FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
♯1100 「ニコはちアンケート」で人気がない(?)橘ゆりかの憂鬱
橘ゆりかのチャレンジライフVol.5橘ゆりかのチャレンジライフVol.5
(2013/12/25)
橘ゆりか

商品詳細を見る

今回は、♯1100の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「ニコはちライブ」でした。


今回の「ニコはちライブ」の流れは、以下のような感じでした。

本番前トーク

ニコはちアンケート

つなぎトーク

「ミルキーガール」

MC

「SISTER」

MC

「あこがれアドレイション」

本番後トーク(河村・橘・石田)


今回の「ニコはちアンケート」では、
石田佳蓮(石田氏)が「ミルキーガール」を、
橘ゆりか(ゆりっぺ)が「まけへんで」を、
河村唯(うめ子)が「ア・ナ・ロ・グ」を、ステージで披露する権利をかけて対決しました。

今回の「ニコはちアンケート」の目玉は、
1人で歌うのが大変な「ミルキーガール」を石田氏がどう歌うのか?ということと、
ライブでほとんど披露されていない「ア・ナ・ロ・グ」をうめ子が歌うことができるのか?ということでした。

この2つの目玉に比べるとゆりっぺの「まけへんで」は、
これまでたくさん披露してきた感が強く、インパクト的には弱い感じがしていました。

そんなインパクトが結果に反映されたのか、
石田氏とうめ子が40%台の高い支持率で競り合い、ゆりっぺは1人だけ一桁台でした。

結果的には石田氏が勝利しましたが、
これだけの競り合いだったのでうめ子にとっては気持ちのいい敗戦だったといえるのではないでしょうか。

逆にゆりっぺにとっては納得いかない敗戦だったといえますね(笑)

ゆりっぺが次に「ニコはちアンケート」に出る時は、
是非ともインパクトの強い曲をもって「ニコはちアンケート」に挑むべきですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック