FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
つんく♂プロデューサーがハロー!プロジェクトについて語る
ハロー!プロジェクトのプロデューサーを務めるつんく♂さんが1月4日、
『おかえり!つんく♂ MBSヤングタウンスペシャル』というラジオ番組のメインパーソナリティーを務めました。

この『おかえり!つんく♂ MBSヤングタウンスペシャル』は
1月4日(土曜日)の22時から23時半までMBSラジオで放送されたんですが、
この時間のMBSラジオといえば
普段は明石家さんまさんがメインパーソナリティーを務める『MBSヤングタウン土曜日』が放送されています。

しかし今回はさんまさんが年始の海外旅行に行っているということもあり、
かつて「ヤンタン」でパーソナリティーを務めていたつんく♂さんのラジオ番組が放送されたわけです。

ちなみに、『MBSヤングタウン土曜日』には
モーニング娘。'14の道重さゆみ(さゆ)と飯窪春菜(はるなん)がレギュラー出演しています。


この番組の中でつんく♂さんは様々な話をしたんですが、
その中にはハロー!プロジェクトに関することもあったので以下で紹介したいと思います。

ちなみに、聞き手はFUJIWARAのお2人だったんですが、
その2人の会話部分については省略していますのであしからず。


「ホンマ不思議やねんけど、同じ気持ちで接してけど、
わーって何十人かおる研修生をぱっ、ぱっ、ぱって集めて1つのグループを作るやんか。
過去に何個か作ってんねんけど、勝手にチームカラーが出来ていく。
曲作るやん、渡すやん、勝手にその子たちの曲になっていく。
今、juice=juiceに作ってる曲って、というか彼女たちが得る曲って、凄いファンキーな曲が多い。
(自分が)作ってるねんけど、作ってるときは誰に渡そうなかなぁ?って思いながら作っているわけよ。
もしかしたらモーニングかなぁ?でもこれはやっぱりBerryz工房、とか思うことがいっぱいあるわけよ。
もちろんそのグループに作ろうって思う曲もあるねんけど、
そうやって思って渡して、この曲はこういう風に、たとえばディスコっぽく映るなと思っていても、
実際渡してみたら、もうちょっとジャズっぽく見えたりとか、チームによって型まで変わってくる。
同じくモーニング娘。でいうと、きっとあのメンバーが歌ったらこうなるっていうのがあったのに、
今のモーニング娘。のメンバーが歌うからこうなんねんな、ってこともいっぱいあるわけよ。」


つんく♂さんが各グループに対してどのように曲を作ってるのかっていうことは語られることが少ないので、
こういう風な楽曲製作についての話を聴くと、非常に新鮮な印象を持ちます。

たしかに、つんく♂さんが語っているように、
ハロプロの各グループにはそれぞれの「型」みたいなものがあるように見えます。

しかしこのつんく♂さんの話を聴いてみると、
それは意図して作ったものではなく、自然と出来上がったものだったんですね。

何とも面白い現象です。

しかし、メンバーの内面から滲み出るというんでしょうか、
そのようなメンバーの個人的なものが、グループの色や型に影響を与えているというのは納得できる話であります。

そういったことがあるからこそ、同じキッズ出身なのにBerryz工房と℃-uteはあれだけ違うんでしょうね。

また、これから時を経るとともに各グループの色や型がどのように変化していくのか?、
ファンにとってはそんなことも楽しみの1つだったりします。



しょっぱいねしょっぱいね
(2012/09/26)
つんく♂

商品詳細を見る

プッチベスト14 Blu-ray Discプッチベスト14 Blu-ray Disc
(2013/12/11)
オムニバス

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック