FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
♯1076 「謙虚」という言葉が分からないレイアちゃんが会場を感動させる
清久レイア(アイドリング!!!) 2014カレンダー清久レイア(アイドリング!!!) 2014カレンダー
(2013/10/23)
-

商品詳細を見る

今回は、♯1076の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「ニコはちライブ」でした。


今回の「ニコはちライブ」の流れは、以下のような感じでした。

本番前トーク

「StarGirl★StarBoy」

「Stay with me」

「いち恋」

MC

ニコはちアンケート

「粉雪が舞う街並みで」

MC


今回の「ニコはちアンケート」では、
遠藤舞(まいぷる)&長野せりな(せりな)&石田佳蓮(石田氏)が「想いの詩」を、
横山ルリカ(ルーリー)&河村唯(うめ子)&清久レイア(レイアちゃん)が「粉雪が舞う街並みで」を、
ステージで披露する権利をかけて対決しました。

今回は、ボックスの3人VS尾木プロの3人という、事務所対決となりました。

初めて尾木プロの3人で歌えるかもしれないということで、レイアちゃんは必死にアピールをしていたんですが、
そんなレイアちゃんを見てルーリーは「謙虚にいったほうがいいよ」とアドバイスをしていました。

しかしレイアちゃんは「謙虚」の意味が分からなかったのです。

そんなレイアちゃんに朝日奈央(あさひ)が「謙虚」の意味を教えたのですが、
そこはおバカなあさひです、案の定くちゃくちゃになっていましたね(笑)

「謙虚」の意味は分かりませんでしたが、アンケート対決は尾木プロの3人が制しました。


そしてステージで「粉雪が舞う街並みで」が歌われたんですが、
今回はレイアちゃんに大サビのパートが任されていました。

そしてそのレイアちゃんの歌が会場の感動を呼んだのです。

歌声はまだまだ幼いものの、レイアちゃんの歌唱力は確実に向上していました。

加入したての頃を考えると、すごい成長です。

最近は番組でも目立ってきていますし、来年はさらにレイアちゃんの成長から目が離せなくなりそうです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック