cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
何より大事なのは生きること―鎌倉市図書館の優しさに満ちたツイートが話題に
「死ぬほどつらい子は学校を休んで図書館へいらっしゃい」

これは鎌倉市図書館の公式Twitterアカウントが発信したツイートです。

この心優しきツイートが世間の話題を呼んでいます。


そのことを取り上げた記事が『ねとらぼ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「さまざまな事情で学校に行けない、行きたくないという子どもは少なからずいます。
2学期を目前にしたそんな子どもたちに向けて、鎌倉市図書館が発信したメッセージが話題になっています。

鎌倉市図書館はTwitterで
「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。
マンガもライトノベルもあるよ。
一日いても誰も何も言わないよ。
9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね」と
子どもたちに語りかけるツイートを投稿。
先日各所で報道されて話題になった
「18歳以下の子どもの自殺が最も多いのは夏休み明けの9月1日」という調査結果を受けてのツイートのようで、
親にも先生にも相談できず行き場所を失っている子どもたちに優しく呼びかける内容になっています。

「逃げてはいけない」でも「解決しよう」でもなく、
ただ「図書館においで」とそのままの子どもを受け入れようとする姿勢に多くの人が感動。
ツイートは1万回以上リツイートされ、
「優しいメッセージ」
「俺らのころにもこんなこと言ってくれる人がいたら」など多くのユーザーから賞賛の声が挙がっています。」


もうすぐ夏休みが明けます。

夏休みが明けて学校が始まるということを心待ちにしている子どももいれば、
もっと遊んでいたい!と感じている子供もいるでしょう。

その一方で、学校に行くことを憂鬱に感じて気分が落ちている子どもたちも確実にいるのです。

それを表すように、先日
「18歳以下の子どもの自殺が最も多いのは夏休み明けの9月1日」というツイートが流れ、話題を集めました。

そんなツイートを受けてこの心優しきツイートは発信されたようなのですが、
このツイートに救われたという子どもたちも少なくないと思います。

図書館は恰好の勉強場所です。

それは学校の勉強を自習するのに向いているという意味ではありません。

図書館に置いてある本たちが先生となり、色々なことを教えてくれるのです。

それはある意味で人生の勉強だといえるでしょう。

そういった勉強をするしないに関わらず、自分で人生を絶つということはしてはならないことです。

教室に行かず図書館に行くことは逃げではありません。

自分の世界を広げるということに挑むことなのです。

生きていれば知らない世界を知り、自分の中の世界が広げることが出来るのです。

つまり「何よりも大事なことは生きること」であるわけです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック