cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
♯1225 『アイドリング!!!』の人気企画「ディスのカードゲーム」は放送時間を考えることが重要(?)
ユキウサギ (初回盤B)(Blu-ray Disc付)ユキウサギ (初回盤B)(Blu-ray Disc付)
(2014/12/24)
アイドリング!!!

商品詳細を見る

今回は、♯1225の『アイドリング!!!』について書いていきたいと思います。

この回の企画は「ディスのカードゲーム」でした。

「ディスのカードゲーム」とは、
グループの中に1人だけいる「名無しさん」を見つけ出すというゲームです。


では、「ディスのカードゲーム」のルールを紹介したいと思います。

まずグループの中に仲間をディスる「名無しさん」が1人います。

ゲームはネットの世界とリアルの世界に分かれていて、
その「名無しさん」はネットの世界でメンバーに対しての悪口が書かれたカード提示します。

リアルの世界ではそのカードに書かれたことを見ながら、
どのメンバーが書いたのかを推理し、多数決で脱落させるメンバーを決めます。

最後の2人になるまで脱落しなければ「名無しさん」の勝利、
最後の2人になる前に「名無しさん」を脱落させればその他のメンバーの勝利となります。


今回、この「ディスのカードゲーム」に挑戦したメンバーは、
高橋胡桃(くるみん)、
石田佳蓮(石田氏)、
玉川来夢(らむたん)、
古橋舞悠(ふるまゆ)、
関谷真由(せきまゆ)、
橋本瑠果(るかぴょん)、
佐藤麗奈(さとれな)、
佐藤ミケーラ倭子(ミケーラ)、という8人でした。

そしてこのメンバーの中で「名無しさん」を今回務めたのは、せきまゆでした。


今回は久しぶりに「ディスのカードゲーム」が放送されました。

オープニングでMCの升野さんが言っていましたが、この企画にはとある注意点があります。

それは、早い段階で「名無しさん」が見つかってしまうと放送時間が余ってしまうという問題です。

オープニングで升野さんが釘を刺したおかげか、
今回は早い段階で「名無しさん」が見つかってしまうということはありませんでした。

放送時間を考えながらゲームをしなければならないのですから、
「ディスのカードゲーム」もなかなか楽な企画ではありませんね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック