FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『四畳半王国見聞録』 森見登美彦
四畳半王国見聞録 (新潮文庫)四畳半王国見聞録 (新潮文庫)
(2013/06/26)
森見 登美彦

商品詳細を見る


今回は森見登美彦著『四畳半王国見聞録』について書いていきたいと思います。


内容
「ついに証明した! 俺にはやはり恋人がいた!」。

二年間の悪戦苦闘の末、数学氏はそう叫んだ。

果たして運命の女性の実在を数式で導き出せるのか(「大日本凡人會」)。

水玉ブリーフ、
モザイク先輩、
マンドリン辻説法、
見渡すかぎり阿呆ばっかり。

そして、クリスマスイブ、鴨川で奇跡が起きる――。

森見登美彦の真骨頂、京都を舞台に描く、笑いと妄想の連作短編集。


感想
なんと読みづらい小説なんだ(笑)、
自分はこの本を読み始めた時にそのように思いました。

なぜ読みづらかったのかというと、ものすごい変人の妄想によってこの作品が成り立っているからでしょう。

しかしながらこの本を読み進めると、
少しづつピントが合ってくるように作品の世界観がどんどん理解できるようになってくるのです。

なぜ理解できるようになるかというと、
それはこの作品に出てくる人物たちに少しづつ共感できるようになるからでしょう。

特に自分のようなモテない男には数学氏の気持ちがよく理解できます。

最初に変人だと思っていた人物たちは、実は多くの人が抱くような根源的な悩みを抱えています。

そういった点からいえば、この作品に出てくる変人たちは変人ではなかったのかもしれません。

実はいたって普通の悩みを持つ普通の人たちなのです。

ま、もしかしたら、そんなことを言っている自分こそが変人なのかもしれませんね(笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック