cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ハロプロリーダー・矢島舞美が明かしたつんく♂との“筆談”でのやりとり
ハロプロのプロデューサーであるつんく♂さんが声帯の摘出手術を受けたことを発表しました。

この発表を受け、ハロプロメンバーやモーニング娘。OGのコメントが次々と出てきています。

そういった中で現在ハロプロのリーダーを務める℃-uteの矢島舞美(舞美ちゃん)が4日にブログを更新し、
その中でつんく♂さんへの思いを綴っていました。


そのことが『デイリースポーツ』で記事になっていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクトのリーダーで℃-uteの矢島舞美(23)が4日深夜、ブログを更新し、
声帯のがんで昨年10月に全摘出手術を受けたことを公表した音楽プロデューサー・
つんく♂(46)への思いをつづった。

道重さゆみの後任として、昨年11月に5代目ハロプロ・リーダーに就任した矢島。
プロデューサーであるつんく♂ががんであることは知っていたとみられ、
「私たちがお会いする時もいつもケータイに文字を打って、伝えて下さっていました」と
メンバーとのやりとりをつんく♂が“筆談”形式で、ケータイの画面を通じて行っていたことを打ち明けた。

4日午後11時半すぎに更新したブログの終盤、矢島は
「本日、つんく♂さんが、癌の摘出手術を行い、声を失ったことを発表していました。」と言及。

「私たちがお会いする時もいつもケータイに文字を打って、伝えて下さっていました。
ケータイに打たれた文字からは、いつも私たちの事を凄く考えて下さっている事が伝わってきます。」と明かした。

4月1日に発売された新曲の中の1曲
「The Middle Management~女性中間管理職~」もつんく♂が作詞。
同曲について
「長年私たちを見てくれているつんく♂さんだからこその、
詞がそこにあると思って、とても嬉しかったです。」と記し、
「つんく♂さんの作って下さる歌を歌える事に感謝して、
これからも大切に歌い続けて行きたいです!!」と前を向いて決意をつづっていた。」


歌手にとって歌を歌えなくなる、声を失うということはとんでもない苦しみだといえます。

そういった中でつんく♂さんは自身がプロデュースするアイドルに提供する楽曲を自分で実際に歌って、
それを収録したものを仮歌としてアイドルたちに渡していました。

そのためか、ハロプロメンバーに代表されるように、
つんく♂さんがプロデュースしたアイドルは「つんく♂歌唱」とも呼ばれる独特な歌い方をするのです。

まさに歌手・つんく♂の影響力の大きさを表しています。

だからこそ今回の発表はハロプロメンバーにとっても衝撃的だったでしょう。

しかしながらつんく♂さんがプロデューサーを辞めるわけではありません。

これからもつんく♂さんにはプロデューサーとしてハロプロを良い方向に導いていってほしいと思います。



(文庫)一番になる人 (サンマーク文庫)(文庫)一番になる人 (サンマーク文庫)
(2011/06/14)
つんく♂

商品詳細を見る

矢島舞美 写真集 『 タビオト 』矢島舞美 写真集 『 タビオト 』
(2011/11/27)
佐藤 裕之

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック