FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『イノセント・ゲリラの祝祭』 海堂尊
イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)
(2010/01/08)
海堂 尊

商品詳細を見る


今回は海堂尊著『イノセント・ゲリラの祝祭』について書いていきたいと思います。


内容
加納が事件発覚に一役買った、
宗教団体「神々の楽園」の信者リンチ死事件が警察の初動捜査ミスの問題を含め、話題を集めていた頃、
高階に厚労省の会議に出席することを頼まれた不定愁訴外来責任者の田口は、
依頼主の白鳥直々の指名によって渋々会議に出席することになる。

東京・霞ヶ関に向かった田口は
「病院リスクマネジメント委員会標準化検討委員会」のモデル事業に関する会議、
「医療関連死モデル事業」に出席する。

だがその会議は、
医療事故を調査するための独立した組織創設の検討を目的とした「医療事故調査委員会創設検討会」へと発展。

今まで会議の主催者として舵取りをしてきた白鳥はその舵を取られる形になり、
田口もその会議の参加者として連ねられる。

この検討会自体も有耶無耶にしようとする官僚や、
自分達の立場を死守せんとする教授達、
そしてかつて医師や厚労省を揺るがす大きな問題を起こした彦根新吾も介入し、
「医療事故調査委員会創設検討会」に波乱を呼び起こす。



感想
この『イノセント・ゲリラの祝祭』は「田口・白鳥シリーズ」の第4作目となる作品です。

それまでの
『チーム・バチスタの栄光』、
『ナイチンゲールの沈黙』、
『ジェネラル・ルージュの凱旋』は桜宮市の東城大学医学部付属病院を舞台としていましたが、
この作品では白鳥が属する厚生労働省が主な舞台となっています。

これまでのミステリー要素は薄まり、その代わりに厚労省主催の会議を巡る攻防を描かれています。

なのでこれまでの「田口・白鳥シリーズ」ファンからすれば異質な作品のように感じられるかもしれません。

著者である海堂尊さんは実際に厚労省主催の会議に出席されており、
ご自身で「我ながら実に素晴らしく厚労省主催の会議を物語化できた」と評されるくらいに、
会議の場面はリアルな仕上がりになっているようです。

そのようなことを頭に入れて読んでみると、この会議の煮えきらなさや官僚の態度に苛立ちを覚えます。

日本の医療を司る厚労省が主催する会議の実態を知る上でも是非読んでおきたい一冊です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック