FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『アメトーーク』 「福本伸行先生にシビれた芸人っ・・・・・・・!」
最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス)最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス)
(2003/06/30)
福本 伸行

商品詳細を見る

今回は、7月25日に放送された『アメトーーク』について書きたいと思います。

この回の企画は「福本伸行先生にシビれた芸人っ・・・・・・・!」でした。

「福本伸行先生にシビれた芸人っ・・・・・・・!」とは、
『賭博黙示録カイジ』などの作品で知られる漫画家の福本伸行先生の作品にシビれたという芸人たちが、
福本先生の作品に出てくる名場面や名ゼリフを紹介していく企画です。


この回に出演したのは、

博多華丸さん(博多華丸大吉)

吉田敬さん(ブラックマヨネーズ)

高橋茂雄さん(サバンナ)

佐藤哲夫さん(パンクブーブー)

浜谷健司さん(ハマカーン)

村上健志さん(フルーツポンチ)

狩野英孝さん

といった7名でした。


福本先生の作品で代表的なものといえば、やはり映画化もされた『賭博黙示録カイジ』だといえます。

しかし、今回の企画で会場の話題を一気にかっさらっていたのは、『最強伝説黒沢』という作品でした。

この『最強伝説黒沢』は、
ギャンブルを扱ったものが多い福本先生の作品の中では異色ともいえる、
土木作業員を主人公に日常的な悩みや人間臭いエピソードを描いた作品なのです。

そもそも、福本先生の作品に限らず、土木作業員が主人公なんて漫画はそうそうあるものではありません。

そんな特殊な題材を取り扱うだけあって、作品の中で描かれる世界観は日常を描いているのに、
他の漫画にはないような悲しみに満ちた日常となっています。

そのためか、スタジオに観覧に来ていたお客さんからは「ヒャッー」という悲鳴があがっていました(笑)

このように『最強伝説黒沢』は福本先生の作品の中ではかなり異色な作品であるわけですが、
番組後半に登場した福本先生ご本人によると、この『最強伝説黒沢』が特に思い入れのある作品だそうです。

このように作者である福本先生自身も言っていますし、
今回の『アメトーーク』の放送を機に、『最強伝説黒沢』が一気にブレークするかもしれませんね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック