cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ハロー!プロジェクトを代表する世代「ばくわら世代」とは一体何なんだ?
モーニング娘。とアンジュルムに新メンバーが加入したり、
カントリー・ガールズとこぶしファクトリーが登場したりと新たな動きが活発になっているハロプロですが、
当然のようにその動きに伴って新たなるメンバーがハロプロの仲間入りを果たしました。

そうすると既存のメンバーと同学年の子が新メンバーとして加入するなんていうことも多数あったわけですが、
この加入によってとある世代(学年)が大注目を浴びています。

それが「ばくわら世代」です。

以前からネット上で注目を浴びていた世代ではありましたが、
今回の新メンバーの加入によってその層は一段と厚くなりまして、
遂に音楽サイト『リアルサウンド』にて「ばくわら世代」のことが記事になっていました。


少し長い記事ですが以下で紹介します。

「今年も4月新春を迎え、学生は新学年に一個くり上がった。
現役中学生・高校生も多い女性アイドルにおいて、年齢および学年はその個性を知るうえで重要な属性である。
だがファンからしてみれば、「アイドルは10代~20代の若い女子」ということはなんとなく意識していても、
今日現在は何歳で何学年なのか、他のメンバーとは同学年なのか、
すべてを逐一把握している人はそう多くはないのではないだろうか。

そこで本稿では、メンバーの数も多いハロー!プロジェクトのアイドルたちの年齢について、
一覧の形でまとめてみたい。

2015年4月現在、ハロプロ正規の(公式サイトに掲載されている)グループは℃-ute、
モーニング娘。'15、アンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、
こぶしファクトリー、光井愛佳、ハロプロ研修生の8組。
各グループの構成人数は5人・13人・9人・5人・6人・8人・1人・19人で、総計では66人となる。

またその他にも、元カントリー娘。の里田まいはカントリー・ガールズの「スーパーバイザー」を担当。
今年3月3日で無期限活動停止に入ったBerryz工房からは、
須藤茉麻は「演劇女子部プレイングマネージャー」、
清水佐紀と徳永千奈美は「ハロー!プロジェクト・アドバイザー」という新たな役職に就いている。
これら裏方的な4人は上記の66人には含まれておらず、加えるとちょうど70人となる。

そして本稿では参考のため、
ハロプロ正規ではないがアップフロント所属である
THE ポッシボー、吉川友、アップアップガールズ(仮)、LoVendoЯ、Bitter & Sweetの5組も一覧に加える。
こちらの構成人数は5人・1人・7人・4人・2人の計19人となる。

以上89人を、当年4月1日~翌年3月31日生まれの学年別区分で分けて並べたのが以下の一覧である。
特筆すべき年度については簡単な解説を付記したので、合わせてご覧いただきたい。

【凡例】
※ハロプロ正規の66人以外の4+19人については、()で括ることで区別した。
※各年度内では、わかりやすくするためグループ別にメンバーを並べ、その中で生年月日順となっている。
※各年度の末尾に記載した年齢は、
 その年の誕生日を迎えたらその年齢になるという意味で、必ずしも現在の各人の年齢ではない。
※わかりやすくするため中学・高校・大学の学年も記載したが、
 必ずしもメンバー全員が進学しているとは限らない。

<1983年度(32歳)>
(■1984.03.29:里田まい[カントリー・ガールズ|スーパーバイザー])

<1989年度(26歳)>
(■1989.11.01:諸塚香奈実[THE ポッシボー])
(■1989.11.11:田中れいな[LoVendoЯ|リーダー])

<1991年度(24歳)>
■1992.02.07:矢島舞美[℃-ute|リーダー|ハロー!プロジェクト・リーダー]
■1992.03.06:嗣永桃子[カントリー・ガールズ|プレイングマネージャー]
(■1991.11.22:清水佐紀[ハロー!プロジェクト・アドバイザー])
(■1991.04.30:仙石みなみ[アップアップガールズ(仮)])
(■1991.07.14:魚住有希[LoVendoЯ])

現在のハロプロ全体のリーダーは、℃-uteのリーダーでもある矢島舞美が務めている。
そしてBerryz工房の無期限活動停止の後、
カントリー・ガールズに加入してプレイングマネージャーという役職で
グループを引っ張っているのが、おなじみ“ももち”こと嗣永桃子。
この二人が同じ学年で、現在のハロプロの最年長2トップというのはなかなか象徴的である。
10年前はハロプロの末っ子的グループのメンバーが、時を経てハロプロを先導する存在にまで成長する。
この大河ロマンがハロプロの大きな魅力のひとつだ。

<1992年度(23歳)>
■1993.01.12:光井愛佳[ソロ]
(■1992.05.22:徳永千奈美[ハロー!プロジェクト・アドバイザー])
(■1992.07.03:須藤茉麻[演劇女子部プレイングマネージャー])
(■1992.10.03:橋本愛奈[THE ポッシボー|サブリーダー])
(■1992.10.19:秋山ゆりか[THE ポッシボー])
(■1993.03.15:岡田ロビン翔子[THE ポッシボー|リーダー])
(■1992.05.01:吉川友[ソロ])
(■1992.06.05:古川小夏[アップアップガールズ(仮)])

<1993年度(22歳・大学4年)>
■1994.02.05:中島早貴[℃-ute]
(■1993.06.12:後藤夕貴[THE ポッシボー])
(■1993.10.12:森咲樹[アップアップガールズ(仮)])
(■1993.07.24:岡田万里奈[LoVendoЯ])
(■1993.04.10:宮澤茉凜[LoVendoЯ])

<1994年度(21歳・大学3年)>
■1994.04.12:鈴木愛理[℃-ute]
■1994.06.21:岡井千聖[℃-ute]
■1994.11.07:飯窪春菜[モーニング娘。'15|10期|サブリーダー]
■1994.08.01:和田彩花[アンジュルム|初期|リーダー]
■1995.03.12:福田花音[アンジュルム|初期]
■1994.04.02:宮崎由加[Juice=Juice|リーダー]
(■1995.01.07:佐藤綾乃[アップアップガールズ(仮)])
(■1994.04.02:長谷川萌美[Bitter & Sweet])

この1994年度のメンバー世代は以前から注目されていた。
℃-uteの鈴木愛理、そしてBerryz工房の菅谷梨沙子(1994.04.04)という
二大グループの二大エースを輩出したのがこの年度なのだ。
また、和田彩花と福田花音という元スマイレージ現アンジュルムの初期メンバー二人もこの世代。
その和田に加え、モーニング娘。'15の飯窪春菜とJuice=Juiceの宮崎由加といった、
リーダーおよびサブリーダーの役職に就いているのが3人いるというのも、この年度の層の厚さを示している。

<1995年度(20歳・大学2年)>
■1996.02.07:萩原舞[℃-ute]
■1995.07.02:金澤朋子[Juice=Juice|サブリーダー]
(■1995.06.08:佐保明梨[アップアップガールズ(仮)])
(■1995.11.20:田崎あさひ[Bitter & Sweet])

℃-uteの萩原舞がオーディションに合格してハロプロ入りした2002年当時は、6歳・小学1年生!
現在は美しい女性に成長したが、当時の印象が今でも拭えないという人も多いのでは。
Juice=Juiceの金澤朋子は現在19歳だが、その声質やルックスにより歳のわりには大人びた印象がある。
この二人が同じ学年だというのは実に面白い。

<1996年度(19歳・大学1年)>
■1996.10.30:譜久村聖[モーニング娘。'15|9期|リーダー]
■1997.01.07:石田亜佑美[モーニング娘。'15|10期]
(■1996.06.14:関根梓[アップアップガールズ(仮)])

<1997年度(18歳・高校3年)>
■1997.07.07:生田衣梨奈[モーニング娘。'15|9期|サブリーダー]
■1997.06.04:中西香菜[アンジュルム|2期]
■1997.11.23:竹内朱莉[アンジュルム|2期]
■1997.04.21:高木紗友希[Juice=Juice]
■1997.10.14:山木梨沙[カントリー・ガールズ]
■1997.12.27:稲場愛香[カントリー・ガールズ]
■1997.07.03:橋本渚[ハロプロ研修生|22期]
(■1997.11.19:新井愛瞳[アップアップガールズ(仮)])

<1998年度(17歳・高校2年)>
■1998.05.28:鞘師里保[モーニング娘。'15|9期]
■1998.08.05:鈴木香音[モーニング娘。'15|9期]
■1999.03.12:小田さくら[モーニング娘。'15|11期]
■1999.02.15:尾形春水[モーニング娘。'15|12期]
■1998.04.06:勝田里奈[アンジュルム|2期]
■1998.10.30:田村芽実[アンジュルム|2期]
■1998.06.12:室田瑞希[アンジュルム|3期]
■1999.03.26:相川茉穂[アンジュルム|3期]
■1998.12.01:宮本佳林[Juice=Juice]
■1998.12.30:植村あかり[Juice=Juice]
■1999.03.04:藤井梨央[こぶしファクトリー|サブリーダー]
■1998.11.24:山岸理子[ハロプロ研修生|16期]
■1999.02.25:一岡伶奈[ハロプロ研修生|17期]
■1999.03.14:横川夢衣[ハロプロ研修生|20期]
■1998.05.14:堀江葵月[ハロプロ研修生|22期]
■1998.11.05:小片リサ[ハロプロ研修生|22期]
■1999.03.16:高瀬くるみ[ハロプロ研修生|23期]

この前後の1997年度・1999年度もそれぞれ興味深いメンバーが揃っているが、
現在のハロプロで特に注目したいのがこの1998年度のゾーンだ。
本稿のタイトルにも使わせてもらった、ファンの間でよく呼ばれる“ばくわら世代”がこの98年組である。

説明すると、「ばくわら」というのはアンジュルム勝田里奈(以下りなぷ~)のニックネーム。
元々は「爆笑=ばくわら」という若者言葉の一種で、
りなぷ~もブログの文中で元の意味で使用していたが、いつのまにか彼女の代名詞になってしまった。

ハロプロメンバーの中には個性が強い芸能人天職タイプや、
ひょんなことからアイドルになってしまった一般人延長線上タイプなど様々なキャラクター傾向が見て取れるが、
りなぷ~はどちらかといえば後者寄りに思える。
ブログでは学校での同級生との話題が多く、
ライブパフォーマンスでは必要以上に熱くなることがあまりないので他メンバーから「省エネ」といじられるほど。
そんな現代っ子気質がりなぷ~の魅力であり、そこが「ばくわら」という言霊にマッチしたのではないだろうか。

そんなりなぷ~を始め、この98年世代にはそうそうたる面々が揃っている。
鞘師里保(娘。)や宮本佳林(J=J)といったいわゆるエースメンバー。
小田さくら(娘。)、田村芽実(アンジュ)は高い歌唱力に定評がある歌姫タイプのメンバー。
鈴木+香音(娘。)や相川茉穂(アンジュ)、藤井梨央(こぶし)は
その独特かつ愉快なキャラクターにより各グループ内でムードメーカー的存在を担っている。

尾形春水(娘。)、室田瑞希(アンジュ)、植村あかり(J=J)あたりは、
今後の成長によっては次期エースを狙えるほどのポテンシャルを秘めたメンバー。
尾形は関西弁やフィギュアスケートといった武器と成り得る個性を持つ。
室田のアンジュルム「大器晩成」でのパフォーマンス、
特に間奏明けの「♪どんな時代にも流されずに~!」という歌い上げには
将来へ向けた希望のパワーが満ちあふれており、聴いていて毎回胸を打たれる。
植村はデビュー当初に比べると歌・ダンスの成長が著しく、
昨秋のJ=J初主演ミュージカル『恋するハローキティ』での堂々とした演技も話題を呼んだ。
100人に訊けば100人とも美形だと認めるであろう顔立ちも相まって、このまま行けば鬼に金棒状態だろう。

このように様々なタイプが集まったこの17歳世代、
このメンバーのみで構成されたアイドルグループが見てみたいとも思わせるほどである。
さらに付け加えるなら、17歳というのはアイドルにとって象徴的な年齢でもある。
現在に至る女性アイドル歌手文化の出発点と言われているのが1971年発表の南沙織のデビュー曲「17才」。
同曲は1989年の森高千里を始め、これまで何度もカバーされて歌い継がれている。
また、昨年末に行われた
ファン主催イベント「アイドル楽曲大賞2014」のインディーズ/地方アイドル楽曲部門では、
アイドルネッサンス「17才」(Base Ball Bearのオリジナル曲のカバー)が第1位になった。
偶然とはいえ事あるごとにクローズアップされるキーワードである。

<1999年度(16歳・高校1年)>
■1999.05.07:佐藤優樹[モーニング娘。'15|10期]
■1999.10.27:工藤遥[モーニング娘。'15|10期]
■1999.10.07:野中美希[モーニング娘。'15|12期]
■2000.02.19:森戸知沙希[カントリー・ガールズ]
■1999.08.04:広瀬彩海[こぶしファクトリー|リーダー]
■2000.02.10:野村みな美[こぶしファクトリー]
■2000.03.27:小川麗奈[こぶしファクトリー]
■1999.11.30:加賀楓[ハロプロ研修生|17期]
■1999.10.20:新沼希空[ハロプロ研修生|20期]
■1999.05.31:島野萌々子[ハロプロ研修生|22期]
■1999.11.16:谷本安美[ハロプロ研修生|22期]

<2000年度(15歳・中学3年)>
■2001.02.02:牧野真莉愛[モーニング娘。'15|12期]
■2000.06.24:島村嬉唄[カントリー・ガールズ]
■2000.04.26:浜浦彩乃[こぶしファクトリー]
■2000.07.21:田口夏実[こぶしファクトリー]
■2001.03.08:和田桜子[こぶしファクトリー]
■2000.04.01:岸本ゆめの[ハロプロ研修生|17期]
■2000.08.31:井上ひかる[ハロプロ研修生|19期]
■2000.09.03:浅倉樹々[ハロプロ研修生|22期]

日本ハムファイターズの熱烈なファンとして知られ、
今月7日には始球式に登板して話題を呼んだ牧野真莉愛(娘。)と、
ファンのみならずハロプロメンバーからも「うたちゃん」と慕われている島村嬉唄(カンガル)。
各グループの新人たちの中でも頭ひとつ抜けた人気を集めているこの二人が同学年というのが面白い。
研修生時代から人気が高い「はまちゃん大佐」こと浜浦彩乃もこの世代。

<2001年度(14歳・中学2年)>
■2002.03.07:羽賀朱音[モーニング娘。'15|12期]
■2001.05.28:佐々木莉佳子[アンジュルム|3期]
■2002.02.10:小関舞[カントリー・ガールズ]
■2001.07.17:井上玲音[こぶしファクトリー]
■2001.05.07:段原瑠々[ハロプロ研修生|20期]
■2001.04.28:竹村未羽[ハロプロ研修生|21期]
■2001.08.26:斎藤夏奈[ハロプロ研修生|21期]
■2001.12.17:小野田紗栞[ハロプロ研修生|22期]

<2002年度(13歳・中学1年)>
■2002.05.10:船木結[ハロプロ研修生|20期]

今年4月1日、小学6年生だった「ふなっき」こと船木結(ふなき・むすぶ)が中学生になったことにより、
ハロプロ全体から小学生のメンバーが消失したことが一部で話題となった。

なお、今年5月4日開催予定の
「ハロプロ研修生 発表会2015 ~春の公開実力診断テスト~」にて
研修生の新メンバーのお披露目が噂されている
(4月5日に開催されたハロプロオフィシャルショップのトークイベントでのアップフロント西口氏の発言より)。
これでまたメンバーが増えれば、今回のリストがさらに書き換わることになる。
常に状況が変わっていくハロプロから目を離すことができない!」


こうやって一覧表で見てみると、
改めて「ばくわら世代」<1998年度(17歳・高校2年)>の層の厚さがよく分かります。

この世代のメンバーは、
今後のハロプロを担うというか、もうすでにグループのエースとしてハロプロの重要な部分を担っています。

まさに奇跡の世代です。

しかしながら、この記事を見てもわかる通り、
ハロプロは「ばくわら世代」以外にも有力な世代がたくさん存在しています。

そう考えていくとハロプロ自体が非常に層が厚いことに気付かされるわけです。

つまり「ハロプロから目を離すことができない!」のです。



怪談新耳袋異形BOX(初回限定版) [Blu-ray]怪談新耳袋異形BOX(初回限定版) [Blu-ray]
(2012/12/05)
スマイレージ(和田彩花、福田花音、竹内朱莉、勝田里奈、田村芽実、中西香菜)

商品詳細を見る

鞘師里保 写真集 『 十六歳 』鞘師里保 写真集 『 十六歳 』
(2015/03/25)
西田 幸樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック