cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
なぜあなたは自殺という選択肢を選んだのか?―JRA後藤浩輝騎手が自殺
2015年2月27日、日本競馬界に衝撃が走りました。

日本を代表するジョッキーの一人である後藤浩輝騎手が自宅で首をつって死亡しているのが発見されたのです。

自殺とみられています。


このことについて『サンケイスポーツ』に記事が掲載されていたので以下で紹介します。

「27日の午前に茨城県阿見町の自宅で、
JRA1447勝の実績を誇る後藤浩輝騎手(40)=美浦・フリー=が首をつっているのが発見された。
自殺とみられる。

競馬界に激しい衝撃が走った。
現役トップジョッキー、それも度重なる大けがから不屈の闘志で立ち直って復帰したばかりの後藤騎手の自殺。
ショッキングなニュースが駆け巡り、早朝のトレセンは沈痛な空気に包まれた。
関係者によると、前夜までは普段と変わりない様子で過ごしていたという。
28日、3月1日にも計15鞍の騎乗予定が入っており、関係者は突然のできごとによる対応に追われた。

後藤騎手は1992年に美浦・伊藤正徳厩舎からデビュー。
早くから騎乗技術の高さを評価され、また、技術向上への意欲も人一倍のものがあった。
96年には単身、渡米して半年間の武者修行に出るなど、
アグレッシブな姿は関係者だけでなくファンにも高く評価され、ファンサービスにも積極的に貢献していた。

12年のNHKマイルCで落馬した際に頸椎骨折の疑い、
頸髄不全損傷と診断され、復帰したばかりの同年9月には再び落馬。
第一、第二頸椎骨折、頭蓋骨亀裂骨折の重傷を負ったが、13年10月に復帰した。
さらに14年にも4月に落馬負傷して再び頸椎を骨折したが、
11月に復帰するなど、ここ数年は大きなけがを立て続けに負ったが、
その都度、不死鳥のごとく回復してファンの喝采を浴びていた。
先週21日にもダイヤモンドSで落馬したが、翌日の京都競馬では騎乗して2勝をマークしており、
関係者も「動機に思い当たる面はない」と悲嘆にくれながら困惑している。

JRAの通算成績は1万2949戦1447勝。
重賞は53勝で、
GIは安田記念(02年アドマイヤコジーン、10年ショウワモダン)、
朝日杯フューチュリティS(04年マイネルレコルト)、
ジャパンCダート(06年アロンダイト)、
オークス(11年エリンコート)の5勝。」


後藤騎手が死んだなんて未だに信じられません。

このニュースを見た時、自分の中の時間が一瞬ストップしました。

まさか?嘘だろ?、という感じです。

かつて深夜の競馬番組でおどけてみせていたあの後藤騎手と自殺ということが、
自分の中で全く一致しないのです。

今はただ安らかに眠ってくれることを祈ることしかできませんが、
これが日本競馬界にとって大損失であること考えると、
やっぱり「バカヤロー!」と、スタンドからヤジを飛ばす観客のように後藤騎手に怒鳴りたいです。



後藤浩輝の“戯言”後藤浩輝の“戯言”
(2004/08)
後藤 浩輝

商品詳細を見る

意外に大変。意外に大変。
(2002/05)
後藤 浩輝

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック