FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『酔っ払いは二度ベルを鳴らす~ススキノエッセイ~』 東直己
酔っ払いは二度ベルを鳴らす (光文社文庫)酔っ払いは二度ベルを鳴らす (光文社文庫)
(2005/06/14)
東 直己

商品詳細を見る


今回は東直己著『酔っ払いは二度ベルを鳴らす~ススキノエッセイ~』について書いていきたいと思います。


内容
この本の効能……

飲む人も飲まない人も、
読むだけでほろ酔い気分で幸せになれる。

酒飲みとしての嗜みが身に付く(?)。

この本の副作用……

無性に酒場へと駆けつけたくなる。

人前で読むと、
つい吹き出したりニヤニヤして、
赤面する羽目になる。

ススキノで飲んでン十年のハードボイルド作家が、
見て聞いた人間模様。

何度読み返してもしみじみ楽しい傑作エッセイ!

(『「すすきのバトルロイヤル」「ススキノハードボイルドナイト」』改題)


感想
お酒にはトラブルがつきものです。

それが、北の歓楽街・ススキノで飲んでン十年の東直己さんともなれば、
そのトラブルの数は果てしない(?)ものとなります。

この本ではそんな東さんの失敗体験、
さらには東さんが酒場で見つけた失敗しちゃった人たちのことが数多く書かれています。

東さんは紛れもない日本を代表するハードボイルド作家ですが、
それと同時にユーモアに溢れた文章を書かせたピカイチの才能を持つ作家でもあります。

そんな東さんの才能がこの本では最大限に生かされています。

酒場で見つけた残念な人(?)たちのことが面白おかしく書かれています。

思わず吹き出してしまうこと請け合いです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック