FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
「ゆう活」ってなんだ?―朝型勤務「ゆう活」の実施から1ヶ月経過。その実態とは?
皆さんは「ゆう活」ってご存知ですか?

「ゆう活」とは、仕事の開始時間を早め、
仕事を早く終えて、まだ明るい夕方の時間を有効に活用し、生活を豊かにしようとする取り組みです。

安倍内閣が掲げる「働き方改革」の目玉でもあります。

この取り組みが国家公務員22万人を対象に実施されてから1ヶ月が経過しました。

果たして実施の実態とはどのようなものになっているのでしょうか?


そのことが『毎日新聞』で記事になっていたので以下で紹介します。

「国家公務員22万人を対象にした朝型勤務「ゆう活」の開始から1カ月が過ぎた。
安倍内閣が掲げる「働き方改革」の目玉だが、
国会が9月27日まで大幅延長された影響などで仕事量は減らず、職員の評判はいま一つ。
このままでは「かけ声倒れ」に終わりかねない。

7月のある日の厚生労働省。
午後5時半を過ぎてもパソコンに向き合う職員は多い。
30代男性は始業時間を繰り上げ、午後5時15分に退庁する計画を立てたが、
勤務記録には初日の7月1日から残業を示す「×」が並ぶ。

ゆう活は7月と8月の勤務時間を1~2時間早める取り組み。
内閣人事局によると、
7月1日には中央省庁職員の6割に当たる約2万3000人が参加したが、定時退庁は65%にとどまった。

職場の意識は徐々に変わりつつある。
内閣人事局の30代女性は「みんなが早めに帰ろうとするので、
気兼ねなく子どもを保育園に迎えに行ける」と話す。
厚労省の30代男性はゆう活で家族の夕食を作るのが楽しみだ。

一方で懐疑的な見方も少なくない。
「旗振り役」の内閣官房や内閣府にはゆう活への参加を拒みにくい雰囲気があるといい、
内閣官房の20代男性は「実施率を上げるために、
実際には働いたのに『帰宅した』と回答する職員もいる」と明かす。
早期退庁できなければ、始業時間を早めた分だけ長く働くことになるが、
「残業時間が増えることを想定した予算措置はしていない」とサービス残業の増加にも不満を漏らす。

長時間労働がしみついた管理職からは
「早く仕事を終わるのはいいが、夜の飲み会まで何をして過ごせばいいのか」というぼやきも漏れる。」


日本は世界から見れば労働時間が長い国家だといわれます。

「趣味は仕事」なんていう人も少なくはありません。

しかしそれでは何だか味気ない気がします。

もちろん仕事で輝くという素晴らしいことです。

しかしながらプライベートが輝くからこそ仕事も輝くのだというのもまた事実でしょう。

そのプライベートを輝かせるための助けとして実施されたのが「ゆう活」でした。

しかしながら、この記事を読んでも分かる通り、
なかなか上手いこといっていないというのが実態のようです。

確かに日本人に染みついた習慣ともいうべき「残業」の実態を改善すること大変でしょう。

しかしこの機会を良いチャンスとして日本人が変わることが出来れば、これほどスゴイことはありません。

果たして「ゆう活」は日本人の働き方を変えることができるのでしょうか?




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック