FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
アメトーーク
ariyoshi01.jpg

今回は3月13日に放送された、アメトーークについて書きたいと思います。今回のアメトーークは年間流行語大賞&大反省会が行われました。スタジオにはアメトーークゆかりのゲスト関根勤さん、カンニング竹山さん、ケンドーコバヤシさん、イジリー岡田さん、有吉弘行さん、ペナルティさんが集まりました。早速行われたのは流行語大賞の部門でした、ここではアメトーークで話題となった言葉がたくさん出てきたんですが、まず自分の印象に残っていたのは、逆に歳をさば読むアイドルのことをどう言うかで関根さんが言い放った「純川夏」というブラックな言葉でした。そのほかにも、おぎやはぎの小木さんがよくアメトーークでやっている有名人の名前を絶対言わないゲームの中に出てきた「ねじまはじま」などの言葉が出てきましたが、アメトーーク流行語大賞に輝いたのは有吉さんが品川庄司の品川さんに言い放った「おしゃべりクソヤロー」でした、この言葉は何度聴いてもすごい言葉ですよね(笑)続いて反省すべきシーンについてだったのですが、ここではなんといってもワッキーさんがダントツでした、何を言ってもうけることがないという逆にすごすぎる状況が選ばれました。そして全体を通しての大賞にはバナナマンの日村さんが選ばれました、なぜスタジオにも来ていなかった日村さんが選ばれたかといいますと、学生時代にいじめが日村さんに対してあったんではないかと思わせる卒業アルバムの日村さんの顔写真へのいたずら書きそしてそれを必死に消したあとがあるというあまりにも強いインパクトがある写真があったためスタジオにもいなかった日村さんが選ばれたわけです。受賞を伝えるために雨上がりのお二人が別仕事の収録が終わった日村さんの元へ行きました。その写真を大きなパネルにして受賞をお祝いにいきいました、日村さんはいつものようにいじめはなかったと否定していましたが、本当のところはどうだったんでしょうかね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック