cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
Berryz工房メンバーがそれぞれの道を歩み出した―Berryz工房ラストコンサート2015
3月3日、「Berryz工房ラストコンサート2015 Berryz工房いくべぇ~!」が日本武道館が行われました。

このラストコンサートについては以前このブログでも取り上げましたが、
コンサートの詳細なレポートが『webザテレビジョン』に掲載されていたので今回は紹介したいと思います。


そのレポートは以下の通りです。

「3月3日、この日で無期限活動停止に入ったBerryz工房のラスト公演、
「Berryz工房ラストコンサート2015 Berryz工房いくべぇ~!」が 武道館で開催され、
彼女たちの最後の姿を見届けようと多くのファンが詰め掛けた。

「スッ!」の掛け声で始まるライブの鉄板曲「スッペシャル ジェネレ~ション」のイントロが流れると、
メンバーの登場を待ちわびていた会場は、1曲目から盛り上がりを見せた。

その後、長年ライブで歌われることがなかった「21時までのシンデレラ」が披露され、
曲中ではシンデレラ城をモチーフにしたステージでメンバーが早着替えをし、シンデレラ姿に変身。
そして、デビュー曲「あなたなしでは生きてゆけない」を熱唱した後、
Berryzの歴史を振り返る懐かしいVTRが流れた。

VTR明けでは猿の格好をしたメンバーが登場し、
独特なモンキーダンスが特徴の「行け 行け モンキーダンス」や
海外でも人気が高い「cha cha SING」で会場のボルテージはさらに上がる。

MCでは嗣永桃子が
「今朝、(徳永)千奈美が警備員さんに『パス見せてください!』って止められているすごい光景を見てしまったの。
11年間Berryz工房だったのにBerryz工房と認められなかった(笑)」と爆笑エピソードを披露すると、
徳永が「『出る人です』って小さく言って通してもらったけど、
11年間Berryz工房やってて5本の指に入るくらいショックだった(笑)」と明かした。

その後、懐かしい曲やライブの定番曲を織り交ぜながら進み、
アンコールでは、節目に必ず歌われる「Bye Bye またね」を歌い上げ、メンバーからのあいさつへ。

菅谷梨沙子は
「今日で終止符を打つっていうのがまだ考えられないです。
楽しかったこともあったけど、正直つらかったこともいっぱいありました。
でも周りの皆さんがいたからここまでやってこられたんだと思います。ありがとうございます。
残念ながら今日はこんな声なんですけど、精一杯歌えたので後悔はありません」と涙ぐみながら振り返った。

熊井友理奈は
「約12年半、芸能界で活動してきて、私って周りに本当に恵まれているなあと感じています。
私はどんな時も『ENJOY!』という言葉を大事にしてきたんですけど、
デビュー当時アンケートで『楽しむ』って書いたのをマネジャーさんに書き変えられてて(笑)
でも11年間言い続けてきて、よかったです。
皆さんの『ENJOY!』を聞きたいので、一緒に言ってもらえますか?」と問い掛け、
会場が一体となって『ENJOY!』と3回コールした。

夏焼雅は
「小さい時は、好きな歌を歌ってキラキラした衣装をたくさん着て、
好きなことばっかりできるってちょっと舐めてました(笑)。
まだまだ大きなステージで歌って踊りたいという気持ちはありますが、
みんなからたくさんの愛と幸せな時間をいっぱいもらって満足です」と涙し、
最後に会場の端から端まで大きな「みやビーム」を響かせた。

須藤茉麻は
「ハロプロキッズ時代、『なんでオーディションを受けたんですか?』って聞かれると
『モーニング娘。さんが大好きで受けようと思いました』って言ってたんですけど、
本当は妹のついでに受けたんです(笑)。だから当時、モーニング娘。もアイドルにも興味がありませんでした」と
まさかのカミングアウトに会場は大爆笑。
続けて「約12年半前の6月30日、あの日に戻るとしても絶対に同じ道を選ぶと思います」と
普段涙を見せない須藤が、泣きながら必死に思いを伝えた。

いつもは元気いっぱいな徳永も
「自分たちで決めた道なんですけどやっぱりあしたからバラバラになると思うとすごく寂しいです」と声を震わせ
「だけどこの活動停止はネガティブな気持ちではなくて、ポジティブな気持ちで決めたことです。
活動停止を発表してから、時が過ぎるのがあっという間で、正直寂しい気持ちがいっぱいです。
Berryz工房が好きなんだということに気付かされました」とBerryz愛を語った。

嗣永は
「Berryz工房での活動は本当に楽しくて、この活動停止を決めたのは、すごく決心が要りました。
突然活動停止しますなんて言って、とことんワガママなグループだなあと思うんですけど、
そんなBerryz工房を愛してくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。
明日からはバラバラな道を進むけど、心は一つだと思ってます。
皆さん、ももちの大好きなBerryz工房を大好きになってくれて、本当にありがとうございました!」と
笑顔であいさつした。

清水は
「ファンの皆さんが握手会で
『キャプテンはメンバーだけのキャプテンじゃなくてファンのキャプテンでもあるんだよ』って言ってくれた時、
11年間頑張ってきて、本当に良かったなって思いました。
Berryz工房は、今日で活動停止になりますが、永久に不滅です! 
この11年間は、私たちBerryz工房の一生の宝物です。
すてきな思い出を本当にありがとうございました」と締めくくった。

最後は、11年間の集大成曲「Love together!」をピアノ演奏のみのしっとりとした雰囲気の中で、
これまでの活動を振り返るような歌詞の一つ一つをかみしめながら歌い上げ、11年間の活動に幕を下ろした。」


11年という時間は決して短いものではありません。

0歳だった赤ちゃんが小学5年生になってしまうような年数なので、それは当然長い時間だといえるでしょう。

そんな年数をメンバーはBerryz工房として過ごしてきたのです。

とんでもないことです。

それだけの月日を共に過ごしてきたのだから当然のように思い出はたくさんあるはずです。

ラストコンサートの中でメンバーの口から語られた過去の思い出は、
メンバーの貴重な思い出であると同時に、Berryz工房ファンにとっても忘れられぬ思い出であります。

そんな思い出を胸にBerryz工房メンバーはこれからそれぞれの道を歩んでいきます。

Berryz工房を観られなくなるのはとても寂しいですが、
これからそれぞれの道で活躍する姿を見せてほしいと思います。

期待しています。



アイドル最前線2015 (洋泉社MOOK)アイドル最前線2015 (洋泉社MOOK)
(2015/02/16)
不明

商品詳細を見る

完熟Berryz工房 The Final Completion Box(通常盤)完熟Berryz工房 The Final Completion Box(通常盤)
(2015/01/21)
Berryz工房

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック