cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『天然コケッコー』 出演:夏帆、岡田将生ほか 監督:山下敦弘


今回は『天然コケッコー』について書いていきたいと思います。


内容
小中学校合わせても、
たった6人の生徒しかいない田舎の分校に、
東京から転校生の大沢(岡田将生)がやってきた。

そよ(夏帆)は、
都会の雰囲気漂う大沢に心ときめくが、
彼の冷たく乱暴な言動に戸惑いを覚える。

しかし、海水浴でのあるできごとをきっかけに、
そよの大沢に対する印象が変化し始める……。

くらもちふさこ原作の同名人気少女漫画を、
『リンダ リンダ リンダ』『松か根乱射事件』の俊英・山下敦弘が映画化。

脚本は『ジョゼと虎と魚たち』の渡辺あやが担当し、
甘酸っぱい初恋や、友人や家族との何気ない日常を、のびやかに描き出す。

みずみずしい魅力を発揮するヒロインに、映画初主演の夏帆がふんする。

島根・浜田の四季の移り変わりや人々の心温まる交流に癒される。


感想
田舎町にはその町とその町に住む人々にとっての常識というものが存在します。

その常識はその町に住む人たち以外には非常識だったりします。

また他の町に住む人たちにとって常識である行動がその町では非常識な行動だったりするのです。

シゲちゃんがそよを釣りに誘う場面で、
シゲちゃんが釣りに行く魅力として「イシダイもいるー!」とアピールするのですが、
このシーンはまさにそういった違いがよく表れていてとても面白いです。

なぜ面白いかというと、これがシゲちゃんにとっては常識的に魅力と感じていて、
一点の曇りもない純粋な心でアピールしているからです。

田舎に住む少女と都会から越してきた少年を通して、
そういった意識の違いが面白おかしくそしてちょっぴり切なく描かれているのがこの映画の魅力であります。

夏帆さんと岡田将生さんの瑞々しい演技も素晴らしいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック