cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『BEAT&LOOSE』 中島卓偉
BEAT&LOOSE(DVD付)BEAT&LOOSE(DVD付)
(2013/10/02)
中島卓偉

商品詳細を見る


今回は、2013年の10月2日に発売された、
中島卓偉さんのアルバム『BEAT&LOOSE』について書きたいと思います。

まずは中島卓偉さんのことについて書いていきたいと思います。


中島卓偉について
中島卓偉さんは福岡県古賀市出身のロック歌手です。

自身が歌う曲のほとんどを作詞・作曲しているというシンガーソングライターでもあります。

1999年にTAKUIというアーティスト名で、シングル「トライアングル」でデビューしました。

2000年に日本コロムビアに移籍してシングル5枚とアルバム3枚を発売した後、
インディーズでの活動を経て、2004年に現在も所属するzetimaに移籍しました。

2006年の3月からはアーティスト名を本名の中島卓偉に変更して活動しています。

多くのアーティストから才能を認められている卓偉さんですが、
その中でも特に卓偉さんの才能を買っているのがつんく♂さんです。

卓偉さんはつんく♂さんに「To You」という曲を楽曲提供したんですが、
この曲の発売の際につんく♂さんは卓偉さんに楽曲提供を依頼した理由について以下のように語りました。

「彼の作曲力に惚れ込み、タイトル曲『To You』は中島卓偉に作曲を頼みました。」
「今の日本に俺以外に(笑)こんな素晴らしい曲(メロディ)を書く奴いないのかもしれない。」

つんく♂さんほどの一流アーティストが惚れ込んでしまう才能を持つのが、この中島卓偉さんなのです。


『BEAT&LOOSE』
『BEAT&LOOSE』は、中島卓偉さんにとって通算15枚目となるアルバムです。

「音の奥行感」をテーマの一つに掲げてレコーディングされていて、
ベース、ハープ、カズーなどの楽器は卓偉さん自身が演奏したそうです。

曲のタイトルもバラエティーに富んだものとなっていますが、
それ以上に曲と歌詞の世界観の豊かで、聴き手を全く飽きさせないアルバムとなっています。

8曲目に収録された「誰もわかってくれない」は、聴く者をドキッとさせるような鋭さを持っています。

「誰もわかってくれない」に限らずこの『BEAT&LOOSE』には、
パンクロッカー・中島卓偉のロック魂を存分に感じることができる全15曲が収録されています。

このアルバムを聴いて、多くの方に卓偉さんの良さを知ってほしいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
古賀市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/10/06(日) 09:00:01) | ケノーベル エージェント