FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
文化の日はどのような経緯で国民の祝日になったのか
11月がスタートしました。

ということはもう2013年も残り2ヶ月を切ったということですね。

早いものです。

世間的には今日から3連休に突入しました。

11月3日の文化の日が日曜日とぶつかっているため、翌月曜日が振り替え休日になっているわけです。

さて、皆さんはこの文化の日が出来た経緯をご存知でしょうか?


文化の日である11月3日は、1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であります。

その日本国憲法が平和と文化を重視していることから、「文化の日」と名付けられたわけです。

でもよく考えてみると、憲法にまつわる国民の祝日ってもう1つありますよね。

そうです、5月3日の「憲法記念日」です。

この憲法記念日は、
公布から半年後の1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行されたことから出来た日です。

実は11月3日を憲法記念日にしようとする人たちも存在したそうです。

もともと11月3日というのは、
明治天皇の誕生日であり、「明治節」といって昭和前期は祝祭日になっていました。

そんな11月3日に合わせるように日本国憲法が公布されたわけです。

憲法の公布はもともと11月1日に行う予定で、
それがメーデーと重なるなどの理由で11月3日になったというのが事の真相らしいのですが、
そのあまりのタイミングの良さから明治節に憲法公布の日をあわせたとも考えられています。

そんな11月3日を憲法記念日にしようと主張したのが当時の参議院でした。

しかしこの案をGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)がはねのけ、
さらに衆議院が5月3日を憲法記念日とすることに同意したことから、参議院は孤立してしまいました。

そこに突然GHQ側から、
憲法記念日という名でない記念日とするなら何という名がいいか、という話を持ち出され、
先述のように日本国憲法が平和と文化を重視していることから「文化の日」と名付けられたわけです。

つまり文化の日というのは憲法の誕生によって出来たということです。


文化の日は、晴天になる確率が高く、「晴れの特異日」として有名なんだそうです。

最近は憲法にまつわる話で色々ごたごたしていますが、
自分たちの未来を巻き込むことを決めているんですから、
文化の日のように晴れやかになれるよう話し合いをしていきたいものですね。


日本国憲法 (小学館アーカイヴス)日本国憲法 (小学館アーカイヴス)
(2013/06/20)
小学館

商品詳細を見る

日本国憲法を口語訳してみたら日本国憲法を口語訳してみたら
(2013/07/26)
塚田 薫

商品詳細を見る



毎度毎度で申し訳ないのですが、クリックよろしくお願いします。

FC2ブログランキング
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック