FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
順当?意外?な新メンバーが加入―『笑点』の新メンバーは林家三平に決定!
5月29日、『笑点』の放送の中で、
落語家の二代目・林家三平が新メンバーとして番組に加わることが発表されました。


このことについて書かれた記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「落語家の二代目林家三平(45)が29日、
日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5・30)の新メンバーに加わった。
6代目司会者に就任した春風亭昇太(56)の初司会となったこの日の生放送で発表された。
三平の起用の決め手になったのは、2011年に結婚した元女優の国分佐智子(39)だった。

番組終了後に会見。
昇太が「日本テレビの偉い皆さんから聞いた」ところによると
「今までにないキャラクターがほしいということで、
誰も持っていないキャラを彼(三平)は持っている。
それは何ですか?と聞いたら(現メンバーは)家庭がゴタゴタした人が多いんですが、
家庭が円満で、しかも奥さんが女優さんで、きれい。
ということで『笑点』に今まで全くなかったキャラクターということで」と明かした。

三平が「(起用理由は)私自身じゃないんですか?」と尋ねると、独身の昇太は
「君の環境がよかった。
家庭が円満で奥さんがきれいだということが起用理由だったそうです。
なので不愉快でした」と笑いを誘った。

同局の中村博行統括プロデューサーも
「カミさんが女優っていいなというところからではあるものの」と国分を理由に挙げながら
「朗らかで、45歳で40代が『笑点』にはいないということもあり、
屈託のない笑顔が空気を変えるというところもあります。
以上です」と若さとキャラクターも要因になった。

しかし、中村プロデューサーの簡潔なコメントに、三平は「少ない少ない」と苦笑いだった。

1966年5月15日の初回放送から50年間レギュラー出演した桂歌丸(79)が
先週22日、番組を卒業。
後任の新司会者には昇太が選ばれ、大喜利回答者メンバーの席が1つ空いた。
「笑点」に新メンバーが加わるのは2006年5月の昇太以来10年ぶり。」


新メンバーを予想する記事の中でも林家三平の名前は挙がっていました。

そう考えると順当という感じもしますが、
でもやはりなんだかこれまでの『笑点』の色的な事を考えると意外なんですよね。

是非とも『笑点」に新しい風を吹かさせてほしいと思います。




スポンサーサイト



「核兵器なき世界」を目指して―オバマ米大統領、現職の米大統領として初めて広島訪問
5月27日、米国のバラク・オバマ大統領が広島を訪問しました。

現職の米国大統領が被爆地である広島を訪問したのはこれが初めてとなります。


このことについて書かれた記事が『時事通信』に掲載されていたので以下で紹介します。

「1945年に世界で初めて原爆が投下された広島に27日、
現職の米大統領として初めてオバマ大統領が訪問した。

「閃光(せんこう)と火の壁が街を破壊した。
人類が自分たち自身を破壊する手段を持った」。
慰霊碑への献花に続く演説で広島で起こった悲劇を訴えたオバマ氏は
厳しい表情を崩さなかったが、涙ぐむ被爆者を抱擁し、柔和な表情を浮かべる場面もあった。

終戦から71年間をかけて築いた日米の友好関係を強調したオバマ大統領。
被爆地の広島と長崎から「平和な世界」をつくる決意を新たにした。

午後5時すぎ、
大統領専用ヘリ「マリーン・ワン」で、広島西飛行場に着陸し、歴史的訪問をスタート。
濃紺のスーツに青色のネクタイといういでたちで平和記念公園に入ると、
まず平和記念資料館(原爆資料館)を訪れた。
「私たちは戦争の苦しみを経験した。
平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持とう」と記帳。
約10分間の視察中、「平和の象徴」である折り鶴をつくり、同席した小中学生2人に贈った。

その後、晴天の下、
前を見つめ安倍晋三首相と並んでゆっくり歩きながら、原爆死没者慰霊碑へ。
地元高校生から受け取った花輪を献花した後、黙とうをささげた。
一方、米国内で「謝罪」と受け止められることを避けるためか、
続いて献花した安倍首相のように頭を下げることはなかった。

続く17分間の演説は終始、神妙な面持ち。
「空に上るきのこ雲の姿は人間性の中心にある矛盾を想起させる」
「愛する人々、子供たちの笑顔、夫婦の触れ合い、親の抱擁。
71年前、同じようにこういう大切なひとときがあった。
亡くなった人々はわれわれと同じだ」―。

その後、オバマ氏は、
被爆者代表として出席していた日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の
坪井直代表委員(91)のもとに歩み寄った。

「自分は91歳になったが、
オバマ大統領が人類の幸せとは何か語るのを見て、心がずいぶん若返った。
(2009年に)プラハで語った『核兵器なき世界』の実現に向け一緒に頑張りましょう」。
興奮しながらこう話す坪井さんの手を握りながら、
耳を傾けたオバマ氏は、時折笑顔を見せ、「ありがとう」と応じた。
オバマ氏はこの後、
近くに座っていた被爆者の森重昭さん(79)が涙ぐむと背中をさすりながら抱き寄せた。

最後は慰霊碑から原爆ドームに向かって歩き、
岸田文雄外相から説明を聞いた後、こう言い残して平和記念公園を後にした。
「平和にとって大切な場所だ」。」


「核兵器なき世界」、これはオバマ大統領の一つの政治的テーマであります。

これでノーベル平和賞も受賞しました。

大統領から退くまでのカウントダウンが迫った今となって広島訪問が実現したのは
少し遅かったようにも感じられますが、
それでもこれが画期的な事であることには変わりはありません。

残りの在任期間中、
そして退任後もこの「核兵器なき世界」に向けて取り組んでほしいと思います。




『Girls Night Out』 #18(メインMC:夏焼雅 ゲスト:野村みな美&小川麗奈)
『Girls Night Out』の♯18が5月26日にアップされました!!

今回の『Girls Night Out』にはゲストとして、
こぶしファクトリーの野村みな美(みなみな)と小川麗奈(れなこ)が登場しました。


今回の『Girls Night Out』の内容は以下の通りです。

GHO(Girls Hang Out)
矢島舞美(℃-ute)&上國料萌衣(アンジュルム)が神奈川県の小田原を散策!

アンチエイジングやデトックス効果! “モリンガ”の紹介!

“料理教室”コーナー!
毎回料理を習いたいメンバーが先生に教えていただきます!
橋本­愛奈&諸塚香奈実(チャオ ベッラ チンクエッティ) 茶碗蒸し 編

ゲストとファッショントーク!


今回の『Girls Night Out』には、
ゲストとしてこぶしファクトリーからみなみなとれなこの2人が登場しました。

こぶしファクトリーの爆弾(?)であるれなこですが、今回も大爆発していましたね(笑)

喋らなければクールな美人、喋りだすと・・・、という典型的なアレなわけですが(苦笑)、
それがまたれなこの良さ(?)でもあるわけです。

ま、メンバーや周りの人達がどう思っているかは知れませんが・・・(笑)


ここで話は変わりますが、
2人が所属するこぶしファクトリーのニューシングルが7月に発売されることが決まりました。

早速、浜浦彩乃(ハマちゃん)のブログでそのことが告知されていましたね。

そのブログは以下の通りです。

「早速ですがここで嬉しいお知らせです✨✨
7月27日に、、、、、、、
3枚目のCDを発売させていただくことが決定しましたーー😊😊😊
いぇーーーーーい!!!
今回もトリプルA面シングルなんですけど、
曲名は、
『バッチ来い青春!』
『サンバ!こぶしジャネイロ』
そしてもう1曲は、私達こぶしファクトリーが公式サポーターをさせていただいてる、
愛踊祭の課題曲です✨✨
3曲ともインパクトのある曲ですし、愛踊祭の課題曲は、みなさんが知っているあの!!
曲なので楽しみにしていてください!」

タイトルから想像すると、
またこぶしファクトリーらしさ全開の曲っぽいですね。

楽しみです。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

リオへの挑戦―バレーボール男子日本代表が世界最終予選兼アジア予選に臨む
5月28日から男子バレーボールの世界最終予選兼アジア予選がスタートし、
バレーボール男子日本代表チームがリオデジャネイロ五輪出場を懸けて出場します。

女子代表に比べて存在感が薄い感じのする男子代表ですが、
ここにきて予選の前売り券が完売し、
写真集も相次いで出版されるなど人気が上がってきているようです。


このことについて書かれた記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「バレーボール男子日本代表はリオデジャネイロ五輪出場を懸けて、
28日から世界最終予選兼アジア予選に臨む。
石川祐希(20)=中大=、柳田将洋(23)=サントリー=、
山内晶大(22)=パナソニック=ら若手は男子バレーの人気復活に貢献。
予選の前売り券が完売し、写真集も相次いで出版された。
今予選で日本は08年北京以来、2大会ぶりの五輪出場を決め、実力も証明する。

バレー界にイケメンブーム再来だ。
昨春「次世代の中心選手に」と南部正司監督(48)が高い潜在能力と
さわやかなルックスを併せ持つ石川、柳田、山内、高橋健太郎(21)=筑波大=といった
新鋭を「NEXT(ネクスト)4」と命名。
高橋が4月に選考から漏れて“ネクスト3”になったが、
低迷打破へ全日本男子への期待度は変わらない。

1万人収容の東京体育館は連日の“満員御礼”が確実だ。
五輪予選7試合のチケット販売は、
事前申込数が約2万1500席と女子の4倍以上のペースで完売状態。
一足早くリオ行きを決めた女子以上の関心を集めている。

石川らは昨年までは専門誌を中心に取り上げられていた。
それが今年に入り、関連の写真集が12冊も刊行され、女性誌などにも露出。
過去にない注目度に、10頭身体形の山内は
「写真を撮られたりするのは試合より緊張する」と照れ笑い。
柳田のツイッターのフォロワー数は
昨年9月のW杯前の5000前後から、今では11万5000超に激増した。
慶応ボーイだった柳田は
「びっくりした。自分らしいプレーでファンにアピールできればいい」と大舞台を待ち焦がれている。

昨年のW杯では、
石川らが主将の清水邦広(29)=パナソニック=らベテランと肩を並べる活躍を見せ、6位に躍進。
石川は348センチの最高到達点から放つアタックの決定率は55・82%のW杯4位。
柳田は時速110キロの弾丸サーブと強烈なスパイク、
山内は日本の弱点の高さを204センチの長身でカバーする。

これまで五輪に出場したチームには、
世界と戦える実力とバレー界の枠に収まらない人気を兼ね備えた
川合俊一や中垣内祐一ら“全日本の顔”が存在した。
一番人気の石川は
「バレーに注目が集まるのは素直にうれしい。
自分自身は変わらずに競技に集中して極めていきたい」と冷静。
2大会ぶりの五輪を決め、ブームを本物にしてリオに乗り込む。」


リオ五輪に向けて勢いは十分という感じがします。

この注目度を生かして一気にリオ五輪を決めてほしいですね。




『ハロ!ステ』 #170(MC:萩原舞&田村芽実)
『ハロ!ステ』の♯170が5月25日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
℃-uteの萩原舞(まいまい)と、アンジュルムの田村芽実(めいめい)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

アンジュルム「恋ならとっくに始まってる」(三郷市文化会館)

モーニング娘。'16「The Vision」(池袋サンシャインシティ噴水広場)

カントリー・ガールズ「VIVA!!薔薇色の人生」(新宿ReNY)

アンジュルムのマナーのお時間

演劇女子部「続・11人いる!東の地平・西の永遠」台本読み合わせ


今回の『ハロ!ステ』では、めいめいがMCとして登場しましたが、
今月30日に行われるコンサートをもって卒業するめいめいにとってこれがラストMCです。

そんなめいめいに関する面白い記事を見つけたので以下で紹介します。


「アンジュルムのメンバーである“めいめい”こと田村芽実が、
今月30日に行われる日本武道館でのコンサートをもって、
グループおよびハロー!プロジェクトから卒業する。

アンジュルムの改名前のスマイレージ時代に2期メンバーとして2011年に加入。
それから約5年間、彼女がこれまでレコーディングに参加してきた楽曲が全部で何曲あるのか、
検証しつつ活動自体も駆け足で振り返っていくのが本記事の趣旨である。

数え方としては、スマイレージまたはアンジュルム名義でリリースされた
CDシングル・アルバム収録曲がまずあり、これを本カウントとする。
バージョン違いの曲は別でカウントする。
また、別ユニット等で参加した楽曲についても分けてカウントする。

以下リスト中、特に表記がない場合はスマイレージもしくはアンジュルム名義曲。
シングルのカップリング曲には[c/w]、アルバム収録曲には[アルバム]と末尾に記した。
また、各年でのオススメ曲もあわせて挙げていく。

<2011年>加入1年目

【本体:7曲】
・タチアガール
・スマイル音丼[c/w]
・ブギートレイン'11[c/w]
・プリーズ ミニスカ ポストウーマン!
・こんにちは こんばんは[c/w]
・手を握って歩きたい[c/w]
・かっちょ良い歌 (フィーチャリング スマイレージ)[c/w]

【関連ユニット:1曲】
・ブスにならない哲学 / ハロー! プロジェクト モベキマス

【バージョン違い:2曲】
・スマイレージ シングルス 激萌えリミックス[c/w]
・スマイレージ シングルス 激ヤバリミックス[c/w]

スマイレージ加入前は子役として舞台やミュージカル等に出演していた田村。
その一環としてアニメ『しゅごキャラ!』のミュージカル版にも出演したのが2009年のこと。
同アニメの主題歌を歌っていた、当時ハロプロエッグで後に
スマイレージのオリジナル1期メンバーとなる和田彩花・福田花音・前田憂佳も
このミュージカルに出演しており、田村と共演することになった。
このことがきっかけでスマイレージのファンになった田村だが、
2011年に同グループの2期メンバー募集オーディションが開催。
応募して見事合格し、田村のハロプロアイドル人生がスタートする。

2期メンバー加入後の最初のシングル、つまり田村にとってのデビュー曲が、
この年の秋にリリースされた「タチアガール」。
当時は小川紗季が夏に突如卒業、冬に前田も卒業と、
1期メンバー2人が相次いでいなくなる激動の時代だった。

<2012年>加入2年目

【本体:11曲】
・チョトマテクダサイ!
・チャンス到来![c/w]
・涙GIRL[c/w]
・ドットビキニ
・すまいるブルース / 須磨入姉妹[c/w]
・恋人は心の応援団[c/w]
・好きよ、純情反抗期。
・君は自転車 私は電車で帰宅[c/w]
・寒いね。
・私、ちょいとカワイイ裏番長[c/w]
・黄色い自転車とサンドウィッチ[アルバム]

【バージョン違い:1曲】
・スマイレージ シングルス 激アツリミックス[c/w]

メンバーが6人になって最初のシングルが「チョトマテクダサイ!」。
前作の「タチアガール」「プリーズ ミニスカ ポストウーマン!」の時期は
デコ出しの髪型だったが、このシングル辺りから前髪を作るようになった。
また、この曲は歌衣装の配色がそのままメンバーカラーとなっており、
田村=緑のイメージを印象づけたところがある。

シングル「ドットビキニ」のカップリング曲である「すまいるブルース」は、
福田花音とのデュエットによる“須磨入姉妹”名義での楽曲。
曲名通りの昭和ブルース歌謡のパロディ的な一曲だが、
歌唱力がなくてはパロディとして成立しないところを、福田と共に見事に歌いこなしていた。
その福田のグループ卒業公演となった昨年11月の日本武道館コンサートでも
同曲がセットリストに入っており、名場面として記憶に新しい。

<2013年>加入3年目

【本体:13曲】
・旅立ちの春が来た
・どうしよう[c/w]
・新しい私になれ!
・ヤッタルチャン
・ええか!?
・「良い奴」
・新・日本のすすめ![アルバム]
・大人の途中[アルバム]
・天真爛漫[アルバム]
・私の心[アルバム]
・夕暮れ 恋の時間[アルバム]
・ねぇ 先輩[アルバム]
・さよなら さよなら さよなら[アルバム]

前年の「すまいるブルース」、そしてシングル「寒いね。」のカップリング曲で、
2012年秋ツアー“ちょいカワ番長”でのキー曲となった
「私、ちょいとカワイイ裏番長」といった楽曲などで、田村の迫力ある堂々とした歌声の魅力は、
徐々にファンの間に知られていくようになった。
評価が決定的になったのは、この年の春にリリースされた
2ndアルバム『(2)スマイルセンセーション』の1曲目「新・日本のすすめ!」だろう。
曲冒頭の〈ほんにまぶしい月夜の元で 恋人たちがランデブー〉、そしてサビ前の
〈ばったり ちゃっかり 八兵衛ベイベベイベ~〉といったパートを朗々と歌う田村は輝いていた。

また、秋に開催されたミュージカル『我らジャンヌ ~少女聖戦歌劇~』での
田村の演技および歌唱も評判を呼んだ。
幼少の頃からの舞台出演経験、
そして宝塚歌劇団のファンだという彼女の資質が花開いた瞬間でもあった。

<2014年>加入4年目

【本体:8曲】
・ミステリーナイト!
・エイティーン エモーション
・嗚呼 すすきの
・地球は今日も愛を育む
・叙情組曲「スマイルファンタジー」[アルバム]
・ONE DAY[アルバム]
・か~てぃんこ~るんるん[アルバム]
・SMILE OVERTURE[アルバム]

【関連ユニット:12曲】
・Forget-me-not ~私を忘れないで~ / シルベチカ+少女たち[アルバム]
・Eli, Eli, Lema Sabachthani? / オールキャスト[アルバム]
・シルベチカなんて知らない! / リリー+少女たち[アルバム]
・繭期のティーチング / 紫蘭・竜胆+少女たち[アルバム]
・或る庭師の物語 / シルベチカ・リリー+少女たち[アルバム]
・ひとりぼっちのスノウ / チェリー+少女たち[アルバム]
・TRUE OF VAMP / スノウ・リリー・マリーゴールド[アルバム]
・共同幻想ユートピア / ファルス+少女たち[アルバム]
・もう泣かないと決めた / マリーゴールド[アルバム]
・永遠の繭期の終わり / リリー+少女たち[アルバム]
・少女純潔 / オールキャスト[アルバム]
・葬送終曲「聖痕《スティグマ》」 / リリー・シルべチカ・紫蘭・マリーゴールド[アルバム]

【バージョン違い:4曲】
・Eli, Eli, Lema Sabachthani? ※Ver.違い[アルバム]
・ONE DAY [新録ver.][アルバム]
・叙情組曲「スマイルファンタジー」 [新録ver.][アルバム]
・夢見る 15歳 / 田村芽実[アルバム]

この年にリリースされたシングル曲において、
田村の歌唱パートが比較的多いものとしては「嗚呼 すすきの」が挙げられる。

だがしかし、田村の魅力がより光っていたのはやはり舞台仕事だろう。
この年は夏に『LILIUM -リリウム 少女純潔歌劇-』、
秋に『S/mileage's JUKEBOX MUSICAL「SMILE FANTASY!」』という2本の舞台があった。
前者は近年のハロプロ演劇の中でも未だ根強い人気を誇っている作品で、
マリーゴールド役の田村のソロ曲「もう泣かないと決めた」では気迫の込もった歌唱が聴ける。
後者はスマイレージの過去楽曲を取り入れたミュージカルで、
グループのメジャーデビュー曲「夢見る 15歳」が田村ソロで歌われた。
どちらの舞台もサントラCDが発売され、使用楽曲が音源化されている。

<2015年>加入5年目

【本体:13曲】
・大器晩成
・乙女の逆襲
・七転び八起き
・臥薪嘗胆
・魔法使いサリー
・出すぎた杭は打たれない
・ドンデンガエシ
・涙は蝶に変わる[アルバム]
・カクゴして![アルバム]
・マリオネット37℃[アルバム]
・汗かいてカルナバル[アルバム]
・交差点[アルバム]
・友よ[アルバム]

3期メンバーが加入し、グループ名もスマイレージからアンジュルムに改名した昨年2015年。
「大器晩成」がグループの新たな代表曲として爆発的な支持を得たのは周知のことだが、
田村の歌唱パートが比較的目立つ楽曲としては「七転び八起き」を挙げたい。
Aパートの〈まわるまわるよ人生なんて ジェットコースターみたいさ〉、
サビ終わりの〈次がチャンスだよ!〉などで印象的な爪跡を残している。

<2016年>加入6年目

【本体:3曲】
・次々続々
・糸島Distance
・恋ならとっくに始まってる

前年2015年12月に卒業発表を行った田村。
彼女のアンジュルム在籍時ラストシングル3曲のうち、
本人メイン曲となっているのが「恋ならとっくに始まってる」。
アンジュルムに改名してからは初めてのつんく♂提供曲で、
田村の卒業へのはなむけの一曲ではあるのだが、
わかりやすく当て書きされているというわけではなく、もっと普遍的な“始まり”を描いた歌詞となっている。
そんな楽曲を田村は冒頭のセリフパート含め、活動5年間で培った実力を思う存分発揮して表現している。

この「恋ならとっくに始まってる」という曲は、アレンジ上での目立った特徴は
特にない広義でのロック歌謡なのだが、例えばBメロに入る際にさりげなく転調していたり、
サビでの〈もう止めたり出来ないよ〉という譜割りが若干トリッキーだったりと随所での技が光っており、
聴くたびに癖になっていく安定のつんく♂楽曲である。



それでは最終集計。
ここまでの曲数をすべて合計すると、以下のような数値になった。

【本体:55曲】
【関連ユニット:13曲】
【バージョン違い:7曲】

田村は、卒業後はミュージカル女優の道を目指すと公言している。
『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役を演じるのが目標だと以前から語っており、
18歳の誕生日が来る前にアイドル活動からの卒業を決意した。
目標が達成できるかどうかは神のみぞ知るところだが、
この若さで将来の進路をきっぱりと決めた決断力、
そしてこれまでの活動の端々からうかがえる人間的地力の強さ、
これらを兼ね備えた彼女に心配は何もいらないだろう。
アンジュルムメンバーとしての最後のステージである日本武道館公演が今から楽しみだ。」


壮観な記事です。

歌唱力、演技力で秀でた才能を見せてきためいめいの新たなる道での活躍にも期待です。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『花瓶の花』 石崎ひゅーい



今回は、2016年の5月18日に発売された、
石崎ひゅーいのアルバム『花瓶の花』について書きたいと思います。


収録曲
DISC 1
1.ピーナッツバター
2.星をつかまえて
3.メーデーメーデー
4.僕がいるぞ!
5.トラガリ
6.カカオ
7.花瓶の花
8.泣き虫ハッチ
9.オタマジャクシ
10.天国電話

DISC 2(初回生産限定盤)
1.第三惑星交響曲(Music Video)
2.ファンタジックレディオ(Music Video)
3.夜間飛行(Music Video)
4.僕だけの楽園(Music Video)
5.ピーナッツバター (Music Video)
6.僕がいるぞ!(Music Video)
7.花瓶の花(Music Video)
8.短編映画「花瓶に花」


感想
タイトルにもなっている「花瓶の花」という曲がとにかく泣けます。

この曲は石崎さんがデビューした時からライブで披露してきた曲で、
まさに今回がファン待望のリリースとなったわけです。

MVにも力が入れられていて、
監督・脚本・編集を新進気鋭の映画監督である松居大悟さんが務め、
さらには人気女優の蒼井優さんと注目の若手俳優である村上虹郎さんが出演しています。

このMVがまた泣けるのです。

初回生産限定盤に付いているDVDには、
このMVの全貌が明らかとなる短編映画『花瓶に花­』が収録されています。

こちらも注目です。

もちろんこの曲以外も良曲揃いで、
一枚のアルバムとして非常に聴きごたえのあるものに仕上がっています。

ぜひ聴いてみてください。
今、若返りの時―『笑点』の新司会者に春風亭昇太。新メンバーには誰が?
5月22日、桂歌丸さんが『笑点』の最後のレギュラー出演を果たしました。

後任の司会者には春風亭昇太さんを充てるということも発表され、
29日からの放送から新体制での『笑点』がスタートします。


このことについて書かれた記事が『夕刊フジ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本テレビ系演芸番組「笑点」の司会、落語家の桂歌丸(79)が22日、
最後のレギュラー出演を果たした。
新司会者には大喜利メンバーで最年少の春風亭昇太(56)が決まったが、
落語ファンの次の関心事は29日の放送で昇太の後釜として発表される新メンバー。
全国区の高視聴率番組とあって争奪戦は熾烈だ。

歌丸が司会者となった2006年から大喜利メンバーを務めてきた昇太は、
「回答者の中では僕が一番の新参者。
今までと違う大喜利になると思いますが、自分らしくのびのびとやりたい」と意気込みを語った。

新メンバーも若手・中堅の登用がありそうだ。
人気と実力で言えば、三遊亭白鳥(53)、柳家喬太郎(52)、立川談春(49)、
桃月庵白酒(47)、林家彦いち(46)らが有力候補で層は厚い。

しかし、番組の今後を考えると、さらなる若返りがあるか。
ベテラン落語ライターが挙げるのは、
二代目林家三平(45)、古今亭菊之丞(43)、桂宮治(39)、春風亭一之輔(38)の名。
「笑点は実力競争というより、テレビ的な華も必要。
そういう意味では爆笑系のサラブレッド、三平のまさかの抜擢もあり得る」

レギュラー陣では林家木久扇(78)、三遊亭小遊三(69)の体調を心配する声もあり、
世代交代が一気に進む可能性もありそうだ。

22日に生放送された日本テレビ「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」第2部の
平均視聴率が27・1%(関東地区)だったことが23日、ビデオリサーチの調べで分かった。
先代司会の五代目三遊亭円楽さんが死去した直後の2009年11月1日と並び、
同番組の平均視聴率で今世紀歴代1位タイとなった。」


春風亭昇太さんが司会というのは、驚きの人選でした。

てっきり自分は三遊亭円楽さんが司会になるものだと思っていました。

この人選からいっても、『笑点』がこれから若返りの道を歩んでいくことは明白です。

果たしてだれが新メンバーになるのか?

注目が集まります。




文武両道の男―東京大学・宮台投手を米スカウトも絶賛
5月21日、東京六大学野球の東京大学と法政大学の試合が行われ、
来年のドラフト候補として話題になっている東大の宮台康平投手が9回1失点の好投を見せ、
4対1で東大が勝利を収めました。

この試合を見守ったアメリカのスカウトもこの投球について絶賛しているそうです。


このことについて書かれた記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◆東京六大学野球第7週第1日 東大4―1法大(21日・神宮)

東大の来秋ドラフト候補左腕・宮台康平(3年)が、法大戦で自己最速146キロをマークし、
9回8安打7四死球1失点で2試合連続完投勝利を挙げた。
来日視察した大リーグスカウトは「全米ドラフトでも1巡目候補」と絶賛。
東大のシーズン3勝は2004年春以来、
2戦連続完投勝ちも同年春の松家卓弘(元日本ハム)以来で24季ぶり。
明大は勝ち点を取った方がVの立大戦で先勝し、完全優勝に王手をかけた。

負ければ、37季連続の単独最下位が決まる今季最終カード初戦。
宮台は勝負師の顔を見せた。
自己ワーストタイの7四死球で毎回走者を背負いながら、3併殺で最少1失点に切り抜けた。
「東大が勝っても、おかしくないところまで来ている。
実力でも五分五分の勝負ができるようになってきた」。
東大では12年ぶりの2試合連続完投勝利とシーズン3個目の白星をもたらした。

初回先頭の4球目に自己最速146キロをマーク。
中盤はシンカー、カーブを増やしてバットの芯を外すと、最後はギアを入れ直した。
9回2死、136球目は144キロ直球で空振り三振。
この日8個を加え、シーズン39奪三振は東大では04年春・松家の38個を超えた。

ネット裏では、視察に訪れた駐米メジャー球団スカウトが声を上ずらせた。
「シンカーのキレ、コントロールが素晴らしい。
沈む球を生かす投球スタイルは、チェンジアップが得意なカイケル(アストロズ)のようだ」。
昨季20勝で最多勝、サイ・ヤング賞に輝いた左腕に重ね合わせた。

さらに加えた。
「彼がもし、今アメリカの大学生ならば、来年の全米ドラフトに名を連ねてもおかしくないね。
もちろん1巡目候補」と断言。
国内ではロッテが来秋ドラフト候補としてリストアップしたが、秀才左腕への評価は海を越えた。

宮台も世界を意識する。
東京六大学野球連盟から、
7月の日米大学野球選手権(ハードオフ新潟ほか)に出場する日本代表候補として推薦された。
書類選考を経て、6月の代表選考合宿(バッティングパレス相石ひらつか)から、
目標の大学ジャパン入りとなれば、東大では83年の大越健介投手(現NHK)以来2人目。
「平塚に行けたら、100%アピールしたい。
トップレベルの人に話を聞いてみたい」と意欲を示した。

立大戦では7日に完封した後、中1日の第3戦を肩の張りで登板回避し、敗れた。
連勝がベストだが、3戦目を覚悟。
「けがにつながらない痛みだったら、投げるつもり」。
悲願の勝ち点を手土産に、JAPAN入りを果たす。(山崎 智)

◆ダラス・カイケルとは 1988年1月1日、米オクラホマ州生まれの投手。
米メジャーのアストロズに所属。
09年のドラフト7巡目(全体221位)で指名を受けア軍入り。
左腕から繰り出す直球は90マイル(約145キロ)前後ながら、
スライダー、カットボール、チェンジアップを巧みに織り交ぜて三振を奪う本格派。
15年には20勝8敗、防御率2.48でア・リーグの最多勝、サイ・ヤング賞を獲得した。
今季はここまで2勝5敗、防御率5.43。190センチ、95キロ。左投左打。」


宮台投手は実に面白い存在です。

文武両道を地で行くって感じですね。

今のところ無いとは思いますが、
宮台投手が日本プロ野球を超えてメジャーリーグに進んでいくとなればもっと話題になるでしょう。




アイドルとファンの関係性―アイドルの冨田真由さんが刺され重体 27歳の男逮捕
ショッキングな内容のニュースです。

女性アイドルの冨田真由さんが21日、
ファンとみられる男性に体を20カ所以上を刺され、意識不明の重体になっています。


このことについて書かれた記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「21日午後5時ごろ、東京都小金井市本町の雑居ビル前で若い女性が男に刺された。
病院に運ばれたが、意識不明の重体。
小金井署は住所、職業不詳、岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)を現行犯逮捕。
小金井署への取材によると、「刺したのは間違いない」と容疑を認めている。
女性はアイドル活動をしている冨田真由さんとみられる。
現場となった雑居ビルの地下1階のライブハウスで21日夜、イベントに出演予定だった。

岩埼容疑者は冨田さんのファンだったとみられる。

冨田さんのツイッターには今年1月中旬ごろから、
特定のアカウントから頻繁に、不審なストーカー行為ともとれる内容のコメントが投稿されていた。

1月中旬に冨田さんに宛てて、開設したばかりのアカウントから
「腕時計プレゼントする意味を知ってますか?大切に使ってくださいね」
「真由ちゃんがTwitterフォローしてよと言ったからフォローしてます。
たまには返信してちょうだい」と一般的なファンのようなコメントだったが、
次第に「君はタメ息が出るほどステキだけれど、もう優しくしない」
「愛情なんていとも簡単に憎悪に変わっちゃうけれど、僕は普通にトミーさんのこと好きですよ」と、
投稿内容に変化が現れはじめた。

以降も頻繁に冨田さん宛に、自分の生活や、占いの話、書物の話題のほか、
意味の分かりにくい内容の投稿も送り続けた末に、2月下旬に
「あなたに見下されたこと一生忘れないから」
「君の人生、誰のもの?」
「トミーさんは不誠実だねぇ」などと怒りをにじませ、
非難するかのようなコメントを執ように送り始めた。

3月に入ると
「もしかしてインフル?拉致監禁とかされていなければ良いのだけれど…」
「まゆちゃ~ん!!!」
「おはよー」
「瞳を閉じればあなたが」
「死にたくなった」「」などとストーカー的な内容の投稿が目立ちはじめ、膨大な数のコメントを送信。

4月後半には
「最高の嫌がらせをありがとー」
「お前それでも人間か」
「早く『ゴミ』返してね」と、怒りに満ちた投稿や、プレゼントの返却を求めるかのようなコメントを送り、
5月に入ってからは冨田さん宛の投稿をピタリと止めていた。」


アイドルとそれを応援する者の感情というのは微妙なものです。

大半の人は純粋な感情で応援というか、
通常の応援し方という言い方が正しいのかわかりませんがそういった感じで応援しています。

アイドルファンとしての作法(マナー)を守る行き方です。

自分も常々からこうでありたいと思っています。

しかしどうしても好きという感情が応援の原動力となりますので、
一部のファンというか、どれだけのファンが陥るのかわかりませんが、
その好きという感情が歪んでいってしまうことがあるのです。

世界的に有名なのはジョン・レノンの事件でしょう。

記事にある岩崎容疑者のTwitterの変化を見ていても、
この事件はその好きという感情が歪んでいってしまったことによるものだといえるでしょう。

アイドルを特別な感情で応援するのは決して悪いことではありませんが、
そんな時こそ、自分を冷静に見て、これは趣味だと割り切れなければならないと思います。

あなたが応援しているアイドルは決してあなただけのものではないのです。




『Girls Night Out』 #17(メインMC:夏焼雅 ゲスト:宮崎由加&植村あかり)
『Girls Night Out』の♯17が5月19日にアップされました!!

今回の『Girls Night Out』にはゲストとして、
Juice=Juiceの宮崎由加(ゆかにゃ)と植村あかり(あーりー)が登場しました。


今回の『Girls Night Out』の内容は以下の通りです。

GHO(Girls Hang Out)
高木紗友希&宮本佳林(Juice=Juice)が茨城を散策 後編

アンチエイジングや美容に効果的 “マキベリー”の紹介!

“料理教室”コーナー!
毎回料理を習いたいメンバーが先生に教えていただきます!
橋本­愛奈&諸塚香奈実(チャオ ベッラ チンクエッティ) かぼちゃの煮つけ 編

ゲストとファッショントーク!


今回の『Girls Night Out』では、
ゲストとしてゆかにゃとあーりーが登場し、
「Girls Hang Out」には宮本佳林(カリンちゃん)と高木紗友希(さゆきちゃん)が登場していました。

ということで今回はJuice=Juiceの回でしたね。

カリンちゃんとさゆきちゃんはハロプロ研修生時代からの仲で、
仲が良いというよりはお互いに信頼しあう仲という感じがします。

そんな二人の姿は今回の映像の中でも見られましたね。

その一方でゆかにゃとあーりーはただただ仲が良い2人という感じがします。

「喧嘩するほど仲が良い」という言葉を地で行く2人です。

いつもブログをニヤニヤしながら見させてもらっています(笑)

今後も2人の姉妹(?)喧嘩から目が離せません。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

オードリー・ヘップバーン(1929年~1993年)の名言
「わたしにとって最高の勝利は、
ありのままで生きられるようになったこと、
自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。」



これはオードリー・ヘップバーンの名言です。

オードリー・ヘップバーンといえば20世紀を代表する女優であります。

その美しさと可憐さは多くの人をときめかせました。

そんな彼女の生い立ちはかなり過酷なものです。

幼少期に両親が離婚し、10歳の時に祖父のいるオランダへ移住します。

彼女は移住の地であるオランダでバレエのレッスンを受け、バレリーナとなります。

その頃、第二次世界大戦が起き、
彼女はドイツのオランダ占領に対する抵抗運動に参加し、資金集めのためにバレエを踊ります。

しかし戦争というものは残酷です。

叔父と従兄弟はドイツへの抵抗者だったため、
オードリーの目の前で銃殺されてしまったのです。

彼女自身も栄養失調により重体となります。

そんな過酷な時代を乗り越え、終戦後にオードリー母娘はロンドンに移住します。

そしてそこで映画の仕事を始めます。

最初は端役での仕事がほとんどでしたが、
彼女は撮影で訪れたフランスで女性作家のコレットに見出され、
ブロードウェイ上演作品の『ジジ』の主役に抜擢されます。

そしてその後、運命の作品である『ローマの休日』に出会うのです。

未だにこの作品は世界的な名作として語り継がれています。

そんな世界が認める女優となったオードリーですが、1989年に女優業を引退します。

なぜ引退したかといえば、彼女自身がその美しさの衰えを感じたという部分もあるのですが、
それ以上に彼女にとって重要だったのがユニセフ親善大使に就任するということだったのです。

彼女は自身の美しさの衰えを受け入れた上で、真の心の美しさを磨くことに専念したのです。

つまり彼女は最高の勝利を手に入れたわけです。






『ハロ!ステ』 #169(MC:矢島舞美&鈴木香音)
『ハロ!ステ』の♯169が5月18日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
℃-uteの矢島舞美(舞美ちゃん)と、モーニング娘。'16の鈴木香音(ズッキ)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

モーニング娘。'16「泡沫サタデーナイト!」(結城市民文化センター アクロス)

℃-ute「Summer Wind」(中野サンプラザ)

アンジュルムのマナーのお時間

カントリー・ガールズ ツアーリハーサル・新曲ダンスレッスン

宮本佳林ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、 MCとして舞美ちゃんとズッキが登場しましたが、
5月31日でモーニング娘。を卒業するズッキにとってこれが最後の『ハロ!ステ』MCとなります。

そんなズッキの卒業公演の模様は、
全国の映画館でライブビューイングされるほか、
BSスカパー!で生中継されることが決定しています。


このことについて書かれた記事が『Smartザテレビジョン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「アンジュルム・田村芽実が5月30日(月)、
モーニング娘。'16・鈴木香音が5月31日(火)にグループ、およびハロー!プロジェクトを卒業する。
同日に東京・日本武道館で行われるコンサートの模様が、
BSスカパー!で生中継されることが決定した。

田村は、'11年にアンジュルムの前身・スマイレージに2期メンバーとして加入。
高い歌唱力とダイナミックなダンス、そして圧倒的な表現力で存在感を放ってきたが、
'15年12月に
「大好きで憧れのスマイレージになるという夢をかなえられたように、
ミュージカル女優になる夢もかなえたい」と卒業を発表した。

アンジュルムは現在、「アンジュルム コンサートツアー 2016春『九位一体』」の真っただ中。
そのツアーファイナル
「アンジュルム コンサートツアー 2016春『九位一体』~田村芽実卒業スペシャル~」が、
田村の卒業公演となる。

一方の鈴木は、同じ'11年に9期メンバーとしてモーニング娘。の一員に。
約5年半にわたるアイドル活動の末、
「福祉の仕事に就くための勉強をしていきたい」という希望で卒業することに。

鈴木は、現在開催されている12人体制となって初めての
単独ツアー「モーニング娘。'16コンサートツアー春~EMOTION IN MOTION~」のファイナル
「モーニング娘。'16コンサートツアー春~EMOTION IN MOTION~鈴木香音卒業スペシャル」で
卒業を迎える。

同い年で、ハロー!プロジェクト入りした時期も近い2人。
鈴木は先日のリリースイベントで、
「30日、31日って卒業するのも奇跡かな、感慨深いものがあるなと思っています。
卒業するっていう感動を分かち合いたいですね」と田村への思いを明かしていた。

田村の卒業公演
「アンジュルム コンサートツアー 2016春『九位一体』~田村芽実卒業スペシャル~」は5月30日(月)夜6時、
鈴木の卒業公演
「モーニング娘。'16コンサートツアー春~EMOTION IN MOTION~鈴木香音卒業スペシャル」は
5月31日(火)夜6時から生中継される。」


いよいよ卒業が迫ってきました。

記事にもある通り、30日は田村芽実(めいめい)が、31日はズッキが、
それぞれのグループおよびハロプロから卒業します。

寂しくなります。

しかしこの二人はそれぞれの夢を追いかけて卒業します。

希望を叶えるために卒業するわけです。

是非とも応援してあげたいですね。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

女の子は 可愛くなきゃね 学生時代は おバカでいい―HKT48の新曲の歌詞に「女性蔑視の歌詞だ」と批判が噴出
4月13日に発売された
HKT48の新曲「アインシュタインよりディアナ・アグロン」の歌詞に対して批判が出ているそうです。

その歌詞は「女の子は 可愛くなきゃね 学生時代は おバカでいい」というもので、
この歌詞に対して「女性蔑視の歌詞だ」という批判の声が上がっているそうなのです。


このことについて書かれた記事が『毎日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「女の子は 可愛くなきゃね 学生時代は おバカでいい」。
秋元康さんが作詞したアイドルグループ「HKT48」の歌「アインシュタインよりディアナ・アグロン」に、
「女性蔑視の歌詞だ」と批判が起きている。
恵泉女学園大(東京都多摩市)の大日向雅美学長は、
学生による反論と替え歌を学長ブログに掲載。
「学生は将来輝くために勉強している。
可愛いことと頭が良いことを二律背反に捉えた詞には違和感がある」と話している。

曲は4月13日に発売された。
「頭からっぽでいい」
「世の中のジョーシキ 何も知らなくても メイク上手ならいい」と見た目重視の女子の心情を歌う。

ディアナ・アグロンは米女優。
高校のチアリーダーとして活躍し、
卒業後は名門エール大に進学する美少女を米人気テレビドラマ「グリー」で演じる。

学生から曲を知らされた大日向学長が、
授業で取り上げると「テストの点より瞳の大きさが気になったことはある」との声が出る一方、
「学生時代おバカだと、一生おバカ」
「内面からも人は輝ける」と反論が相次いだ。

ブログでは、学生による替え歌を紹介している。
「メイク練習しつつ ニュースも見よう」
「アインシュタインにもなりたいし ディアナ・アグロンにもなりたいし もっともっと輝きたい」

女性の社会進出に詳しい千田有紀・武蔵大教授(社会学)は
「『女の子は恋が仕事よ』とあるが、今は雇用が不安定で女性も働き、
知識や聡明(そうめい)さもないと生きていけない時代。
昭和的価値観を強調するのは時代遅れだ」としている。
HKT48の運営管理会社、AKSは「特にコメントすることはない」とし、
秋元氏の事務所は期限までに返答がなかった。」


一つの歌詞にここまでの論争が起きるというのは、
ある意味で言えばAKB48グループがいかに注目されているかということにつながってきます。

言ってしまえば秋元康さんはおじさんです。

そんなおじさんが女の子の気持ちを予想して書いた歌詞であり、
間違いや「ん?」と思う部分があって当然なのです。

しかし世間的な注目度からいっても放っておけない人たちがいるのもまた事実です。

そこのバランス感覚を大事にしながら歌詞を書かなければならないというわけです。

注目されるのも楽ではありません。




とあるスター選手の末路―清原和博被告に懲役2年6月求刑
覚せい剤取締法違反の罪に問われている清原和博被告の初公判が5月17日に行われ、
検察側が懲役2年6月を求刑しました。

判決は31日に言い渡されます。


このことについて書かれた記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博被告(48)の初公判が17日、
東京地裁(吉戒純一裁判官)で開かれ、検察側は懲役2年6月を求刑した。
判決は31日に言い渡される。

清原被告は起訴内容を「間違いありません」と認め、
被告人質問で「ストレスや不安は野球で解決できていたが、
引退後は薬物に負けてしまった」と述べ、
「プロ野球を目標とする少年たちに申し訳ない」と涙ながらに謝罪した。
弁護側の情状証人として野球評論家の佐々木主浩氏(48)が出廷。
清原被告の人柄などについて証言したほか、
「2回目はないと強く信じる」として清原被告が更生するためのサポートを約束した。

2月2日に逮捕されて以降、公の場に姿を見せるのは105日ぶり。
紺のスーツにネクタイを締め、緊張した表情で入廷した清原被告は、
裁判官から氏名を聞かれると小さい声で「清原和博です」。
職業を問われると「今は無職です」と返答した。

甲子園、プロ野球で人気を集めた元スター選手の姿を一目見ようと、
この日の初公判では、
雨の中、わずか20席の傍聴整理券を求めて3769人の希望者が集まった。
倍率は約188倍。
これまでの最高倍率は2009年10月。
覚せい剤事件の女優・酒井法子の初公判で約330倍。
歌手・ASKA(14年)の初公判は21席に2646人の126倍だった。

起訴状によると、清原被告は昨年9月1日ごろ、
群馬県内のホテル客室で密売人とされる無職小林和之被告(45)から
覚醒剤1・2グラムを8万円で譲り受けた。
今年2月に東京都港区のホテル客室で覚醒剤を使用し、
同2日には港区の自宅マンションで覚醒剤約0・2グラムを所持した―としている。」


判決はまだですが、清原被告には厳しい目が向けられています。

その依存度の強さが問題視されているのです。

覚せい剤使用から更生するためには、
絶対に二度と使わないという本人の強い決意、そして周りの支えが必要です。

今回の公判には盟友である佐々木さんも証人として登場しましたが、
そういった周りの人達に支えながら清原被告は薬物依存から立ち直らなければなりません。




女王の連覇―ストレイトガールが圧勝でヴィクトリアマイルを連覇!
5月15日、東京競馬場にてG1「ヴィクトリアマイル」が行われ、
2着に2馬身半差をつけて7番人気のストレイトガールが勝利を収めました。

ストレイトガールは昨年の「ヴィクトリアマイル」に続いての連覇を果たしました。


このことについて書かれた記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「5月15日の東京11Rで行われた
第11回ヴィクトリアマイル
(4歳以上牝馬オープン、GI、芝1600メートル、18頭立て、1着賞金=9300万円)は、
戸崎圭太騎手騎乗の7番人気ストレイトガール(牝7歳、栗東・藤原英昭厩舎)が連覇を決めた。
タイムは1分31秒5(良)。

スマートレイアーを制してレースの主導権を握ったのはレッドリヴェール。
3コーナー過ぎにはカフェブリリアントが外から一気にまくる出入りの激しい流れ。
ストレイトガールは好スタートからスッと控えて中団を進む。
直線、ラスト400メートル地点で、
好位のインから前をうかがうストレイトガールの進路がポッカリとあき、
抜群の手応えで抜け出しすとあとは独走状態。
右ステッキを3発、セーフティーリードを広げたあともダメ押しのステッキ2発。
タイム(1分31秒9→1分31秒5)も、着差(アタマ差→2馬身半差)も、手応えも、
昨年以上の内容でヴィクトリアマイル連覇を決めた。

2着には2馬身半差でミッキークイーン(1番人気)、
ハナ差及ばずの3着にショウナンパンドラが入線した。

◆戸崎圭太騎手(ストレイトガール=1着)
「手応えは抜群で、直線に向いてもいい感じでした。
馬場の傾向もあって外は回りたくなかったけど、流れも向いて、うまくビクトリーロードがあきました。
ステッキも要らないかなと思いましたが、
GIなのでどこから来るかわからないので最後までしっかり追いました。
1度叩いて変わってきましたね。
7歳ですが、馬が頑張ってくれて頭が下がります。
これだけのパフォーマンスを見せてくれたので、まだまだやれると思います」

ストレイトガールは、父フジキセキ、母ネヴァーピリオド、母の父タイキシャトルという血統。
北海道浦河町・岡本牧場の生産馬で、廣崎利洋HDの所有馬。
通算成績は31戦11勝。
重賞は2014年シルクロードS・GIII、
2015年ヴィクトリアマイル・GI、スプリンターズS・GIに次いで4勝目。
藤原英昭調教師は2008年エイジアンウインズ、
2015年ストレイトガールに次いでヴィクトリアマイルは3勝目。
戸崎圭太騎手は2015年ストレイトガールに次いでヴィクトリアマイル2勝目。

ヴィクトリアマイル連覇は2013、14年のヴィルシーナに次いで史上2頭目。
7歳牝馬によるJRA・GIは史上初めて。」


7歳牝馬によるG1制覇という、新たなる記録が生まれました。

年齢を感じさせない圧倒的な走りでした。

ストレイトガールにはまだまだ期待が持てそうです。




五輪への不安―負傷者続出のサッカーU―23日本代表、今度は主力DF奈良が左足骨折
リオ五輪に出場することが決まっているサッカーU―23日本代表がピンチを迎えています。

主力のディフェンダーである奈良竜樹選手が所属クラブの試合で負傷し、
左脛骨骨折で復帰まで4カ月を要するとの診断を受けました。

このことにより8月に開催されるリオ五輪への出場は絶望的となりました。


このことについて書かれた記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇明治安田生命J1第1S第12節最終日 川崎F3―1神戸(2016年5月14日 等々力)

J1川崎FのU―23日本代表DF奈良竜樹(22)が
左脛骨骨折で復帰まで4カ月を要することが分かった。
クラブが14日、発表した。
これにより、8月に行われるリオデジャネイロ五輪出場は絶望となった。

奈良は14日にホームの等々力陸上競技場で行われた
明治安田生命J1リーグ第1ステージ第12節・神戸戦に先発したが、
相手MF増山朝陽(19)と競り合った際に左足を痛め、前半終了間際の47分に交代。
負傷後は歩くことができずに担架でロッカールームへ運ばれ、
試合終了後に川崎市内の病院で精密検査を受けていた。

J2札幌の下部組織出身で、
昨季はJ1のFC東京に期限付き移籍してプレーした奈良は
今季から川崎Fへ完全移籍。今季はここまで全12試合で先発していた。

8月のリオデジャネイロ五輪に出場するU―23日本代表でも常連で、
熊本地震の復興支援チャリティーマッチを兼ねて5月11日に行われた
ガーナA代表との国際親善試合(ベアスタ)にも先発出場。
21日にパラグアイとの初戦を迎える
トゥーロン国際大会(18日開幕、フランス)でも代表メンバー20人に選出されていた。

手倉森誠監督(48)率いるU―23日本代表は今年に入ってから主力に負傷者が続出している。
2月にDF室屋成(FC東京)が左第5中足骨を骨折し、
3月にはFW鈴木武蔵とDF松原健(ともに新潟)が負傷し、ともに全治3カ月と診断。
1月に行われたリオデジャネイロ五輪アジア最終予選で活躍し、
6大会連続の出場権獲得に大きく貢献した背番号10のMF中島翔哉(FC東京)も
4月に右膝内側側副靭帯損傷で全治5~6週間と診断され、
ガーナ戦、トゥーロン国際大会ともにメンバーから外れている。」


記事にある通り、主力選手の負傷が相次いでいます。

そもそも手倉森監督率いるサッカーU―23日本代表は逆境から五輪出場を果たしました。

そんな逆境戦い抜いた大切な選手たちは一人欠けてもいけないと言えます。

まさに新たなる逆境です。

しかしあの逆境を乗り越えた手倉森JAPANならきっとこの逆境も乗り越えてくれるはずです。

期待しています。




『Girls Night Out』 #16(メインMC:夏焼雅 ゲスト:吉川友&佐保明梨)
『Girls Night Out』の♯16が5月12日にアップされました!!

今回の『Girls Night Out』にはゲストとして、
吉川友(きっか)と、アップアップガールズ(仮)の佐保明梨(佐保ちゃん)が登場しました。


今回の『Girls Night Out』の内容は以下の通りです。

GHO(Girls Hang Out)
高木紗友希&宮本佳林(Juice=Juice)が茨城を散策!前編

ドラゴンフルーツ(ピタヤ)の紹介!

ゲストと女子トーク!

“料理教室”コーナー!
毎回料理を習いたいメンバーが先生に教えていただきます!
新井­愛瞳(アップアップガールズ(仮))&田﨑あさひ(Bitter & Sweet)鯖の味噌煮 編


今回の『Girls Night Out』では、ゲストとしてきっかと佐保ちゃんが登場していましたが、
相変わらずきっかはきっからしさ全開でしたね(笑)

以前は『ヤングタウン土曜日』にゲスト出演するたびに、
勢いだけのトークをして明石家さんまさんにツッコまれていましたが、
その勢いだけのトークはいまだに変わらずだということが今回の放送を観てよく分かりました。

そんなきっかが行っていたライブツアーが5月8日にファイナル公演を迎えました。


このことについて書かれた記事が『MusicVoice』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ソロアイドルの吉川友が8日、東京・原宿Astro Hallで
ライブツアー『吉川友バースデーツアー~あと5分で本気出すよ?~』のファイナル公演をおこなった。
本公演は、5月1日に24歳の誕生日を迎え、
11日にはソロデビュー5周年を迎える吉川にとって、記念ともなるライブツアーのファイナル公演。

後輩のJuice=Juiceや、
同輩のアップアップガールズ(仮)などが日本武道館公演をおこなうことを発表している中で
「いずれは東京ドームなども目標ですが、
この2~3年の内には私も武道館でライブがしたいと思っています」と、
今後の活動への豊富を語りながら「少しずつでも自分のペースでかなえでいきたい」と、
堅調な姿勢を見せていた。

好きな男性のタイプはとの質問に
「私、自分のことを『わがままボディ』って言っているんですけど、
性格も結構わがままなタイプなので、
それを包み込んでくれるような男性に出会いたい」と答えた吉川。
具体的な容姿を問われると
「お相撲さんみたいなのが。
色白でプニっとした人がスキ。
今のうちからチャンコ鍋、作れるように練習しておきます」と述べた。

もともと同事務所の矢口真里と同様、肉食系女子であることを自称する吉川は
「24歳になってまた、肉が好きになっちゃって。
今回の新曲も、衣装も強くて攻めている感じになっていますし、
カッコイイという意味で、肉食系女子として行きたいと思います。
先輩の良いところを見習って」と強気な様子。

また、結婚に対しては
「30後半までには。
素敵な人と出会えたら、ですけど。
でも結婚しても芸能活動はやめず、歌っていきたい」と、
ゴールインへの憧れを語る一方で、歌の道での飛躍を思う気持ちも吐露。
そして「肉食ですから、いつでも目は光らせて、いつでも行ける準備を」と、
恋愛に対しての貪欲な姿勢も見せていた。

折しも誕生日が自身の母と同じという吉川は、この日のステージの冒頭MCにて、
自身への「おめでとう」コールを観衆に要請するとともに、母に向けて誕生祝いのコールをプレゼント。
ステージでは6月1日にリリースされる
約1年ぶりの両A面シングル曲『歯をくいしばれっっ!』(大森靖子作詞作曲)、
『チャーミング勝負世代』(理姫作詞 奥脇達也作曲(fromアカシック)の2曲を含む全15曲を披露した。」


きっかは正統派アイドルではありません(失礼?)。

ファンもきっかに対してそういったことを求めていないわけです。

そんなアイドルも珍しいわけですが、
きっかはきっからしくこれからも我が道を歩んでいってほしいと思います。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

謝罪から始まること―ベッキーが『金スマ』で3カ月半ぶりテレビ復帰
不倫騒動によって休養していたベッキーさんが、
13日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に出演しました。

ベッキーさんは1月末から休養していましたので約3カ月半ぶりのテレビ復帰ということになります。


このことについて書かれた記事が『まんたんウェブ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「4人組バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんとの不倫騒動で休業していた
ベッキーさんが13日、バラエティー番組
「中居正広の金曜日のスマイルたちへ(金スマ)」(TBS系、金曜午後8時57分)に出演した。
ベッキーさんは番組冒頭で騒動について語り、
今月2日に川谷さんの元妻と2人で会い、謝罪したことが明かされた。

ベッキーさんは今年1月、週刊誌「週刊文春」(文藝春秋)で川谷さんの不倫が報じられ、
10本のレギュラー番組を持っていたが、
1月末から休業しており、約3カ月半ぶりのテレビ復帰となった。

番組の冒頭、ベッキーさんは中居さんに向き合って騒動について説明。
収録は川谷さんの元妻への謝罪前に行われたとみられ、
ベッキーさんは
「来週奥様に謝罪させてもらうことなった。
(直接謝罪の意志は)騒動後すぐにお話はしていまして、
男性と奥様と私と3人ならいいですと言われたが、私は男性とは縁を切ったつもりだったので、
できれば1対1がいいとわがままを言ってしまった。謝らなきゃいけない立場なのに」と明かした。

さらに、
「そうしたら流れてしまって。
再度お願いをしたら、(元妻から)『はい』と答えをいただけた」と謝罪に至った経緯を説明。
「でもそのまま奥様に気持ちを伝えるためなので、
男性にはとくにお話することはないです」ときっぱりと語った。
ロケ後の今月2日に直接謝罪したことがテロップで明かされた。

男性ディレクターが茨城県内で農業を行う人気コーナー「ひとり農業」が放送され、
「金スマ」メンバーが農業の手伝いに訪れ、田植えやタケノコ掘りなどを行う様子を放送。
ベッキーさんはロケの途中から参加し、
「このたびは私事でご迷惑をおかけしてすみませんでした。
お休みもしてしまい申し訳ありませんでした。
心も入れ替えましたので、また今日からよろしくお願いします。
ご迷惑でなければ」と涙を浮かべながら謝罪し、共演者から声をかけられ笑顔も見せた。

また、5月5日・12日合併号の同誌に、川谷さんとの恋愛関係を認め、
妻への謝罪の気持ちを綴ったベッキーさんの手紙が掲載され、
9日には川谷さんがブログで離婚を発表。
12日に金スマでの復帰が発表されていた。」


ついにこの時が来ましたね。

この復帰は国民の大変な注目を集めていました。

たぶん下手したら
同日に謝罪会見を行った舛添東京都知事の何倍もの注目を集めていたんじゃないかと思います。

政治よりも芸能、良いのか悪いのかはわかりませんが、
それだけベッキーさんが日本国民にとって大きな存在であったことが分かります。

今回の謝罪で全ての人が納得し、ベッキーさんを受け入れるというわけではないでしょう。

しかしながら、ベッキーさんのこれからは今回の謝罪からスタートしたということは間違いありません。




『ハロ!ステ』 #168(MC:譜久村聖&浜浦彩乃)
『ハロ!ステ』の♯168が5月11日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
モーニング娘。'16の譜久村聖(フクちゃん)と、こぶしファクトリーの浜浦彩乃(ハマちゃん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

こぶしファクトリー「チョット愚直に!猪突猛進」(横浜Bay Hall)

Juice=Juice武道館発表(中野サンプラザ)

「Hello! Project 研修生発表会2016 ~春の公開実力診断テスト~」ダイジェスト映像(中野サンプラザ)

アンジュルムのマナーのお時間

モーニング娘。'16「泡沫サタデーナイト!」 ダンスレッスン

谷本安美ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、
モーニング娘。'16の「泡沫サタデーナイト!」のダンスレッスンの模様が流されていました。

この「泡沫サタデーナイト!」が収録されたニューシングルが5月11日に発売されました。

発売当日には池袋サンシャインシティにて発売記念イベントが行われました。


そのことについて書かれた記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「アイドルグループ・モーニング娘。’16が11日、
東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で行われた新曲
「泡沫サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅」発売記念イベント前の囲み取材に出席した。
31日の東京・日本武道館公演をもって卒業する“ズッキ”こと鈴木香音(17)は
ライブ後に一番食べたいモノとして
「今、お肉が食べたいモード!
厚くて脂が乗ったステーキをレアで食べに行きたい」と目を輝かせた。

最近は「我慢できずに3000円のステーキを食べに行った」と興奮気味に話す鈴木に
工藤遥(16)は「なんでその話題が一番イキイキしてるんですか?」と呆れ顔。
それでも「カフェでカロリー500キロ位ある、あの甘い類を一切、禁止にしてる」と
“節制”をドヤ顔で明かし
「今は我慢中なので、
卒業したら一番大きいヴェンティサイズを飲むために頑張りたい」と待ちきれない様子。

昨年夏、大幅な減量で話題を集めた鈴木。
再び、ぽっちゃり体型に逆戻りしていたが
「聞いてください! このスカートがちょっとゆるくなった」と、ウエスト部分を引っ張ってアピール。
石田亜佑美(19)は「伸びただけじゃ…」と疑惑の目を向けたが
「ちょっと痩せたんですよ!」と本人は前向きだった。

卒業後は芸能界を引退し、幼い頃からの夢だという福祉の仕事を目指す。
“恋愛解禁”には「恋愛とか考える前にまず痩せろよ!って話なんで!」と自虐しつつ
「今は考えられないけど将来、
結婚できるならきちんとしたお母さんになりたい」と想像をふくらませていた。

譜久村聖(19)、生田衣梨奈(18)、飯窪春菜(21)、石田亜佑美(19)、佐藤優樹(17)、
小田さくら(17)、尾形春水(17)、野中美希(16)、牧野真莉愛(15)、羽賀朱音(14)らが参加した。」


ズッキの話題は良くメディアに取り上げられます、

良くも悪くも今のモーニング娘。の中で一番インパクトのあるメンバーは鈴木香音(ズッキ)です。

ズッキの卒業後、誰か目立てるメンバーがいるのかということは
今のモーニング娘。の課題だということができるでしょう。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『大人のための議論作法』 鷲田小彌太



今回は鷲田小彌太著『大人のための議論作法』について書いていきたいと思います。


内容
議論とは言葉のぶつかり合いである。

国家間の戦争から企業のビジネス、夫婦の諍いまで、全ては言葉の戦いといえる。

では、議論で相手をねじ伏せれば良いのか。

そうではない。

勝ち負けよりも大切な「議論の作法」があるのだ。

本書では、議論や論争のあり方を、哲人たちや政治闘争史から学ぼうとする。

雄弁とはまことにやっかいなのである。

議論に勝てば相手の嫉妬や怨嗟ばかりを受けることになるからだ。

ソクラテス、キケロなど古代の哲人たちの最期をみればわかる。

その上で、人間通の議論術を具体的にアドバイスする。

正しさだけを追求するのが議論ではないのだ。

さらに、
「政治家になる必須条件は雄弁術であった」
「伊藤博文に学ぶ、戦略思考と言葉の力」
「マルクス主義はなぜ論争に強かったか」などを論考。

田中康夫知事や小泉首相の議論術についても言及している。

生きた歴史の中に、単なるノウハウを超えた人間通の智恵が発見できる。

賢い大人の知の流儀。


感想
日本人にとって議論というものは厄介なものです。

ディベートに強い欧米人ならともかく、日本人は議論が苦手なのです。

その議論の作法(マナー)とはどんなものかを教えようというのがこの本です。

端的にその作法を知りたければこの本の第3章を読むのがベストでしょう。

全編を読むと、
ハウツー本的な効果を期待している人にとっては遠回りのように感じられるかもしれませんが、
議論に強くなりたければ言葉に強くならなければいけないという著者の意見がよくわかります。

議論というものについて知りたい人におススメの一冊です。
試合の勝者が称えるマナーの勝者―ジョコビッチ、違反をかばったマレーの精神に脱帽
5月8日、テニス、マドリード・オープンの男子シングルス決勝が行われ、
ノバク・ジョコビッチ選手が6-2、3-6、6-3で勝利を収め、2度目の大会制覇を果たしました。

この試合の中で、
試合中にジョコビッチ選手の違反行為を対戦相手のアンディ・マレー選手がかばう場面があり、
そのことについてジョコビッチ選手が試合後にマレー選手を称えました。


このことについて書かれた記事が『AFP=時事』に掲載されていたので以下で紹介します。

「テニス、マドリード・オープン(Mutua Madrid Open 2016)の
男子シングルスを制したノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)は、
8日の決勝を終え、試合中に自分の違反行為をかばった対戦相手、
アンディ・マレー(Andy Murray、英国)のスポーツマンシップをたたえた。

世界ランク1位のジョコビッチは、
最終セットの第7ゲームでサーブを打とうとした際、
時間をかけすぎているとして、
審判からタイムバイオレーション(ゲーム遅延)の警告を受けた。

しかしマレーは、
ジョコビッチがサーブを打てなかったのは自分のせいだと述べ、
審判に「彼を待たせたのは自分だ。彼は5秒前には準備ができていたんだ」と必死で主張した。

結果的に6-2、3-6、6-3で勝利を収め、2度目の大会制覇と、
ATPワールドツアー・マスターズ1000(ATP World Tour Masters 1000)で
歴代最多となる29度目の優勝を飾ったジョコビッチだが、対戦相手のスポーツマンシップをたたえ、
自身のツイッター(Twitter)に
「アンディ・マレー(@andy_murray)、
今夜は君のスポーツマンシップを見て、本当にうれしく、とても感激した。
テニス界には、君のようなアンバサダー(大使)がいてくれてラッキーだ。ありがとう」と投稿した。」


試合中に対戦相手をかばうというのはなかなか出来ることではありません。

ましてや自分の非を認めるとなると尚更です。

そういった点でマレー選手はマナーの勝者だと言えます。




巨匠が逝く―世界的シンセサイザーアーティストの冨田勲さんが死去
5月5日、世界的シンセサイザーアーティストの冨田勲さんが死去されました。

84歳でした。


このことについて書かれた記事が『MusicVoice』に掲載されていたので以下で紹介します。

「作曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲さんが5月5日、
慢性心不全のため、都内の病院で亡くなった。
84歳だった。
冨田さんはシンセサイザーを導入した音楽の第一人者で知られ、
日本人で初めて米グラミー賞にノミネートされるなど、世界的な評価を受けている。
冨田さんの音楽家としてのあゆみ、そして功績は次の通り。

◆冨田勲(作曲家・シンセサイザーアーティスト) 1932年東京生まれ。
慶応義塾大学在学中から平尾貴四男、小船幸次郎各氏に作曲を師事。
在学中よりNHKの音楽番組の仕事を始める。

1953年にはNHKラジオの第一放送と第二放送を同時に使用した
ステレオ音楽番組「立体音楽堂」等の番組に参加。
1963年大河ドラマ第1作「花の生涯」の音楽を担当、現在までに計5本のシリーズを手がけている。
また1966年には手塚治虫氏のTVアニメ「ジャングル大帝」「リボンの騎士」の音楽を作曲、
従来のアニメ音楽を越える優れた音楽性が高い人気を呼び、
交響詩版「ジャングル大帝」は同年の芸術祭奨励賞を受賞した。

1970年頃よりシンセサイザーによる作編曲・演奏に着手。
1974年には米RCAよりリリースされた
アルバム「月の光」が米ビルボード・クラシカル・チャート第1位となり、
日本人として初めてグラミー賞4部門にノミネートされ、
さらに全米レコード販売者協会(NARM)の
1974年度クラシック部門最優秀レコードに選出されるという快挙をなしとげ、
TOMITAの名は全世界的なものとなる。

以降「展覧会の絵」「火の鳥」「惑星」から
「バッハ・ファンタジー」(1996)にいたる多くのシンセサイザー・アルバムを発売、
いずれもが世界的なヒットを記録している。

1984年、
オーストリア・リンツ市にてドナウ川両岸の地上・川面・上空一帯を使って超立体音響を構成し、
8万人の聴衆を音宇宙に包み込む壮大なイヴェント「トミタ・サウンドクラウド」を催す。

以後ニューヨーク(1986自由の女神百年祭)、岐阜(1988 中部未来博)、
シドニー(1988オーストラリア建国200年祭)、名古屋(1997 中日ドーム)にて同様のイヴェントを行なう。
また立体音響によるサウンドクラウド・オペラ「ヘンゼルとグレーテル」を
渋谷オーチャード・ホールにて上演(1990)。

90年代には再び映像音楽への活動を再開、NHK「大モンゴル」、松竹映画「学校」シリーズ、
NHK「街道を行く」シリーズ、ビデオ「長嶋茂雄」シリーズなどを作曲。
1998年、冨田音楽の集大成とも呼べる、
オーケストラ、シンセサイザー、邦楽器を駆使したオリジナル作品「源氏物語幻想交響絵巻」を作曲。
東京、ロスアンジェルス、ロンドンにて初演の後ロンドン・フィルと録音し、
2000年11月に日本コロムビアよりCDを発売。

2001年3月、NHK放送文化賞受賞。東京ディズニーシー、
アクア・スフィアのエントランス・ミュージックとして3面立体音響のためのシンフォニーを作曲。
NHK大型ドラマ「聖徳太子」の音楽を担当、
東映映画「千年の恋~ひかる 源氏物語」では日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。
2002年はNHKスペシャル「アジア古都物語」の音楽を手掛け、
松竹映画「たそがれ清兵衛」の音楽は日本アカデミー賞最優秀音楽賞に輝いた。

立体音響の集大成として4.1chサラウンドによる
「惑星」(DVDオーディオ/ビデオ盤)を2003年3月にリリース。
2009年には、同じくサラウンドによる
「交響詩 ジャングル大帝 ~白いライオンの物語~《2009年改訂版》」をリリース。

2011年からは「ISAO TOMITA PROJECT」が始動。
「惑星」や「月の光」「源氏物語」など、過去の代表作をリメイク&サラウンド化した完全版が
日本コロムビアより継続的にリリースされている。

2011年1月には世界を舞台にした
作曲家・音響クリエーターとしての活動が認められ、2011年度朝日賞を受賞。
さらに11月には、日本の代表的な詩人・作家、宮沢賢治の作品世界を題材にし、
ソリストに世界的人気を誇るヴァーチャル・シンガー“初音ミク”をソリストに起用した
「イーハトーヴ交響曲」の世界初演が行われ大きな話題となる。
この交響曲は13年夏に賢治の故郷である岩手県花巻市を皮切りに、
全国3箇所で再演公演がおこなわれた。

また、同夏には、幕張メッセでおこなわれた
2万人規模の夏フェス『FREEDOMMUNE0<ZERO>2013』に夜明けの大トリに出演し大反響となった。
14年には、オーストリアの飲料メーカー“Redbull”主催の
プロジェクトRedbull Music Academy東京2014に招かれ、
世界の若きミュージック・クリエイターたちの前で講演を行い、世界中で話題となった。

同年5月には、「イーハトーヴ交響曲」が中国・北京で上演され、大きな反響を得た。
そして「イーハトーヴ交響曲」に続く新作「ドクター・コッペリウス」を制作中であった。」


こういった分野の音楽に詳しくない自分でも冨田勲さんのことは知っていました。

それだけ一般の人に知れ渡ったシンセサイザーアーティストは日本では冨田さんだけだと言えます。

常に新しいものを追い求めた人でもあり、
2011年に初音ミクとコラボした時には世間をアッと驚かせました。

そのような巨匠が死去されたことは日本の音楽界にとって重大な損失であることは間違いありません。

残念ですが、今はただ安らかに眠ってほしいと思います。合掌。




待望の復活―『クレヨンしんちゃん』で「ぶりぶりざえもん」が16年ぶりに喋った!!
『クレヨンしんちゃん』の人気キャラ「ぶりぶりざえもん」が5月13日の放送で復活するそうです。

ぶりぶりざえもんの声を担当されていた塩沢兼人さんが死去して以降、
『クレヨンしんちゃん』にぶりぶりざえもんが登場しても喋ってはいなかったのですが、
5月6日放送の次回予告でなんとぶりぶりざえもんが喋り、そして復活が予告されたのです。


このことについて書かれた記事が『J-CASTニュース』に掲載されていたので以下で紹介します。

「突然の発表に、アニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)ファンの間には驚きが広がった。
2016年5月6日放送の次回予告で、
登場人物の「ぶりぶりざえもん」が16年ぶりに「しゃべった」からだ。

前任者の塩沢兼人さんが急逝して以来、人気キャラでありながらアニメでは一切台詞がなかった。
後任の声優はまだ正式に発表されていないが、「復活第一声」の特徴から、
ファンの間では某人気声優だ、との推測が多数挙がっている。

第一声は「待たせたな。いよいよ私の出番だ」

「待たせたな。いよいよ私の出番だ」――
16年ぶりとなる「第一声」が流れた直後の1時間ほどの間に、
ツイッターでは「ぶりぶりざえもん」を含むツイートが1万件近く投稿された
(Yahoo!リアルタイム検索より)。

6日の放送での予告編では、
ぶりぶりざえもんを主人公とした「ぶりぶりざえもんの冒険 覚醒編」が
次回13日にオンエアされることが告知された。
ナレーションでは、主人公・野原しんのすけが、
「救いのヒーロー・ぶりぶりざえもんが、16年ぶりに帰ってくる!」と強調し、その「覚醒」を盛り上げる。

「ぶりぶりざえもん」は、しんのすけが自作の絵本の主人公として生み出した、
ブタのような姿の「救いのヒーロー」だ。
本編とは別の「外伝」的なエピソードで、しんのすけに呼び出されて助っ人として登場するのだが、
いつも自信満々なのにほとんど役に立たず、平然と味方を裏切った挙句、
高額の「救い料」を要求するなど、なんとも頼りなく、
だがそれでいて妙に憎めないキャラクターとして描かれている。
その登場場面だけをまとめたDVDが発売されるなど、作中でも屈指の人気を誇ってきた。

ところが2000年、声を演じていた塩沢兼人さんが、46歳で急逝してしまう。
個性派声優として知られる塩沢さんのハマリ役だっただけに、
制作側も「代役を立てない」ことを決定、以後16年間、
登場しても一切喋らない、という特殊な扱いが取られてきた。

ファンの間では「意外と合ってる」との声

塩沢さんに代わる「2代目ぶりぶりざえもん」の声優名は、
今のところ公式には明らかにされていない。
だが、ファンの間では、6日に流れた特徴のある声から、
「神谷浩史さんでは?」との見方が広がっている。
「進撃の巨人」(リヴァイ役)、「おそ松さん」(チョロ松役)、
「〈物語〉シリーズ」(阿良々木暦役)などヒット作に相次いで出演する、
今最も人気のある男性声優の一人だ。

予告編での演技に接した視聴者からは、
初代塩沢さんへの思い入れから「複雑だ」という声も多く見られた一方、
「塩沢さんのイメージしかないけど神谷さん違和感ないね」
「思ったより神谷ざえもんが悪くない...塩沢さんのぶりぶりざえもん大好きだったから
さっき知った時は複雑だったけどなんかこれならいいんじゃないかなって思ってしまった」
と「意外と合ってる」との好反応も目立つ。

13日の放映で、真相が明らかになるとみられる。」


これは本当に楽しみです。

「ぶりぶりざえもん」といえば、
自分が『クレヨンしんちゃん』を特に観ていた頃に活躍したキャラクターです。

それだけに思い入れも強いキャラクターであるわけですが、
それは世間の多くの人にとっても同じであるようで、記事にあるように様々な声が飛び交っています。

とりあえず13日の放送を楽しみに待ちたいと思います。




『Girls Night Out』 #15(メインMC:夏焼雅 ゲスト:小田さくら&尾形春水)
『Girls Night Out』の♯15が5月5日にアップされました!!

今回の『Girls Night Out』にはゲストとして、
モーニング娘。’16の小田さくら(小田ちゃん)と尾形春水(はーちん)が登場しました。


今回の『Girls Night Out』の内容は以下の通りです。

“料理教室”コーナー!
毎回料理を習いたいメンバーが先生に教えていただきます!
新井­愛瞳(アップアップガールズ(仮))&田﨑あさひ(Bitter & Sweet)家庭で簡単 豚のしょうが焼き 編

簡単でヘルシー “おからパウダー”で蒸しパン!

ゲストとファッショントーク!

Girls Hang Out
石田亜佑美&小田さくら(モーニング娘。’16)の
「ラブラブデート in 京都 ~さくらと一緒にサクラを見に行こう!~#3」ついに完結編!


今回の『Girls Night Out』では、 前回、前々回に引き続いて、
「Girls Hang Out」にモーニング娘。’16の石田亜佑美(だーいし)と小田さくら(小田ちゃん)が登場し、
2人でラブラブ(?)なデートを繰り広げていました。

3回に渡って放送してきたこのデート企画ですが、ついに今回が完結編となりました。

不仲で有名だった2人ですが、回を重ねるごとにぎこちなさも取れ、
前回の放送ではイチャイチャと言えるレベルのやり取りを見せてくれました。

そして完結編となる今回の放送では、
お好み焼き屋さん(壱銭洋食)でお好み焼きを食べていました。

ここで大事件が発生!

だーいしが店内に置いてあった人形に話し掛けるというおふざけをしていたのですが、
その流れで人形に触った瞬間、人形の腕が取れるというハプニングが発生したのです。

店の人が「何回も取れているので大丈夫です」と言っていたそうなのでそれは大丈夫みたいですが、
それにしてもハプニングの内容含めていわゆる「だーいし感」たっぷりの映像を見せてもらいました。

今回のデート映像の最後には2人が舞妓姿になっていましたが、その姿には艶やかさがありましたね。

普段は見られない2人の一面、そしていつも通りの2人の姿も見ることができて大満足の内容でした。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『パッチギ!』 出演:塩谷瞬、沢尻エリカほか 監督:井筒和幸



今回は『パッチギ!』について書いていきたいと思います。


内容
1968年。

京都にある府立東高校2年生の松山康介は、
常日頃から争い事の絶えない朝鮮高校(朝高)に
サッカーの練習試合を申し込むことになった。

康介と友達の紀男はしぶしぶ朝高を訪れるが、
そこで康介は音楽室でフルートを奏でていた少女・キョンジャに一目惚れする。

しかしあろうことかキョンジャの兄アンソンは同校の番長であった。

どうしてもキョンジャと仲良くなりたい康介は
韓国語を必死で習得すると同時に楽器店でギターを購入。

キョンジャが演奏していた「イムジン河」(임진강/림진강)を覚え
彼女の前で演奏することを決意する。


感想
何とも哀愁の漂う作品です。

監督は井筒和幸さんですが、
井筒監督の数ある作品の中でもこれをベストムービーとして挙げる人は少なくありません。

1968年当時の関西の空気感を知る井筒監督だからこそ描けた世界であり、
そこに悲恋(?)を絡ませることにより見事な作品に仕上げています。

キョンジャ役を沢尻エリカさんが演じていますが、これが公開当時かなりの高評価を受けました。

そしてこの作品を足掛かりに沢尻さんは一気にトップ女優の階段を昇っていったわけです。

だからというべきか、
沢尻さんに何か騒動が起こるたびに井筒監督にコメントが求められるわけですね(笑)

お騒がせ女優の出世作という意味でも観ておきたい映画です。
『ハロ!ステ』 #167(MC:牧野真莉愛&船木結)
『ハロ!ステ』の♯167が5月4日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
モーニング娘。'16の牧野真莉愛(マリア)と、カントリー・ガールズの船木結(ふなっき)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

アンジュルム「次々続々」(ヴィーナスフォート)

Juice=Juice「選ばれし私達」(新宿ReNY)

Juice=Juiceからのお知らせ

アンジュルムのマナーのお時間

ハロプロ研修生リハーサル

石田亜佑美ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、
Juice=Juiceから11月7日に日本武道館公演を行うと発表がありました。

Juice=Juiceが日本武道館でコンサートを行うのはこれが初めてとなります。


このことについて書かれた記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクト所属の5人組グループ・Juice=Juiceが4日、
東京・中野サンプラザで全国ツアー東京公演を行い、
今年11月7日にグループの目標であった日本武道館公演を開催することを発表した。

同グループは、
昨年の5月2日の同所のライブで、「2016年秋に日本武道館公演」を目標に掲げ、
それに向けて単独ライブ全国220公演の開催を発表。
それから1年、140公演目となったこの日のライブで、
リーダーの宮崎由加より10月29日の沖縄公演を持って220公演を達成できることが報告された。

各メンバーが最終公演にむけて意気込みを語る中、
スタッフから突然、日本武道館公演の決定がサプライズで伝えられると、
うれしさのあまり全員で声を合わせて読むことができない状況に。
今年1月に子宮内膜症を患っていることを公表した金澤朋子は涙を浮かべながら
「何回もお休みしちゃったりで私は220公演参加出来てないのが事実なので、
みんなと一緒に武道館のステージに立ってもいいのかという思いもありましたけど、
悔しい思いをした分、11月7日に向けて成長していけるように頑張りたいなと思います」と思いを語った。

植村あかりは
「他のグループの日本武道館公演を観に行かせてもらって、
輝ける場所だというのはすごく知っているので、
今までやってきたライブを生かして武道館を成功させたいです」と宣言。
宮本佳林は
「まだまだ足りないところがいっぱいある。
期待をいい意味で裏切れる日本武道館公演をお届けできるように今から鍛えたい」と、
さらなるレベルアップを誓うと、会場に集った約2200人の観客からは大きな歓声が送られた。

Juice=Juiceは、今年2月に放送されたドラマ『武道館』で、
日本武道館公演を目指す劇中のアイドルユニット「NEXT YOU」を熱演。
作中では武道館のステージシーンはなかったが、ついに現実世界で夢を実現させる。
宮崎は最後に
「11月7日はどうかJuice=Juiceに会いに武道館に来てほしいと思います」とファンに呼びかけた。」


今回の『ハロ!ステ』の映像の中でも金澤朋子(かなとも)が涙を流していましたが、
今年に入ってから色々なことがあったことを考えると、
本当に心の底から「おめでとう」と言いたくなりましたね。

グループの歴史を振り返ってみると困難も含めて色々な出来事がありました。

だからこそ今回、この5人で日本武道館の舞台に立つことに意味があるのです。

11月7日、Juice=Juiceの歴史にまた新たな1ページが刻まれます。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

人それぞれの感覚の中で―オリエンタルラジオ・中田の発言に視聴者からは「よく言った」
先週あたりからオリエンタルラジオの中田敦彦さんのとある発言が話題になっています。

その発言は、
不倫問題で休養中のベッキーさんが不倫相手だった人の奥さんに対して手紙を送ったことに対して言った
「あざとく感じる」というものです。

この発言に対して芸能界から否定的な意見が続出し話題になっていましたが、
4日、先週この発言をした番組『白熱ライブ ビビット』に中田さんが登場し、
この発言について語っていました。


このことについて書かれた記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「オリエンタルラジオの中田敦彦(33)が4日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」で、
不倫騒動で芸能活動休止中のベッキー(32)の文春への手紙は
「不誠実でずるがしこい対応」と、改めて強い口調でコメントした。
その上で、芸能界では
「僕は少数派ですよ。いろんな番組で擁護している意見が多い」とマイノリティであることを明かした。

中田は先週の同番組で、
ベッキーが騒動の発端となった週刊文春編集部へ直筆の手紙を届けたという報道に対し、
「あざとく感じる」と語った。
その発言にMCの真矢ミキ(52)は「最低限の礼は尽くしてる」とフォロー。
不倫したことを公的に認めるべきだという中田に
「あっちゃん、私たち何も被害被ってないし」というやりとりがあった。

さらに同じ事務所の先輩である雨上がり決死隊の宮迫博之がフジテレビ系「バイキング」で、
「憶測でそんなひどいこと、よく言うな」と怒りを口にするなど、中田自身への批判が持ち上がっていた。

番組には先週の放送後、かなり多くの意見が寄せられ、
8対2で「あっちゃんよく言ってくれた」というものだったという。
真矢は「私も読みました。ボコボコに書かれてました」と苦笑い。
「“真矢さんも言いなよ”とか“報道に向いてない”とか」と、寄せられた意見の一部を明かした。

中田自身も
「大先輩からもビビットや記事を見て、いろんなこと言っていただいた。
僕の中で、擁護派の方がいるのわかる。
それほど長きにわたってベッキーはイメージのいいタレントさんだった」と、
反響が大きかったことを明かした。

この日も中田の「不誠実でずるがしこい対応。公的に説明するべき」という発言に対し、
真矢は「公的に謝れというとのは違う」と持論を展開。
「まず奥様に謝るべき。
そして迷惑をかけたお仕事関係、ファンには謝っても、私たち全員に説明なくてもいい」と、
中田が求める記者会見には首をかしげた。

だが、中田はわざわざ手を挙げて発言機会を求めると、再度「公的な説明は必要」と反論した。
国の仕事をし権力を持った公人に準じ、
ベッキーは準公人で影響力を持った人であると定義した中田。
「その影響力に企業はお金を払っていた。
なぜそんな力を持っていたか。
国民の信任に由来している。
いろんな人がベッキーが素晴らしい人間で、実績があるからと信じていた。
その言葉を信じてたんです。
それを裏切った事に対して説明する責任がある」と語気を強めた。

そんな中田を、真矢は
「でもあっちゃんも準公人なわけですよ。
とても影響力ある方なんですよ。
だから“あざとい”という言葉を使うと、国民を誘導してしまう」とたしなめた。

しかし中田は
「だけど僕は少ない派ですよ。
いろんな番組で、擁護している意見が多いじゃないですか」と、
芸能界ではマイノリティであると主張。
「各番組でベッキーもそろそろいいじゃないかという意見が多くて、
それすらも誰かを傷つけてると思う。
だから僕は意見を曲げたくない」と意思を貫き通していた。」


この話題に対しては様々な意見が飛び交っています。

まさに人それぞれの感覚というような感じで意見が言われているわけですが、
そういった中でなんで中田さんの発言が注目を集めてしまったかというと、
それはテレビに出ている人物、つまりは同業者の発言にしては過激だったからでしょう。

匿名性があるとはいえネットの世界ではもっと過激な議論がされているわけですから、
ある意味で中田さんの発言は抑えめというべきか非常に賢い発言だったと言えます。

肯定するのも自由、否定するのも自由です。

マイノリティが握り潰されてはいけないでしょう。




フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年~1890年)の名言
「僕の人生はそれほど長くないだろう。
だから僕は一つのことしか目に入らない無知な人となって
仕事をするつもりだ。
ここ数年のうちに何がしかの仕事をやりとげてみせる。」



これはフェンセント・ファン・ゴッホの名言です。

ゴッホといえばポスト印象派(後期印象派)を代表する画家です。

ゴッホは才能豊かな画家でした。

しかしその才能は生きている間には認められず、
彼が死んだ後に認められました。

まさに不遇の人でした。

彼はその不遇に悩みました。

なぜ自分が認められないのか?

なぜ自分の作品は売れないのか?

実際に彼が生きている間に売れた絵は1枚だったそうです。

そんな彼の名言を見てみると、そこからは強い野心のようなものが感じられます。

絶対に認められてやる!

絶対に売れてやる!

そのギラギラとした野心があったからこそ彼は向上することができたのです。

しかしその野心ゆえというべきか、
彼はその不遇に耐えられず自ら命を絶ってしまいました。

もしもう少し長く生きていれば...、
その事を考えると残念でなりません。






苦しんだ末の初勝利―日本ハム・大谷翔平が開幕38日目にして初勝利
5月1日、日本ハムの大谷翔平選手がロッテ戦に先発し、
ロッテ打線を4安打4失点におさえて勝利しました。

大谷選手にとってこれが今季初勝利です。


このことについて書かれた記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇パ・リーグ 日本ハム9―4ロッテ(2016年5月1日 QVCマリン)

日本ハムの大谷が開幕から38日目でようやく今季初勝利を挙げた。
2回に4失点を喫したが、終わってみればこの回以外は無安打に抑え、
138球を投げ切って4安打4失点完投。
試合後は「長い間待たせましたけど、ここから連勝したいと思います」と力強く巻き返しを誓い、
控えめな笑顔でファンの声援に応えた。

序盤は制球が定まらず、らしくない投球だった。
5点の援護をもらって上がった2回のマウンド。
先頭のデスパイネにフェンス直撃の中二塁打を打たれると、
1死からナバーロの中前適時打で早くも失点。
根元、岡田にも連続適時打を浴びてさらに3点を失い、楽勝ムード一転、一気に1点差に迫られた。

「序盤で点を取ってもらって、すぐに取られてしまったので長い回を投げたいと思った」と
振り返ったように、3回に2四球で招いた2死一、
二塁のピンチで鈴木を空振り三振に斬って無失点で終えると、
4回からは変化球主体で全て3人で終える危なげない投球。
9回、最後の打者となった鈴木を158キロ直球で空振りに仕留めて10個目の三振を奪い、
マウンドで歓喜の雄叫びを上げた。

今季は2年連続開幕投手を務めた3月25日のロッテ戦(QVCマリン)で
7回5安打3失点と粘りの投球を見せながらも黒星スタート。
4月は先発した4試合でいずれも試合をつくりながら勝ち星に恵まれず、我慢の日が続いた。
月が替わり、6度目の先発でようやく白星。
背番号11は「最後も(点を)取ってもらって楽に投げさせてもらいました」と
12安打で9点を挙げた打線への感謝を口にした。」


ようやっとの初勝利です。

とはいっても内容は大谷選手らしくないものだったと言えます。

高卒4年目の選手に高度なことを要求するのは少し酷かもしれませんが、
球界全体から注目されている選手なだけにもうちょっと内容の良い試合を期待してしまうわけです。

今期はいまいちピリッとしない試合が続いていますが、
この勝利をキッカケに尻上がりに調子を上げていってくれることに期待したいと思います。




復興を願って―熊本民放4局 嵐&小山氏の応援メッセージを一斉放送へ
熊本県の復興を願って様々な行動が起こされる中、
このたび熊本出身で放送作家の小山薫堂さんから復興に向けた新企画が発表されました。


このことについて書かれた記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「熊本県天草市出身の放送作家・小山薫堂氏(51)が30日、
自身のフェイスブックページで、熊本地震復興への新企画を発表した。
2010年(平22)のNHK紅白歌合戦のために、自ら作詞し、
嵐が歌った楽曲「ふるさと」を使った、60秒の応援メッセージを制作。
熊本放送、テレビ熊本、熊本県民テレビ、熊本朝日放送の、熊本県の民放4局で、
5月1日午後8時53分から1分間、一斉に放送するという。

小山氏はフェイスブックページに、以下のように思いをつづった。

「2010年の紅白歌合戦内の嵐特別企画として『ふるさと』という曲を作詞させていただいた時、
僕は当然ながら自分のふるさとである熊本に心を寄せて書きました。
その『ふるさと』という曲を使って、自分のふるさとに応援メッセージを送りたいと思い、
ジャニーズ事務所さんにご相談したところ、お力を貸してくださいました。
そして、熊本のみなさんに向けた60秒の応援メッセージ映像が完成しました」

「さて、これをどうやって多くの人に届けるか…
ダメモトで熊本の民放4局
(熊本放送、テレビ熊本、熊本県民テレビ、熊本朝日放送)での放送をお願いしたところ、
思わぬお返事がきました。
『熊本の民放4局が一致団結して、同日同時刻一斉放送します』とのこと!
さらに熊本日日新聞、ラジオ各社まで加わり、ライバルの壁を越えての展開となってきました」

「こんな時だからこそ、みんな一緒に! 
…メディアが一丸となる姿勢が、熊本のみなさんの勇気の支えになりますように! 
5月1日(日曜日)夜8時53分~54分(60秒)です。
熊本のみなさん、ご覧ください」(原文のまま)

小山氏は熊本県のご当地キャラ、くまモンの生みの親で
「くまモン募金箱」を柱とした熊本地震復興支援プロジェクト
「FOR KUMAMOTO PROJECT」を立ち上げた。
公式ページが28日に
Yahoo! ジャパン内(http://docs.donation.yahoo.co.jp/forkumamoto.html)に立ち上げられ、
30日午後5時半現在、「くまモン募金箱」には、
4313人が募金し、募金総額は573万4843円に上っている。」


熊本県の復興に向けて多くの個人・団体が動いていますが、
その中でも小山さんの動きは迅速で活発です。

自分は毎週、小山さんがMCを務めるラジオ番組を聴いているのですが、
熊本地震以後の放送は全て熊本地震に関する内容となっており、
その放送からは復興に向けた小山さんの熱い思いが伝わってきます。

小山さんが願う通り、一日も早い復興がなされることが望まれます。