cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
それは言葉の乱れなのか?―「お疲れさま」の使用に関してタモリが問題提起
「お疲れさまです」

この言葉は世間で広く用いられており、特に職場など仕事の場面で使われることが多いです。

それは芸能界でも同じであるようで、
昨今の子役ブームの中で登場した子役たちもこの「お疲れさまです」を使っているそうです。

そんな芸能界の現状を、先日放送された『ヨルタモリ』の中でタモリさんが問題視したことが話題になっています。


そのことが『日刊ゲンダイ』で記事になっていたので以下で紹介します。

「子役の「お疲れさま」の使用を禁止せよ――。
7月26日放送の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)の放送中、
タモリ(69)の口から飛び出した“提言”が物議を醸している。

番組内のコントで学者に扮したタモリは、最近の芸能界について、
「撮影現場などで子役がやたらと『お疲れさまです』と挨拶するようになっている」と指摘。
その上で、「子役が相手を選ばず『お疲れさまです』を使うのはおかしい。
『お疲れさま』という単語は本来、
目上の者が目下の者にかける言葉」という趣旨の発言で、言葉が乱れているとの考えを示した。

タモリはさらに、
「民放連は各メディアに
『子役には“お疲れさまです”という挨拶をさせない』という申し入れをすべき」という持論を展開。
コントという体裁を保ちつつも、メッセージ性の強い内容となっていた。

この問題提起に対し、放送直後から
「『お疲れさま』は目上の者が目下の者にかける言葉だというタモリの意見は正しいのか?」という議論が勃発。
その後、一部メディアがこの発言を記事化したため、ツイッター上では
<言葉なんてのはある程度移り変わっていくもんでしょう>
<代わりに何て言えばいいのか>などのつぶやきがあふれる事態に。

ちなみに「デジタル大辞泉」では、
「『ご苦労さま』は目上の人から目下の人に使うのに対し、
『お疲れさま』は同僚、目上の人に対して使う」と、タモリの指摘とは逆の解説をしている。
ネット上で「お疲れさまです」の使用方法について解説しているサイトでも、
「『お疲れさま』は目上の人間もしくは同僚に。『ご苦労さま』は目下の者に使う」との説明がある。

ちなみに、文化庁が発表した平成17年度(2005年度)の「国語に関する世論調査」によると、
「一緒に働いた人が、自分より職階が上の人の場合」は
「お疲れさま(でした)」が69.2%、「ご苦労さま(でした)」が15.1%。

また、「一緒に働いた人が、自分より職階が下の人の場合」は
「お疲れさま(でした)」が53.4%、「ご苦労さま(でした)」36.1%という結果に。
一概にこうだと言うのはなかなか難しい状況だ。

そうは言っても、
<今回のタモリさんの発言は気になりましたね>などの声もあり、
少なからぬ人がタモリの問題提起に違和感を感じたのは事実のようだ。」


自分も職場で「お疲れさまです」という言葉を多用しています。

なぜ自分が「お疲れさまです」と言っているのかといえば、
働きたての頃に、記事もあるように、
「お疲れさまです」は同僚、目上の人に対して使う言葉で、
「ご苦労様です」は目下の者に使う言葉だと教えられたからです。

そういった経緯があるので、やはり今回のタモリさんの指摘には違和感がありました。

しかしながらタモリさんが言わんとしていることは分かります。

この「お疲れさまです」に限らず昨今の言語の乱れとが目に付くというのは、
特に言葉を扱う商売をしているタモリさんだからこそあることなのでしょう。

他人が自分が言った言葉に対して抱く印象というものは一律のものではありませんが、
こういった思いを抱く人もいるのだと頭に入れた上で発言することは大切なことだといえます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック