FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『友罪』 薬丸岳
友罪友罪
(2013/05/02)
薬丸 岳

商品詳細を見る


今回は薬丸岳著『友罪』について書いていきたいと思います。


内容
ジャーナリストを志して夢破れ、製作所に住み込みで働くことになった益田純一。

同僚の鈴木秀人は無口で陰気、どことなく影があって職場で好かれていない。

しかし、益田は鈴木と同期入社のよしみもあって、少しずつ打ち解け合っていく。

事務員の藤沢美代子は、
職場で起きたある事件についてかばってもらったことをきっかけに、鈴木に好意を抱いている。

益田はある日、元恋人のアナウンサー・清美から
「13年前におきた黒蛇神事件について、話を聞かせてほしい」と連絡を受ける。

13年前の残虐な少年犯罪について調べを進めるうちに益田は、
その事件の犯人である「青柳」が、実は同僚の鈴木なのではないか?と疑念を抱きはじめる・・・。

ミステリ界の若手旗手である薬丸岳が、
児童連続殺傷事件に着想を得て、凶悪少年犯罪の「その後」を描いた長編小説。


感想
自分の身の周りにこんな残忍な殺人事件を起こした犯人がいたらどう思うだろうか?、
この作品を読みながら自分はそんなことを思ってしまいました。

やはり怖いと思ってしまうのでしょうか。

益田と鈴木の同僚である清水と内海が見せた真実が発覚した後の態度、
またそれまでの過程に描かれるその2人の姿には嫌悪感のようなものを抱いてしまいますが、
でもこれが社会の現実であり、その場に居合わせた時の自分たちの姿なのではないでしょうか。

途中、そんな現実にぶち当たり、自分は自己嫌悪のような気持ちを抱きました。

そんな自分の自己嫌悪のような気持ちは主人公の益田の気持ちと重なり、
息苦しくなりながら読み進めると、ラストには救いが用意されていました。

そして温かな感動が身を包んだのです。

500ページ以上ある作品ではありますが、それを一気に読み切ってしまうほど面白い作品でした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック