cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
人の善意を踏みにじることの罪深さ―ペットボトルキャップ回収NPO、ワクチン代金寄付せず
ペットボトルのキャップを集めて世界中の子供たちにワクチンを届ける。

そんな素敵な運動を知っている方は結構多いのではないでしょうか。

自分も何度かこういった運動があることを耳にしたことがあり、
実際にスーパーの店頭などで回収のBOXが置かれているのを目にしたことがあります。

この運動をしているのは「エコキャップ推進協会」というNPO法人なのですが、
実はこのNPO法人は1年半前からワクチン代を寄付していなかったそうなのです。


このことが『ITmedia ニュース』にて記事になっていたので以下で紹介します。

「ペットボトルのキャップを集めてリサイクルすることで
世界の子どもたちにワクチンを届けるという運動を進めるNPO法人「エコキャップ推進協会」が、
1年半前からワクチン代を寄付していなかったとして、
「結果的にエコキャップがワクチンにならなかった」として謝罪するコメントをWebサイトに掲載した。

「使い道の方向転換を図った事実を連絡しなかったことが今回の誤解を招いてしまったと反省している」という。
今後は「国境なき医師団」などへの寄付を行うという。

この問題では、同日付けの朝日新聞が、
同協会がキャップの売却益があるにもかかわわらず、ワクチン代を寄付していないことが分かったと報道。
記事によると、同協会の矢部信司理事長は事実関係を認め、
「(キャップを集めている協力者を)裏切り申し訳ない」と話したという。

同協会は、一般から集まったキャップはリサイクル業者に売却し、
売却益の一部を認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会」(JCV)に寄付してきた。
だがJCVは昨年12月、同協会の寄付が2013年9月以降ストップしていることを明らかにし、
「ペットボトルキャップを集めてくださっている支援者のみなさまの善意や信頼に背くもの」として
再三呼び掛けたが、善処されなかったとして説明を求めていた。

同協会はWebサイトで、JCVへ寄付が滞り、
「結果的に皆様のエコキャップがワクチンにならなかったこと、
またそれをご報告しなかったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪し、今後について説明した。

13年度まではJCVに寄付したきたが、
「ポリオの撲滅が99%達成されている」として、「次にどの様な方法で社会貢献させていけるのか考えた」という。
この段階で報告しなかったことが「誤解を招いてしまった」という。

この結果、障害者施設との連携によるキャップリサイクルの推進と、
「国境なき医師団」への寄付を今後の柱に考えているという。
国境なき医師団へは国際ロータリーを通じて寄付するとしている。
また「このほかにも、エコキャップで得た売却益は国内外にこだわらず
皆様に納得いただける使い道を考えていきたい」と説明している。」


この運動に参加していた人たちは皆が善意でこのNPO法人にペットボトルキャップを託していたのだと思います。

そういったことからいってもこのNPO法人の行動はその善意を踏みにじったものだといえます。

これは非常に罪深いです。

そしてこの運動に参加していた人たちの怒りそして落胆は大きいでしょう。

記事の最後にあるように、寄付する先を変更するのであれば、
それを明確に告知した上で再度また運動をしてほしいと思います。

ちゃんとした説明がなければ人々は納得できないでしょう。



ちいさい・おおきい・よわい・つよい no.85―効果は?安全性は?ヒブ、肺炎球菌、日本脳炎、ポリオ・ワクチンちいさい・おおきい・よわい・つよい no.85―効果は?安全性は?ヒブ、肺炎球菌、日本脳炎、ポリオ・ワクチン
(2011/12/25)
山田 真、 他

商品詳細を見る

善意で貧困はなくせるのか?―― 貧乏人の行動経済学善意で貧困はなくせるのか?―― 貧乏人の行動経済学
(2013/02/09)
ディーン・カーラン、ジェイコブ・アペル 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック