FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
未来戦隊タイムレンジャー
time.jpg

今回は未来戦隊タイムレンジャーについて書きたいと思います。未来戦隊タイムレンジャーは2000年(平成12年)2月13日から2001年(平成13年)2月11日までテレビ朝日系列で放送された「スーパー戦隊シリーズ」第24作です。

内容
タイムワープが可能になってから10年ほどたった西暦3000年の地球。不法な歴史修正などを監視する公的機関「時間保護局」に、1000年の圧縮冷凍刑が迫った大物マフィア、ドン・ドルネロが、自身の配下ごと2000年の日本へ逃亡した、との情報が入った。時間保護局の特殊部隊「タイムレンジャー」隊長のリュウヤはユウリら4人の新人隊員と共に逮捕に向かうが、これはタイムワープ手段のないドルネロ一味の策略で、隊長もドルネロの情婦・リラが変装した偽者。彼らはドルネロが収容されたロンダー刑務所ごと時間保護局の船と一緒にタイムワープしてしまうのであった。そして、20世紀に放り出されたユウリたちは、ドルネロによって冷凍圧縮を解除されて暴れるロンダー刑務所の服役囚たちを鎮圧すべく、緊急時用の強化服システムを着用=変身しようとするが、着装システムの「クロノチェンジャー」は時間保護局の1チーム規定人数である5人がいなければ初起動が出来ない、という制限があったのでした。困った彼らは、放り出された自分達を介抱してくれた、リュウヤ隊長に瓜二つの20世紀人・浅見竜也を半ば強引にメンバーとして変身を遂げたのでした。成り行きでタイムレッドになった竜也ではありましたが、巨大企業グループを率いる父からの自立を目指していた事情もあって、自らの意思で正式にタイムレンジャーに志願する。一方、ユウリら4人は何とか時間保護局本部と連絡することに成功しますが、本部からはドルネロの逃走によって生じた歴史の歪みを拡大しないために、ドルネロと、ドルネロによって「ロンダーズ・ファミリー」と名づけられた服役囚たちを全員逮捕するまで20世紀にとどまれと厳命さてしまうのでした。竜也と共に20世紀の現代で暮らしながら、ロンダーズ構成員達の犯罪行為の阻止及び逮捕に取り組む事となった。

timeranger_m2.jpg

主題歌
主題歌は戦隊シリーズ初の女性ソロによる主題歌となりました。オープニングはゴスペルから始まるイントロ、英語中心の難解な歌詞やサビの部分で繰り返される変拍子は、それまでの特撮ヒーロー主題歌のイメージを覆した楽曲となっています。

オープニングhttp://jp.youtube.com/watch?v=th_hgFbEQTc

エンディング youtubeにはありませんでした。


タイムレンジャーは高年齢層も視野に入れたハードなストーリー展開や、これまでにないような主題歌のイメージも含めて、すごくこれまでに見たことのないようなカッコ良さでした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック