FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『欲望』 主演:板谷由夏・村上淳 監督:篠原哲雄
欲望 [DVD]欲望 [DVD]
(2006/06/23)
板谷由夏、村上淳 他

商品詳細を見る


今回は『欲望』について書いていきたいと思います。


内容
日本映画としてはめずらしく、男と女の性を真正面からとらえ、官能的な映像に結実させた1編。

小池真理子の原作のテーマを損なうことなく、見事に映画化された。

中学時代から正巳に好意を持っていた類子だが、正巳は親友の阿佐緒に想いを寄せていた。

その後、図書館司書となった類子は、妻子ある男との肉体関係に溺れていたときに阿佐緒と再会。

親子ほど年の離れた精神科医と結婚を決めた阿佐緒のパーティに招かれた類子は、そこで正巳とも会う。

時を経た親友3人の関係は、再会によって濃密になっていくのだが、
正巳が性的不能であるという事実が、さらに関係をややこしくしていく。

要所に鮮烈な性描写があり、
なかでも、類子が不能の正巳と何とか結ばれようとするシーンは痛々しくもエロティック。

しかし、映画全体に漂うのは、純愛のようなピュアな美しさだ。

正巳が傾倒する三島由紀夫作品との関係など、文学的要素も多く、結末が、さまざまな想像をかき立てる。

主演3人は、複雑な役を文字通り体当たりで演じきり、背景となる70~80年代のカルチャーが、どこか郷愁を誘う。


感想
エロティックなシーンの多い作品ですが、この作品には生と性という深いテーマが根底にあるといえます。

人間そして生物において生と性というものは引き離すことのできないものです。

またその生の終着点として死が存在します。

生きるということは単純ではありません。

また男と女の関係も単純ではありません。

そんな複雑な人間たちの模様がこの作品には描かれているのです。

こういった作品の内容はもちろんのことですが、主演の板谷由夏さんの体当たりの演技は必見。

エロティックさだけではない板谷さんの深みのある演技は要チェックです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック