FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
あの名馬の死―GI3勝馬・マンハッタンカフェ急死 17歳 腹腔内腫瘍で
GIを3勝した名馬・マンハッタンカフェが13日、腹腔内腫瘍のため死亡しました。

17歳でした。


このことについて取り上げた記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「菊花賞、有馬記念、天皇賞・春とGIを3勝し、
種牡馬としても活躍したマンハッタンカフェ(牡、父サンデーサイレンス、母サトルチェンジ)が13日、
腹腔内腫瘍のため死亡した。
17歳だった。

現役時代は美浦・小島太厩舎に所属。
3歳春までは馬体減などに悩まされたが、夏を境に大きく成長して、
重賞初勝利を菊花賞の大舞台で果たすと、その勢いに乗って有馬記念でも古馬を破って快勝した。
翌春の天皇賞・春にも優勝。
仏GI凱旋門賞13着を最後に引退した。
現役時の通算成績は12戦6勝。獲得賞金は5億2283万4000円。

種牡馬としても数多くの活躍馬を送り出し、
ヒルノダムール(天皇賞・春)、
レッドディザイア(秋華賞)、
ジョーカプチーノ(NHKマイルC)、
グレープブランデー(フェブラリーS)などのGI馬が登場。
現役でもルージュバックやショウナンマイティなどがGIで好走している。

◆現役時の主戦だった蛯名正義騎手
「具合が悪いと聞いていたので、先々週、(繋養先の)社台スタリオンステーションに会いに行ってきました。
現役時と違い、痩せていてかわいそうでした。
凱旋門賞にも行かせてもらったし、菊花賞も勝たせてもらったし、思い出深い一頭です。
有馬記念が生涯一番の強さだったのではないでしょうか。
これまでこれといった後継種牡馬が出ていませんが、これから出てきてほしいですね」

◆社台スタリオンステーション事務局・徳武英介氏
「サンデーサイレンスの子らしく精悍なインパクトのある馬で、競走成績もすばらしく、
種牡馬としてもチャンピオンサイアーに輝くなど非常に優秀な馬だったので、これまでの功績に感謝しています。
若くして亡くなったのは残念ですが、ご苦労さまでしたと伝えたいです」」


マンハッタンカフェというと、思い出すのは2001年の有馬記念です。

マンハッタンカフェはこのレースを制したのですが、
この時2着になったのが最低人気のアメリカンボスという馬で、
この時の馬券は万馬券となりました。

また「マンハッタン+アメリカン」と
同年に起きた米国同時多発テロの時事問題に掛けた名前の馬2頭でサイン馬券だと
世間で話題となったことが強く印象に残っています。

種牡馬になった後も子供たちの活躍により名前を聞く機会が多かったですが、
このたびの突然の死によりどんどん名前を聞く機会が減ってくると思うと何とも寂しいですね。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック