cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
競馬界を盛り上げる人―「セレクトセール2015」で野田夫妻が合計13億円超の爆買い
7月13日、14日で、「セレクトセール2015」が、北海道苫小牧のノーザンホースパークで開催されました。

「セレクトセール」とは日本競走馬協会が主催する日本最大のセリ市のことで、
ディープインパクトなどの有力馬を多く輩出したことで知られています。

毎年、その落札額に大きな注目が集まるわけですが、
今年は「ダノン」の冠名で知られる(株)ダノックスの野田順弘会長と
その妻である野田みづき氏の落札総額が話題になっていました。


そのことを伝える記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「セレクトセール2015」の2日目当歳セリが14日、北海道苫小牧のノーザンホースパークで開催された。
2日間のセール落札総額は131億7350万円と、昨年を更新する史上最高額となった(※価格は全て税抜き)。

なかでも羽振りの良さを見せつけたのが
“ダノン”の冠名で知られる(株)ダノックスの野田順弘会長
(会計情報システムなどで知られる株式会社オービック代表取締役会長)だ。
2日目は今回の当歳セリ最高値となる
「ウィーミスフランキー15」(牝、父ディープインパクト)を1億8000万円で落とすなど
計6頭、総額4億8000万円分を落札した。
一方、“ミッキー”の冠名で知られる妻の野田みづき氏も精力的にセリに参加。
夫婦での2日間のお買い上げは合計25頭で、何と13億1800万円にも上った。

2日目当歳セリの目玉は、この春に産駒が誕生したばかりで初登場となるオルフェーヴル産駒。
セリ一発目に登場した「カリフォルニアネクター15」(牡=8000万円)を皮切りに、「リュシオル15」(牡=8600万円)、
「スーア15」(牡=8200万円)などが高額で取引され、注目度の高さがうかがえた。

今年2月に急逝したステイゴールドの後継種牡馬としても期待が集まるオルフェーヴル。
現役時代に管理した池江泰寿調教師は
「私も何頭か預かってみたい。オルフェがなし得なかった凱旋門賞制覇を狙えれば」と意欲をのぞかせた。
黄金の6冠馬の子が将来、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか。
期待は高まるばかりだ。」


夫妻で落札総額13億1800万円とは何とも羽振りがいい話です。

自分には到底想像もつかないような金額です。

一般人の感覚からすれば13億円超ものお金で馬を買うなんてと思われるかもしれません。

じゃあこれが無駄なのかというと、そうでないのです。

こういう人たちがいるからこそ競馬界は盛り上げられ、生産地を含めた競馬業界全体に活力がみなぎるのです。

そういった意味でいえば、今回のセレクトセールの結果は、いち競馬ファンとして喜ぶべきことだといえるでしょう。

今回のセレクトセールで取引された競走馬たちがターフで大暴れしてくれることに自分は期待しています。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック