FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
モーニング娘。'14の新曲『見返り美人』は踊る演歌!?
モーニング娘。'14のニューシングル『TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人』10月15日に発売されます。

今回のシングルはこの秋でグループを卒業する道重さゆみ(さゆ)にとってのラストシングルで、
モーニング娘。'14のシングルとしては初めてさゆのソロ曲(「シャバダバ ドゥ~」)がA面となっています。

そんな注目のニューシングルですが、
さゆ以外の9人が歌うという「見返り美人」に関してはまだ全貌が明らかになっていません。


そのような中で『日刊スポーツ』に「見返り美人」についての記事が載っていましたので、以下で紹介します。

「モーニング娘。’14が、オリジナルでは初めて演歌の楽曲をリリースすることが22日、分かった。
タイトルは「見返り美人」。
10月15日リリースのトリプルA面シングルに収録される。
プロデューサーのつんく♂(45)ではなく、
演歌の作詞作曲家が手掛けた歌詞とメロディーに乗って、フォーメーションダンスも披露する。

スローテンポで、重厚なメロディーに合わせて、和風テイストの歌詞が紡がれる。

<歌詞>一世一代 艶姿(あですがた) この世は浮世絵 夢か幻

このフレーズの際も、メンバーたちは、1列になってフォーメーションを変えながら踊っている。
その様は、ダンスというよりは滑らかな舞い。
イントロや間奏にフォーク調の部分もあるが、歌心やさびの盛り上がりは紛れもないド演歌だ。

モー娘は、五木ひろし(66)が企画した
作詞家の故阿久悠さんのカバーアルバム「COVER YOU」(08年発売)内で、
「居酒屋」を歌ったことがあるが、オリジナル曲としては初の演歌ナンバーになる。
作曲は「ふたり酒」(川中美幸)「天城越え」(石川さゆり)の弦哲也氏、
作詞は「越冬つばめ」(森昌子)の石原信一氏が手掛けた。

モー娘がプロデューサーのつんく♂以外の曲を歌うのは、
デビューシングル「モーニングコーヒー」(98年)のカップリング曲「愛の種」以来16年ぶり。
今作は、11月にグループを卒業するリーダー道重さゆみ(25)を送り出す曲として制作され、
道重以外の9人が歌い踊る。
つんく♂は制作までの経緯を「11年間頑張ってきた道重へ後輩が贈る歌です。
後輩思いの道重の古典的な部分=『良い女』を『和』として表現するには、
日本の伝統を重んじて曲を作られてこられた先生方にお願いした方が良いと思いました」と説明した。

トリプルA面の他の2曲は、つんく♂が作詞作曲した「TIKI BUN」と「シャバダバ ドゥ~」。
道重もパフォーマンスに参加している。」


「踊る演歌」なんていう風に見出しに出ていましたが、実に面白い試みですね。

和テイスト全開の曲に最新のフォーメーションダンスが加わるわけですから、
全く新しい化学反応が起きることも期待できます。

とりあえず今は曲の全貌が明らかになっていませんので、それが明らかになる日を楽しみに待ちたいと思います。



TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人(初回生産限定盤A)(DVD付)TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人(初回生産限定盤A)(DVD付)
(2014/10/15)
モーニング娘。'14

商品詳細を見る

TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人(初回生産限定盤B)(DVD付)TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人(初回生産限定盤B)(DVD付)
(2014/10/15)
モーニング娘。'14

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック