FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『七人のおたく cult seven』 出演:内村光良、南原清隆ほか 監督:山田大樹
七人のおたく [DVD]七人のおたく [DVD]
(2002/03/20)
内村光良、南原清隆 他

商品詳細を見る


今回は『七人のおたく cult seven』について書いていきたいと思います。


内容
ミリタリーおたく・星亨(南原清隆)の誘いに乗って集まった、
格闘技おたく・近藤みのる(内村光良)、
パソコンおたく・田川孝(江口洋介)、
無線おたく・水上令子(浅野麻衣子)、
アイドル&改造車おたく・国城春夫(武田真治)らは、
田川の連れてきた美女・湯川りさ(山口智子)も加わった6人で井加江島へ向かった。

星が彼らを仲間に入れたその「計画」とは、令子が盗聴した電話の会話をもとに、
田川がパソコンの合成音で作ったニセの電話で島の網元・高松家の家人をおびき出し
留守の隙をついて近藤と星が赤ん坊・喜一を奪うというものだったが、
最後のところで国城が逃走用の船の改造に失敗して計画は失敗。

彼らはそこに現れた高松(中尾彬)の元妻のティナから、
夫の冷酷な仕打ちに耐えきれず息子の喜一とともに家出したが、跡取り欲しさに喜一を奪い去られ、
それをティナの住むアパートの階下に住んでいた星が聞き今回の奪還計画に至ったことを知る。

近藤以外の仲間は第2次作戦への参加を拒否していったん東京に帰ってしまった。

だが星と近藤が2人で計画を練っていた時に、
高松の部下で伝説のフィギュア(人形)おたく・丹波達夫(益岡徹)が新たに仲間に加わり、
帰った連中も戻ってくる。

こうして7人になった「おたく」たちは、再び喜一奪還作戦を実行。

それぞれの得意ジャンルを駆使した計画で喜一を奪い戻し、母親ティナの元に送り届けるのだった。


感想
この『七人のおたく cult seven』は公開当時、ウッチャンナンチャンが主演したということで注目を集めました。

お笑い芸人が主演した映画ということで内容がないんじゃないかと思われるかもしれませんが、
意外と内容が詰まった映画であります。

しかしながら今日ではほとんど思い出されることの少ない映画となってしまいました。

自分はそんな扱いが残念でなりません。

若き日のウッチャンナンチャンの躍動し、
そしてそれと連動するようにストーリーがリズムよく進んでいくのがとても気持ちの良い映画です。

一見の価値ありです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック