FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
LoVendoЯ LIVE TOUR 2013 DecembeЯ【12/12@KRAPS HALL(北海道)】
12月12日にKRAPS HALLで行なわれた
LoVendoЯのライブツアー「LoVendoЯ LIVE TOUR 2013 DecembeЯ」に行ってきました!!


LoVendoЯが北海道に来るのは「MUSIC FESTA Vol.1」以来約6か月ぶり、
単独としては「LoVendoЯ ファーストライブツアー2013春 〜ラベンダー〜」以来約7か月ぶりとなります。

自分はこの両方に参戦していますので、
今のところは北海道に来た時のLoVendoЯの公演は全て観ているということになりますね。


前回の単独ツアーの際はcube gardenが会場でしたが、今回はKRAPS HALLが会場でした。

会場のキャパ的には同規模くらいなんですが、
札幌におけるライブハウスの歴史でいえば今回のKRAPS HALLのほうが上なんですよね。

ま、だからといって、老舗感のある会場でもないわけですが。


前回の単独ツアーではオープニングアクトを田﨑あさひちゃんが務めていましたが、
今回は札幌スクールオブミュージック専門学校の学生さんがその役を務めていました。

この札幌スクールオブミュージック専門学校というのは、
ギター担当である魚住有希(姉さん)と宮澤茉凜(茉凜ちゃん)の2人が通っていた音楽学校の系列校です。

そういった縁もあり今回のライブのオープニングアクトを務めていたようですが、
この女の子が何だかふわふわしていて可愛らしい感じの子でした。

最後に手を振ってこの女の子はステージを去っていったのですが、
その手の振り方の可愛らしさに客席が一気に和やかなムードに包まれていました。


オープニングアクトも終わり、少々の間スタッフさんによる楽器の調整があった後、
遂にLoVendoЯがステージに現れました。

数か月ぶりに観る田中れいな(れいな)は相変わらず可愛かったですね。

岡田万里奈(おかまり)は前回よりも綺麗さが増しているような感じがしました。

そしてギターの2人は相変わらず華がありましたね。


前回の単独ツアーではカバー曲が主体のセットリストでしたが、
今回の単独ツアーのセットリストはオリジナル曲が主体で、姉さんが作った曲も数曲演奏されていました。

音源化がされていないので、その時に初めて聴く曲がかなりあったわけですが、
新しいオリジナル曲はかなりロック色の強い曲が多く、
やっとLoVendoЯがロックバンドらしくなってきたなと感じましたね。

その新しい曲の中では、「Real」と姉さんが作った「Sweet Tweet」の2曲が自分的には良かったです。

「Real」の心に突き刺さる感じ、
そして「Sweet Tweet」のサビの軽快かつ激しい感じにとても惹きつけられました。

ライブの中で姉さんは、
自分の作った曲をライブで披露するという夢が叶ったので次は自分の作った曲を音源化したい、
と言っていましたが、是非ともこれらのオリジナル曲を音源化してほしいですね。


次にLoVendoЯが北海道に来るのは、
来年2月1日にZepp Sapporoで行われる「MUSIC FESTA Vol.2」になると思われます。

中島卓偉さんも出演されますし、是非ともこのライブは観にいきたいですね。



ラベンダー カバー The ROCKラベンダー カバー The ROCK
(2013/05/22)
LoVendoЯ

商品詳細を見る

タナカめせんタナカめせん
(2013/05/22)
田中れいな

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック