FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ゴッドタン
tokio01.jpg

今回は1月30日に放送された、ゴッドタンについて書きたいと思います。今回のゴッドタンは先週に引き続いて、マジ歌選手権でした。まずはバナナマン日村さんが相変わらずの有名アーティストの名曲をパクッた歌を披露しました。今回はプリンセスプリンセスの「ダイヤモンド」と「M」を完全にパクッていました。まあ日村さんはそれを否定してるわけです、「M]は「ヒム」というオリジナルだとか言って否定しました。東京03の角田さんは日本について歌ったという「USA」をうたいましたが、内容は外国かぶれの歌でした。角田さんは最後には、やっぱり外国はかっこいいとか言っていました。キーボードを持ったケンコバさんが歌いだすとなぜか突然友近さんが登場して、先週多くの謎を残したケンコバさんの新曲は「プリズム」は先週認めなかった友近さんの存在を、結局存在をケンコバさんは認めました。しかも作曲は業者発注であったことも認めました。劇団ひとりさんの新曲「復讐の果てに」はおしりかじり虫が登場し、それもおしりかじり虫にお父さんがおしりをかじられてしまうというスゴイ内容で全員を笑わせてしまうました。特に松丸アナが笑いのつぼに入ってしまった様子で大爆笑をしていました。審査員である東京03の飯塚さんはもうこの歌を聴くのは嫌になったといって牛乳を吹きました、そのくらい今回の劇団ひとりさんの歌は良くも悪くもすごかったということですよね。それにしても今週もゴッドタンは最高でした。次回は日村さんが主役の企画みたいです、これも楽しみですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック