FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
復活の日は近い(?)―中日・松坂 338日ぶり実戦登板
2月26日、中日ドラゴンズの松坂大輔選手が韓国・ハンファとの練習試合で実戦登板しました。

実に338日ぶりの実戦でした。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「中日の松坂大輔投手(37)が26日、
韓国・ハンファとの練習試合(北谷)で実戦初登板を果たした。
昨年3月25日の広島とのオープン戦以来338日ぶりの実戦。
3回から2番手でマウンドに上がり、
2者連続三振を含む、3人斬りで無失点に封じた。

最速は球場のスコアボードで140キロ。

マウンドを降りると、ファンからは大きな拍手が起きた。

球団関係者によると
「沖縄で一度、投げておきたい」と打者と対峙する感触をつかむのが目的だ。

松坂は前日25日、ブルペンで約20球と軽めの調整。
本来は阪神とのオープン戦中の午後に静かにブルペンで投球練習を行う予定だったが、
1回裏に早々と雨天中止となったため、
両軍の投手陣が続々とブルペンへ移動し投げ込みを開始。
「本当はもっと長く投げたかったけど、
皆来ちゃったのでユニホームを着ていない僕が投げるのは気まずい」と
Tシャツ姿のベテラン右腕は早めに切り上げた。

21日には初の打撃投手を務め最速141キロを記録するなど、
プロ20年目のキャンプは順調に進んでいる。
26日の実戦初登板で故障していた右肩など体調に問題がなければ、
次戦は本拠地・ナゴヤドームで行われる3月3、4日の楽天戦になる見込み。」


松坂はもうダメだ、こう思っていた野球ファンは少なかったでしょう。

そういった中でここまでの順調な調整を観ていると、
この野球ファンの思いを覆す可能性が大いに出てきました。

かつてほどではないまでも、もう一花咲かせてくれるんじゃないか、そう思えてなりません。

確実に松坂選手の復活の日は近づいていると言えるでしょう。





スポンサーサイト



ベストを尽くすことの美しさ―平昌五輪、日本のメダル過去最多13個
2月25日、平昌五輪が閉幕しました。

日本選手団は冬季五輪過去最多記録となる13個のメダルを獲得しました。


このことに関する記事が『朝日新聞デジタル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「平昌(ピョンチャン)冬季五輪最終日の25日、
最終種目のノルディックスキー距離・女子30キロで
37歳のマリット・ビョルゲン(ノルウェー)が金メダルを獲得。
冬季五輪史上最多記録を更新する15個目のメダルを手にし、
これで全種目のメダルが決まった。
日本からただ1人出場した石田正子(JR北海道)は10位だった。

今大会、日本勢が獲得したメダルは金4、銀5、銅4の計13個で確定し、
冬季では1998年の長野大会の10個を超えて1大会最多となった。
メダル獲得総数の1位はノルウェーの39個。開催国の韓国も過去最多の17個だった。

午後8時から平昌五輪スタジアムで閉会式が行われ、18日間の熱戦に幕が下りる。
平昌パラリンピックは3月9日に開幕する。
次回の冬季五輪は2022年北京大会だ。」


「オリンピックは参加することに意義がある」

これはオリンピックの精神を表した言葉です。

しかしメダルが獲得できるか否かに注目が集まってしまうことは否定しようのない事実です。

そういった中で今回の日本選手団が見せた活躍は賞賛に値するものだったと言えます。

夏季五輪にはなりますが、2020年の東京五輪に弾みがついたと言えるでしょう。





つばきファクトリーが初の単独ライブを開催
2月22日、つばきファクトリーが初の単独ライブを開催しました。

このステージ上で、
今年の4月からグループ初となる全国ツアーがスタートすることがサプライズ発表されました。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「昨年末の『日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した
ハロー!プロジェクト所属の9人組アイドルグループ・つばきファクトリーが、
メジャーデビュー1周年を迎えた22日、
東京・ディファ有明で初の単独ライブ
『つばきファクトリーワンマンLIVE~First Blossom~』を開催した。
メンバーにも内緒で4月15日から初の全国ツアー(9ヶ所18公演)をスタートさせることが
サプライズ発表され、会場を埋め尽くした1100人のファンと喜びを分かち合った。

この日デビュー1周年を迎えたハロプロの“末っ子”グループのつばきファクトリーは、
山岸理子(19)、小片リサ(19)、新沼希空(18)、谷本安美(18)、岸本ゆめの(17)、
浅倉樹々(17)、小野瑞歩(17)、小野田紗栞(16)、秋山眞緒(15)からなる平均年齢17.3歳の9人組。
ライブ前に囲み取材に応じたメンバーは、
スタッフからケーキをプレゼントされると「おいしそう!」と大はしゃぎした。

デビューからの1年を振り返り、
小片は「リリースイベントや握手会などで『新人賞おめでとう』と言われることが多くて、
注目されているなと感じます。
プレッシャーもありますが、
もっといいものを見せていかなきゃという向上心にもつながっています。
今年はより一層パワーアップしたい」と意気込み。
小野も「レコード大賞を見て、好きになったよと言ってくれる人も増えました」と声を弾ませ、
谷本は「新人賞をいただいて、あのステージに戻りたいと思いました。
次はレコード大賞を取れるようなグループになっていけたら」と息巻いた。

約1年半早くデビューしたこぶしファクトリーを抜いたのでは?とけしかけられると
一斉に首をかしげ、浅倉は
「こぶしファクトリーは歌の安定感がすごい。
つばきはまだ歌が弱いので、パフォーマンス力をもっともっと上げたい」と謙虚に語り、
山岸は
「5月にこぶしファクトリーと合同のコンサートがあるので、
そこでお互いの魅力をたくさん見せたい」と両グループをアピールした。

きのう21日には3rdシングル
「低温火傷/春恋歌/I Need You ~夜空の観覧車~」をリリースしたばかり。
店着日の2/20付オリコンデイリーシングルランキングでは嵐に次いで2位に初登場。
過去2作の累積売上枚数を初日で上回る好調ぶりを見せている。
小片は
「オリコンデイリー2位といい一歩が踏み出せたので、
もっと上に行くためにみんなでスキルアップしたい」と誓い、
岸本は
「ハードルを軽く超える1年にしたい。
思ったよりかっこいいと思っていただけるようなステージをお届けしたい」と
気持ちを新たにしていた。

一人異彩を放っていたのは、
昨年6月に芸能界を引退した“ももち”こと嗣永桃子さんのキャラをほうふつとさせる小野田。
スキあらば
「私が一番かわいい」
「生まれた瞬間からかわいい」
「かわいいと言われることが増えた1年」と挟み込んだ。
同じ路線の先輩ももちやモーニング娘。の生田衣梨奈のかわいさには
「まだちょっと負ける」と認めながらも「つばきファクトリーでは一番かわいい」と主張。
メンバーは微笑みながら放置し、小片は「最近ずっとこうなんです」と苦笑いしていた。」


勢いに乗るつばきファクトリーに次々と喜びが舞い込みました。

逆に今まで単独ライブを開けていなかったことが不思議なくらいに、
今のつばきファクトリーは人を惹きつける魅力に溢れています。

つばきファクトリーには、この良い流れのままに突っ走っていってほしいですね。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

闇は深く―またOAR選手がドーピング陽性
平昌冬季五輪のOAR(ロシアからの五輪選手)のボブスレー女子選手から
ドーピングの陽性反応があったことが分かりました。


このことに関する記事が『AFPBB News』に掲載されていたので以下で紹介します。

「平昌冬季五輪に出場したOAR(ロシアからの五輪選手)の
ボブスレー女子選手、ナデジダ・セルゲエワ(Nadezhda Sergeeva)から、
禁止薬物の陽性反応が出たことが分かった。
23日、同国のボブスレー・スケルトン連盟(RBSF)が明かした。
今大会でドーピング違反が判明したのは、これが4度目になった。

RBSFはウェブサイトで、
「ロシアチームのパイロット、ナデジダ・セルゲエワが2月18日に行ったドーピング検査で、
禁止リストにある心臓用薬物の陽性反応を示した」と声明を発表した。
なお、2月13日に行われたその前の検査では陰性だったとしている。

前日22日には、
同じくOARのカーリング選手、アレクサンドル・クルシェルニツキー(Alexander Krushelnitsky)が
ドーピングを認め、混合ダブルスで獲得した銅メダルを剥奪されている。

セルゲエワの関係者はAFPに対し、
検出された禁止薬物はトリメタジジン(Trimetazidine)だったと明かしている。
この人物はまた、陽性反応が出たのはA検体で、B検体の検査は24日に行われるとしている。

ロシアは国家ぐるみのドーピング違反で五輪への選手団派遣を禁じられており、
セルゲエワとクルシェルニツキーは厳しい検査に合格して
個人資格で参加が認められた168人の一員だった。

国際オリンピック委員会(IOC)は、ロシアの資格停止処分を解除して、
25日に行われる平昌五輪の閉会式で国旗の使用を認めるかを
今週中に判断する予定としていたが、今回の薬物違反が決定に影響を与えることは必至となった。」


改めてロシアのドーピング問題の闇の深さが明らかになった感があります。

この問題が解決されない事にはロシアがスポーツの表舞台に立つことは無し、
今一度これを強く言う必要があると思います。





『ハロ!ステ』 #258(MC:山岸理子)
『ハロ!ステ』の♯258が2月21日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、つばきファクトリーの山岸理子(りこりこ)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

モーニング娘。20周年企画「思い出ディクショナリレー」(道重さゆみ)

定点観測ハロ!ステSTUDIO(モーニング娘。'18モーニングコーヒーダンスレッスン(前半))

つばきファクトリー「春恋歌」(中野サンプラザ)

Juice=Juice「生まれたてのBabyLove」(郡山Hip Shot Japan)

MCトークコーナー

ハロ!ステスタイリングLesson(アンジュルム佐々木莉佳子)


今回の『ハロ!ステ』では、
「定点観測ハロ!ステSTUDIO」でモーニング娘。'18のダンスレッスンの模様が流されていました。

今回のダンスレッスンでモーニング娘。'18を指導していたのは夏まゆみ先生でした。

夏先生といえば、かつてモーニング娘。のダンス指導をしていたことで知られ、
厳しい指導をした事から今でもモーニング娘。のOGメンバーから恐れられている(?)人物です。

しばらくモーニング娘。の指導から離れていた夏先生ですが、
このたびモーニング娘。20周年という事で再び今回の曲のダンス指導に入ったわけです。

現メンバーと夏先生が相見えるという事だけで何だか感慨深いものがあります。

まさしくモーニング娘。の歴史を物語るような、そんなレッスン映像でした。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある~ mixed by DJ和』



今回は、2017年の8月9日に発売された、
『ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある~ mixed by DJ和』について書きたいと思います。


収録曲
01. fragile / Every Little Thing
02. if... / DA PUMP
03. 千の夜をこえて / Aqua Timez
04. 花 / ORANGE RANGE
05. One / RIP SLYME
06. PIECES OF A DREAM / CHEMISTRY
07. 恋におちたら / Crystal Kay
08. ツバサ / アンダーグラフ
09. 青いベンチ / サスケ
10. ZOO~愛をください~ / 蓮井朱夏
11. Always / 光永亮太
12. 二人のアカボシ / キンモクセイ
13. 君という花 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
14. 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ / サンボマスター
15. 夏祭り / Whiteberry
16. GLAMOROUS SKY / NANA starring MIKA NAKASHIMA
17. ドラマチック / YUKI
18. Sunny Day Sunday / センチメンタル・バス
19. 卒業 / ガガガSP
20. Why I'm Me / RIZE
21. ココロオドル / nobodyknows+
22. SONS OF THE SUN / 麻波25
23. アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士 / DJ OZMA
24. Butterfly / 倖田來未
25. NO MORE CRY / D-51
26. Butterfly / 木村カエラ
27. ENDLESS STORY / REIRA starring YUNA ITO
28. 桜 / 河口恭吾
29. ワダツミの木 / 元ちとせ
30. secret base ~君がくれたもの~ / ZONE
31. さよなら大好きな人 / 花*花
32. Good-bye days / YUI for 雨音薫
33. WILL / 中島美嘉
34. ハナミズキ / 一青窈
35. ギブス / 椎名林檎
36. SEASONS / 浜崎あゆみ


感想
これは20代~30代の方にどストライクのCDだと言えます。

これはDJ和さんによるミックスCDです。

DJ和さんは、クラブイベント「J-POPナイト~日本式~」でメインDJを務めていて、
一貫してJ-POPにこだわった斬新な選曲と高いスキルで注目を集めているDJです。

このCDではDJ和さんが憎いぐらいに心得た選曲をしています。

最初の「fragile」と「if...」の流れで懐かし中枢を刺激され、
途中の「ココロオドル」でテンションMAXになり、
最後は名曲「SEASONS」で締めるというのは心得すぎていますね。

いやぁ堪りません。
『低温火傷/春恋歌/I Need You ~夜空の観覧車~』 つばきファクトリー
2月21日、つばきファクトリーのニューシングル
『低温火傷/春恋歌/I Need You ~夜空の観覧車~』が発売されました。

この『低温火傷/春恋歌/I Need You ~夜空の観覧車~』は、
つばきファクトリーにとってメジャー通算3枚目となるシングルです。


収録内容は以下の通りです。

CD
1. 「低温火傷」
2. 「春恋歌」
3. 「I Need You ~夜空の観覧車~」
4. 「低温火傷」(Instrumental)
5. 「春恋歌」(Instrumental)
6. 「I Need You ~夜空の観覧車~」(Instrumental)

初回生産限定盤A付属DVD
1. 「低温火傷」(Music Video)

初回生産限定盤B付属DVD
1. 「春恋歌」(Music Video)

初回生産限定盤C付属DVD
1. 「I Need You ~夜空の観覧車~」(Music Video)

初回生産限定盤SP付属DVD
1. 「低温火傷」(Dance Shot Ver.)
2. 「春恋歌」(Dance Shot Ver.)
3. 「I Need You ~夜空の観覧車~」(Close-up Ver.)


「低温火傷」は昨年の12月に先行配信されていましたが、
ついに今回CDシングルという形で発売されました。

3曲とも楽曲としてのクオリティが高く、
昨年末に日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得した良い流れを
さらに勢いづけるような素晴らしいシングルに仕上がっています。

つばきファクトリーの快進撃はまだまだ続きそうです。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

アンジュルム コンサート 2017 Autumn 「Black & White」special ~風林火山~
2月21日、アンジュルムのライブDVD
『アンジュルム コンサート 2017 Autumn 「Black & White」special ~風林火山~』が発売されました。

この『アンジュルム コンサート 2017 Autumn 「Black & White」special ~風林火山~』は、
2017年11月11日に中野サンプラザで開催されたコンサート映像が収められたライブDVDです。


収録内容は以下の通りです。

1.PROLOGUE
2.OPENING
3.愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間
4.I 無双 Strong!
5.乙女の逆襲
6.愛さえあればなんにもいらない
7.MC
8.マナーモード
9.寒いね。
10.ミステリーナイト!
11.君だけじゃないさ...friends
12.VTR~DANCE PERFORMANCE
13.次々続々
14.汗かいてカルナバル
15.恋ならとっくに始まってる
16.カクゴして!
17.私、ちょいとカワイイ裏番長
18.MC
19.ドンデンガエシ
20.地球は今日も愛を育む
21.出すぎた杭は打たれない
22.大器晩成
23.キソクタダシクウツクシク 【ENCORE】
24.MC 【ENCORE】
25.友よ 【ENCORE】
26.ENDING 【ENCORE】


このコンサートツアーは、
新メンバーの船木結(ふなっき)と川村文乃(かわむー)が加入して初のホールコンサートでした。

この2人は加入早々でアンジュルムの貴重な戦力となったと言えます。

そんな2人の頑張りはこのDVDの中でも見ることが出来ますので、
是非とも多くの人にこのDVDを観てほしいと思います。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

不振からの脱却―ノンコノユメがフェブラリーステークスを制覇
2月18日、G1「フェブラリーステークス」が行われ、4番人気のノンコノユメが勝利しました。

ノンコノユメにとってはこれがJRA・G1初制覇となりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ダート王決定戦「第35回フェブラリーS」(G1、ダート1600メートル)が18日、
東京競馬場11Rで行われ、
内田博幸騎手騎乗の4番人気ノンコノユメ(せ6=加藤征厩舎)が優勝。
去勢後の不振から脱却し、
連勝でJRA・G1初制覇となった。

ハイペースの中、後方から競馬を進めたノンコノユメ。
鞍上の内田は
「作戦通り。
有力馬が前にいたのでそれを見ながら。
末脚はいいので、必ずいいところに来ると思っていた」と
充実した表情でレース展開を振り返った。

ノンコノユメは3歳時にジャパンダートダービーを制したが、
古馬になってからは勝ち星に恵まれなかった。
さらに去勢後は上位争いにすら食い込めず悔しいレースが続いていた。
前走の根岸Sで久々の勝利を挙げ、これで連勝。
完全復活を印象付け、
「結果が出ない悔しい思いを晴らすような走りだった。
騎手冥利に尽きます」と内田は満面の笑み。
「また大きいところを狙ってほしいと思います」と今後についても大きな期待を寄せた。」


ノンコノユメは4歳の時に去勢をして騸馬(セン馬)となった後、
しばらく不振が続き、勝利から遠ざかっていました。

そんな不振を抜け出すきっかけとなったのが前走G3「根岸ステークス」でした。

このレースをレコードタイムで勝った勢いそのままに、今回のレースも勝利したわけです。

この勢いはしばらく止まらないんじゃないでしょうか。





王者の帰還―羽生結弦 金メダルで66年ぶりの五輪連覇
2月17日、平昌オリンピックの男子フィギュアのフリーが行われ、
羽生結弦選手がソチオリンピックに続いての金メダルを獲得しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇平昌冬季五輪 
フィギュアスケート男子フリー(2018年2月17日 韓国・江陵アイスアリーナ)

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが江陵アイスアリーナで行われ、
ソチ五輪・金メダルの羽生結弦(23=ANA)が206・17点をマーク。
前日のショートプログラム(SP)111・68点と合わせ、計317・85点で金メダルを獲得。
五輪男子66年ぶりの2連覇を達成した。
これが日本の今大会金メダル第1号。
宇野昌磨(20=トヨタ自動車)も計306・90点で銀メダルを獲得し、
日本フィギュア史上初のワンツー表彰台となった。

昨年11月のNHK杯の公式練習中に右足首を負傷し、
今大会が同10月のロシア杯以来約4カ月ぶりの実戦復帰となった羽生。
SPでは3つのジャンプをしっかり着氷し、
自己の持つ世界歴代最高112・72点に迫る111・68点をマークし首位発進。

フリーでも冒頭の4回転サルコーを見事に着氷し、前半は危なげなくジャンプを決めた。
ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半の4回転トーループでは
大きくバランスを崩したが転倒せず。
最後のジャンプとなった3回転ルッツでも前のめりとなったが、
きっちりと滑り切って206・17点をマーク。
合計317・85点で優勝した。

自己ベストに肉薄する104・17点をマークしSP3位だった宇野は、
フリーで冒頭の4回転ループで転倒したものの執念で立て直し202・73点。
合計306・90点で、
SP2位の元世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン=26)をわずか1・66点上回り、
銀メダルを獲得した。
銅メダルはフェルナンデス。

五輪初出場の田中刑事(23=倉敷芸術科学大大学院)は
SP80・05点、フリー164・78点をマークして、合計244・83点。
フリーでは五輪ではまだ1度も決まっていなかった4回転サルコ―は
冒頭で見事に着氷し、意地を見せ、18位だった。」


本当に出来過ぎの展開です。

漫画の主人公だってこんなに上手くはいきません。

そんなあり得ないことを、現実にやってのけてしまうというのですから驚きです。

絶対王者の五輪の舞台への帰還は必然の事であり、
金メダル獲得はなるべくしてなったことだったと言えます。





お楽しみの始まり―『クソ野郎と美しき世界』の撮影がクランクイン
2月14日、
SMAPの元メンバー3人(草彅・稲垣・香取)が主演する
映画『クソ野郎と美しき世界』の撮影がクランクインしました。

このクランクイン初日には、
草彅剛さんと映画に出演する尾野真千子さん、
そして監督と脚本を務める爆笑問題の太田光さんの3人による会見も行われました。


このことに関する記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「元SMAPの草なぎ剛(43)、女優の尾野真千子(36)、
お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(52)が
オムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」(4月6日から2週間限定公開)の
クランクイン初日に報道陣の取材に応じた。

映画「クソ野郎と美しき世界」は4つのエピソードに分かれたオムニバス形式で、
草なぎは爆笑・太田が監督と脚本を担当したエピソード「光へ、航る」で主演。
撮影は14日に埼玉県内でクランクインした。

物語は草なぎ演じる夫「オサム」と尾野演じる妻「裕子」が、
事故で亡くした息子「航」の「右手」を探す旅に出かけるというストーリー概要だが、
全容は明らかになっておらず、謎を残す。

囲み会見では太田監督が大はしゃぎ。
フォトセッションでは“芸人・太田光”の表情で、
次々と芸人ポーズを決めて「芸人だからつい面白いポーズをしちゃう」と頭をかいた。
脚本完成には紆余曲折もあったそうで「飯島(I女史)と相当もめた。飯島を呼べ!」と、
会見場にいる飯島元SMAPマネジャーをイジる暴走ぶり。
爆笑をさらった。

ジョークを連発した太田監督だが、作品のデキには自信を見せる。
初日から重要なシーンを撮影し
「2人が最高で1発目から名シーンが撮れました。
これからもいろいろと撮影があるが、成功は確信しています」ときっぱり。

草なぎも
「前から(香取)慎吾と(稲垣)吾郎ちゃんとは『映画やりたいね』と話していたんです。
それぞれがエピソードで主演し、最後のエピソードで3人が揃う。
ラストだけど、
またそこから前に進んでいくような気もする映画で完成が楽しみです」と期待を口にした。
続けて
「シナリオを見ても、やっぱり太田監督は天才だと思う。
起承転結もしっかりしているし、太田さんのブラックユーモアもひそかにちりばめられている。
慎吾も吾郎ちゃんも褒めていた」と大絶賛した。

尾野も
「オファーを受けた時、太田さんが脚本を書くということですぐに決めました。
台本も読んでなくて決めました」と明かした。

2人からのお褒めの言葉に太田監督も
「本当? やっぱりそうだよね」とニヤけ顔だった。」


製作が発表された当初から注目されているこの『クソ野郎と美しき世界』ですが、
爆笑問題の太田さんが監督と脚本を務めるという事で、
自分的には期待度が更に高まりましたね。

今から4月の公開が楽しみです。





『ハロ!ステ』 #257(MC:上國料萌衣)
『ハロ!ステ』の♯257が2月14日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、アンジュルムの上國料萌衣(かみこ)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

モーニング娘。'18「花が咲く 太陽浴びて」ハロ!ステEdit.

カントリー・ガールズ「書いては消しての“I Love You”」ハロ!ステEdit.

モーニング娘。20周年企画「思い出ディクショナリレー」(佐藤優樹)

定点観測ハロ!ステSTUDIO(こぶしファクトリー野村みな美・浜浦彩乃 自主練習)

アンジュルム「君だけじゃないさ...friends」(1/14中野サンプラザ)

アンジュルムからのお知らせ

MCトークコーナー

教えて!〇〇先生(こぶしファクトリー和田桜子・井上玲音)

ハロ!ステスタイリングLesson(こぶしファクトリー広瀬彩海)


今回の『ハロ!ステ』では、
アンジュルムから5月28日に日本武道館公演が行われることが決定したとお知らせがありました。

今回のアンジュルムの日本武道館公演は、
新メンバー(川村&船木)が加入してからは初めてとなる日本武道館公演です。

前回の日本武道館公演は会場を満員にできなかったこともあり、
アンジュルムメンバーはかなり悔しい思いあったことを明らかにしています。

今回の公演はその悔しさを晴らすための絶好の機会であります。

「十人十色」というツアータイトル通り、
アンジュルムの個性の豊かさを全面に出して会場を沸かせてほしいと思います。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

ハロプロファンに大人気のフィギュアスタンドキーホルダー(FSK)
フィギュアスタンドキーホルダー(FSK)というハロプロショップで販売されているアイテムのことを、
持っているまたは知っているというハロプロファンは多いと思います。

そして少し前から、
このアイテムをもってお出掛けし写真を撮るというのがファンの間でブームになっていたのですが、
このたび『デイリースポーツ』でこのことが取り上げられていました。


その『デイリースポーツ』に掲載された記事は以下の通りです。

「おでかけ先やランチにカフェ。
日常のちょっとしたイベントを彩る流行が、
モーニング娘。’18を筆頭に多くのアイドルグループが所属する
ハロー!プロジェクト(ハロプロ)ファンの間で続いている。

必要なアイテムはフィギュアスタンドキーホルダー(FSK)。
衣装や普段着をまとった各メンバーの身長1/20サイズが主流で、
付属のチェーンで携帯したり、台座を用いて立たせることができる。

FSKを風景や食事と一緒に収めた写真が、
ツイッターやインスタグラムに数多く投稿されている。
ハロプロ公式ショップ大阪店(大阪市浪速区日本橋)のスタッフは
「かわいいミニチュアで持ち歩きしやすく、
投稿が旅や食事の思い出になりますし、自分の“推しメン”をアピールして、
ファン同士で楽しむこともできるのでは」と話す。

きっかけは一つのツイートだった。
2016年8月25日、Juice=Juiceの宮崎由加が大阪でのイベント帰り、
移動車からの風景と自身のFSKが一緒になった写真を投稿。
これが他グループのメンバーやファンに広がった。

もともとFSKを使った投稿はあったが、
宮崎が用いたハッシュタグ「#ご飯ととるのがいいと聞きました」と、
ハロー!プロジェクトオフィシャルショップが同時期に設定した
「#FSKとおでかけ」が2大シンボルとなり、SNS上での交流が促進された。

売り上げは16年夏と17年夏の四半期を比べ約2倍増。
新作発売時は公式ショップに開店前から100人以上が行列をつくり、
入手困難な“品薄メンバー”が続出するようになった。
昨夏にはコンテストが行われ、今冬も実施中。
最近は、若い女性の購入が増えている。

一つのツイートが生んだ“特需”。
今年で誕生20周年を迎えるハロプロと同様に、まだまだ勢いは続きそうだ。」


記事にもあるように、
このブームが起きるキッカケを作ったのはJuice=Juiceの宮崎由加(ゆかにゃ)です。

「おでかけゆかにゃ」というフレーズがあるように、
ゆかにゃのファンが中心となってFSKとお出掛けをした写真を投稿し、
このブームが形成されていった事は間違いありません。

ゆかにゃとゆかにゃファン恐るべしです(笑)





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

異例の人に与えられた栄誉―羽生善治、井山裕太に国民栄誉賞授与
2月13日、将棋の羽生善治さんと囲碁の井山裕太さんに国民栄誉賞が授与されました。


このことに関する記事が『時事通信』に掲載されていたので以下で紹介します。

「政府は13日夕、
将棋で史上初の永世7冠を達成した羽生善治氏(47)と、
囲碁で初めて2度の7冠独占を果たした井山裕太氏(28)に国民栄誉賞を授与した。

安倍晋三首相は首相官邸での表彰式で
「歴史に刻まれる偉業を達成し、
多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた」と
2人をたたえ、表彰状と盾を手渡した。

将棋、囲碁の棋士の受賞は初めて。
表彰式後、2人は東京都内でそろって記者会見し、
羽生氏は
「棋士として引き続き前向きに進んでいかなくてはいけないと決意を新たにした」と語った。
井山氏は
「受賞は今後への期待と解釈している。
少しでも成長していけるよう努力していく」と話した。

表彰式には棋界の関係者に加え、羽生氏の長女舞花さんも出席。
受賞者2人には記念品として、
「7冠」にちなんだ「七宝彩釉群鶴文硯箱(しっぽうさいゆうぐんかくもんすずりばこ)」と、
硯、筆、墨が贈られた。
2人はお礼の品を首相に返した。

羽生氏は昨年12月、新タイトル「叡王」を除く7大タイトル全てで永世称号を獲得。
井山氏は同10月の名人位奪還により2度目の7冠独占を成し遂げた。

国民栄誉賞は
「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与え」た人を対象に、1977年に創設された。
スポーツや芸能の分野を中心に過去に23人と1団体が受賞している。」


羽生さんと井山さんは、日本の将棋界、囲碁界において異例と呼べる活躍を見せました。

その活躍は他を寄せ付けない圧倒的なものでした。

そんな2人に国民栄誉賞が与えられたことは、
これからの将棋界と囲碁界の発展に繋がる出来事だといえます。

素晴らしいことです。





モーニング娘。20周年記念スペシャル
2月12日、『モーニング娘。20周年記念スペシャル』がテレビ東京にて放送されました。

この『モーニング娘。20周年記念スペシャル』は、
モーニング娘。20周年を記念して制作されたスペシャル番組です。


テレビ東京の公式サイトに掲載されたこの番組を紹介する文章は以下の通りです。

「個々にパフォーマンス力を伸ばし、日々進化し続けるモーニング娘。が、今年、結成20周年!
これを記念してテレビ東京では、20年間のメンバーを集結させ
「モーニング娘。20周年記念スペシャル」(2月12日(月)昼12:00~)をお届け。
現役メンバー13人に、
OG・中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ、石黒彩、福田明日香、
矢口真里、石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美、
高橋愛、新垣里沙、道重さゆみを加えた、計25人が出演する。

そもそもモーニング娘。は、
「ASAYAN」(1995年10月1日~2002年3月24日まで、テレビ東京系で放送)で行われた
"シャ乱Q 女性ロックボーカリストオーディション"に落選した
中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、安倍なつみ、福田明日香で結成。
メジャーデビューの条件として課された5日間で5万枚を売り切り、
1998年1月28日に「モーニングコーヒー」でメジャーデビューし、
その後は、国民的アイドルグループとして成長した。

番組では、矢口が、現役メンバーから2人を厳選し、"ミニモニ。"が1日限りで復活するほか、
テレビ東京系列で放映された初の冠番組「ハロー!モーニング。」の名場面集もオンエア!
見どころ盛りだくさんでおくる。」


『ハロモニ』は本当によく観ていました。

「ハロモニ劇場」に「ハロプロニュース」といった名物コーナーに、
そのコーナーに出演する名物キャラクター達のことが懐かしく思い出されます。

今回のスペシャル番組ではそんな名物コーナーが大復活したのです。

もちろん名物キャラクターも登場したわけですが、
そこに加えて現役メンバーたちも新たなキャラクターに扮して登場していました。

そんな新キャラクターの中でも気を吐いていたのが、
12期メンバーの牧野真莉愛(マリア)が扮したマリアン牧野でした。

マリアちゃんは普段から似たようなことはしていますが(笑)、
今回のようにキャラクターが乗っかるとより輝きを増しますね。

これは新たな発見でした。

こういう風にトークをしたりコントをしたりと、
今のモーニング娘。がテレビで活躍が出来る場がもっとあればいいんですけどね。

正直なかなか難しい事だとは思いますが、
『ハロモニ』が放送されていた頃からのファンの一人としては、
いつまでも『ハロモニ』の復活を期待してしまいます。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

子どもの頑張りで父親を救えるか―オウケンムーンが3連勝で共同通信杯を制覇
2月11日、G3「共同通信杯」が行われ、6番人気のオウケンムーンがこのレースを制しました。

オウケンムーンにとってはこれが重賞初制覇となりました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「2月11日の東京11Rで行われた第52回共同通信杯
(3歳オープン、別定、GIII、芝1800メートル、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、
北村宏司騎手騎乗で6番人気のオウケンムーン(牡、美浦・ 国枝栄 厩舎)が
中団待機から直線で鋭く抜け出して勝利。
2戦目の未勝利勝ちから一気の3連勝で重賞初Vを果たした。
タイムは1分47秒4(良)。

2着は後方から脚を伸ばした3番人気のサトノソルタス、
3着には2番手から抜け出して粘り込んだ10番人気のエイムアンドエンドが入線。
武豊騎手騎乗で1番人気に支持されていたグレイルは、
中団待機から直線で外に持ち出されるも伸び切れず7着に敗れた。

オウケンムーンは、父オウケンブルースリ、母ムーンフェイズ、母の父エリシオという血統。
通算成績は4戦3勝。
共同通信杯は国枝栄調教師が初勝利、
北村宏騎手は04年マイネルデュプレ以来となる2勝目。」


記事にもあるように、オウケンムーンはオウケンブルースリ産駒です。

オウケンブルースリ産駒が重賞が制覇するのはこれが初めてです。

オウケンブルースリは年々種付けの頭数が減少していて、
種牡馬として廃用の危機を迎えています。

そういった中でこの子ども頑張りが、
父オウケンブルースリの種牡馬としての価値を上げたことは間違いないでしょう。

子どもの頑張りで父親が救われるというのは何とも美しいものです。





Hello! Project ひなフェス 2018 ~恒例!ソロ&シャッフルユニット大抽選会!!~
3月31日と4月1日に開催される「Hello! Project ひなフェス 2018」で
ソロとシャッフルユニットでパフォーマンスするメンバーを決める抽選会の模様を収めた動画が、
2月9日にYouTubeのアップフロントチャンネルにアップされました。


抽選の結果は以下の通りです。

3月31日(1回目)
Hello! Project 20th Anniversary!! プレミアム
ソロ 山木梨沙
3人組 和田彩花、中西香菜、一岡怜奈

3月31日(2回目)
モーニング娘。20th Anniversary!! プレミアム
ソロ 飯窪春菜
4人組 竹内朱莉、譜久村聖、植村あかり、森戸知沙希

4月1日(1回目)
アンジュルム & Juice=Juice プレミアム
ソロ 川村文乃
6人組 宮崎由加、勝田里奈、上国料萠衣、金澤朋子、船木結

4月1日(2回目)
モーニング娘。’18 プレミアム
ソロ 岸本ゆめの
7人組 宮本佳林、羽賀朱音、清野桃々姫、佐藤優樹、高瀬くるみ、小野田紗栞


毎年恒例であるこの動画を楽しみにしているハロプロファンは多いと思いますが、
今年の動画は何やらいつもと違いました。

まず出だしの入場シーンにぼかしが掛かっている!!

着席のシーンにもぼかしが!!!

大佐や元帥が登場しない!!!!

このように、いつもの抽選会の楽しみなポイントが全部無くなっていたのです!!!!!(泣)

本当に残念でした…

もし来年もこの抽選会があるのなら、また元のような感じでやってほしいなと思います。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

熱い冬の戦いの始まり―「平昌五輪」開会式、日本は葛西が旗手を務める
2月9日、「平昌五輪」の開会式が行われ、
日本選手団は旗手であるスキージャンプの葛西紀明選手を先頭に入場しました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「平昌五輪・開会式」(9日、平昌五輪スタジアム)

日本は62番目に行進した。
8日の男子ノーマルヒル予選を20位で通過した葛西紀明(45)=土屋ホーム=が、旗手を務めた。
8日の競技で日本史上最多8大会連続五輪出場が正式に公認されたレジェンドは、
日の丸の国旗を大きく振り、大役を見事に務めあげた。

葛西に続きスキー、スノボ勢は
ジャンプ女子の高梨沙羅(21)=クラレ=、伊藤有希(23)=土屋ホーム=、
モーグルの世界王者、堀島行真(20)=中京大=、
スノーボードの鬼塚雅(19)=星野リゾート=ら主力選手ら多数が参加。
カーリングも男女代表が全員出席した。

開会式に出席した安倍晋三首相も日本選手の入場時には席を立って手を振っていた。

一方、スピードスケート、フィギュア、ショートトラックのスケート勢と、
バイアスロンなどはコンディション調整のため、
選手の参加はゼロだった。

大会は92カ国・地域、約2900人が参加し、
25日まで7競技、最多の102種目が実施される。」


遂に開幕しましたね。

日本はメダルが期待できる競技も多数あり、期間中は毎日盛り上がりそうです。

がんばれニッポン!





『ハロ!ステ』 #256(MC:広瀬彩海)
『ハロ!ステ』の♯256が2月7日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、こぶしファクトリーの広瀬彩海(あやぱん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

モーニング娘。20th「モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)」ハロ!ステEdit.

つばきファクトリー「春恋歌」ハロ!ステEdit.

モーニング娘。20周年企画「思い出ディクショナリレー」(横山玲奈)

定点観測ハロ!ステSTUDIO(稲場・一岡・高瀬・清野ボーカルレッスン)

こぶしファクトリー「これからだ!」(1/14中野サンプラザ)

MCトークコーナー

教えて!〇〇先生(こぶしファクトリー和田桜子・井上玲音)

ハロ!ステスタイリングレッスン(つばきファクトリー小片リサ)


今回の『ハロ!ステ』では、
モーニング娘。20thの
「モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)」のMV(ハロ!ステEdit.)が公開されていました。

初期メンバーと現役メンバーが同じMVの中で歌い踊る姿が観られるなんて、
まさに胸が熱くなる思いです。

このMVを観て、
モーニング娘。の歴史とは継承と革新であると改めて感じさせられました。

「モーニングコーヒー」というデビュー曲が20年経ってアレンジされ、
それを初期メンバーと現役メンバーが歌い踊る、
他のグループでは真似することの出来ない芸当です。

モーニング娘。ファンにとって夢のようなMVに感動してしまいました。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

レジェンドの意地―葛西紀明がオリンピック出場メンバーに滑り込み
2月7日、出場できる4人を選ぶ選考会を兼ねた公式練習が行われ、
その結果、葛西紀明選手ががオリンピック出場メンバーに滑り込みました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ノルディックスキー・ジャンプ男子で、
日本歴代最多の8度目の五輪出場となる葛西紀明(45)=土屋ホーム=が7日、
平昌五輪試合会場のアルペンシア・ジャンプセンターで8日に予選が行われる
ノーマルヒル(K点98メートル、ヒルサイズ109メートル)の公式練習に臨んだ。

日本選手は5人のうち出場できる4人を選ぶ選考を兼ねて挑み、
葛西は1本目が98メートルで日本選手5人中最下位に終わると、
2本目も96メートルで5人中4番目と、メンバー落ちの危機に瀕した。
しかし、3本目は98メートルで3番手に食い込み、
公式練習後の発表でなんとかメンバー入りを決めた。

すべての試技を終えた葛西は一度、素通りする素振りを見せた後、
苦笑いで取材に応じ
「いや~しょっぱい。
しょっぱいジャンプだった。
危なかった」。
競技に出場して初めて日本歴代最多8回目の五輪出場が決まるだけに
「重圧があった。
1、2回目は脈がドキドキしていた。
2回目に終わった後、(メンバー入りは)駄目かなと思ったけど、
最後は自分のジャンプが少しはできたかな」と、ホッとした表情で話した。

葛西は8日に予選に出場、
9日は日本選手団の旗手として開会式に出席する。」


まさにレジェンドの意地ですね。

ここまで来て出場せずには帰れない、そんな強い思いが感じられます。

正直言って状態は良くないのかもしれませんが、
是非とも本番ではレジェンドらしい大ジャンプを期待したいと思います。





『二十歳のモーニング娘。』 モーニング娘。20th
モーニング娘。20thのアルバム『二十歳のモーニング娘。』が2月7日に発売されました。


『二十歳のモーニング娘。』の収録内容は以下の通りです。

CD
1. モーニングコーヒー [20th Anniversary Ver.] / モーニング娘。20th
2. WE ARE LEADERS! ~リーダーってのもつらいもの~ /
モーニング娘。リーダーズ
[中澤裕子、飯田圭織、矢口真里、吉澤ひとみ、
藤本美貴、高橋愛、新垣里沙、道重さゆみ、譜久村聖]
3. 花が咲く 太陽浴びて / モーニング娘。'18
4. ENDLESS HOME / 安倍なつみ feat. 譜久村聖・小田さくら
5. お天気の日のお祭り / モーニング娘。'18
6. タネはツバサ [Wings of the Seed] / 中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、安倍なつみ、福田明日香
7. 五線譜のたすき / モーニング娘。'17
8. 愛の種 [20th Anniversary Ver.] / モーニング娘。20th

DVD
1.中澤裕子インタビュー
2.石黒彩インタビュー
3.飯田圭織インタビュー
4.安倍なつみインタビュー
5.福田明日香インタビュー
6.シャボン玉
モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋
~We are MORNING MUSUME。~ 2017/11/21 at 日本武道館
7.リゾナント ブルー
モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋
~We are MORNING MUSUME。~ 2017/11/21 at 日本武道館
8.MC
モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋
~We are MORNING MUSUME。~ 2017/11/21 at 日本武道館
9.好きだな君が
モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋
~We are MORNING MUSUME。~ 2017/11/21 at 日本武道館
10.ロボキッス
モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋
~We are MORNING MUSUME。~ 2017/11/21 at 日本武道館
11.MC
モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋
~We are MORNING MUSUME。~ 2017/11/21 at 日本武道館
12.愛の種(20th Anniversary Ver.)(Music Video)
13.五線譜のたすき(Music Video)


モーニング娘。の歴史の深さを感じさせる本当に凄いアルバムです。

モーニング娘。'18が歌う曲はもちろんのこと、
歴代リーダーたちが歌う「WE ARE LEADERS! ~リーダーってのもつらいもの~」や、
初期メンバーたちが歌う「タネはツバサ [Wings of the Seed]」が収録されるなど、
どの年代のモーニング娘。ファンでも満足することが出来るアルバムに仕上がっています。

大満足の内容ですね。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『逢いに来た男』 東直己



今回は東直己著『逢いに来た男』について書いていきたいと思います。


内容
街の片隅のラーメン屋『龍庵』に、
出前持ちとして雇われた「おいちゃん」。
禿頭と立派な白いヒゲをたくわえ、
片言の日本語を話す彼の正体は・・・・・(「梅雨時雨」)。

ススキノの娼婦・美代子は、
大学生の龍彦から想いを寄せられ、心揺れていた。

そんななか、
娼婦仲間の君代の店で目にした男の姿が気になって・・・・・・(「逢いに来た男」)。

他、全六篇を収録。

札幌の街を舞台にした、不思議な酪酊感をもたらす短編集。

(単行本『死ねば いなくなる』を改題)


感想
この短編集に収録された作品はどれもが一風変わっています。

『世にも奇妙な物語』に登場しそうな話と言うとピンとくるかもしれません。

この短編集に収録された作品は、
著者である東直己さんがプロデビューする前に書いたもので、
習作ともいうべき作品たちであるわけです。

ゆえに今の東直己さんの作品に比べると完成度が…などと思う方がいるかもしれませんが、
自分なんかはプロデビュー前にここまでの作品を仕上げていたという事に驚いてしまいます。

ここに収録された六篇の中で特に印象に残ったのは「ビデオ・ギャル」です。

かなりアダルトな表現が多数登場する作品のため読む人を選ぶ感じがしますが、
時空が歪んでいくというか、次々と設定が変わっていく不思議な作品で、
ちょっとアダルトな表現を我慢してでも読んでもらいたい作品です。

この作品を読んで自分が思い出したのが、北野武監督の映画『TAKESHIS'』です。

この映画は、夢なのか現実なのか観ているうちに分からなくなり、
鑑賞後に非常に不思議な感覚にさせられた映画でした。

この時の感覚とこの作品の読後感が非常に似ていたのです。

『TAKESHIS'』は賛否両論を巻き起こした映画でしたが、
自分は決して嫌いな映画ではありませんでした。

だからこそこの「ビデオ・ギャル」という作品に惹かれたのでしょうね。
強い強すぎる―比嘉大吾が初回KOでV2を達成
2月4日、プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチが行われ、
王者である比嘉大吾選手が同級9位のモイセス・フエンテス選手を初回KOし防衛を果たしました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦 
王者・比嘉大吾―同級9位モイセス・フエンテス
(2018年2月4日 沖縄県立武道館)

狙って、奪ったKO劇だった。
王者・比嘉大吾(22=白井・具志堅)が、
挑戦者で同級9位のモイセス・フエンテス(30=メキシコ)を1回2分32秒にKOで下し、
2度目の防衛に成功。
積極的に前に出てくる挑戦者はかっこうの獲物だった。

立ち上がりの1回、比嘉は右ボディーストレートであっけなくキャンバスに沈めた。
「高いお金を払って1ラウンドで終わってすみません。
TV局の皆さんもすみませんでした。
倒すと言って臨んだので、やっぱかっこいいですね。
持ってる男ですね」。
激闘の傷跡もなければ、汗もほんのわずか。
15戦連続KO勝利は86年の元WBC世界スーパーライト級王者・浜田剛史(帝拳)、
07年の牛若丸あきべぇ(協栄)の日本最多記録に並ぶ史上3人目の快挙となった。

沖縄での世界戦開催は所属ジムの会長で、
同県石垣島出身の具志堅用高会長(62)が現役時代の81年に
WBA世界ライトフライ級タイトルマッチでペドロ・フローレス(メキシコ)に12回KO負けで、
同王座の14連続防衛に失敗して以来。
同県浦添市出身の愛弟子がその無念を晴らした。
そんな比嘉に具志堅会長は「もう試合が終わった」とおどけ、潤んだ目を隠した。

これでプロデビューから15連続KO勝利。
「KOがなければただの世界王者。
特別な王者になるためにもこれからもKOを続けたい」と比嘉。
22歳のチャンプはまだまだ記録を伸ばし続ける。」


師匠である具志堅さんの果たせなかった地元での勝利を果たし、
見事に師匠の無念を晴らした形となりました。

それにしてもあまりにも強すぎます。

この勢いと強さでどんどん防衛の数を伸ばしていくことは間違いないでしょうね。





牧野真莉愛写真集『マリア17歳』
モーニング娘。'18の牧野真莉愛(マリア)の写真集『マリア17歳』が2月2日に発売されました。

2月1日にこの写真集の発売記念会見が行われました。


この会見の模様を紹介した記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下でで紹介します。

「アイドルグループ「モーニング娘。’18」の牧野真莉愛(17)が1日、
都内で写真集「マリア 17歳」の発売記念会見を行った。

モー娘でナンバーワンの「野球愛」と「日本ハム愛」の持ち主である牧野が
自身の写真集PRそっちのけで、野球についてしゃべりまくった。

囲み取材でリポーターから質問されているにもかかわらず、
いきなりリコーダーを手にし
「今から大谷選手の応援歌を吹きます! 
1回も練習してないですが、吹きます!」と、
日本ハムからロサンゼルス・エンゼルスに移籍し、
渡米した大谷翔平選手(23)にエールを送ろうとする。

ところが、少し吹いたところで
「練習していないので、やっぱり吹けません!」とギブアップ。
代わりに応援歌を最後まで歌う、
ハチャメチャぶりに報道陣もあぜんとするしかなかった。

また、日本ハム・斎藤佑樹投手(29)がチェンジアップの再習得に際し、
その“魔球”の名前を「ワンナップボール」と本紙上で決定したことを牧野に伝えると
「そうなんですか!」と大喜びで
「頑張ってください! 佑ちゃんに会いに行きます!」とラブコールを送った。

あまりに“過ぎる”野球愛は、モー娘メンバーたちをも驚かせていた。

「握手会イベント前に牧野がヘッドホンを使い、歌の練習をしているかと思いきや、
大好きな日本ハム・中田翔選手の応援歌の練習をしていた」(関係者)

その握手会では歌を披露する予定はなかったが、
牧野は「どうしてもファンのみなさんに中田選手の応援歌を聞かせたいんです!」と
必死に練習していたそう。
結果、完璧な応援歌を披露したという。

ここまで野球と日本ハムが好きなアイドルも珍しい。」


写真集の内容そっちのけで日本ハムの話題というのが何ともマリアらしいです。

マリアはこれでいいのです。

好きという気持ちが純粋であるがゆえに、
他人が見ても嫌な感じがしないし、むしろ面白いという印象を抱かせるのです。

この特殊なマリアの面白さがもっと世間に知られる日が来ることを祈ります。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

信じてひたむきに―元広島・梵英心、オファーを待ち続け練習を継続
自由契約になった元広島カープの梵英心選手が未だオファーを待ち続け練習を続けています。


このことに関する記事が『広島アスリートマガジン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「2月1日、プロ野球は春季キャンプがスタートした。
そんな中、昨季オフ出場機会を求めて自由契約の道を選んだ元広島・梵英心内野手(37)は、
1人黙々と練習を継続しながら、オファーを待ち続ける日々を過ごしている。

「今までのオフの中でも一番濃い練習ができています。
休む時間が少ないですし、短時間でできるのはメリット。
他の選手と一緒に練習できる環境がないのは、もちろん不便な部分があります。
でも、サポートしてくれる人が少しでもいれば、全てが整わなくても練習はできます」。

11月中は球団施設である大野練習場で練習をこなしたが、
球団施設を使用できなくなった12月以降は広島市内を拠点にトレーニングを続けた。
例年、年明けは今季から背番号6を受け継ぐ安部友裕らと共に
グアムや沖縄で自主トレを行ってきたが、今回は単独での練習を選んだ。
「誘われましたが、今回は一緒に行こうと思いませんでした。
どうなるか分かりませんし、みんなを振り回す訳にもいかないので」。
後輩たちを気遣い、単独練習の継続を決めた。

寒さが一層厳しくなった1月中旬、1週間ほど沖縄を拠点に練習をこなした。
この時期、暖かい沖縄で自主トレをこなす選手は多い。
それだけに体を追い込むには最適の場所だった。
ノック、ティー打撃、マシンを相手とした打撃、ランニング、ダッシュ、体幹、ウエートトレーニング。
梵は例年にないほど、自らを追い込み続けた。

「沖縄での練習初日、誰もいない真っさらなグラウンドに入った瞬間、
何とも言えない高揚感がありました。
改めて『野球が好きなんだな』と再認識しましたよね。
沖縄に来たことを無駄にしたくないですし、
ましてや一人だから自分にプレッシャーを感じながら練習をやっています。
他に誰か選手がいればどこかで休憩したくなることもあります。
こういう環境で今までやったことがなかったので、
自分のことに集中しないといけないというのは今まで以上にあります。
追い込める環境はできています」。

オファーを待ち沖縄で汗を流す頃、
同じくこのオフ他球団での現役続行を目指していた同学年の松坂大輔が中日入りを決めた。
「『松坂世代』の松坂だから気になります。
高校生の頃から彼はスターで、僕の中でも憧れの選手ですから。
一人のファンとしても頑張ってほしいです。
でも、応援ばかりしている場合ではありません」。
『松坂世代』の一人である梵はプロ入り以来、
松坂をはじめ多くの同学年の選手から刺激を受けて成長を遂げてきた。
その気持ちは今でも変わらない。

2月に入っても、所属先が決まらず苦しい状況が続く。
しかし
「ここ4、5年で状態はMAX。走れるし、投げられるし、守れます。
今テストがあったとしても、いつでも全力でいける」。
自身の体調に一切の不安はなく、気持ちも切れていない。
むしろ、この苦しい状況になったからこそ、気づかされたこともたくさんあった。
かつて新人王、盗塁王、ゴールデン・グラブ賞を獲得した37歳は
プロ13年目のシーズンを目指し、静かにオファーを待ち続ける。」


今オフは松坂世代にとって岐路となるオフでした。

自由契約となって未だオファーを待ち続ける松坂世代の選手といえば、
村田修一選手が代表格で、正直言って梵選手には注目が集まっていません。

しかし、これまでの実績面から言っても、
今のようなリーグ連覇をするような広島になる前夜を支えた経緯から言っても、
広島ファンだけでなく野球ファンにとって忘れがたい存在であるわけです。

是非とももう一度グラウンドで走り回る梵選手を観たいです。





『ハロ!ステ』 #255(MC:石田亜佑美)
『ハロ!ステ』の♯255が1月31日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、モーニング娘。'18の石田亜佑美(だーいし)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

つばきファクトリー「I Need You~夜空の観覧車~」MVハロ!ステEdit.

モーニング娘。20周年企画「思い出ディクショナリレー」(藤本美貴)

定点観測ハロ!ステSTUDIO(稲場・一岡・高瀬・清野)

「モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)」(1/28愛知県芸術劇場)

アンジュルムからのお知らせ

MCトークコーナー

教えて!〇〇先生(こぶしファクトリー和田桜子・井上玲音)


今回の『ハロ!ステ』では、
アンジュルムがハロコンで海外公演の開催を発表した時の模様と、
アンジュルムメンバーに海外公演の開催決定が知らされた時の模様が流されていました。

悲願の海外公演決定にメンバーたちは狂喜乱舞していました。

普段はクールな勝田里奈(りなぷー)が全力で喜んでいたり、
笠原桃奈(かっさー)は喜びのあまり号泣していたりと、
喜び方は様々でしたが、全員このことが本当に嬉しいんだなということがよく伝わってきました。

本当におめでとう!!





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

時代に繋がれる2冠の血―牝馬2冠のミッキークイーンが引退
2015年の「オークス」と「秋華賞」を制したミッキークイーンが、
1月31日付で競走馬登録を抹消しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「JRAは1月31日、
2015年のオークス・G1などに優勝したミッキークイーン(牝6歳、栗東・池江泰寿厩舎)の
競走馬登録を同日付で抹消した。
今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。

父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ(父ゴールドアウェイ)の同馬は
14年12月にデビュー。
翌15年のオープン特別、忘れな草賞を勝って、3番人気で臨んだオークスに優勝。
同年秋は1番人気で秋華賞を勝ち、牝馬2冠を手にし、
同年のJRA賞最優秀3歳牝馬に輝いた。
その後も16年ヴィクトリアマイル2着、同エリザベス女王杯3着など上位争いを続け、
昨年は宝塚記念とエリザベス女王杯で連続3着。
ラストランとなった有馬記念は11着に敗れたが、トップクラスの牝馬として活躍した。

ほかの主な勝ち鞍は17年阪神牝馬S・G2。通算17戦5勝。

池江調教師
「オーナーサイドから繁殖にするという連絡がありました。
桜花賞は除外になりましたが、牝馬2冠を制し、
JRA賞を取ってくれるなど、素晴らしい成績を残してくれました。
古馬になり、左前の靱帯(じんたい)を痛めて思うように走れない時期もありましたが、
いつも一生懸命に頑張ってくれました。
悔いは残りますが、いい産駒を出して欲しいと思っています。
(初年度は)ロードカナロアを付けると聞いています」」


最近は勝ちきれないレースが続いていましたが、
それでも牝馬2冠を達成したことは錆びることのない輝かしい記録だと言えます。

今度はお母さんとして子供たちに牝馬2冠の血を伝え、
大活躍する競走馬たちを世に送り出してほしいと思います。





モーニング娘。の結成メンバーがハロコンで再集結
1月28日に行われたハロプロのコンサートで、
モーニング娘。の結成メンバーがサプライズで登場しました。


このことに関する記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。」の
初代リーダー・中澤裕子(44)をはじめ、
石黒彩(39)、飯田圭織(36)、安倍なつみ(36)、福田明日香(33)の結成メンバー5人が28日、
愛知県芸術劇場大ホールで行われたハロプログループ全体コンサートにサプライズ登場し、
メジャーデビュー曲「モーニングコーヒー」を披露した。
「実現不可能」とまで言われていた結成メンバー5人再集結の“舞台裏”は――。

まさに“奇跡の一日”だった。

中澤ら結成メンバーは20年前の1998年1月28日にメジャーデビュー。
そのメモリアルデーに集まった5人に会場のファンもどよめいた。

安倍のソロパートでは「なっち! なっち!」の大きなコールが飛んだ。
囲み取材で安倍は
「緊張したんですが、久々の『なっちコール』がうれしくて、しびれました!」と明かす。

この再集結実現にはさまざまな困難があった。

その一つが現在「asuka」のアーティスト名で活動する福田だった。
福田はメジャーデビューから約1年後の99年に芸能界を電撃引退。
2011年に芸能活動を再開したが、しばらく表舞台では4人と共演することはなかった。

そんな事情がありながらも、
福田は「5人揃ってやったぜ!という感じです」とひょうひょうとしたもの。
これに4人からは「明日香らしい!」と笑いが起こったが、
舞台裏では、中澤も「えっ、明日香来るの?」と驚きを隠せなかったという。

「福田さんも事務所を移籍しているので、普通なら絶対に無理です。
ただ、プライベートでは5人は交流があった。
そういうバックボーンがあったからこそ、
この再集結のプランが進んだそうです」(テレビ局関係者)

その中澤はというと活動の地を福岡に移している。
実は「福岡ではレギュラー番組を複数抱える売れっ子です。
ママ業もあるので、中澤さんのスケジュールを押さえるのも大変なんですよ」(前出局関係者)

結成メンバーの5人が今やママ。
それぞれの事情があった。

だが、コンサートが行われた名古屋の地は、5人がインディーズ時代、
メジャーデビューの条件として課せられていた
インディーズシングル「愛の種」5万枚を手売りで完売させた思い出の地でもあった。

「奇跡的にメジャーデビューの記念日に
思い出の地である名古屋でのハロプロ全体でのコンサートがあった。
運命的な巡り合わせということで、5人も何とかスケジュールを調整しました」とは事務所関係者。

当時について安倍は
「みんながライバルだった。
もともとはそれぞれがソロになりたくて、オーディションを受けていた。
今が一番仲が良いかな」と振り返る。
感情的なもつれもあった5人だが、時を経て、お互いに許し合えるようになった。

5人のオーラを間近で勉強したハロプロ現役メンバー全員にも大きな財産となった。」


やはり結成メンバーはレジェンドという感じがします。

20年の歴史の始まりがこの5人であり、
この5人がいなければハロプロの歴史は無かったと考えると、本当に偉大な5人だと言えます。

そんな5人が再集結し、
今回このようにハロコンに姿を現したことの意義はとても大きいものがあります。

記事にもありますが、現役メンバーがこの5人のオーラを感じことは大きな財産です。

ハロプロがさらに歴史を重ねていく上で、
今回の事はハロプロの重要な歴史の1ページに刻まれると言えます。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能