~The First Ring!~」は、
11月6日からスタートしたこぶしファクトリーにとって初めてのライブツアーです。

まだ持ち歌が少ないため、
セットリストにはBerryz工房の楽曲などハロプロの先輩たちの楽曲も多数組み込まれています。

そのためというべきか、今回のライブは、
長年のハロプロファンにとっても楽しむことの出来るものになっているといえるのではないでしょうか。


そんなこぶしファクトリーに嬉しいニュースが飛び込んできました。

こぶしファクトリーが今年のレコード大賞の新人賞に選出されたのです。

ハロプロから新人賞に選出されるのは2013年のJuice=Juice以来となります。


今年新人賞に選出されたアーティストは以下の通りです。

lol
こぶしファクトリー
花岡なつみ
安田レイ


このメンツを見ると、安田レイさんが頭一つ分抜けているという感じがします。

しかしながらこぶしファクトリーもドラマの主題歌を歌うなど話題性では負けていません。

是非ともスマイレージ以来となる最優秀新人賞を目指して頑張ってほしいと思います。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

未来の日本サッカー界を描く―来季からJ3へのセカンドチーム参戦決定
11月17日、2015年度第11回Jリーグ理事会が行われ、
この中で来シーズンからJ3リーグに「U-23チーム」の参加が承認されました。


このことに関する記事が『SOCCER KING』に掲載されていたので以下で紹介します。

11月17日に行われた2015年度第11回Jリーグ理事会で、いくつかの重要な決定がなされた。
中でもクリティカルだったのが、
来シーズンから明治安田生命J3リーグに「U-23チーム」の参加を承認したことだろう。
直接的にはJ3のみにまつわる案件だが、日本サッカーの未来に大きく関わる決定と言っていい。

SNS上でそんな話をしたところ、「あれ? 今までも参加してたでしょ?」というリアクションが届いてしまった。
「いやいや、違うのだ。今まで参加していたのは『Jリーグ・アンダー22選抜(J-22選抜)』で、
新しく参加が認められたのは『各クラブのU-23チーム』」。
この二つは似て非なるものである。

J-22選抜は
所属チームで出場機会のない選手に実戦経験を積ませる場として昨年のJ3誕生とともに産声を上げた。
高卒1年目から4年目(早生まれに関しては5年目まで)の選手たちをターゲットに、
リオデジャネイロ・オリンピック出場を目指す代表チームの強化もにらみながら活動を続けてきたわけだ。
基本的にJ1、J2の各クラブでベンチ入りできなかった選手を
J3リーグ戦の前々日に招集して試合に臨むというコンセプト。
いわば急造選抜チームを逐一組んで、年間のリーグ戦を戦った。

その実情には難しさがあった。
MF喜田拓也(横浜F・マリノス)のように本制度を意欲的に活用して飛躍を遂げた選手が出た一方、
全体としては思ったほどの効果を挙げられなかった印象だ。
そこにはまず、単純にモチベーションの問題があった。
「ベンチ入りできなかった」、「試合に出られなかった」というある種の失意とともに全国から集まってくる選手たち。
中にはハッキリと「行きたくない」と漏らす選手もいた。
代表チームへの招集は栄誉だが、この選抜チームへの招集は必ずしも栄誉とは認識されなかった。
集まれる選手は毎度バラバラで、チームとしての継続性が失われたことも問題だった。

チームや選手の強化を図る際に用いられる用語として、
「マッチ-トレーニング-マッチ(MTM)」というフレーズがある。
試合をして、試合で出た課題をトレーニングしながら次の試合に備え、
また試合をして新たな課題を発見してトレーニングに落とし込んでいくという意味だ。
この繰り返しでチームと選手の双方が伸びていくという考え方である。
だが、J-22選抜はあくまで急造であり、チームとしてこのサイクルは回せない。
個人としても、試合で課題が出たとしても、それがトレーニングに反映されるわけではなく、
次の試合に向けてトレーニングするわけでもない(そもそも呼ばれるかどうかも分からない)。

今シーズン、J-22選抜がレノファ山口に0-8と大敗してしまった試合があったが、
次の試合にほとんどの選手が招集されなかったのは、まさに「MTM」が機能していない典型だと感じた。
大敗で突き付けられた課題を感じていたとしても、
それを消化してぶつける場がないのでは、若い選手を伸ばすための環境とは言えなかった。

さらに言及すると、J-22選抜が試合をしているタイミングで、
各クラブの控え組が練習試合を組んでいることも非常に多く、
J3でのプレーがポジション奪取につながらないという感覚を多くの選手が持ってしまっていたことも問題だった。
各チームの監督にしても、
間近で控え選手を一望できる練習試合のほうが比較も見極めもしやすいという一面はある。
そして練習試合の内容を、翌日以降のトレーニングに落とし込むこともできるからだ。

そこで今回の「U-23チームのJ3参戦」がある。
控え組による練習試合は各チームで広く行われているが、練習試合ゆえに真剣度は低下しがち。
実戦に強い選手を育てていく場にはなり切らない面がある。
そのために公式戦に出場できるJ-22選抜を組織したわけだが、前述のような問題を抱えてしまっていた。
ならば、控えチームそのものをJ3にエントリーできるようにしてはどうか。
そう考えた上での強化策である。

今回のU-23チームは、
当該シーズンの12月31日時点で23歳以下である選手に加えて、3名のオーバーエイジ選手を加えることができる。
どうしても実戦機会が少なくなるGKに関しては、年齢フリーで使えるというのが大枠だ。
年齢に関して下限はないので、アカデミー所属の選手を起用することも可能になる。
選手登録はトップチームとU-23チームで別々にするのではなく、自由な入れ替えが認められており、
例えば土曜日にJ1でベンチに座っていた選手を日曜日のJ3で起用することも可能。
経験値という点でもそうだが、「活躍すればトップ昇格が見える」という直接的なモチベーションも生み出せる。

また五輪代表を含む年代別代表チームの強化という視点で見ても、メリットが大きい。
これまでは「ベンチ入りしながらも試合に出ていない選手」を最も鍛えたいと考えていたが、
現状のルールではJ-22選抜への招集が難しかった。
時には試合前夜に強行招集したこともあったが、同一クラブのU-23チームであれば、
より自然な形で「あと一歩でレギュラー」というラインの選手が実戦経験を積むことができるはず。
また選手の行き来に制限を掛けないことで、
無理に保有選手数を増やすことなくU-23チームを持てるメリットもある。
試合日は基本的にトップチームの試合と重ならないようにする配慮をすることも
村井満チェアマンの口から発表されている。

ここまで“育成”の部分を強調してきたが、一方でJ3にU-23チームが参加する問題点は何だろうか。
一つはプロの興行として行われているJ3に
“育成”を目的としたチームが参加することによるリーグとしての盛り下がりだろう。
この点については「J3のブランドイメージ低下を危惧する声はあった」と村井チェアマンも認めたとおり。
「真剣勝負の場に、勝敗を直接的な目的としないチームがいてもいいのか?」という
スポーツ的な視点でも議論はあったという。

一方で「だからこそ育成に意義がある」(村井チェアマン)とも言える。
今シーズンのJ-22選抜が惨憺たる戦績(13チーム中12位)で終わったことからも分かるように、
目的意識を欠いた急造チームが通用するような甘い場ではないからこそ、
育成の場として単なる練習試合よりも大きな価値を持つとも言える。
この真剣勝負のリーグを通じて『MTM』のサイクルを回すことで伸びていく選手はきっといるだろう。
またアカデミー所属の選手にとっても、貴重な学びの場となっていくはずだ。

ただ、興行面について言えば、「果たしてU-23チームがどの程度、客を呼べるのか」は未知数の課題でもある。
村井チェアマンは
「真剣にJ3を一緒に盛り上げていこうという意思のあるチームにだけ参加を認める」と強弁していたが、
これがどこまで実効性を伴うか。
オーバーエイジで起用される選手によっては、思わぬビッグネームがJ3の舞台に立つことも考えられるため、
こちらを興行面で期待する声もあったようだが、これこそ未知数の要素だろう。
選手育成を企図した結果、J3クラブの経営にガタが来るのでは、まさにリーグとしての本末転倒。
興行への影響については、改めて真剣に見定めていく必要がある。

2年前、J-22選抜の参加決定時、日本サッカー協会の原博実技術委員長(現専務理事)は
「本来はセカンドチームの参加があるべき形だとは思っている」と漏らしていた。
その「本来の形」が果たしてどういう成果を生み出すのか。
今回の理事会で同時に承認され、かつてのサテライトリーグを想起させる「育成マッチデー(仮称)」を含めて、
「若手が育っていない」という日本サッカー界の率直な危機感を反映した諸改革。
10年後、「あの時にやっておいて良かった」と言える結果が出ていることを期待したい。」


ユース世代も含めて若手が育たなければ日本サッカー界の未来はありません。

そういった点で今回の決定は日本サッカー界の未来を描いていく上で非常に重要なものであり、
そして必ず明るい未来をもたらしてくれるものだと自分は信じています。

短期で結果は出なくとも、きっと長期的視点で見た時に効果が出てくるはずです。




『ハロ!ステ』 #144(MC:小田さくら&和田桜子)
『ハロ!ステ』の♯144が11月18日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
モーニング娘。'15の小田さくら(おださく)と、こぶしファクトリーの和田桜子(わださく)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

アンジュルム「出すぎた杭は打たれない」(CLUB CITTA'川崎)

アンジュルム新メンバーお披露目(CLUB CITTA'川崎)

アンジュルム「ドンデンガエシ」(サンシティ越谷)

竹内朱莉・井上玲音「四字熟語」

カントリー・ガールズ「キスより先にできること」(札幌ペニーレーン24)

Juice=Juiceからのお知らせ

石田亜佑美ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、
アンジュルムの新メンバー・上國料萌衣ちゃんのファンへのお披露目の模様が流されていました。

ファンへのお披露目が行われたのは11月11日に行われたニューシングルの発売記念イベントでした。


このイベントのことが『東スポWeb』にて記事になっていたので以下で紹介します。

「ハロプロのアイドルグループ「アンジュルム」
(リーダー・和田彩花=21、福田花音=20、
竹内朱莉=17、中西香菜=18、勝田里奈=17、田村芽実=17、
室田瑞希=17、相川茉穂=16、佐々木莉佳子=14)が11日、
神奈川県川崎市でシングル「出すぎた杭は打たれない/ドンデンガエシ/わたし」の発売記念イベントを行った。

29日に卒業を控えた福田は
「最近になって実感が湧いてきた。
ライブでは『もうこの曲を歌うことはないのかな』とか思って、
家でシクシク泣いています」と冗談交じりに心境を明かす。
その一方で、新メンバーとなる上國料萌衣(かみこくりょう・もえ=16、熊本県出身)の加入が発表され、
「憧れは福田さん」(上國料)と初々しい表情を見せた。

着々とグループの変化が続いている中で、一つ困った問題が起きていた。
竹内が過去のイベントで「財布に27円しか入っていない」と発言したことが、思わぬ波紋を広げていたという。

本紙などで「27円アイドルのアンジュルム」と報じられ
「グループ全体が27円しか持ってない赤貧アイドルと周囲に勘違いされた」(音楽関係者)そうだ。
リーダーの和田も本紙に
「ちゃんと『27円しか持っていないのは竹内』と書いてください! 勘違いされちゃうから!」と恥ずかしそうな顔。
ほかのメンバーも切実な表情で訴えた。

ところが、竹内だけは「最近、アンジュルム、売れてきましたよ!」と、リーダーの訴えなどどこ吹く風。
「最近はケータリングも温かいものが出るようになりました!」とうれしそうだ。

ちなみにこの日の所持金は「48円です!」と微増だった。
まだまだ頑張りが足りないようだ。」


さすがは竹内朱莉(タケちゃん)です(笑)

ムードメーカーの役割をしっかり果たしています。

こういった先輩がいることは新メンバーにとって非常に大きいと思います。

現に3期メンバーはタケちゃんのことをイジっていますからね。

そういった意味で萌衣ちゃんは非常に良い環境の中で活動していけると言えます。

これからに期待です。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

苦戦の末の勝利―サッカー・日本代表がカンボジア代表に2-0の辛勝
11月17日、ロシアW杯アジア2次予選でサッカー・日本代表はカンボジア代表と対戦し、
オウンゴールなどによって2-0で勝利を収めました。

今年最後となる試合を何とか白星で飾りました。


このことについて書かれた記事が『ゲキサカ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「[11.17 W杯アジア2次予選 カンボジア 0-2 日本 プノンペン]

日本代表は17日、W杯アジア2次予選でFIFAランク183位(日本は50位)、
今予選6戦全敗で最下位のカンボジア代表とプノンペンのナショナルオリンピックスタジアムで対戦した。
前半をスコアレスで折り返すと、後半開始直後にPKの好機を迎えながらもFW岡崎慎司がまさかの失敗。
だが後半6分に先制に成功すると、試合終了間際の同45分にFW本田圭佑が追加点を奪って2-0の完封勝利。
W杯予選6試合連続完封の新記録を達成し、15年ラストマッチを白星で飾った。

日本は12日に行われたシンガポール戦から
GK西川周作、DF長友佑都、DF吉田麻也以外の先発8人を入れ替えて、カンボジア戦に臨んだ。
GKに西川、最終ラインは右から長友、吉田、DF槙野智章、DF藤春廣輝が並び、
中盤はMF香川真司、MF山口蛍、MF遠藤航で形成され、前線には右からFW原口元気、
ゲームキャプテンを務める岡崎、FW宇佐美貴史が配置された。

9月3日に埼玉スタジアムで対戦した際に3-0で勝利している日本が、
序盤からシュートまで持ち込む場面を作り出す。
前半10分には右サイドでボールを受けた岡崎がDF2人を抜いてゴールを狙うが
GKウム・セレイロットにストップされ、こぼれ球に反応した原口のシュートはDFにブロックされてしまう。
さらに同16分にはPA内でボールを受けた香川が鋭い反転から右足で狙ったが、ボールはゴール左へと外れた。

すると前半22分には槙野のパスをカットされるとカンボジアにカウンターを仕掛けられ、
MFクオン・ラボラビーにシュートまで持ち込まれてしまう。
さらに同31分にはFWケオ・ソクペンに直接FKでゴールを脅かされたものの、吉田がクリアして得点を許さなかった。
その後、カンボジアの守備に苦しめられた日本は前半アディショナルタイム、
香川のパスからPA内に進入した藤春が左足で合わせたシュートがポストに弾かれるなど無得点のまま、
前半終了のホイッスルを聞くことになった。

スコアレスで後半を迎えると、日本は遠藤に代えてMF柏木陽介を投入する。
すると開始早々の後半1分、柏木のパスを岡崎がヘッドで落とすと、
ボールに反応した香川がPA内で相手DFのファウルを誘ってPKを獲得。
しかし、キッカーを務めた岡崎のシュートがセレイロットにセーブされて先制の好機を逃してしまう。
だが後半6分、柏木の蹴り出したFKを
岡崎とFWネン・ソティアロットが競ったボールがゴールマウスへと吸い込まれ、日本が先制に成功した。

後半14分には左サイドの原口が送ったクロスを長友がヘディングで狙ったが、セレイロットに阻まれてしまう。
すると同17分、宇佐美に代わり、W杯予選4試合連続ゴール中の本田がピッチに送り込まれた。
後半18分には柏木のパスから投入直後の本田がゴールを脅かしたがシュートはセイロットにストップされ、
さらに同23分には山口が強烈なミドルシュートを枠内に飛ばしたが、これもセレイロットに弾き出されてしまった。

日本は後半36分にミドルレンジから柏木が、
同39分には柏木のパスを受けた本田が狙うも、ともにセレイロットに阻まれてしまう。
同41分には岡崎に代えて3枚目のカードとなるFW南野拓実を投入。
すると同45分、左サイドを突破した藤春のクロスを本田がW杯予選5試合連続となるゴールをヘッドで叩き込み、
2-0の完封勝利を収めた。」


何とか苦しみながら勝利を収めました。

前節のシンガポール戦が快勝だっただけに、
FIFAランク183位のシンガポール戦ではより多くのゴールが生まれることが期待されましたが、
結果的には前節よりも少ないゴール数で終わり、少し不満が残る結果に終わりました。

とはいっても、記事にもある通り、W杯予選6試合連続完封の新記録を達成するなど明るい話題もあります。

これが今年最後の試合ですので、2016年はより輝くプレーをしていただけることに期待したいですね。




『Hello!Project 2015 SUMMER~DISCOVERY・CHALLENGER~完全版』が発売!!
11月11日、今年の夏のハロコンの模様が収められたDVD&Blu-ray
『Hello!Project 2015 SUMMER~DISCOVERY・CHALLENGER~完全版』が発売されました。

このDVDとBlu-rayには8月9日に行われた中野サンプラザ公演の模様が収められています。


収録内容は以下の通りです。

<Disc1>Hello!Project 2015 SUMMER ~DISCOVERY~
1. OPENING
2. 恋愛ハンター (updated)⇒【ダンスパフォーマンス】⇒ブスにならない哲学
3. MC
4. メンバー紹介VTR
5. Crying
6. 青春まんまんなか!
7. ラーメン大好き小泉さんの唄
8. わかっているのにごめんね
9. MC
10. 赤いフリージア
11. 生まれたてのBaby Love
12. 乙女の逆襲
13. Oh my wish!
14. The Middle Management~女性中間管理職~
15. 伊達じゃないよ うちの人生は
16. 七転び八起き
17. 青春小僧が泣いている
18. 我武者LIFE
19. Danceでバコーン!
20. MC
21. ジリリ キテル
22. ドスコイ!ケンキョにダイタン
23. ためらい サマータイム
24. MC
25. 【Kanon memorial medley 2004~2015】
26. 私、ちょいとカワイイ裏番長
27. スカッとMy Heart
28. CHOICE & CHANCE
29. ザ☆トレジャーボックス
30. ロマンスの途中
31. 大器晩成
32. Kiss me 愛してる
33. What is LOVE?
34. MC
35. Wonderful World
特典映像
1. C\C (シンデレラ\コンプレックス)
2. 赤い日記帳

<Disc2>Hello!Project 2015 SUMMER ~CHALLENGER~
1. OPENING
2. 大器晩成⇒Love take it all⇒大器晩成
3. MC
4. メンバー紹介VTR
5. おへその国からこんにちは
6. 青春まんまんなか!
7. ラーメン大好き小泉さんの唄
8. わかっているのにごめんね
9. MC
10. 今すぐ飛び込む勇気
11. GIRLS BE AMBITIOUS
12. 魔法使いサリー
13. 次の角を曲がれ
14. 【アクロバット&ダンスパフォーマンス】
15. MC
16. ヒロインになろうか!
17. ROCKエロティック
18. ドスコイ!ケンキョにダイタン
19. 念には念 (念入り Ver.)
20. 初めてのハッピーバースディ!⇒浮気なハニーパイ
21. ためらい サマータイム
22. MC
23. 【ダンスパフォーマンス】
24. イジワルしないで 抱きしめてよ⇒私が言う前に抱きしめなきゃね
25. 選ばれし私達
26. ミステリーナイト!⇒好きよ、純情反抗期。
27. 臥薪嘗胆
28. Help me!! (updated)⇒One・Two・Three (updated)
29. Password is 0
30. 都会っ子 純情 (2012神聖なるVer.)⇒Crazy 完全な大人
31. いざ、進め!Steady go!
32. MC
33. そうだ!We’re ALIVE (updated)


今回のコンサートツアーは7~8月にかけて全国7カ所で行われ、
モーニング娘。’15、℃-ute、アンジュルム、Juice=Juice、
カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリーのほか、ハロプロ研修生も出演しました。

「CHALLENGER」は各グループが交互に歌う“対バン”形式、
「DISCOVERY」は当時の新曲や比較的最近のナンバーが中心ということで、
Disc1とDisc2で違ったハロプロの魅力をそれぞれ感じることが出来るでしょう。

このコンサートはBerryz工房の無期限活動停止後初となるハロコンでもあり、
また新たなハロプロのスタートとなった重要なコンサートであるといえます。

ハロプロファンであれば是非とも手に入れておきたい一品です。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

年に一回の女王決定戦―マリアライト、G1初挑戦で初制覇
11月15日、京都競馬場にてG1「エリザベス女王杯」が行われ、
単勝6番人気のマリアライトが直線で抜け出して見事に勝利を収めました。

マリアライトは今回がG1初挑戦で、同時にG1初制覇を成し遂げたわけです。


このことを報じる記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「<エリザベス女王杯>◇15日=京都◇G1◇芝2200メートル◇3歳上牝◇出走18頭

6番人気マリアライト(牝4、久保田)が初のG1レースで重賞初勝利を飾った。
直線早めの抜け出しから、同世代のオークス馬ヌーヴォレコルトの追い上げを首差封じた。
勝ちタイムは2分14秒9。
心肺機能に体が追いつき、蛯名正義騎手(46)の強気騎乗に応えてみせた。
同騎手は武豊騎手以来2人目の牝馬限定JRA・G1完全制覇。久保田貴士師(48)も初G1となった。

直線入り口にさしかかったマリアライトの蛯名騎手は早くも手を動かしていた。
「後ろに強い馬もいる。待っていては負ける」。
ゴールまで200メートルを残して先頭へ。
しかしその直後、外からヌーヴォレコルトが迫る。
「鼻面が見えた。何とか…と」という鞍上の思いに応える。
伸びてくるライバル。
しかし同じだけ、マリアも伸びた。
出走馬最小の430キロの体をちぎれんばかりにはじけさせ、首差しのいでフィニッシュ。
鞍上は2度左手を掲げ、喜びを爆発させた。

強気な戦法をとれたのは、勝算があったからこそだ。
快勝した昨年1月のデビュー戦では、ゴール直後さらにコースを1周したほどで、
当時から心肺機能は際立っていた。
担当の伊坂助手は「間違いなくF1のエンジンだと感じた」と振り返る。
3歳時は使えば体が減り、G1出走すらかなわなかった。
「ならば、来年のエリザベス女王杯こそは…と。厩舎の人間は、みんな思っていたと思います」。

今春、連戦にも耐えられるようになり始めた。夏の休養を挟んだオールカマー前には
「牧場で食べに食べて、帰厩時は465キロくらいまで増えていた」と同助手は驚く。
ようやく思い通りの調教が積めるようになり、迎えた初舞台だった。
「体が追いついたら、どれほどの馬になるんだろう…。それをずっと思って、やってきましたから」。
その答えが、この日出た。
「まだ、うそじゃないかと…」。
同世代のオークス馬をしのいでの栄冠。
牝馬クラシック不出走の無念を晴らしてみせた。

蛯名騎手は「ずっと我慢して使ってきた馬。まだまだ、これからです」と、さらなる高みへ気を引き締めた。
管理馬初のG1勝利となった久保田師も
「この馬にとっても待ち望んでいた。これからも期待に応えてくれると思います」と力強い。
今後は未定だが4歳秋にして、キャリアはわずか13戦。
マリアの女王道は、これからが始まりだ。」


牝馬クラシック戦線とは無縁だった馬が4歳にしてG1初挑戦で初制覇、
しかもその制したレースが年に一回の女王決定戦「エリザベス女王杯」とは、何ともドラマチックな展開です。

記事にある通り「キャリアはわずか13戦」ということで、
まだまだこれからの活躍が期待出来るのではないでしょうか。

今後の活躍が楽しみです。




『俺物語!!』 原作:河原和音 作画:アルコ



今回は原作:河原和音、作画:アルコの『俺物語!!』について書いていきたいと思います。


内容
常人離れした身体能力と行動力、
仁義と正義感にあふれ、
純情で不器用な高校一年生・剛田猛男。

同性からは慕われる男の中の男だが、
異性には全く好かれない、いかつい顔とごつい巨体の持ち主だった。

彼がこれまでに好きになった女子たちは、
クールで秀才でイケメンの親友・砂川誠を好きになっていた。

ある日猛男は、
電車で痴漢に遭っていた女子高生・大和凜子を助け、
猛男は大和に一目惚れする。

後日、お礼に訪れた凜子の様子から「彼女もまた誠を好きになったのだ」と察し、
誠と大和の恋を成就させようと体を張って奮闘する。

しかし、凜子が想いを寄せる相手は砂川ではなく、猛男だったのだ。

誠の協力もあり、思いを確かめたあった猛男と大和は、恋人として付き合うことになる。


感想
最近、実写映画化され話題となっているこの『俺物語!!』ですが、
何といっても原作漫画が秀逸な面白さを持っています。

『マーガレット』に掲載されていることからも分かるように、この『俺物語!!』はれっきとした少女漫画です。

しかしながら男子の鑑賞にも堪えうるというか、
男子だからこそ楽しめる部分もあるんじゃないかと思える漫画なのです。

猛男は男が憧れる男なわけですが、これは男であれば誰もが共感するんじゃないでしょうか。

それくらい猛男は勇ましい男です。

それに対して、その猛男の彼女・大和の可愛さは凄まじいものがあります。

この漫画を読んだ男子なら誰もが大和のことを好きになっちゃうんじゃないでしょうか。

少女漫画だからと敬遠せず、是非とも男子にこそ読んでもらいたい作品です。
『GREEN ROOM』 #29(レギュラーMC:徳永千奈美&夏焼雅 ゲストMC:古川小夏)
『GREEN ROOM』の♯29が11月12日にアップされました!!

今回の『GREEN ROOM』にはゲストMCとしてアップアップガールズ(仮)の古川小夏ちゃんが登場しました。


今回の『GREEN ROOM』の内容は以下の通りです。

チーム・負けん気 セレクトメンバーライブの裏側編

福田花音(アンジュルム)「わたし」MUSIC VIDEOの裏側編

こぶしファクトリー ライブツアー2015〜The First Ring!〜リハーサル編

℃-ute コンサートツアー2015秋〜℃an't STOP!!〜の裏側編


今回の『GREEN ROOM』では、
アンジュルムのニューシングル『出すぎた杭は打たれない/ドンデンガエシ/わたし』に収録された、
福田花音(かにょん)のソロ曲「わたし」のMV撮影の裏側が流されていました。

このニューシングルは11月12日に発売されました。


『出すぎた杭は打たれない/ドンデンガエシ/わたし』の発売記念イベント11月11日に行われ、
このイベントの模様が『Billboard Japan』で記事になっていたので以下で紹介します。

「11月11日 川崎CLUB CITTA'にて
【アンジュルム『出すぎた杭は打たれない/ドンデンガエシ/わたし』発売記念ミニライブ】が開催された。

<「大逆転できる歌詞になって嬉しい」「いつも家でシクシク」>

11月29日の日本武道館でもって卒業するオリジナルメンバー 福田花音にとっては
ラストシングルとなる『出すぎた杭は打たれない/ドンデンガエシ/わたし』。
その発売記念として開催された同イベントでは、まず開演前に各メディアによる囲み取材が行われた。

リーダーの和田彩花は今作について、
「「出すぎた杭は打たれない」はメタル系な感じで、ハロプロ史上最速なんですね。
たまに口が回らなくなるぐらい速いんですけど(笑)、
でもそれと共に力強いメッセージが歌詞の中に込められているので、そこには注目して欲しいと思いますし、
「ドンデンガエシ」もロックなんですけど、アニソンっぽい感じで疾走感のある曲で、こちらも歌詞が力強くって。
今までアンジュルムは耐え忍ぶ歌詞が多かったんですけど、やっとここに来て「ドンデンガエシ」となりました。
大逆転できる歌詞になって嬉しいです」とコメント。

福田花音は初めて作詞を手掛けた「わたし」について、
「元々作詞を勉強し始めたときに
「作詞の出来が良かったら最後のシングルで自分で作詞が出来るよ」って言われていて、
絶対なんとしても最後のシングルに自分の作詞曲を入れて頂けたら嬉しいなと思っていたので、
念願叶って本当に嬉しいなと思います」と語り、
卒業が近づいていることについては
「3日前ぐらいまで実感がなかったんですけど、もうどんどん実感が湧いてきて、
曲を聴く度に「この曲はもう歌うことはないんだ」とか「あと何回ぐらいしか歌うことはないんだ」と思って、
いつも家でシクシクしてます」と心境を語った。

<新メンの憧れのアイドルは福田花音「辞めるの、やめようっかな」>

また、アンジュルムは、この日のイベントで
新メンバー 上國料萌衣(かみこくりょうもえ/16歳/熊本県出身/150cm/特技ドラム/人見知り)を初お披露目。
囲み取材にも登場したのだが、カメラとマイクを向けられただけで泣き出してしまった。
「天使の涙」を意味するアンジュルムに相応しいメンバーと言えるかもしれない。
そんな綺麗な涙を零しながらも彼女は、同グループのオーディションを受けた理由について
「モーニング娘。さんのオーディションに落ちた後に
ハロー!プロジェクトの曲があんまり好きになれなくって……
でも「大器晩成」を聴いてすごい勇気をもらったので受けました」と語った。

さらに「憧れのアイドルは?」という問いに
「福田花音さん。歌が上手なのですごく憧れます」と答える場面もあったのだが、
これに驚いた花音は「辞めるの、やめようっかな」とまさかの卒業撤回(?)発言。
「私に憧れてくれる人が今までほぼ皆無だったので、
卒業間際で急にこんな持ち上げられて、本当に卒業悩むレベルで嬉しいです」と語り、
その後も質問に一生懸命答える上國料萌衣の姿を母親のような目で見つめていた。

<福田花音作詞ナンバー MVも自信作「出し切ったんですよ、すべてを」> 

そして迎えたイベント本番。
満員のファンの前に現れたアンジュルムは、
まず「出すぎた杭は打たれない」の目まぐるしく動き回るドラマティックなパフォーマンスを展開し、
佐々木莉佳子は
「とってもロックで歌ってても踊っててもすごく楽しい。
衣装も格好良いし、みんな格好良い」と自画自賛。
また、福田花音は自身の卒業ソングとも言える「わたし」のMVについて言及し、
「自信作なんですよ。
最後の最後だから、アイドルぶれるのがもう。
出し切ったんですよ、すべてを。
なので、友達にも自慢できるようなミュージックビデオ」と語った。

その後も凄まじいコールやシンガロングに包まれながら
「臥薪嘗胆」「大器晩成」とスマイレージ時代からの物語、
その物語を必死に生きてきたメンバーの想いが乗った“大逆転”に辿り着く為の二大キラーチューンを連発。
そして、満を持してファンのみんなへ新メンバーをお披露目する。
「えっと、熊本県出身、高校1年生、16歳の上國料萌衣です。よろしくお願いします」
アンジュルムのメンバーとして初めての自己紹介に会場が沸くと、
もうそれだけで感極まって泣き出してしまう彼女。
そこへ福田花音が「憧れの先輩は誰ですか?」と質問し、「福田花音さんです」と聞くマッチポンプ(笑)。

<「自分に憧れてくれる娘がいて心から良かったなって思います」>

これにメンバーはニヤニヤしていたのだが、なんと「泣けてきた……」と花音まで泣き出してしまう。
しかも「初めてのイベントって緊張すると思うから……」とまさかの母親目線。
「しかも私に憧れてるって言ってくれたのが本当に嬉しいと思ったの……」
「私が抜けたら(上國料を加えた)9人でやるじゃないですか。
もしかしたら私の衣装とか、私の歌割りとか歌ってくれるのかなと思ったら、
自分に憧れてくれる娘がいて心から良かったなって思います」

卒業を直前に控えた今、
自分がアイドルとして、メンバーとして活動してきてこんなに嬉しい事はなかったのだろう。
スマイレージ/アンジュルムを懸命に支えてきた福田花音へのご褒美、
そして福田花音がスマイレージ/アンジュルムに居たことをこれから先も忘れさせない継承セレモニー。
と言ったら大袈裟に思われるかもしれないが、このグループもまた大河のような物語を紡いでいく。
そんな未来をも予感させるシーンだった。

<福田花音いわく「すっごい爪痕残してやる」>

さて、この日のイベントを
「壮大などんでん返し! 圧巻のどんでん返し! 運命の大逆転劇だ!!」と
歌い叫んで締め括ったアンジュルムだが、
念願のホールツアー【アンジュルム ファーストコンサートツアー 2015秋 『百花繚乱』】、
そして11月29日
【アンジュルム ファーストコンサートツアー 2015秋 『百花繚乱』 ~福田花音卒業スペシャル~】は
果たしてどんな内容になるのか。
福田花音いわく「すっごい爪痕残してやる」とのことなので、ぜひその勇姿を目撃してほしい。

福田花音、アンジュルム卒業まであと17日。」


作詞家・福田花音の作品が遂に発売されました。

そういった点で今回のシングルはかにょんにとってラストでありスタートであるわけです。

かつて「ハロプロの神童」ともまで呼ばれたかにょんのアンジュルムでの最後の活躍から目が離せません。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

気持ち良き勝利―サッカー・日本代表がシンガポール代表に3発快勝!
11月12日、ロシアW杯アジア2次予選でサッカー・日本代表はシンガポール代表と対戦し、
金崎夢生選手などのゴールがあり見事に3-0で快勝を収めました。

これにより日本代表はシリア代表を抜いてグループ首位に立ちました。


このことについて書かれた記事が『theWORLD(ザ・ワールド)』に掲載されていたので以下で紹介します。

「12日に行われたロシアW杯アジア2次予選で日本代表とシンガポール代表が対戦した。

日本は6月に行われたホームでの対戦で攻め込みながらも決定打に欠け、スコアレスで試合を終えた。
アウェーでのこの試合では[4-2-3-1]の布陣でスタートし、
1トップには5年ぶりの代表復帰を果たした金崎夢生が入り、
2列目は右から本田圭佑、清武弘嗣、武藤嘉紀の並びとなった。
シンガポールは前回の対戦でファインセーブを連発したGKイズワン・マブフドが先発している。

序盤からボールを支配した日本。
6分、左サイドでボールを持った武藤がゴール前にボールを送ると、ファーサイドで本田が合わせた。
このシュートはGKマブフドが触り、詰めていた金崎もあとわずかで触ることができない。

トップ下で先発した清武は所属するハノーファーで見せているキック精度をこの試合でも見せた。
15分、清武の放ったFKをCBの森重真人がファーで合わせて落とすと、これを本田がシュート。
しかしこれもGKマフブドが防ぎ切ってみせた。

スコアが動いたのは20分。
武藤がゴール前で相手DFとの空中戦を制してボールを落とすと、これに金崎が反応。
胸トラップでボールをコントロールし、その流れから左足を素早く振りぬいた。
この強烈なボレーシュートが決まり、日本が先制に成功する。

幸先よく先制した日本はそのわずか6分後にも追加点を挙げる。
スピードに乗ったショートカウンターから清武、武藤と繋ぎ、最後は本田がフィニッシュ。
早い時間帯でリードを2点に広げ、前半を終えた。

後半も日本はゴールに迫る。
67分には本田のクロスから武藤がボレーシュートを放ったが、これはGKマブフドの正面となった。
このプレイの後日本は武藤に代えて宇佐美貴史、清武に代えて香川真司を投入した。

試合を通してほとんどチャンスを作れなかったシンガポールだが、サイド攻撃から決定機を得た。
71分、右サイドからクロスが上がると、ゴール前に顔を出したアブ・スヤドが頭で合わせた。
しかし、このチャンスも決めることはできない。

後半から入った宇佐美は得意のドリブルやシュートを随所で見せ、ゴールにも絡んだ。
終了間際の87分、宇佐美の放ったミドルシュートがDF吉田麻也の足に当たり、そのままゴールイン。
試合はこのまま日本が3-0で快勝を収めた。

この結果、日本はシリアを抜いてグループ首位に立った。日本は17日にカンボジア代表と対戦する。

[日本代表先発メンバー]
GK:西川周作
DF:酒井宏樹、吉田麻也、森重真人、長友佑都
MF:長谷部誠、柏木陽介、清武弘嗣(→香川真司 74)
FW:本田圭佑(→原口元気 81)、武藤嘉紀(→宇佐美貴史 68)、金崎夢生

[スコア]
シンガポール 0-3 日本
日本:金崎(20)、本田(26)、吉田(87)」


気持ちの良い試合展開でしたね。

6月に行われたシンガポール戦ではまさかのスコアレスドローに終わり、
ハリルJAPANに対する風当たりもかなり厳しいものとなっていましたが、
今回はまさに会心の試合運びだったといえるのではないでしょうか。

とはいってもまだこれで終わりではありません。

17日に行われるカンボジア代表戦でも今回のような気持ちの良い勝利を収めてくれることに期待したいですね。




『ハロ!ステ』 #143(MC:勝田里奈&野中美希)
『ハロ!ステ』の♯143が11月11日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
アンジュルムの勝田里奈(りなぷー)と、モーニング娘。'15の野中美希(ちぇる)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

カントリー・ガールズ新メンバー加入発表!(新宿ReNY)

「2015アンジュルム新メンバーオーディション」合格者発表!

モーニング娘。'15「私のなんにもわかっちゃない」(パシフィコ横浜)

こぶしファクトリー「一丁目ロック!」(UMEDA CLUB QUATTRO)
 

今回の『ハロ!ステ』では、
アンジュルムの4期メンバーの最終審査の模様が流されていました。

11日、ここで選ばれた新メンバーがお披露目されました。

アンジュルムの4期メンバーに選ばれたのは上國料萌衣ちゃんです。


このことについて報じた記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクト所属のアイドルグループ・アンジュルムが11日、
神奈川・クラブチッタ川崎で新曲「出すぎた杭は打たれない/ドンデンガエシ/わたし」リリースイベントを開催。
今年7月より『2015 アンジュルム新メンバーオーデション』を行ってきた同グループに、
応募者1800人の中から選ばれた
熊本出身の高校1年生・上國料萌衣(かみこくりょうもえ・16)が加入することが発表された。

イベント前、メンバーとともに報道陣の前に登場した上國料は、
リーダーの和田彩花(21)から
「初めてメンバーと会うとき、部屋に入る前から泣いてた。
それを見て、アンジュルムは“天使の涙”という意味を持つので、
アンジュルムになるべくして入ってきた」と紹介を受けると、思わず号泣。
涙をぬぐいながら
「受かったときはうれしくて、今みたいに泣いちゃったんですけど、頑張っていこうと思います」と決意を語った。

以前にモーニング娘。’14のオーディションも受けた経験もある上國料だが
「落ちた後にハロー!プロジェクトの曲が好きになれなかったんですけど、
(アンジュルムの)『大器晩成」』を聴いて勇気をもらった」という理由でオーディションに参加。
憧れの先輩は、今月29日の単独武道館公演をもってグループを卒業する福田花音(20)を挙げると、
福田は「辞めるの辞めようかな~。卒業を悩むレベルでうれしい」と浮かれ気分に。
“シンデレラの生まれ変わり”を自称する福田に対抗し、自身は「白雪姫ですかね」とコメントすると、
メンバーを「カワイイ!」「説得力ある!」と感心させていた。

オーディションを審査したシャ乱Qのたいせいは、上國料について
「美少女なのはもちろんのこと、彼女の最大の魅力は『ピュア』なところですね。
『目力』が強いというよりも、そこにスッと立っているだけで目を引く、不思議な魅力を持つ女の子です」と絶賛。
歌唱力には
「技術的なことはさすがにまだまだですが、素材としては『ピカイチ』です。
声も『キラッ!』とした部分のある、とてもいい声をしていると思います」と太鼓判を押した。

イベントでは新曲ほか全4曲を披露。
上國料の本格的なパフォーマンス参加時期は未定となっている。

■上國料萌衣のプロフィール
1999年10月24日生まれ
16歳・高校1年生
出身 熊本県
血液型 0型
身長 150センチ
特技 縄跳び、ペン回し、ドラム」


期待の新メンバーの加入が決定しました。

記事を読んでも分かるように相当にハロプロ愛も強いようで、
福田花音(かにょん)に代わるメンバーとしての資質は十分に備えているように思われます。

たいせいさんが褒め称えた歌声も気になりますし、早くパフォーマンスしている姿を見てみたいですね。

期待しています。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

スポーツマンシップに反した罪の重さ―賭博の巨人3投手、無期失格処分
11月10日、プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーは、
野球賭博に絡んでいた巨人の福田聡志選手、笠原将生選手、松本竜也選手の3名に対して、
無期の失格処分とする裁決を下しました。

無期の失格処分は、野球協約において永久失格処分の次に重い処分となります。


このことを報じる記事が『朝日新聞デジタル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「プロ野球巨人の福田聡志(32)、笠原将生(24)、松本竜也(22)の3投手が野球賭博などをしていた問題で、
プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーは10日、3人を無期の失格処分とする裁決を下した。
コミッショナーが野球賭博など有害行為について失格処分を下すのは、
1969年に発覚した「黒い霧事件」といわれる八百長事件以来。

コミッショナーは巨人に対しても管理監督上の責任は重いとして、制裁金1千万円を科した。
裁決を受け巨人は同日、記者会見を開き、3人に契約解除(解雇相当)を伝えたことを明らかにした。

野球協約で無期の失格処分は、永久失格処分(永久追放)の次に重い処分。
無期失格選手は最低5年間は処分が解除されない。
5年経過後に本人からの申請があれば、処分後の行動などが考慮されて処分解除の可能性がある。
3人は失格選手名簿に記載され、
協定を結ぶ大リーグ、韓国、台湾、中国でプレーはできず、海外を含め事実上選手生命が絶たれた。」


発覚後から日本中を騒がせていた事件に対して、遂に処分が決定しました。

相当の処分が下されたんじゃないかと思います。

やはりスポーツマンシップに反するこの野球賭博という行為に対する世間の目は厳しく、
こういう行為をした選手が出てくると野球界全体が疑われることとなるでしょう。

そういった点においても今回この3選手がした罪の重さは計り知れないわけです。

しかも別の『朝日新聞デジタル』によれば、この3選手は事件の隠蔽工作を行っていたそうです。


その記事は以下の通りです。

「プロ野球界を揺るがせた野球賭博問題。
コミッショナーが10日出した結論は、巨人3投手の無期の失格処分だった。
調査の過程で、選手による隠蔽(いんぺい)工作や賭博の日常化という実態も見えてきた。

日本野球機構(NPB)の調査委員会の調査結果報告書では、
無期の失格処分となった巨人の福田聡志(32)、笠原将生(24)、松本竜也(22)の3投手による
隠蔽工作も明らかになった。

報告書によると、3投手は野球賭博が発覚しそうになった際、
携帯電話から野球賭博のやり取りのメールを削除。
野球賭博に誘った飲食店経営の男性と相談するなどし、
賭けていたのは金銭ではなく食事だったとうその説明をするよう口裏を合わせた。
その上で、巨人や調査委に対して
「復元されたメールに金銭の記載があるとしても、それは冗談を言い合っていた」とうその説明をしていたという。」


全国の野球少年たちの憧れの的であるはずのプロ野球選手が
賭博行為をして更にはこんな隠蔽工作をしていたなんて本当に残念でなりません。

野球界が本当の意味でクリーンとなり、
野球少年たちが全力で憧れられるような野球界になることを早急に望みます。




アンジュルム・福田花音の卒業コンサートがスカパー!で生中継されることが決定!!
11月29日に日本武道館で開催される
「アンジュルムファーストコンサートツアー2015秋「百花繚乱」~福田花音卒業スペシャル~」が、
BSスカパー!と4K専門チャンネル「スカパー!4K総合」で生中継されること決定しました。

この日の公演をもって福田花音(かにょん)がアンジュルムおよびハロプロを卒業することが決定しています。


このことを報じる記事が『Billboard Japan』に掲載されていたので以下で紹介します。

「スカパー!は、11月29日に日本武道館で開催される
【アンジュルムファーストコンサートツアー2015秋「百花繚乱」~福田花音卒業スペシャル~】の模様を
BSスカパー!と4K専門チャンネル「スカパー!4K総合」で独占生中継する。

【アンジュルムファーストコンサートツアー2015秋「百花繚乱」】は、
11月14日より埼玉サンシティ越谷公演を皮切りに、千葉、愛知、大阪の4都市7公演を開催。
11月29日にはフィナーレを日本武道館で迎える。
この日本武道館のライブは「福田花音卒業スペシャル」と題し、
これまでハロプロエッグ時代から約11年間、
リーダーの和田彩花とともにグループを引っ張ってきた福田花音の卒業ライブ。

スカパー!では、アンジュルム福田花音、最後の雄姿となるこのライブの模様を独占生中継でお送りする。

◎番組『完全生中継!アンジュルムファーストコンサートツアー2015秋「百花繚乱」~福田花音卒業スペシャル~』
放送日時:2015年11月29日(日)後6時~後9時30分
チャンネル:BSスカパー!(BS241/プレミアムサービス585)、スカパー!4K総合(プレミアムサービス596)
視聴方法:スカパー!のチャンネルまたはパック・セット等のご契約者は無料でご視聴いただけます。
※4K放送をご視聴いただくには4K対応受信機器とプレミアムサービスへのご加入が必要となります。」


かにょんの卒業まであと僅かとなりました。

11月11日には卒業シングル『出すぎた杭は打たれない/ドンデンガエシ/わたし』が発売され、
11月25日には卒業アルバム『S/mileage / ANGERME SELECTION ALBUM「大器晩成」』が発売されます。

つまり着々と卒業への準備が進んでいるわけです。

そのような中でかにょんの卒業コンサートがスカパー!で生中継されることが決定しました。

このように卒業コンサートがスカパー!で生中継されるのは道重さゆみ(さゆ)以来のこととなります。

このことからも、いかにこのコンサートへの注目度が高いのかがわかりますね。

果たしてどのような卒業コンサートになるのか、注目が集まります。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『PACK TO THE FUTURE』 真心ブラザーズ



今回は、2015年の10月7日に発売された、
真心ブラザーズのアルバム『PACK TO THE FUTURE』について書きたいと思います。


収録曲
1. 風立ちぬ
2. 風になりたい
3. 横浜いれぶん
4. メイン・テーマ
5. 赤い風船
6. 早春の港
7. 風の谷のナウシカ
8. 木綿のハンカチーフ
9. ゆ・れ・て湘南
10. スローモーション
11. グッド・バイ・マイ・ラブ



感想
この『PACK TO THE FUTURE』は、
真心ブラザーズが11組の女性アイドル歌手の曲をカバーしたカバーアルバムです。

収録曲は1970年~1980年代に発表されたヒット曲ばかりなわけですが、
その曲を真心ブラザーズらしい「ユルロック」なアレンジで仕上げています。

真心ブラザーズが女性アイドルのカバーをするというのは何とも不釣り合いな感じがしますが、
聴いてみると意外や意外、
それぞれの歌がYO-KINGさんの味のある歌声とマッチしているのです。

特に1982年にヒットした石川秀美さんの「ゆ・れ・て湘南」は、
原曲の勢いを生かしつつも「ユルロック」の良さが存分に発揮されています。

まさに真心ブラザーズの凄さです。

発売当時この曲を聴いていた人たちにとっては懐かしくも新しい、
発売当時を知らない若い世代にとっては新たなる発見となる、
そんな素晴らしいカバーアルバムです。

聴くべし。
待ち望まれた勝利―浅田真央、2季ぶりGPシリーズ復帰V
11月7日、中国・北京にてフィギュアスケートGPシリーズ第3戦・中国杯の女子フリーが行われ、
昨季は休養していた浅田真央選手が2季ぶりに勝利を収めました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「昨季休養した浅田真央(25=中京大)が、苦しみながらGP復帰戦を飾った。
女子フリーは3位の125・75点にとどまったが、6日のショートプログラム(SP)との合計197・48点で優勝。
完璧なトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と表現力で他のジャンプのミスをカバーし、
自身の日本最多記録を更新するGP通算15勝目、金ヨナ(25、韓国)を超える出場大会8連勝を挙げた。
本郷理華(19=邦和スポーツランド)がフリー1位の129・97点をマークし、195・76点で2位に入った。

完璧な演技を求めて勝負のリンクに戻ってきたからこそ、この日の出来では心から笑えない。
得点を待つ間、浅田は両手を合わせ謝罪のポーズ。
「フリーに関しては凄く納得していない。優勝できたけど、満足していない」。
3―3回転で転倒、3回転ルッツは2回転になり、終盤の3連続ジャンプは1回転のみの大失敗。
スタートポジションにつくのが規定の30秒より2秒遅れ、1点の減点もあった。
それでも勝てたのは、大技と表現力で圧倒したからだ。

「蝶々夫人」に乗り、冒頭にトリプルアクセルにアタック。
クリーンに着氷すると、ジャッジの加点を1・86点も引き出した。
この日朝の練習では2回完璧に決めた後、曲をかけての滑走ではあえて跳ばなかった。
浅田にとって珍しい光景だが、
「いい感覚できているので、それを失いたくないからでしょう」と佐藤信夫コーチは説明。
不調からプログラムに入れられない時期もあったが、浅田も「今後の試合に向けて自信になった」と手応え十分だ。

大技とともに表現力も浅田を支える。
女子フィギュア界ではベテランの25歳。
大人の魅力をさらに際立たせるため肉体改造にも取り組んできた。
数年前の浅田は力むといかり肩になりがちだったが、
14年ソチ五輪を見据えてトレーナーとともに僧帽筋の強化に着手。
肩甲骨周辺を支える筋肉を鍛えることで肩のラインが美しくなった。
肩回りの可動域も広がり、腕を優雅に使えるようになった。

現役続行を決断し、僧帽筋のトレーニングも再開。
1年の休養があったものの関係者は
「それほど筋力が落ちていなかったのが幸いした。マイナスからのスタートにはならなかった」と言う。
休養前の13~14年シーズンは国際大会でのフリー演技点の平均は70・2点だった。
演技の流れが悪かったこの日でも、全選手中トップの69・60点をマーク。
休養しても、浅田へのジャッジの高い評価は不変だった。

苦しみながら優勝を飾った復帰戦で、課題も明確になった。
トリプルアクセル、3―3回転、3回転ルッツと続くフリー序盤。
「難易度が高いジャンプが3つ続くのは、大きな壁。
3つのリズムをもっともっと体の中に入れていかないといけない」。
次戦のNHK杯(27日開幕、長野)で3位以内に入れば、12月のファイナル進出が決まる。
「ファイナルへ一歩、踏み出せた」。
SPとフリーで完璧な演技をそろえた時、リンクに最高の浅田スマイルが帰ってくる。」


これは国民が待ち望んだ復帰Vだといえるのではないでしょうか。

浅田選手の去就という注目が集まっていましたが、このように現役続行を決意し、
そして今回、嬉しいGPシリーズ復帰Vを飾ったわけです。

このように嬉しい復帰Vではあったわけですが、
その一方で記事にもある通り、フリーの方でミスがあったわけです。

しかしながら休養明けということを考えると、やはり大変立派な成績だといえるわけです。

復帰した浅田選手の活躍から目が離せませんね。




『GREEN ROOM』 #28(レギュラーMC:徳永千奈美&夏焼雅 ゲストMC:岡田万里奈)
『GREEN ROOM』の♯28が11月7日にアップされました!!

今回の『GREEN ROOM』にはゲストMCとしてLoVendoЯの岡田万里奈(おかまり)が登場しました。


今回の『GREEN ROOM』の内容は以下の通りです。

LoVendoЯ LIVE TOUR 2015 MAJOЯ!リハーサル編

ハロプロ研修生 発表会 2015〜11月・12月の生タマゴShow!〜 ダンスコーナー リハーサル編

アンジュルム 「ドンデンガエシ」MUSIC VIDEOの裏側編

カントリー・ガールズ 稲場 愛香 ボイストレーニング編


今回の『GREEN ROOM』では、
カントリー・ガールズの稲場愛香(まなかん)のボイストレーニングの模様が流されていました。

先日、そのまなかんが所属するカントリー・ガールズに関する衝撃的な発表がありました。

それは新メンバーの加入が決定したというものです。

カントリー・ガールズの新メンバーとして選ばれたのは、
ハロプロ研修生の梁川奈々美ちゃんと、
同じくハロプロ研修生の船木結ちゃんの計2名です。


この新メンバー加入に関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「アイドルグループ、カントリー・ガールズに、新メンバーが加入した。
5日、都内で行われたグループの結成1周年記念イベントでサプライズ発表された。

ライブ終盤、ステージ後方のモニターで、新メンバー加入が決まったことが発表された。
ハロー!プロジェクトの研修生から、
船木結(ふなき・むすぶ=13)
梁川奈々美(やながわ・ななみ=13)が昇格した。
まずモニターの映像に梁川が登場すると、「おおおっ!?」とどよめきが起こった。
さらに、船木の姿が映し出されると、「うおおおおっ!!」と盛り上がりは最高潮に。
ファンたちは「マジか~! 来たか!」「キタア~」などと叫びながら拍手。
ハイタッチをしたり、指をさし合って喜ぶファンもいた。

その後、2人はステージに登場し、あいさつ。
梁川は「ももち(嗣永桃子)先輩のように、さまざまな世代の方に知ってもらえるアイドルになれるように、
パフォーマンス力やMC力を磨いていきたいです」と意気込んだ。
さらに、「こうして、カントリー・ガールズの1周年の誕生日に、
みなさんにあいさつすることができて、本当に幸せです」とお辞儀すると、会場がざわめいた。
嗣永も「よくできた子ですね。おだてつつ、こびつつ、完璧だね」と驚いていた。

船木は
「今までカントリー・ガールズさん、と呼んでいたんですが、
カントリー・ガールズの船木結です、と自己紹介できるようになって、とてもうれしいです」とニッコリ。
「ハロー!プロジェクト最年少で、身長も一番低い(147センチ)なのですが、
身長の低さを感じさせないようなパフォーマンスができるように頑張ります」と意気込んだ。
2人は、嗣永から「憧れている先輩は?」と詰め寄られると、「ももち先輩です」と答えていた。

また、声帯ポリープ治療のため活動を休止していた嗣永は、この日コンサート復帰を果たした。
他のメンバー4人がステージで歌う中、3曲目の「シャイニング 愛しき貴方」のイントロが流れると、
「ちょっと待ったぁ~」と割って入った。
「みなさんお待たせいたしました。ももち、完全復活しました!」と宣言し、大歓声を浴びていた。
新メンバー加入について、
「年齢差がまたぐーんと離れてしまうのですが、私の巧みな話術で、
いろいろな隙間を埋めたいと思います」と笑いを誘っていた。
7人体制での活動開始時期は未定という。」


あまりにも突然の発表で驚きました。

ただとんでもない逸材の加入ということもとあって、これは喜ぶべきサプライズであるといえます。

これからカントリー・ガールズがどうなっていくかから目が離せませんね。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

早期復帰を願う―福永祐一騎手に全治4カ月の診断、右肩の靱帯断裂も判明
このブログでも以前取り上げた通り、
10月31日に行われた「スワンS」で福永祐一騎手が落馬し負傷したわけですが、
このたび精密検査の結果、全治4カ月と診断されたことが発表されました。

右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折と診断されていましたが、
今回の精密検査によって脱臼した右肩靱帯の断裂、右胸骨骨折も新たに判明したそうです。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「10月31日の京都11Rで落馬負傷し、
右肩鎖関節脱臼、右鎖骨を剥離骨折した福永祐一騎手(38)=栗・フリー=は3日、
京都市内の病院で受けた精密検査の結果、全治4カ月と診断された。
脱臼した右肩の靱帯(じんたい)が断裂しており、6日に手術を受ける予定だ。

今年、121勝(3日現在)をあげ、全国リーディングトップを快走中のユーイチが、長期離脱することになった。

31日の京都11RスワンSでローブティサージュに騎乗していたが、
直線で前の馬に進路をカットされた際、その馬に触れて、バランスを崩して転倒し落馬。
右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折と診断されたが、
精密検査で右肩の靱帯(じんたい)断裂、右胸骨骨折も新たに判明した。
6日に右肩の手術をする予定で、全治は4カ月の見込み。
復帰時期は未定も来年3月がめどになりそうだ。

福永騎手の落馬負傷による戦線離脱は、今回で3度目となる。
1999年4月に中京競馬で本馬場入場後に落馬し、
左腎臓を損傷し摘出手術を受けるなど、約3カ月の休養。
2009年12月には阪神競馬でゲート内で落馬し、
右ひじ関節を脱臼して損傷した靱帯(じんたい)の手術で約1カ月休養している。
今回が最も長い休養期間になる可能性がある。

福永騎手は
「全治はあくまで見立てですし、手術の結果でどうなるかですね。
ファンの方が心配してくださっている声を伝え聞いていますし、本当にありがたいこと。
しっかり治して、復帰したいと思っています」と話した。」


やはり年内復帰は厳しいようですね。

残念です。

ただ騎手生命が絶たれるような怪我ではなくて本当に良かったです。

以前の記事からの繰り返しになりますが、福永騎手の姿を再びターフで見れる日を楽しみに待ちたいと思います。




『ハロ!ステ』 #142(MC:和田彩花&野村みな美)
『ハロ!ステ』の♯142が11月4日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
アンジュルムの和田彩花(あやちょ)と、こぶしファクトリーの野村みな美(みなみな)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

モーニング娘。'15鞘師里保ツアーMC・コメント(広島文化学園HBGホー­ル)

アンジュルム「わたし」(ハロ!ステ Edit.)

竹内朱莉・井上玲音「四字熟語」

℃-ute「ありがとう~無限のエール~」(日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール)

宮本佳林ヘアアレンジ 


今回の『ハロ!ステ』では、
モーニング娘。'15のコンサートツアーの中で鞘師里保(りほりほ)が卒業を報告した模様が流されていました。

りほりほの卒業は10月29日にブログにて発表され、
ファンに直接報告するのはりほりほの地元であるこの広島でのコンサートが最初でした。


このファンへの報告のことが『日刊スポーツ』で記事になっていたので以下で紹介します。

29日に、年末をもってのモーニング娘。’15からの卒業を発表した鞘師(さやし)里保(17)が31日、
地元の広島市・広島文化学園HBGで行われたモー娘のライブに出演し、ファンにあらためて報告した。

「10月29日に発表させていただきましたが、私、鞘師里保は、
12月31日で、モーニング娘。を卒業します。突然の発表で驚かせてしまってごめんなさい」

謝罪した上で、ファンへの感謝も明かした。

「一昨日、卒業を発表させていただいて、
ブログのコメントでも『悲しいよ』とか『辞めてほしくないよ』って言っていただいて、
本当にありがたいことだなと思いました。
自分で言うのもなんですが、本当にたくさんの方に愛されているなって感じました」

卒業を決めた経緯については、
「私が1人の人間としてもっと強くなっていきたいという思いから、
今年に入って何度も何度も考えて決めたことです」と告白。
来年以降は
「留学という形で、ダンスやもっといろんなことを学んで経験して、一回りも二回りも成長したいです。
卒業までの限られた時間なんですけど、もっとみなさんとたくさん思い出を作りたいなと思いますし、
5年頑張ってきたものをぶつけていきたいなと思います」と宣言。
大歓声を浴びた。

鞘師は大みそかに東京・中野サンプラザで行われるハロプロのカウントダウンライブをもって卒業する。」


この報告の模様を観ても分かりますが、
この卒業についてりほりほは何度も何度も悩んできたわけです。

モーニング娘。というグループに居る限り、卒業ということは付き物であり、
いつかは自分の着地地点を決めて卒業を決意しなければなりません。

とはいってもそれは17歳の少女が決意するには非常に重いものです。

だからこそ今回のりほりほの決断を応援してあげなければならないでしょう。

年末まで突っ走っていくであろうりほりほを全力で応援したいと思います。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

♯1303 アイドリング!!!10年目の明日ング!!!(最終回)



今回は、♯1303の『アイドリング!!!10年目の明日ング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「アイドリング!!!最終回 今日が10年目の明日ング!!! ~良きところで全員卒業!!!生放送SP」でした。

「アイドリング!!!最終回 今日が10年目の明日ング!!! ~良きところで全員卒業!!!生放送SP」とは、
9年間続いてきた『アイドリング!!!』の最終回です。


遂に最終回を迎えました。

最終回は生放送で、アイドリング!!!メンバー全員を送り出しました。


この最終回に関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「アイドルグループ・アイドリング!!!が、活動10年目を迎えたきょう10月31日でメンバー22人が“全員卒業”した。
きょうフジテレビCS放送「フジテレビONE」の
生放送番組『アイドリング!!! 今日が10年目の明日ング!!!~良きところで全員卒業!!! 生放送SP』に出演し、
最後のスピーチでこれまでの感謝を伝え、メンバーは次々と涙した。

きょうの生放送は、
これまで同番組が度々収録に使用してきたフジテレビの球体展望室で実施され、歴代のセットも用意された。
懐かしいセットに囲まれ、1期の横山ルリカはスピーチで
「アイドリング!!!に自分の青春を全て捧げてよかった。
私の人生を変えてくれたアイドリング!!!は宝物です」と感涙。
同期の外岡えりかも震える声で
「楽しいことばかりではなかったけど、アイドリング!!!でもらったことは、これからの人生の中でとても大事なもの。
9年間ありがとうございました。私の誇りです」と語った。

同グループは、2006年10月30日に始まったフジテレビ系バラエティー番組『アイドリング!!!』で結成し、
“現在進行形で成長するアイドル”として活動をスタート。
きょう31日までに、シングル24作品、アルバム7作品をリリースしている。

今春に一部で解散が報じられ、10月31日に番組を終了すると同時にメンバー全員が卒業することを発表。
10月5日には日本武道館でラスト公演、きのう30日にはファンクラブ解散式を行い、
きょう現在所属している22人全員が卒業した。
なお、アイドリング!!!はメンバーの原点として在り続け、解散はしないという。

同番組の司会を9年間務めたピン芸人のバカリズムは
「皆さんは素晴らしいグループ。
ムチャな企画にも挑戦してくれて、私たちを心から笑わせてくれました。
普段真面目なことを言えなかったけど、最後は気持ち伝えたいから手紙を書いてきた」と
スーツのポケットを探るも、手紙は用意しておらず。
最後のボケにメンバー全員でツッコミを入れて、番組は終了した。

番組終了後、スタジオでは5年後の2020年10月31日にメンバー全員が集合することが告知された。
メンバーは手を叩き喜び、バカリズムは「5年後、何をしていても集まって」と呼びかけた。」


冒頭からメンバーにドッキリが仕掛けられるなど、最後までらしさ全開でしたね。

「笑い泣き」という言葉がピッタリの、本当に笑える素敵な卒業式でした。

もうこれが最後と思うと寂しいですが、
2020年の10月31日に再開の日が放送されることも決定しましたので、
だいぶ先ではありますがその日を楽しみに待ちたいと思います。

ありがとう!アイドリング!!!
℃-uteのライブに吉田沙保里がサプライズゲストとして登場!
10月31日、愛知・名古屋市の日本特殊陶業市民会館にて
「℃-uteコンサートツアー2015秋~℃an’t STOP!!~」が行われ、
そこにサプライズゲストとしてレスリング女子53キロ級の吉田沙保里選手が登場しました。


そのことが『東スポWeb』で記事になっていたので以下で紹介します。

「ハロプログループ「℃―ute」
(矢島舞美=23、中島早貴=21、鈴木愛理=21、岡井千聖=21、萩原舞=19)が31日、
愛知・名古屋市の日本特殊陶業市民会館で「℃―uteコンサートツアー2015秋~℃an’t STOP!!~」を開催した。

日本レスリング協会公認の新曲「ありがとう~無限のエール~/嵐を起こすんだExciting Fight!」を歌う℃―uteと
レスリング女子53キロ級の吉田沙保里(33=ALSOK)が、奇跡のコラボを早くも実現させた。

ライブのアンコールにサプライズゲストとして、
吉田のほか63キロ級・川井梨紗子(20=至学館大)、
48キロ級・登坂絵莉(22=至学館大)、
69キロ級・土性沙羅(21=至学館大)が登場。
ファンも大声援で4人を迎え入れた。

さらなるビッグサプライズも待っていた。
「ありがとう~無限のエール~」で吉田がソロで歌声を披露したのだ。

「坂道の向こうに掴み取る栄光~」と伸びのある声に、ファンも大きくサイリウムを振った。

囲み取材で吉田は
「ほかの3人のレスリングメンバーが私たち、℃―uteのために来てくださった」と冗談を飛ばし、場を和ませる。
ソロ披露には
「歌は好きなんですけど、人前で歌うことがないので。
℃―uteのファンの前で披露できてよかったです」と笑顔を見せた。

アイドル界のトップを目指す℃―uteに、吉田から「最高のプレゼント」もあった。
今年9月に米国・ラスベガスで行われた世界選手権で獲得した「金メダル」を持参して、
メンバーにその重みを体感させたのだ。
「ちょ~ヤバイ!」とメンバーは大興奮。
岡井は「地球より重い!」と飛び跳ねた。

矢島は
「金メダルを触ったアイドルがいるのかな?
本当に大興奮です!
この金メダルを触った手をメンバーみんなで体にこすりつけたので、
アイドル界の金メダルを取れるように頑張ります!」と大喜びだった。」


まさかのコラボでしたね。

サプライズゲストとして登場してくれるだけでもありがたいわけですが、
さらには歌まで披露してくれるなんて吉田選手には本当に感謝ですね。

記事にもあるように、℃-uteには「アイドル界の金メダル」を目指して頑張っていって欲しいと思います。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

♯1302 『アイドリング!!!』の最後のスタジオ収録企画は「没ング!!!」



今回は、♯1302の『アイドリング!!!10年目の明日ング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「没ング!!!2015」でした。

「没ング!!!2015」とは、
2015年に『アイドリング!!!』の企画会議で出てきた数々の企画、
当然のごとくその中には日の目を見ることなく「没」になってしまった企画が数々あったということで、
なぜその企画が「没」になってしまったのかを検証しようという企画です。


今回で『アイドリング!!!』は9周年を迎えました。

遂に次回は生放送での最終回SPということで、今回が最後のスタジオ収録ということになりました。

そんな最後のスタジオ収録企画となったのが「没ング!!!」でした。

これまでの9年の歴史の中で生み出されてきた没企画たちが放出されました。


まず今回のメンバーたちの格好がいつもと違いました。

これは元プロデューサーの門澤さんが部屋着をイメージして発注したものの、
総合演出の嶋田さんから外現場に着ていけないと全力で止められた衣装でした。

このまま一回も着ないで終わるのはもったいないということで、
今回はその衣装を着ていたわけですが、
升野さんが言っていたように年上メンバーには少し無理がある衣装でしたね(苦笑)


その後、没企画として、
「ディスのカード 没アンケート」、
「トッキ―を探せ!」、
「とにかく明るいアイドリング!!!」、
「升野さんの優しかった瞬間」が紹介されていました。

「とにかく明るいアイドリング!!!」が特にそうでしたが、朝日奈央(あさひ)は本当に最高のいじられ役ですね。

全力でとにかく明るい安村さんのモノマネをさせられるなんて、普通のアイドルじゃありえないことですからね(笑)

ま、それが『アイドリング!!!』流といえるわけですから、最後の最後までらしさ全開だったといえるわけですね。
競馬ファンの頭をよぎる悪夢―福永佑一騎手が落馬し、年内復帰絶望も
10月31日、「スワンS」にて福永祐一騎手が騎乗したローブティサージュが転倒し、
福永騎手が落馬するというアクシデントがありました。

この落馬に伴って福永騎手は右肩鎖関節脱臼と右鎖骨剥離骨折をし、年内復帰絶望の可能性も出てきました。


このことを伝える記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「スワンS・G2」(31日、京都)

2番人気に推された3歳馬アルビアーノが重賞2勝目を飾った一戦。
最後の直線でローブティサージュが転倒し、
福永祐一騎手が落馬するアクシデントがあった。
右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折と診断され、
天皇賞・秋のカレンミロティックなど11月1日の騎乗を断念。
年内復帰絶望の可能性も浮上した。

前を行くリトルゲルダ、テイエムタイホーの2頭の間を狙ったが、
テイエムが斜行したことにより進路が狭くなり馬がつまずいたもの。
ゴール前の最もスピードが出る場所とあって、激しく地面にたたきつけられる格好となった。

意識はハッキリしているものの右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折と診断され、
天皇賞・秋のカレンミロティックが吉田豊に乗り代わるなど、
日曜に予定している9鞍全ての騎乗を断念した。

福永は
「右肩が上がらない。
手術した方がいいと言われたら、きちんと治したいので受けることになると思う。
そうなれば年内(の騎乗)は駄目でしょうね」と
長期の離脱になる可能性も示唆している。

なお、テイエムタイホー(9着)に騎乗していた松田大作騎手は
直線の外斜行でローブティサージュの走行を妨害したとして、
11月7日から15日まで開催日4日間の騎乗停止処分となった。」


福永騎手の父は元騎手の福永洋一さんです。

福永洋一さんは現役時代「天才」の名を欲しいままにした名ジョッキーでした。

そんな天才・福永洋一騎手は落馬によって現役生活にピリオドを打つことになりました。

そのことを知る競馬ファンからすれば、今回の落馬には何とも因縁めいたものが感じられたでしょう。

ただ今回の落馬によって福永佑一騎手は年内復帰絶望の可能性はあるものの、
現役生活を続けられないほどの怪我を負っていないということは救いです。

しっかりと怪我を直して、福永騎手の姿を再びターフで見れる日を楽しみに待ちたいと思います。




『GREEN ROOM』 #27(レギュラーMC:徳永千奈美&夏焼雅 ゲストMC:小関舞)
『GREEN ROOM』の♯27が10月29日にアップされました!!

今回の『GREEN ROOM』にはゲストMCとしてカントリー・ガールズの小関舞(おぜこ)が登場しました。


今回の『GREEN ROOM』の内容は以下の通りです。

カントリー・ガールズ ライブツアー2015秋冬の裏側編

吉川友 「アカネディスコ」振り入れ編

アンジュルム「ドンデンガエシ」ダンスレッスン編

℃-ute Cutie Circuit 2015 〜9月10日は℃-uteの日〜スチールカメラマン編


今回の『GREEN ROOM』では、
いつもの通り、ハロプロのグループを中心にライブの裏側などが流されていました。

今回はなかったですがこの番組ではモーニング娘。'15の裏側について取り上げられる機会も多いです。

そのような中で10月29日、
モーニング娘。'15の鞘師里保(りほりほ)が12月31日をもってでグループを卒業することを発表しました。


自身のブログに掲載された卒業についてのコメントは以下の通りです。

「いつもモーニング娘。’15を応援していただきありがとうございます。

皆様にお伝えしなければいけないことがあります。

私、鞘師里保は、
今年の12月31日をもってモーニング娘。を卒業します。

幼稚園の時から憧れだったモーニング娘。に小学6年生で加入して約5年間、

つんく♂さんをはじめ、多くのスタッフの皆さん、
モーニング娘。とハロー!プロジェクトのメンバーの皆さん、
そして何よりファンの皆さんに支えられて今日まで走り続けてきました。

ですが、その走り続けている中で今後の人生を考えることが今年に入り多くありました。

一人の人間として強く生きていくために経験しなければいけないことがあるのでは?と思うようになりました。

事務所の方々と何度も相談し、
今年から本格的に始動した12期メンバーの後輩達の成長が確認できたこのタイミングで
モーニング娘。を卒業する事を決めました。

卒業日に関しても、モーニング娘。に加入して丸5年、

「モーニング娘。’15」として最後の日、12月31日のカウントダウンライブで卒業することを決めさせて頂きました。

モーニング娘。のツアーは、12月7日、8日の日本武道館公演が最後となります。

突然の発表になってしまってごめんなさい。

驚かせてしまったと思います。

でもこれまで私の中でずっと思い悩み続けていました。

その中で導き出したのが、今回の決断です。

今後は、英語やダンスを学ぶために留学をしたいと考えています。

そのなかで、たくさんの経験を積んで大きく成長し、早く戻ってこられるように頑張っていきたいです。

卒業まで2ヶ月と限られた時間となってしまいますが、
それまで、メンバー達と共に「モーニング娘。’15」を全うしたいと思います。

12月31日まで全力で駆け抜けていきたいとおもいますので、皆さんよろしくお願いします!

モーニング娘。’15
鞘師里保」


突然の発表で本当に驚きました。

17歳という年齢のこともあり、まだまだ卒業は先だろうと勝手に思っていました。

加入以来、グループの中心として活躍してきたりほりほだけに、色々考えることがあったのでしょう。

まだ詳細が分からないところもあるわけですが、
是非とも『GREEN ROOM』などを通して詳細について明かしてもらえればと思います。

とりあえず本当に驚きました。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能