FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
最後の花道を飾る一勝―キタサンブラックが天皇賞・秋を制する
10月29日、G1「天皇賞・秋」が行われ、1番人気のキタサンブラックが勝利しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「G1馬8頭が激突するハイレベルな一戦となった
「第156回天皇賞・秋」(G1、芝2000メートル)が29日に東京競馬場11Rで行われ、
武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック
(牡5=清水久厩舎、父ブラックタイド、母シュガーハート)が優勝した。

鞍上の武豊は開口一番「すごく大きい勝利」と安どした表情。
「これだけの馬に乗せてもらっていますから、
本当にほっとしています」とプレッシャーから解放され、満面の笑顔を見せた。

「ゲートに突進してしまって…」とスタートで出遅れたが
「競馬は必ず前とは決めていなかったので、周りを見てから」と天才は冷静だった。
馬場の荒れた内を通って、ロスを挽回。
「こういう馬場でもこなしてくれる自信もありました。
ロスがあるので内に賭けました」と愛馬の底力への信頼があった。

直線半ばでは完全に先頭に。
「早く先頭に立ってしまった。
それでも力がある馬なので(大丈夫)。
きょうは彼らしい走りをしてくれた」とキタサンブラックを称え、
次走に予定されるジャパンCについては
「連覇を目指して、頑張っていきます」と言葉に力を込めた。」


「有馬記念」をもって引退することが発表されているキタサンブラックにとって、
今回の勝利は引退への花道を飾る1勝になりました。

これでキタサンブラックの獲得賞金額はJRA歴代2位の記録となり、
歴代1位のテイエムオペラオーの記録も視野に入ってきました。

果たして引退までの最後の花道で、キタサンブラックがどれだけ暴れてくれるのかに注目です。




スポンサーサイト



巨匠の再始動―宮崎駿監督の新作タイトルは「君たちはどう生きるか」
宮崎駿監督の新作のタイトルが『君たちはどう生きるか』になると発表されました。


このことに関する記事が『朝日新聞デジタル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「アニメーション監督の宮崎駿さん(76)は28日、
制作中の新作の題名が「君たちはどう生きるか」になると明かした。
1937年に吉野源三郎が発表した名著から取った。
「その本が主人公にとって大きな意味を持つという話です」と内容にも触れた。
「完成には3年か4年かかる」と言う。

宮崎監督は2013年に長編制作から引退を表明したが、今年に入り撤回。
新作に取りかかっていた。

28日に東京都新宿区の早稲田大学で開催された
新宿区立漱石山房記念館開館記念イベント「漱石と日本、そして子どもたちへ」
(新宿区主催、朝日新聞社など共催)に登壇。
作家・半藤一利さんとの対談で、
約1千人の参加者を前に新作について語った。

夏目漱石の「草枕」を「何度読んだか分からないくらい好き」と言う宮崎監督に、
半藤さんが「5分間でいいので好きな場面をアニメにしてほしい。
記念館で流せば、たくさんの人が来てくれる」。
突然の提案に宮崎監督は苦笑しつつ
「大変難しそうですけど、宿題として持って帰ります」と答えた。

イベントでは俳優・竹下景子さんによる「草枕」「夢十夜」などの朗読もあった。」


宮崎監督の引退撤回の発表以来、
ファンたちは新作を心待ちにしているわけですが、
記事に「完成には3年か4年かかる」という監督の言葉が載っているように、
新作の公開までにはまだまだ時間が掛かりそうです。

『君たちはどう生きるか』がどのような作品になるのか、今から楽しみです。




ハロプロ20周年記念!冬のハロコンの開催が決定!
毎年恒例の冬のハロコンの開催が決定しました。

今回はハロプロ設立20周年の年に行われる記念すべきハロコンで、
「PERFECT SCORE」と「FULL SCORE」という2パターンの公演メニューが用意されています。

このことに関する記事が『音楽ナタリー』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクト所属アーティストによる合同新春公演
「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 WINTER
~PERFECT SCORE~ ~FULL SCORE~」が、
1月2日より全国で開催されることが決定した。

毎年1月2日からの恒例行事となっているハロプロの新春公演。
来年はモーニング娘。'17改めモーニング娘。'18、アンジュルム、Juice=Juice、
カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリー、ハロプロ研修生が一堂に集い、
ハロプロ設立20周年のアニバーサリーイヤーをにぎやかに盛り上げる。

公演は1月2日の東京・中野サンプラザホールを皮切りに、
大阪、愛知、福岡、宮城、北海道、広島の7会場で合計23公演を予定。
公演内容は「PERFECT SCORE」「FULL SCORE」と異なる2つのメニューが用意され、
福岡、宮城、北海道、広島での4公演は
「PERFECT SCORE」公演から一部内容を変更した「PERFECT SCORE+」となる。
また合計13公演が行われる東京・中野サンプラザホールでは、
1月7日と14日の朝公演限定で「ハロプロ福袋」が抽選でプレゼントされる。

Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 WINTER
~PERFECT SCORE~ ~FULL SCORE~
2018年1月2日(火)東京都 中野サンプラザホール
OPEN 17:30 / START 18:30[PERFECT SCORE]

2018年1月3日(水)東京都 中野サンプラザホール
OPEN 14:00 / START 15:00[FULL SCORE]
OPEN 17:30 / START 18:30[PERFECT SCORE]

2018年1月6日(土)東京都 中野サンプラザホール
OPEN 14:00 / START 15:00[FULL SCORE]
OPEN 17:30 / START 18:30[PERFECT SCORE]

2018年1月7日(日)東京都 中野サンプラザホール
OPEN 10:30 / START 11:30[PERFECT SCORE]
OPEN 14:00 / START 15:00[FULL SCORE]
OPEN 17:30 / START 18:30[PERFECT SCORE]

2018年1月13日(土)東京都 中野サンプラザホール
OPEN 14:00 / START 15:00[PERFECT SCORE]
OPEN 17:30 / START 18:30[FULL SCORE]

2018年1月14日(日)東京都 中野サンプラザホール
OPEN 10:30 / START 11:30[FULL SCORE]
OPEN 14:00 / START 15:00[PERFECT SCORE]
OPEN 17:30 / START 18:30[FULL SCORE]

2018年1月20日(土)大阪府 オリックス劇場
OPEN 14:00 / START 15:00[FULL SCORE]
OPEN 17:30 / START 18:30[PERFECT SCORE]

2018年1月21日(日)大阪府 オリックス劇場
OPEN 14:00 / START 15:00[PERFECT SCORE]

2018年1月27日(土)愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール
OPEN 17:30 / START 18:30[PERFECT SCORE]

2018年1月28日(日)愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール
OPEN 13:30 / START 14:30[FULL SCORE]
OPEN 17:00 / START 18:00[FULL SCORE]

2018年2月3日(土)福岡県 福岡サンパレス ホテル&ホール
OPEN 15:30 / START 16:30[PERFECT SCORE+]

2018年2月10日(土)宮城県 仙台サンプラザホール
OPEN 16:30 / START 17:30[PERFECT SCORE+]

2018年2月17日(土)北海道 ニトリ文化ホール
OPEN 15:30 / START 16:30[PERFECT SCORE+]

2018年2月24日(土)広島県 広島文化学園HBGホール
OPEN 15:00 / START 16:00[PERFECT SCORE+]

※出演者、開場時間、開演時間等は変更の場合あり。」


今回は2月24日まで行われるという事で、かなり長期に渡っての冬のハロコンとなります。

この冬のハロコンでメンバーたちを毎回悩ませているのが「インフルエンザ」です。

来年も世間的に「インフルエンザ」が流行すると予想されますが、
この冬のハロコンの期間中にハロプロ内で「インフルエンザ」が流行しないことを祈っています。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』 #242(MC:浅倉樹々&上國料萌衣)
『ハロ!ステ』の♯242が10月25日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
つばきファクトリーの浅倉樹々(キキちゃん)と、 アンジュルムの上國料萌衣(かみこ)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

DOHP:「加賀楓ボーカルレッスン」

ハロプロ研修生舞台稽古

ハロプロ研修生北海道紹介ムービー(山﨑愛生)

料理コーナー(こぶしファクトリー野村みな美・浜浦彩乃)

ヘアアレンジコーナー(モーニング娘。'17石田亜佑美)

Q&Aコーナー


今回の『ハロ!ステ』では、「料理コーナー」が流されていました。

今回は、前回に引き続いて
こぶしファクトリーの野村みな美(みなみな)と浜浦彩乃(ハマちゃん)が登場しました。

今回のテーマは「秋の味覚」で、
旬の食材を使った3種類のメニューに挑戦していきました。

今回は「芋ようかん」を作っていました。

先生であるくろっきこと黒木料理長は普段はほとんどようかんを作らないと言っていましたが、
今回くろっきは、
濾したさつまいもを寒天に一気に入れてしまいダマになってしまうというミスを犯してしまいました。

結果的には2人が「美味しい」と言っていたので結果オーライでしたね。

それにしてもミスをするくろっきを見ることが出来るなんて貴重な回となりましたね。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

下剋上された最強王者―ペナント独走優勝だった広島がCS敗退
10月24日、セリーグのクライマックスシリーズ最終ステージは広島が3対9でDeNAに敗れ、
ペナントシリーズで独走優勝だった広島が日本シリーズ進出を逃す波乱の展開となりました。


このことに関する記事が『朝日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「(24日、セCS最終ステージ DeNA9―3広島)

セ・リーグで初めてレギュラーシーズン3位球団が日本シリーズに進出した。
0勝1敗からスタートするハンディや厳しい日程をはね返し、
ルールにのっとり勝ち抜いたDeNA。
セの代表として、堂々とソフトバンクと戦ってほしい。

ただ、今回の結果に「もやもや」を感じるファンは多いかもしれない。
何しろ、ペナントを制した広島とDeNAのゲーム差は14・5。
広島ファンは「長い戦いの価値は何だったのか――」という思いだろう。

ポストシーズンゲームでよく比較されるのは大リーグだ。
地区優勝3球団に加え、ワイルドカードで2位以下の勝率上位2球団が争う。
30球団ある大リーグの場合、
地区優勝球団よりワイルドカード球団の勝率が高いケースも多い。
大差をつけられた球団の「下克上」はまずありえない。

12球団の日本で大リーグ制度の導入は難しいが、ペナント覇者への敬意も必要だ。
だから優勝球団に1勝のアドバンテージがある。

関係者によると今季
「2位に10ゲーム以上差をつけて優勝した場合、
最終Sでさらに1勝のアドバンテージを加える」という案が議論されたという。
導入は見送られたが、
広島の敗退は独走優勝の価値を改めて考える機会になるかもしれない。」


DeNAの勢いは凄かったですね。

こういったクライマックスシリーズというものがある以上、
DeNAが日本シリーズに進出する事には全く異論はありません。

しかしペナントシリーズで独走優勝だった広島が
日本シリーズに出られないというのは何とも悲しい話です。

記事にもある通り、これが独走優勝の価値を改めて考える機会になればいいですね。




救世主の降臨か?―川淵会長が内紛ハンド協会に対し怒りをあらわに
会長と副会長が辞任し、内紛状態が続いていた日本ハンドボール協会に対し、
日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長が怒りをあらわにしました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「川淵会長がほえた! 

団体球技のリーグで構成する日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長(80)が24日、
都内で行われた日本ホッケー協会の新スポンサー、損害保険ジャパン日本興亜の発表会見に出席。

会長と副会長が辞任し、
内紛状態が続いていた日本ハンドボール協会に対し
「怒りすぎて、あきれ果ててものが言えない。
いったい何をしてるんだ!」と、顔を赤くして怒りを爆発させた。

同協会は6月の評議員会で渡辺佳英会長(当時)が、
不適切な会計処理があったとして、蒲生晴明副会長兼専務理事らの解任を緊急動議。
9月の理事会で、第三者委員会が助成金事業の会計処理が不適切だったと報告し、
渡辺会長、蒲生副会長が責任を取って辞意を表明し、
その後、両者ともに理事に選出されなかった。

川淵会長は
「いいとは言えないが、会計処理は修正すればすむこと。
蒲生を追い落とす策略でしかない」と、
新監督招聘(へい)など、改革を進めていた蒲生氏をかばった。
加えて、
「ガバナンスはトップだけを変えてもダメ。
事務局長を有能な人にして、
それ相応の給料を払わないと協会は回らない」と、川淵理論を展開した。

川淵会長は、2つのリーグがあったバスケットボールを「Bリーグ」として、1つのリーグに統合。
15年5月には日本バスケットボール連盟の会長に就任し、
内紛が続いていたバスケット界の改革を進めた。
しかし、これは、国際バスケットボール連盟が主導し設立した
日本バスケットボール界改革のための「タスクフォース」のチェアマンに指名されたから、
直接的に介入できた。
ハンドボールとの関係は、あくまでトップリーグ連携機構会長としての立場でしかなく、
バスケのように直接の改革には手を出せない。

それでも「もう1度、蒲生を復権させてほしい」と、その思いは止まらない。
最後には「俺が会長に就くのが一番いいかな。蒲生が専務理事で」」


川淵会長の推進力は人並み外れています。

それはJリーグ創設で培われたものだったわけですが、
記事にもある通り、Bリーグが創設するまでの過程で改めてその能力の高さが明らかになりました。

今の日本ハンドボール協会には間違いなくそういった推進力が必要です。

救世主の降臨が望まれています。




悲願達成―村田諒太、因縁のエンダムから世界王座を奪取
10月22日、村田諒太選手がWBA世界ミドル級タイトルマッチに臨み、
王者であるエンダム選手を相手に7回TKO勝利をし、世界王座を奪取しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇WBA世界ミドル級タイトルマッチ 
●王者アッサン・エンダム≪12回戦≫同級1位・村田諒太○
(2017年10月22日 両国国技館)

ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ は22日、東京・両国国技館で行われ、
同級1位で12年ロンドン五輪同級金メダリストの村田諒太(31=帝拳)が
王者アッサン・エンダム(33=フランス)に7回TKO勝利。
ミドル級では竹原慎二以来日本人2人目、
日本の五輪メダリストとしては史上初の世界王者に輝いた。

悲願の世界王者奪取を果たし、両手を掲げて大歓声に応えた村田。
「みんなで作った勝利です!ありがとうございます!」と声援に感謝した。

エンダム陣営がギブアップを宣言し新王者に輝いた瞬間、リング上で号泣。
だがインタビューでは「泣いていません」と強がりを見せ、場内が笑いに包まれた。

衝撃の判定でプロ初黒星を喫した5月20日の世界戦から5カ月が経過。
「金メダルもそうですけど、過ぎてしまったら物事は大したことじゃない。
一歩踏み出す勇気が重要だとずっと胸に秘めていました」と再戦までの日々を振り返った。

“因縁”の相手エンダムについて聞かれると
「友人です。
彼も友人だと言ってくれていますし、僕もそう思っています」とコメント。
「“ボクシングで勝つということは相手を踏みにじって、その上に自分が立つこと。
だから勝つ人間には責任が伴う”と高校の恩師が言っていた。
だから彼の分の責任を伴ってこれからも戦い続けます」と新王者は決意を語った。」


多くの物議を醸しだした前回の試合を経てもその試合に文句を言わず、
謙虚にこの試合に向け準備を進めてきた村田選手だからこそ
今回の試合に勝利できたのだと言えます。

謙虚な世界王者の快進撃はまだ始まったばかりです。

これからの更なる活躍が楽しみです。




競馬界のアイドルが新たなる爪痕を残す―藤田菜七子騎手12勝目で20年ぶりJRA女性騎手年間最多勝利更新
10月21日、藤田菜七子騎手が今年12勝目を挙げ、
20年ぶりにJRA女性騎手年間最多勝利記録を更新しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「藤田菜七子騎手(20)美浦・根本厩舎=は21日、
新潟11R・飛翼特別(1000万、芝直1000メートル)を
10番人気の伏兵ベルモントラハイナで勝ち、今年12勝目をマーク。
牧原(現姓増沢)由貴子がデビュー2年目の97年に記録した11勝を上回り、
JRA女性騎手の年間最多勝記録を20年ぶりに更新した。

驚きとうれしさが同居する感情は、やがて大きな笑いとなって吹き出した。
10番人気のベルモントラハイナは、何度も壁になりながら進路を探す苦難を乗り越えての勝利。
伏兵で初めてメインレースを制した藤田にとっては、
JRA女性騎手の年間最多勝記録を更新する今年12勝目のゴールでもあり、
笑いが止まらなかった。

スタンドから惜しみない拍手が送られた。
「このような記録をメインレースで達成できて、すごくうれしいです。
女性ジョッキーの道を作ってくださった先輩の女性騎手の皆様に感謝したいです」と
菜七子は感謝の意を示した。
97年に牧原由貴子元騎手が記録した11勝を20年ぶりに更新。
日本人女性騎手がJRAのメインレースを勝つのも史上初の快挙だった。

ルーキーイヤーだった昨年の6勝から大きく飛躍した。
海外遠征を含めて様々な経験を積んだことから
「気持ちの面で余裕が出てきたのかなと思います」と自身の成長を実感。
それとともに、競馬界のヒロインは自身の役割も自覚しつつある。
「これからは目標にしてもらえるようなジョッキーになりたいです。
どんどん後輩も、女の子のジョッキーも入ってくるので、
負けないように技術を上げていきたい」。
記録達成から一段と頼もしくなった表情で、更なる活躍を誓った。」


ついに記録を更新しましたね。

ただ今年のレースはまだまだありますので、さらなる記録更新が期待できます。

藤田騎手には、ここで満足せず、どんどん自分の記録を更新していってほしいですね。




次につながる敗戦―羽生、4回転ルッツ初成功も逆転Vはならず
10月21日、フィギュアスケートのロシア杯が行われ、
男子フリーで羽生結弦選手が4回転ルッツを初成功させたものの、
ショートプログラムでの出遅れが響き、2位に終わりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「フィギュアスケートのGPシリーズ第1戦、ロシア杯は21日、モスクワで男子フリーが行われた。
ショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(22=ANA)は
フリーで初挑戦の4回転ルッツに成功するなどフリーでは上回ったものの、
首位のネーサン・チェン(18=米国)を逆転できず2位に終わった。
SP94・85点、フリーが195・92点で合計290・77だった。

フリーは最後から2番目に登場。
映画「陰陽師」で使用された楽曲「SEIMEI」に合わせ陰陽師の安倍晴明を演じた。
5本の4回転ジャンプを予定した自身最高難度のプログラム。
冒頭の4回転ルッツできっちり4度回り、
腰を沈めながらも踏ん張って降り、加点も1・14点得た。
だが、予定では4回転ジャンプ4種類、5回を予定していたが3回に。
それでも演技点では高得点をマークし、フリーでは1位だった。

前日のSPでは2つのジャンプでミスが出て、首位のチェンに5・69点差の2位。
チェンはフリーで193・25点だったが、
貯金を生かし合計で293・79点でGP初優勝を飾った。
3位にはミハイル・コリャダ(22=ロシア)が入った。」


次につながる敗戦というのがあるとすれば、
まさにこのような敗戦のことをいうんじゃないかと思います。

4回転ルッツという新たなる武器を手に入れた羽生選手は更なる高みを目指していくわけです。




暮れの大一番を最後に―キタサンブラックが年内で引退
キタサンブラックが「有馬記念」を最後に引退すること発表されました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「JRAは20日、
昨年の年度代表馬キタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が、
年内で引退することを発表した。
下半期は来週の天皇賞・秋を皮切りにジャパンC、有馬記念の3戦を予定。
暮れの大一番を最後にターフを去り、
北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする。

清水久詞調教師は
「オーナー(歌手の北島三郎氏)と協議した結果、引退することになりました。
ファンが多い馬で惜しまれる声もあるかもしれませんが、
元気なうちに次の大きな仕事として種牡馬入りすることとなります」と説明。
「残り3戦を悔いのない仕上げで挑み、
キタサンブラックの元気な姿をファンの皆さまにお見せしたいと思います」と話した。

武豊騎手
「残りの3走で騎乗できることを楽しみにしています。
これが最後のシーズンになるので、いい結果でラストを飾りたいですね。
ファンの皆様もぜひ競馬場まで応援に来てください」

★キタサンブラック 
オーナーは歌手の北島三郎氏(名義は大野商事)。
15年1月31日に東京でデビュー(1着)。
同年のスプリングSで重賞初制覇。
皐月賞は3着、ダービーは14着に終わったものの、
ラスト1冠の菊花賞でG1初タイトルを手にした。
17戦10勝
(うち15年菊花賞、16年天皇賞・春、ジャパンC、
17年大阪杯、天皇賞・春のG1・5勝を含む重賞8勝)。」


引退撤回などを経て今まで現役を続けてきた現役最強馬が、遂に引退することになりました。

キタサンブラックはファンを楽しませるという事に長けた馬ですので、
最後の3戦も全力でファン楽しませるような走りを見せてくれるでしょう。




『ハロ!ステ』 #241(MC:浜浦彩乃&段原瑠々)
『ハロ!ステ』の♯241が10月18日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
こぶしファクトリーの浜浦彩乃(ハマちゃん)と、 Juice=Juiceの段原瑠々(ルルちゃん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

DOHP:「こぶしファクトリーの挑戦」

Juice=Juice World Tour コメント

ハロプロ研修生北海道紹介ムービー(工藤由愛)

料理コーナー(こぶしファクトリー野村みな美・浜浦彩乃)

ヘアアレンジ(モーニング娘。'17生田衣梨奈)

Q&Aコーナー


今回の『ハロ!ステ』では、「料理コーナー」が流されていました。

今回は、前回に引き続いて
こぶしファクトリーの野村みな美(みなみな)と浜浦彩乃(ハマちゃん)が登場しました。

今回のテーマは「秋の味覚」で、
旬の食材を使った3種類のメニューに挑戦していきました。

今回は「かぼちゃコロッケ」を作っていました。

シンプルな料理でしたけど非常に美味しそうでしたね。

あと調理の途中でかぼちゃを食べた時のみなみなの表情が良かったです。

非常に可愛かったです。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

Berryz工房・菅谷梨沙子が結婚と妊娠を告白
Berryz工房の菅谷梨沙子が結婚と妊娠を『女性自身』で告白しました。


この『女性自身』に掲載された記事は以下の通りです。

「「今、妊娠5カ月です。
お相手の方とは今年からお付き合いを始めました。
年内には一緒に住んでタイミングを見て籍を入れたいと思っていたところ、子供ができたとわかって。
『人生でいちばん幸せだなあ』って感じています」

そう語るのは、アイドルグループ・Berryz工房でセンターを務めた菅谷梨沙子(23)。
'04年の結成から11年間続いたグループが'15年3月に無期限活動停止。
発表後は約2年間、芸能活動を休止していた。
だが今年に入り、公式インスタグラムを開設。
イベントにも出演するなど活動を再開していた矢先、
突然の“できちゃった婚”を本誌に独占告白したのだ。

「メンバーにはまだ報告していません。
すごくビックリするでしょうね。
入籍発表の前には報告しようと思っています」

気になるお相手は、都内で働く20代の一般男性。出会ったきっかけは、友人との食事会だった。

「会って2度目で『きっと、この人と一緒に生活していくんだろうなあ』という
将来のビジョンがちゃんと見えたんです。
不思議な感覚でした。
まったくケンカをしたことがないので、本当に相性がいいんだろうなあって思います(笑)」

交際を始めて半年足らずで妊娠が発覚したことについて、
「ただただ嬉しかったです。
昔から20代のうちに結婚して子供が欲しいと思っていたので」と振り返る菅谷。
母親になる喜びについてもこう語る。

「エコーで初めて赤ちゃんを見たとき、まだ小さいのにちゃんと心臓が動いていて。
言いようがないほど感動しました。
彼に妊娠を告げたとき『もう少し戸惑うかなあ』と思っていたけど、
まったくそういう素ぶりは見せなくて。とても喜んでくれました」

ハロー!プロジェクト・キッズの一員となったのは、8歳のときだった。
「このお仕事をしてきたおかげで出会えた人もたくさんいますし、
歌を歌うことは自分がやりたかったことなので、この世界に入ったことを後悔していません」と語る。
だがいっぽうで2年前にグループ活動停止が決定したとき、「ホッとした部分もあった」と明かす。
それだけ仕事のプレッシャーを抱えていたようだ。

「今回このような決断に至ったことで、
仕事関係者の皆様やスタッフの方々にご迷惑をかけてしまったことは反省しています。
でも活動休止後にほかのメンバーがすぐに仕事を始めるなか、
私は何をやりたいのかわからなかった。
このまま辞めてふつうの女の子の幸せを手にしたいと考えることもあったんです」

そう語ると、うっすらと涙を浮かべた菅谷。
そこで「これまで支えてくれてきたファンに対して自ら告げたいことは?」と聞くと、こう答えた。

「突然のことで大変驚かれる方、結婚前の妊娠をあまりよく思わない方、
さまざまな反応があって当然だと思います。
今回のことがきっかけで離れていくファンもいるかもしれません。
そこは私もちゃんと受け止めていかなければならないと思っています。
それでも『これからも応援してくださるファンがいる』と信じて、
私らしく前を向いて進んでいけたらいいなと思います」

最後に、将来への希望や夢についても聞いてみた。

「まずは出産と育児がありますので、活動はしばらくお休みになります。
でも2年間休んでいる間に『私はやっぱり何か表現することが好き』と気づかされました。
その何かを見つけて、いつか夢を叶えることができたらと思っています」

今後は時期を見て入籍する予定だという。
アイドルからママへ、その道は平坦なものではないかもしれない。
しかし愛する男性との未来に賭けた一人の女性として、
幸せを噛みしめつつ新たなスタートラインに立とうとしている――。」


Berryz工房のメンバーの中で一番最初に結婚して出産するメンバーが最年少の梨沙子だなんて、
結成当初は誰も予想しかなかったことでしょうね。

梨沙子が言うように、この結婚と出産に対しては様々な声があると思います。

厳しい声もあるでしょう。

しかしそんな声に負けず、梨沙子には自分らしく前に進んでいってほしいと思います。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

下剋上の時―DeNAが連勝で広島とのファイナルSに進出
10月17日、DeNAが阪神とのセリーグ・クライマックスシリーズ・ファーストステージに連勝し、
広島とのファイナルステージ進出を決めました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、
阪神1-6DeNA、DeNA2勝1敗、17日、甲子園)
レギュラーシーズン3位のDeNAが、同2位の阪神に連勝。
通算2勝1敗で、2年連続で広島とのファイナルステージ(マツダ)進出を決めた。
打線は10安打で6得点を奪い、
先発のジョー・ウィーランド投手(27)は7回7安打1失点の好投で期待に応えた。
ファイナルステージは18日に開幕する。

大一番で先手を取ったのはDeNAだった。
一回、先頭の桑原が四球で出塁すると、梶谷が右前打で一、三塁に。
続くロペスが左前に弾き返し、先制の適時打を放った。
筒香が四球で満塁とすると一死後、嶺井が左前2点打。
さらに柴田が右前打で再び満塁とし、阪神先発の能見をマウンドから引きずり下ろした。

試合中盤に入ってもDeNAの勢いが止まらない。
3-0の四回、先頭の倉本が右中間二塁打で出塁し、
続く桑原の捕犠打で一死三塁とすると、梶谷が中前適時打で1点を追加した。
さらにロペスが阪神の3番手・岩崎からバックスクリーン左に飛び込む1号2ラン。
6-0と突き放した。

もし15日の第2戦も中止で、
16日と2日連続中止になっていれば、予備日は17日の1日だけ。
1勝1敗で終了ならシーズン2位が勝ち抜ける規定のため、
1敗のDeNAは阪神を上回れず2戦目を戦わずしてCS敗退となっていた。
泥まみれで苦しみながら4時間35分に及んだ第2戦を制した意味は大きかった。
下克上を成し遂げたDeNAが、さらなる高みを目指す。」


まずはDeNAが下剋上を果たしました。

次なる標的は広島ですが、今シーズンの広島の勢いは相当なものです。

熱い戦いになることが予想されます。




野口英世(1876年~1928年)の名言
「家が貧しくても、
体が不自由でも、
決して失望してはいけない。
人の一生の幸も災いも、自分から作るもの。
周りの人間も、
周りの状況も、
自分から作り出した影と知るべきである。」



これは野口英世の名言です。

野口英世といえば黄熱病や梅毒等の研究で知られる細菌学者です。

ノーベル生理学・医学賞の候補に三度名前が挙がった人物としても有名です。

現在の千円札に肖像画がデザインされていますので、
日本国民であれば多くの人が知っている人物だと言えるでしょう。

彼は幼い頃に囲炉裏に落ち、左手に大火傷を負います。

これにより左手には障害が残り、
農民として生きていく道は難しくなったため学問の道に進むことを母に勧められます。

そして彼の転機となったのが、
小学生の時に周りの支援もあり左手の手術を受け、
不自由ながらも左手の指が使えるようになったことでした。

このことで彼は医学に興味を持ち、自らもその道を目指すようになったのです。

しかし医師になるまで道のりも決して平坦なものではありませんでした。

金銭的なこと、左手の障害のことで幾度となくその道が閉ざされそうになりました。

しかし彼はその逆境を乗り越え、医師になり、皆が知るような業績を残したのです。

家が貧しくても、 体が不自由でも、 決して失望することなく、
彼はその道をひたすら追い続けました。

その姿に周りが共感し、手助けをしてくれたのです。

この名言はまさに彼の経験に基づいた言葉であるわけです。




常人ではない人―川内優輝、日本代表復帰で24年パリ五輪マラソン目指す?
今年8月のロンドン世界陸上を最後にマラソン日本代表を引退した川内優輝選手が、
2024年に行われるパリ五輪のマラソン日本代表を目指す考えがあることが明らかになりました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「9位になった今年8月のロンドン世界陸上を最後にマラソン日本代表の第一線を退いた
最強市民ランナーの川内優輝(30)=埼玉県庁=が15日、
2024年パリ五輪で代表復帰を狙う考えがあることを明かした。
暑さを苦手とする川内は、酷暑が予想される2020年東京五輪については目指さない方針を貫くが、
比較的涼しいパリで行われる7年後の五輪について
「東京(20年)、ロサンゼルス(28年)は全く考えていないが、
パリ(24年)は場所がいいですよね」と意欲を示した。

陸上競技に関するあらゆる記録に精通している川内は、
16年リオ五輪に男女通じて日本マラソン五輪代表の最高齢となる36歳10か月で出場し、
32位になった石川末広(38)=ホンダ=の名前を挙げて、自らの“若さ”をアピール。
「石川さんは36歳で五輪に出た。
2024年、僕は37歳になっているけど、
実業団選手に比べて練習の走行距離が半分くらいだから、まだ体がすり減っていない。
それなりの力を保っていると思う」と前向きに話した。

自信の言葉を証明するように、この日、
東京・板橋区で行われた「板橋区・高島平ロードレース20キロ」では
出雲駅伝(10月9日)を制した東海大ランナーと激しいトップ争いを演じ、
自己ベストに5秒と迫る59分32秒で2位でゴールした。
川端千都(4年)にラストスパートで競り負けたが
「東海大の勢いと気迫を感じた。僕もモチベーションが上がった」と楽しそうに話した。

前日(14日)は東京・立川市で行われた箱根駅伝予選会を現地で観戦。
学年では1つ下になるが、
同じ30歳の東京国際大1年・渡辺和也が奮闘し、チームの本戦出場に貢献した。
「面白いと思う。
高校から実業団に行って、その後に大学に入るという違うルートがあってもいいですよね。
僕ももう一度、箱根駅伝予選会を走りたいくらいです」と笑顔を見せた。

パリ五輪は24年8月2~18日に開催予定。
8月のパリの平均気温は21度で東京の同時期より6度も低い。
平均最高気温は25度で、平均最低気温は16度。
朝晩は涼しいくらいの気候だ。
末弟の鴻輝さん(25)はちょうど1か月前に
「兄の性格を考えると、
24年のパリ五輪や21年の米オレゴン州の世界陸上(21年)とか比較的涼しい場所の大会では、
また代表でやりたいと思うはず」と復帰を“予言”していた。

今後、フランスのニース・カンヌ(11月5日)、
さいたま国際(同12日)と2週連続でフルマラソンを走り、
さらに1週間後には上尾ハーフマラソン(同19日)に出場する。
そして、当面のターゲットとなる福岡国際(12月3日)に臨む。
「ニースは2時間10分、さいたまは2時間13分あたりが目標。
福岡には大迫傑君(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)や
神野大地君(コニカミノルタ)ら若手の有望選手が出ると聞いているので楽しみ。
僕も自己ベスト(13年ソウル国際。2時間8分14秒)の更新を狙いますよ!」と力強く話した。

常にパワフルに走り続けている川内優輝は体も気持ちも若い。
はるか先。
7年後のパリ五輪までも突っ走りそうだ。
16年リオ五輪の石川を超えて日本マラソン史上最高齢の五輪代表となる可能性を秘めている。」


スポーツ選手は、若く力のある時にこそ、その力を試し世界で活躍したいと願うものです。

これは定説です。

ある意味で常人の考えと言えるのかもしれません。

そういった意味でいえば川内選手は常人ではない人であると言えるでしょう。

そんな常人ではない人が活躍する姿をパリ五輪で見てみたいと思った人は私だけではないはずです。




競馬界のアイドルの更なる快挙―藤田菜七子がJRA女性騎手年間最多タイ11勝を達成!
10月14日、藤田菜七子騎手がJRA女性騎手年間最多タイとなる11勝目を上げました。

デビュー以来の通算勝利数は17勝となり、こちらはJRA女性騎手歴代2位タイになりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「デビュー2年目の藤田菜七子騎手(20)が、
14日の新潟競馬3Rで3番人気トップライセンス(牝4=尾関厩舎)に騎乗し優勝。
中央での今年の勝ち星を11に伸ばし、
JRA女性騎手では97年・増沢由貴子(旧姓・牧原)に並ぶ年間最多勝利タイ記録となった。

菜七子は16年ぶりのJRA所属女性騎手として昨年デビュー。
1年目は6勝を挙げ、
2年目の今年は勝ち星をさらに上積みし11勝。
通算で17勝となり、
西原玲奈に並んでJRA女性騎手の勝利数で歴代2位タイとなった。
最多は増沢の34勝。

この日は3R以外にも3鞍に騎乗したが、
2Rで3着(ベルクカッツェ)、
6Rで12着(ネイチャーポイント)、
7Rで16着(コパノベスト)に終わり、
女性騎手年間最多勝利新記録はお預けとなった。」


先週2ケタ勝利を上げたことが話題になっていましたが、
今週も勝利を上げ、早くも女性騎手年間最多勝利新記録に王手をかけました。

更新するのは時間の問題だと言えるでしょう。

先週も言いましたが、
実力派のアイドル騎手・藤田菜七子が誕生する日は確実に近づいています。




かつてのスラッガーの苦難―巨人・村田修一が自由契約
10月13日、巨人は村田修一選手を自由契約にすると発表しました。


このことに関する記事が『東スポweb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「巨人は13日、村田修一内野手(36)に対し、来季の契約を結ばないことを通告し、
自由契約選手として手続きを取ったことを発表した。

村田は2012年に横浜(現DeNA)から国内FA権を行使して巨人へ入団し、
3度のリーグ優勝、12年の日本一に貢献。
昨季は三塁レギュラーとしてチーム唯一の全試合出場を果たし、
ベストナインとゴールデン・グラブ賞を受賞した。

しかし、今季はマギーの獲得により開幕スタメンから外れるなど、出場機会が減少。
後半戦から三塁に定着したが、規定打席には届かず、
118試合で打率2割6分2厘、58打点、14本塁打の成績だった。

この日都内で本人へ通告を行った鹿取GMによると、村田は取り乱す様子を一切見せず、
「はっきり言ってくださってありがとうございます」と頭を下げたという。

村田は2度目のFA権を保持しているが、今季の推定年俸2億2000万円はBランクとなり、
権利を行使した場合も獲得球団は金銭に加え、人的補償が必要だった。
しかし自由契約となれば、移籍への障壁は低くなる。

鹿取GMは
「彼ならまだ十分やれる。
(残り135本に迫った)2000安打も打てる。
ただチームの若返り進める方針の下、(巨人では)多く打席数を与えるのは難しい。
村田君の選択肢を広げることが、せめてもの誠意と考えた。苦渋の選択でした」とした。

シーズン終了後、村田自身は本紙の取材に対し
「1年契約である以上、来年どこのチームでやるかは分からない」と語っていた。
来季は37歳を迎えるが、長打を期待できる右打者で守備も堅実な三塁手は貴重。
本人は現役続行の意思を示しており、今後は他球団による争奪戦が予想される。」


村田選手は日本を代表するスラッガーです。

ここ数年はその影を潜めつつありましたが、やはりその実力は一流と言って差し支えないでしょう。

今の巨人には居場所がなかっただけの話で、
他球団に行けばまだ一花も二花も咲かすことが出来ると思います。




『ハロ!ステ』 #240(MC:羽賀朱音&川村文乃)
『ハロ!ステ』の♯240が10月11日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
モーニング娘。'17の羽賀朱音(あかねちん)と、 アンジュルムの川村文乃(かわむー)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

DOHP:「こぶしファクトリーの挑戦」

アンジュルム舞台稽古&コメント

ハロプロ研修生北海道紹介ムービー(北川亮)

料理コーナー(こぶしファクトリー野村みな美・浜浦彩乃)

ヘアアレンジ(モーニング娘。'17横山玲奈)

Q&Aコーナー


今回の『ハロ!ステ』では、
アンジュルムの舞台『夢見るテレビジョン』の稽古の模様とメンバーのコメントが流されていました。

『夢見るテレビジョン』は、
全労済ホール/スペース・ゼロで10月5日より始まりまして、10月15日まで公演される予定です。

公式サイトにあるこの舞台を紹介する文章には、
「昭和40年代、ブラウン管の向こうに広がるのは、キラキラ輝く夢の世界だった。
怒鳴られ蹴飛ばされながらも、必死にしがみついたテレビ業界。
そこにはいつも、涙と笑いと、希望と挫折があった。
アンジュルム主演でお送りする、
誰もが夢中になった伝説の番組と、その番組を作ったテレビマンたちの物語。」とあります。

どことなく昨年公演された『モード』に似ている感じがしますが、
今回はその『モード』以上にコメディ要素が強く、かなり面白い舞台になっているそうです。

今回の映像を見ただけでもメンバーそれぞれが演じるキャラクターの個性が立っていて、
かなり期待できる舞台になっているのではないかと思います。

自分はDVDになってから観ることになると思いますので、今からDVDが発売されるのが楽しみです。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『KICK!』 KICK THE CAN CREW



今回は、2017年の8月30日に発売された、
KICK THE CAN CREWのアルバム『KICK!』について書きたいと思います。


収録曲
CD
1.全員集合
2.千%
3.今もSing-along
4.SummerSpot
5.なんでもないDays
6.完全チェンジTHEワールド
7.また戻っておいで
8.また波を見てる
9.I Hope You Miss Me a Little
10.タコアゲ

初回限定盤特典DVD
1.千% (Music Video)
2.SummerSpot (Music Video)
3.千% (Making)
4.SummerSpot (Making)


感想
この『KICK!』は、KICK THE CAN CREWにとって約13年8か月ぶりとなるオリジナルアルバムです。

結成から20周年という節目を機に発売されたこのアルバムですが、
昔と変わらない、否、更にパワーアップしたKICK THE CAN CREWのメッセージを聴かせてくれています。

「千%」のMVが先行公開された時からこのアルバムの発売を楽しみに待っていましたが、
「全員集合」から始まり「タコアゲ」に終わるまで
一時も飽きさせないノンストップエンターテインメントショーに大満足できました。

最高に良いです。
Juice=Juiceが自身も遭遇のメキシコ大地震に対する募金活動を実施
Juice=Juiceが10月10日、
「Juice=Juice LIVE AROUND 2017 ~World Tour→J=J Day Special~」の東京公演を行いました。

このツアーはJuice=Juiceにとって初の世界ツアーですが、
今回の東京公演は10月6日に行われた大阪公演とともに日本凱旋公演となりました。


この公演のことが『東スポweb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「Juice=Juice」
(宮崎由加=23、金澤朋子=22、高木紗友希=20、
宮本佳林=18、植村あかり=18、梁川奈々美=15、段原瑠々=16)が10日、
都内で世界ツアー
「Juice=Juice LIVE AROUND2017
~World Tour→J=J Day Special~」東京公演を開催した。

9月8日のメキシコ公演を皮切りに
英国、フランス、ドイツ、マレーシア、インドネシア、台湾を回ったジュースジュースが日本に凱旋。
8月発売の新曲「Fiesta! Fiesta!」など全18曲を披露し、2000人の観客を熱狂させた。

世界ツアーはグループのレベルアップを図る上で、大きな刺激になったという。

金澤は
「メキシコのファンはものすごくて、
1時間ぐらい前から『オーレ! オレ! オレ! ジュースジュース!』と
声援がすごいんですよ」と現地ファンの熱さを振り返った。

世界ツアーの追加公演も決定した。
「12月12日にペルー・リマ、
14日にチリ・サンティアゴ、
15日にはブラジル・サンパウロ、
17日にはブラジル・フォルタレザでコンサートを行います!」(金澤)

機能性発声障害で1か月休養していた宮本は世界ツアー前に復帰。
「みんなには迷惑をかけました。
そういうところも悩んだんですが、声援を頂いた。
また成長した自分を見せたい」と意気込んだ。

メキシコ滞在中には、マグニチュード8クラスの地震に遭遇した。
9月20日にも大地震があり、被害は拡大。
グループは今後、会場で募金を募り、メキシコ赤十字に義援金として送ることを発表した。
「少しでも力になればと思います」(宮崎)。
ジュースジュースだけでなく、ハロプログループ全体で募金活動を開始することも発表された。」


今回のJuice=Juiceの世界ツアーでは、
メキシコで大地震に遭遇したり、イギリス滞在時にテロが起こったりと、
Juice=Juiceファンを心配させるような災難が連発しました。

そういった中でこうやって無事に日本に戻り、
そのメキシコ大地震を支援するために募金活動を始められたことは
ある意味で奇跡的なことなのかもしれません。

Juice=Juiceが元気に活動してくれていることに感謝です。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

日本女子初の輝き―村上茉愛が床運動で金メダルを獲得
10月8日、体操の世界選手権で村上茉愛選手が女子床運動で金メダルを獲得しました。

女子床運動で日本人選手が優勝するのはこれが初めてです。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「体操・世界選手権最終日は8日、
カナダ・モントリオールで種目別決勝が行われ、
女子床運動で村上茉愛(21=日体大)が14・233点で、金メダルを獲得した。
日本勢の金メダルは54年ローマ大会で平均台を制した田中(現姓池田)敬子以来、2人目。
床運動の優勝は初めてとなった。

6日の個人総合では金メダルも狙える状況で、平均台で落下して4位。
試合後は号泣して「種目別だけでも金メダルを」と意気込んでいた。
この日は種目別決勝の平均台を13・066点の4位で終え、勝負の床運動へ。
H難度の「シリバス(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)」を完璧に止め、
ダイナミックさと大人っぽさを融合。
最初に演技した村上を誰も上回れず、世界の頂点に立った。
五輪翌年で休養する有力選手も多く、
同種目予選トップのスミス(米国)が決勝を棄権するなどの幸運も生かした。

寺本明日香(21=中京大)は平均台で12・966点で6位だった。」


大快挙です。

個人総合で悔し涙を流していただけに、
今回の金メダル獲得は本当に嬉しかったんじゃないかと思います。

気が早いですが東京オリンピックへの期待が高まりますね。




ビジネスライクに生きる人―中日・ゲレーロ、3年契約総額15億円以上要求
中日のゲレーロが3年契約総額15億円以上を目指して移籍先を探しているそうです。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「野球はビジネスだ!! 
中日のアレックス・ゲレーロ内野手(30)が7日、
中部国際空港から自宅のある米フロリダ州に帰国した。
1年契約の今季は35本塁打でセ・リーグ本塁打王は決定的。
中日は残留交渉で「2年契約総額7億円」を提示しているが、
本人の要求額は「3年契約総額15億円以上」。
阪神、巨人など他球団も興味を示しているなか、超強気発言を連発して機上の人となった。

名古屋の街にも、ドラゴンズにも愛着がある。
コーチや球団関係者にも感謝している。
だが、来年も竜でプレーするかは別問題。
ゲレーロは「ビジネス」という言葉で、球団の提示額に「ノー」を突きつけた。

「中日に戻ってきたい気持ちはあるが、ビジネスだから。
(譲歩する可能性について)それはないね。
条件は、自分の価値だと思っているから」

離日する前の中部国際空港。
キューバ出身の助っ人はスペイン語でまくしたてた。

来日1年目は、130試合に出場して打率・279、86打点、35本塁打はリーグトップ。
今季の年俸1億5000万円から新たな要求額は、年俸で5億円。
契約期間も「3年は当然、頭にある」と断言した。

中日は残留交渉で2年契約と、
当初の提示額よりも1億円プラスして総額7億円まで“譲歩”したとみられている。
それでも、ゲレーロの希望額とは依然大きな開きがあった。
両者の交渉決裂を見据えて、
阪神や巨人など複数の球団が獲得のための調査に乗り出していることもゲレーロの耳に入っている。

「(米大リーグと同じ条件なら)日本を取るよ。日本が好きだから」-。
中日だけでなく、他の国内11球団に向けてのメッセージだった。
そして、究極の売り込み発言が飛び出した。

「春先は日本の投手に慣れるのに時間がかかった。
もう大丈夫だ。
(広い)ナゴヤドームでホームランをたくさん打っただろ。
パ・リーグの投手も交流戦で対戦してわかっている。
強いチームに行きたいか? 
選手なら誰もが優勝したいと思っているよ。
僕は来年は、今年よりもいい成績を残せる自信がある」

その言葉は中日との決別宣言にも聞こえた。」


もちろんそれが全てではありませんが、プロ野球はやはりビジネスです。

チームへの愛着で年俸にこだわらないという選手は素晴らしいですが、、
だからといってゲレーロのようにビジネスに徹するという選手のことを否定することは出来ないでしょう。

ゲレーロの行き方が日本球界に一つの先行例を残すことになります。




競馬界のアイドルの快挙―藤田菜七子が年間10勝を達成!
藤田菜七子騎手が10月7日の東京8レースで勝利し、年間10勝を達成しました。

JRAで女性騎手が2桁勝利するのは20年ぶりの快挙です。


このことに関する記事が『東スポweb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「藤田菜七子騎手(20)は7日、
東京競馬8Rで6番人気ホノカ(牝3・菊川)に騎乗し1着となり、
今年のJRA10勝目を挙げた。

JRA女性騎手の年間2桁勝利は、
1997年に11勝を挙げ、
女性騎手の年間最多勝記録を作った牧原由貴子騎手(引退)以来2人目で、
20年ぶりの快挙となった。

10勝という区切りの数字に菜七子は
「ホッとしていますが、次の1勝、
そして、もっと上を目指していきたい」と気を引き締めていた。

最多勝記録にあと1つと迫った菜七子に記録更新の期待がかかる。」


藤田騎手はデビュー以来、日本競馬界のアイドルとして競馬界を盛り上げてきました。

デビュー当時は人気面が先行して実力はまだまだという部分がありましたが、
今回このように年間10勝をあげたことからも分かるように、
ここに来てグッと実力が上がってきた感があります。

実力派のアイドル騎手・藤田菜七子が誕生する日は近いかもしれません。




強力なカンフル剤―宮本慎也氏がヤクルトのヘッドコーチ就任へ
ヤクルトがOBである宮本慎也氏にヘッドコーチ就任を要請していることが分かりました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「チーム再建へ、名手がついに帰ってくる。
ヤクルトが5日、OBで現役通算2133安打の宮本慎也氏(46=日刊スポーツ評論家)に
ヘッドコーチ就任を要請したことが分かった。
宮本氏は前向きに考えており、受諾の方向だ。
この日、球団は来季監督に小川淳司シニアディレクター(SD、60)の再登板を発表。
球団最悪の年間96敗を喫した今季から、小川-宮本体制で巻き返しを図る。

今のヤクルトには、なんとしても必要な人だった。
新監督の発表会見から間髪を入れずに、球団は宮本氏に来季の1軍ヘッドコーチ就任を要請した。
宮本氏は「今日、要請されました。前向きに考えたいと思います」と話した。
13年に引退後、厳しくも愛情たっぷりにチームを見てきた男に、再建が託される。

宮本氏は長らくヤクルトの中心選手として活躍。
守備の名手としてゴールデングラブ賞を遊撃手で6回、三塁手で4回獲得し、
01年にはシーズン67犠打の日本記録を樹立するなど献身的なプレーでチームに貢献した。
また41歳で現役通算2133安打を達成。
妥協を許さず、ベテランになっても練習を重ねて若手の手本となり続けた。

野球に向かう真摯(しんし)な姿勢で人望が厚く、
04年アテネ五輪、08年北京五輪代表ではそれぞれ主将を務め、
05年には12球団の選手会会長に就任。
球界のキャプテンとして野球界を引っ張ってきた。
ヤクルト内でもオフに山田、川端らを引き連れ愛媛・松山で自主トレを実施。
「宮本塾」と称され、若手に技術を伝え続けていた。

ヤクルトは今季球団史上最悪の年間96敗を記録するなど、低迷。
7月には47年ぶりの14連敗を喫し、若手、ベテランとともに戦う姿勢を見せられなかった。
この日、小川SDの監督復帰が発表され、
来季は育成を中心とした立て直しを図ると衣笠剛球団社長兼オーナー代行(68)が明言。
現役時代から厳しい練習を積み重ねてきた宮本氏の1軍ヘッドコーチ就任は、
チームの大きな起爆剤となる。

現役最終年には選手兼任コーチとして指導を行っており、
若手への助言や育成についての経験もある。
選手もファンも待ちわびた復帰が、実現しそうだ。」


宮本氏は自分にも他人にも妥協を許さない大変厳しい人です。

今季の成績が球団史上最悪だったヤクルトにとってはコーチに最適任の人だと言えます。

宮本氏が強力なカンフル剤となれるのか注目です。




『ハロ!ステ』 #239(MC:新沼希空&梁川奈々美)
『ハロ!ステ』の♯239が10月4日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
つばきファクトリーの新沼希空(きそら)と、
Juice=Juiceとカントリー・ガールズ兼任の梁川奈々美(やなみん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

DOHP:「邪魔しないでHere We Go」MV撮影 森戸知沙希密着メイキング

モーニング娘。'17秋ツアー初日

ハロプロ研修生北海道紹介ムービー(河野みのり)

料理コーナー(つばきファクトリー山岸理子・小片リサ)

ヘアアレンジ(つばきファクトリー谷本安美)

Q&Aコーナー


今回の『ハロ!ステ』では、「料理コーナー」が流されていました。

今回は、前回に引き続いて
つばきファクトリーの山岸理子(りこりこ)と小片リサ(りさまる)が登場しました。

今回のテーマは「出汁のとり方」で、
この2人が出汁を使った3種類のメニューに挑戦していきました。

今回は「じゃがいもの摺り流し」を作っていました。

「摺り流し」とはあまり聞いたことがありませんが、
材料をすり潰して裏漉し、出汁に溶かした汁物だそうです。

くろっきこと黒木料理長は「和風じゃがいもスープ」と表現していましたが、
和食というよりは洋風なスープを思わせるようなオシャレさがありましたね。

これを食べたりこりこの「外国に居る日本人形」という例えが面白かったです。




テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『あやしい彼女』 出演:多部未華子、倍賞美津子ほか 監督:水田伸生



今回は『あやしい彼女』について書いていきたいと思います。


内容
女手ひとつで娘を育てあげ、
自分の望む人生を送ることができなかった73歳の瀬山カツは、
ある日、娘とケンカして家を飛び出す。

吸い寄せられるように1軒の写真館にたどり着いたカツは、
そこで写真を撮り、店を出ると20歳の姿に戻っていた。

かつての美しい姿を取り戻したカツは、
髪型や洋服、さらに名前も節子と変え、
新しい人生を楽しみはじめる。

やがて商店街ののど自慢大会に出場し、
昭和歌謡を熱唱して会場中を魅了した彼女に、
夢見ていた歌手になるチャンスが舞い込む。

長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、
初めて思い通りの人生を歩む節子。

そんな彼女が最後に気づく大切なものとは?


感想
この『あやしい彼女』は、韓国のヒット映画『怪しい彼女』をリメイクした作品です。

倍賞美津子さん演じる瀬山カツの見た目と中身ともにアクの強いおばあさんぶりと、
多部未華子さん演じる節子の中身はアクが強いが見た目は美しい女性という、
この見事な対比が作品を成功に導いています。

作品の展開はシンプルで、多くの人が楽しめる内容だと言えます。

自分は多部さんの演技に惹きつけられました。
スラッガーの悲しみ―日本ハム・レアードのいとこがラスベガス銃乱射事件で死亡
日本ハムのレアード選手のいとこがラスベガス銃乱射事件で死亡していたことが分かりました。

これに伴い、レアード選手は米国に帰国します。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本ハムのブランドン・レアード内野手(30)が、
いとこのクリスティーナ・ドゥアルテさん(22)が
米ネバダ州ラスベガスで1日(日本時間2日)に起きた銃乱射事件に巻き込まれて亡くなったため、
あす4日、米国へ帰国することになった。

事件は、1日午後10時(日本時間2日午後2時)ごろ、
男が高級ホテル「マンダレイベイ」の32階から
道路を隔てた駐車場で行われていた屋外コンサート会場に向けて銃を乱射。
少なくとも59人が死亡、527人以上が負傷した。
スティーブン・パドック容疑者(64)はホテル内で自殺し、
宿泊していた部屋や自宅からは銃や爆発物を含む大量の武器が見つかった。
地元紙によればクリスティーナさんはアリゾナ大を卒業したばかりで、
兄のガールフレンドとコンサート会場を訪れていた。
当初は安否が分からず、
家族や友人らがSNSなどを通じて情報を求めていたが、死亡が確認。
レアードの元には3日早朝に連絡があったという。
レアードはこの日札幌ドームを訪れたが、試合前に帰宅。
出場選手登録を抹消された。

レアードは15年から日本ハムでプレーし、
昨季は39本塁打でタイトルを獲得するなど勝負強い打撃でリーグ優勝と日本一に貢献。
今季はここまで137試合に出場して打率・229、115安打、32本塁打、90打点の成績で、
ソフトバンクのデスパイネ(35本)、柳田(31本)、
楽天のウィーラー(31本)らと本塁打王を争っていた。」


あまりにも凄惨な事件でした。

今やパリーグを代表するスラッガーとなったレアード選手の悲しみがいかほどか計ることは出来ませんが、
とてつもない悲しみであることは間違いありません。

幸いにというべきか、日本ハムはクライマックスシリーズには進出していませんので、
気兼ねなくいとこにお別れをしてきてほしいと思います。




ダークホースがスターダムに―KOC準優勝のにゃんこスターがワタナベ入り
10月1日、『キングオブコント2017』が生放送され、かまいたちが優勝しました。

優勝したかまいたち以上に今大会で注目を集めたのが、準優勝したにゃんこスターです。

出場時点で芸能事務所に所属していなかったにゃんこスターですが、
このたびワタナベエンターテインメントに所属することが決定したそうです。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「きのう1日放送の『キングオブコント2017』で
結成5ヶ月にして準優勝を果たしたお笑いコンビ・にゃんこスターが、
快挙から一夜明けた2日、芸能事務所大手ワタナベエンターテインメントに所属することが決定した。

2人は芸歴3年目のアンゴラ村長(23)と、芸歴15年目のスーパー3助(34)により、
今年5月に結成されたばかりの男女コンビ。
今回はフリーで出場していた。

決勝1回戦では、「リズムなわとびの発表会」という異色の設定から、
最後にはコンビ名を紹介して締めるという斬新すぎる芸風で審査員・観客が騒然。
みごと首位通過で迎えた2回戦では
再び同じ設定の「リズムフラフープの発表会」というネタで追い打ちをかけ、
視聴者に大きなインパクトを残した。

下馬評を覆し準優勝したことで今後の動向にも注目が集まっていたが、
ブルゾンちえみ、平野ノラら旬の芸人から、加藤一二三九段、林修氏ら文化人まで
多くの人気タレントを抱えるワタナベエンタへの所属が決まった。

【にゃんこスター コメント】
キングオブコントを観てくださりありがとうございました。
惜しくも準優勝でしたがとても楽しく出来ました!
本日よりワタナベエンターテインメントにお世話になります。
これからも2人で新しい笑いをどんどん届けていきたいと思っています。
よろしくお願いします。」


決勝1回戦でのネタ披露の衝撃は凄まじいものでした。

衝撃度だけでいえば今大会イチであったことは間違いありません。

優勝したかまいたちには当然のように注目しなければなりませんが、
それ以上ににゃんこスターの今後の活躍に注目が集まります。




『本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術』 成毛眞



今回は成毛眞著
『本は10冊同時に読め!―
本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術』について書いていきたいと思います。


内容
本は最後まで読む必要はない、
仕事とは直接関係のない本を読め、
読書メモはとるな―

これまでの読書術の常識を覆す、画期的読書術!

あらゆるジャンルの本からの情報を組み合わせることで、
新しいアイデアが生まれる。

「すき間時間」で本を読むことで、集中力が増す。

どこを読み飛ばすのかを判断していくことで、
決断力と情報収集力が身につく。

本を10冊同時に読めば、10倍人生が面白くなる。


感想
著者である成毛眞さんはマイクロソフト株式会社で代表取締役社長を務めた人物です。

業界随一の読書家としても知られる成毛さんの言葉には鋭さがあります。

ハウツー本や流行本を否定し、
仕事とは直接関係のない本(人が読まないような本?)を読め!と成毛さんは言います。

そうすることで人とは違うアイデアが生まれ来るというのです。

その下地を作るために本を10冊同時に読むことを成毛さんは勧めるわけですが、
本をよく読む人でも10冊同時というのは「大変だな」と思ってしまうのではないでしょうか。

しかしこの本を読んでいくと、
場所によって読む本変える、TVのCMの時間に本を読む、等
この読書法を実現するための術が書かれているので、
これは意外と苦労することなく出来るんじゃないだろうかと思わされるのです。

この説得力こそが成毛さんの魅力なんでしょうね。
「働き方」は変わるのか?―新国立工事で違法残業で37社に是正勧告
新国立競技場建設工事に従事していた東京都内の建設会社の男性社員が自殺した問題で、
新宿労働基準監督署が同社に対して是正勧告をしたことが分かりました。


このことに関する記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムになる新国立競技場建設工事に従事していた
東京都内の建設会社の男性社員=当時(23)=が自殺し、遺族が労災申請した問題で、
男性を含む複数の従業員に違法な長時間労働をさせていたとして、
新宿労働基準監督署(東京)が同社に対し是正勧告していたことが29日、分かった。

厚生労働省は同日、競技場の建設工事に関わる約760社を調査した結果、
同社を含む37社で違法な時間外労働が確認され、是正勧告したと明らかにした。

37社のうち時間外・休日労働が1カ月で80時間を超えた従業員がいたのが18社、
150時間超も3社あった。
厚労省は元請けの大成建設に従業員の労働時間を適切に把握するよう行政指導した。

遺族側弁護士によると、自殺した男性は昨年4月に入社し、
12月から工事の現場監督になったが、今年3月に失踪し、4月に長野県内で遺体で発見された。
失踪前1カ月では212時間の残業が確認されていた。
計画の見直しによる工期の遅れを取り戻すため、
精神的に追い詰められていた可能性があるという。

遺族は「過重労働が原因で鬱病などの精神疾患になり自殺した」とし、
7月に労基署に労災申請した。
労基署が男性の自殺が「業務上の死亡」に当たるかどうか調べている。

勧告を受けた建設会社は
「今回のことを真摯(しんし)に受け止め、
こうしたことが二度と起きないように対策を講じていく」とコメントした。」


「働き方改革」が叫ばれる昨今において、
このようなことは起こってはならないことでしょうし、
ましてや世界的大イベントの裏でこういった事は絶対に起こってはなりません。

これが一つの契機になって、真の「働き方改革」が進められることが望まれます。