FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』 声の出演:杉田智和、阪口大助など 監督:藤田陽一
劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ(通常版) [DVD]劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ(通常版) [DVD]
(2013/12/18)
杉田智和、阪口大助 他

商品詳細を見る


今回は『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』について書いていきたいと思います。


内容
"ある力"によって、唐突に自分のいない未来の世界に投げ出された銀時は、
崩壊した江戸の町並みを目の当たりにする。

荒れ果てた地球に残されたのは、
貧しい者、
これを機に政府を潰そうとする攘夷志士、
法の緩みを利用するゴロツキども、
そして、ケツをまくって逃げるのが性に合わない頑固者だけ。

さまよう銀時は、ふたりの若者に出会う。

腰に差す洞爺湖の木刀で颯爽とゴロツキを蹴散らすメガネの青年。

そして、巨大な犬を引き連れ、銀時の着流し模様をあしらったチャイナ服の美女。

それは、成長した新八と神楽の姿だった。

やがて銀時は、次々と変わり果てた未来の姿と、衝撃の事実を目の当たりにする。

―時代は移り、世界は変わっても、"変わらないもの"が、きっとある。―


感想
『週刊少年ジャンプ』にて2004年から好評連載中の『銀魂』。

この人気漫画がアニメ化されたのは2006年のことでした。

アニメ『銀魂』は放送開始以来、中断期間などを挟みながら、3期に渡って2013年まで放送されました。

そんな多くの人気を集めたアニメ『銀魂』の「ラストエピソード」として公開されたのが、
この『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』です。

9割のおふざけと1割の本気というのが『銀魂』の持ち味だといえます。

9割のおふざけがあるからこそ1割の本気が活きてくる、
まさに『ドラえもん』における映画版のジャイアンみたいなもので、その1割の本気が本当に心に響いてくるのです。

この『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』はまさにそうで、
前半で散々ふざけておいて、クライマックスに向かうにつれてシリアスになり、どんどん作品に引き込まれていきます。

そして作品が終わった時、大きな感動に包まれるのです。

自分はエンドロールが流れ始めた時に涙が止まりませんでした。

『銀魂』を知る人ならば、絶対観たほうがいい、否、絶対観なきゃならない作品です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック