FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『螺鈿迷宮』 海堂尊



今回は海堂尊著『螺鈿迷宮』について書いていきたいと思います。


内容
医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。

東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、
幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。

「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。

終末医療の先端施設として注目を集めるこの病院には、黒い噂が絶えなかったのだ。

だが、天馬は潜入から半日で姫宮によって怪我を負いボランティアから入院患者となる。

やがて潜入した天馬の前で、
患者が次々と不自然な死を遂げる!

天馬は桜宮病院の医師達や他の入院患者達と関わるなかで、
あまりにも急速すぎる入院患者の死に対して桜宮病院への疑問を抱くようになる。

天馬、そして厚生労働省からの刺客・白鳥らが、秘された桜宮の闇に迫る。

傑作医療ミステリ!


感想
この作品は、
『チームバチスタの栄光』で描かれたいわゆる「バチスタ・スキャンダル」から1年半が経った桜宮市が舞台となっています。

東城大学医学部付属病院とももに桜宮市の医療を支える碧翠院桜宮病院。

この病院は黒い噂が絶えませんでした。

東城大学医学部付属病院が桜宮市の医療の表を司るとするならば、
碧翠院桜宮病院は桜宮市の医療の裏を一手に引き受け司っていたのです。

まさに光と影です。

表裏一体とはよく言いますが、
碧翠院桜宮病院という影があるから東城大学医学部付属病院が光の下を歩き続けられていたのです。

碧翠院桜宮病院の闇ともいうべき部分が明かされていく様にはハラハラドキドキさせられます。

この作品の壮大で衝撃的なラストは一読の価値ありです。
スポンサーサイト



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック