FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
その黄金は時を経るほどに輝きを増して―人気種牡馬・ステイゴールドが急死
現役時代は香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシックを制し、
近年はオルフェーヴルを送り出すなど種牡馬として活躍してきたステイゴールドが2月5日に急死しました。

死因は大動脈破裂でした。


その死の直後である2月5日に『サンケイスポーツ』のweb版に掲載された記事は以下の通りです。

香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシックを制し、
種牡馬としてもオルフェーヴル、ドリームジャーニーなどを送り出して活躍してきた
ステイゴールド(牡21歳、父サンデーサイレンス、母ゴールデンサッシュ)が、2月5日に急死した。

種牡馬として北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションに繋養されていたが、
5日午後2時に種付けをしたあと、様子がおかしいことにスタッフが気付き、
北海道苫小牧市の社台ホースクリニックに輸送されて検査を受けた。
その段階では、はっきりした原因が分からず、
いったん同クリニックの馬房に戻ったものの、その後に苦しみだして容態が急変。
稀代のサクセスストーリーを刻んだ人気者は天に召された。
関係者によると死因は分かっておらず、今後詳しく調べられる。

ステイゴールドは1994年3月24日に白老ファーム(現・社台コーポレーション白老ファーム)に産まれ、
栗東・池江泰郎厩舎からデビュー。
重賞になかなか手が届かないながらも大舞台で善戦を続け、ファンに愛された。
6歳春のGII目黒記念で待望の重賞初制覇。
さらに7歳になって、海外初参戦で挑んだドバイシーマクラシック(当時はGII格付け)を勝つと、
引退レースとして臨んだ香港ヴァーズで感動のGI初制覇を成し遂げ、有終の美を飾った。

種牡馬入り当初はあまり人気もなかったが、小柄ながらも活躍する産駒が続々と登場。
3冠馬で、フランスGI凱旋門賞で2年連続2着のオルフェーヴルや、
その全兄でGIを3勝したドリームジャーニー、さらにナカヤマフェスタ(宝塚記念)を送り出し、
現役にもゴールドシップ(栗東・須貝尚介厩舎、牡6歳)、フェノーメノ(美浦・戸田博文厩舎、牡6歳)、
レッドリヴェール(栗東・須貝尚介厩舎、牝4歳)といったGI馬がいる。

馬産地でも期待は大きく、
今春も多くの種付けが予定されていた(2015年度の種付け料は600万円)だけに、
関係者に与えた衝撃は大きい。」


ステイゴールドは現役時代、なかなかシブい印象のある馬でした。

現役時代のステイゴールドには、一線級というか、スターホースというイメージはなかったといえます。

血統は間違いなく一線級ながら、GIでは勝ち切ることができない馬でありました。

それをよく表したのが4歳の時の戦績で、
この年、ステイゴールドは、GI天皇賞・春、GI宝塚記念、GI天皇賞・秋といずれも2着に終わったのです。

そんな彼のことを競馬ファンは「シルバーコレクター」と呼びました。

名前は「ゴールド」なのに「シルバー」コレクターと呼ばれたのは何とも皮肉だったともいえます。

しかしながらステイゴールドは最後の最後、引退レースで初めてのGI制覇を果たします。

つまり最後の最後にゴールドを手にしたわけです。

そんな彼が種牡馬入りを果たすと、
周りの低い下馬評を覆すように、次々とその子供たちが活躍を見せました。

時を経れば経るほどその黄金(ゴールド)は輝きを増してきましたが、
きっとこれからもその黄金は残された子供たちの中でより輝きを増していくことでしょう。



ステイゴールド 旅路の果てに [DVD]ステイゴールド 旅路の果てに [DVD]
(2005/12/14)
服巻滋之、 他

商品詳細を見る

黄金の旅路 人智を超えた馬・ステイゴールドの物語黄金の旅路 人智を超えた馬・ステイゴールドの物語
(2014/05/20)
石田 敏徳

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック