FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『ハロ!ステ』 #238(MC:尾形春水&山岸理子)
『ハロ!ステ』の♯238が9月27日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
モーニング娘。'17の尾形春水(はーちん)と、つばきファクトリーの山岸理子(りこりこ)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

DOHP:「こぶしファクトリー井上玲音の挑戦」

モーニング娘。'17「若いんだし!」MVメイキング映像

ハロプロ研修生北海道定期公演Vol.4(札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校イベントホール)

ハロプロ研修生北海道紹介ムービー(石栗奏美)

料理コーナー(つばきファクトリー山岸理子・小片リサ)

ヘアアレンジ(こぶしファクトリー浜浦彩乃)

Q&Aコーナー


今回の『ハロ!ステ』では、
札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校イベントホールにて
9月18日に行われた「ハロプロ研修生北海道定期公演Vol.4」の模様が流されていました。

この公演でライブ復帰したのが元カントリー・ガールズの稲場愛香(まなかん)です。

観客からの「おかえり」の声に対するまなかんの涙は復帰までの長い道のりの苦労を感じさせました。

今回こうやって再びステージに立てるようになったことが本当に嬉しいんだろうと思います。

その嬉しさをこれからもステージで表現していってほしいと思います。




スポンサーサイト



テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

苦しみの中でもがいて―日本ハム・斎藤佑が6回5安打2失点
9月27日、日本ハムの斎藤佑樹選手がオリックス戦に先発し、
勝ち星はつかなかったものの6回5安打2失点の好投を見せました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「オリックス-日本ハム」(27日、京セラドーム大阪)

日本ハム・斎藤佑樹投手(29)が
5月31日・DeNA戦以来の2勝目を目指し先発マウンドへ上がり、
6回を5安打2失点。
5奪三振と来季へとつながる投球をみせた。

「チャンスをもらってよかった。結果を出したい」と斎藤佑。
初回から全力投球。
先頭のT-岡田をシュートで二ゴロ、続く大城を外角への変化球で空振り三振。
吉田正は141キロ直球で一ゴロに仕留め3者凡退。
立ち上がりから低めへの制球が安定。
六回1死からロメロに右越えソロを浴びたが、小谷野を右飛。
マレーロを中飛に抑えた。

「丁寧に低めに集めることだけを意識して集中力を切らさないように投げました。
ただ、点を取ってもらったあとのホームランはよくなかったですね。
甘くはいってしまいました。
真っすぐを間違わないようにと思って投げていたので、
あの1球は失投でした」と振り返った。」


斎藤選手は今季も苦しみました。

そういった中で今回の試合での投球は来季に繋がるものだったと言えます。

甲子園を沸かせた頃のあの輝きを再び見せて欲しいと思います。




久々のエースの輝き―ダルビッシュ、3年ぶりの2桁勝利
9月25日、レンジャーズのダルビッシュ有選手はパドレス戦に先発し、
今季10勝目となる勝ち星を上げました。

ダルビッシュ選手が2桁勝利を上げたのは2014年以来のことです。


このことに関する記事が『フルカウント』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ドジャースのダルビッシュ有投手が
25日(日本時間26日)の本拠地パドレス戦で7回2安打1失点の好投で10勝目(12敗)を挙げた。
2015年に右肘の手術を受けた右腕は14年以来、自身3年ぶり4度目の2桁勝利を達成。
この日は8回からは前田健太投手が救援し、日本人投手のリレーとなった。
9-3で勝利したドジャースは両リーグトップの100勝目。
ダルビッシュは移籍後、本拠地ドジャースタジアム初勝利となった。

2桁勝利に王手をかけたダルビッシュはこの日圧巻の投球を見せた。
初回先頭のアスアヘを投ゴロ、アイバーを三ゴロ、
マイヤーズを空振り三振に仕留めると、2回、3回も3者凡退に打ち取った。
さらに4回先頭のアスアヘからは4者連続三振斬りを見せた。

しかし5回1死走者なしからスパンゲンバーグに死球を与えると、
続くレンフローに左中間へタイムリー二塁打を浴び、この日、初安打初失点。
それでも後続を断つと、その後は点を与えなかった。

好投の右腕を打線も援護。
初回満塁のチャンスからフォーサイスが走者一掃の二塁打を放って3点を先制するなど
5回まで大量8点を奪って主導権を握った。
ダルビッシュはこの日、7回91球を投げ、2安打9奪三振1失点でマウンドを降りた。

8回からはリリーフでの起用が決まっていた前田健太投手が登板。
しかし1死からヘッジスに死球を与えると、味方の拙守も絡んで2失点を喫した。
9回をバイエズが抑えたドジャースは両リーグトップの100勝目に到達した。

ダルビッシュは7回2安打1失点9奪三振で防御率3.86。
前田は1回2安打2失点(自責1)で防御率4.28となった。」


2桁勝利を上げたのは2014年以来というのは意外でした。

ダルビッシュ選手にはやはりエースという言葉が似合います。

エースの輝きを取り戻したダルビッシュ選手はさらなる活躍を見せてくれるでしょう。




『ペット』 声の出演:設楽統、日村勇紀など 監督:クリス・ルノー&ヤロウ・チェニー



今回は『ペット』について書いていきたいと思います。


内容
ニューヨークで暮らすテリアのミックス犬マックスは、
大好きな飼い主ケイティと幸せな毎日を送っていた。

ところがある日、
ケイティが毛むくじゃらの大型犬デュークを保護して連れて帰ってくる。

互いに自分が優位に立とうと反発しあうマックスとデュークだったが、
ひょんなことから2匹は大都会のど真ん中で迷子になってしまう。

二匹は動物管理局の職員に捕らえられ、バンに載せられる。

ケイティが帰宅するまでに家に帰るべく奔走する2匹だったが……。


感想
『ペット』は、
「ミニオンズ」のイルミネーション・エンターテインメントと
ユニバーサル・スタジオがタッグを組んだ長編アニメーションです。

設定と展開はどこか『トイ・ストーリー』を思わせるものがありますが、
裏を返せば普遍的な面白さというか安定した面白さがある作品だと言えるでしょう。

日本語吹き替え版はバナナマンのお2人が声優を務められていますが、
キャラクターデザインとイメージに見事に2人の声がマッチしています。

何か違和感を感じることもなく、家族で安心して観ることの出来る作品です。
最後まで千両役者―ロッテ・井口資仁が引退試合で同点2ランを放つ
9月24日、ロッテの井口資仁選手が自身の引退試合に出場し、9回に同点2ランを放つ活躍を見せました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「ロッテ4-3日本ハム」(24日、ZOZOマリンスタジアム)

引退試合となった井口資仁内野手が試合後の引退セレモニーで、思いを語った。
ソフトバンクから米メジャーへ、
そしてロッテへと活躍の場を移した21年間のプロ生活を「自分自身の宝」、
「最高の野球人生だった」と表現し、ファンやチームメート、関係者に何度も感謝の言葉を述べた。

九回に同点2ランを放ち、千両役者ぶりを発揮した井口。
引退スピーチでは、時折、言葉を詰まらせながら思いを語った。

「入団当初の目標であった2000本安打、そしてメジャー挑戦、40歳まで現役、
ほかの選手では経験できないようなことをたくさん経験させていただき、
本当に自分自身の宝になりました。
そして21年間、多くの皆様に応援していただき、
そして、今日最後、引退試合、そしてこのセレモニー、本当に最高の野球人生だったと思います」

今後については、
「明日から次の夢、目標に向かって精いっぱい頑張ります。
そして、ますますの野球発展のために、
野球振興のために尽くすことが皆様への恩返しだと思っております」。
ロッテのチームメート、スタッフへ向けては
「我がマリーンズですが、このような順位で終わるようなチームではありません。
まだまだ、伸び代のある中堅、若手選手がたくさんいます」と断言した。
さらに、
「選手の皆さん、残り試合、来シーズン、この悔しさをファンの皆さんとともにぶつけて、
このマリンスタジアムのポールにチャンピオンフラッグを立ててください。
皆さん、期待しています」と熱く語りかけた。

ファンの大歓声を浴びながら、
「最後になりますが、21年間、熱い声援をいただいたファンの皆様、
そして、チームの皆様、サポートしていただいた皆様、すべての皆様に感謝して、
今日、ユニホームを脱ぎたいと思います。
21年間、本当に本当にご声援ありがとうございました」と感謝し、球場内を一周。
白いテープが投げ込まれる中、帽子を振ってスタンドに笑顔を見せていた。」


井口選手といえばホワイトソックス時代にワールドシリーズ制覇に貢献したことが印象深いです。

世界一のチームで主力選手として活躍したという事は誇るべき事実です。

この試合での同点2ランで、井口選手の精神力の強さの一端を感じることが出来たと言えます。

井口選手お疲れ様でした。




進化を続ける男―羽生、圧巻のSP世界歴代最高得点を記録
9月22日、フィギュアスケートのオータムクラシックの男子ショートプログラムが行われ、
羽生結弦選手が自身の持つSPの世界歴代最高得点を更新する112・72点をマークし首位に立ちました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「フィギュアスケート・オータムクラシック」(22日、カナダ・モントリオール)

男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦に臨んだ、
平昌五輪で66年ぶりとなる連覇を狙うソチ五輪金メダリストの羽生結弦(22)=ANA=は、
完ぺきな演技でいきなり世界最高得点を更新する112・72点をマークし、首位発進を決めた。
前世界王者で盟友のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が101・20点で2位につけた。

五輪シーズンの初戦で、王者がいきなり圧巻の滑りを見せた。
得点詳細では流れのある着氷を決めた冒頭の4回転サルコーで、
出来栄え点(GOE)で満点の3点の加点を引き出した。
後半のトリプルアクセルもGOEは満点の3点。
最後の4回転トーループ-3回転トーループも2・8点のGOEで、
ジャンプはほぼ完ぺきといえる内容だった。

表現面を評価する5項目の演技構成点(各10点満点)では、
パフォーマンス、構成での9・8点を筆頭に、
曲の解釈でも9・75点などすべて異次元の9点台後半をマーク。
演技後は両手を広げ、どうだ、といわんばかりの表情を浮かべた羽生。
「自分自身しっかりとこの構成でいい演技ができたこと、
本当にミスなく、質としても納得できる演技SPを終えられた」。
軽度の違和感を抱える右膝の不安を吹き飛ばす、王者の演技だった。」


自分が達成した高い壁をさらに超えていく、これは決して簡単なことではありません。

それを簡単(そうに見える)に実現してしまうのが羽生選手の凄いところです。

まだまだ羽生選手の進化は続くでしょう。




新曲発売するんだし!日本全国へHere We Go!弩級の全国同時握手会!!開催決定!!!!!
モーニング娘。'17が10月8日に「全国同時握手会」を開催することが発表されました。

13期と14期にとっては初めての「全国同時握手会」になります。


今回の「全国同時握手会」の参加メンバーと開催場所は以下の通りです。

石田亜佑美&野中美希
北海道 タワーレコード札幌ピヴォ店
東京 HMVエソラ池袋

佐藤優樹&羽賀朱音
新潟 イオンモール新潟南
群馬 イオンモール高崎

小田さくら&横山玲奈
岩手 イオンモール盛岡
宮城 銀座山野楽器 仙台店

石田亜佑美、佐藤優樹、小田さくら、野中美希、羽賀朱音、横山玲奈
東京 新宿マルイメン 屋上

譜久村聖&生田衣梨奈
神奈川 タワーレコード川崎店
静岡 タワーレコード静岡店

尾形春水&加賀楓
岐阜 アクアウォーク大垣
三重 イオンモール桑名

譜久村聖、生田衣梨奈、尾形春水、加賀楓
愛知 ナディアパーク

飯窪春菜&牧野真莉愛
福岡 HMV&BOOKS HAKATA
岡山 HMVイオンモール岡山

工藤遥&森戸知沙希
広島 タワーレコード広島店
兵庫 HMV三宮VIVRE

飯窪春菜、工藤遥、牧野真莉愛、森戸知沙希
大阪 あべのHoop


恒例行事になっているこの「全国同時握手会」ですが、
今回はペアになって全国を回っていくというのがミソです。

譜久村聖&生田衣梨奈 というお馴染みのペアもあれば、
尾形春水&加賀楓という面白い関係性のペアもあります。

今回はどんな「全国同時握手会」になるのか注目です。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #237(MC:広瀬彩海&横山玲奈)
『ハロ!ステ』の♯237が9月20日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
こぶしファクトリーの広瀬彩海(あやぱん)と、モーニング娘。'17の横山玲奈(よこやん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

モーニング娘。'17「若いんだし!」(ハロ!ステEdit)

モーニング娘。'17「邪魔しないで Here We Go!」(ハロ!ステEdit)

モーニング娘。20周年記念イベント&コメント

DOHP:「アンジュルム川村文乃ボイストレーニング」

ハロプロ研修生北海道紹介ムービー(佐藤光)

料理コーナー(つばきファクトリー山岸理子・小片リサ)

ヘアアレンジ(こぶしファクトリー野村みな美)

Q&Aコーナー


今回の『ハロ!ステ』では、「料理コーナー」が流されていました。

今回はつばきファクトリーの山岸理子(りこりこ)と小片リサ(りさまる)が登場しました。

今回のテーマは「出汁のとり方」で、
この2人が出汁を使った3種類のメニューに挑戦していきました。

今回は「味噌汁」を作っていました。

料理の基本中の基本である味噌汁ですが、
前身の『Girls Night Out』時代を含めて何十回と放送を重ねてきて、
ここで味噌汁を作るというのがなんとも良いですよね。

それを習うのが物静かで真面目なこの2人というのがまた良かったですね(笑)




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

歌姫の衝撃―安室奈美恵、来年に引退することを発表
9月20日、安室奈美恵さんが
自身の公式ホームページで来年9月16日をもって引退することを発表しました。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「歌手の安室奈美恵(40)が20日、
自身の公式サイトを通じて来年9月16日をもって引退することを発表。
今月16日に無事デビュー25周年を迎え、引退までの1年「最後にできる限りの事を精一杯し、
有意義な1年にしていきたいと思ってます」と誓った。

安室は、1977年9月20日生まれ、沖縄県出身。
沖縄アクターズスクール発の5人組グループ・スーパーモンキーズを経てソロアーティストに。
1990年代、彼女のファッションやメイクを真似る“アムラー”が社会現象になった。
“かっこいい女性像”として女性からの圧倒的な支持を得ており、男性ファンも多い。
16年7月発売のシングル「Hero」が、
同年夏に開催の『リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック』のNHK放送テーマソングに起用され、
その年を代表する1曲となった。

以下コメント全文

ファンの皆様、
いつも応援していただきありがとうございます。

先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。
皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に
心から感謝しております。

ありがとうございます。

今日は、私が長年心に思い、
この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。

「わたくし安室奈美恵は、
2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、
この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」

引退までのこの1年
アルバムやコンサート、
最後にできる限りの事を精一杯し、
有意義な1年にしていきたいと思ってます。

そして、私らしく
2018年9月16日を迎えたいと思います。

皆様、
安室奈美恵の最後の1年を、
どうぞよろしくお願い致します。

安室奈美恵」


この発表には多くの人が衝撃を受けたと思います。

安室さんは、長年日本の音楽界をリードし、
日本を代表する歌姫として多くの女性たちの支持を集めてきました。

それだけにこの発表に愕然とされている方も多いと思います。

引退までまだ一年ありますが、
安室さんが活躍してきた歴史を考えれば、引退までたった一年しかないと言えるのかもしれません。




恐れられるバッターであること―イチローが17年連続で敬遠四球
9月18日、マーリンズのイチロー選手がメッツ戦に先発出場し、
3回に回ってきた打席で敬遠四球を記録しました。

これはメジャー1年目の2001年から17年連続となる記録です。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「マーリンズのイチロー外野手が18日(日本時間19日)、
本拠のメッツ戦で「7番・中堅」でスタメン出場。
2点リードの3回2死二塁で、
メジャー1年目の2001年から17年連続となる敬遠四球を記録した。

イチローの敬遠四球は通算181個目。
今季からメジャーで採用された「投げずに敬遠」は自身初だった。

守備側の監督が球審に意思表示するだけで、
投手が1球も投げずに打者が一塁へ歩くという新ルール。
試合時間短縮のために始まったが、
これまでにイチローは「野球の魅力が失われてしまう」と話していた。

4点リードの5回先頭ではマット・ハービーの低めに沈むカーブを捉える左前打を放ち、
2試合連続安打をマーク。
メジャー通算3077安打(歴代21位、MLB.COMによる)とし、
同1死二、三塁からD・ゴードンの三塁打で生還した。
打者一巡した同2死三塁ではハンセル・ローレスから右前適時打を放ち、2試合連続打点。
4試合ぶりのマルチ安打を記録した。
2回先頭は遊ゴロだった。

また、43歳331日での中堅スタメンは自身の持つメジャー最年長記録を更新した。」


敬遠されるということはそのバッターが恐れられているという事の証明であります。

メジャーという舞台で17年連続で敬遠四球を記録するという事が、
いかに凄い事であるかは言うまでもありません。

それもこれもイチロー選手の積み上げてきた実績と実力があってこそです。

偉大なるバッター・イチローがどこまでこの記録を伸ばすのか、これは我々には計り知れないことです。




藍ちゃんとのお別れ―宮里藍が現役生活にピリオド
9月17日、女子ゴルフの宮里藍選手が現役生活にピリオドを打ちました。

通算1オーバーの32位で現役最後のラウンドを終えました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「米女子ゴルフ・エビアン選手権・最終日」(17日、エビアン・リゾートGC=パー71)

現役最後の試合となる宮里藍(32)=サントリー=は27位からスタートし、
2バーディー、4ボギーの73で回り、通算1オーバーでホールアウト。
最後はパーパットで現役生活を締めくくり、笑顔を見せるとともに、瞳を潤ませる一幕もあった。

宮里の一問一答は以下の通り。

-現役最後の試合を終えての感想は。

「きょう1日のプレーを振り返ると、
ボギーが多い1日ではあったんですが、最後にいいパーを取れたので。
何とか気持ちを整えて最後まで回れたと思います」

-最後はプレーしながら、いろいろな思い出がよぎったか。

「自分のラウンドが精いっぱいで、そこまでは考えてなかったです。
でも、18番グリーンに向かっているときに、
グリーンの向こうに(仲の良い)ポーラ(・クリーマー)とかヤニ(・ツェン)が待っているのが見えたので。
『これ見ると泣いて、もうショットが打てないな』と思って。
感傷的にならないように最後まで頑張りたいという気持ちがあったので、
(2人の顔を)あまり見ないようにしてました(笑)」

-現役生活の思い出残る大会は。

「やはりエビアンのことが浮かんでくるというか…。
初優勝もそうですし、2011年に2勝目を挙げたときも、東日本大震災の直後だったので。
大会側も私と上田桃子ちゃんと宮里美香ちゃんとで設立していたチャリティーを
ヘルプしてくれたという思い入れもあって。
自分自身のLPGAのキャリアがこの試合から始まったので、
ここで終われることをすごくうれしく思っています」

-セカンドキャリアついては。

「正直、今は全く何も浮かばないですね。
あえてそこは決めないでいた方が、最後まで選手としてやるべきことをやれるかなと思っていたので。
あえて次のキャリアは考えていないんですけど。
でも、少し休んだ後に自分のやりたいことはいくらでも出てくると思うので。
それを整理しつつ、自分が必要とされていることを一つ一つやっていけたらいいなと思います」

-自分自身に言葉をかけるとしたら。

「プロになって14年間、毎週のようにプレッシャーの中で戦ってきたので、
まずは自分自身にも『お疲れさま』と言いたい。
でも人生はこれからの方が長いので、それに向けて頑張っていけたらなあと思っています」

-日本のファンに向けて。

「本来であれば、最後は日本の試合に出て終わりたいなというのはずっとあったんですけど。
家族のこともあって、こういう決断になってしまったんですが…。
日ごろからサポートしてくださるファンの人には感謝しています。
選手としてはこれでいったん終わりという形になりましたが、
皆さんのサポートなしにはやっていけませんでした。
14年間、沢山の声援、本当に本当にありがとうございました」」


宮里藍選手は女子プロゴルフ人気を牽引してきました。

「藍ちゃん」の愛称で多くの人々に親しまれました。

近年は海外挑戦をしたこともあり国内で話題になることは少なくなっていましたが、
それでも宮里藍選手の存在は特別なものがあったと言えます。

これからどのような道に進むのかはわかりませんが、新たな道でも頑張ってほしいと思います。




新たなるフィギュア界のスター―本田真凜がシニアデビュー戦で優勝
9月16日、本田真凜選手がシニアデビュー戦である「USインターナショナル」で優勝しました。

2位以下に約15点差を付ける圧勝でした。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「フィギュアスケート・USインターナショナル」(16日、ソルトレークシティー)

女子フリーが行われ、
ショートプログラム(SP)首位の本田真凜(16)=大阪・関大高=は
131・52点で合計198・42点をマーク。
2位以下に約15点差を付ける圧勝で、シニアデビュー戦を見事に優勝で飾った。

フリー「トゥーランドット」を大きなミスなく笑顔で演じ切った本田。
しかし会場は約1300メートルの高地。
薄い空気の影響か、演技後はふらつき、キス・アンド・クライまでたどり着けなかった。
最終滑走の長洲未来(米国)の演技が終わる頃にはなんとか自力で立ち上がった。

演技後に行われた表彰式には笑顔で出席。
その後取材に応じ、
「絶対に何があっても最後まで続けるって何回も自分に言い聞かせた。
後半は途中から覚えていなくて、最後がどんな感じか覚えていない」と振り返った。

リンクを降りると「真っ青だった」と浜田コーチ。
本田は「自分との戦いに勝てたんじゃないかなと思います」喜びを口にした一方
「標高が高い中でいまできることはできたと思うけど、
満足できるような演技じゃない」と厳しく話した。」


本田選手にかかる期待は相当なものです。

今回はその期待に見事に応えた形となりました。

こういった風に期待に応えていけるというのはスターの必須条件でもあります。

新たなるフィギュア界のスターの活躍に今後も期待していきましょう。




幸せなお別れ―松浦亜弥が17年間在籍したアップフロントを円満退社
松浦亜弥さんが17年間在籍したアップフロントを円満退社することが発表されました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「あやや」の愛称で親しまれる歌手の松浦亜弥(31)が、
夫である「w―inds.」橘慶太(31)の個人事務所に所属先を移すことが16日、分かった。
現在の所属先であるアップフロントクリエイトが発表した。

00年に「モーニング娘。」の妹分のオーディションに合格。
01年4月に「ドッキドキ!LOVEメール」で歌手デビューし、同年にNHK紅白歌合戦に初出場。
ユニットも含め、06年まで6年連続で出場した。
「Yeah!めっちゃホリディ」などのヒット曲がある。

13年8月4日に橘と12年の交際を実らせ結婚。
14年に第1子となる女児を出産している。

公式サイトに発表された文章は以下の通り。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、弊社は2017年9月15日をもって
松浦亜弥との専属マネージメント契約が終了となりましたことをご報告させていただきます。

2000年のオーディション合格よりアップフロントグループに在籍し、約17年間活動してまいりました。
2013年の結婚以降は、現在まで家庭・育児に専念しておりますが、
この度の契約期間満了に伴い今後の活動に関して本人と話し合った結果、
弊社との専属マネージメント契約を円満に終了する結論へと至りました。

松浦は、今後は夫である橘慶太氏の個人事務所に籍を移しますが、
本人に関する問い合わせ等は、しばらくの間、弊社にて対応させていただきます。
今後とも松浦亜弥への皆様のお引き立てのほど、宜しくお願い申し上げます。」


ハロプロで一時代を築いた松浦さんですが、
ここ最近は病気療養、結婚、出産、育児と様々な理由が重なって、
表舞台からは遠ざかっていました。

そういった中で、アップフロントを円満に退社し、
夫である橘慶太さんの事務所に移籍するというのは非常に良い事だと言えるのではないでしょうか。

事務所退社を巡ってトラブルが絶えない昨今においては、実に幸せなお別れだと言えます。

これからも応援していきたいですね。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

モーニング娘。の歴史―モーニング娘。が結成20周年イベントを開催
9月14日、モーニング娘。'17が結成20周年イベントを開催しました。

このイベントにはOGの道重さゆみ(さゆ)と田中れいな(れいな)も登場しました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「人気アイドルグループ、モーニング娘。’17が14日、都内で結成20周年イベントを行った。
イベントにはサプライズでOGの道重さゆみ(28)と田中れいな(27)も登場し、
現役メンバーと一緒にパフォーマンスを披露。
ファンからのリクエストランキングも発表された。
異例の長寿となったグループは、これまで41人が在籍。
メンバーの佐藤優樹(18)は「41人でライブがしたい」と夢を語った。

「モーニング娘。」という名前が初めて世に出たのが97年9月14日。
テレビ東京系「ASAYAN」内でグループ名が発表された時だった。
それから20年、モー娘。は新陳代謝を繰り返し、
現在も現役バリバリのアイドルグループとして活動を続けている。
グループと同い年でもあるリーダーの譜久村聖(20)は
「こんな楽しい空間を20年、30年、50年と築いていければいいと思います」と
涙ながらにモー娘。魂の継続を誓った。

ステージでは6期メンバー、道重と田中が祝福に駆けつけ「大きい瞳」を披露。
「彼と一緒にお店がしたい」を現役メンバーと一緒にパフォーマンスすると、
集まった2000人のファンはこの日1番の盛り上がり。

現役-の佐藤は
「在籍した41人でライブがしたい。
武道館とか中野サンプラザとかで」とOG集結を呼びかけ、
「ワールドツアーがしたい」(野中美希=17)などの夢も飛び出した。

また、ファンによるリクエストランキングも発表され、
01年のアルバム収録曲「Say Yeah-もっとミラクルナイト-」が1位に。
この日はリクエスト曲や新曲「邪魔しないでHere We Go!」(10月4日発売)など17曲を披露した。」


モーニング娘。の歴史は長く深いです。

在籍したメンバーは41人で、
そのメンバーそれぞれに個性がありドラマがありました。

このそれぞれのドラマ、グループとしてのドラマに多くの人が惹きつけられたわけです。

現実的には難しいのかもしれませんが、
佐藤優樹(まーちゃん)言うように、41人が一堂に会するライブが実現すればいいですね。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #236(MC:勝田里奈&谷本安美)
『ハロ!ステ』の♯236が9月13日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
アンジュルムの勝田里奈(りなぷー)と、つばきファクトリーの谷本安美(あんみー)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

モーニング娘。'17「弩級のゴーサイン」(ハロ!ステEdit)

稲場愛香コメント

DOHP:「アンジュルム川村文乃ボイストレーニング」

ハロプロ研修生北海道紹介ムービー(太田遥香)

料理コーナー(カントリー・ガールズ小関舞・アンジュルム/カントリー・ガールズ船木結)

ヘアアレンジ(こぶしファクトリー井上玲音)

Q&Aコーナー


今回の『ハロ!ステ』では、
復帰を発表した元カントリー・ガールズの稲場愛香(まなかん)のコメントが流されていました。

久しぶりの動くまなかんの登場はファンを喜ばせたんじゃないかと思います。

相変わらずの柔らかい雰囲気にとても癒されました。

もしかしたらまなかんこそがハロプロの救世主なのかもしれません。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

怪物の挑戦―日本ハム大谷、今オフに米大リーグへ挑戦
日本ハムファイターズの大谷翔平選手が今オフに大リーグ挑戦することが分かりました。


このことに関する記事が『毎日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「プロ野球日本ハムで「投打二刀流」でプレーする大谷翔平(23)が今オフに、
ポスティングシステムにより米大リーグへ挑戦する意思を固めたことが12日、分かった。
関係者は「彼の気持ちは固まっていると思う。意中の球団もあると思う」と話している。

大谷は昨オフの契約更改交渉の際に球団へ大リーグ挑戦の希望を伝え、球団側も容認した。
大谷はその時に
「僕が行きたいことは球団の方も知っている。
それが今日、自分の気持ちを優先させてもらえる形になった」と説明していた。

大谷は岩手・花巻東高3年だった2012年、米大リーグ挑戦の意思を示した。
しかし日本ハムが同年のドラフト会議で1位指名し、
当時は実現困難とされた二刀流挑戦の容認を含めて説得。
大谷が日本ハム入りを決断した経緯がある。

大谷は二刀流で成功し、昨季は日本一にも大きく貢献。
今季は左太もものけがなどで一時は2軍落ちも経験。
1軍復帰後は主に指名打者として出場しており、
投手としては12日に今季3回目の登板でようやく初勝利を挙げた。

大谷は今オフにはまだ海外フリーエージェント(FA)権を得られず、
米大リーグへの移籍にはポスティングシステムの利用が必要。
同システムの内容については米側が日本側に改正を要求しており、
現在、交渉が進められている。」


遂に発表されましたね。

今オフに大リーグ挑戦をすることは確実視されていましたが、
ケガで今シーズン思うような活躍が出来ていないこともあって、
最終的にどうなるのかは不透明な部分もありました。

しかし、やはりともいうべきか、大リーグ挑戦への思いは相当に強かったようです。

日本の怪物が大リーグの舞台で暴れ回る日は近いです。




横綱の低空飛行―日馬富士に土で、全勝は平幕6人のみの大波乱
大相撲秋場所は第3日目を迎え、
横綱でただ一人だけ本場所に出場している日馬富士が琴奨菊に敗れる波乱がありました。

これで全勝は平幕6人のみとなりました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「大相撲秋場所3日目(12日、東京・両国国技館)
横綱としてただ一人出場している日馬富士(33)が平幕琴奨菊(33)に寄り切られ、土がついた。
かど番大関の2人は豪栄道(31)が関脇嘉風(35)をはたき込み2勝目、
照ノ富士(25)は平幕栃ノ心(29)を寄り切り、初白星を挙げた。
右太ももを痛めた大関高安(27)と右膝負傷の平幕宇良(25)はこの日から休場した。
全勝は初金星を挙げた琴奨菊、
大栄翔(23)、貴ノ岩(27)、貴景勝(21)、千代大龍(28)、阿武咲(21)の平幕6人となった。

3横綱が初日から休場するのは昭和以降初という異常事態で迎えた今場所。
まだ始まったばかりにもかかわらず、
初優勝が期待された高安と小兵の業師で人気のある宇良までも休場に追い込まれた。
出場した上位陣も序盤で土がつく波乱の展開の中、
日馬富士は立ち合いでふわっと立ち、そのまま琴奨菊に寄り切られた。
日馬富士は待ったをアピールしたが、取組は成立した。

3横綱1大関の休場は1999年春場所以来18年ぶり。
看板倒れの今場所は、混迷の様相を呈してきた。」


3横綱が休場するという波乱の幕開けを迎えた本場所ですが、
唯一出場している日馬富士に3日目にして早くも土がつくという波乱の展開となっています。

平幕の力士たちにとっては優勝へ千載一遇のチャンスでもあります。

最終的にどのような千秋楽を迎えるのか、今から楽しみです。




『三度目の殺人』 出演:福山雅治、役所広司ほか 監督:是枝裕和



今回は『三度目の殺人』について書いていきたいと思います。


内容
勝つことにこだわる弁護士・重盛は、
殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。

解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は
犯行を自供しており、
このままだと死刑は免れない。

しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、
重盛は面会を重ねるたびに、
本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。

三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。


感想
誰が裁かれる者を決め、誰が裁き、誰が裁かれるのか、
これがこの映画のテーマだと言えます。

非常に重く難しいテーマです。

ビジネスライクに法廷戦術を組み立てる重盛が、
過去に殺人の前科がある三隅と面会を重ねることで変化していきます。

この三隅という男は本当に死刑になるべき人物なのか?

弁護士として死刑を免れるべく動いてきた重盛が、
弁護士としての感情を超えて三隅という人物に迫っていきます。

この重盛の心境の変化の過程が丁寧に描かれ、
そして最後には観る者の胸に深く刺さる作品になっています。

多くの人に観られるべき作品だと思います。
世界の一流へ―桐生祥秀9秒98、100mで日本人初の9秒台を記録
9月9日に行われた日本学生対校選手権の男子100メートルで、
桐生祥秀選手が9秒98をマークし優勝しました。

この9秒98という記録は、日本人初の9秒台で、
伊東浩司さんが98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新するものです。

アフリカ系の選手以外で9秒台を記録したことのある選手は数人しかいないそうで、
いかに今回の記録が優秀なものであるかが分かります。


このことに関する記事が『朝日新聞デジタル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「4年前、京都・洛南高3年の桐生が10秒01をマークしてから、
期待が高まっていた9秒台がついに実現した。
国際陸上競技連盟のホームページによると、
世界歴代99位となる桐生の記録は、世界的に見てもごくまれなケースといえる。

1968年にジム・ハインズ(米)が電気計時で人類で初めて「10秒の壁」を破る9秒95を記録して以降、
公認の9秒台は世界で過去120人を超える。
ほとんどがアフリカにルーツをもつ選手で、
例外は2010年に20歳で9秒98、9秒97を出した「白人初」のクリストフ・ルメートル(仏)、
15年にアジア出身選手として初めて9秒台に突入する
9秒99を出した蘇炳添(中国)ら数人しかいないと言われる。

日本選手の最初の電気計時日本記録は、68年の飯島秀雄の10秒34だった。
30年近い年月をかけ、朝原宣治が97年に初の10秒0台となる10秒08をマーク。
翌年、伊東浩司が10秒00を出した。
その後、朝原は10秒02、
03年世界選手権200メートル3位の末続慎吾が10秒03で走ったが、9秒台に到達できなかった。

今年現役を引退したウサイン・ボルト(ジャマイカ)の世界記録9秒58にはまだ遠いが、
9秒台は、一流の証明であることに変わりはない。
五輪および2年に一度開催される世界選手権の男子100メートルにおいて、
準決勝で9秒台で走って決勝へ進めなかった選手は、過去に一人もいない。

日本選手が3年後の東京五輪で決勝に進めば、
五輪・世界選手権を通しても1932年ロサンゼルス五輪6位の吉岡隆徳以来、実に88年ぶりとなる。
桐生に次いで、山県亮太(セイコー)、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)、多田修平(関西学院大)、
ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)ら10秒0台の有力選手が競い合う日本の男子短距離陣。
夢は大きく膨らむ。」


ついに出ましたね。

9秒台を出す可能性あるセンスが次々と現れ、
日本の男子短距離はかつてない盛り上がりを見せています。

そういった中で今回、桐生選手が一つ頭が抜けるように9秒台を記録したわけですが、
これだけでは終わらない雰囲気が今の日本の男子短距離界にはあります。

今後も期待しましょう。




元カントリー・ガールズの稲場愛香に関するお知らせ
喘息の治療のため休養中の元カントリー・ガールズの稲場愛香(まなかん)が、
札幌を拠点に活動を再開することが発表されました。


公式サイトに掲載された文章は以下の通りです。

「いつもハロー!プロジェクトを応援していただきありがとうございます。
現在活動をお休みしている稲場愛香ですが、
活動を再開させていただきます。

幼い頃から患っていた喘息(ぜんそく)の症状が顕著に現れるようになり活動に支障が出たため、
2016年4月末より活動を休み療養していました。

その後経過を見てきましたが、今年の春くらいから症状も安定してきたことを受けて
活動再開に向けて本人やご家族と話し合いを重ねてまいりました。

その結果、出身地である札幌を拠点として、様子を見ながら活動を始めていくことにいたしました。
稲場には「ハロプロ研修生北海道」のリーダー的役割も担ってもらいながら、
個人でも地元でのお仕事を中心に行えるよう、徐々に進めていきます。

まず最初に、9月18日の「ハロプロ研修生北海道 定期公演 Vol.4」に出演いたします。
ブログも再開しますので、以後は日々の様子をお伝えすることができると思います。

休養中も見守り、そして応援していただき、本当にありがとうございます。
稲場愛香の新しいスタートを引き続き応援していただきますよう、お願いいたします。」


突然の復帰発表で驚きました。

この復帰を心待ちにしていたファンは多いと思います。

久しぶりにハロプロにもたらされた明るい話題という感じがしますね。

これからは「ハロプロ研修生北海道」のお姉さん役として頑張ってほしいと思います。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

​こぶしファクトリー・小川麗奈に関するお知らせ
休養していた​こぶしファクトリーの小川麗奈が、
こぶしファクトリー及びハロー!プロジェクトから卒業することが発表されました。


公式サイトに掲載された文章は以下の通りです。

「いつもハロー!プロジェクト及びこぶしファクトリーを応援していただきありがとうございます。
こぶしファクトリーの小川麗奈ですが、
こぶしファクトリー及びハロー!プロジェクトを卒業することになりました。

7月上旬に『不安神経症』との診断を受け、活動を休み療養しながら経過を見てまいりましたが、
いまだ体調が安定せず、活動をこれまで通り行えるような体調にいつ戻るのか、
という先行きの見通せない状態が続く中で、
グループの活動に、これ以上迷惑をかけられないという本人の気持ちも強く、
本人やご両親、医師とも話し合った結果、卒業という結論に至りました。

芸能活動は卒業してしまいますが、ゆっくり療養して改めて自分を見つめなおし、
小川麗奈個人として、次に向かって一歩を踏み出してほしいと願っています。

こぶしファクトリーとしての活動再開をお待ちいただいていた皆様には、
その思いに沿えなかったことをお詫び申し上げます。
小川麗奈が新たなスタートラインに立てるよう、見守っていただければと思います。
そして今後とも、こぶしファクトリーを応援していただきますよう、お願いいたします。」


予想通りの結果になったかなというのが正直なところです。

こぶしファクトリーというグループがこれから進んでいくためにも、
今回の小川麗奈ちゃんの決断は決して間違っていなかったと思います。

こぶしファクトリーでの活動は終了しますが、
小川麗奈ちゃんの人生がこれで終わるではありませんので、
アイドルとはまた違った道で輝いてほしいと思います。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #235(MC:井上玲音&岸本ゆめの)
『ハロ!ステ』の♯235が9月6日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
こぶしファクトリーの井上玲音(れいれい)と、つばきファクトリーの岸本ゆめの(きしもん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

DOHP:「ハロプロ研修生発表会リハーサル」

モーニング娘。'17譜久村聖インタビュー

ハロプロ研修生紹介ムービー(中山夏月姫)

料理コーナー(カントリー・ガールズ小関舞・アンジュルム/カントリー・ガールズ船木結)

ヘアアレンジ(モーニング娘。'17工藤遥)

Q&Aコーナー


今回の『ハロ!ステ』では、「料理コーナー」が流されていました。

前回に引き続き、
今回はカントリー・ガールズの小関舞(おぜこ)と
カントリー・ガールズ兼アンジュルムの船木結(ふなっき)が登場しました。

今回のテーマは「お弁当のおかず」で、
この2人がお弁当にピッタリなおかず作りに挑戦しています。

今回は「から揚げと「鮭の味噌漬け」を作っていました。

この2人は生徒感がちゃんとあって非常にいいですね。

さすがはももちの教え子たちです(笑)




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『Family Song』 星野源



今回は、2017年の8月16日に発売された、
星野源のシングル『Family Song』について書きたいと思います。


収録曲
CD
1. Family Song
2. 肌
3. プリン
4. KIDS (House ver.)

初回限定盤特典DVD 『Home Video』
・新春Live 2days 『YELLOW PACIFIC』 ライブ映像
1. ワークソング
2. Snow Men
3. 口づけ
4. 恋
5. Continues
6. 時よ
・「プリン」 Recording Documentary


感想
今や国民的な人気を獲得しつつある星野源さんの待望のニューシングルです。

表題曲である「Family Song」は、
日本テレビ系で放送中のドラマ『過保護のカホコ』の主題歌になっていますが、
この曲が話題を集めるこのドラマのエッセンスの一つになっていることは間違いありません。

「Family Song」は様々な家族の形を想定して作られたそうなのですが、
だからこそそういった現代の様々な家族の形を包み込むような温かさがこの曲の中にはあると言えます。

「肌」、「プリン」 、「KIDS (House ver.)」といった他の収録曲も、
昔からの星野源ファンを喜ばせる遊び心のあるハイクオリティな仕上がりになっています。

特典映像も含めて大満足のシングルだと言えます。
悔しさが残る試合―再三の好機を逃して日本が0-1でサウジアラビアに敗戦
9月6日、ワールドカップアジア最終予選で、
日本代表はサウジアラビア代表と対戦し0対1で敗れました。


このことに関する記事が『サッカーダイジェスト』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア対日本が9月6日(日本時間)に行なわれ、
サウジアラビアが1-0で勝利し、ワールドカップ出場を決めた。

日本はオーストラリア戦からスタメン4人を変更。
ベンチ外となった大迫勇也に代わって岡崎慎司を1トップで起用。
右ウイングには本田圭佑、左には原口元気が入った。
中盤は、インサイドハーフに最終予選初出場となる柴崎岳と前節代表初ゴールを決めた井手口陽介。
アンカーには山口蛍が起用された。
最終ラインは右サイドから酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都の顔触れ。
GKは川島永嗣となった。

日本は立ち上がりから堅守速攻でチャンスを創出。
5分には原口のボール奪取を起点にカウンターを仕掛け、
岡崎がペナルティエリア内に抜け出すがシュートは打ち切れない。

出場権を得るには日本に勝つことが絶対条件のサウジアラビアも圧力を強め、
高い個人技を駆使しながら日本ゴールに迫る。
前半は一進一退の攻防が繰り広げられた。

日本は32分、CKから昌子がヘディングシュートを放つが、
サウジ守備陣のブロックに遭い、ゴールには至らず。
39分にはセットプレーのこぼれ球を山口が右足ミドルで狙うも、これも相手GKの好守に阻まれた。

前半はともに得点を挙げられず、0-0で折り返した。

日本は後半、本田に代えて浅野拓磨を投入してスタート。
本田は2試合ぶりの先発となったが、大きな見せ場なくベンチに退いている。

後半立ち上がり、日本はサウジアラビアのカウンターを受けピンチを迎える。
しかし、相手のクロスを長友がしっかり撥ね返し、事なきを得る。
すると49分、日本にビッグチャンスが訪れる。
CKから吉田のヘディングシュートは外れるも、これに酒井宏が反応。
スライディングで押し込もうとするが、またも相手の身を挺した守備に阻まれた。

さらに53分には左サイドを抜け出した長友の折り返しのパスに原口が合わせるが、
シュートはゴール右に外れた。

チャンスを逃し続けた日本は54分、大ピンチを迎える。
後方からのフィードを競り合った長友がアルムワッラドに抜け出され、GK川島と1対1に。
すると、川島がアルムワッラドのシュートを鋭い反応で見事にセーブ。
絶体絶命のピンチを逃れた。

しかし63分、日本は最終ラインの裏に浮き球のパスを出されると、
抜け出されたアルムワッラドに右足のシュートを叩き込まれ、先制を許してしまう。
サウジアラビアが1点をリードした。

日本は67分、岡崎に代えて初招集の杉本健勇を投入した。
また80分には柴崎に代えて久保裕也を投入した。

日本は終盤に入り、暑さと疲労からかミスが目立ち、
なかなか効果的な攻撃につなげることができない。
88分、アーリークロスから酒井宏の折り返しを久保がシュートを放つも、
上手くヒットせず枠を外してしまう。

結局、サウジアラビアが1点を守り切り、1-0で勝利。
2006年ドイツ大会以来のワールドカップ出場を決めた。」


日本代表としては非常に悔しさの残る試合となりました。

前の試合でワールドカップ出場は決めていましたが、
最後の試合を気持ちよく勝利で飾りたかったというのは正直なところでしょう。

この悔しさは是非とも本戦で晴らしてほしいと思います。




『哲学の謎』 野矢茂樹



今回は野矢茂樹著『哲学の謎』について書いていきたいと思います。


内容
「時間は時速1時間ぐらいで流れている」かな!?

他者・意味・行為・自由など、
哲学の根本問題を日常生活レベルの対話形式で問い直したロングセラー

哲学ってこんなに面白い!

「世に哲学の専門家は少なくない。
……そして数多くの論文が生産される。
だが、根本的な問題であればあるほど、もとの粗野な姿のまま残されている。
もし、学問や職業と無縁の素人たちが、
成熟も洗練も無視して無邪気で強靱な思索をそこに投げ掛けたなら、
哲学の専門家たちも立ち往生するしかないだろう。
必要なのはただ、知的蛮勇なのだ。」(はじめにより)


感想
私たちが普段事実として受け入れているもの・事柄をよく考えてみると、
そこには根本的な哲学の謎が隠されています。

その謎についてこの本では対話形式で解き明かそうと試みています。

しかし著者の言う通り、ここでは答えが提示されていません。

否、根本的な哲学の謎には答えはないのです。

ゆえに多くの哲学者たちは答えのないこの謎を敬して遠ざけてきたわけですが、
あえて著者はこの本でこの謎を問い直し、
哲学に関する難解な語句を使わないで多くの人たちに提示して見せたのです。

まさしく哲学の謎への誘いとなる画期的な一冊です。
戦友の叫び―プロレスラー・高山善廣が頸髄完全損傷
5月に試合でケガをして休養中しているプロレスラーの高山善廣さんが、
頸髄を完全損傷しており、現状は回復の見込みがないことが分かりました。


このことに関する記事が『』デイリースポーツに掲載されていたので以下で紹介します。

「試合中に首に大けがを負い
長期欠場中のプロレスラー高山善廣(50)=高山堂=の現状についての会見が4日、
都内の後楽園ホール展示会場で行われ、
頸髄(ずい)完全損傷で回復の見込みはないと診断されたことが発表された。

高山は5月4日のDDT大阪・豊中大会で回転エビ固めを賭けた際に頭から落ちて動けなくなり、
大阪府内の病院に救急搬送され、同月8日に手術を受けた。
当初の診断名は頸髄損傷および変形性頸椎(けいつい)症と発表されていたが、
この日に頸髄完全損傷であると発表された。

会見には、高山が主戦場としていたDDTの高木三四郎社長、
有志代表として鈴木みのる、高山のマネジャー石原真氏が出席。
石原氏は高山の現状を
「意識はあるが、首から下の感覚がなく、人工呼吸器をつけて呼吸をする状況でした。
現在、自分で呼吸できるようになり、ICU(集中治療室)からHCU(準集中治療室)に移り、
8月中旬に関東の病院に転院しました。
自分で呼吸のできる状況です。
ただ、肩から下の感覚が戻っておりません。
お医者様からは『回復の見込みは現状ない』と言われております。
本人も絶望を口にしている状況でしたが、少しでも望みを持って、リハビリを行っております」と説明した。

鈴木は厳しい現状に、涙をこらえきれず。
「10何年か前、オレが体もよくないし、プロレスできないなと思ってた時に、
彼とドン・フライの試合を見て、オレは何やってんだろうと思って。
その後、戦って意気投合して、新日本プロレス、全日本プロレス、各メジャー団体を一緒に暴れ回って、
同じ時間を共有した、自分の親友です」と声をを詰まらせながらコメント。
続けて、
「普段、『バカヤローッ』って、
人のことぶっ飛ばしてるクソ野郎が何を言っても皆様には響かないと思いますが、
ぜひ高山善廣に…勇気をたくさんもらったと思うので、力を貸して下さい。
前田日明さん、彼の一番最初の師匠である高田延彦さん、ぜひ、力を貸して下さい」と呼びかけた。

高山が主戦場としていたDDTの高木三四郎社長は、
高山を支援する「TAKAYAMANIA」を立ち上げ、各団体に呼びかけて試合会場に募金箱を設置、
応援グッズ販売、高山プロデュースによるプロレス興行などを行うことを発表。
活動の収益はすべて高山の治療費に充てられるという。
また、募金の振込も呼びかけられた。
振込先は以下の通り。

【銀行振込】東京三菱UFJ銀行代々木上原支店  
(店番号)137  (口座番号)普通預金0057767  (口座名義)株式会社高山堂

【問い合わせ】takayamania.staff@gmail.com」


自分はプロレスについて詳しくありませんが、
高山選手は以前よくバラエティ番組に出演されていたので知っていました。

プロレスは非常にタフな競技です。

まさに身を削りながら観客を盛り上げるのです。

つまり常にケガと隣り合わせというわけです。

同じくその場に身を置く者だから鈴木みのるさんからは魂の叫びともいえる言葉が出てきたのでしょう。

戦友の叫びは多くの人の心に届いたはずです。




新たなる大記録―イチローが代打90打席でメジャー記録更新
9月2日、マーリンズのイチロー選手がフィリーズ戦に代打出場し、
今シーズンの代打での打席数を90まで伸ばしました。

これはメジャー最多記録の89を超える記録で、
イチロー選手は新たなる記録を打ち立てたことになります。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「マーリンズ10-9フィリーズ」(2日、マイアミ)

マーリンズのイチロー外野手(43)は六回に代打で出場し、左飛だった。
守備には就かず、1打数無安打で打率は・248(157打数39安打)となった。
今季の代打での打席数が90となり、
01年にレニー・ハリスが記録した89打席のメジャー最多を更新した。

2点リードの六回、先頭で打席に立ったイチローは、同じ背番号「51」の右腕、ピントと対戦。
カウント2-2から外角の138キロチェンジアップを打ったが、レフトへの飛球だった。

今季の代打の成績は90打席で打率・277(83打数23安打)、1本塁打、9打点、6四死球。
代打の年間最多安打記録の28本まで5本としている。

試合は、マーリンズが初回にスタントンの52号ソロなどで3点を先制し、七回を終えて6点リード。
八回に4番手のガルシアがつかまり1点差に詰め寄られたが、
1点差で逃げ切って連敗を5で止めた。」


イチロー選手にとってこれは新たなる称号だと言えます。

代打という新たなる活躍の道を見いだし、
その道でメジャー最多記録を打ち立ててしまうのですから、本当にイチローという選手は凄いです。

次なる目標は代打の年間最多安打記録です。

イチロー選手ならやってくれるはずです。




飲んだら乗るな―イングランド代表のルーニーが飲酒運転で逮捕される
イングランド代表のルーニー選手が飲酒運転をしたとして逮捕されました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「飲酒運転で逮捕されたエバートンのウェイン・ルーニー(31)は、
逮捕前に10時間にわたって飲酒をしていたと、2日に英紙サンが報じた。

運転していたのはローラ・シンプソンさんの10年前のフォルクスワーゲンのビートルで、
ルーニーはローラさんを自宅まで送っていくと申し出たという。
不動産会社員のローラさんは、
ルーニーや他の友人らと一緒にプロセッコとウオツカを飲んでいたというが、
相当に酔っぱらっていたため、どこで警察に車を止められたのか覚えていないと話した。

「私たちは車に乗っていて、後ろから止められたの。
ウェインは怒っていたし、心配しているようだった。
それがどんなことになるのか、私は予想できなかった。
すべてのことは一瞬でめまぐるしかった。
私が酔っぱらっていたから分からないけど、
ルーニーはそれほど酔っぱらっているようには見えなかった」と説明した。

ルーニーと友人らは、
古巣マンチェスター・ユナイテッドでのチームメートだったウェス・ブラウンがインドでプレーするために
英国をたつ前に、お別れ会を開いていた。
午後4時にイタリアンレストランで食事をしてから、近くのバーへと移った。
そこで同選手はテーブルの上でダンスを踊りながら、オアシスの曲を歌っていた。
妊娠中のコリーン夫人はマジョルカ島で休暇中だった。

ルーニーは自宅から20分離れたところで逮捕されたが、1日午後1時半に保釈された。
また9月18日に裁判所への出廷を命じられた。」


飲んだら乗るなは絶対に徹底せねばならない事です。

これは何人たりとも抗うことは出来ないのです。

ルーニー選手のように名のある人がこういった事を起こすというのは本当に残念です。

このことが多くの人にとって良い教訓になってくれることを願います。




『ハロ!ステ』 #234(MC:野中美希&田口夏実)
『ハロ!ステ』の♯234が8月30日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
モーニング娘。'17の野中美希(ちぇる)と、こぶしファクトリーの田口夏実(たぐっち)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

DOHP:「モーニング娘。'17森戸知沙希ダンスレッスンその2」

ハロプロ研修生紹介ムービー(山田苺)

工藤遥・石田亜佑美・羽賀朱音トーク(NEXS NIIGATA)

料理コーナー(カントリー・ガールズ小関舞・アンジュルム/カントリー・ガールズ船木結)

ヘアアレンジ(つばきファクトリー山岸理子)

Q&Aコーナー


今回の『ハロ!ステ』では、
ナルチカの新潟公演の中で行われた羽賀朱音(あかねちん)のご褒美企画の模様が流されていました。

このご褒美企画というのは、以前『ハロ!ステ』の中で放送された「生物のお時間」の優勝商品です。

このご褒美企画では自分の自由にライブの1コーナーを使えるのですが、
今回あかねちんは「朱音の部屋」なるコーナーを作り、
そのコーナーに石田亜佑美(だーいし)と工藤遥(くどぅー)を招いていました。

あけねちんが愛してやまない(?)この2人を招いたことであかねちんのテンションはフルスロットルで、
もはや誰も止めることの出来ない状態になっていました(笑)

面白い映像でした。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

怪物が動き出す時―日本ハム・大谷が50日ぶりの先発
日本ハムの大谷翔平選手が8月31日、ソフトバンク戦に先発しました。

大谷選手が先発登板したのは7月12日のオリックス戦以来、50日ぶりのことです。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「日本ハム-ソフトバンク」(31日、札幌ドーム)

日本ハム・大谷翔平投手が7月12日のオリックス戦(京セラドーム大阪)以来、
50日ぶりに今季2度目の先発登板を果たした。
序盤3回は無失点に抑えたが、四回に3ランを被弾し、
3回1/3を3安打4失点、3四球、4奪三振で交代となった。
大谷は
「全然、良くなかったです。
最後(福田の本塁打)も真ん中でしたし。
まだまだですけれど、ただ(前回登板よりは)進歩していると思います」とコメントした。

ヤンキースのキャッシュマンGMも見守る中、
ソフトバンクの先頭打者、明石に投じた初球は、152キロ速球。
外角に外れたが、続けて投じた154キロはファウル、
さらに変化球でストライク、4球目の高めの直球は160キロを計測もボール。
スタンドからどよめきが起こる中、続けて投じたスライダーはファウル、
最後は144キロのフォークで空振り三振に仕留めた。

今宮は遊ゴロ、中村晃を左飛に仕留め、初回を三者凡退で終えた。
二回は先頭柳田に四球を与えたが、デスパイネを二直で一塁転送し併殺を完成。
福田は二ゴロに抑え無失点。
前日、「初回から全力で飛ばして、無失点に抑えたい」と意気込んだ通り、
二回まで安定した投球を見せた。

三回は松田、高田を連続三振。
甲斐にはフルカウントから四球を与えたが、明石を空振り三振に仕留めた。
序盤の3回は無安打、2四球、4奪三振だった。

打線が1点を先制した直後の四回は、先頭の今宮にストレートの四球。
中村晃が投前犠打バントで送り、1死二塁と初めて得点圏に走者を進めた。

ここで柳田を迎え、ギアを入れ替えた大谷は初球でこの試合2度目の160キロを計測。
さらに4球目にも160キロをマークした。
しかし、カウント3-2から投じた160キロを中前にはじき返され、2走の今宮が生還し、同点とされた。

さらに1死一塁で、デスパイネの2球目に予定の60球を投じ、
続く61球目のスライダーを左前打とされ、
吉井投手コーチがベンチを飛び出したが、そのまま続投となった。

1死一、二塁で福田にはフォークを右越えに運ばれる3号3ランを許し、交代となった。

大谷は7月のオリックス戦では1回1/3を投げ2安打4失点で降板。
打者8人に2安打、3四球、2奪三振の内容。
初回は無失点に抑えたが二回1死から四球と2安打で満塁とし、押し出し四球を与えて交代。
2番手のメンドーサが走者一掃の適時二塁打を打たれたため、大谷の失点が4となった。

今シーズンは右足首や左太もも裏を痛めて出遅れ、
30日まで投手としては1試合で1敗、防御率27・00、
野手としては45試合で146打数50安打で打率・342、5本塁打、22打点の成績を残している。」


少し辛い言い方かもしれませんが、
今回の結果は本来の大谷選手の実力から言えば物足りないものだったと言えます。

それくらい昨年に見せた大谷選手の活躍は凄いものでした。

とは言っても、160キロを記録した部分にはやはり痺れてしまいます。

怪物が本格的に動き出す日は近いはずです。