FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
2018年も今日で終わり。良いお年を!
2018年も今日で終わりです。

先日発表された今年の漢字は「災」でした。

2018年は、
全国的に地震や豪雨、台風、猛暑などの
自然災害の脅威を痛感した1年だったことにちなんで、
災害の「災」の文字が選ばれたわけです。

平成最後という事で今年の漢字が何になるかが注目を集めていましたが、
選ばれたのは災害の「災」という事で、
明るい話題を表した漢字で無かったのは少し残念でしたね。

とは言っても2018年は本当に色々な災害が起きた年でした。

胆振東部地震の際は大規模停電が起きるなど、
災害によって様々なシステムの問題も指摘され、
今後このような災害が起きた際の教訓を残すことになりました。

来年の春には新元号になりますし、
今年起きた災害から学んだ教訓を生かして、
2019年は少しでも良い年なってくれればと思います。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。








毎度毎度で申し訳ないのですが、クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング
スポンサーサイト



底知れない大器―サートゥルナーリアが無傷で「ホープフルS」を制覇
12月29日、G1「ホープフルステークス」が行われ、
ミルコ・デムーロ騎手騎乗のサートゥルナーリアが勝利しました。

サートゥルナーリアは無傷の3連勝での初G1制覇となりました。


このことに関する記事が『』に掲載されていたので以下で紹介します。

「12月28日の中山11Rで行われた
第35回ホープフルステークス
(2歳オープン、馬齢、牡・牝、GI、芝2000メートル、13頭立て、1着賞金=7000万円)は、
ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡、栗東・中竹和也厩舎)が
直線で抜け出しV。
母に日米オークス馬のシーザリオをもつ良血馬が無傷の3連勝でGIを制した。
タイムは2分1秒6(良)。

2着はアドマイヤジャスタ、3着はニシノデイジーだった。

勝ったサートゥルナーリアは、
父ロードカナロア、母シーザリオ、母の父スペシャルウィークという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。
通算成績は3戦3勝。
重賞は初勝利。
中竹和也調教師、M・デムーロ騎手ともにホープフルS初制覇。」


底知れない大器の予感ですね。

あれだけの余裕を持ってゴールを切っている感じを見ると、
まだまだ強い勝ち方出来ることを予感させます。

母親であるシーザリオ自体が伝説に残るような名牝でしたが、
その子供たちもエピファネイア、リオンディーズに代表されるように、
確実かつ着実に好成績を残しています。

そんな兄弟たちをも超える予感のするサートゥルナーリアから来年は目が離せなくなりそうです。





『ハロ!ステ』&『OMAKE CHANNEL』(2018年12月19日~12月25日)
今回は12月19日から12月25日の間に公開された
『ハロ!ステ』と『OMAKE CHANNEL』の動画について書いていきたいと思います。


12月19日~12月25日の間に公開された『ハロ!ステ』の動画は以下の通りです。

Juice=Juice 宮崎由加からのお知らせ(12月21日)


12月19日~12月25日の間に公開された『OMAKE CHANNEL』の動画は以下の通りです。

こぶしファクトリー広瀬彩海《自撮りアカペラ》
キャンパスライフ~生まれて来てよかった~(12月19日)

BEYOOOOONDS西田・江口《自撮りアカペラ》世界一HAPPYな女の子(12月25日)


今週にアップされた動画も少なめでしたね。

そのような動画たちの中で、
自分が一番注目したのは「Juice=Juice 宮崎由加からのお知らせ」でした。

この動画は、
Juice=Juiceの宮崎由加(ゆかにゃ)からのお知らせの模様を収めた動画です。

この動画の中でゆかにゃは、
来春にグループからの卒業及びハロー!プロジェクトからの卒業することを発表しました。

ゆかにゃは異例の形でハロプロメンバー入りを果たしたメンバーです。

ハロプロメンバーは現在、その大多数がハロプロ研修生出身者で構成されています。

そういった中でゆかにゃは、
かつてスマイレージのオーディションで落選したものの、
『第2回FOREST AWARD NEW FACE オーディション』を受け、
そこで奨励賞/サマンサタバサ賞を受賞し、そしてその後にハロプロ入りを果たしました。

この異例の「ドラフト外」とも言える入り方をしたメンバーは今のところゆかにゃのみです。

ともすればアイドルっぽくないアイドルになりそうなものですが、
そこでゆかにゃはJuice=Juiceイチのアイドル性を見せたのです。

本当に驚くべき事です。

それ以後の活躍は推して知るべしで、
ハロプロ内に「あざかわ女王」という確固たる地位を築き上げました。

だからこそ今回の卒業を寂しく思う人は多いでしょう。

ただここは来年の春にゆかにゃが新しい道に踏み出すことを応援しようではありませんか。

それがファンというものです。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ヘンな論文』 サンキュータツオ



今回はサンキュータツオ著『ヘンな論文』について書いていきたいと思います。


内容
難解なイメージがある学術研究の世界。

しかし、この世の中には面白すぎる研究があまたある。

そして、「知りたい」という気持ちを純粋につきつめ、
ほとばしる情熱と能力をすべて捧げる学者たちの姿がある。

「おっぱいの揺れとブラのずれ」
「浮気男の頭の中」
「古今東西の湯たんぽ」ほか、
身近なテーマから、素人目には意味不明なものまで。

珍論文ハンターのサンキュータツオが、
人生の貴重な時間の多くを
一見無駄な研究に費やしている研究者たちの大まじめな珍論文を、
芸人の嗅覚で突っ込みながら解説する、
知的エンターテインメント本!


感想
皆さんは学術論文を読んだことはあるでしょうか?

自分は大学生の頃、大学の図書館へ行き、
大学が発行している紀要を読むことがごくごくたまにあり、
そこに載っている学術論文を読んでいました。

それを読んでいる時に思ったのは、
この論文のほとんどが多くの人に読まれることなく、
ただただそれを書いた教授や准教授、講師などの研究歴の中に加わり、
それ以後は教授たちにとって過去の産物と化すのであろうということでした。

ともすれば、
誰も読まないから適当なことを書いてもいいのでは…となるわけですが、
そこは研究者です。

どんな論文も、その執筆者(研究者)たちの情熱が注がれているわけです。

そんな一般人から見れば無駄な(?)情熱を、
これまた無駄に(?)情熱的に取り上げたのがこの『ヘンな論文』という一冊です。

著者のサンキュータツオさんの「ヘンな論文」への情熱そして愛情は凄いものがあります。

勢い余って(?)その執筆者たちに会いに行ってしまうのですから、
いかに「ヘンな論文」たちを愛しているかが伝わってくるでしょう。

特にこの本の最後に登場してくる「湯たんぽの研究」論文に対する愛情は凄まじいです。

研究者が置かれている状況、
研究者が抱える苦悩がこの項からは見えてきます。

失礼を承知で言いますが、
この本を読んだからと言って学術論文を読む人が増えるとは思えません。

しかし、こういった事に情熱を注いでいる人がこの世の中には居て、
どういった心持ちでそれを研究し論文を執筆しているかを知れるだけでも、
この本を読む意義はあると思うのです。

大変に知的好奇心がくすぐられる一冊です。
『POP VIRUS』 星野源



今回は、2018年の12月19日に発売された、
星野源のアルバム『POP VIRUS』について書きたいと思います。


収録曲
CD
1. Pop Virus
2. 恋
3. Get a Feel
4. 肌
5. Pair Dancer
6. Present
7. Dead Leaf
8. KIDS
9. Continues
10. サピエンス
11. アイデア
12. Family Song
13. Nothing
14. Hello Song

初回限定盤A付属Blu-ray、初回限定盤B付属DVD
1. Night Troop (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
2. 肌 (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
3. 桜の森 (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
4. Snow Men (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
5. KIDS (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
6. SUN (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
7. 海を掬う (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
8. 恋 (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
9. プリン (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
10. アイデア (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
11. Friend Ship (星野源 Live at ONKIO HAUS Studio)
12. 創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」


感想
今ノリにノッている星野源さんですが、
音楽業だけでなく俳優業に文筆業をこなし、今年も多忙を極めていました。

そのような状況の中で、
このような完成度の高いアルバムを仕上げてきたのですからやはり星野さんは凄いです。

このアルバムのリードトラックである「Pop Virus」は、
「アイデア」の2番で見せてくれた、
これからの星野源というのを感じさせる遊び心のあるカッコいい曲となっています。

もちろん、これまで通りというか、星野源らしい曲もたくさん収録されています。

「これまでの星野源とこれからの星野源」という所に注目して聴くと、
また違った聴こえ方のしてくるアルバムでもあります。

何度聴いても飽きのこない素晴らしい一枚です。
『佳林=KARIN』 宮本佳林
Juice=Juiceの宮本佳林(カリンちゃん)の
Blu-ray『佳林=KARIN』が12月5日に発売されました。

『佳林=KARIN』は、
カリンちゃんにとって3枚目となるソロBlu-ray作品(DVDを含めると4枚目)です。


収録内容は以下の通りです。

1.Opening

2.Bed

3.Kitchen

4.Sofa

5.Beach

6.Stairs

7.Pool

8.Making of 「佳林=KARIN」

9.Ending


かつては「アイドルサイボーグ」とも呼ばれ、
完璧なアイドル像を築き上げていたカリンちゃんですが、
最近はグッと人間味を増した感があります。

近づき難かった彼女の存在に対して親近感が沸いてくるような、
そんな行動だったり発言を彼女が見せるようになったのです。

宮本佳林の芯の部分が見えてきたのだと言えるかもしれません。

とは言ってもそこはやはりアイドル、可愛いが第一前提です。

何をやってもやはりカリンちゃんは可愛いという所に落ち着いてしまうのです。

今回の作品でもそんなカリンちゃんの可愛い姿をたくさん見ることが出来ます。

この『佳林=KARIN』で、アイドル・宮本佳林の可愛さを存分に堪能してほしいと思います。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

強い世代の力を誇示―ブラストワンピースが「有馬記念」を制する
12月23日、G1「有馬記念」が行われ、
池添謙一騎手騎乗のブラストワンピースが勝利しました。

これがブラストワンピースにとってのG1初勝利となりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「平成最後のグランプリ競走「第63回有馬記念」(G1、芝2500メートル)が23日、
中山競馬11Rで行われ、
池添謙一騎手騎乗のブラストワンピース(牡3=大竹厩舎)が優勝。
3度目の挑戦でG1初勝利となった。
3歳馬の優勝は一昨年のサトノダイヤモンド以来2年ぶり。

中団から競馬を進めたブラストワンピース。
直線では馬場の真ん中を力強く伸び、最後はレイデオロとの一騎打ちを制した。
勝ちタイムは2分32秒2(やや重)。
2着には1番人気のレイデオロ、さらに3着には9番人気シュヴァルグランが入った。

勝ったブラストワンピースは父ハービンジャー、母ツルマルワンピースという血統。
デビュー3連勝で毎日杯を制し、重賞初制覇。
G1初挑戦だったダービーでも2番人気に支持されたが、不完全燃焼の5着。
菊花賞も1番人気ながら4着と敗戦。
今回が3度目のG1挑戦だった。
通算戦績は7戦5勝。

鞍上の池添は中央G1通算24勝目で今年は初勝利。
有馬記念は歴代最多の4勝目となった。
10月14日に行われた秋華賞のアーモンドアイ(C・ルメール)から続いていた
外国人騎手のG1勝利は10週連続でついにストップした。
管理する大竹師は開業10年目でうれしい中央G1初勝利となった。

最大の注目を集めた
障害界の絶対王者オジュウチョウサン(牡7=和田正厩舎)は9着に終わり、
16年3月以来およそ2年9カ月ぶりの敗戦。
平地・障害を含む連勝は11でストップし、
史上初の平地&障害G1W制覇の偉業はならなかった。」


アーモンドアイに代表されるように、
今年の3歳の世代は非常に出来が良かったと言えます。

その世代の強さをブラストワンピースは誇示して見せました。

騎乗した池添騎手にとっては外国人騎手の連勝を止める重要な勝利となりました。

ここから日本人騎手が息を吹き返してくれることに期待しています。





アンジュルム・中西香菜に関する報告
アンジュルムの中西香菜(かななん)が「左アキレス腱付着部炎」のため、
1月中旬ごろまでダンスパフォーマンス等をセーブすることが発表されました。


公式サイトに掲載された文章は以下の通りです。

「いつもハロー!プロジェクトを応援頂き有難うございます。
アンジュルムの中西香菜ですが、先月中旬より足の痛みを訴え、
医師とも相談しながら経過を診てまいりましたが、
回復がみられず、歩行時も痛みがあるため、
改めて精密検査を受けた結果、「左アキレス腱付着部炎」と診断されました。

医師から「最低4~6週は安静加療を要する」との診断結果を受けましたので、
今後予定しておりますパフォーマンスを伴うイベント及びコンサートに関しまして、
下記の対応を取らせていただきます。

・12/24(月祝)「アンジュルム FCイベント2018 ~ドタバタ クリスマス~」
 → 椅子に座っての参加

・12/29(土)「rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 18/19」
 → 欠席
・12/31(月)
「Hello! Project 20th Anniversary!!
Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2018 ~ GOOD BYE & HELLO ! ~」
 → MCのみ参加
・1/2(水)~13(日)
「Hello! Project 20th Anniversary!!
Hello! Project 2019 WINTER ~YOU & I/NEW AGE~」@中野サンプラザ
 → MCのみ参加

なお、パフォーマンス以外に関しては支障のない範囲で活動していきます。
1月中旬以降のイベントやライヴでのパフォーマンスに関しては
治療の経過を見て判断いたします。

ファンの皆様にはご心配をおかけしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。」


正直この発表のタイトルを見た時、ドキッとしました。

卒業だと一瞬思ってしまったのです。

だからと言いますか、不謹慎なことは承知で言いますが、
ケガで良かった!卒業じゃなくて良かった!というのが本音です。

この発表があった2日後に
かななんと仲の良いJuice=Juiceの宮崎由加(ゆかにゃ)の卒業発表があったことは、
今となってみればある意味で皮肉なことでもあります。

改めてハロプロメンバーと卒業はかなり近いものであると感じました。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

Juice=Juice・宮崎由加に関するお知らせ
12月21日、Juice=Juiceの宮崎由加(ゆかにゃ)が
2019年春のライブツアーをもって
Juice=Juice及びハロー!プロジェクトを卒業することが発表されました。


公式サイトに掲載された本人のコメントは以下の通りです。

「いつも温かい声援をありがとうございます。

私、宮崎由加は2019年の春ツアーをもって、
Juice=Juice及びハロー!プロジェクトを卒業します。

早いもので、来年の2月でJuice=Juice結成から丸6年が経とうとしています。

結成からこれまでの活動の中で、夢のような経験を沢山させて頂きました。

私はJuice=Juiceが本当に大好きです。
心から尊敬する4人の同期と、
頼もしすぎる3人の後輩に囲まれながら経験したJuice=Juiceでの活動は
私にとって一生の宝です。

そんなJuice=Juiceで様々な経験をさせていただく中で、
一年程前からこの先の私の人生を、大きく広い目で考え始めました。

そこで、今の私はJuice=Juiceにいるから輝かせてもらっているけれど、
この先宮崎由加という1人の人間としても輝けるような何かを見つけたいと
強く思うようになりました。

そして、たくさん考えた結果、新メンバーもグループに馴染んできた今、
個人的には25歳という区切りのいいタイミングでJuice=Juiceから卒業するという道を
選ばせていただきました。

卒業後はまず私が輝けるものは何なのかを見つけるために、
先入観にとらわれないで様々な事に挑戦したいと思っています!

この先の、卒業後の宮崎由加にもワクワクしてもらえるような活動を
どんどんしていきたいと思っていますので、どうか温かく見守っていただけると嬉しいです!

Juice=Juiceでの活動は限られた時間となりました。
最後まで悔いのないよう駆け抜けます!」


遂にこの時が来てしまいましたね。

年齢のこともあり、ゆかにゃにもそろそろこの時が来ることを恐れていましたが、
年末前のこのタイミングでの発表となりました。

年明けすぐに冬のハロコンが始まることを考えれば、
このタイミングしかなかったと言えるかもしれません。

ゆかにゃにはもう少し居て欲しかったというのは本音ですが、
これからの将来のことを考えれば、
ここで新しい道に進むということは絶対に必要なことだと言えます。

だからこそ今回のこの決断を応援したいと思います。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』&『OMAKE CHANNEL』(2018年12月12日~12月18日)
今回は12月12日から12月18日の間に公開された
『ハロ!ステ』と『OMAKE CHANNEL』の動画について書いていきたいと思います。


12月12日~12月18日の間に公開された『ハロ!ステ』の動画は以下の通りです。

アンジュルム新メンバー決定!! 横浜編(12月13日)


12月12日~12月18日の間に公開された『OMAKE CHANNEL』の動画は以下の通りです。

Juice=Juice植村あかり《オフショット》写真集撮影中のヒトコマ(12月13日)


今週にアップされた動画も少なめでしたね。

そのような動画たちの中で、
自分的に一番面白かったのは「アンジュルム新メンバー決定!! 横浜編」でした。

この動画は、
パシフィコ横浜でのコンサートにて新メンバーがお披露目された際の様子を収めた動画です。

新メンバーの2人の初々しい姿にキュンと来る動画でしたね。

初めて円陣に加わった時の2人のぎこちなさがいつの日にか無くなり、
良い意味でアンジュルムの色に染まっていくことが今から楽しみですね。

舞台裏で「横浜は東京じゃないんですか?」と驚いていた太田遥香ちゃんの姿を見ていると、
これまでのアンジュルムには居なかったタイプの子が入ってきたのではないかと思います。

それもまた楽しみです。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

Jリーグ史上最も楽しみなチーム―神戸がC大阪の山口蛍の獲得を発表
ヴィッセル神戸が12月19日、
セレッソ大阪の山口蛍選手を完全移籍で獲得したと発表しました。


このことに関する記事が『サッカーキング』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ヴィッセル神戸が、セレッソ大阪のMF山口蛍を完全移籍で獲得した。
両クラブが19日に発表している。

移籍が決まったことを受け、山口はC大阪のクラブ公式HPでコメントを発表。
ファン・サポーターに別れを告げた。

「今回ヴィッセル神戸に移籍することになりました。
昨シーズン、尹さんのもと2冠を獲れたことは一生の思い出です。
ジュニアユースからお世話になっているセレッソ大阪を離れるのは
簡単な決断ではなかったですが、
また一から新たなチャレンジをしたいと思い決断しました。
ジュニアユースから長い間お世話になりました!」

そして、同選手は新天地となる神戸のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、
意気込みを語っている。

「ヴィッセル神戸の皆様、今回、セレッソ大阪から移籍することになりました山口蛍です。
一日でも早くサポーターの皆様に認めてもらえるように、
日々の練習から100%で取り組みます。
これからよろしくお願い致します」

山口は1990年生まれの現在28歳。
C大阪の下部組織出身で、
2009年にトップチームへ昇格し、プロキャリアをスタートさせた。
2011年より徐々に出場機会を増やし、
2012年にはU-23日本代表の一員としてロンドン・オリンピックに出場。
その後もC大阪の主軸として活躍し、
2014 FIFAワールドカップ ブラジルにも出場した。
2016年1月、ハノーファーに完全移籍。
ブンデスリーガで6試合に出場したものの、
同年6月にはドイツ挑戦から半年でC大阪への復帰を決断し、
同クラブのJ1昇格に貢献した。
昨季は10番を背負い、
2017JリーグYBCルヴァンカップと第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会で2冠を達成。
今季は主将としてJ1リーグ戦33試合に出場した。
2018 FIFAワールドカップ ロシアを戦う日本代表メンバーにも選出され、
W杯2大会連続出場を果たしている。

元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、
元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、
元スペイン代表FWダヴィド・ビジャといった大物助っ人を要する神戸に、
日本屈指のボランチが加わった。
来季の神戸から、目が離せそうにない。
一方、C大阪はすでに日本代表FW杉本健勇が浦和レッズへ、
MF山村和也が川崎フロンターレへそれぞれ完全移籍しており、
主力の流出は山口が今オフ3人目。
ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督の下で、
チームは大きく生まれ変わることになりそうだ。」


元スペイン代表・アンドレス・イニエスタ選手、
元ドイツ代表・ルーカス・ポドルスキ選手、
元スペイン代表・ダヴィド・ビジャ選手、
そしてそこに日本代表・山口蛍選手が加わるという、
まさにテレビゲームの世界のような夢のチームが形成されました。

Jリーグ史上最も楽しみなチームが誕生したと言えます。

来季のJリーグは今季以上に盛り上がりそうです。





プッチベスト19
CD&Blu-ray『プッチベスト19』が12月12日に発売されました。


収録内容は以下の通りです。

CD
1.YEAH YEAH YEAH
2.モーニングコーヒー (20th Anniversary Ver.)
3.花が咲く 太陽浴びて
4.Are you Happy?
5.泣けないぜ…共感詐欺
6.タデ食う虫もLike it!
7.SEXY SEXY
8.禁断少女
9.書いては消しての “I Love You”
10.待てないアフターファイブ
11.明日テンキになあれ
12.きっと私は
13.低温火傷
14.今夜だけ浮かれたかった
15.ひょっこりひょうたん島
16.43度
17.ハンコウキ!
18.雑煮でケンカしてんじゃねーよ

Blu-ray
1.YEAH YEAH YEAH
2.花、闌の時
3.モーニングコーヒー (20th Anniversary Ver.)
4.花が咲く 太陽浴びて
5.Are you Happy?
6.泣けないぜ…共感詐欺
7.タデ食う虫もLike it!
8.SEXY SEXY
9.Vivid Midnight
10.書いては消しての “I Love You”
11.待てないアフターファイブ
12.明日テンキになあれ
13.きっと私は
14.低温火傷
15.今夜だけ浮かれたかった
16.ひょっこりひょうたん島
17.眼鏡の男の子
18.Rainbow
19.雑煮でケンカしてんじゃねーよ
20.モーニングコーヒー (20th Anniversary Ver.) (Dance Shot Ver.) <特典映像>
21.花が咲く 太陽浴びて (Dance Shot Ver.) <特典映像>
22.みんな少年だった <特典映像>


毎年恒例のこの『プッチベスト』ですが、
『プッチベスト』の良さといえば、
毎年その年のハロプロ関連の曲が、
ソフト化されていないものも含めて厳選されて収録されてる点にあります。

そういった点でいえば、
今回の『プッチベスト19』はカントリー・ガールズのファンにとって妙味があると言えるでしょう。

今年のカントリー・ガールズは配信限定のみでシングルを発売していたので、
このようにソフト化されたのはこれが初めてとなります。

もちろんカントリー・ガールズのファンだけではなく、
ハロプロのファンであれば誰でも楽しめる内容となっていますので、
買っておいて損はないと思います。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

外国人騎手の勢い止まらず―アドマイヤマーズが無敗で「朝日杯FS」を制覇
12月16日、G1「朝日杯フューチュリティステークス」が行われ、
M・デムーロ騎手騎乗のアドマイヤマーズが無敗でのG1初勝利を挙げました。


「伝統の2歳王者決定戦「第70回朝日杯FS」(G1、芝1600メートル)が16日、
阪神競馬11Rで行われ、
M・デムーロ騎手騎乗の2番人気アドマイヤマーズ(牡2=友道厩舎)が優勝。
無傷の4連勝でG1初勝利を挙げた。

圧倒的1番人気の牝馬グランアレグリアを後ろから見る形で
競馬を進めたアドマイヤマーズ。
直線入り口で早々と先頭に立つと、後続を完封した。
2馬身差の2着には9番人気クリノガウディー、
さらに半馬身差の3着にはグランアレグリアが入った。
勝ちタイムは1分33秒9(良)。
同レース初勝利を目指した武豊騎手のファンタジストは4着だった。

勝ったアドマイヤマーズは父ダイワメジャー、母ヴィアメディチという血統。
デビュー戦から中京2歳S→デイリー杯2歳Sと3連勝していた。
これで通算戦績は4戦4勝。
無敗での同レース制覇は84年のグレード制導入以降、
昨年のダノンプレミアムに続く史上14頭目。
過去にはミホノブルボン、グラスワンダーなどの名馬が名を連ねている。

鞍上のM・デムーロは中央G1通算27勝目で今年3勝目。
これで10月14日に行われた秋華賞で
C・ルメール騎手騎乗のアーモンドアイが優勝してから、
10週連続で外国人騎手がG1を制したこととなった。
管理する友道師は中央G1通算10勝目で今年2勝目。

ホープフルS(28日、中山芝2000メートル)の結果次第だが、
まずはアドマイヤマーズが最優秀2歳牡馬の最有力候補となった。」


外国人騎手の勢いが止まりません。

このままの勢いであれば「有馬記念」も外国人騎手が制覇という事になりそうですが、
ここでなんとか日本人騎手に踏ん張ってほしいところであります。





モーニング娘。'18コンサートツアー秋~GET SET, GO!~ファイナル 飯窪春菜卒業 スペシャル
12月16日、
「モーニング娘。'18コンサートツアー秋
~GET SET, GO!~ファイナル 飯窪春菜卒業 スペシャル」が行われ、
この公演をもって飯窪春菜(はるなん)がモーニング娘。及びハロー!プロジェクトを卒業しました。


このことに関する記事が『オリコンニュース』に掲載されていたので以下で紹介します。

「アイドルグループ・モーニング娘。'18の飯窪春菜(24)が16日、
東京・日本武道館で行われた
『モーニング娘。'18 コンサートツアー秋
~GET SET,GO!~ファイナル 飯窪春菜卒業スペシャル』でグループを巣立った。
この日、メンバーからの“贈る言葉”に、それまでグッと堪えていた涙が溢れ出した。

同ライブには満員の約1万人が駆けつけ、飯窪は最初のMCで
「ついにきょうがやって来ました。
序盤から熱気を感じてます。
最後まで目に焼き付けて行ってください」とあいさつ。
ライブの中盤には、同い年で日頃から仲が良く、来春ハロプロからの卒業を発表している、
アンジュルムのリーダー・和田彩花(24)が応援に訪れメッセージを送った。
「共通点は少ないし、趣味も合わないけど、
同い年で話すことが多く、励まし合っていて大切な存在です」と、
一足先の飯窪の卒業を祝った。

21曲を歌い上げ、アンコールで“はるなん”コール。
サイリウムが飯窪のモチーフであるハニー色に染められると満を持して再登場し、
手紙を取り出しファンに向けてメッセージ。
「しんどいこともたくさんありました。
歌、ダンスが未経験なだけでなく加入した時点で、9、10期の中で最年長。
何も出来ない最年長でいることが何よりしんどかったです」と
つらかった時期があったことを話した。

それでも
「めげずに、折れずにここまでやって来られたのは、
どんなときでも応援してくださる人が必ずいました。
今、みなさんの目の前にいる“飯窪春菜”は、
この7年の間にみなさんに作っていただいたものだと思っています。
指の先、髪の毛一本一本まで、みなさんに作ってもらった私なんです。
だからこの身、全部がこれからの人生の大きな財産です」と、
どんな時でも応援してくれたファンに感謝。

続けて
「この感謝の気持ちをどうやって返そうと思った時に、
私のことを『好き』だと言ってくれる人の前に、この先もずっとあり続けることだと思いました。
一番大切なのは私のファンのみなさんです。
未来永劫大好きです。
私って重い女なんですよ」と読み上げると、ソロで「恋ING」を歌い、集まったファンに届けた。

それまで、涙を堪えていたものの、メンバーからのメッセージでは号泣。
教育係を担当していた12期の野中美希(19)、牧野真莉愛(17)、羽賀朱音(16)から
「一番応援してくださってうれしかった。
本当に色々なことを教えていただきました」など言葉を受けると、ついに涙が溢れた。

リーダーの譜久村聖(22)からは
「ありがとうがたくさんあって、真面目なこともふざけたこともたくさん一緒にできる。
一緒に助け合って、たくさん導いてくれました。
はるなん、超ビッグになって、ずっと観ていてくださいね」と、
強く抱き合いながら、涙を流しあった。

全曲目を終了後、再びの“はるなんコール”が会場に溢れ、
再び登場した飯窪は深々とお辞儀をして、満面の笑みで「ありがとうございました」といい、
7年間のモー娘。生活に別れを告げた。

飯窪は2011年9月に10期メンバーとしてデビュー。
13年より同グループのサブリーダーを務め、今年8月に卒業を発表。
今後はソロで芸能活動を続けていく。」


はるなんらしい最後でしたね。

協調性があるように見えるのは自分の考えを強く持っていることの裏返し、
社交性があるように見えるのは孤独に対する恐れがあることの裏返し、
はるなんを見ていると常にこのような相反性を内部に持っているような気がしていました。

いつかのラジオで、笑顔で振る舞う裏で枕を濡らす夜があることを告白したことがあり、
その時にどこか彼女の苦悩を見た気がしました。

もちろん(たぶん)苦しいことばかりではなかったでしょう。

彼女が悩んで、もがきながら進んだモーニング娘。としての活動は、
決して間違いじゃなかった、残る後輩たちに大きなものを残してくれた、と強く言えます。

本当にはるなんありがとう!! そして卒業おめでとう!!





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

モーニング娘。'18・野中美希に関するお知らせ
12月13日、​モーニング娘。'18の野中美希(野中ちゃん)が、
12月下旬から2月中旬にかけて海外に短期留学すると発表しました。


公式サイトに掲載された説明文は以下の通りです。

「日頃よりモーニング娘。'18を応援頂きまして、誠にありがとうございます。

メンバーの野中美希ですが、
12月下旬から2月中旬までの間、モーニング娘。としての活動をお休みし、
短期留学をすることになりました。

本人より、英語の更なるレベル向上を目指し、
英語圏で集中して勉強したいとの申し出を受けました。

今後のモーニング娘。、また野中個人にとっても大変意義のあることだと考えております。

短期留学に伴い、以下のコンサート・イベント出演をお休みさせて頂きます。

皆様にはご理解の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

・Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2018
 ~GOOD BYE & HELLO!~
 1部(2018年12月31日)/2部(2019年1月1日)@中野サンプラザ
・Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2019 WINTER ~YOU & I~
 (2019年2月16日・広島公演まで)
・Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2019 WINTER ~NEW AGE~
 (2019年2月3日・福岡公演まで)
・モーニング娘。'18 10月24日発売66thシングル「フラリ銀座/自由な国だから」
 発売記念イベント 2019年1月14日@大阪エル・シアター/1月27日@品川ステラボール
・モーニング娘。'18 66thシングル
 「フラリ銀座/自由な国だから」発売記念チェキ・サイン・個別握手会
 2019年1月26日@ベルサール渋谷ガーデン

今後とも、モーニング娘。'18の応援を宜しくお願い致します。」


よくぞ決断したという感じですね。

普段から何を決断するのにでも迷うと言っていた野中ちゃんが、
こんな大きな決断を下しただなんて本当に奇跡的な(?)事だと言えます。

今のモーニング娘。にとって野中ちゃんの英語は一つの特色のでもありますし、
ここで英語に磨きを掛けていくことはグループにとってもプラスになるはずです。

12月下旬から2月中旬という短期間ではありますが、
野中ちゃんにはこの留学で大きな成長を遂げてほしいと思います。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

おかげさまで3000記事に到達しました!!
先日の更新でこのcloudyの記事数が3000に到達し、さらには突破しました!!!


このブログは2007年の8月に開設しました。

という事は11年ちょっとで3000記事を突破したということになります。

3000という記事数はもちろんのこと、
11年とちょっとのあいだ続けることが出来たのは素直に嬉しいことです。


一時は更新をサボっていた時期もありましたが、
2012年3月頃から1日1更新を目標に更新を続けてまいりました。

まるで心を入れ替えた(?)かのようにです。

もはやこのブログの更新をすることが生活のリズムになっているといえます。

もちろん予約投稿を使っているので更新をしない日もあるわけですが、
大体は毎日1記事を書いています。

更新する内容は様々ですが、
最近は「ハロプロ」のカテゴリーを中心としながら、
様々なカテゴリーをバランスよく(を心がけて)更新するようにしています。

今後変化していく可能性はありますが、とりあえずこの流れはしばらく続くように思います。

大した記事ではございませんが、是非とも皆様にもお付き合い願えればと思います。


これからも変わりゆく時代の中で変わらずにcloudyを続けられればなと思っています。

どうぞこれからもよろしくお願いします。








毎度毎度で申し訳ないのですが、クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング
『ハロ!ステ』&『OMAKE CHANNEL』(2018年12月5日~12月11日)
今回は12月5日から12月11日の間に公開された
『ハロ!ステ』と『OMAKE CHANNEL』の動画について書いていきたいと思います。


12月5日~12月11日の間に公開された『ハロ!ステ』の動画は以下の通りです。

アンジュルム新メンバー決定!! 東京編(12月5日)


12月5日~12月11日の間に公開された『OMAKE CHANNEL』の動画は以下の通りです。

BEYOOOOONDS岡村美波バルーンアートに挑戦!(12月10日)


今週にアップされた動画も少なめでしたね。

そのような動画たちの中で、
自分的に一番面白かったのは「アンジュルム新メンバー決定!! 東京編」でした。

この動画は、
アンジュルムメンバーと新メンバーの初対面の様子が収められた動画です。

新メンバーが初々しくて見どころ満載の動画だったんですが、
多くの人の目を奪ったのは笠原桃奈(かっさー)が賑やかさだったんじゃないでしょうか(笑)

「同い年キター!」と叫ぶかっさー、
それを見て笑うお姉さんメンバーたちの姿がたまらなく良かったですね。

かっさーは今のアンジュルムの中心軸というか、
かっさーとかっさーを見守るお姉さんたちという構図が今のアンジュルムにはあります。

それを更に見守っているのがアンジュルムのファン(ヲタクルム)という、
ちょっと複雑ではありますが、とても楽しい空間が今のアンジュルムにはあるのです。

今回の新メンバーの加入でかっさーの成長にどのような影響があるのか、
それもまた楽しみなところであります。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『One day』 譜久村聖
モーニング娘。'18の譜久村聖(フクちゃん)の
Blu-ray『One day』が12月5日に発売されました。

『One day』は、
フクちゃんにとって2枚目となるソロBlu-ray作品(DVDを含めると4枚目)です。


収録内容は以下の通りです。

1.One day

2.Late morning

3.My garden pool

4.Feel the wind

5.Night pool

6.Making of 「Makana」

7 Ending


モーニング娘。のグラビアエースとして君臨している(?)フクちゃんですが、
今回の作品でも貫禄のセクシーさを見せてくれています。

ハロプロの後輩メンバーたちが次々と写真集を発売していますが、
やはりフクちゃんのセクシーさ妖艶さにはまだ及んでいないと改めて感じました。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『女芸人No.1決定戦 THE W』(2018年12月10日放送)
今回は12月10日に放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』について書いていきます。


『女芸人No.1決定戦 THE W』は、
最も面白い女性お笑い芸人を決めるコンテストです。

今回が2回目の開催となりました。


今大会の決勝進出者は以下の通りです。

ゆりやんレトリィバァ
あぁ~しらき
吉住
ニッチェ
根菜キャバレー
合わせみそ
横澤夏子
紺野ぶるま
阿佐ヶ谷姉妹
紅しょうが


決勝の審査方法は、
予選を突破した10組が「ファーストステージ」で1対1の対戦形式(計5戦)でネタを披露し、
この戦いに勝利した者が「ファイナルステージ」に進出、
「ファイナルステージ」で
再びネタを披露して一番得点が高かった芸人が優勝するというものでした。


ファーストステージの結果は以下の通りです。

第1戦目 ゆりやんレトリィバァ111票 あぁ~しらき290票
第2戦目 吉住192票 ニッチェ 209票
第3戦目 根菜キャバレー92票  合わせみそ 309票
第4戦目 横澤夏子233票 紺野ぶるま168票
第5戦目 阿佐ヶ谷姉妹217票 紅しょうが184票


ファイナルステージの結果は以下の通りです。

1位:阿佐ヶ谷姉妹 184票
2位:横澤夏子 114票
3位:ニッチェ 37票
4位:合わせみそ 35票
5位:あぁ~しらき 31票


ということで、以上のように阿佐ヶ谷姉妹が優勝し、
優勝賞金1000万円と
副賞の日本テレビ系レギュラー番組合計視聴率100%分出演権を手にしました。

ファーストステージで前回王者のゆりやんレトリィバァが敗退するという波乱があり、
一気に今回の大会は大混戦の模様を呈した感があります。

そういった中で得意の歌ネタではなくコントで挑んだ阿佐ヶ谷姉妹が優勝したことは、
今後この大会が続いていく上でも大きな意味があったと言えます。

テレビで実績のある人物でもイチからチャレンジし結果を残せば、
このようにちゃんと評価されるという良き前例を作ったのです。

次回以降の大会が楽しみです。





OTODAMA SEA STUDIO 2018 ~J=J Summer Special~
『OTODAMA SEA STUDIO 2018 ~J=J Summer Special~』が12月5日に発売されました。

『OTODAMA SEA STUDIO 2018 ~J=J Summer Special~』は、
8月6日にOTODAMA SEA STUDIOで行われたライブの模様が収められたライブDVDです。


収録内容は以下の通りです。

1.開演前コメント
2.OPENING
3.あばれてっか?! ハヴアグッタイ
4.Vivid Midnight
5.MC
6.素直に甘えて
7.TOKYOグライダー
8.禁断少女
9.MC
10.GOOD BYE 夏男
11.ピリリと行こう!
12.せんこう花火
13.MC
14.Goal~明日はあっちだよ~(Album Version)
15.私が言う前に抱きしめなきゃね
16.地団駄ダンス
17.MC
18.裸の裸の裸のKISS
19.Fiesta! Fiesta!
20.シンクロ。【ENCORE】
21.MC【ENCORE】
22.Wonderful World【ENCORE】
23.ENDING【ENCORE】


ハロプロのグループによるOTODAMA SEA STUDIOでのライブは毎年恒例になっています。

そういった中で今年はJuice=JuiceがOTODAMA SEA STUDIOでライブを行いました。

ライブに強いJuice=Juiceならではの迫力のあるパフォーマンス、
そしてOTODAMA SEA STUDIOならではの観客席との一体感を堪能できるDVDとなっています。

この8人でのOTODAMA SEA STUDIOでのライブはこれが最初で最後となってしまうわけで、
まさにこのDVDは貴重なライブ映像を収めた作品だと言えるわけです。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

ANGERME 1st Overseas Live Tour in Paris
『ANGERME 1st Overseas Live Tour in Paris』が12月5日に発売されました。

『ANGERME 1st Overseas Live Tour in Paris』は、
この年の6月3日にパリで行われた
アンジュルム初の海外公演の模様が収められたライブDVDです。

アンジュルムはこのパリ公演を皮切りに、
6月下旬には韓国・香港・台湾とまわるアジアでのライブツアーも行いました。

今回のDVDにはそのアジアツアーの模様も一部収められています。


収録内容は以下の通りです。

DISC1
1.OPENING
2.泣けないぜ・・・共感詐欺
3.マナーモード
4.愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間
5.臥薪嘗胆
6.MC
7.恋ならとっくに始まってる
8.七転び八起き
9.出すぎた杭は打たれない
10.魔女っ子メグちゃん
11.MC
12.次々続々
13.愛さえあればなんにもいらない
14.乙女の逆襲
15.ドンデンガエシ
16.大器晩成
17.MC【ENCORE】
18.Uraha=Lover【ENCORE】
19.ENDING【ENCORE】

DISC2
1.Paris -Day1-
2.Paris -Day2-
3.Paris -Day3-
4.Paris -Day4-
5.Seoul
6.Hong Kong
7.Taipei


アンジュルムにとって海外公演を行うことは悲願でありました。

モーニング娘。やBerryz工房、℃-uteなど先輩グループはもちろんのこと、
昨年はJuice=Juiceまでが海外で公演を行ったこともあり、
アンジュルムは「今年こそは海外公演をする!」と目標に掲げていたわけです。

そういったこともあり、
この公演を行うことが発表された時のメンバーの喜びようは凄いものがありました(笑)

そんな喜びが全面に出た公演の模様が収められたのがこのDVDです。

是非ともこのDVDでアンジュルムの悲願達成の模様を観てみて下さい。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ボヘミアン・ラプソディ』 出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントンほか 監督:ブライアン・シンガー



今回は『ボヘミアン・ラプソディ』について書いていきたいと思います。


内容
1970年のロンドン。

ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリーは、
ボーカルが脱退したというブライアン・メイと
ロジャー・テイラーのバンドに自分を売り込む。

類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、
さらにジョン・ディーコンも加わってクイーンとして活動する。

やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、
フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。


感想
クイーンを一世を風靡した世界的バンドです。

そのボーカルであるフレディ・マーキュリーは1991年に亡くなったわけですが、
その死後もクイーンの楽曲は、
ドラマ『プライド』の主題歌に起用されたり、
CMソングとして起用されたりするなど、
日本でも衰えることのない人気がありました。

しかしながら、この映画で描かれたようなフレディ・マーキュリーの苦悩については、
全くと言っていいほど自分は知りませんでした。

これは多くの人も同じなのではないでしょうか。

フレディ・マーキュリーの苦悩は私たちの心を揺れ動かし、
そしてその苦悩を開放するかのようなラストのライブシーンは多くの感動を呼びます。

自分は後半20分くらいは感動でずっと泣いていました。

多くの人に観てほしいと思える素晴しい映画です。
鞘師里保に関するお知らせ
12月7日、元モーニング娘。の鞘師里保ちゃんが、
事務所(アップフロント)とのマネジメント契約を終了したことを発表し、
それに伴いハロー!プロジェクトを卒業したことが合わせて発表されました。


公式サイトに掲載された本人のコメントは以下の通りです。

「いつも応援してくださるファンの皆様 及び関係者の皆様

皆さんお元気ですか?
お久しぶりです。鞘師里保です。
私は元気です!

私、鞘師里保は新しい目標に向かって突き進む為に
自分の中でいったん区切りをつけたくて、私のわがままですが、
この度デビューからお世話になったアップフロントプロモーションを離れることを決めました。

長らく考え話し合ってきた結果ではありますが、
突然の発表になってしまった事、お許しください。

12歳の時にモーニング娘。に加入して以来、
がむしゃらに走ってきて、たくさんの素晴らしい経験をさせていただきました。
そんな中で、もっといろんな世界が見たくなって、モーニング娘。卒業後も
ニューヨークを中心に留学し、語学やダンスなどを勉強してきました。

そして今、私はもっともっといろんな事を吸収したい。そう思います。

だから、もっと新しい私になって
みなさんと再会する為に前に進みます。

卒業から約3年が経つにも関わらず、応援してくださるファンの皆様が
毎日の私の心の支えになっているのは事実です。本当にありがとうございます!

まだまだ歌いたい!踊りたい!演じたい!
そんな夢いっぱいの私をどうか温かく見守ってください。

これまで私のモーニング娘。、
ハロー!プロジェクトのメンバーとしての活動を支えてくださった皆様、
これからも相談もさせていただくかもしれませんが、本当にお世話になりました。
心より感謝しています。

これからも皆さんどうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました!

2018年12月7日
鞘師里保」


突然の発表となりました。

卒業以来、消息を絶っていた(?)だけに、今回の発表が、
ある意味で本人してもファンにしても一つの区切りとなったのではないでしょうか。

りほりほの更なる活躍を心から祈っています!!





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『ハロ!ステ』&『OMAKE CHANNEL』(2018年11月28日~12月4日)
今回は11月28日から12月4日の間に公開された
『ハロ!ステ』と『OMAKE CHANNEL』の動画について書いていきたいと思います。


11月28日~12月4日の間に公開された『ハロ!ステ』の動画は以下の通りです。

アンジュルム新メンバー決定!! 札幌編(11月30日)


11月28日~12月4日の間に公開された『OMAKE CHANNEL』の動画は以下の通りです。

こぶしファクトリー《アカペラ》念には念(念入りVer.) (12月4日)


今週にアップされた動画も少なめでしたね。

しかしながら『ハロ!ステ』に関しては約1か月ぶりに新作動画がアップされました。

このチャンネル自体が無くなるのではと思ってしまうくらいアップされていなかったので、
今回の久しぶりのアップは喜ぶべきことだと言えます。

そのような動画たちの中で、
自分的に一番面白かったのは「アンジュルム新メンバー決定!! 札幌編」でした。

この動画は、
アンジュルムの新メンバーがお披露目される約1ヶ月前に札幌で行われた、
リーダーの和田彩花(あやちょ)と新メンバーの初対面の様子が収められた動画です。

新メンバーになることを伝えられ驚いて涙も見せた太田遥香ちゃんに対し、
伊勢鈴蘭ちゃんは飄々と新メンバーになることを受け止めていました。

この対照的な2人が同期というのは本当に面白いですね。

これからも楽しみしています。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

被害者から加害者に―貴ノ岩、付け人に暴行する
12月5日、貴ノ岩が付け人に暴行していたことが分かり、
日本相撲協会が貴ノ岩へ事情聴取を行いました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「付け人が忘れ物の言い訳

大相撲の幕内・貴ノ岩(28)=千賀ノ浦=が、
冬巡業中に付け人に暴行を加えていたことが5日、分かった。
日本相撲協会が5日午後、発表した。
昨晩、自身の付け人に暴力を振るった。
協会ではこの日、貴ノ岩を事情聴取。
平手と拳で4、5回殴ったことを認めた。
理由は、忘れ物をした付け人が言い訳をしたことだった。

昨年10月、
元横綱・日馬富士関から頭部を負傷させられ被害者となった貴ノ岩だが、
今度は加害者となった。
協会では今年10月に「暴力決別宣言」を出したばかりで、
貴ノ岩には厳罰処分が下る可能性が高い。
.
貴ノ岩は17年10月25日夜から26日にかけ、鳥取県内での酒席で、
元日馬富士関から暴行を受けて頭部を負傷した。
当時の師匠で元横綱の貴乃花親方(現花田光司さん)が
10月末に鳥取県警に被害届提出。
同11月になり暴行が発覚したことで大問題となり、元横綱は責任を取り引退した。
.
処分は避けられない状況

貴ノ岩は2場所全休して今年の春場所から復帰するなど
暴行の被害者として世間の注目を集めたが、今度は加害者に。
弱い立場である付け人に手を出した事実は重く、処分は避けられない状況だ。
.
貴ノ岩は今年の秋場所後の10月、当時師匠の貴乃花親方が、
貴ノ岩への暴行をめぐり日本相撲協会の調査が公正中立ではないとして
退職し部屋を閉鎖したため、
元貴乃花親方の兄弟子に当たる元小結・隆三杉が率いる千賀ノ浦部屋に転籍していた。
直後の11月に行われた九州場所では部屋の小結・貴景勝が初優勝。
新生・千賀ノ浦部屋にとっては明るいニュースとなったが、
貴ノ岩の暴行は弟弟子の快挙に水を差すだけではなく、
暴力決別に動いていた相撲協会にとっても大きなダメージとなる。」


あの被害者だった貴ノ岩が加害者に、というのは非常にセンセーショナルなニュースです。

もちろんどの者でも暴力は許されないわけですが、
お前だけは暴力をしちゃいけないだろうという人がしてしまった感があります。

今後の処分は間違いなく重いものになるでしょう。

そうでなければ世間が許さない、そんな雰囲気があります。





BEYOOOOONDSに新メンバー3人が加入!!
12月3日、BEYOOOOONDSのファンクラブイベントが行われ、
その中で新メンバー3人の加入の発表とお披露目が行われました。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクトの新グループ「BEYOOOOONDS」(ビヨーンズ)が3日、
東京・山野ホールでファンクラブイベント『BEYOOOOONDS ~冬の陣 ZIN~』を開催し、
新メンバー・里吉うたの、平井美葉、小林萌花をお披露目した。
3人が加入し、今後は12人体制で活動する。

「BEYOOOOONDS」は、
新グループ「CHICA#TETSU」(チカ#テツ)の4人、
「雨ノ森 川海」(あめのもり かわうみ ※略称RFRO)の5人、
『ONLY YOU』オーディション合格者で構成。
今回発表されたのは『ONLY YOU』オーディション合格者の3人で、
観客から大歓声で迎え入れられた。

同オーディションは、
特技・技能面を審査基準にしていたこともあり、
3人はいずれも一芸の持ち主。
5歳から習っているピアノを現在も専門的に学び、
日本フィルハーモニー交響楽団とのアンサンブルの経験を持つ小林が
℃-uteの「夢幻クライマックス」を演奏し、
里吉と平井は得意のダンスパフォーマンスで魅了。
アンジュルムの「46億年LOVE」もカバーしたほか、12人の新体制で初ステージ。
「眼鏡の男の子」と「文化祭実行委員長の恋」を歌い、大盛り上がりとなった。

初イベントを終え、
小林は
「緊張で泣きそうになってしまったんですけど、
皆さんのペンライトを見て、初めての体験だったのですごく幸せな気分になりました」、
里吉は
「お見送り会のときも声をかけてくださった方がすごく多かったのでうれしかったです」、
平井は
「緊張してあっという間だったんですけど、
一個一個のコーナーを楽しめたと思います」とそれぞれ喜びをかみしめていた。

■BEYOOOOONDS新メンバー プロフィール
小林萌花(こばやし・ほのか)/東京/高3・18歳
里吉うたの(さとよし・うたの)/東京都出身/高3・18歳
平井美葉(ひらい・みよ)/東京/大1・18歳」


以前より『ONLY YOU』オーディションの合格者が加入することは告知されていましたが、
今回のイベントで突然発表されたことに驚いたファンの方も多いのではないかと思います。

しかしながらBEYOOOOONDSらしく一芸に秀でた3人が加入してくれことは喜ぶべきことです。

これからのBEYOOOOONDS、そして未来のハロプロを背負う存在になってほしいと思います。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

『書物の快楽』 鷲田小彌太



今回は鷲田小彌太著『書物の快楽』について書いていきたいと思います。


内容
好きなだけでは済まされない書評のスピリット。

これこそ読書の醍醐味。

書評を中心とする評論活動を精力的にこなす異才の哲学者による書評集。

好きなだけでは済まされない書評のスピリット、
読書の醍醐味を存分に伝える「書く」楽しみにつながる「読む」楽しみ。


感想
この本が刊行されたのは1993年で、この本には
それよりも前(昭和の終わりから平成の初め頃)に世に出た書評が収録されています。

平成最初のベストセラー作家は吉本ばななさんでした。

平成元年のフィクション部門で、
1位の『TUGUMI』、2位の『キッチン』と上位を独占し、文壇を席巻したのです。

そんな吉本ばななさんの作品に対する書評が、この本の中に収録されています。

書評というよりはどちらかというと「吉本ばなな論」という感じなのですが、
吉本さんの父である思想家・吉本隆明さんの考えを通して吉本ばなな作品を読み解く様は、
哲学者であり書評家である著者の本領発揮とも言える鮮やかさがあります。

この本の中で「書評だけで暮らせたら」と書いているように、
著者は書評を仕事の中心に置いて(置きたいと考えて)きました。

そんな著者が世に広く知られることになった
『大学教授になる方法』が刊行されたのは1991年で、
この本はまさに著者にとって一番脂の乗った時期に書かれた書評が収録されているのです。

平成の最後に、
平成の初め頃に世に出た書評を通して、
平成の初め頃に出された書物の息吹を感じるというのは、
まさに「書物の快楽」なのではないでしょうか。
『M-1グランプリ2018』(2018年12月2日放送)
今回は12月2日に放送された『M-1グランプリ2018』について書いていきます。


今大会の決勝進出者は以下の通りです。

見取り図
スーパーマラドーナ
かまいたち
ジャルジャル
ギャロップ
ゆにばーす
トム・ブラウン
霜降り明星
和牛
ミキ(敗者復活)


決勝の審査方法は、
予選を突破した10組が「ファーストステージ」でネタを披露し、
ここで点数の高かった上位3組が「ファイナルステージ」に進出、
「ファイナルステージ」で再びネタを披露して一番得票数の高い芸人が優勝するというものです。


ファーストステージの結果は以下の通りです。

1位:霜降り明星(662点)
2位:和牛(656点)
3位:ジャルジャル(648点)
4位:ミキ(638点)
5位:かまいたち(636点)
6位:トム・ブラウン(633点)
7位:スーパーマラドーナ(617点)
8位:ギャロップ(614点)
9位:見取り図(606点)
10位:ゆにばーす(594点)


ファイナルステージの結果は以下の通りです。

上沼恵美子:和牛
松本人志:和牛
サンドウィッチマン富澤:和牛
立川志らく:霜降り明星
ナイツ塙:霜降り明星
中川家・礼二:霜降り明星
オール巨人:霜降り明星


という事で今回は霜降り明星が優勝しました。

ネタの勢いというか、若さ溢れるスピード感と勢いが実に魅力的でしたね。

和牛にとっては3年連続で2位という悔しい結果に終わってしまいましたが、
まだまだ挑戦するチャンスはあるので、
今後2位の壁をぶち破ってくれることに期待です。





Juice=Juice 宮本佳林 写真集『覚醒 - KAKUSEI -』
Juice=Juiceの宮本佳林(カリンちゃん)の写真集『覚醒 - KAKUSEI -』が12月1日に発売されました。

この『覚醒 - KAKUSEI -』は、カリンちゃんにとって通算4冊目となるソロ写真集です。


公式サイトに掲載された紹介文は以下の通りです。

「Juice=Juiceの絶対的エースでありながら、
20周年を迎えたハロー!プロジェクトを牽引する1人でもある宮本佳林が、
二十歳の誕生日である12月1日に記念写真集を発売。

今作は10代最後の1年を追いかけた意欲作。

雪景色に溶け込むような、
白肌の彼女が強く佇む姿が印象的な冬の群馬。

桜や菜の花、
まるで一緒にデートしているかのような暖かで多幸感いっぱいの春。

真っ青な海、大人の黒水着……

夏の沖縄では開放と大人への第一歩。

ラストの秋は、
終わりゆく10代への寂しさとこれから迎える20代への希望、期待、そして決意の表情。

季節ごとに4人のカメラマンが、
それぞれの宮本佳林を切り取りました。

またどの季節にも登場する白い衣装……

9歳でハロプロエッグに加入し、
ハロー!プロジェクトと共に歩んだ10代。

何色にも染まってきた彼女があえて色のない衣装を身に纏い、
宮本佳林色を表現しています。

これまで、そしてこれからを語ったロングインタビューも併載。

宮本佳林、10代の集大成をぜひ、お見逃しなく。

※メイキングDVD付き」


カリンちゃんはハロプロの申し子とも言うべき存在です。

9歳から今までの時をハロプロで過ごしてきたのです。

そんな彼女が20歳になろうとしています。

その10代最後のひと時を写し出したのがこの写真集です。

カリンちゃんの子供っぽい表情も大人っぽい表情も存分に楽しむことが出来ます。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

吉澤ひとみ被告に懲役2年、執行猶予5年
11月30日、
酒を飲んだ状態で車を運転しひき逃げをした罪などに問われた
モーニング娘。の元メンバーである吉澤ひとみ被告に対し、
東京地裁は懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「酒気帯び運転でひき逃げしたとして、
自動車運転処罰法違反(過失傷害)などの罪で起訴された
元モーニング娘。の吉沢ひとみ被告(33)の判決公判が30日、東京地裁で開かれ、
懲役2年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。
前日29日の初公判で、検察側は懲役2年を求刑していた。

吉沢被告は前日と同様、グレーのスカートスーツと白シャツ姿で入廷。
佐藤卓生裁判官から判決を言い渡されると、
じっと前を見つめた。その後座るように促されると、
「はい」答えて神妙な面持ちでゆっくり着席し、
膝の上に両手を置いて裁判官の説明を聞いた。

裁判官は「被告の呼気からは、
他の酒気帯びの事案に比べても高濃度のアルコールが検出された」と説明。
「被害者2名も顔面に傷痕が残るなど軽くないけがを負っている。
被害者を救護しなかった」と続け、
「刑事責任は相当に重いものがあると言わざるをえない」と指摘した。

一方で、「事故後に自ら110番通報して現場に戻ったことは、
責任の大きさを自覚した行為」とした。
さらに、被害者2人と示談が成立していることや、
吉沢被告の元所属事務所の代表取締役社長や元マネジャーらからの嘆願書、
IT企業経営者の夫が今後の監督を法廷の場で約束していること、
吉沢被告が被害者に謝罪し反省していることもあげ、
執行猶予つきの判決となったと説明した。

裁判官は「犯行対応はいずれも悪質で、軽視できない事案」とし、
「さらに反省を深める時間が必要で、執行猶予期間は通常より長い5年とする」と述べた。

裁判官が執行猶予について説明する中で、
「次に過ちを犯した際は、執行猶予はつかないだろう」と話すと、
吉沢被告はぎゅっと唇をかみしめ、わずかにうなずいた。
さらに「次に過ちを犯した際、今回の刑期とあわせるので、相当に長い刑期となる。
執行猶予が開けた後も、
このような裁判に関わるようなことがないように生活してもらいたいと思っています」と
声を掛けられると、「はい」とうなずき、はなをすすった。

裁判官の説明が終わった後、ゆっくりと立ち上がり、裁判官のほうを見て一礼した。
出口に向かい、後ろを振り返って深くお辞儀し、退廷した。

判決によると、吉沢被告は今年9月6日午前7時ごろ、
酒気帯びの状態で乗用車を運転し、時速86キロで赤信号を無視。
横断歩道を歩行中の男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとしている。」


世間を騒がせたこの件に対する判決は
懲役2年、執行猶予5年という判決になりました。

通常よりも長いように思われる執行猶予期間はこの件の罪の重さを物語っています。

先日もJALのパイロットが飲酒によって身柄が拘束されていましたが、
飲酒したならば乗り物を運転してはいけない、これは鉄則なのです。

この判決結果を受けて、この鉄則が広く世間に浸透することが望まれます。





テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能