FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『重力ピエロ』 主演:加瀬亮&岡田将生 監督:森淳一
重力ピエロ Blu-ray スペシャル・エディション重力ピエロ Blu-ray スペシャル・エディション
(2012/09/05)
加瀬亮、岡田将生 他

商品詳細を見る


今回は『重力ピエロ』について書いていきたいと思います。


内容
発行部数122万部、伊坂幸太郎突破の大ベストセラーの衝撃ミステリーを映画化! !

2009年5月23日全国公開

連続放火事件に隠された家族の真実ー衝撃のミステリー

遺伝子研究をする兄・泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと思っている弟・春。

そして、優しい父と美しい母。

平穏に、そして陽気に過ごすこの家族には、過去に辛い出来事があった。

その記憶を抱えて兄弟が大人になった時、事件は始まる。

謎の連続放火事件と、火事を予見するような謎の落書き(グラフィティアート)の出現。

落書きと遺伝子暗号の奇妙なリンク。

春を付け回す謎の美女と、突然街に帰ってきた男。

すべての謎が解けたとき、24年前から今へと繋がる家族の“謎"が明らかになる―


感想
世の中にはこの一文があるからこの本は成功だと思える素晴らしい一文があります。

それと同じで、この1シーンがあるからこの映画は成功だと思える素晴らしいシーンがあります。

この『重力ピエロ』にもそんな素晴らしいシーンがあります。

血の繋がりがないはずの親子が似た癖を持っている、そんな1シーンに自分は心を打たれました。

もちろんそれ以外のストーリー展開だったり、主演の加瀬亮さんと岡田将生さんの演技であったりと、
この映画には特筆すべき点はたくさんあるわけですが、やはり自分はこのシーンが印象に強く残っています。

これは原作者である伊坂幸太郎さんの凄さなのかもしれませんが、
伏線をしっかりと張りそしてそれをしっかりと回収するという部分は観ていて本当に気持ちが良いです。

一見すれば刺激的な内容の映画ですが、何とも心地の良い空気が流れる映画でもあります。

かなりおススメです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック