FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『10分あれば書店に行きなさい』 齋藤孝
10分あれば書店に行きなさい (メディアファクトリー新書)10分あれば書店に行きなさい (メディアファクトリー新書)
(2012/10/29)
齋藤孝

商品詳細を見る


今回は齋藤孝著『10分あれば書店に行きなさい』について書いていきたいと思います。


内容
物事を調べたいとき、ネットで検索しただけの情報を鵜呑みにしていないだろうか?

職場のデスクにしがみついていても、そこから何かが生まれることはない。

忙しい毎日のなかでも、10分あれば書店に行く習慣を身につけよう。

書店なら、アイデアの発想や資料探しも、思うがまま。

図書館ほど静かすぎず「今」の空気を感じられるため、
雑談のネタを仕入れたり市場調査を行うにも格好の場所といえる。

街の書店へ行こう!

そこでは隣の本から新しいヒントが、平台から時代が、
ふと惹かれた本から、気づかなかったあなたの内面が立ち上がるのだ!

日々書店を利用する齋藤孝が、
訪れるための準備から棚への目の配り方、集中力を上げるテクニックまで伝える、究極の書店活用術!


感想
この本では、大ベストセラー『声に出して読みたい日本語』の著者と知られる齋藤孝さんが、
自身の経験に基づいた書店活用術や本の活用術について述べています。

本の中で齋藤さんは、自身の書店滞在時間が世界の中でもトップクラスだと思う、と述べていましたが、
その齋藤さんの言葉に嘘はないと思います。

この本を読んでいると、齋藤さんが書店のことについて知り尽くしていることが理解できます。

書店の棚の構成についての解説などは、まさに書店を知り尽くしているからこそ書けるものだと思います。

そのような深い理解がある人が書いているからこそ、
読書好きで書店好きな人にはこの本の言葉がスッと入ってくるわけです。

この本を読むと、読書への活力というか、読書へのモチベーションが上がる感じがします。

この本を読んで書店に行き、書店を存分に活用する生活を送れば、
間違いなくその生活は充実したものになると思います。

これはもう書店に行かずにはいられませんね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック