cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』 声の出演:矢島晶子、藤原啓治など 監督:本郷みつる



今回は『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』について書いていきたいと思います。


内容
闇に覆われたどこかの国。
ゴーマン王子がお姫様を救うため二人のオカマ魔女マカオとジョマに立ち向かったが、
マカオとジョマの魔法によって、呪いをかけられてしまう。

しんのすけ達は、ふたば幼稚園の遠足で群馬に出来た新しい遊園地「ヘンダーランド」に遊びに来た。
そこでひまわり組のみんなとはぐれたしんのすけは、
サーカスのテントの中でトッペマ・マペットという不思議なねじ巻き人形と出会う。
彼女からヘンダーランドは、
実は異世界の魔法使いであるオカマ魔女・マカオとジョマが潜む城であることを知るしんのすけ。
トッペマはしんのすけにどんな願い事でも叶えられる魔法のトランプを手渡し、
マカオとジョマの地球征服計画を阻止するよう協力してほしいと頼む。
この時トッペマは、マカオとジョマの部下・チョキリーヌ・ベスタによって呪いをかけられ、
夜の間しか姿を現すことが出来なくなってしまっていた。
トッペマの必死の頼みを受けるしんのすけだが、怖がってその頼みを聞けず、結局トッペマとは決別してしまう。

数日後、ス・ノーマン・パーと名乗る雪だるまの様な男が春日部市を訪れた。
程なくしてス・ノーマンは教育実習の先生としてふたば幼稚園に現れ子供たちの人気者となるが、
しんのすけは偶然トイレでス・ノーマンと対峙した際、
彼が魔法のトランプの存在を知っていることを知り、危機感を覚える。
ス・ノーマンは野原家にまで強引に押し入り、しんのすけはス・ノーマンは悪者だと訴えるも、
ス・ノーマンに言葉巧みに騙されているみさえとひろしはしんのすけの言葉を信じてくれない。

みさえとひろしを睡眠薬で眠らせた上で、
深夜にとうとう本性を現したス・ノーマンはしんのすけから魔法のトランプを奪おうと襲い掛かる。
だがその時、しんのすけがトッペマから教わっていた呪文「スゲーナスゴイデス」を唱えると、
しんのすけにとっての他でもない三大ヒーロー、
アクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもんがトランプの中から助けに現れた。
しんのすけは3人と力を合わせ、何とかス・ノーマンを追い払う。
しかしス・ノーマンは退散する際、
野原家のポストに突然出て行ったお詫びの手紙と共にヘンダーランドの招待券を残していった。

翌日、野原家はその招待券を持ってヘンダーランドへと遊びに行くことに。
しんのすけはなおもひろしとみさえにス・ノーマンに騙されていると訴えるがそれは夢の話だと相手にされない。
ヘンダーランドに着きひろしとみさえがはしゃいでいる間も、
自分の言うことを信じてもらえないしんのすけは全く楽しめなかった。
帰宅時になってようやくしんのすけは安心するが、
ひろしとみさえはトイレに行った間にマカオたちに捕まり、人形とすり替えられてしまっていた。
帰宅後、ひろしとみさえに化けた人形はしんのすけに襲いかかるが、そこにトッペマが現れ二人を撃退。

一度は恐怖からトッペマの頼みを断ってしまったしんのすけであったが、
ひろしとみさえの危機から遂に覚悟を固め、二人を助け出すためにヘンダーランドへ向かう。
野原家以外の人々には地球征服の事実を知らぬままに…。


感想
『クレヨンしんちゃん』の映画といえば?と質問があれば、自分はまずこの作品のことを思い浮かべます。

公開時にまだ子どもだった自分いとってこの作品は、
ある意味で恐怖であり、そしてまた何度も観たくなるような作品でありました。

みさえとひろしが人形になるシーンの恐怖は当時の自分にとって強烈だったことを記憶しています。

その一方で、
劇中に登場する「ヘンダーランド」のCMソングやトッペマの歌が耳に残り、
それを聴きたいがために(?)ビデオで繰り返し観た記憶があります。

それだけ自分にとってこの作品は強烈だったのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック