FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
♯1138 アイドリング!!!メンバーが越中詩郎さんに「ヒップアタック」を教わる!!!
mero mero TYPE-A [初回限定盤][CD+DVD]mero mero TYPE-A [初回限定盤][CD+DVD]
(2013/11/13)
アイドリングNEO

商品詳細を見る

今回は、♯1138の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「マニアイドル!!!」でした。

「マニアイドル!!!」とは、他のアイドルが極めていない分野のマニアになるために、
その道のプロにアイドリング!!!メンバーが学ぶという企画です。


今回の「マニアイドル!!!」は、アイドリング!!! 9が「ヒップアタック」について学びました。

今回、メンバーに「ヒップアタック」を教えてくれたのは、
♯1137の「あの人の名前わかるかな? クイズ!○中○郎さん」にも登場したプロレスラーの越中詩郎さんでした。

「ヒップアタック」は越中さんの代名詞とも呼べる技です。

Wikipediaによれば、
「相手をロープに振りつつ追いかけるようにして走り、
ロープの跳ね返り際を狙いひねりながらジャンプして尻を相手の顔面に叩き込む。
怪我をしにくい臀部を使用するため自分にダメージは少ないが、
相手に対して後ろを向くという危険な技のため、実は難易度が高い。」というのがヒップアタックだそうです。

さらにWikipediaには越中さんのヒップアタックについて以下のような記載があります。

「一見して「効いていないのでは?」と言われることもあるが、
実際には尾骶骨がまともに相手の顔面に入るため、衝撃度は見た目以上である。
テレビの実況では「軽い脳震盪を起こす威力」と紹介されるほか、
打たれ強い天龍もこの技を喰らった際には顔を歪めている。
佐藤耕平の歯を折ったことで、その威力が証明された。
また、武藤敬司は越中の尻を、「とんがっている」と例えている。」

この武藤さんの話については、今回の番組の中でも武藤さんがVTR出演して語っていました。

それにしても、「とんがっている」というのはスゴイ表現ですね(笑)

自分であれば絶対に食らいたくありません(苦笑)


今回はそんな「ヒップアタック」について学んでいったわけですが、
最後に越中さんから一番良かったと褒められていたのが佐藤ミケーラ倭子(ミケーラ)でした。

ミケーラといえば空手の黒帯所持者でもありますし、
格闘技の心得があったことが今回の「ヒップアタック」に生きたという感じでしたね。

逆に越中さんからダメ出しを受けていたのは、ミスターことADの植松さんでした。

髪の色も金髪に染め、最近ではアイドリング!!!メンバーよりもかなり目立つ存在になっていますが、
今回もプロレスファンなのに全然できないということで明らかにメンバーよりも目立っていました(笑)

メンバーよりも目立つスタッフが居るというのは、何とも『アイドリング!!!』らしいことですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック