FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
大逆転での優勝―日本ハムが4年ぶり7度目のリーグ制覇
9月28日、日本ハムが4年ぶり7度目のリーグ優勝を決めました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◆西武0―1日本ハム(28日・西武プリンス)

日本ハムが142試合目で、4年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた。

「リアル二刀流」を封印して投手に専念した大谷が9回を完封。
被安打1、15奪三振の快投で、西武に1―0で勝利した。

投げれば負けない。
大谷は5月25日楽天戦から9連勝で3年連続の2ケタ勝利、大一番で今季初完封を成し遂げた。

4回にレアードが菊池から39号ソロを放ち得た1点を最後まで守りきった。
大谷は5回1死までパーフェクトピッチング。
森に初安打を許したが、その後は5連続三振を奪うなど、快調なピッチングを見せた。

日本ハムは今季、6月24日時点で首位ソフトバンクに11・5ゲーム差をつけられていた。
しかし、6月19日の中日戦から7月11日のオリックス戦まで
破竹の15連勝で勢いにのり、ソフトバンクを猛追。
奇跡的な逆転Vを成し遂げた。
プロ野球での最大ゲーム差を逆転しての優勝は、
1963年に南海に対して14・5差をひっくり返して優勝を決めた西鉄。
日本ハムは同年の西鉄に次ぎ、リーグ2位となるゲーム差を逆転しての優勝となった。

パ・リーグ5球団全球団に勝ち越しての優勝。
86勝53敗3分で勝率6割1分9厘、球団のシーズン最多勝、シーズン最高勝率を更新し、
最多貯金も球団記録の35に迫る33と歴史的な優勝となった。」


奇跡の逆転優勝劇でした。

かつて巨人の長嶋監督が「ペナントレースで大逆転を演じる」という意味合いで
「メークドラマ」なる言葉を生み出しましたが、
その時のゲーム差が首位に最大11.5ゲーム差でしたので、
まさに今年の日本ハムの優勝は日ハム版「メークドラマ」だったと言えます。

その立役者となったのは間違いなく大谷翔平選手です。

この男の能力は計り知れません。

まさに怪物クラスです。

今回の逆転優勝で勢いに乗っている日本ハムですが、
この勢いでクライマックスシリーズも突破してほしいですね。




スポンサーサイト



祈りをささげる―事故死の若きエースの「16」がマーリンズの永久欠番に
9月26日、マーリンズのホセ・フェルナンデス投手が不慮の死を遂げてから初めてとなる試合が行われ、
メッツに7対3で勝利し、若きエースの死に勝利をささげました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「マーリンズ-メッツ」(26日、マイアミ)

マーリンズの若きエース、ホセ・フェルナンデス投手(享年24)の事故死から一夜明けたこの日、
全体練習前のクラブハウスではチームミーティングを開かれ、
フィールド上に姿を見せた選手たちは一様に硬い表情で2日ぶりの試合に備えた。

場内の大型スクリーンには同投手の背番号「16」が映し出され、
練習中はマウンド上に同投手が使用していた帽子とグローブを置かれた。

チームメートのゴードンは本拠地の練習では掛けることのないサングラスをして、
胸に「RIP(安らかに眠りください)」が入ったTシャツを着用。
ディートリックは帽子に同投手のイニシャル「JDF」と「16」をペンで書き入れるなど、
思い思いの形で哀悼の意を表した。

ベンチスタートのイチローは、いつもと同じスタイルで黙々と練習メニューをこなした。

試合前のベンチで取材に応じたサムソン球団社長は、この日の試合で選手、
首脳陣全員が背中に「16」と「FERNANDEZ」の入ったユニホームを着用してプレーすること、
27日以降は袖に特製ワッペンのついたユニホームを使用することを発表。
プレーボール直前に選手たちがフィールドに姿を見せると、観客席から大きな拍手が起こった。

前日の緊急会見には出席せず、
声明文で哀悼の意を表したローリエ球団オーナーは試合前に取材に応じ、
「球団にとって大きな損失だが、前に進むしかない」とコメント。
さらに「16のユニホームを再び、着る選手はいないだろう」と「16」を永久欠番にする意向を示した。

球場周辺の一角には献花コーナーが設けられ、
ファンたちが長蛇の列をなし、メッセージボードに惜別の言葉を書き込んだ。」


将来を嘱望されていた若きエースの死はメジャーリーグ全体に大きな悲しみをもたらしています。

それはチームメイトであるイチロー選手も同様で、
イチロー選手はこのメッツ戦でヒットを放ちましたが、
記者から特別な試合で1安打したことを質問されると、
「うーん」としばらく考えた後に「この1本は彼にあげます」と語ったそうです。

家族にとっても、チームメイトにとっても、ファンにとっても、
あまりに突然で、あまりに悲しすぎる死でした。

合掌。今はただ安らかに。




討論会の勝者は?―クリントンVSトランプ、討論会で激しい舌戦
9月26日、米大統領選の第1回討論会が開催され、
民主党候補のクリントン前国務長官と共和党候補のトランプ氏が激しい舌戦を繰り広げました。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「米大統領選の民主党候補、クリントン前国務長官と共和党候補、トランプ氏の第1回討論会が26日、
ニューヨーク州ヘンプステッドのホフストラ大学で開かれ、初めて2人が直接対決した。
女性初の大統領を目指すクリントン氏が、
日韓の核武装を容認したトランプ氏の発言の危険性を指摘したのに対し、
トランプ氏は日韓の駐留米軍経費の負担増を重ねて主張。
激しい舌戦になった。

討論会後にCNNテレビが実施した世論調査によると、
クリントン氏が勝ったと答えたのは62%だったのに対し、トランプ氏と答えたのは27%にとどまった。

クリントン氏はトランプ氏が日韓の核武装を容認する発言をしたことを挙げ、
核拡散を「世界が直面する第一の脅威」と指摘。
「日韓との同盟を再確認したい」と述べた。

これに対し、トランプ氏は日韓やドイツによる米軍駐留経費の負担増を重ねて主張。
北朝鮮の核実験に関し、同国に影響力を持つ中国に「彼らが問題を解決すべきだ」と迫った。

トランプ氏はまた、
オバマ政権下で中国などの外国に雇用や富が奪われたと指摘するとともに、
自由貿易協定を再交渉すると断言。
クリントン氏が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を推進しながら反対に転じた変心を批判した。

トランプ氏はクリントン氏を猛追しており、
米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の
最近世論調査の支持率平均値は2・3ポイント差となっている。

11月8日の大統領選の行方に影響する今回の討論会は全米に中継され、
総人口の3分の1に当たる約1億人が視聴したと予想される。
討論会は2回目が10月9日、3回目が同月19日で計3回の予定。
副大統領候補による討論会も10月4日に行われる。」


この討論会は大統領選に大きな影響を及ぼします。

ゆえに討論会で勝ったという印象を有権者に与えられるかが重要になってくるわけです。

そういった中で今回の討論会ではクリントン氏に軍配が上がったようです。

最近の支持率調査を見ているとトランプ氏が勢いに乗っている感がありましたが、
やはり経験の差、勉強量の差は歴然でした。

もっともっと色々なことを学ばなければトランプ氏の勝利は難しいでしょう。




土俵際からの逆転劇―豪栄道、史上初のカド番から全勝Vで締めくくり
9月25日、大相撲秋場所は千秋楽を迎え、
優勝を決めている大関の豪栄道は琴奨菊を破り、今場所を全勝で締めくくりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇大相撲秋場所千秋楽(2016年9月25日 両国国技館)

大相撲秋場所千秋楽は25日、両国国技館で行われ、
優勝を決めている大関豪栄道は琴奨菊を下し、全勝で締めくくった。
カド番からの全勝優勝は史上初。
綱獲りとなる九州場所へ弾みをつけた。

豪栄道は低い立ち合いから一度は琴奨菊に押し込まれたが、
攻めに転じると一気の寄り切り勝った。
初優勝が全勝となるのは1994年名古屋場所の大関武蔵丸以来22年ぶり。
日本人力士では96年秋場所の横綱貴乃花以来、20年ぶりの全勝制覇だった。

横綱同士の一番は、日馬富士が鶴竜を寄り切って12勝目。
大関稀勢の里は大関照ノ富士を寄り切って、鶴竜とともに10勝5敗。
照ノ富士は4勝11敗だった。

三賞は殊勲賞に2横綱3大関を撃破した隠岐の海が初、
敢闘賞に新関脇で2横綱を倒して2場所連続2桁勝利の高安が3度目、
技能賞に14日目まで優勝争いに絡んで13勝を挙げた遠藤が初めて選ばれた。」


豪栄道は今場所カド番、まさに土俵際の戦いでした。

そのような中で見事に初優勝を全勝優勝を決めた豪栄道の強さは尋常ではありません。

この強さというのは相撲の強さだけでなく、精神的な強さも指します。

日本人横綱誕生に対する期待は強いです。

ぜひとも豪栄道にはこの期待に応えてほしいと思います。




幕を閉じる時―「さんまのまんま」が31年半の歴史に幕 最後のゲストは森昌子
人気長寿番組『さんまのまんま』が24日、最終回を迎えました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「明石家さんま(61)が司会を務める関西テレビ(カンテレ)の人気長寿トーク番組
「さんまのまんま」(土曜後1・56、関西ローカル)が24日、最終回を迎えた。
歌手の森昌子(57)が最後のゲストを務め、さんまと軽快なトークを展開。
31年半の歴史に幕を下ろした。
関東地区(フジテレビ)は25日午後1時から放送。

森の出演は10年ぶり。
最終回のゲストは元妻で女優の大竹しのぶ(59)長女でタレントのIMALU(27)、
タモリ(71)ビートたけし(69)らが予想され、注目を集めていた。

さんまと森は昔からの知り合い。
さんまが「うるさいおばちゃんですね」と出迎えると、
森は「おじちゃんにおばちゃんって言われたくない」と笑って切り返し、冒頭から遠慮ない“バトル”。
長男でロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル・Taka(28)について話題が及ぶと、
森は「中学の終わりくらいに歌を歌いたいと突然言い出したんです」と語った。

「まんま」の通称で親しまれた番組は1985年4月にスタート。
初回のゲストは女優の榊原郁恵(57)だった。
放送回数は1400回以上。さんまの自宅に見立てたセットで、数々の爆笑トークが展開された。
関西地区は2009年4月から現在の土曜の昼に移行。
関東地区は09年10月から日曜午後1時台に移行した。

エンディングは、森と番組キャラクター“まんまちゃん”が「あっち向いてホイ」対決。
森が勝利し“まんまちゃん”がゴリラのモノマネを披露。
今後は特番として継続するためか、レギュラー放送を終えることには触れず、
通常回と変わらぬ形で31年半の歴史に幕を下ろした。

10月7日に「さんまのまんま 秋の夜長に旬なあの人たちが勢揃いSP」を放送。
フリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)
俳優の本木雅弘(50)
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演中の女優・相楽樹(21)杉咲花(18)らが出演する。」


最終回っぽくない最終回とは何ともこの番組らしい終わり方といえます。

ま、記事にもある通り、
これからも継続的に特番が放送されることからこの終わり方になったとも言えるわけですが、
それでも感傷的な雰囲気を嫌う明石家さんまさんの番組らしさのようなものをここから感じます。

見事だと言えます。




『Girls Night Out』 #35(メインMC:夏焼雅 ゲスト:田口夏実&井上玲音)
『Girls Night Out』の♯35が9月22日にアップされました!!

今回の『Girls Night Out』にはゲストとして、
こぶしファクトリーの田口夏実(たぐっち)と井上玲音(れいれい)が登場しました。


今回の『Girls Night Out』の内容は以下の通りです。

諸塚香奈実(チャオ ベッラ チンクエッティ)歌詞朗読「二子玉川」

GHO(Girls Hang Out)
10/10開催、『遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプ in いすみ』 に向けて、
田﨑あさひと長谷川萌美(Bitter & Sweet)が千葉県のいすみを散策!(前編)

写真トーク 
田口のお遊びと井上の幼少期の写真!

“料理教室”コーナー!
森咲樹&佐保明梨(アップアップガールズ(仮))のイカと里芋の煮物 作り!


今回の『Girls Night Out』では、
「Girls Hang Out」にBitter & Sweetの田﨑あさひちゃんと長谷川萌美ちゃんが登場し、
前回の℃-uteの鈴木愛理(あいり)と萩原舞(まいまい)に引き続いて、
千葉県のいすみを散策していきました。

千葉県のいすみと言えば、10月10日に
『遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプ in いすみ』 が開催される場所です。

ビタスイの二人の落ち着いた雰囲気がいすみの自然豊かな景観に見事にマッチし、
今回の「Girls Hang Out」はゆったり見ていられるような、そんな雰囲気を持った映像になっていました。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #187(MC:和田桜子&梁川奈々美)
『ハロ!ステ』の♯187が9月21日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
こぶしファクトリーの和田桜子(わださく)と、カントリー・ガールズの梁川奈々美(やなみん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

アンジュルム「愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間」(ハロ!ステ Edit)

℃-uteの日ダイジェスト 後編 (日本武道館)

こぶしファクトリー「バッチ来い青春!」(音霊 OTODAMA SEA STUDIO)

こぶしファクトリー・つばきファクトリーの頭の体操のお時間

モーニング娘。'16「台湾プロモーション」(前半)

ヘアアレンジ つばきファクトリー 新沼希空


今回の『ハロ!ステ』では、
アンジュルムの新曲
「愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間」の
MV(ハロ!ステ Edit)が公開されていました。

この曲のMVのコンセプトは、
アンドロイド役の笠原桃奈(かっさー)をメンバーみんなで起動していくというものです。

今回のシングルはかっさーにとって初めて参加となる作品です。

3期メンバーの時も、上國料萌衣(かみこ)の時もそうでしたが、
新メンバーの初参加シングルでは新メンバーをフィーチャーする曲が収録されます。

そして今回は
「愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間」で
かっさーがフィーチャーされたわけです。

最近メンバーからもいじられていますが、かっさーは少し笑顔が堅いところがあります。

そんなかっさーにとってアンドロイド役は適任なのかもしれませんね(?)

この曲が収録されたシングルの発売日は10月19日です。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

ノーベル賞の行方―米調査会社が予想するノーベル賞候補に日本人3人
9月21日、アメリカの情報調査会社が
今年のノーベル生理学・医学賞と化学賞の有力候補者を発表し、
その中に日本人計3人の名前がありました。


このことに関する記事が『読売新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「米情報調査会社トムソン・ロイターは21日、
今年のノーベル生理学・医学賞と化学賞の有力候補者に、
日本人計3人を選んだと発表した。

生理学・医学賞の候補者は、
免疫細胞の働きを抑制するたんぱく質「PD―1」を発見した
本庶佑(ほんじょたすく)・京都大客員教授(74)。
化学賞の候補者は、
がん細胞を狙って薬を送り込む「ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)」研究を進めた
前田浩・崇城(そうじょう)大特任教授(77)と
松村保広・国立がん研究センター分野長(61)。

同社は2002年から毎年、
生理学・医学、物理学、化学、経済学の4分野で候補者を発表しており、
今年は日本人3人を含む計24人を選んだ。」


ノーベル賞の発表は10月3日から行われる予定です。

誰が選ばれるのか、大きな注目が集まるところですが、
こういった風に有力候補者を発表する情報調査会社というのがあるのですね。

自分は初めて知りました。

日本人のノーベル賞有力候補といえば、
今回の予想には分野的に含まれていませんが、
文学賞での受賞が噂される村上春樹さんです。

毎年、候補者に名前が挙がっていますが、いまだに受賞には至っていません。

ついに村上春樹が受賞なるのか、
そういったところも含めて、10月3日からの発表が待たれます。




環境問題の先駆者―フランス、プラスチック製の使い捨て食器を禁止へ
フランスで使い捨てのプラスチック製カップや皿を禁止する法律が制定されました。

これは世界で初めてのことです。


このことに関する記事が『CNN.co.jp』に掲載されていたので以下で紹介します。

「フランスでこのほど、
使い捨てのプラスチック製カップや皿を禁止する法律が世界で初めて制定された。

同法は2020年1月に施行予定。
すべての使い捨て食器類について、
家庭用コンポストで堆肥(たいひ)にできる生物由来の素材を50%使うことを義務付ける。
2025年までにはこの割合を60%に引き上げる。

フランスは昨年、地球温暖化対策について定めた法律を制定しており、
今回の法律はその追加的措置となる。
同国は地球温暖化対策で世界を主導する存在となることを目指す。

フランスで廃棄される使い捨てカップは毎秒150個、年間では47億3000万個に上る。
そのうちリサイクルされるのは1%のみ。
ポリプロピレンとスチレン樹脂を混ぜて使っていることが主な原因だという。

一方、今回の法律に対しては欧州の食品容器メーカーでつくる業界団体が、
商品の自由移動を定めた欧州連合(EU)の法律に違反すると主張。
欧州委員会に対してフランスの法律を阻止するよう要請するとともに、
同国を相手取った法的措置を検討していることを明らかにした。

フランスはロワイヤル環境相が打ち出した計画に基づき、
2025年までにごみの埋め立て量を半減させ、
地球温暖化ガスの排出量を2030年までに1990年に比べて40%削減することを目標としている。
今年7月にはスーパーのレジ袋が全面的に禁止された。

レジ袋禁止はほかにもバングラデシュや南アフリカ、中国など6カ国で実施されている。」


フランスは今、地球温暖化対策の先駆者になろうとしています。

ではなぜ先駆者になろうとしているのかというと、
そこにはもちろん地球温暖化を憂う気持ちというものもあるのでしょうが、
一番大きいのは地球温暖化対策のキャスティング・ボートを握りたいという気持ちがあるからです。

地球温暖化対策は世界のどの国も取り組まなければいけないとされる重要課題です。

しかしながら、その対策が進んでいるかというと、なかなかそうとは言えない現状があるわけです。

そういった中で、世界の中でこの課題の先駆者になること、これは大きな意味を持つわけです。

地球温暖化対策には各国大きな予算が割かれています。

つまり世界規模でみるととんでもない金額が動いているわけです。

そこに目を付けたのがフランスで、今回の先進的な取り組みにつながっているのです。

それに比べると日本は後れを取っていますが、
この課題に対してどのような対策・態度をとれるかは
これからの世界の立ち位置を決める上でも重要なことだと言えます。




番長が去る日―横浜DeNAベイスターズの三浦大輔が現役引退
「ハマの番長」の愛称で知られる横浜DeNAの三浦大輔選手が
今期限りで現役を引退することが発表されました。

プロ25年目での決断となります。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「DeNA三浦大輔投手(42)が今季限りで現役を引退することが20日、分かった。
午後に横浜市内で会見を行う。

精密なコントロールを武器に、プロ25年間で通算172勝を挙げた「ハマの番長」。
大洋ホエールズ、横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズと、
横浜一筋で愛された生粋の先発投手が、11年ぶりのAクラス確定を花道にユニホームを脱ぐ。
引退登板は、横浜スタジアムでの今季、
本拠地最終戦となる24日の巨人戦(午後2時開始)での先発が有力視される。

球界最年長の「ハマの番長」が決断を下した。
関係者の話を総合すると、三浦は今季限りで25年の現役生活に終止符を打つことを決めた。
今日20日の会見で本人の口から発表される。

四半世紀もの間、横浜一筋を貫いた。
同僚から愛され、ファンからも愛され続けてきた。
プロ2年目から継続する23年連続勝利はプロ野球タイ記録。
今季7月11日の中日戦で達成した24年連続安打の“世界記録”はギネス記録にも刻まれた。
大記録にもおごらず「球団に申請していただいて、すごく光栄です」と深々と頭を下げていた。

今季はここまで2試合の先発で、直近は16日の阪神戦(甲子園)だった。
4回1/3を投げ、被安打6、2失点で今季2敗目を喫した。
登板後は
「内容がどうであれ負けたらダメ。
気持ちを込めて投げたが、ボールをコントロール出来なかった。
チームが勝つためにやっている。
負けてしまった訳だからそれが全て」と悔しがった。

前人未到の24年連続勝利へ最後のチャンスが残されている。
本拠地最終戦となる24日の巨人戦でのラスト登板が最有力。
超満員の横浜スタジアムで大記録を達成し、有終の美を飾る。」


昨シーズンは山本昌、今シーズンは三浦大輔が引退ということで、
これまでプロ野球を引っ張ってきたベテラン投手が次々と球界を去っていきます。

ある意味で新しい時代がやってきたともいえるわけですが、
やはり常にあり続ける安心感でもあった投手の引退というのは寂しいものがありますね。

三浦投手、お疲れ様でした!!




再び分裂する日―「バロンドール」が元の形式に戻ることが決定
世界年間最優秀選手賞(FIFAバロンドール)が再び2つに分かれると、
フランスサッカー専門誌「フランス・フットボール」が発表しました。


このことに関する記事が『AFP=時事』に掲載されていたので以下で紹介します。

「仏サッカー専門誌「フランス・フットボール(France Football)」と国際サッカー連盟(FIFA)は16日、
世界年間最優秀選手「FIFAバロンドール(FIFA Ballon d'Or)」の契約が満了を迎え、
現行形式の終了を発表した。
選手が熱望する「バロンドール」の受賞者は、以前の形式に戻って記者の投票で選出され、
選手(代表チームの主将)と監督の意見は反映されなくなる。

今後も独自で男女の年間最優秀選手を選出するとしているFIFAは、「
FIFAとフランス・フットボールの合意は今年1月に満了した。
フランス・フットボールに対しては、8月上旬に契約を更新しないと伝えていた」と明らかにしている。

2015年にはアルゼンチン代表でFCバルセロナ(FC Barcelona)に所属する
リオネル・メッシ(Lionel Messi)が、史上最多となる通算5回目のバロンドールを受賞。
FIFAとフランス・フットボールが2010年に統合させて以降、
FIFAバロンドールを受賞した選手はメッシとクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)しかいない。

1956年に創設されたバロンドールでは、
当時イングランドンのブラックプール(Blackpool FC)でプレーしていた
スタンリー・マシューズ(Stanley Matthews)が、
アルフレッド・ディ・ステファノ(Alfredo di Stefano)を抑えて初代受賞者に輝いた。

それ以降、1994年までの候補者は欧州国籍の選手のみに限られていたが、
その規定が変更された翌年には、
ACミラン(AC Milan)でプレーしていたリベリア人選手のジョージ・ウェア(George Weah)が、
欧州以外の選手では初めてバロンドールを受賞した。

2007年に選考対象が全世界に広げられたバロンドールは、
FIFA前会長のジョセフ・ゼップ・ブラッター(Joseph Sepp Blatter)氏が
フランス・フットボール誌と手を結んだことにより、
2010年からFIFA最優秀選手賞(FIFA World Player of the Year)に統合された。」


バロンドールといえばサッカー選手皆が憧れの賞です。

そんな賞がパワーアップしたのが2010年のことでした。

FIFAとフランス・フットボールが賞を統合させ、「FIFAバロンドール」が誕生したのです。

そういった経緯を考えると、今回の分裂は残念なことです。

しかしながらサッカー選手にとってこの賞が憧れであることは変わらないでしょう。




終わりなきファンの思い―SMAP解散 続く草の根運動
SMAPの解散が8月に発表されて以来、
「世界に一つだけの花」の購買運動など、ファンによる草の根的な運動が続いています。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「12月31日での解散を発表した人気グループ「SMAP」をめぐり、
解散を惜しむファンによる“草の根運動”が続いている。
CDの購買運動に加え、
テレビ局にはメンバーがそろって出演した番組の再放送を求める声が殺到。
新聞の有料伝言板がメッセージで埋め尽くされる事態も起こり、
国民的グループ解散の衝撃は尾を引いている。

「25周年おめでとう!」
「最高にカッコイイ5人は永遠です」

SMAPがデビュー25周年を迎えた9月9日の東京新聞朝刊。
読者が有料でメッセージを掲載できる「東京くらしネットToKToK 伝言板」コーナーは、
グループの25周年を祝うファンのメッセージでほぼ埋め尽くされ、
中には「ずっとSMAPでいてください」と、グループ存続を望む声も掲載された。

SMAPの解散危機が報じられた今年1月以降、
ファンの間では、平成15年に発売されたシングルCD「世界に一つだけの花」の購買運動が過熱。
9月には、累計出荷枚数が300万枚を突破し、
「だんご3兄弟」以来2例目となる「トリプルミリオン」を、発売13年越しに達成した。

ファンの熱烈な意見はテレビ局にも殺到している。
メンバー全員が唯一そろって出演する「SMAP×SMAP」を放送しているフジテレビによると、
デビュー25周年を迎えた9月9日前後には、
ファンからのはがきが連日、100枚近く寄せられたという。
グループ解散に伴い、番組は年内での終了を発表しているが、
最終回の放送日やその内容については「鋭意検討中」としている。

一方、NHKには9月11日までに、
平成23年に放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀 SMAPスペシャル」や
「同“完全版”」の再放送を求める意見が3000件以上寄せられた。
番組はメンバー5人に初めて長期密着したドキュメントで、
東日本大震災の被災地を訪れた様子やステージの舞台裏などを追った内容だった。

NHK広報部は
「一般的に、番組を再放送するかどうかは、視聴者の声や権利関係など、
さまざまな要素を総合的に判断して決めています」と説明している。

一方、NHKの籾井勝人会長は8日の記者会見で、
SMAPが大みそか放送の「紅白歌合戦」に出場する可能性を問われ、
「ぜひ出てほしい」とラブコールを送った。
NHK会長自ら個別のアーティストの番組出演に言及するのは異例で、
NHKの出演交渉にかける本気度がにじむ。

国民的グループ解散の「Xデー」までおよそ3カ月。
最後の花道に向けて、ファンや関係者もまた、気をもんでいるようだ。」


これだけ愛され、解散に対してこれだけのアクションが起きるグループは珍しいといえます。

ジャニーズのファンは熱いとよく言われますが、
その中でもSMAPのファンは
SMAPの活動期間が長いことから分かるようにファン歴が長い方が多く、
その熱さはより一段とすごいものがあります。

そのファンが結集すれば、これくらいの運動は起こって当然だともいえるわけです。

SMAPの最後がどのような形で迎えられるかわかりませんが、
いずれにしても多くのファンが納得いく形で終わることが望ましいことだといえますね。




『Girls Night Out』 #34(メインMC:夏焼雅 ゲスト:小関舞&船木結)
『Girls Night Out』の♯34が9月15日にアップされました!!

今回の『Girls Night Out』にはゲストとして、
アップアップガールズ(仮)の新井愛瞳(まぁな)と、
LoVendoЯの宮澤茉凛(まりん)が登場しました。


今回の『Girls Night Out』の内容は以下の通りです。

GHO(Girls Hang Out)
10/10開催、『遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプ in いすみ』 に先駆けて、
鈴木愛理&萩原舞(℃-ute)が千葉県のいすみを散策!(後編)

次世代のスーパーフード!?『タマリンド』

“料理教室”コーナー!
石田亜佑美 & 羽賀朱音(モーニング娘。'16)のブリ大根 作り!

写真トーク 
ゲストが写真を持ち寄りトーク!


今回の『Girls Night Out』では、
「Girls Hang Out」に℃-uteの鈴木愛理(あいり)と萩原舞(まいまい)が登場し、
千葉県のいすみを散策していきました。

千葉県のいすみと言えば、10月10日に
『遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプ in いすみ』 が開催される場所です。

春・秋の恒例行事となりつつある「SATOYAMA&SATOUMI」のイベントですが、
今回は℃-uteとカントリー・ガールズが中心となって行われる予定です。

どのような流れになるかはまだ分かりませんが、
いつも以上に盛り上がるといいですね。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #186(MC:岡井千聖&小片リサ)
『ハロ!ステ』の♯186が9月14日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
℃-uteの岡井千聖(岡井ちゃん)と、つばきファクトリーの小片リサ(りさまる。)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

カントリー・ガールズ「涙のリクエスト」(ハロ!ステ Edit)

℃-uteの日ダイジェスト (日本武道館)

つばきファクトリー「独り占め」(Zepp Tokyo)

こぶしファクトリー・つばきファクトリーの頭の体操のお時間

演劇女子部「顔合わせ・台本読み合わせ」

生田衣梨奈ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、
アンジュルム主演の演劇女子部の顔合わせと台本読み合わせの模様が流されていました。

アンジュルム主演の演劇女子部の舞台は
10月1日から10日まで新宿・スペースゼロで公演されます。

舞台の名前は『モード』です。


公式サイトに掲載された舞台の紹介文は以下の通りです。

「1970年のはじめ、まだまだ女性の社会進出が難しい時代。
女性ファッション誌創刊に熱意を燃やす女編集者と、モデルとなった良家のお嬢様がいた。
アンジュルム主演でお送りする、自分らしく生きようと闘う女たちの物語。」


何だかシリアスな雰囲気を持った舞台です。

アンジュルムといえば良い意味でおふざけの似合うグループですので、
今回の舞台ではいつもと違ったアンジュルムメンバーの一面を見ることが出来そうです。

シリアスなアンジュルムに大注目です。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

待望の復活―志村けんが「だいじょうぶだぁ」と肺炎からの復活をアピール
8月に肺炎のため入院していた志村けんさんが退院後初めて公の場に姿を現しました


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「肺炎のため8月に緊急入院していたタレントの志村けん(66)が15日、
都内で行われたスナック菓子「わさムーチョ」の「発売記念&新キャラクター就任式」に出席。
8月31日の退院後、公の場に登場するのは初めて。
体調についての質問には「だいじょぶだぁ」と持ちネタで切り返し、
大好きな酒も「やめられない」と苦笑いで告白。
ジョークも飛ばして笑わせた。

コントで見せる「ひとみばあさん」から派生した
「ひとみおばあちゃん」というキャラクターにふんして登場。
賞品を試食し、「焼酎の方が良かったねえ」などとアドリブをきかせて場を和ませ、
その後、メークを落として取材に応じた。

志村は8月16日に、座長公演「志村魂」の名古屋公演の際、
39度の高熱があり、肺炎でドクターストップを受けた。
19日の大阪公演は車いすに乗りながら点滴を受け、ファンのために無理をして出演したが、
終演後、大阪市内の病院に緊急入院。その後、
都内の病院に転院し、31日に退院した。

異変を感じた当時を振り返り
「最初は(食べたものを)戻したり、寝られないのとでおかしいなと思って」と明かした。

病院では
「6時に起こされて点滴打って、7時半にご飯ですからね」と規則正しい生活をして過ごした。
「1日3箱吸ってた」ほどのヘビースモーカーだったが、
「今は部屋に置いてあっても吸わない」と嗜好(しこう)に変化も出たようだった。

ただ、お酒については「やめられない」と苦笑い。
ロックから、水割りに替わる程度で、「軽めに」お酒はたしなんでいるという。
深酒は気をつけるといいながらも
「(午前)時4時まで飲んじゃうんで2時ぐらいにしないとね」とジョークを飛ばし笑いを誘った。

14日にレントゲンを撮影した際には
「完全にすぐには治らない。もうちょっとゆっくりかけないと」と医師に言われたというが、
仕事をする上で支障がない様子。
体調は?と問われ「バッチリです」と答えた後に、「だいじょぶだぁ」を披露。
「ちょっと休んでたからねえ」と決めぜりふがすぐに出てこず苦笑いをしていた。

志村は今月11日にはテレビの特番収録に参加し、仕事復帰。
13日にも熊本でロケに参加していた。」


志村さんが入院した情報は多くのニュースサイト、テレビ番組で取り上げられ、
多くの国民が心配をしていました。

それだけに今回の復帰は多くの人にとって嬉しい出来事なんではないかと思います。

自分も志村さんのコントが大好きなので、
体に気を付けていただいて、これからも多くのコントを生み出していただければと思います。




日本最速の男―日本ハムファイターズ・大谷翔平が日本最速164キロを記録
9月13日、日本ハムの大谷翔平投手が日本最速となる164キロを記録しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇パ・リーグ 日本ハム―オリックス(2016年9月13日 札幌D)

日本ハムの大谷翔平投手(22)が、
オリックス戦(札幌ドーム)に先発し、日本最速となる164キロをマークした。

3回1死二、三塁で糸井への初球にマークした。
結果は内角低めを詰まりながらも右前にはじき返され2点を先制された。
糸井も一塁ベース上でしびれるのか両手を振りながら、苦笑いを浮かべていた。

大谷は7月に右手中指のまめをつぶし、その後は打者出場に専念。
それでも今月7日のロッテ戦(札幌ドーム)で先発復帰し、
163キロの日本タイ記録をマークしていた。
この日が復帰後2戦目の登板だった。

大谷は結局、87球を投げ、5回を4安打2失点、9奪三振で交代した。
160キロ台を22球の力投だったが、先発復帰2戦目であることを考慮されたもの。
チームは4回に近藤と中田の連続タイムリーで同点とし、大谷に勝敗はつかなかった。

▼大谷の話 
先制点を取られてしまったんですけど、
野手の皆さんが追いついてくれたので感謝したいです。
内容的には、ランナーを出してからが課題ですね。
後半はよくなってきてたんで、きょうの反省を次に生かしていきたいです。」


ついに来るところまで来ましたね。

164キロ、すごい速さです。

今期は打者としても結果を残していますが、
思えばシーズン序盤はむしろピッチングのほうがピリッとしませんでした。

それでもやはり怪物・大谷翔平です。

しっかりとピッチングも復調させ、ついには日本最速を記録してしまったのです。

本当に人間離れしたすごさです。




納得の受賞―レスリング・伊調馨に国民栄誉賞を授与することが決定!!
9月13日、女子個人種目で五輪史上初となる4連覇を達成した伊調馨選手に対し、
政府は閣議で国民栄誉賞を授与することを決めました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、
女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成した伊調馨(32)=ALSOK=に対し、
政府は13日の閣議で国民栄誉賞を授与することを決めた。

2013年の長嶋茂雄、松井秀喜両氏以来、23例目となる。

五輪で勝ち取った前人未到の記録に、大きな勲章が加わる。
8月25日に解団式を終えて所属先を訪れた伊調は、
国民栄誉賞に触れ「信じられないし、自分に似合ってない気もする」と控えめに語っていた。

レスリング界では、
世界選手権と五輪の計13大会連続世界一を達成した吉田沙保里(33)が
12年のロンドン五輪後に受賞した。
伊調も賞の重みを分かっており、
「国民栄誉賞は記録とかじゃない。
国民の皆さんに勇気や感動を与えられる人(がふさわしい)と思うので、
私にはまだかなと…」と語ったが、この後政府から栄誉賞授与の打診があったとみられる。

リオ五輪決勝では、残り3秒からの大逆転勝利を演じ、
04年アテネ、08年北京、12年ロンドン大会に続く4個目の金メダルを獲得。
14年に他界した母・トシさん(享年65)の遺影を抱え、
「最後は母が助けてくれた」とつぶやいたシーンは感動を呼んだ。
五輪全競技を通じて個人種目4連覇は女子初で、
男子を含めても陸上のカール・ルイス、
競泳のマイケル・フェルプスらに並ぶ5人目の記録で、文句なしの実績といえる。

スポーツ界からの国民栄誉賞は10例目で、五輪金メダリストとしては吉田のほか、
柔道・山下泰裕、女子マラソン・高橋尚子両氏が受賞している。

◆伊調 馨(いちょう・かおり)1984年6月13日、青森県生まれ。
32歳。中京女大(現至学館大)出身。
攻守に高い技術を持ち、
2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン、16年リオ五輪で
五輪全競技を通じて女子史上初の4連覇を達成。
世界選手権10度優勝。
03年3月から16年1月まで個人、団体を合わせ189連勝(不戦敗を除く)。166センチ。

◆国民栄誉賞 広く国民に敬愛され、
社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった人物、
団体の栄誉をたたえることを目的とする賞。
1977年の福田赳夫首相在任時に創設された。
内閣総理大臣による表彰のひとつで、民間有識者の意見を聞いた上で決定する。
同年9月にプロ野球・元巨人軍の王貞治さんが初めて受賞。
これまでにスポーツ、文化、芸能関係者22人と
1団体(11年サッカー女子W杯日本代表チーム)が受賞している。」


国民全員が納得の受賞だといえます。

逆にこれで授与しないほうが不思議といえるほどの大記録です。

本当に素晴らしいです。




暗雲が立ち込める―大相撲秋場所・初日、稀勢の里はまさかの黒星
9月11日、大相撲秋場所の初日が行われ、
綱取りに挑む稀勢の里は隠岐の海との一番に敗れました。

稀勢の里にとっては綱取りに向け厳しいスタートとなりました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「大相撲秋場所・初日」(11日、両国国技館)

3場所連続で綱とりに挑む大関稀勢の里(30)=田子ノ浦=は
東前頭筆頭隠岐の海(八角)に寄り切りで敗れ、手痛い黒星スタートとなった。

立ち合い、もろ差しを許し不利な態勢から強引に抱えて出た。
残されると、逆に回り込まれ棒立ち。
なすすべなく土俵を割った。

支度部屋では口を真一文字に結び、うつむいたまま。
質問には一切、答えず会場を引き上げた。

横綱審議委員会(横審)の守屋秀繁委員長はあきれ顔。
2日の稽古総見で2勝10敗とふがいない内容だったことを挙げ、
「総見はきょうを思わせるくらい弱かった。想定内の負け」とバッサリ。
残り14日に横綱昇進がかかるが
「もうない。
まあ、もうない、ということはないけど、非常に厳しい。
今後勝ち進めるのかな、という感じ。
2勝10敗でしたからね、3勝はするんじゃないですか。
きょうのは印象が悪いですね」と辛らつだった。」


初日から厳しい戦いとなりました。

綱取りに向け、周囲の期待は高まっていました。

しかしながら稀勢の里の調子は今ひとつ上がっていません。

横審の言葉は厳しいように見えますが、これもまた期待の裏返しでしょう。

日本人横綱誕生に対する期待はそれほど大きいのです。




25年ぶりに福来る―広島カープ、25年ぶり7度目のリーグ制覇
9月10日、広島カープが25年ぶりにセ・リーグを制覇しました。

広島カープがセ・リーグを制覇したのはこれで通算7度目になります。


このことに関する記事が『ベースボールキング』に掲載されていたので以下で紹介します。

「● 巨人 4 - 6 広島 ○
<22回戦 東京ドーム>

広島が今季を象徴する逆転勝利で、25年ぶり7度目のリーグ制覇を達成。
先発の黒田が6回3失点で9勝目を挙げ、大一番で見事に大役を果たした。

勝つか引き分けで優勝が決まる広島は、初回に黒田が3番坂本に先制2ランを浴び、
2点を追いかける展開となった。
それでも3回表、巨人先発・マイコラスに対し一死から1番田中が四球で出塁すると、
2番菊池の痛烈な遊撃ゴロ、を巨人・坂本がファンブル。
このボールが中堅と右翼の間を転々とする間に、一塁走者の田中が一気にホームへ滑り込んだ。

1-2で迎えた4回は、先頭の5番鈴木がマイコラスのカーブを完璧に捉え、
左中間席へ飛び込む同点の25号ソロ。
さらに場内の盛り上がりが収まらぬ中、続く6番松山も初球のカーブを右中間スタンドへ運び、
わずか2球で逆転した。

広島は続く5回にも、再び鈴木がマイコラスの変化球を捉え左翼席に飛び込む26号2ラン。
まさに“神ってる男”の2打席連続弾で、5-2とリードを広げた。

黒田はその裏に1点を返され、6回も二死一、二塁のピンチを背負ったが、
最後は6番ギャレットを中飛に退け6回3失点。
マウンドを降りる際はファンからの黒田コールを一身に浴び、
7回に代打を送られお役御免となった。

7回からは今村、ジャクソン、中崎の必勝パターンを投入。
8回にジャクソンが1点を返されたが、最後は中崎が33セーブ目(3勝4敗)で締めた。

広島は敵地で2位巨人を直接叩き、25年ぶりのリーグ制覇。
ここまで131試合を戦い82勝47敗2分け。
巨人に15ゲーム差をつける独走Vだった。」


エース黒田での優勝ということで、
カープファンにとってはまさに文句なしの優勝だといえるのではないでしょうか。

25年ぶりということで、本当に待ちに待った優勝でした。

カープ女子など、話題性と人気も兼ね備えた球団になった今、本当に欲しかったのが優勝でした。

こうなったら目指すは日本一です。

頑張れ!広島カープ!




『Girls Night Out』 #33(メインMC:夏焼雅 ゲスト:小関舞&船木結)
『Girls Night Out』の♯33が9月8日にアップされました!!

今回の『Girls Night Out』にはゲストとして、
カントリー・ガールズの小関舞(おぜこ)と船木結(ふなっき)が登場しました。


今回の『Girls Night Out』の内容は以下の通りです。

歌詞を読む!歌詞朗読 ためらいサマータイム / 山木梨沙(カントリー・ガールズ)

GHO(Girls Hang Out)
10/10開催、『遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプ in いすみ』 に先駆けて、
鈴木愛理&萩原舞(℃-ute)が千葉県のいすみを散策!(前編)

“料理教室”コーナー!
石田亜佑美 & 羽賀朱音(モーニング娘。'16)のさつまいものレモン煮 作り!

写真トーク 
ゲストが写真を持ち寄りトーク!


今回の『Girls Night Out』では、
「“料理教室”コーナー」に前回に引き続いて
モーニング娘。'16の石田亜佑美(だーいし)と羽賀朱音(あかねちん)が登場しました。

前々回より前はアンジュルムの2人(和田・室田)が暴れまくっていましたが(笑)、
今回の2人はまさに優秀な生徒という感じがありました。

きっとくろっきこと黒木料理長も心穏やかに料理を教えられたんじゃないかと思います。

ただ視聴者からしてみれば何だか刺激が足りない感じもします(笑)

くろっきは嫌がるかもしれませんが、
ぜひとも再びアンジュルムのメンバーが襲来してほしいですね(笑)




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #185(MC:植村あかり&尾形春水)
『ハロ!ステ』の♯185が9月7日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
Juice=Juiceの植村あかり(あーりー)と、モーニング娘。'16の尾形春水(はーちん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

カントリー・ガールズ「どーだっていいの」(ハロ!ステ Edit)

℃-ute「がんばっちゃえ!」 (広島文化学園HBGホール)

つばきファクトリー メジャーデビュー発表(Zepp Tokyo)

アンジュルムからのお知らせ

Juice=Juice「明日やろうはバカやろう」(中野サンプラザ)

こぶしファクトリー・つばきファクトリーの頭の体操のお時間

アンジュルム 笠原桃奈 ボイストレーニング


今回の『ハロ!ステ』では、
つばきファクトリーのメジャーデビュー発表の模様が流されていました。

メンバーは清水佐紀アドバイザーによるサプライズ発表に本当に驚きそして喜んでいましたね。

つばきファクトリーはメジャーデビューまでに多くの時間を要しました。

そして新メンバーが加入したこのタイミングでメジャーデビューが決まりました。

初期メンバーからすれば忸怩たる思いもあるでしょう。

しかしこれは間違いなくチャンスです。

℃-uteが解散する今、次世代のハロプロを背思っていく存在になれるかが問われているのです。

これからの活躍に期待です。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

新たなる伝説―『シン・ゴジラ』観客動員420万人突破“で平成ゴジラシリーズ”の頂点に
7月29日公開されて以来、大変な話題を集めている映画『シン・ゴジラ』が
このたび観客動員420万人を突破したそうです。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「庵野秀明氏が脚本、総監督を務め、7月29日に公開された映画『シン・ゴジラ』が、
9月6日までの40日間で観客動員420万8608人を突破し、
1984年公開『ゴジラ』以降の“平成ゴジラシリーズ”において最高の観客動員数を記録した。

『ゴジラ』は、1954年に公開された第1作から60年以上、
現在までに国内で計29作品が製作され、日本を代表するシリーズ映画として君臨。
29作目として封切られた『シン・ゴジラ』は公開以来、大ヒットを記録し、
その迫力の映像、圧倒的な情報量、緻密な取材に基づくリアリティで、
これまでのゴジラシリーズでは考えられないほど幅広い層の観客を獲得し、
数多くのリピーターも生み出している。

“平成ゴジラシリーズ”においては、
第19作『ゴジラVSモスラ』(1992年公開)が記録した420万人が最高だったが、
『シン・ゴジラ』が約24年ぶりに記録を超える形となった。
公開40日時点で、興行収入は61億3492万9000円。

◇ゴジラシリーズデータ(平成ゴジラシリーズ以降)
公開日/作品名/動員数

1984年/『ゴジラ』/320万人
1989年/『ゴジラVSビオランテ』/200万人
1991年/『ゴジラVSキングギドラ』/270万人
1992年/『ゴジラVSモスラ』/420万人
1993年/『ゴジラVSメカゴジラ』/380万人
1994年/『ゴジラVSスペースゴジラ』/340万人
1995年/『ゴジラVSデストロイア』/400万人
1999年/『ゴジラ2000ミレニアム』/200万人
2000年/『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』/135万人
2001年/『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』/240万人
2002年/『ゴジラ×メカゴジラ』/170万人
2003年/『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』/110万人
2004年/『ゴジラFINALWARS』/104万人
2016年/『シン・ゴジラ』/420万8608人」


「ゴジラ」という、ある意味でいえばやりつくされた感のあるテーマにあえて挑んだ本作は、
リアルを追及することで、これまでの怪獣映画を超えた作品を作り上げることに成功しました。

リアルと一口に言っても、そもそも怪獣のリアルってなんだ?ということになるのですが、
この映画を一見すればその疑問は一気に解決します。

人々の驚き・焦り・苦悩を描いた本作は、まさに本物なのです。

まだまだこの記録は伸びるでしょう。




いまだ終わらぬ熱狂ーリオ五輪のメダリストパレードが10月7日に開催
リオ五輪のメダリストによるパレードが10月7日に開催されます。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「10月7日に東京都内で開催されるリオ五輪・パラリンピックのメダリスト合同パレードが、
今世紀最大規模になることが5日、分かった。
ロンドン五輪メダリストによる4年前のパレードは銀座中央通り約1キロを
約20分かけて移動し、約50万人が集まった。
今回は五輪メダル数が史上最多の41個となり、
パラリンピック(7日開幕)のメダリストも加わる。
そのため前回よりも距離は4倍、観衆は約2倍を見込んでいる。

今回のパレードは、東京五輪・パラリンピック組織委員会の本部がある虎ノ門ヒルズをスタート。
午前中、メダリストらを乗せた2階建てバスが出発し、外堀通りを走り、
新橋で中央通りに左折してから、沿道に観衆が集まるパレードが始まる。
ゴール地点は日本橋付近とみられる。
走行距離は約4キロで、100万人以上が駆けつけると推定される。
都内開催のスポーツ関連のパレードとしては、
約200万人が集まった74年のプロ野球ロッテ優勝パレードに続く規模で、
21世紀最大となる見込みだ。

規模が大きいため、パレードの仕組みも変わる。
前回は日本オリンピック委員会(JOC)主催で行われたが、
今回はJOCに加え、日本パラリンピック委員会(JPC)、
主導役の組織委、東京都、2つの官庁の計6団体で行われる。
さらに「最低でも約3億円」とされる開催資金を集めるために複数のスポンサーがつく、
記録的パレードになる見通しだ。

◆都内での主なスポーツ関連パレード 
74年に日本一を達成したロッテは東京駅から新宿のロッテ本社まで
約10キロのパレードを行い、プロ野球最大級の推定200万人を集めた。
巨人は02年の日本一パレードの際には大手町から銀座8丁目まで約3・6キロでパレードし、
メジャー挑戦を表明していた松井を見ようと約40万人が駆けつけた。
3年ぶりの日本一を決めた12年には日本橋三越本店前をスタート地点とし、
中央通り約2・3キロを約30分かけてゆっくり縦断し、約38万人を集めた。」


リオ五輪での日本代表選手たちの活躍は記憶に新しいです。

メダリストを中心にテレビ番組に引っ張りだこになっています。

そんないまだ熱狂冷めやらぬ中で行われるパレードは多くの人の注目を集めることでしょう。

楽しみです。




終わるにあたって―『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が連載終了
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載が終了することが発表されました。

40年続いた人気漫画の終了に多くの人が悲しみの声を寄せています。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「こち亀」こと週刊少年ジャンプの
長寿漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載終了には驚いた。

発表は3日、作品世界を題材にした「こち亀絵巻」を
東京都千代田区の神田明神に奉納した後の会見だった。

原作者の秋本治氏は最後に話すと決めていたという。
何も知らない記者は「300巻への意欲」「最終回の構想」などを聞いてしまった。

長期連載漫画の最終回にまつわる逸話としては、連載48周年の「ゴルゴ13」が有名。
原作者のさいとう・たかを氏が、
コマ割りもラストシーンも決めているという話を引き合いに質問した。

秋本氏は
「さいとう先生のは常とう句というか…僕もそういう風に言えたらいいんだけど。
こち亀はギャグ漫画。最後のギャグなんて考えられない」とその場では答えた。
ICレコーダーを聞き直すと「その辺りはまた後で」と小さな声で話していた。

いったん質問が打ち切られ、直後に連載終了が発表された。

今にして思えば、そこに秋本氏の漫画家だからこその、2つの強い思いがあった。

まず1つめ。
読者に対してだ。
秋本氏はどうしても、自身の口から連載終了を語りたかった。
読者が不意打ちのように、終了を知らされる事態だけは避けたかった。
近年はツイッターなどSNSの普及もあり、
書籍でニュースを発表するのが難しい雑誌は流通の都合上、
発売日の数日前に小売店に届くからだ。
発売前の誌面を見た人からSNSで拡散してしまうケースが「NARUTO」の最終回でもあった。

40年愛してくれた読者に、自身の思いをきちんと伝えたかったのだ。

だが、それだけなら会見冒頭に発表すればいい。
もう1つの理由。
絵巻の奉納が、連載終了以上に大切だったのだ。

絵巻は一年がかりの大仕事だった。
素材の和紙には、漫画で慣れた画材も、培った技法も使えない。
試行錯誤の末にガラスペンで描いた。
全長8メートルの和紙に描かれた17枚の絵は、戦後から現代の東京を描いたもの。
両津らこち亀キャラが山車を引きながら神田明神にやってくる。
子供の遊び、流行や歴史的出来事も描かれた。

秋本氏は絵巻の奉納を「漫画界にとって嬉しいこと」と喜んだ。
「こち亀の連載終了より、奉納の方が大事なんです」とも言った。

こち亀が描かれた40年で、漫画の評価は大きく変わった。
かつては子供向けの一段低い文化とみる人も多かった。
それが絵巻となり、“江戸の総鎮守”神田明神に
「その時代の生活、風俗を知る貴重な資料になる」と感謝され、奉納されたのだ。
神田明神には江戸時代末期に寄進された絵巻があるというが、
それ以降の本格的な絵巻はないという。

秋本氏は絵巻の奉納会見をきちんと済ませた後でなければ、こち亀の完結を語れなかったのだ。

連載終了を明らかにしたあと、記者らの質問に触れ
「いつ終わるのか、どう終わるのかと
皆さんが気にしてくれている中で、心苦しい思いもあった」と漏らした。
恐らく記者らの驚きや落胆といったファン心理も気遣ってくれたのだと思う。
涙こそ流さなかったが、声が震えているように聞こえた。

連載終了に向けて極秘に動いてきた集英社スタッフの一人は
「会見での秋本氏を見て、泣きそうになった」と話した。
悩み続けてきた秋本氏を見てきたのだだろう。

27年前には、今や伝説となった“偽最終回”に騙された。
両津が見開きで読者に別れを告げた次のページで、
舞台も登場人物も同じ「新こち亀」が始まった。
あの時も頭が真っ白になった。
翌週には新こち亀すらなかったこととなり、いつものこち亀が載っていた。
今回は本当だと思うが、何らかのサプライズがあるかもしれないと楽しみにしている。」


こち亀が終わるなんて誰も予想していなかったことでしょう。

ありえないことですけど、どこかで永遠に続くような気がしていました。

でも当然のように、始まりがあれば終わりがあります。

その終わりがもうすぐやってきます。

寂しいことですが、どのように終わるのか、そこに注目が集まります。




ライバルの後を追ってーロンドン五輪銅の清水聡がプロ圧勝デビュー
ロンドンオリンピックのボクシング銅メダリストである清水聡選手が9月4日、
プロデビューを果たし見事に初勝利を上げました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◆プロボクシング ▽スーパーフェザー6回戦(58・0キロ契約)
〇清水聡(KO 5回2分13秒)李寅圭●(4日、神奈川・スカイアリーナ座間)

12年ロンドン五輪男子バンタム級銅メダリストの清水聡(30)=大橋=が、
韓国フェザー級王者の李寅圭を5回2分13秒、KO勝ちでプロデビュー戦を飾った。

179センチの長身を生かした長いリーチから繰り出すパンチでさばき、
1回に左フック、2回には右フックでダウンを奪うなど圧倒。
5回に左ボディーで前のめりにひざをつかせると、
レフェリーがカウントを入れている最中に李陣営からタオルが投入され、試合を終わらせた。

勝利者インタビューではプロデビュー戦の感想よりも、
ロンドン五輪ミドル級金メダリストで
13年8月に先にプロデビューした同期の村田諒太(30)=帝拳=に“宣戦布告”。
テレビのゲスト解説を務めたリングサイドの村田を見つめながら
「KOよりも、そこに村田がいたので気になりましたね。
早く追いつかないといけないんで」と吠えた。
インタビュアーから「村田を意識してるのか?」と質問されると
「いや、あいつが視線そらしたんで、あいつが意識してるんじゃないですか?」とニヤリ。
村田に2年遅れてようやくプロデビューした身ながら
「僕らはメダルを持ってる。
アマの顔でもあるんで、2人で世界チャンピオンになりたい。
がんばろう、村田!」と呼びかけた。
世界ベルト奪取のあかつきには
「なくさないように気をつけます! ベルトはデカいので大丈夫」と
過去に銅メダルを紛失した自虐ネタで会場を爆笑の渦に巻き込んでいた。」


注目の集まっていた清水選手の初戦でしたが、
見事に多くの人の期待に応え、素晴らしい圧勝劇を見せてくれました。

同じくロンドンオリンピックのメダリストで、
階級は違えどライバルである村田選手の後を追うようにプロデビューを果たしました。

きっとメラメラ燃えるものがあると思います。

その炎をもっと燃え上がらせて、是非とも世界チャンプになってほしいですね。




つばきファクトリーがメジャーデビュー決定!!
9月4日、Zepp Tokyoで「Hello! Project 研修生発表会 2016 9月 ~SINGING!~」が行われ、
その公演の中でつばきファクトリーが来年1月にメジャーデビューすることが発表されました。


このことに関する記事が『Smartザテレビジョン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「つばきファクトリーが、'17年1月にメジャーデビューすることが決定。
9月4日、東京・Zepp Tokyoで行われた
「Hello! Project 研修生発表会 2016 9月 ~SINGING!~」でサプライズ発表された。

つばきファクトリーは、'15年4月にハロプロ研修生内ユニットとして
山岸理子、小片リサ、新沼希空、谷本安美、岸本ゆめの、浅倉樹々の6人で結成。
ことし8月に小野瑞歩、小野田紗栞、秋山眞緒の3人が新メンバーとして加入し、
9人体制での活動がスタートしたばかりだった。

同じハロプロ研修生内ユニットとして先に結成され、
そして先にメジャーデビューを果たしたこぶしファクトリーから遅れること約1年半。
メンバーもファンも待ち望んだメジャーデビューが、ついに実現することとなった。

ライブは、つばきファクトリーに加え、こぶしファクトリー、ハロプロ研修生の出演者全員による
モーニング娘。'16の「泡沫サタデーナイト!」でスタート。

そして、つばきファクトリーが9人になって初めてのパフォーマンスに移ろうとしたところで、
Berryz工房(無期限活動停止中)のキャプテンで、
“ハロー!プロジェクト・アドバイザー”清水佐紀がステージに姿を見せる。

清水が
「ここであらためて発表があります。
つばきファクトリー、メジャーデビュー決定です!」と発表。
メンバーたちは驚きのあまり泣き崩れ、リーダー・山岸は
「本当にビックリしています。
今ここのステージに立てているのはファンの皆さんのおかげなので、
いつもありがとうございます!」とファンに感謝した。

サブリーダー・小片は
「新メンバー3人が加入して、今日初めてパフォーマンスをするので、
これからもっともっとパワーを出していけるようなグループになりたいと思います」と誓った。

岸本は「9人でメジャーデビューして頑張ろう…(泣)」と、うれし涙で言葉にならない状態に。
その後、
「もう1回みんなで気を引き締め直して、
9人で頑張っていきたいと思います」とあらためて気合を入れていた。

会場が祝福ムードに包まれる中、
つばきファクトリーは3rdシングル「独り占め」、
2ndシングル「気高く咲き誇れ!」を歌い上げた。

清水は
「結成当時からメンバー選考から関わらせてもらっていて、
約1年半、つばきファクトリーのそばでみんなの成長を見守ってきましたが、
確実に成長していると思います」とメンバーの成長を評価。

続けて
「ここに来るまでにいろんな壁を乗り越えてきたと思うんですけど、
デビューとなるとさらに大きな壁がいくつも待っていると思うので、
応援してくれているファンの皆さんや、陰で支えてくれているスタッフさん、
1番近くにいるメンバー同士の強い絆で壁を乗り越えて、
つばきファクトリーとして夢をたくさんかなえて、
大きなグループになってほしいなと思います」と、エールを送った。

また、「ハロプロ研修生ホームルーム!」のコーナーでは、“夏の思い出”を絵で発表することに。
谷本は“画伯”な絵と共に、
「この夏、初めて高層マンションの屋上から花火を見たんですよ。
いつもは見上げている花火が、今回は目の高さと一緒で、
これは動画に撮らなきゃと思って撮ってたんですよ。
最後の方に気が付いたんですけど、画面越しにしか花火を見ていなくて、ショックでした。
もっと肉眼でしっかり見れば良かったなと思います」とうれしそうに話した。
そんな谷本の衝撃的な絵に、委員長役・小片は「あぁ、うん。なるほどね」と反応に困っていた。

さらに、この日のライブにはハロプロ研修生に新たに加入した
川村文乃、横山玲奈、吉田真理恵、西田汐里、山崎夢羽、橋迫鈴も登場。
会場のファンに紹介され、パフォーマンスにも参加した。」


ついにメジャーデビューが決定しましたね。

ここまで蓄えてきた力、
そしてそこに新たに加入したメンバーの力を加えたつばきファクトリーの活躍に期待です。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『Girls Night Out』 #32(メインMC:夏焼雅 ゲスト:佐々木莉佳子&笠原桃奈)
『Girls Night Out』の♯32が9月1日にアップされました!!

今回の『Girls Night Out』にはゲストとして、
アンジュルムの佐々木莉佳子(リカコ)と笠原桃奈(かっさー)が登場しました。


今回の『Girls Night Out』の内容は以下の通りです。

GHO(Girls Hang Out)
野中美希 & 牧野真莉愛が秋ツアー初日をむかえるハーモニーホール座間 周辺を散策!(後編)

話題のスーパーフード「ゴールデンベリー」

“料理教室”コーナー!
石田亜佑美 & 羽賀朱音(モーニング娘。'16)のロールキャベツ 作り!

写真トーク 
ゲストが写真を持ち寄りトーク!


今回の『Girls Night Out』では、
ゲストとしてアンジュルムのリカコとかっさーが登場していましたが、
相変わらずリカコはハイテンションでしたね(笑)

そんなハイテンションでリカコは
冒頭から夏焼雅(雅ちゃん)の新ユニット「PINK CRES.」のことをイジっていました。

このPINK CRES.は先日行われた、
Buono!の単独ライブ「Buono! Festa 2016」に出演し、その中でグループ名を発表しました。

PINK CRES.は、
オリジナル曲「Summer Wonderland」などメドレー含め4曲を披露して盛り上げました。

まだまだ始動したばかりですので、これからの活躍に期待ですね。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #184(MC:嗣永桃子&鈴木愛理)
『ハロ!ステ』の♯184が8月31日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
カントリー・ガールズの嗣永桃子(ももち)と、℃-uteの鈴木愛理(あいり)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

Buono!「ソラシド~ねえねえ~」(日本武道館)

Buono!「Kiss! Kiss! Kiss!」(日本武道館)

カントリー・ガールズ「どーだっていいの」 (中野サンプラザ)

モーニング娘。'16「泡沫サタデーナイト!」(周南ライジングホール)

こぶしファクトリー・つばきファクトリーの頭の体操のお時間

「Hello!Project 研修生発表会 2016 9月~SINGING!~」リハーサル

浜浦彩乃ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、
8月25日に日本武道館で行われた「Buono! Festa 2016」から
「ソラシド~ねえねえ~」と「Kiss! Kiss! Kiss!」のパフォーマンスの模様が流されていました。

開催が発表されて以来、大きな注目を集めていた「Buono! Festa 2016」ですが、
8月25日の本番は大盛り上がりのうちに無事終了いたしました。


このライブについて書かれた記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「アイドルグループ「Buono!」(嗣永桃子=24、夏焼雅=24、鈴木愛理=22)が25日、
東京・日本武道館で「Buono! Festa 2016」を開催した。

ハロプログループ「カントリー・ガールズ」の嗣永、
「℃―ute」の鈴木、
元「Berryz工房」の夏焼による「アイドルRockユニット」の4年ぶりの単独ライブ。
この4年間は“活動休止状態”だったにもかかわらず、武道館1万席は即完売となった。

バックバンドの生演奏と3人のロックな歌声でいつものハロプロとはひと味違ったステージ。
新曲「ソラシド~ねえねえ~」(9月21日発売)や人気曲「初恋サイダー」などを披露し、
圧倒的なパフォーマンスにファンも大声援で応じた。

ライブはお祭り騒ぎ。
嗣永がリーダーのカントリー・ガールズや、来年6月に解散する℃―uteもゲスト出演した。
さらには夏焼とオーディションで選ばれた小林ひかる(22)と二瓶有加(20)による
3人組新ユニット「PINK CRES.(ピンククレス)」もお披露目された。
コンセプトは「ファッションと音楽を融合した“カワイイ文化”を発信」で、
この日もオトナでカワイイステージとなった。

20歳以上のメンバーで結成された「Buono!」や「PINK CRES.」は、
ハロプロを卒業したメンバーの“新たな道”になる可能性を秘めている。

「アイドルを卒業し“大人のアーティスト”として変身することができれば、
アイドルたちにとっては人生の選択肢が広がることになる。
同ユニットが成功すれば、後輩たちにとっても心強いでしょう」(音楽関係者)

今後のアイドル界にも影響を与えそうだ。」


Buono!はまさにアイドルが憧れるアイドルです。

Buono!の楽曲を好きな曲として挙げるアイドルは少なくはなく、
さらには地下アイドルを中心にその楽曲は多くカバーされています。

そんなBuono!のパフォーマンスは多くの人が望むことなのです。

まさに待望の今回のライブだったわけですが、
今回のライブの成功を見てしまうとどうしても継続的な活動を期待してしまいます。

ま、それは欲張りすぎでしょうね。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

行動開始ー築地市場の豊洲移転延期を小池都知事が表明
8月31日、小池百合子新東京都知事が
かねてから問題となっていた築地市場の豊洲への移転について延期すると発表しました。


このことに関する記事が『時事通信』に掲載されていたので以下で紹介します。

「東京都の小池百合子知事は31日、都庁で臨時に記者会見し、
11月7日に予定されていた築地市場(中央区)の豊洲新市場(江東区)への移転について、
延期する方針を正式に表明した。

新たな移転時期は来年2月以降になるとの認識を示した。

延期判断の理由としては
(1)安全性への懸念
(2)巨額で不透明な費用
(3)情報公開の不足―を挙げ、
有識者で構成するプロジェクトチームを設け、過去の経緯を検証するとともに、
延期に伴い必要となる対策の立案に着手すると表明。
小池氏は
「都民や市場で働く皆さんにとって、移転が本当に納得するものなのか考えた」と述べた。

豊洲新市場の敷地をめぐっては、土壌汚染の問題がかねて指摘されていた。
小池氏は、地下水の最終調査結果が判明する来年1月より前に移転が予定されていることを問題視。
「法律上は問題ないが、食の安全は生活者の視点を大切にしたい」と語った。

新市場に投じた事業費は約5900億円で、当初見込みから約1500億円膨らんだ。
特に建設費は当初計画の3倍近い2752億円に増大。
小池氏は、一般的な市場の建築費が1坪当たり50万~60万円なのに対し、豊洲は220万円だとして
「人件費や資材が高騰しているのは分かるが、
これが適正なのか明らかにしないといけない」と強調した。

築地市場の跡地には、都心部と湾岸部や2020年東京五輪・パラリンピックの選手村を結ぶ
都道環状2号を整備する計画だが、移転延期で五輪開催までに工事が間に合わない可能性もある。
これについては
「どのような方法であれば(五輪開催までの完成が)実現できるのか、
複数の案を検討する」と述べるにとどめた。」


小池都政がまさに今動き出しました。

注目を集めていた問題に対して小池都知事が下した判断は「延期」でした。

この延期によって滞るものもあるわけですが、
その一方で解決される問題も多くあります。

小池都政が成功するのか、その答えが出るのはまだ先のことになりそうです。




再び舞い戻る―鹿島アントラーズ・石井正忠監督が現場復帰
8月30日、一時的にチームから離れていた鹿島アントラーズの石井正忠監督が復帰しました。

石井監督は「心労による体調不良」を理由に27日から戦列を離れていました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「心労による体調不良」で戦列を離れていた鹿島の石井正忠監督(49)が30日、復帰した。
茨城・鹿嶋市内で行われた練習に普段通りのジャージー姿で現れ、
詰めかけた報道陣と神妙な面持ちで握手。
選手の動きも終始、険しい表情で見守った。
この日朝の臨時役員会で続投が承認され、練習前のミーティングで選手に経緯を説明。
「クラブのために自分は変わる。選手も一緒になって変わっていってほしい」と話した。

石井監督は26日の練習前に突然、鈴木満常務取締役強化部長(59)に
「監督、リーダーとして自信を失ってしまった。続けられない」と辞意を伝えた。
27日のリーグ横浜戦を休養し、大岩剛コーチ(44)が監督を代行。
この日は5日ぶりに練習場のピッチに立ち、理由を初めて説明した。
今季は第1ステージでチームを優勝に導いたが、
7~8月に公式戦4連敗を喫し
「選手間で口論が多発し(今季前半のような)一体感がなくなっていた。
私の指導力のなさ。責任を感じていました」と話した。

20日の湘南戦では、交代させたFW金崎夢生(27)から握手を拒否され、口論に発展していた。
休養に追い込まれる前、直近の“事件”だっただけに、
ファンから心配の声が上がっていたが「ほとんど(原因では)ないです」と明言。
この日、金崎は練習を休んだが、前日から続く風邪と高熱のためで、
本人からは湘南戦の翌日に謝罪があった。
「夢生とは話をしているし、クラブとしても整理できている」と強調した。

第2ステージに入ってからの成績下降でチームが一体感を失ったと思い込み
「クラブハウスに来ること自体、怖くなってしまった。
(選手、コーチ時代を含め)鹿島24年で初めて」という。
ただ、不在だった横浜戦で
「選手が必死に頑張ってくれていた。
許されるなら、また指揮を執りたい」と覚悟を決め、クラブに頭を下げた。
練習場に「石井アントラーズ」の横断幕が掲げられていた中、
9月3日の天皇杯2回戦(対富山)に向けて再出発した。」


Jリーグの監督がこのような形で戦列を離れるのは異例のことでした。

もちろん不振により自分から責任を取って辞任するということはあります。

しかし一時的に離れるというのはなかなか聞く話ではありません。

辞めるという形ではなく一時的に離れるという方法が許されたのは、
やはり石井監督に対する周囲の期待感があったからでしょう。

戻った以上はその期待に応えねばなりません。

これからの鹿島アントラーズから目が離せません。