FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
♯1108 長野せりなと古橋舞悠は「voice」を歌っちゃダメ!?
さくらサンキュー (初回盤B)さくらサンキュー (初回盤B)
(2013/02/13)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

今回は、♯1108の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「ニコはちライブ」でした。


今回の「ニコはちライブ」の流れは、以下のような感じでした。

本番前トーク

「女神のパルス」

「想いの詩」

「キャラメルラテ飲み行こー!」

MC

ニコはちアンケート

「voice」

MC

「目には青葉 山ホトトギス 初恋」

本番後トーク(大川・玉川・古橋)


今回の「ニコはちアンケート」では、
長野せりな(せりな)&石田佳蓮(石田氏)&清久レイア(レイアちゃん)、
大川藍(藍ちゃん)&玉川来夢(らむたん)&古橋舞悠(ふるまゆ)が、
ステージで「voice」を披露する権利をかけて対決しました。

「voice」といえば、
遠藤舞(まいぷる)と外岡えりか(とんちゃん)と横山ルリカ(ルーリー)によって歌われた曲ですが、
今回の「ニコはちアンケート」に登場した2組のトリオはそれぞれが誰のパートを歌うかを既に決めていました。

せりなのトリオは、
せりながまいぷるのパートを、
石田氏がとんちゃんのパートを、
レイアちゃんがルーリーのパートを歌うことになっていました。

藍ちゃんのトリオは、
藍ちゃんがとんちゃんのパートを、
らむたんがまいぷるのパートを、
ふるまゆがルーリーのパートを歌うことになっていました。

しかしこのパート分けに、お客さんたちは不満があるようでした。

それを表すように、
せりながまいぷるのパートを、ふるまゆがルーリーのパートを担当するとそれぞれ発表した時、
客席からエーイングが起こったのです。

そんな客席の人気がない(?)2人ですが、今回の勝負を制したのはふるまゆの所属するトリオでした。

せりなにとっては何とも踏んだり蹴ったりな展開となってしまいましたが、
実際これまでの「ニコはちアンケート」ではせりなが好成績を収めてきていますので、
今回の敗戦は「たまにはこういう日もあるさ」ぐらいの感じですかね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック